¥3000〜

2017年07月25日

クロープクルア (浅草)現地に通じる魅力のタイ料理

0725タイ料理7月-7


浅草のタイ料理『クロープクルア』でウオッチマニアの会。


日本人が一般的に持っているタイ料理のイメージを変えたくて、ヤムヤムの西田さんオススメのこちらをセレクト。

0725タイ料理7月-1




ロケハンがてら訪れた時に間違いないと確信していたけど、今日も定番の中に斬新なメニューをアクセントに入れた流れも秀逸。


大好きなコームヤーンは、現地よりもかなり洗練されていて料理としての完成度が高く、ソムタム&カオニャオといった王道のイサーン料理は、フレッシュなハーブとスパイスがキレがいい余韻で爽やか。

0725タイ料理7月-5


0725タイ料理7月-6



ソフトシェルのプーパッポンカリーはタイ米がの禁断症状になり(笑)

0725タイ料理7月-9





〆の麺料理はグリーンカレー風味のココナツミルクが細麺と絶妙な相性。

0725タイ料理7月-14





マニアなパイセン方にも、タイ料理の魅力を知ってもらえました。

0725タイ料理7月-16





高梨シェフ、西田さん、ありがとうございました!!


0725タイ料理7月-26



クロープクルア
03-3847-3461
東京都台東区浅草1-33-4 斉藤ビル 2F
http://khroopkhrua.com/



夏の間に再訪したいです。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年07月11日

千 (神楽坂)裏道の黒板塀が似合いますな

0713神楽坂12月-3

東京で次に住んでみたい町の筆頭は神楽坂、表通りはチェーン店が増えたけど、石畳の裏路地とかテラス席のお店が結構あるのも惹かれるひとつの理由です。

あまり昼間に神楽坂を訪れることはないんだけど、仕事で近くに寄ったのでランチは『日本料理 千』に入ってみた。
0713神楽坂12月-7


石畳の「かくれんぼ横丁」にある黒板塀のファサードは、町の雰囲気に馴染んでいる。恵比寿あたりにあると、狙った感が過剰に出ちゃうんだけど、この町だと佇まいが自然。

ランチのコースは2000円くらいのと、3000円くらいのコース。品数食べたかったので3000円のコースで。トップの写真はふかふかの焼胡麻豆富、こういうの平日ランチからゆっくり食べられると贅沢だなーとしみじみしちゃう。


竹籠盛り込みは、天ぷら、焼魚、煮物、田楽、旬菜色々。この後の仕事のために必死でお酒は控えたけど、あそこで解放できたら最高だったなー。
0713神楽坂12月-5



050-5868-6585
東京都新宿区神楽坂3-1-43
http://washoku-sen.jp/


数倍の値段の料理は、そりゃ美味しいに決まってるけど、それよりもシチュエーションの作り方で、気持ちは贅沢さを感じることが出来る。そういうとこ含めて、遊びのセンスが問われる時代だと思う。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 22:49|この記事のURLComments(0)

2017年07月07日

マルニ (神田)ガード下の立ち飲みビストロ

0708マルニ6月-21


最近はガード下の進化が著しい。中目黒などはその顕著な例で、初動だけでなくいい感じで賑わっています。

神田に用事があって帰る時、ちょいと食べて帰ろうかなと思ったわけです。

とはいえ、今はダイエッターなので、食アポがないレアな夜に、そんなにガッツリ食べたいモードにはならなくて。
0708マルニ6月-6



土地勘もないので、駅周辺をリサーチしていたら、駅の小奇麗なガード下に雰囲気良さげな立ち呑みっぽいビストロを発見。長居するつもりもなかったし、とりあえずスパークリングワインが呑みたかったので店内へ。
0708マルニ6月-1



外からの印象通りカウンターとテーブルの完全スタンディングスタイルで、椅子はなし。テーブルは引き出しにカトラリーが入っており、その下がメニュー入れ、最下部はカバン入れになっている。中々機能的じゃないですか。
0708マルニ6月-32



オススメが汁物(牛肉の赤ワイン煮とか)ということで、肉がトロトロの牛すじ煮込みを。どうやら、これがお通しでついてくるパンに合うということで。
0708マルニ6月-14




パンは新百合ヶ丘のパン屋さんのを使っていて、それ単体でも小麦のかおりがよく美味だったんだけど、汁物とセッションさせると更にポテンシャルが活かされます。なるほど!
0708マルニ6月-5



ダイエットに野菜と肉は欠かせないので、ローストビーフとニース風サラダを前菜的に。このあたりの前菜は500円以下、メインも1000円前後というレンジ。
0708マルニ6月-8






こんな価格帯で、ボリュームそこそこあって、ちゃんと手のかかった味わいのもの出してくるって、日本ってスゲー国だなーと改めて思います。
0708マルニ6月-11



昆布〆サバとポテトのソテーは、下に敷かれたポテトの食感が、サバといいコントラスト。味わいも繊細、どうしてもリーズナブルな立ち呑み系って味が濃くなりがちなイメージなんだけど、いい意味で”立ち呑み”に甘えていない。
0708マルニ6月-20



立ち飲みビストロ 神田マルニ
03-6206-9551
東京都千代田区鍛治町2-13-24


この後、メインの肉、〆ごはん、スイーツと続きます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:53|この記事のURLComments(0)

2017年06月05日

原トリッパ製造所 (中目黒)理想のご近所イタリアン

0605原トリッパ5月-10

近所の通えるレストランの条件って?

1)美味しいこと
2)何ヶ月も前から予約とか要らないこと
3)メニューがコロコロ変わること
4)さっと食べてさっと帰れること
5)アミューズからドルチェまで、ひと通りちゃんと備わっていること
6)安いこと

見事にこれをクリアしているのが、中目黒ガード下の『原トリッパ製造所』。最近、更にバージョンアップしたんだけど、なにかというと念願のテラス席が出来たこと。

日本のテラサー(テラス席ラバー)代表としては、ここがめちゃくちゃ大事。

何故かって、外の空気を浴びながら食事をすると体感1.3倍の美味しさアップ効果があることが証明されているからです(自分しらべ)。それに景色が加わると1.5倍まで伸びることが「ひらまつホテル」や京都の川床で実証されています。
0605原トリッパ5月-3





値段すら忘れるくらいリーズナボーだった前菜の牡蠣ジェラート。涼やかに再構築された牡蠣こそ、テラスで食べる逸品ではありませんか。
0605原トリッパ5月-4





そして、立ち呑みと言えばピンチョス。当家は世界一のバルストリート「サンセバスチャン」仕込みなので、まぁまぁピンチョスにはうるさい方なんですが、このバランス感は秀逸。ポルケッタのジューシーさと、バンズのクッションが味的にもテクスチャ的にも、絶妙なアッビナメント。
0605原トリッパ5月-9




トレーニング後には、単品 肉のグリルだけ食べによって筋肉に変えようかと企んでいます。
0605原トリッパ5月-13


トリッパ製造所
03-6412-7165
東京都目黒区上目黒3-5-20
https://www.facebook.com/haratrippa/



いやいや、中目黒高架下は奥まで突っ込まないと、いいスポット見逃しちゃうよ。
   ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2017年05月31日

加藤の肉丸 (大手町)ブレザオラは必食です

0530肉丸3月-13

一等地の商業施設レストランは、テナント代も高いし、ハコの制限あるし、便利なんだけど足が向きにくいって人、いますよね。

ただ、最近はそんなイメージ覆すように、ちゃんとエッジつくって魅せるとこも増えてきている。

たとえば、中目黒のガード下とか。昨年秋にオープンしたけど、地元客も巻き込んで、今でもしっかり賑わっている。おでんやさんとか、メチャ流行ってるし。


ここ、大手町の地下にある横丁「よいまち」も、価格はかなり抑えめで、いいラインアップのレストランが並んでいる。
0530肉丸3月-29


「よいまち新聞」という期間限定タブロイド紙で、お店紹介する関係で通ったんだけど、実際のとこ使いやすいのよ。だいたい、1人5,000円もあれば充分楽しめるかな。大人横丁というコンセプトらしく、地下なのにゆとりある空間で、インテリアも好印象。

さすがは、将来的に三菱地所の本社が入るというビルだけあって、力の入れ方が半端ない。白金や代々木で人気の「ビストロ SARU」や、中目でも人気の「二○加屋長介」、うかいグループ初のロティサリーチキンや「UKAI」などなど、ちょっとした集まりでハズしたくない時に”使える”店が多く集まっている。
0530肉丸3月-11



中でも、ヤルなーと感じたのが、ここ『肉丸』。山形牛を扱う銀座の名店 加藤牛肉店の協力で揃えられた肉たちは、そりゃスタート地点でアドバンテージ。
0530肉丸3月-3




しかも、塩漬けの牛肉を干した生ハムのようなブレザオラなど、素材に加えて技術の確かさがなければここまでの味にはならないメニューがラインアップ。
0530肉丸3月-12



赤身肉の5店盛とかオーダーしたけど、これも火入れによってポテンシャル引き出せないまま終わるけど、ここなら安心。3000円でこのボリュームならいいんじゃない。イチボやシンタマなど比較的脂の多い部位はわさび。モモ肉には柚子胡椒がマッチする。
0530肉丸3月-16



肉丸は、お酒ワインと合わせるのがよかったね。
0530肉丸3月-8


カレーで一旦〆てから、魚欲しさに隣の「うに丸」へ。
0530肉丸3月-15



大衆肉割烹 加藤の肉丸
03-6273-4948
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング B1F
http://www.tokyo-rf.com/restaurants/r28/index.html


また、比較的すいてる「よいまち」だけど、ここは、わずか15席のプレミアムシート。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2017年05月01日

原トリッパ製造所 (中目黒)トリッパだけじゃないキッチン代わりのデイリーイタリアン

0429原トリッパ1月-4


予約が3ヶ月待ちとか、行列してお店に並ぶとか、たまにはいいかも知れないけど、基本もっと気軽に生きたいです。だって、めんどくさいじゃん。

てなわけで、キッチン代わりに使っている中目黒の『原トリッパ製造所』。トリッパはさすがにシグニチャーメニューだけあって、相当美味しいんだけど、原シェフの昔からの冷製トリュフカルボナーラは、これからの時期にぴったりの逸品。

0429原トリッパ1月-7




こういう前菜系もしっかり美味しいし、オレがほぼほぼ外食なので、まりえは正真正銘キッチン代わりに使ってます。

0429原トリッパ1月-2





こういう前菜盛り合わせ系はビールに合いますなぁ。
0429原トリッパ1月-5



原トリッパ製造所
03-6412-7165
東京都目黒区上目黒3-5-20




肩の力抜いて生きましょう。急いでいるとすっ転んでバカンス先で肉離れになるから(;´д`)トホホ…
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2017年04月13日

E・A・T (外苑前)サンデーブランチもさすがのアメリカンダイナー

0413EAT4月-11

外苑前のアメリカンダイナー「E・A・T」が、サンデーブランチ(土日の7:30から)を初めたとのことで、まりえと休日朝ごはんに外苑前へ。
0413EAT4月-3



パンチがウリのアメリカ料理を、良質な素材と高い技術で洗練されたカルフォルニア料理に昇華させている希少なダイナー。ブリトーやタコライスなどのサイドメニューが、食べ慣れたジャンクフードではなく、食通も納得させるレベル感に整えられているのが素晴らしい。
0413EAT4月-8



それもそのはず。オーナーシェフのMICHIさんは、MJやマドンナを顧客に持っていたLAフレンチの元スターシェフ。セレブ御用達のレストランの腕を、惜しげもなくデイリーフードに落とし込んでいるので、そりゃ、本気で知ってるはずの料理が別次元になっちゃうんです。
0413EAT4月-13


そんな「E・A・T」のサンデーブランチメニューは、定番のエッグベネディクトはサーモンとベーコン。ソースとかパンとかベーコンなど、構成要素がいちいちちゃんとしていて旨い。
0413EAT4月-16




合わせるお酒はミモザ。寝起きでちょっとビール気分でも無かったので、迷ってたらMICHIさんから、これがいいよ、と。
0413EAT4月-4




初めて食べて感動だったのは、トルティーヤの上にサルサや目玉焼きが載ったウェボスランチェロス。生地も手作りなので味が締まってる。とにかくバランスが良くアメリカン料理の底力を魅せられる感じ。
0413EAT4月-9




朝から150gのステーキと驚くことなかれ。しっかり火入れした肉はスパイスとのバランスが絶妙で、これがレモンに合うんすわ。
0413EAT4月-14






デザートの、ブリオッシュ生地のフレンチトーストも、これ目当てに食べに来る価値あり。
0413EAT4月-22


そろそろテラス席も気持ちよくなってくるし、休日ランチタイムは混んでる「E・A・T」。朝が実は狙い目ですよ。

E・A・T
 (イーエーティー)
03-6459-2432
東京都港区南青山2-27-18
http://hitosara.com/0006016128/


フレンチとか食べ慣れてる人にも、是非行ってみて欲しいお店。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2017年04月05日

Banks (渋谷)セクシーハラスメントな牛カツ祭り

0405Banks3月-12

マスカルポーネのパンケーキが有名で、パンケーキタイムは行列の絶えない渋谷の『Banks』。

以前はスコッチバンクという店名だったんだけど、最近、店名も変えてパワーアップ。
0405Banks3月-15



シグニチャーメニューの「生うにのパスタ」も惹かれたけど、この日ロックオンしていたのは「牛カツ(和牛コトレッタ)」。A4、A5の和牛牝牛のウワミスジを使ったボリューム感ある牛カツで、香草パン粉との食感、味わいのコントラストがたまらない。

にしても、こんなに露骨な誘惑の仕方ってアリ?峰不二子顔負けのセクシーハラスメント。
0405Banks3月-14


イタリアでコトレッタというとミラノ風カツレツが有名。ただ、あれは牛肉を叩いて薄くして揚げたもので、こんなグラマラスなボディとは魅力のベクトルが異なるのよね。ロゼカラーの火入れも素晴らしく、塩で食べても、特製ソースで食べても、肉のエロスは隠せない。

何故、パンケーキカフェなのに、こんな肉攻めができるのかというと、肉マニアでもあるDJ TAROさんのプロデュース力。肉の名店を食べ歩いているだけに、自身のお店もこだわり感が半端ない。そのうちに、イタリア風牛カツ丼もやっちゃうとか!?
0405Banks3月-10



牛カツの次に、この日インパクトをくらったのが、アンチョビポテト。ざっくりカットしたポテトにアンチョビバターが合うんすよ。これは美味しいクラフトビールに合わせたい。
0405Banks3月-7


普段食後は、スイーツに合わせてエスプレッソ系が多いんだけど、Banksの魅力はハーブティでもあるので、ジンジャーハイビスカスなる女子力高めな飲み物に挑んだわけですよ。

お!!なんすか、コレ? ハーブの癒やしだけじゃなくて、メンズを虜にするパンチ力も併存してるじゃないの!! すんません、完全ハーブティのポテンシャル理解できてませんでしたわ。
0405Banks3月-17


スイーツもクロナッツ(クロワッサン+ドーナツのハイブリッド)がセンター前ヒット!! もっとトリッキーなのかと思いきや、ドまん中をスッと抜けてくスマートな味わい。


Banks cafe & dining 渋谷
03-6427-1175
東京都渋谷区渋谷3-26-17 Duplex 1F
https://www.bankscafe.jp/


日曜の夜、並木橋エリアでこの混雑っぷりは、さすが人気店。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2017年04月02日

LOVAT (恵比寿)当家の行きつけの肉食堂

0402LOVAT3月-3

過去に何度も書いている恵比寿の肉レストラン『LOVAT』、最近では大繁盛店になってしまい当日のフラ寄りができなくなっているのだけど、隙間時間使いという新たな贅沢な使い方を試みてみた。

この日はBLUENOTEで"Esperanza Spalding"のライブだったので、その前に。お店に行ったらちょうど20:15までなら大丈夫ということで(開演は20:20)、45分の滞在でめいっぱい愉しませてもらった。

0402LOVAT3月-9




「LOVAT」の何がいいって、とにかく酒が旨い。グラスのシャンパーニュは毎日マグナムボトル。ワインの値付けもこなれてるしね。さすがに45分滞在なので、ボトルのオーダーは自粛します。そんな飲んだら、ライブ中に撃沈ですわ。

0402LOVAT3月-1




新メニューのタルタルステーキと、定番の肉たっぷりのボロネーゼ。このモチってした食感も癖になる。

0402LOVAT3月-6

LOVAT
渋谷区 東3丁目16−6
03-6427-9490
http://www.lovat.jp/


週末なら終電終わってから食べいきたい。そこなら予約無しで行けそうだし。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2017年03月27日

ルンゴ(大手町)普段使いにいいじゃない

0322ルンゴ3月-22

商業施設のレストランというと、どうしても優等生的で、エッジの弱さが気になってたんだけど、最近は中目黒のガード下とか、大手町の大人横丁「よいまち」とか、今までの色眼鏡ハズして体感してみると、「あれ、使えるじゃん!」っていい方向にサプライズ。なんだか個性強いのに使いやすいのよ。

「よいまち」は大手町の新しいビルの地下に誕生した”横丁”で、15店舗ほどのレストランが集まっている。なんせ三菱地所本体が入るビルの直下、となりにも三井物産の本社が建築中なので、当然リキが入るというもの。

あのあたりは商業ビルがたくさん建っているので定番系はもういらないし、近くには神田や東銀座などリーズナブルに楽しめる小さな名店たくさんあるから、魅力のない店では生き残れない。
0322ルンゴ3月-18



そんな環境ゆえ、うかいのロティサリーチキンとか二○加屋長介とか使えて美味しいお店が集まってんのよね。この日は佐賀の地酒とジビエがウリの酒場『ルンゴ』へ。他にも気になったお店があったので、とりあえず一軒目使いのはずだったんだけど、メニュー見たら食べたいの多くて、結局そこそこの量を頼んでしまうことに。
0322ルンゴ3月-20



まずはシグニチャーメニューとも言えるベジシャリサワーを。有機野菜やフルーツをシャーベット状にした、野菜(フルーツ)カクテル。皮ごと使っていて、素材の旨味だけじゃなく苦味も味わえる。
0322ルンゴ3月-2



ぶりの刺身や肉豆腐など、普段さりげなく食べたいものがオンリストされているのも嬉しい。下町の定食屋でおばあちゃんの味みたいの食べたいけど、そこに行くまでが大変だったりするのよね...。なので、大手町のど真ん中でコレはありがたい。
0322ルンゴ3月-7



佐賀のジビエには、佐賀の酒を合わせて、酔っぱらいの完成。
0322ルンゴ3月-17








地下だけど、カウンター席長めというスタイルもインパクト強いし、下を覗き込むと秘められた座敷席があったりと、遊び心もいっぱい。メニューに突然イタリアンっぽい煮込みメニューあったので驚いてたら、元々代官山でイタリアンとかやってたお店の新展開なのね。
0322ルンゴ3月-11



ルンゴ
03-6551-2503
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビル B1F
http://darumapro.co.jp/

確かにスタッフもキャラ立ってるし、なんか納得(笑)
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2017年03月08日

とんかつ ひなた (高田馬場)コースを予約の新世界

0309とんかつひなた3月-14


子供の頃から、不動のソウルメニュー とんかつ。カレーよりも、ハンバーグよりも、下手したら、からあげよりも”とんかつラバー”な子供時代を過ごしてきました。

もちろん、とんかつのメタモルフォーゼ”カツ丼”、”カツカレー”なども愛しさと、切なさと、心強さが溢れるくらいベタ惚れで、ミラノでも当然コトレッタ(カツレツ)は食べ比べしてきました。

蒲田の「丸一」、アキバの「丸五」、武蔵小山の「たいよう」なども勿論好きだけど、ここ数年は「丸山吉平」がタイプ。アキバにエアガン買いに行ったり、カメラのチューニングに行くついでに、ちょいと足を伸ばしては、あのワールドに取り込まれています。

あ、ドマイナーなとこだと、目黒のカレー屋「ぺろり」では、カツトマトカレーが好物だったりしています、ハイ。
0309とんかつひなた3月-5




自身がとんかつ好きってのは当たり前の感覚すぎて、そういえば殆ど誰からも誘われたことなかった状態ですが、ちょいとおモレーぞと友人に連れてってもらったのが高田馬場の「とんかつ ひなた」。

正直、「え、高田馬場?」と一瞬怯みました。愛はあっても距離には勝てないから。

ただね、行ってみたら、ほんと足伸ばして良かったわ!と昂りながら帰路につきましたよ。オレね、まぁまぁ少量多皿主義なんです。あれこれ食べたい欲求を抑えるの、結構苦手だったりするんです。

ここ『とんかつ ひなた』は、そんな性癖にピッタリの全部位食べ比べコースがあったんです。なるほど、コレはオレ好みってバレるね。

全部位とは、上リブロース、上ロース、上ヒレ、しきんぼ、らんぷ、とんとろの6種類。しかも〆のごはんはソースかつ丼にすることができちゃうのよ。
0309とんかつひなた3月-16






カウンターで部位ごとにプレゼンテーションしてもらってから、肉が揚がるのを待ちます。単にコース仕立にしてるから凄いというわけでなく、豚もこだわり抜いた仕入れで、仕事が丁寧。

リブロースとロースを短い時間で食べ比べできたりするのは嬉しかった。ヒレは品よりも肉の力強さが立っていて新しい印象。トップの写真のしきんぼって部位は初めて食べたけど、シルキーさ、柔らかさ、程よい脂のノリ、とってもバランスいいイケメンでした。
0309とんかつひなた3月-11


最初の方のお肉はオリーブオイルとか塩が相性良かったけど、後半はソースといいマリアージュ。ソースがまたいい塩梅なんすわ。

食べ比べコースは数に限りあるので、予約がオススメ。にしても3500円で肉のコースが堪能できるって、めっちゃHAPPYじゃない? だって、焼肉でコース3500円って言ったら、満足度高めるのって結構大変よ。それがとんかつだと、この価格で心踊れちゃうんだから。
0309とんかつひなた3月-20


とんかつひなた
03-6380-2424
東京都新宿区高田馬場2-13-9 鈴木ビル1階



さすが元ホテルマンというわけで、とんかつ屋なのに、脂ぎった空気感はゼロ。カウンターも寿司屋みたいにシュッとしてる。コースだったらワイン合わせてもよさげじゃないっすか?みたいな話ししてたら、そのうち持ち込み料で持ち込み可能にするかもなんて話をしてました。予約して通うとんかつ屋。なかなか大人の嗜みでない?
   ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

2017年03月05日

ニューヨークラウンジ(芝浦)インターコンチネンタル東京ベイのスイーツに

0306ICTB2月-3

去年、インターコンチネンタル東京ベイに、リッツから徳永シェフがやってきて、俄然周囲ではスイーツの評価が高まっていたんですね。最近は「行きたいな」と思ってから実際に動くまでにタイムラグでること多くて、今回はスイーツ好き5人で、色々食べ比べしに行ってきました。

肩肘張らずに、でもインテリアなどの世界観の作り込みはセンスあって、来るたびに香港あたりにショートトリップした気分になります。店名にもなってるNYには、もう20年近く行ってないので、NYのなんたるかが、そもそも今はイメージが持てず…。NYも毎年候補にはなるのに行けてないなぁ。
1010NYL10月-12



ショコラと生菓子が得意なシェフ パティシエ。フルーツの産地などのブランドに頼らず、それぞれの素材の魅力を見極めて、あとは食感など食べた時の感動が最大化するように仕事をしているとのこと。
0306ICTB2月-2



自分的にクリティカルヒットだった和栗のモンブラン、テクスチャもさることながら、それぞれの素材の味わいの強さと、見事な融合っぷりに痺れました。また食べたい。というか、深夜だけど今食べたい(笑)
0306ICTB2月-6



〆に先日提供をはじめたばかりの苺パフェを。苺が15個以上入っていたので、1人で食べるより、他のスイーツ組み合わせつつ、2人でシェアがおすすめ。シャンパーニュは合うけど、あとどんなカクテルがマリアージュするんだろ? それを探りにまた行くつもり。
0306ICTB2月-8




これだけのハコをオーナーショップが整えるのは大変なので、空感含めて遊べるのがホテルのいいところ。バンコクだと、スタバよりホテルラウンジのカフェのほうが安かったりして、しかも静かで落ち着くから良く使ってるけど、日本だとまだ距離感あるよね。もっと、生活やデートと、ホテルが近くなれば面白いのに。いくつか、そういうとこもでき始めてるから、東京オリンピックを目指して、もっと増えてくれると嬉しい。
1010NYL10月-4


ニューヨークラウンジ by インターコンチネンタル 東京ベイ
03-5404-7895
東京都港区海岸1-16-2 ホテルインターコンチネンタル東京ベイ 1F
http://www.interconti-tokyo.com/restaurant/the-lounge/


安定のインターコンチネンタル 東京ベイ。
銀座からタクシーでもめっちゃ近いので、
スイーツ迷ったら来ちゃうのがいいかと。
   ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2017年02月27日

うな春(名古屋)ひつまぶしの夜

0228うなよし12月-7

名古屋に行くと、やはりひつまぶしが食べたくなる。元々は三重がうなぎの名産地だったらしいんだけど、完全に自分の中では うなぎ=浜松、ひつまぶし=名古屋のイメージがで洗脳されちゃっている。

この日の夜は、ちょっと遅めの時間だったんだけど、検索かけてたら泉の「うな春」がL.O.20:30だったので、時計見てギリギリ滑り込み。店構えは落ち着いてて、店内は小綺麗、気楽な晩飯にはほどよい雰囲気。
0228うなよし12月-3




昔は何も前戯なしに「うな重」に迫りたくなるんだけど、歳とともに前置きがないと寂しく感じるようになってしまった。だって、酒が合うのってむしろ前菜なんだもん。
0228うなよし12月-10





味噌カツ、手羽先、名古屋コーチン、色々あるけどやっぱり「ひつまぶし」が一番好きっすね。
0228うなよし12月-1

うな春
052-962-8055
愛知県名古屋市東区泉1-7-32 エメラルド泉1階
http://www.unaharu.com/


今年のアカデミー賞は、色んな意味でサプライズ満載。『ラ・ラ・ランド』がまた観たくなってきたぞ。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2017年01月10日

原トリッパ製造所(中目黒)ご近所的ガード下の本命

0112原トリッパ製造所12月-1

11月末に中目黒のガード下が一気に賑やかになりました。その名も「中目黒高架下」、蔦屋とスタバの鉄板コンビをはじめ30店舗近くの飲食店がオープン。見飽きたチェーン店などは殆どなく、地元民ならチラッと寄ってみたいなと思わせるお店が並ぶ。


ここ『原トリッパ製造所』は、以前に恵比寿のイタリアン「イルメリオ」で腕をふるっていた原シェフの仕掛けたお店。当時のリストランテ的 綺麗な料理とは真逆に、男っぽいビジュアルとパンチある旨さが特長の"男の台所系イタリアン”。
0112原トリッパ製造所12月-7



店名にもなっているシグニチャーメニューのトリッパは、丁寧に処理されていて「正直、トリッパってあんまし興味がなかったの」というグルメ女子の心も鷲掴み。盛々のトリッパも美味だが、さりげなくパスタに使われたトリッパも異常に旨い。
0112原トリッパ製造所12月-11




ワンコインクラスのメニューが並んでるんだけど、しっかりと手をかけられているから、油断して口に運ぶと「おっ!?」となる瞬間が訪れる。それも一度や二度じゃなくね。
0112原トリッパ製造所12月-6




もうひとつ、この店の魅力は子連れに最高なコト。お店の奥には人工芝が敷かれた隠れ家スペースがあって、子どもたちは大はしゃぎ。大人は大人の会話がデキるし、子供たちは存分に遊び倒せる。自宅の延長のようなスペースで心掴まれるイタリアンをリーズナブルに堪能できる、これって楽園以外のなにものでもないっすよね。
0112原トリッパ製造所RX10012月-1




そんな愉しみ方の雰囲気は、動画を見てもらったほうが伝わるかと。






これからの都心のレストランのテーマは、親と子の共存。両方のニーズを満たせるお店って、あるようでレアなのよ。ね、そう思はない?
0112原トリッパ製造所12月-14




ちなみに奥のスペースのベンチは、子供が遊びやすいだけじゃなく、オレにとっても寝心地よくて危険なんすよね。年末の疲労のピークで、折角の忘年会なのにそこそこ墜ちちまってましたなぁ...(*´Д`)
0112原トリッパ製造所RX10012月-4


原トリッパ製造所
03-6412-7165
東京都目黒区上目黒3-5-20



ま、みんなが愉しんでくれたら、幹事的には本望。今年も皆さん、よろしくね!
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2017年01月05日

リナシメント (目黒)DSC-RX100M5 で切り取る美食

0105RX100V_12月-5

フラッと目黒川沿いをランチどきに歩いてた時に、パイセン達から「あそこ面白いから行ってみろよ」と司令を受けていたことを思い出し、滑り込んだはイタリアンの『リナシメント(RINASCIMENTO)』

目黒川挟んだ雅叙園の向かいエリア。川沿いの道からは一本入ったトコで、このあたりには蕎麦屋の「かわせみ」とか、カフェの「CHUM APARTMENT」など使いやすい店がこっそり集まっている。

『リナシメント』は、「CHUM APARTMENT」の真横。意外とエントランスがステルスなので要注意。地図で場所は確認できつつも、何度かお店の前往復しちゃったし。

0105RX100V_12月-13



そんな隠れ家感高めお店に足を踏み入れると、中はシックだけどぬくもりあるしつらえ。ダークブラウンを背景に、木のぬくもりを感じる明るい色がアクセントに。入口近くに小さなカウンターがあって、フロアは適度に距離のあるテーブル席、奥には個室もあるらしくレディたちの楽しげな声が漏れてくる。

グラスでフランチャコルタが選べるのは嬉しい誤算。酒は控えようかと思ったけど、速攻で却下。とはいえ、ディナーに40ヶ月のステーキをいただくという大イベントが控えてたため、理性で抑えて2500円の軽いコースに。

軽いとは言いつつもアミューズがあって、前菜は20種類以上が並ぶ美しいプレート。そのうえにパスタとドルチェまでつくというのだから体感では相当破格。
0105RX100V_12月-9



サービスの三浦さんは、以前のお店でご挨拶させていただいたことがあったので、ワインのアッビナメントも斜め上からという感じで大満足。
0105RX100V_12月-6



ドルチェの苺のメリンガ ホワイトチョコレートも、しっかり手が込んであって価格帯からイメージするのより、全体的にワンランクレベルが高い。
0105RX100V_12月-12


宿題果たしました〜とパイセンにメッセしたら「この店の本領はディナーだよ」と即レスが帰ってきたので、年明けのディナーを予約して帰ることに。


2016年最後のイタリアンと、おそらく2017年初のイタリアンとなるであろう『リナシメント』。ランチはジャブということで、詳しいことはディナー行った後に書きますね。三浦オーナー、田沢シェフ、楽しみにしてますよー

リナシメント
03-6420-3623
東京都目黒区下目黒2-23-2 1F
http://rinascimento.tokyo/


ちなみに、この日の写真は全て「RX100V(DSC-RX100M5)」です
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



17920-2728-296884
17920-2728-296884
続きを読む

2016年11月15日

We are the Farm (代々木上原) 女子密度高し

1115wtf2月-7

こういうお店は流行るよね、と帰り際にしみじみ感じた『WE ARE THE FARM(ウィアー ザ・ファーム)』。固定種の野菜を無農薬で作り、朝摘み野菜をシンプルに、でも熱い想いをのせてカウンターごしに提供してくる。


ここでキーなのはスタッフのプレゼン。なんかね、野菜のプレゼンが共感できるんだわ。別にケール好きってわけでもないけど、勇んでケールオーダーしちゃったもん。しかもボリューム多いから、野菜食べてるだけで腹膨れるし、結果コストも抑えめに。
1115wtf2月-3



あそうそう、固定種ってわかる? オレは知らなかったんだけど「在来種」と呼ばれるもので、昔からその土地に根ざした野菜のこと。長い年月をかけて、その土地の風土の中で伝わってきた栽培方法で育てられてものだから、当然遺伝子組換えとかは使われない。
1115wtf2月-5


固定種の野菜栽培は手間がかかるうえに、旬のみしか出荷ができないとか、形が不格好とか今の流通では勝ちにくい。でも、自身の体験からして、スーパーで買ってくる野菜より、家庭農園で作った野菜のほうが明らかに旨いのよ。これは理屈じゃなくて体感している事実。
1115wtf2月-4



そして、そのおいしい野菜を「お、いいね」ってとこに着地させてくる。今年の初めの頃の訪問だし、会話に意識割り振ってたから記憶薄めだけど。味の着地点は、やりますなーって感覚は覚えている。お酒も野菜上手に使ってるしね。
1115wtf2月-1


カフェのような店内も敷居低いし、価格帯も抑えめで、1人5000円を切るくらい。自腹女子でも通いやすいこのブランディングは、勝つべくして勝ってるという印象。なにかと今、注目の代々木上原。背伸びせずにリピートし続けられるお店が多いのがいいっすね。暮らしやすそう。
1115wtf2月-8


WE ARE THE FARM
03-5738-7744
東京都渋谷区西原3-24-10 PDビル 1F
http://www.wearethefarm.co/
https://www.facebook.com/wearethefarm


ダイエット中に通いたい店。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2016年10月11日

ストリングスホテル(品川)大人のためのハロウィン提案

1011ストリングスHW10月-1

いつの間にか定着しつつある日本のハロウィン、お祭り騒ぎは乗っかる主義だけど、質の悪い騒ぎに巻き込まれるのは好きじゃない。

品川のストリングスホテルへ久々に行ったら、吹き抜けラウンジが記憶よりも暗めで大人のデート向け。キーステーションではあるんだけど、あんまり遊べる場所のない品川という認識だったので”使える”場所を思い出せてよかった。今は、ハロウィンをモチーフにしたカクテルとチョコレートのプレートがあって、注射針みたいのでチョコにリキュール注入とか、実際やってみたら意外と面白い。
1011ストリングスHW10月-5



ビーカーのようなグラスに入ったカクテルはパンプキン、キャロット、アボカド、野菜のピューレを使っているので食感も残っておりスムージーみたいで飲みやすい。そして想定以上に酔っ払うとこも大人のデート向けと感じた所以。
1011ストリングスHW10月-3

ストリングスホテル東京
ザ・ダイニングルーム
東京都港区港南2丁目16−1
品川イーストワンタワー26F-32F
http://www.intercontinental-strings.jp/


これで2500円というのは、体感的にリーズナブル。10月いっぱいの限定メニュー。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年08月29日

IL POGGIO (三田)ヤンチャなピッツェリア

0824ILPOG 8月-5



イタリア大使館の近く、1国からちょっと入った住宅エリアの中に佇むピッツェリア「IL POGGIO」。場所的にも、中々チャレンジャーな場所なんだけど、ただの隠れ家ピッツェリアじゃないのが面白いところ。
0824ILPOG 8月-7


ビル一棟を大人のための”遊び場”にしようとしていて、2Fのリストランテにドンペリ仕様の部屋があったり、4Fにオーベルジュを準備中と、ヤンチャなことこの上なし。

1Fのピッツェリアは、コンパクトながらもカウンターとテーブルにテラス席もある構成で、一部のテーブル席からは、ガラスの茶室ならぬ、ピッツァ窯コーナーをガラス越しに見下ろす感じになっている。
0824ILPOG 8月-1



値段も思いのほかこなれていて、デートはもちろん、普段使いにも気負いなく使える。
0824ILPOG 8月-3




ピッツァのハーフ&ハーフにも快く応じてくれる。新店の立ち上がりということもあって、焼きにそこまでの期待を込めてなかったんだけど、この生地感、この焼き具合、タイプですわ。
0824ILPOG 8月-6




リーズナブルなのに、ドルチェのポーションもデカめ。これからが愉しみな一軒です。
0824ILPOG 8月-9


PIZZERIA CAFFE IL POGGIO (イル ポッジョ)
03-6435-4602
東京都港区三田2-11-1


この週末、京都の太秦江戸酒場で全力でハシャギ過ぎて月曜の今は廃人です。体力の限界を越える遊び方をこの歳になって加速させるとは思わなんだ(笑)
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年08月10日

スターバーテンダーが放つBARの艶

0809BAR7月-12

一時期、取材の関係でBARに通ってたことがあったんだけど、そもそもお酒が弱いということもあって、最近は行く頻度が落ちてました。

旅行で海外行った時は、わりと良くBARも行くんだけど、日本だと一軒目でだいたいキャパオーバーで睡魔に負けがち。ほんとは、カフェに行くくらいの感覚で使えればいいんだけどね。
0809BAR7月-9


シンガポールで活躍中のバーテンダー金高氏が、下北沢のバーで熊本地震のチャリティイベントやるというので行ってきたんだけど、骨董通りの「Brift H」のシューシャイナー(靴磨き)長谷川氏とのセッションもあって、艶気たっぷりの大人な空気感に。
0809BAR7月-6



映像の方が雰囲気わかるかな、と。




単にお酒を飲む場所以上の提案があって、たっぷり刺激をもらえちゃいました。最近、履いてなかったBerlutiさまもピカピカになって、こりゃ靴に合う場所に出掛けなければ。
0809BAR7月-4


芸も何もないコメントだけど、トップバーテンダーの作るお酒ってめっちゃ旨いわ。そして、カクテルが出来上がるまでの所作にも説得力がある。
0809BAR7月-8


Adonis、Side Car、Dark & Stormyなどなど、どれを飲んでも透明感というか、雑味がないというか、ピタッと狙い通りに仕上がってる感じ。
0809BAR7月-1




ちなみに金高氏がシンガポールでやってるバーが『D.Bespoke』。「ASIA'S BEST BAR50」で13位にランクインしている。


サ ンペレグリノがメインスポンサーを務めるイベント「アジアのベストレストラン50」は聞いたことある人多いと思います。最近は日本でも認知高まってて、毎 年4月にロンドンで開催される「世界のベストレストラン50」のアジア版。レストラン部門は旅に行く際によく参考にさせてもらってるけど、BAR部門があ るのは最近まで知らなかった。
0809BAR7月-2


この日は、そんな金高氏の高い技術に裏打ちされたカクテルに気持よく酔わせてもらったんだけど、同時に自身の感性と技術を武器に、世界とガチンコで渡り合ってる姿を魅せられて、「やっべーな」って焦りも感じたり。

40歳を超えて人生の折り返しは過ぎたのに、オレは何ができてるんだろうってね。あ、別にネガティブな感覚では無いんです。現状を認識したうえで、明日へのモチベーションにしてるから。こういう刺激は定期的に必要だと思ってる。
0809BAR7月-13


自分の人生、後世に名を残すような経営者になろうとか、そういう野望はないし、あんまし興味ないんです。それよりも文化とか遊びとかを生活にうまく取り入れて、日常が豊かになるっていう、日本人の新しい生き方のロールモデルを提案できたらいいなって思ってます。

ただ、これだと茫洋としすぎてるので、もうちょい具体的な成果物を目標にしなきゃなって、そんなこと考えてました。
0809BAR7月-14


イ ベント自体はめちゃくちゃ盛り上がってて、忙しい金高くんとはこの日あんまし話が出来なかったけど、彼も日本のBAR業界の課題とか、これからの次世代の 育成には凄くアツい想いを持ってます。だから、日本のバーテンダー達に新しい可能性を示すためにも、彼はこうして自分の背中を見せに、定期的に日本にやっ て来てるんじゃないかな。

Fairground
世田谷区北沢2
03-3411-2739


面白い出会いもあったし、やっぱ自分の足で動くことって、とても大事。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年07月14日

山の上バル (恵比寿)

0715山の上5月-7

恵比寿駅から山手線を挟んでガーデンプレイスと逆サイドの急坂を登ると、「サカナバル」だったり「トスカ ネリア」だったり「うしごろバンビーナ ヒルトップ店」だったりと、大人が普段着でくつろげるけど、それでいて質は高いレストランが集まっています。そんなエリアの一角にある『山の上 バル』。

こちらは、その中でも更にリラックスしたカフェ的な空間。細長い店内はカウンターの奥にテーブル席もあるので、デートでも合コンでも使い勝手のいいお店。
0715山の上5月-2


料理はオーソドックスにバーニャカウダとかから揚げとか、煮込み料理とかメニューのバリエーションは豊富。素材の質が浮き彫りになる料理も、価格に対する満足度は高めで、肩の力を抜いた夜に相応しい。

個人的にはアルコール類が思いのほか安くて嬉しかった、白州のハイボールとか600円以下だし、ラガヴーリン 16年ものも1100円。
0715山の上5月-10

恵比寿山の上バル
03-6303-4774
東京都渋谷区恵比寿南1-16-3 1F
http://rvsinformation.com/eyb/



デザートやカフェも空間にマッチしてるから、席さえ空いていれば夜のカフェ使いとしてもアリだと思う。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ







続きを読む

2016年05月14日

es (恵比寿)世界チャンピオンのピッツァ

0512es4月-16

最近、かなり通い気味の恵比寿にあるイタリアン『es』,
まず箱的にテラスってのがいいね。

以前のお店のイメージとか、HPのトンマナでは
もうちょいチャラい店かと思ってたんだけど、
いざシェフの料理を食べたら、これが本物で。

聞いてみたら、イタリアでも日本にはないような
エレガントなホテルのリストランテとか渡りあるいてた
うえに、その後イギリスに渡ってハイクラスな人々の
無茶振りに日々応えてたというから、納得。
0512es4月-19




この日は午前中にパーソナルトレーニング行ってたので、
良質なタンパク質を絞って出して、とお願いしたら
期待通りのアンティパストミスト出してくれまして。
0512es4月-4




このロケーションで泡は我慢できませんわ。
0512es4月-20





ちなみに、シェフはリストランテのシェフも経験深いのに
ピッツァの腕も凄腕なんです。日本でもピッツァの世界
チャンピオンとか自称してる人いるけど、結構な数がコンテストの
一部門で優勝しただけとか(確かに世界チャンピオンではあるが)、
ジャパンマネーの力だったりとか、探っていくと大人の事情が
満載なわけで。
0512es4月-8




そんな中、小曽根シェフは、こないだイタリアで開催された
ピッツァコンテストの総合部門で優勝したという正真正銘のチャンピオン。

しかも色々トラブルあって、イタリア行った時にはされているはずの
コンペティションのエントリーがされておらず、あちこちのお店を
かけずりまわって自ら推薦を勝ち取り、その飛び込みのお店で生地の
チューニングとかしたうえでの勝利というから、同年代ながら
そのハートの強さにリスペクトを覚えますわ。
0512es4月-10




そんなタフな旅の帰国直後も、日曜日もちゃんとランチで料理
作ってくれるから、ほんと貴重なイタリアン。
0512es4月-13


恵比寿 es
03-6277-1612
東京都渋谷区恵比寿1-24-11
GRASSE 1F・2F
http://www.esteam.co.jp/


さて、明日は早起きして運動しよっと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年05月08日

ジャスミン (広尾)恵比寿の中華なら

0501ジャスミン4月-8


恵比寿というか広尾のモダンチャイニーズ『中華香彩JASMINE
上海、杭州、四川といった中国の様々な地方料理が、シェフ独自の
解釈で、綺麗にまとめられている。
0501ジャスミン4月-2




それは、料理だけではなくお店の空間も含めて。
0501ジャスミン4月-9



かつて、中華料理っていうのは、足元がベタベタするような
町場のレストランで出される庶民食だと思っていました。

いい中国料理に出逢えば出逢うほど、翌日までもたれる
ようなことはない、繊細な料理だということに気付かされます。
中国三千年の味というのは、決してレトルトでは感じることは
出来ない奥行きがあるんすよね。
0501ジャスミン4月-5



この日は、様子見だったので2500円くらいの
ミニコースにしたんだけど、体感してみて解った。
休日のランチは、色々な要素が入ってる3,800円の
ヤツがおすすめ。

よだれ鶏をはじめとした前菜4種、
それにサンラータン 、点心2種盛り合わせ
野菜料理、黒酢酢豚に麺類(or ご飯)が
ついてこの価格なんだもん。
0501ジャスミン4月-7




質的にも量的にも、満足度高い展開。
0501ジャスミン4月-12

中華香彩JASMINE
03-5421-8525
東京都渋谷区広尾5-22-3 広尾西川ビル 1F
http://jasmine310.com/





G.Wはフィリピンとバンコク飛んでたけど、
やっぱし、日本の食はいいね。最近のバンコクの
食進化っぷりも激しいけど、東京の安定感はさすが。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年04月12日

Circo (神楽坂)神楽坂路地裏の地中海バル

04155月-13


神楽坂の路地裏、ここに店あるの?的な
路地奥に佇む地中海バル『Circo(シルコ)』。
Googleさんがいない時代だったら、多分
この路地通りすぎて、しばらく迷子だったわ。

店内はレンガやウッド、レザーで構成され、
赤く塗られた壁が陽気な気分を後押しする。
スーツでもいいけど、デニムが似合うね。
0412Circo1月-1




地中海と謳ってるだけあって、料理のレパートリーも
幅広く、タジンからカルパチョ、グリル料理などなど。
気分と酒に合わせて、料理を選ぶことができる。
04155月-10


そう、ここは力を抜いて愉しむバル。
うまけりゃ、国境なんて関係ない。

ビールやワイン、ウィスキーに加えて
カクテルも充実。遊び慣れた大人が
自由なスタイルでくつろいでいる。
04155月-3




料理はスパイスやハーブ使いがうまく、
テンポよく箸が進む。おかげで会話の
ノリまで加速した。これぞバルの醍醐味。
04155月-11




女子トークに適当なダメ出ししながら、分が悪くなると
オーナーのサニーさんの笑顔でごまかすという作戦。
ゆるい、ゆるすぎるぜ。でも、そんな夜が好き。
04155月-17




毎晩のように誰かと飲んでいると、”楽しいの基準値が”
それはそれでアベレージが相当高くなる。色んな愉しさが
あるけど、一番好きなのはバカになってバカ笑いしてる日ですな。
ここでは、何度かそんな夜を送っている。
0412Circo1月-2


Circo (シルコ)
03-6280-8819
東京都新宿区神楽坂4-5-4
http://manvar-kagurazaka.com/circo/


近くにある『マンワール』の姉妹店なんすね。
なるほど、力の抜き加減がうまいわけだ。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

2016年03月30日

藤田(白金) 浜松老舗の鰻技

IMG_1759


浜松の老舗うなぎ店『藤田』が、浜松に
続いて白金にオープン。お店では3店目と
聞いた気がしたんだけど、HPを見ると
八王子の方にもあるみたい。

こちらのニューオープンは、白金のプラチナ通り、
ブルーポイントの隣のビル。

内装は京都のハイアットなどを手がけた作家の
組子が使われていて、さりげなくも品がある。
IMG_1753


店内入ったとこには、焼場が見えるカウンターが有り
ここで休日に肝焼き食べながら、日本酒すすって
なんていう時間を過ごせたらよくない?


浜松なので、背開きで蒸しを入れた関東風。
うな重をお願いしたんだけど、皮の薄くてぱりっとした食感。
中はふわりとした身の焼き具合で、最後に舌の上でとろける。
このテクスチャにエロスを感じる。



全体的に味の濃さが程よく、このくらいが好み。
十番、不動前とか行けば鰻の実力店もあるけど、
なにげにこのあたりは鰻のお店がなかったので、
ご近所さんには嬉しい出店のはず。
IMG_1751


そして気になるのは5000円くらいのコース。
肝焼きをはじめ、いくつか串を食べてから
うな重にたどり着く流れは、さっきも書いたけど
休日の理想型。

散歩のついでにふらりと寄りたいね。

うなぎ藤田 白金台店
03-6432-5636
東京都港区白金台4-19-21 IGAXビル 3F
http://www.unagifujita.com/

  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




続きを読む

2016年03月18日

ダオタイ (渋谷) ちとせ会館でまさかの安旨タイ料理

0315ダオタイDec-7

渋谷のちとせ会館といえば、大学時代はよく使ったし
社会人なりたてのころも、手軽な天下一武道会の
舞台として、ハッピーアワーに通ったもんです。

さすがに、大人になったら縁はねー場所だろ、と
思ってたんですが、20年ぶりに足を踏み入れてみました。
まさか、ここでストリート感もバーチャルで味わえる
タイ料理にあえるとは。
0315ダオタイDec-9

とある休日、タイ料理行こうよって誘われてて、
直前に店の場所を確認したんすね。

その時に「え、場所が、ちとせ会館。大丈夫、今夜?」と
一気に期待値が急降下。とはいえ、タイ料理は食べたい
気分だったし、とりあえずお店に向かったんです。

ちとせに入って2Fにあがると、いい意味で期待が
裏切られる。まず、人の熱気がすごい!!!

ここ、「肉横丁」と名付けられたフロアで、
焼肉はもちろん、色んな国の肉料理が食べられるのね。
屋台風にお店が並び、テーブルや椅子がごっちゃごちゃに
なってて、なんだかいい意味でタイのストリート気分。
0315ダオタイDec-5


やっとこさ『ダオタイ』を見つけ、先についてた友人らと
ビールで乾杯。

こういうロケーションだとと、つい若年層向けのなんちゃって
タイ料理店かと訝ってしまうんだけど、いざ食べてみたら、
それが杞憂だと瞬間で気づきました。

タイ から空輸するというフレッシュなハーブや香辛料が
清々しく、まさにタイのストリートフードで食べてる気分。
0315ダオタイDec-11



おすすめは、コームヤーン(豚の喉肉)、カオニャオ(もち米)、
ソムタム(パパイヤサラダ)のジェットストリームアタック。
定番だけど、この組み合わせを安定的においしく食べられるって
嬉しい事なのよ。
0315ダオタイDec-4


ダオタイ 渋谷肉横丁店
03-5459-1729
東京都渋谷区宇田川町13-8 ちとせ会館 2F
http://daothai.dao-inc.com/shibuyanikuyokocho



裏メニューもあって、結構マニアックな料理も対応できるので、
タイ料理マニアでも満足度高そう。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2016年01月28日

イルサンジェー (表参道)バレンタインの本命ショコラティエは予約制

0126HIRSINGER12月-14

フランスのM.O.F.が手がけるショコラティエ
イルサンジェー(HIRSINGER)

昨年末に表参道にオープンしたばかりなのに予約制とか驚くよね。

というのも、大量生産がきかないんです、ここのショコラ。
M.O.Fの当主自らつくり上げるショコラのレシピは門外不出。
一族4代 直系の技とレシピのために、パリにすら支店がないのよ。

そう、北斗神拳のような一子相伝の技なんです。
0126HIRSINGER12月-28





























1900年にジェラ地方で創業した『イルサンジェー』、ざっくりいうと
フランス東部でスイスとの国境に近いエリアっぽい。
ここで職人としてこじんまる作ってるだけだから、
そりゃ世界中に流通するわけないって話です。

それがどうして、ここ表参道だけは販売できるようになったのか
そこが一番謎だったりするんだけど、いずれにせよ予約さえすれば
世界中で欲しがってる人がいるショコラを手に入れられるという事実。

だったら、その恩恵に預かればいいし、これからだと
バレンタインの本命ショコラには最適過ぎる選択肢。
0126HIRSINGER12月-21



このサロンでは、最年少でM.O.Fとなった現当主エドワード・イルサンジュー
のスペシャリテが並ぶほか、初代からのそれぞれのスペシャリテも、当時の
レシピのまま、実直に再現されショーケースに並んでいる。
0126HIRSINGER12月-7




まずは、トゥシェフ(黄色)、ガレ(白)といった
初代、2代目のスペシャリテあたりから食べてみるのはどうだろう?
0126HIRSINGER12月-6


洗練されたモダンなショコラの真逆をはる手作りらしいアナログ感。
大量生産品のシャープさに慣れてると、一瞬素朴に感じるかも
しれないけど、ビスポークの服ような艶感が、味覚を舌の細胞
レベルから、じんわりと覚醒させてくるのよね。

ガナッシュ、バーショコラ、プラリネ それぞれ違う味わいだし
魅力的だけど、共通してるのはこの素朴そうなエレガンス。


こう聞くと、さも高そうという感じだけど「ガレ」「シシィ」は800円ちょい、
「カフェ・バール」あたりでも1,000円くらいと、他のショコラと比べて
法外に高いというほどではないと思う。
0126HIRSINGER12月-16



予約すれば、1時間はお店の中で楽しめる。
スタッフにイルサンジェーのショコラの魅力について聞くもよし、
アンティークに囲まれた空間でタイムするップするも良し。



でも、最初の訪問ならジェラのワインと合わせて、
その場でショコラを楽しむのがおすすめ。
0126HIRSINGER12月-10





だって、このショコラ、このジェラ地方のワインとの
マリアージュを考えて作られたのだから。
0126HIRSINGER12月-11




中々に入口がわかりにくいのも面白い。
油断するとというか、大抵は一回通り過ぎそう。
0126HIRSINGER12月-29


イルサンジェー 東京ブティック
東京都神宮前4-26-5 神宮前426ビル 1F左手入り口
定休日:火・水(12:00〜19:00)
予約:info@hirsinger.co.jp
http://www.hirsinger.co.jp/



他の人ともカブる確率が圧倒的に
少ないとこも本命向き。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



 ※なんか、たまにブログの下書きしとくと
  勝手に「続きを書く」がメイン記事「記事を書く」
  を上書きしちゃうんですよね。ほんと時間ないから
  勘弁して欲しいっす…


続きを読む

2016年01月20日

アヂト (駒沢)ローストビーフ丼を食す

0129adito12月-1

駒沢公園至近のカフェ『アヂト(adito)
ボクがリピってる回数では、多分No.1のカフェ。

その理由は過去レポに詳しく書いてあるけど
要はカフェならではの自由な発想の食事を
楽しめて、かつその着地点がしっかり出来て
いること。

あとは、センスのいい空間とか、家族のような
温かみのあるスタッフとか、とにかくボクが
カフェに求める要素が、ほぼほぼ詰まっているんです。

そんな『アヂト』の魅力のひとつがいつでも
食べられる”大人様定食”、読んで字のごとく
大人が食べたくなる定食セットです。

2週間毎にメニューが変わるんだけど、常時
4種類がオンリストされているので、何度
通っても飽きないんです。しかも880円。

つか、ついつい大人様定食に惹かれてしまうので、
肉じゃがとかカレーとか、挑んでみたいレギュラー
メニューに、なかなか辿りつけないんですよね…

そんな大人様メニューの中でもスペシャルなのが
こちらのローストビーフ丼、100gもの肉を乗せていて、
玉葱醤油とわさびのクリームが、一層の米欲を掻き立てて
くれるダイエッター泣かせの逸品。こちらは普段の大人様
定食+200円なんだけど、それ以上の価値がありまくりでした。


デブを気にするなら、そこでよせばいいのに、
ついつい頼んでしまった焼き栗フレンチーズトースト(900円)

チーズの塩味が、フレンチトーストの甘さとどう同居するのか
イメージつかなかったんですが、食べて見ると成る程な着地点に。
食事のようなデザートのような、そんなポジションに収まってきます。
中にふんだんに散りばめられた焼き栗の食感が心地いい。
0129adito12月-3


adito (アヂト)
03-3703-8181
東京都世田谷区駒沢5-16-1
http://www.adito.jp/
https://www.facebook.com/adito.jp


こういうお店のそばに住みたい、
そう思わせてくれる貴重なカフェ。
ディスティネーションカフェならぬ
生活起点にしたいカフェなんです。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

2015年12月01日

ぶち (刈谷) 居酒屋でローカル食材を

1130ぶち8月-4


母方が名古屋出身のせいか、今年になって
急に縁の深くなった名古屋。

こちらは名古屋から電車で20分くらいの刈谷、
蒸し焼きが得意な居酒屋の「ぶち」。

外観は居酒屋というか、カフェのような佇まい。
個室で仕切られた空間は、狭いコミュニティでの
バッティングを避けるためにもってこいの設え。
1130ぶち8月-12


デートにしても仕事の後の一杯にしても、
ライバルとモロに鉢合わせは困るもんね。


ちなみに、ボクは今まで一度も「元カノにお店で
偶然遭遇」みたいな経験はありません。
なので、「うわ、ビックリ」的な鉢合わせの
感情をリアルに捉えることは出来ないんですが、
人生経験上、一度くらいそんな遭遇シーンで
心揺さぶられたいものです(笑)。
1130ぶち8月-1



さて「ぶち」に話を戻しましょう。
こちらの看板メニューは十勝豚のスペアリブ。
岡崎の八丁味噌でいただけるのがいいっすね。

3種類のソースから選んで食べることが出来るんだけど、
折角なら土地のもの使った食事が食べたいし。
そもそも濃厚な味噌のソースって好きなんです。
矢場とんの味噌カツとか、もちろん攻略済みですし(笑)

同じく、”折角ならローカル食材視点”で、
三河鶏ワサビなめろうもヒット。こいつは
白米が欲しくなる。
1130ぶち8月-3




鮮魚と野菜の枡盛りも、三河湾であがった
魚を使ってて、旅人 心を満たしてくれる。
1130ぶち8月-7


蒸し焼き ぶち 刈谷店
0566-91-3331
愛知県刈谷市桜町5-6
http://hitosara.com/0006025686/


今年は、よく旅に出てました。
家も好きだけど、でも動けるうちは
旅をしたいみたい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2015年11月05日

出雲蕎麦 錦織(中目黒)この町らしい気楽さとデザイン性

1105錦織10月-14


中目黒の川沿いにオープンした出雲蕎麦の『錦織』

ストイックな蕎麦好き向けのお店ではなく、周囲の
顧客ニーズにマッチしたマーケティングの上手なお店。
大きな窓からは目黒川を見下ろせる。桜の時期とか
相当ヤバいロケーション。


出雲割子蕎麦でエッジを立たせているけど、洒落た雰囲気で
手頃な価格で和のお皿をつまみ、〆で蕎麦食べたいという、
遊び人を卒業しつつあるオヤジに焦点があたってます。
1105錦織10月-11


「連日肉は辛いんだよ、でも鮨が毎日だと財布にダメージだし、
気楽に食べられて、胃にもやさしく、中目黒らしい空気感。
そんなお店ないかなー」って言ってそうな感じのね。

雰囲気やロケーションの割に、つまみの値段も1000円以下の
ものが多く手頃。すんげーウメーぞ!!ってわけではなくても、
ご近所さんだと つい通っちゃうタイプのお店です。
1105錦織10月-13



島根出身の友人に聞くと「出雲蕎麦とはもっと甘くて力強い」
感じらしい。そう聞くとだいぶ洗練されて仕上がってますね。
1105錦織10月-9



メニューのはさんであるカバーとかも
ちゃんとデザインが気遣いされている。
1105錦織10月-3


つまみの種類も多く
軽いデートでも使えると思うよ。
1105錦織10月-6



出雲蕎麦 錦織
03-6452-4725
東京都目黒区青葉台1-23-4 グランベル青葉台 2F


本当に時間がなくてアウトプットが間に合わない。
マネジメントが失敗してることを露呈してるに過ぎない
んだけど、意外と自分、現場が好きなんスよね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2015年10月29日

ティオ・ダンジョウ・バル (恵比寿)調布に移転した名バル

1029ティオ・ダンジョウ・バル12月-5



スペイン料理の名店して評価の高かった恵比寿の
「ティオ・ダンジョウ。その1F部分は現地のような
趣きのあるバルで、料理もクオリティ高かったよなぁ....

今年の4月に調布に移転しまったけど、今は
「フォンダサンジョルディ(FondaSantJordi)」
という店名で、ティオ・ダンジョウ出身の
シェフがスペイン料理店をやってるんすね。
1029ティオ・ダンジョウ・バル12月-10





以前のティオ・ダンジョウ・バルは、素朴そうに見えて
いちいち美味しい料理が出てきてたのよ。こうして
あの味、あの雰囲気が気軽に味わえなくなってから
「もっと行っておけば良かったなぁ。」って悔やむ
ものなんすよね。
1029ティオ・ダンジョウ・バル12月-2






最近、スパニッシュ食べに行ってないなぁと思って
「あ、アップしてなかったけな」と思い出し。
1029ティオ・ダンジョウ・バル12月-11

Tio Danjo(ティオ ダンジョウ)
東京都調布市布田2-37-7 エランクラス1FB
042-444-5903



近々「フォンダサンジョルディ」に
行ってみたいと思います。誰か
行った人がいたら、教えてね。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む