¥5000〜

2017年11月07日

听屋 (六本木)肉宴フリースタイル

1019听屋4月-3

焼肉やステーキハウスはもちろん、イタリアン、フレンチでも研ぎ澄まされた肉料理をいただけるので、逆に”肉が恋しい”ってなることは少ないんですが、たまにルールのないバーリトゥードの肉宴がしたいという衝動に駆られます。

たとえば、メンチカツとか、ハンバーグとか、牛丼とか、餃子ね。しかも、こういう料理って一箇所のお店で食べられるとこってレアじゃない。
1019听屋4月-5



そんな時に初訪問だったのが、あの『听屋』。先日の東京モーターショーでは食ブース「グルメキングダム」をプロデュースしていた食べあるキングの定例会で行ったんだけど、いやいや早速 野望が叶っちゃうじゃない。

元々はステーキの量り食いがウリだったお店らしいけど、色んなジャンルの肉料理たちを組み合わせたコース展開していて、コースも3500円くらいから用意されてて、めちゃ使いやすい。安いからってツマラん味ではなく、ちゃんと落とし所は納得できる。
1019听屋4月-9




ある意味、王道のステーキやらハンバーグも入れてくるから、キワモノな肉のお店というわけじゃない。
1019听屋4月-12





これレギュラーメニューであるんだっけ? 牛丼カレーとか泣けるほどに嬉しい。こういうイタリアンや焼肉では出てこないものが、無性に嬉しくなるんです。
1019听屋4月-16





定例会以降、自分で使いたいと思いながらも未訪なので、フリースタイルな肉気分の誰かと一緒に行きたいっす。
1019听屋4月-8

听屋 六本木
03-6721-1895
東京都港区六本木4-5-8 KAZビル 1F
http://www.pound-ya.com/


こういうボーダレスな肉料理は、ワインよりもハイボールがクラフトビールあたりが合わせやすい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年11月02日

それがし (恵比寿)酒はもちろん飯が旨い

1013それがし恵比寿8月-10


五反田ではじまったの「それがし」は、「鳥料理 それがし」、「肉料理 それがし」、ワインレストランの「LOVAT」などバラエティも豊富で、ついついそっちに行きがちだったのよ。友人からのリクエストもあって、久々に恵比寿の『それがし』寄ったんだけど、日本酒はもちろん、料理の美味しさに改めて感激。
1013それがし恵比寿8月-11



オープン当初から刺身は美味しかったし、メンチカツもシグネチャーディッシュだったけど、いやいや貴方って、こんなに美味しかったでしたっけ? 男らしい肉のかおりが衣の中から立ち昇り、口の中でジワッと肉汁がほとばしる。
1013それがし恵比寿8月-12




次々に出てくる日本酒も的確にしてラインアップが豊富。コースも内容充実してるし、何でもっと使っておかなかったんだろう。
1013それがし恵比寿8月-6


それがし 恵比寿店
03-6416-3981
東京都渋谷区恵比寿西2-3-11 1F
http://www.soregashi.jp/ebisu/



和食がそろそろ食べたい頃。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:43|この記事のURLComments(0)

2017年10月25日

LOVAT (恵比寿)肉ワインレストランをスマートに遊ぶ

1012LOVAT9月-8

数多のレストランが集中している恵比寿において、今や、予約の取りにくいワイン&肉レストランとなった『LOVAT(http://www.lovat.jp/)』

ある時、どうしてもあのカイノミが食べたくなって、不意に寄ることにしたんです。ただ、予約はとりづらい雰囲気だったので「いつでもいいから。後で予約入ってる席でもいいよ、1時間も居れば充分だし、もしゲスト来たら直前で出るし」と。さすがにここまで嘆願すれば入れてくれました。

1012LOVAT9月-4




シャンパーニュボトルは、必ずマグナムというプロトコールが素敵。
1012LOVAT9月-1




いとしのタルタルステーキは、バゲットの上に。いや、これメッチャ泡が進みますわ。
1012LOVAT9月-5


LOVAT
渋谷区 東3丁目16−6
03-6427-9490
http://www.lovat.jp/

この時はなんで寄ったんだっけなぁ。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月17日

ルリイロ (池尻大橋)毎日でも通える引き出し豊富な肉ビストロ)

1016ルリイロ6月-22

何度もブログで書いている池尻大橋の肉ビストロ『+ruli-ro (ルリイロ)

肉ビストロはだいぶ世の中に増えたけど、クラフトビールやクラフトジンが美味しくて、カレーやハンバーガーまでラインアップしていて、ワインのセレクトもセンスいい。それでいてリーズナブルって理想じゃないっすか??
1016ルリイロ6月-17





しかも古民家のリノベなので、空間はゆとりあって心地いいんです。
1016ルリイロ6月-2




そりゃ、目の肥えたパイセンでも喜んでくれるわけで。
1016ルリイロ6月-18





自家製ベーコンやパテカン、フォアグラ風味のレバームースなど、前菜の肉盛りもハズレなし。
1016ルリイロ6月-14





いわゆるビストロならワイン一択になるんだけど、ここではクラフトビールも相当いい目利きをしてるので、是非肉とビールのマリアージュを体験して欲しいっすね。所謂、日本のビール(缶ビール)に代表される味とは全くもって次元が違うので。
1016ルリイロ6月-1







もちろんサラダだって力は抜いていません。
1016ルリイロ6月-16




大好物のフロマージュ・ブランも揃ってるあたり、益々オレ好み。夜でも相当飲んで食べて7000円〜10,000円のレンジですが、体感的には1.2倍以上。
1016ルリイロ6月-26






ちなみにランチのパフォーマスは更に半端なく、こんな前菜の盛り合わせと、食前酒とメイン(カレーも選べる)、カフェまでついて2,500円っすよ。パリでこの価格で、こんな満足度なんて絶対あり得ないっすから。
1016ルリイロLUNCH9月-3

+ruli-ro (ルリイロ)
03-5787-6662
東京都世田谷区池尻3-16-3


そりゃ、日本に食を求めて観光客が殺到するのもわかります。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ







続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月10日

ジュウバー (神楽坂)いい感じに隠れ家な安旨中華

1010ジューバー8月-1

神楽坂の雑居ビルの中に潜む中華バルという言葉が似合う『ジュウバー(jiubar)

日本のフレンチやイタリアンでは、ビストロやトラットリアでリーズナブルに質の高い料理を食べられるようになったけど、中華でもこうしたお店が増えてきたなというのを実感できる希少なお店。

銀座の「夜市」が正統派のエッセンス強めの中華バルとすると、『ジュウバー』はオリジナリティが高め。でも、香辛料使いとか味の奥行きは”本気”を感じさせてくれるクオリティ。

5年後、10年後にはもっとこういうお店が増えてくれる気がする。そんな予感を与えてくれるワクワク感があるのがいいね。

1010ジューバー8月-2




ここんとこ、ワリと短い期間の間に2回使わせてもらったんだけど、メニューの種類は絞ってある分、中毒性が高いというか、リピって同じもの食べても飽きない。自分的にはその筆頭がトップ写真の胡麻たっぷり茹でワンタン。胡麻をたっぷりと使ったワンタンは、辣油の辛さとのコントラストが絶妙。
1010ジューバー8月-4



ベンチマークディッシュの酢豚は、外皮は薄めの仕上げで、味の強さは抑え気味。メインをガッツリ張るというよりは、温前菜的な存在感。
1010ジューバー8月-8




〆の中華屋のカレーが楽しめるのも自由度高くて好み。カレーなのにちゃんと中華。
1010ジューバー8月-10

ジュウバー (jiubar)
03-6265-0846
東京都新宿区神楽坂2-12




基礎がなくてトリッキーだと安っぽくなるけど、本質を捉えた崩しというのはかっこよくキマる。そう、着物の着こなしと同じっすね。やっぱし、本物を識るっていうのは大事だね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月03日

八十郎商店(大手町) 体感価格は1.5倍の◎得 ワインバル

0314美栄4月-18



大規模商業施設に入ってるお店って、「無駄に高いんじゃないの?」とか「味も量産型ザクだよね」みたいな印象でしたが、最近はリーズナブルでいい店が入ってるんすね。

リーズナブルで質のいいお店が集まってる大手町「よいまち」の中でも、ここ『八十郎商店』は体感価格の高さでトップレベルだと思います。
0314美栄4月-1




泡も値段見たら逆に驚いた。相当安いのに味が安っぽくない。
0314美栄4月-4





このブッラータも800円台だった記憶。
0314美栄4月-8




フォアグラ的なブリュレの味わいも納得度が高い。
0314美栄4月-9






雲丹のパスタも、山盛りで。
0314美栄4月-15







室内にいながら、テラス席気分を味わえるのも◎
0314美栄4月-21

大手町ワインバル 八十郎商店
050-5593-5623
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング B1F
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13205852/



トップ写真のような肉と雲丹のコラボも取り入れたりと頑張ってます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:40|この記事のURLComments(0)

2017年09月25日

鯛良 (白金)休日の5,000円 江戸前鮨ランチの満足度

0925鮨たいら9月-4

江戸前鮨を食べようと思うと、日本の料理なのに他ジャンルよりハードルは高い。

人気店の場合 予約が過剰に大変。

あと、軽くでいいのになぁと思いつつ、つまみから握りまでじっくり食べたら2万円軽く超えちゃうし。

本来ファーストフードだったんだし、20分で美味しい握りが数貫食べたいだけなんだけど…って時にも、選択肢がなくて回転寿司とかなったら、それは ちょっと哀しい事件。

0925鮨たいら9月-9



どうも鮨って2極化が極端に進んでる気がして、フレンチでいうとこのビストロとか、ピッツェリアみたいなポジションが手薄な気がしています。

今の日本は50歳以上が金融資産の80%を有しており、人口もキレイな逆ピラミッド。ゆえに、黄昏の富裕層から高額のお会計を搾り取れるビジネスモデルなんだと思うけど、次世代の食べ手が育っていないので、そう遠くないうちに淘汰の波は一度やってくると思ってます。
0925鮨たいら9月-12



休日ランチで気軽に入れる鮨屋さんって、ほんと昼酒呑みにはありがたい。しかも当日予約で滑り込めたら尚更のこと。白金の『鯛良』は、握りが10貫以上で茶碗蒸しとか、お味噌汁ついて5000円。この気楽感がフレンチでいうとこのビストロ感覚で、もっとこういう選択肢増えてくれると嬉しいんだけど。
0925鮨たいら9月-18

鯛良 白金
03-3447-7511
東京都港区白金台5-11-3 バルビゾン91番館 1F
http://sushitaira.jp/shirokane/


こうやって、たまにランチ訪れると、「あ、また夜も来よう」って思い出せるしね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:32|この記事のURLComments(0)

2017年09月17日

SILVA金山 (名古屋) 駅から歩く人気店

0910SILVA9月-15

名古屋の美味しいもの好き女子と、グルメおやじ達の気楽な呑みで金山の「SILVA」に。

金山ってエリア自体は、名古屋駅からJRで5分もかからないけど、お店までは駅までちょっと歩くんスよね。途中で全然ゲスト入ってないお店もあるのに、何故か「SILVA」は、若いコたちで溢れてました。
0917SILVA6月-2


5種類の肉盛りが500gが5000円切ってたりと料理は値ごろ感あるし、お酒はハニーレモネードのジンフィズとかビターズレモンスカッシュなんていった女子力カクテルから、ハイボール、ワインまで幅広い。
0910SILVA9月-22



スイーツもティラミスやらソルベやらと豊富なラインアップで、インテリアも洒落たカフェ風。こうした使いやすさもあるんですが、際立ってたのはスタッフのホスピタリティ。オッサンはついついこういう部分気になって「社員なの?」とか聞いてみたら、フツーにバイトちゃんだったりして驚かされました。
0910SILVA9月-20





使い方次第では、学生の合コン的なステージにもなれますが、いい酒を合わせたいと思えば、ちゃんとジュブレ・シャンベルタンなんかも選べます。

0910SILVA9月-13





ブッラータの少し小さめサイズの自家製ブラッティーナあたりは、このクラスのワインと合わせても耐えられる美味しさ。限定8食らしいので、ブッラータ好きなら抑えておくべき一品。
0910SILVA9月-6




肉の盛り合わせもいいですが、単品のグリル狙えばワインとのアッビナメントを更に精度あげられます。
0910SILVA9月-11


雰囲気とコスト重視の若者に混じりつつ、オヤジなオレらも楽しめるイタリアンダイニング。ダイエットモードはOFFにして、存分に食べて呑んで酔わせていただきやした。


SILVA 金山
050-5593-6374
愛知県名古屋市中区金山2-13-10
http://silva-kanayama.com/


ダイエット完了して1ヶ月ですがリバウンドは無し。仕事に忙殺されたり、天気が悪くて走れてないけど、来月あたりからもうちょい運動増やして体脂肪は微減トレンド創りたいっす。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 22:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月12日

左馬 (目黒)安旨ヘルシーな馬肉バル

0912左馬8月-2


ダイエット中によくお世話になっていた目黒の馬肉バル「左馬(ヒダリウマ)」

各メニューが質がいいのに、やけに安くてでも旨い。そのうえ深夜まで開いてるし使い勝手めちゃいいです。
0912左馬8月-7



突き出しの馬肉からしてフレッシュで。
0912左馬8月-1







シェフはイタリアンの腕もあるので、ウマの大動脈をトマト煮込みになんてしてみたり。これが味付け、食感ともにエロいんすよ。
0912左馬8月-5




こんな良店も◯ベログとやらでスコアが低めだと予約無しで入れるわけで。
0912左馬8月-8


左馬 (ヒダリウマ)
03-6431-9099
東京都目黒区目黒1-5-19 目黒第1ビル B1F
http://www.hidariuma.net/


参考にならなくもないけど、スコアに左右されすぎてる日本はちょっとカッコ悪い。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月04日

CINA (恵比寿) 休日ランチはじまりました

0905CINA8月-10

恵比寿のモダンチャイニーズ「CINA」。

夜コースのクリエイティビティの高さは勿論、空間づくりもかなり好きだし、アラカルトでもサクッと寄りやすく、その使い勝手の良さから当家では結構リピっています。

休日ランチやったらもっとオレ通っちゃうよなんて話をしてたんだけど、ほんとに休日ランチがはじまってくれました。今は土曜だけだけど、そのうち日曜もやるとかやらないとか。
0905CINA8月-16



ランチコースは夜のエッセンスつかめるコースも3400円と4800円。
タパスが6皿つくのと、メインに四川ROCKステーキが選べたので4800円のコースに。

トリュフ&ビーフンやよだれ鶏なども入るタパス6品は、ゆったり酒のみながらというランチにピッタリ。
0905CINA8月-7




どれもスモールポーションだけど、6品出た頃には、体感で結構食べた気分になってます。
0905CINA8月-3




その後にフカヒレと蟹のスープ、とうもろこしの春巻きなどついてメインにつながっていくので、夜に近い満足度。

勿論、夜には感激ポイントが更に増えるんだけど、「CINA」がどんなお店か、ランチでもしっかり伝わる内容に。
0905CINA8月-11



ディナーだと品数も多いし、最後の方は記憶も薄くなるけど、メインの四川ROCKステーキ食べた時に程よく満腹で、〆の麺もちょうどいい感じで対峙できたんです。

そのせいかわからないけど、豆乳の冷やし担々麺がめちゃ旨で「え、いつもこんなに麺良かったっけ?」と、新しい発見も。
0905CINA8月-13





白が基調となったコンクリ打ちっぱなしの店内は、いわゆる中華的な雰囲気でなく、曲もR&Bだったりと、むしろ香港っぽい空気感。

食後はガーデンプレイスにお茶しにいったりとか、これからの季節テラサーには流れを作りやすいロケーションでもあります。
0905CINA8月-15





CINA New Modern Chinese
(チーナ ニュー モダン チャイニーズ)
03-3719-1949
東京都渋谷区恵比寿南1-17-17 TimeZoneテラスビル 2F
http://cina.jp/





コースがオトクだと思うけどて、前菜+単品なんてセレクトも可能。薬膳牛肉麺は、ごぼう麺で当家のお気に入り。ぜひ、お試しを。
0905CINA8月-12


ダイエットの隙間にもよさげです。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月01日

THE BAR (恵比寿)ウェスティンホテルで静かな午後を

0830TheBar8月-4

恵比寿のウェスティンホテル、休日のラウンジはアフタヌーンティもあって賑わいまくり。

静かに落ち着いた時間を過ごしたい大人には、一見向かないような雰囲気だけど、一歩踏み出すだけで、ゆったりした休日モードになるんすよね。

どういうことかっていうと、1Fラウンジの脇に「THE BAR」ってその名の通りオーセンティックなバーがあるんですが、ここは営業時間は11:00〜24:30の通し営業。
0830TheBar8月-12


なのでランチで使っても全然OKなんです。バーテンダーが作るクオリティの高いカクテルも楽しめるし、アフタヌーンティだって楽しめます。


ちょいとバタバタしてた頃だったので、ゆっくりした休日の午後を味わいたいねと、まりえと2人で和装で訪問。
0830TheBar8月-15



ボクは、スイカのフローズンカクテル → シングルモルトと愉しみながら、まりえはアフタヌーンティと紅茶でのんびりしてました。
0830TheBar8月-5

8月中旬のダイエット最終局面だったので、食事は我慢しようとしてたんけど、ラフロイグの水割りをオーダーする時に、メンチカツサンドって文字が目に入っちゃって、敢えなく陥落。
0830TheBar8月-10

さすがウェスティンだけあって、メンチカツサンドもめちゃ旨い。後悔はありません。翌朝、追加で走っただけです(笑)


THE BAR
ウェスティンホテル東京 1F
東京都 目黒区 三田1-4-1
http://www.westin-tokyo.co.jp/restaurant_thebar
03-5423 7000


久々に、ブログ書く余裕がない感じが続いてます。旅ネタ書きたいのいっぱいあるんだけどなぁ。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 12:24|この記事のURLComments(0)

2017年08月22日

ビストロ グルトン (池尻大橋)まさかの洋食屋使い

0826グルトン8月-7


前日に、春日の「フリッツ」でモダン洋食を食べたら、洋食熱が止まらなくなって。

別に量が食べたいわけじゃなくて、美味しものをちょっとつまみたかったので、池尻の『ビストロ グルトン』に。ここは当家御用達の大好きなビストロ、詳しくは昔の記事に

ロブション出身の小更シェフのビストロを、洋食屋使いするってのもアレだけど、定番の蟹クリームコロッケは衣の薄サク感と中のこれでもかっっっ!!っていう蟹の身使いが、たまらんのです。
0826グルトン8月-10




さりげないサラダもハンバーグも間違いないし。肉の食感がエロティークなうえに、ソースはフレンチの技あり。そりゃ、旨いに決まってるって。
0826グルトン8月-14

ビストロ グルトン
(BISTRO GLOUTON)
03-3410-5517
東京都世田谷区池尻2-33-7



2回転目狙って、たまにはこんなフラッと使いさせてもらいました。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:25|この記事のURLComments(0)

2017年08月14日

ストリングスホテル東京 (品川)シャンパンフリーフローな夜

0815ST品川7月-9


月末のワンチャンスだけど、品川のストリングスホテルでは、シャンパーニュのフリーフローとオサレなフィンガーフードがセットになったイベントをやっているんです。

0815ST品川7月-24



8月はテタンジェで、メンズは6000円(女性4000円)。こまい話するけど税サ込なんで、そりゃ女子の占有率高いです。
0815ST品川7月-2



フィンガーフードもビジュアル洒落てて美味なので、メンズなオレでもシャンパン2杯飲んだ時点で充分 回収できた気分に。
0815ST品川7月-7




ミモザやベリーニなどシャンパンカクテルも対象なので、ちょっと飽きを感じたら、カクテル挟んでまた戻ってこれるしね。
0815ST品川7月-12

ただし、時間は19:30〜21:00(20:30 LO)と2時間制。まー、妥当な感じっすね。これ以上長くてもオレ眠くなるだけだし(笑)


ちょっと、ここでまた細いこと言うけど、受付は19:00からなんだけど、ボクが到着した19:20頃には先についた人飲み始めてました。もしかしたら早めに到着したら、たくさん飲めちゃうのかもしれません。ちゃんと確認してないから謎だけど。


この月末金曜のフリーフローイベントは、まだあまり知られてないので狙い目。ただ、それでも人数が増えてきたせいか会場予定だったバブルズバーでは収容できず、同フロアのチャペルが会場になってました。洒落た個室といった感じなので、言われなければチャペルって気づかなかったけどね。
0815ST品川7月-4



おつまみ系のフードのあとは、後半にスイーツが3種類登場。ダイエット中のオレには、ピッタリのポーションでした。
0815ST品川7月-14



シャンパーニュの銘柄は3ヶ月毎に変わるそうでテタンジェの次は何になるのかな。アルコールの弱いオレでもグラス4杯以上は飲んだと思う。ホテルのBARで、このパフォーマンスはアリですわ。
0815ST品川7月-27

バブルズバー
港区港南2-16-1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
03-5783-1258
https://intercontinental-strings.jp/restaurant/


バブルズバーでは、普段から平日の17:00-20:00でスパークリングワインとかハイボールなど泡モノのハッピーアワーもやっている。品川駅周辺って、お店はそれなりにあるけど、落ち着いた場所って少ないので、シャンパンフリーフロー以外でも覚えておくと便利よ。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:33|この記事のURLComments(0)

2017年08月07日

ビストロ マルクス (銀座)着物でテラス

0806BM7月-30

夏のテラス席は、短パンベースにスタイル作ってリラックスさ重視で行くことが多いですが、ここに関してはハレモードをミックスしても、ちゃんとおさまるので重宝しています。

銀座4丁目交差点を見降ろす「ビストロマルクス」。


テラス席のロケーション力は見ての通りだけど、基本カジュアルなうえに品もあるので、ドレスアップしてきても似合うのよ。なので色んなシーンで使っています、料理も美味だしね。
0806BMN7月-8




オープン当初は、だいぶクラシックに寄せてたメニュー構成だったけど、今ではライトでモダンな料理も組み合わせられるので、ダイエット中の軽めランチに行ってきました。
0806BM7月-45




なんだかんだ、和光の時計台バックのシャンパーニュは、テンションあがります。
0806BM7月-3



海の日の頃だったけど、日陰で扇風機(ダイソン)の風もあったから、夏の着物でも問題なく過ごせたよ。
0806BM7月-8



前菜の鮎のファルシは、フレンチらしい仕事ながら、日本人のDNAに響く仕上がりに。
0806BM7月-13



メインは豚バラ肉。こういう”いかにもフレンチ”なものが食べたかったので気分にぴったりだったけど、ポーションも程よく食後感は狙い通り。
0806BM7月-25



こちらには敢えてのスペインの白ワインを。最近、あちこちで見かけるね。
0806BM7月-20


デセールは、涼やかな桃のお皿を。ちょうどいい良い具合と満腹具合。
0806BM7月-37




倉富さんの高いホスピタリティで、友人や家族含め いつも愉しませてもらっています。
0806BM7月-43



BISTRO MARX
050-5592-6560
東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 7F
http://www.bistromarx.jp/


ちなみに数日後に、夜に泡・スイーツ使いで寄ったんだけど、クーラー無くても全然快適。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 22:40|この記事のURLComments(0)

2017年07月02日

オカミハウス (白金高輪)昼から呑もう 寿司おさむのB面

0702オカミハウス5月-12


自分、無類のテラス好きであると同時に、昼呑み派です。

極端なこと言ったら、休日は朝からでも呑めます。ヴァカンス先では、朝食にスパークリングワインとかシャンパーニュ置いてあると、「さすが、わかってらっしゃいますな」と一人ほくそ笑むのです。

誰よりも酒弱いくせにね(笑)
0702オカミハウス5月-4




そんなオレ向きの昼呑み推奨派の呑みどころが白金高輪『オカミハウス』。こちら「寿司 おさむ」というお店の定休日(日祝)に11:00〜20:00限定でオープンしている、いわばB面的な呑み処。

その名の通りオカミさんが料理を作っていて、彼女が好きな豚足やすっぽんの他に、絶妙なつまみを愉しむことが出来る。
0702オカミハウス5月-6




丸鍋1,000円ってメッチャお得なんですけど。昼呑みは夜より安いのもいいよね。
0702オカミハウス5月-9




つまみメニューはこんな感じ、至って明朗会計。
0702オカミハウス5月-2






烏賊ゲソと韮のぬた。ビールで始めた直後に絶妙な脇役。
0702オカミハウス5月-7



生の牛肉と雲丹の組み合わせは割りと見慣れたけど、この雲丹牛肉天とか ありそうで無かった落とし所。
0702オカミハウス5月-10

オカミハウス
おさむ の休み時間
03-3446-2177
東京都港区白金1-25-23
https://twitter.com/osm34462177


気楽に、でも美味しく昼呑みしたい人々ならハマるはず。欲を言えば店の前に外のみテーブルがひとつでもあるとテラサー的に嬉しいんだけどね(笑)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 21:24|この記事のURLComments(0)

2017年06月12日

BISTRO MARUCHI (大手町) スイーツの〆にも向いてるよ

0611マルチー5月-14

大手町に、この春誕生した大人横丁「よいまち」。地下にありながらも、閉塞感が無い全天候型の横丁で、「うかい」初のロティサリーチキンや、博多うどんの「二◯加屋長介」など実力店が並んでいて、個性が無い&高いと思われがちな商業施設にあって、中々いい気を吐いている。

そんな横丁「よいまち」にあって、一番足りないなと感じてたのが〆スイーツ。肉バルからはしごしたり、寿司からスパイス居酒屋に流れたりというのは事欠かないんだけど、ちょっとカフェとスイーツが…って時に、いい店を発掘できていなかったのね。

そんななか、”お、ここか!”といい使い方を見つけたのが『ビストロ マルチ』。ビストロと言っても、フランスに特化したスタイルではなく、イタリアとかスペインとか、ヨーロッパの料理を幅広く集めた料理が特長。
0611マルチー5月-7



肉とかもガッツリ食える。
0611マルチー5月-20




でも、この「よいまち」のポジションで言えば、抜けているのはスイーツ。スイーツ王子 Rui.もこの笑顔。世の中のスイーツ店がクローズした22:00頃でも、存分にカフェタイムを展開できる。
0611マルチー5月-18




ただ、考えることは皆さん似ていて、このお店のピークタイムは割りと遅めだとか。
0611マルチー5月-26




カウンターもあって、デートにも使えるし、入口近辺のテラス席っぽいシートも開放感が溢れている。
0611マルチー5月-24


Bistro MULCHEE 大手町店
03-6551-2526
東京都千代田区大手町1-1-1
大手町パークビルディングB1F
http://otm.mulchee.com/



店名の通りマルチに使えるビストロですな
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2017年05月15日

トクスエ (学芸大学)目黒通り沿い"通いたい呑み屋"の本命

0514とくすえ12月-6

目黒通郵便局至近、ホテル『クラスカ』のちょい先、このあたりには似つかわしくない空き地の脇に、細い建物がぽつんと佇んでいるんです。その1Fが小料理屋さんの『とくすえ』。

15席程度のこじんまりしたお店で、厨房も狭いのに良くまぁこんなにメニューありますな...ってくらいのラインアップ。とにかく安いし、手のかかった料理出してくれるので、近所だったらヘビロテするだろーなと。
0514とくすえ12月-1



おまかせの8品盛りが1000円ちょい。これとお酒軽飲みとか、そういう使い方が逆に贅沢。特に、海外から帰ってきた直後なんかにね。
0514とくすえ12月-4





油とぶし、そもそも素材仕入れる段階で面倒なので、揚げ物は家でやるより外で食べるに限りますな。自宅でメシ食うのがレアな男が言うのもなんですが。まりえの代弁的な感じで。
0514とくすえ12月-8





うヒャヒャヒャ、鶏がジューシー、
0514とくすえ12月-10



米星人的には、わっぱメシとか最高の〆なんすけど。
0514とくすえ12月-14





駅からは少し離れているし、散歩で行ける距離ではないので、気になりながらも再訪は出来てない。ホテル クラスカが近いので、この時期なら早めにご飯食べて、クラスカのテラス席でお茶して帰るとかいいかも。
0514とくすえ12月-12




あとは26:30までやってるうえに、日曜もやってるので、深夜メシに覚えておくのもいいっすね。結構、このエリア日曜休みは多いので。
0514とくすえ12月-16

トクスエ
03-5708-5881
東京都目黒区中央町1-5-10 メグロ三角ビル 1F


唯一残念なのが分煙ではないこと。ただ、地元密着型で酒入るお店の場合、ある程度はしょうがないなと割り切ってます。スゲー高い店で横でタバコとかありえないけど、普段着価格の店ならそこまでワガママいいません。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2017年05月09日

ekao (恵比寿) DJブースのある大人仕様のカウンターイタリアン

0509ekao11月-7

恵比寿にこんなBAR&イタリアンがあったのね。

駅から渋谷方面に駒沢通りを歩いて、川をわたる手前。そこのビルの4Fに『エカオ(ekao)』は、ひっそりと息を潜めていました。
0509ekao11月-8



なんせね、看板とか出てないし、階段で4Fまであがるというアスリートなイタリアン。しかも店内はカウンターメインで照明は落とし気味。こりゃ、デート仕様っすねー

料理はお店の雰囲気にあっていて、イタリアンがベースだけどかなり自由度も高め。でも、だからといって味がチャラいわけではなくラムチョップは絵的にも味的にも男としてヤラれました。
0509ekao11月-14


ヤラれたメニューと言えは、ほかにも半熟卵を山頂に冠したポテサラなんていう生粋の男飯もあったり、〆には定番すぎるけど濃厚なクリーム感のカルボナーラを。
0509ekao11月-5


窓から見える下界は、いつもの恵比寿なんだけど、BARなのにしっかりイタリアンな空感はなんだか異次元。
0509ekao11月-18



DJブースもあって曲選もいい。
0509ekao11月-17


現地の再現力高いイタリアンは大好きだけど、こういう遊び用途で質の高いお店知っておくとなにかと便利。
0509ekao11月-20


ちなみに27時CLOSEなので、「あ、終電ないね」とか「終電なくなっちゃった、どーしよ♪」的な古典技を久々に繰り出してみるのもいいかもしれません(笑)。
0509ekao11月-19

ekao
03-5755-5744
東京都渋谷区東3-25-6 楠ビル401



ちょっとだけ、テーブルもありましたね。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2017年04月19日

ラ・パスタイオーネ (麻布十番)心地いい流れのパスタコース


過去、何度も書いてる麻布十番のパスタ専門店『ラ・パスタイオーネ』。チェーン系を除けばあまり聞かない、パスタ専門と漢らしく謳っている希少なイタリアンレストラン。ピッツェリアは山ほど増殖したけどね。

なんせコースでパスタ重ねてくるって勇気要りますからね。米シェフの引き出しの多さやクリエイティビティにいつも魅せられてます。
0416WMパスタイオーネ4月-53



そんなパスタイオーネでのアンティークウオッチの会、この日もパスタ中心にしっかり楽しませてもらいました。
0416WMパスタイオーネ4月-8




安定のマッシュルームのサラダ。葉物の生野菜って、そんなに積極的に食べたい人でもないんだけど、これは別モノ。
0416WMパスタイオーネ4月-7




0416WMパスタイオーネ4月-22




パスタを3種類重ねられても、全然パスタが続いた感無し。更にもう2皿くらい食べられそうな余韻の軽さ。
0416WMパスタイオーネ4月-17




結局好きなものは好きなんすね。今でこそ、当家に来た時計だけど、当時も何回も腕にはめて写真撮っていたようです。
0416WMパスタイオーネ4月-18



2年くらい前なので、まりえがショートでびっくりした〜
0416WMパスタイオーネ4月-25



周囲がこれだけのコレクションがあると、いつでも試しにハメられるので物欲自体は抑制される(はず)

0416WMパスタイオーネ4月-14


そろそろ、冷製パスタが食べたくなってきたぞ。
0416WMパスタイオーネ4月-30




皆さん、いまと比べて やっぱ若干若いかも(笑)
0416WMパスタイオーネ4月-20





ドルチェまで瞬殺。イタリア通はセコンドまで食べるべし、みたいな風潮あったけど、コンディションやシチュエーションに合わせれば良くて、無理はしなくていいと思います。
0416WMパスタイオーネ4月-47




ボルさん、いつも愉しい時間をありがとうございます!!
0416WMパスタイオーネ4月-54







ん…、オレ、こっから何kg太ったんだろ 汗
0416WMパスタイオーネ4月-60


ラ・パスタイオーネ
03-6809-3420
東京都港区南麻布1-6-3 YREビル1F
http://www.la-pastaione.com/


美味しいもの食べても、太らない。酒を呑んでも眠くならない、そんなキカイの体が欲しいです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2017年03月22日

ルリイロ(池尻大橋)2016年の大ヒットランチビストロ

0322luliiro12月-21


去年最後のアンティークウオッチの会は池尻の『ルリイロ』で。ただでさえ慌ただしい師走だもの、ゆとりある空感でランチくらいしたいじゃない。

ついでにクリスマス前後ということもあって、皆さんさりげにドレスコードがクリスマス。そういうの、わざわざ言わなくてもできてるプロトコール底辺にあるのが この会のいいところ。
0322luliiro12月-12




料理も酒も間違いなくて、お財布にダメージ少ないビストロって最高。
0322luliiro12月-6





さすがはインプリチトのDNAを持つワインセレクト。
0322luliiro12月-10




並ぶ時計もカラーリングからして年末っぽい。
0322luliiro12月-16







揺るぎない肉の楽園。そんなルリイロが大好き。
0322luliiro12月-19





オーナーの腕にも半ば強制的にアンティークウオッチをはめてもらいます、やっぱね、自分の腕にしてみないとわかんないのよ。
0322luliiro12月-47





カレーとかハンバーグ目当てに、ランチで気楽に寄るのも最高だし

0322luliiro12月-55



かくいう自分も時計はクリスマスをちょっと意識してみつつ。
0322luliiro12月-11





なんだかんだ、足元もめっちゃクリスマスしていたわけでw
0322luliiro12月-56





しっかし、毎回恐ろしいコレクションが並びますなぁ…
0322luliiro12月-44

+ruli-ro (ルリイロ)
03-5787-6662
東京都世田谷区池尻3-16-3



美しいものか、美味しいものが大好きです。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2017年02月28日

クラフトビールタップシノワ (銀座)クラフトビールと中華のマリアージュっていいね

sinowa1月-12


スカイツリーなどに「世界のビール博物館」ってクラフトビールがめっちゃ集まってるお店入ってるけど、それのちょいコンパクト版が『クラフトビールタップ』。その中で、中華料理と厳選のビールを合わせてるお店が銀座にあるんだけど、ここオモロい。


香港ではクラフトビールがブーム。とはいえ中華料理の旨いお店にビールが充実してるかって言うとそこまでではないので、アペリティフにビールスタンドで旨いビール呑んで、その余韻で広東料理のお店に行って舌鼓を打つってパターンが、最近の当家のスタイルなんです。

sinowa1月-2




日本だったらこういう組み合わせ、やってるとこないかなと探してて、見つけたのが『クラフトビールタップ シノワ』。めっちゃお気軽プライスなのに、かなり愉しめる。何故かと言うと、スタッフが料理に対してあててくるビールが見事なのよ。わかりやすく言うと、フレンチやイタリアンのソムリエ的なレコメンド。
sinowa1月-1



個人的には中華料理には、ワインよりもビールくらいパンチがある飲み物のほうが相性いいと感じてるのね。味の強いものや辛いものだと、どうしてもワインの繊細さが楽しめなくて。ビールのいいとこは辛いものやスパイスに負けず、カウンターパンチをあてていけるところ。ワインよりも振り幅大きめに、味のバランスを取りに来れるじゃない。
sinowa1月-7



そして、それが出来るのは、この店にめっちゃビールの種類が揃っているから。キクラゲ、チャーシュー、餃子、スペアリブ、それぞれの料理に、「お、待ってたよ!」的なアッビナメントをかぶせにきてくれる。
sinowa1月-5




やー、いろんな魅力あるビールあるのね。
sinowa1月-13


前菜はワンコイン以下が多いし、メインも1000円ちょい。正直、食事は大丈夫?という危惧もあったんだけど、価格からしたらかなり健闘してる。主役はビールと捉えれば、充分脇を固める演者として役割を果たしています。
sinowa1月-3


料理によって、IPA、ペールエール、スタウトなど使い分けるのが理想なので、酒が弱いオレは各皿に1杯とかで正直ムリ。色んな種類をちょいちょい呑んでいきたいので、4人くらいで訪れるのが理想。
sinowa1月-10



他店舗展開してる店ってあんまし行かないけど、日本ではまだ流通の少ないクラフトビールは、ある程度規模あるとこが間違いないね。料理も”ビールに合うもの!”という明確なスタンスが、いい意味で予想を裏切るクオリティになっていた。
sinowa1月-11


クラフトビールタップ シノワ
マロニエゲート 銀座1店
03-3538-2868
東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート 11F
http://www.world-liquor-importers.co.jp/

あったかくなってきたら、テラスで旨いビールが呑みたい。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2016年12月03日

ラ・パスタイオーネ(麻布十番)やはり日本一のパスタ専門店

1023LP10月-5

まりえのリクエストで十番の『ラ・パスタイオーネ』へ。

炙り雲丹を添えたカルパチョで泡をあおり、こないだ行ったばかりの能登野菜のグリルで奥能登の情景を思い返す。
1023LP10月-1



平貝のフィットチーネ、変態ボロネーゼ、トピナンブールとグアンチャーレのタリオリーニと、食べるたびに腹が減っていく奇跡のパスタ。
1023LP10月-9





TOP写真のトピナンブールの食感や甘さが極上過ぎるし、グアンチャーレの出汁を使って茹でた細めのタリオリーニは全てを受け止める包容力。デザートワインもうんめーし、まりえは大喜び。どんなガストロノミー連れてくより、ここ連れてくと喜ばれる気がする。
1023LP10月-13



ラ・パスタイオーネ
03-6809-3420
東京都港区南麻布1-6-3 YREビル1F
http://www.la-pastaione.com/




ピッツァの専門店は数多ありながらも、パスタの専門店を謳う店は相変わらず聞いたことが無い。男気のパスタに痺れた夜、やっぱ、ここのパスタは半端ねーわ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年11月16日

ルリイロ (池尻大橋)ワインが光る一軒家ビストロ

1110るりいろ7月-8


今度の店ココだから「+ruli-ro」とメッセが来た時、確実に暗号だと思いました。これ読めます?


正解は『ルリイロ』、難易度高し!!(笑)


キラキラネーム好きのチャラい人か、暗号好きのフリーメーソン的オーナーがやってるお店かと思いきや、池尻大橋の古民家をリノベーションした、開放感ある爽やかなビストロ。
1110るりいろ7月-3



あとで聞いたら、オーナーが外苑前の人気店「2colori(ドゥエコローリ)」もやっているというから納得。インパクトある店名と、リーズナブルさを感じる料理、そしてセンスいいワインのセレクトは、両店に共通するプリンシプルなんですね。
1110るりいろ7月-7




かなり大きな古民家で、1FはスタンディングのBARがあったり、個室があったり、2Fのテーブルもゆったりとした配置だったりと、ゆとりの空間づくりは池尻大橋という土地に合っている。

肉は迫力あるし、変態ワインのリストランテ青山「フェリチタ」で見たようながワインあったと思ったら、オーナーは、シェフがタンタボッカ出身、ソムリエはインプリチトなどでもキャリアがあるということ。
1110るりいろ7月-5




こりゃ炭火焼きの肉料理は間違いないし、ワインは相当ヤンチャできそう。ただ、せっかくのワインラインナップも、オレのような酒ヘタレでは数飲めないので、個室もデカいし大勢で行きたいところ。大皿料理も得意だしね。
1110るりいろ7月-10




完全ノックアウトでしたわ、自分。
1110るりいろ7月-12




単にうまくて安いだけじゃなく、散りばめられた美意識がオーナーのセンスの良さというか、遊び好きなオーラを隠しきれていない。そういうとこも心地良い。

+ruli-ro (ルリイロ)

03-5787-6662
東京都世田谷区池尻3-16-3


この歳になると、自分メンテナンスが欠かせませんわ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

2016年08月14日

KAPPAS (表参道)この地らしいリストランテの形

0815KAPPAS7月-27

言わずもがな日本最大のファッションタウンにして、食の不毛地帯 表参道。最近、その汚名を晴らすように使えるレストランが増えてます。

その代表がフレンチバルという新しい形態で表参道ヒルズの3Fに登場した「パルタージェ」。リーズナブルなのにガストロっぽい料理群、シャンパーニュが1000円以下でそのうえハーフグラスからのワインラインナップが豊富、極めつけは通し営業なので昼間 買物に疲れたらお茶がわりにシャンパン休憩を入れられるという使い勝手の良さ。

じゃ、イタリアンで使えるとこ無いかなぁと思ってたところで訪れたのがリニューアルオープンした『Ristorante kappas(リストランテ カッパス )』、広尾のインカント監修というのも安心感。この時は、アンティークウオッチの定例会、さすがの粋なパイセンセレクト。

0815KAPPAS7月-4



銀座のような敷居の高さとも、六本木のようなギラつき感とも違うファッションタウンらしい洒落た空気感。こんなカウンター席があって、気楽な使い方が出来るのも”わかってる”。そう、この町に必要だったのは、着飾った大人達が遊べるステージ。ファッションは目的ではなく、あくまで人生を愉しむための手段。今まで片手落ちだった店にクオリティの伴ったレストランが増えていくことで、最近は訪れる頻度が増えたかも。
0815KAPPAS7月-69





料理はリストランテを名乗っているだけあって、さすがに洗練されている。このメカジキの前菜は、味もさることながら歯ごたえも素晴らしく、ワインとも見事なアッビナメントを奏でていました。
0815KAPPAS7月-7




ダイニングは縦長。奥には個室もあるし、カーテンでフロアを仕切れるので、ボクラのような大人数の集まりにも対応できるところが見事。やっぱ”わかってる”。
0815KAPPAS7月-65




折角、お洒落な人々が集まっているエリアなので、こういう舞台をみんなが使いこなせるようになれば、もっと町の価値は高まっていくと思う。都内で一番気持ちいい目抜き通りがある場所なんだからね。更に欲を言えば、こうしたクオリティの高いお店が、もっと表参道沿いに増えればな、と。現状、通り沿いには、大人が美味しい料理を楽しめるテラスレストランが殆ど無いので...。
0815KAPPAS7月-1





豚自身の味わいに加え、火入れ、塩加減、主張し過ぎないソースが、リストランテのセコンドらしいエレガントな仕上がりにつながっている。
0815KAPPAS7月-45



KAPPASのもうひとつ忘れてはいけない魅力がワイン、料理のポテンシャルをしっかりと引き出すアッビナメント。しっかりとゲストをエスコートするのはもちろん、その期待をいかに超えてくるかがこれからのレストランの生命線。
0815KAPPAS7月-53






この土地のアドバンテージは、他のエリアより素敵なレストランに似合うゲストが多いこと。いくらいいレストランでも、金しかないオールドタイプの爺婆とか、ワインも頼まない女子会客が大半を占めてたら、それはそれで激萎えで二度と行きたいとは思わないので。
0815KAPPAS7月-42





自分もまだまだではありますが、こうした時計(ROLEX PRINCE )が似合うようになって、お店の格をあげられるように貢献したいものです。いつになるかわからないけど、それが人生のひとつの目標でもあったり。
0815KAPPAS7月-40





なんとも無造作に積まれた山ですが、これでマンションくらい買えるんじゃないのかな?
0815KAPPAS7月-48





ちなみに、こんだけ時計が机の上を占拠していても、料理を冷ますなんていうのはもってのほかなので、さっとスペースは作って、速攻でいただいております。
0815KAPPAS7月-55




ラテアートまでしっかり愉しませてくれるとことか、女性にも受けが良いリストランテ。
0815KAPPAS7月-56





東京オリンピックを機に、表参道がもう一皮食文化が発展してくれたら、マジで近所に引っ越したいです。
0815KAPPAS7月-63




このクロノもかなりタイプで思わずハメ撮り。昂ぶりが止められん!!!
0815KAPPAS7月-30







毎月いい刺激をいただけるアンティークウオッチの会、パイセン方 これからもご指導よろしくお願いします。
0815KAPPAS7月-81

Ristorante kappas
(リストランテ カッパス )
03-6419-7875
東京都港区北青山3-9-2 AQUAビル 1F
http://kappas.jp/


今年は、まだ3,4本くらいしか新しいのは買ってないかな? 年末に向けてクロノ貯金活動を推進中。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年07月29日

VOMERO (東銀座)吉武ピッツァイオーロは8月いっぱいで九州へ

0729Vomero2月-5

銀座でピッツァを食べたくなったら「VOMERO(ヴォメロ)」へ。飲食店がひしめく銀座ですが、ピッツァを食べたくなった時は、ここが一択でした。


そんな高いクリエイティビティと安定感を誇る「VOMERO」を支えてきた吉武ピッツァイオーロ、なんと8月いっぱいで九州に拠点を移すそうなんです。後任のピッツァイオーロにも期待ですが、とはいえ絶対的な安心感のあった支柱を失うのは残念。
0729Vomero2月-13




確かこの時は、戦闘機や戦艦、戦車にサバゲーと、ミリタリー好きで会食した時の記録。ピッツァだけじゃなく料理も充実。こういう料理がじわっと旨いのさ。
0729Vomero2月-11





バランスの良いアンティパストミスト。さすが、行列のできるピッツェリア。
0729Vomero2月-1




パスタが見えないくらいの蟹のパスタ。さりげなく、ヤンチャ。
0729Vomero2月-7




リゾットもそうだけど、敢えて飾らずにズキュンと攻めてくる。
0729Vomero2月-9


ヴォメロ (Vomero)
03-6278-8984
東京都中央区銀座3-12-8 NKCビル 1F
http://vomero-ginza.com/


パイセン達と行ってこようかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2016年07月20日

オステリア カステリーナ (中目黒)肉宴とアンティークウオッチ

0713カステリーナ11月-38

中目黒の肉オステリア『カステリーナ』、以前もイタリアンだった店舗だけど、いつのまにかカステリーナグループの4店目になってました。去年の年末の訪問。

入口にはカウンターもあり使いやすい店内。モダン過ぎず、ローカライズされ過ぎてるわけでもなく、料理のテイストと内装のベクトルが一致している。ウオッチマニアの集会に相応しいテーブル席もあるし、色んなシーンで活躍しそう。
0713カステリーナ11月-7




まずは肉プレゼン、ビステッカや豚さんなどシズル感が半端ない。
0713カステリーナ11月-5




肉らしいアンティパストミストで、気分が盛り上がる。
0713カステリーナ11月-9



いよいよメインに向けて準備が整う。
0713カステリーナ11月-12




大胆に焼きあげられたビステッカ、カットされるとトップのように美しい火入れ。
0713カステリーナ11月-32




豚の脂の甘さに品があるね
0713カステリーナ11月-36





実に美しい赤身、塩と赤ワインでシンプルに。
0713カステリーナ11月-41




パスタも肉々しい仕上がり。中目黒には、使いやすい肉イタリアンを持ってなかったので、嬉しい発見でした。さすがは、ウオッチマニアのパイセンセレクト。
0713カステリーナ11月-44




この日はコース仕立てにお願いしてたけど、アラカルトだとこんな感じで頼めそう。
0713カステリーナ11月-48



この日も、いい時計たちが並びましたなぁ。
0713カステリーナ11月-25




ブレゲ数字の入り方とか、品がありますな。荒々しくて大きなクロノは似合わないので、ベビークロノがいいんですが、中々いいタイミングで出逢えなくてね。
0713カステリーナ11月-22




駅からも近いけど、ちょっと穴場っぽいロケーション。
0713カステリーナ11月-1

オステリア カステリーナ
03-6416-3342
東京都目黒区上目黒1-8-29
http://hitosara.com/0006063317/


夏バテしないように肉食べないと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2016年07月06日

enu (代々木上原) エコでお洒落なグリルビストロ

0704enu5月-8


代々木公園エリアは、質が良くてリーズナブルなお店が増えているんで、最近行く頻度があがってます。こちらは代々木上原の駅前にオープンしたグリルビストロ「enu」、Train to Tableを謳う小田急沿線の申し子。

Farm to Table の派生系で、小田原や藤沢、足柄や、都内の生産者など、沿線の質のいい肉や野菜を使って料理を組み立てるというもの。
0704enu5月-3



驚くのは小田急沿線という縛りを設けることで、価格が高くなったりとか、質がイマイチなんてことになるのかとおもいきや、デイリーで通えるプライスのコースに仕立ててきていること。それも、味は期待値超えで。

なんせ、プリフィクスのコースが2980円っすよ。ウェルカムドリンク、アミューズ、前菜、メイン、パスタ、それにデザートまでついて。
0704enu5月-2


このご時世らしく、クオリティは落とさずに、質のいいものを低価格で実現するエコなビストロ。デフレだ、低成長だといってますが、生活者的には10年前と比べて、確実に美味しいものが安くなったと体感しています。

すげー時代だと思いませんか?

インテリアは、デザイン性が高いカフェのようで、子連れもOK。
0704enu24月-3


アミューズからしてプレゼンも洒落ていて、味もそれに負けていない。さすが元ひらまつのシェフだけあって、このプライスゾーンなのに、安いから...と言い訳しているところが全く見えない。パフォーマンスの高い仕事の裏に、プライドとパッションが垣間見える。写真撮り忘れたけど、デザートまで手加減無し。

フレンチがメインだけど、鯖ライスみたいな、めちゃ旨のオリジナルメニューも挿しこんである。
0704enu5月-12

Grill Bistro enu by NODE UEHARA
03-3466-0497
東京都渋谷区西原3-11-8 B1F
http://welcometonode.jp/uehara/

男の代表として言いますが、デートや合コンで使うときには、女性に価格の載ってないメニュー渡してもらえませんかね?(笑)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2016年06月11日

鯖街道 (東銀座)福井の旅を銀座でトレース

0607鯖街道6月-18

現地を旅してきたからこそ、東京で再開する地方料理が美味しくなる。

それは日本だけじゃなく、パリやバンコクに行った後も思うことで、料理だけじゃなくワインだったり素材だったりすることもあるんだけど、オリジナルを原体験することって、大事だと思うんです。自分なりのひとつの尺度ができあがるから。

その尺度は経験の深さによって磨かれたり、変質していったりするんだけど、いずれにしてもまずはなんかしらのモノをもつことで、モノの見方が広くなる。
福井05月-13


5月の中頃だったっけな、先日ブログにもアップしたけど福井に行ってきたんです
「浜焼き鯖」を食べたり、へしこの作られるプロセスを見せてもらったり、定置網漁船に乗り込んだり、サクラマス食べたり、極上の日本酒に清められたり。

そんな体験の余韻を引きずりながら訪れたのが銀座の『鯖街道』。歌舞伎座至近の福井県料理のお店なんだけど、やはり現地!というメニューもあれば、これは東京の仕事で洗練されておる!というのもあったりと、比較しながら食べられるのが面白い。
0607鯖街道6月-6



九頭竜川の名物「アラレガコ」は、現地の料理法よりも味が洗練されていて更に好印象に。めっちゃ白米が欲しくなる味ってのは健在のまま。
0607鯖街道6月-27


そして驚いたのが、歌舞伎座真横なのに、かなりお手頃。20匹以上の甘海老大盛りが1000円以下だったり。こちらは2人だと飽きちゃうので、刺身で食べた後に、途中から揚げたりボイルしたり変化をつけてもらえるらしい。4人だと瞬殺だったけどね。
0607鯖街道6月-3




そして、福井の料理には、福井のお酒がやはりマッチする。日本でも海に最も近い酒蔵だという「早瀬浦」。ウィスキーで言ったらアイラ島みたいな感じらしいけど(笑)、味は透明度が高く料理の邪魔をしないプロの脇役っぷり。
0607鯖街道6月-8




このお酒が魚料理、特に生の魚とめっちゃマリアージュするんです。
0607鯖街道6月-11




この日のイチ推しは「福井サーモンのフライ」。
福井サーモンというのは、福井産の養殖トラウトサーモンなんだけど、脂がのっていて、分厚いカルパチョとか、こうしたフライに良くマッチするんです。
0607鯖街道6月-14



地元では豪快に焼かれてた「浜焼き鯖」。東京では機材もないとのことで、このあたり地元の名産系は、さすがに現地の方がインパクトでかかった。
0607鯖街道6月-23



鯖の棒寿司も、フツーに酒が進みます。
0607鯖街道6月-29




福井サーモンのフライに続くヒットが、この里芋とへしこのコロッケ。コロッケの衣は薄くぱりっとそた揚がりで、口の中にほうばると、里芋の中に仕込まれたへしこのかおりがフワッと鼻腔に広がります。この愉しさを味わえるのは”大人の特権”。チーズのアクセントもいい感じ。
0607鯖街道6月-33


結構酒が進んで、家帰ったら即落ち。

越前若狭 鯖街道
03-6264-7438
東京都中央区銀座4-13-11


旅の思い出を味覚で蘇らせるって贅沢な遊びです。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ



続きを読む

2016年05月29日

パルタージェ (表参道)お茶するよりも泡しちゃお

0529パルタージェ4月-10

日本で、はファッションと食への探究心というのは、同じ"美"というベクトルながらあんましリンクしてなくて、ファッションタウン表参道では美味しいものを食べたいと思うと、まずはオモサンから脱出することを考えてしまう癖ができている。

そんなレストラン難民を救ってくれるのが表参道ヒルズの3Fにできた『パルタージェ』。
0529パルタージェ4月-4



大阪の路面店ではめちゃウケの業態で、バルっぽくポーション絞った料理を
つまみながら、かなりの種類あるグラスワインを楽しめちゃうというもの。
料理は繊細で美味、メインなどはしっかりしたボリュームのメニューも揃ってる。
0529パルタージェ4月-18




ビストロバルというコンセプトで、昼間から通し営業。オモサンでちょっと休みたくなったら、お茶するよりもここのカウンターでシャンパーニュ(1000円以下のもアリ)しつつ、ガストロノミックな前菜でもアテに休んでる方が、折角のオサレな服も喜ぶってもんです。
0529パルタージェ4月-1




店内は白が基調のライトな雰囲気で、マーブルのカウンターやウッドのアクセントが、上質な雰囲気を挿しこんでくる。カジュアル系でも、艶っぽいイタリア系でも、英国紳士スタイルでもどんな服でも受け止めてくれる万能感。
0529パルタージェ4月-11




料理は、トップの写真のロッシーニがいち推し。なんと前菜なんすよ、コレ。このメニューが『パルタージェ』の特長を良く表してますね。クリエイティビティが高く、モダンだけどチャラくない。場所柄、雰囲気重視で味は二の次的のレストランかと警戒もしたんですが、全くの杞憂でしたわ。グリル系の焼物もきちんとしたキュイソンだったし、この鱗焼きのぐじとか関西DNAが効いてるよね。スイーツまで隙がなくデートのディナー使いでも全く問題ない。
0529パルタージェ4月-17

bar a vin PARTAGER (バール ア ヴァン パルタージェ)
03-6434-9091
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館3F



美食好きには、食の不毛地帯と恐れられてきた表参道ですが、「パルタージェ」は、そんなネガティブな印象を飛ばしてくれるパワーありまっせ。ハヤり過ぎたら困るけど、活気がでてくるともっと空間が生きてきそう。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年04月15日

ラ・ピッコラターヴォラ (永福町)祭だ、祭だ

0417ガエターノ祭り2月-16

生活動線的にあまり行くことのない永福町なんですが、
ピッツァのイベントがあった時に一度訪れたことのある
La Piccola Tavola (ラ・ピッコラターヴォラ)

訪れたのは結構前ですが、本質的な価値は今も
変わっていなそう。お店の空気感もいいし、
質の高いピッツァをコンスタントに出してくる
カジュアルながら底力を感じたピッツェリア。
0417ガエターノ祭り2月-26




普段行かないエリアだけに、たまにあの辺用事あっていくと
「この辺で再訪したいお店あったんだよな...」ってなるので
備忘録がてらのメモ。
0417ガエターノ祭り2月-27


この日はナポリピッツァお巨匠 お馴染み
ガエターノ氏のピッツァイベント。
0417ガエターノ祭り2月-33



怒濤のごとく焼かれてましたが、どれも個性的で旨い。
0417ガエターノ祭り2月-9




0417ガエターノ祭り2月-20


0417ガエターノ祭り2月-13




イタリア人的 居酒屋のノリ。
日本人には相性いいのよ。
0417ガエターノ祭り2月-1



知らず知らずウオッチマニアになってるし。
0417ガエターノ祭り2月-2




見るからに旨そうでしょ?
0417ガエターノ祭り2月-28





こっから体重が4,5kg増えたので、
自分に対する戒めのためにも(笑)
0417ガエターノ祭り2月-34



ラ・ピッコラ・ターヴォラ (La Piccola Tavola)
03-5930-0008
東京都杉並区永福4-2-4
http://www.piccolatavola.com/top.html

ラ・ピッコラ・ターヴォラピザ / 永福町駅西永福駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8


日本のピッツエリアは勢いあるね。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ


続きを読む