¥5000〜

2019年10月29日

a nu(広尾)BAR使いな夜も

kuroiwa2019-18

ゆっきー夫妻と「恵比寿 くろいわ」で気づいたら5時間くらい過ごしていて。既に満たされきっていたんだけど、久しぶりの東京にいる週末だったから、家に帰るまでの余韻も楽しもうと広尾の『a nu』へ

リニューアル後、カウンタースタイルになったのが大きな変化だけど、個室も兼ねたBARができたというのも当家にとっては重要なニュース。

kuroiwa2019-12



確実に美味しいワインをバイザグラスでいただけるってめちゃ嬉しい。この日はヴォーヌロマネとヴァンジョーヌを。

kuroiwa2019-19




ヴォーヌロマネは2012年のヴィンテージ

kuroiwa2019-11




ヴァンジョーヌほんと好きなんすよね。
kuroiwa2019-13





で気持ちよく酔ってたら26:00。そんなに長く飲んでたっけ?
kuroiwa2019-14





一口だけもらった深夜のトムヤムクンがやけに美味だったし、コンテチーズもちょうどいい塩梅で

kuroiwa2019-15





7時間以上飲んでたのに、お茶室で少し睡魔が降臨したくらいで、ゼロ落ち

kuroiwa2019-16



相変わらず睡魔はコントロールはできないけど、たまにはそんな夜も
kuroiwa2019-17

ア・ニュ (a nu shohei shimomura)
03-5422-8851
東京都渋谷区広尾5-19-4 SR 広尾ビル 1F
http://www.restaurant-anu.com/


ア ニュの大人使いしてみました
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:37|この記事のURLComments(0)

2019年09月05日

Pablo (中目黒)日本スパニッシュの臨界点


Pabulo2019-8


サンセバスチャンのガストロバル『zeruko』とコラボしていたので、壮絶気になって行ってみたスペイン料理の『Pablo

つーのも、去年のヴァカンスでは『 zeruko 』行ってて、おもろいアプローチするバルだなぁって感じてて。でもって、そっから現地のシェフが中目黒に来てピンチョスコースやってたから、ほんと行きたくて仕方なかったんだけど日程が合わず…
Pabulo2019-2



気になってから1ヶ月後くらいかな、やっとこさ訪問できる機会を作れたんですね。

Pabulo2019-6



お店のスタッフは若いんだけど、シェフは
▪️2016.17年国際パエリア大会連続準優勝日本代表
▪️日本タパス選手権2018年3位 2019年優勝
▪️日本初の欲張りパエリア(ハーフ&ハーフ)
▪️スペインパエリア協会公認パエリア氏
▪️四年間バルセロナを中心に星付きレストランで働いたシェフ
▪️家庭的なタパス、オリジナルタパス

こんなキャリアなので自然と期待も高まる。


なんだけど、行ってみたらチャコリも無いし、
Pabulo2019-1



ピンチョスも、現地ほどのクオリティはなくて、やっぱり日本クオリティの枠内だし
Pabulo2019-3





エビのカルパチョは”らしい”メニューだったけど、なんていうか現地の洗練度に一歩及ばず。日本だとイタリアンになるけど、アルマーニリストランテで食べたカルパチョのクオリティとつい比べちゃって。
Pabulo2019-4


正直、日本の殆どのスパニッシュは、サンセバスチャンのバルとは全くの別物。イタリンやフレンチと比べ、遥かに現地と差が大きいんです。

でも、シェフが来てたときのイベントは、SNSで見る限りまさに現地クオリティ。いやぁ…ほんとその時に行ってみたかった。




スペイン料理Pablo
03-6412-7286
東京都目黒区東山1-6-13 リテーラ中目黒102
https://www.facebook.com/スペイン料理Pabloパブロ-219290371988704/


今でも、このイベント時の再現コースはあるらしいので、次回はそれで攻めてみたい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年08月16日

そば遊山(松江)そば前と純米酒

蕎麦2019-20

松江で、島根の美味しいお酒が呑みたくて。

食事は軽めでもよかったので、松江っ子に聞いてみたら『そば遊山』はどう?と。
蕎麦2019-27




”地方都市あるある”だけど、JRの駅前ってチェーンのレストランやホテルがあるくらいで、あんまし賑わってないのよね。お城の近くに県庁や市役所というのもよくあるケース。地元っぽい繁華街ってのは、JRの駅から少し離れた場所にあるんだけど、松江は伊勢宮町や東本町エリアにお店が固まっていた。
松江2019-7




『そば遊山』は宍道湖から繋がる大橋川と、松江城を囲む京橋川に挟まれたエリアで、周囲には洒落たビストロやカフェなんかも多かった印象。
松江2019-3



店内には純米酒の酒瓶が数多く並び、手元のメニューも主役はお酒。
蕎麦2019-6




さすが地元!独自のルートをもっているらしく「無窮天穏」の天頂も飲めるのね!
蕎麦2019-10





まりえは「扶桑鶴」の袋吊りを。
蕎麦2019-7





そば前も種類は少ないけど、厳選されたメニューが並んでて、そば刺し、つくね焼き、なめろうなど、清酒が進むつまみが充実。
蕎麦2019-15


味もしっかりしてたので、そば味噌とからし菜を途中で追加。
蕎麦2019-19




「無窮天穏」の天頂は、燗にしても美味だよというので、2杯目はお燗で。好みとしては冷酒でした。アタックのイノセントな透明感が好きなので、燗にするとグラマラスな部分が目立ちすぎるのよね。

蕎麦は、島根らしく割子蕎麦と、季節のゆば蕎麦を頼みつつ、〆用にしじみ蕎麦も。

割子蕎麦っていうのは、割子と呼ばれる器三枚に入って出される郷土蕎麦で、薄削りのカツオで仕上げたあっさり優しいつゆを蕎麦にまわしかけ、薬味の岩のり、ネギ、大根おろしを好みで合わせるというもの。
蕎麦2019-22

上の段から食べていって、残ったつゆは下の段にかけていただきます。


季節の蕎麦も、ゆばのとろみがいい具合に蕎麦に絡んで。
蕎麦2019-23



宍道湖のしじみは、観光客的にマストなのでありがたく。適度に柔らかな蕎麦のテクスチャが〆にはちょうどいい感じでした。
蕎麦2019-25







蕎麦2019-5

そば 遊山
0852-27-5467
島根県松江市末次本町18




人気の郷土料理のお店は予約が取れなかったけど、さっと食べてからこの後に宍道湖を望める雰囲気あるカフェにも行けたし、結果オーライ。島根っ子の友よ、ありがとう。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:10|この記事のURLComments(0)

2019年07月23日

炭焼ACE(中目黒)サンセバのガストロバル的遊び心

ACE2019-31


どこかサンセバスチャンのガストロバルを彷彿とさせる『炭肉ACE 中目料理研究室』。
ACE2019-6





親子丼や肉じゃがというメニュー名からは想像つかないビジュアルのものが出てくるけど、再現性が納得度高めだったり。
ACE2019-16


黒メンチカツや牛たん味噌のお茶漬けといった日本人のソウルフードのいぢり方が、サプライズだけど”ふむふむ”だったり。
ACE2019-36




実力ないのにトリッキーなことやるとヤバいけど、ベースのスキルが高いのでむしろフーディーズたちの方が楽しめるかも。
ACE2019-13




自家製ハムとか、おもむろにカットして試食させてもらったけど、かなり美味。
ACE2019-21


こういうとこに地力の高さを感じる。
ACE2019-22


「花壇」なんてメニューは、いかにもバスクあたりでやりそうなアプローチ。
ACE2019-12


「炭牛ユッケの生春巻き」はトレーニング後にこれだけ食べに来たいヘルシータンパク質。
ACE2019-19


真っ黒いメンチカツはビジュアルのインパクトだけじゃなく、味がちゃんと垢抜けている。
ACE2019-8


●●牧場のシャトーブリアンですという最高品質を求めるアプローチもあれば、”安い肉をいかに旨く食べさせるかに命かけてます!”なんてお店がないと面白くない。
ACE2019-26


両極端があるから、人生は面白い。
ACE2019-1

炭肉ACE 中目料理研究室
03-6412-7165
東京都目黒区上目黒3-5-20


プライシングもサンセバっぽい安さだし、色々キャッチボールできそうなので、オーダーメード注文とやらにTRYしてもいいかも。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年06月23日

前橋カツカミ(前橋)温泉とトンカツのマリアージュ

前橋2019-25


旅に出てカントリーサイドの自然を満喫し、美味しいものに出逢うというのが最近の悦び。

前橋で用事があったので、色々調べていたら渋川温泉や赤城温泉が市内から車で1時間くらいということを発見。車での移動が便利そうということで、酒を飲みだす前に動きたいなと朝温泉×ランチな休日の流れを作ることに。ここは赤城山の展望台、夜景がヤバそう。
前橋2019-9



そんな温泉→ランチの情報を探していたら、銀座のとんかつ「かつかみ」が前橋で新店舗を出したというじゃない。豚の部位食べ比べは、高田の馬場の「ひなた」が最後。



ダイエットをはじめてからというもの、とんかつはできるだけ封印していたんだけど、欲望が暴走しだしたら止まらない。「旅先だからいいじゃん」という言い訳の切り札まで用意して、『前橋カツカミ』をディスティネーションレストランに設定。

前橋2019-16





予定通り晴天の朝温泉を愉しんでから、前橋市内に戻ってお店に向かいます。
前橋2019-11


お店のロケーションはというと、JRの前橋駅からは少し離れていて、前橋中央通りという商店街の一角。

駅から離れたアーケード商店街というと、シャビーなとこを想像するかもしれないけど、再開発中というだけあって周囲にも小洒落たお店があって、なにより明るい。
前橋2019-15




前橋カツカミもガラス張りの店内で、大きなカウンターが厨房を囲む開放的な雰囲気。2Fにテーブル席がオープンするらしいけど、今はカウンターだけの営業のよう。

折角ここまできたので4500円のフルコースを。
前橋2019-18



ヒレカツ、赤身肉2種類、メンチカツ、ロース、食事モノに加え、エビフライやたらば蟹のコロッケなど
2種類の選択肢から選べるというもの。

ちなみに2種類の選択肢では、こちらをセレクト
・天然大海老フライ
・肩ロースかつのトリュフバター



野菜ファーストを徹底していて、まずはトマトの出汁サラダから。お出汁がおいしく、トマトの酸味も
抑えられていてやさしいスタート。
前橋2019-19



刻みキャベツはニンジンのドレッシングが、ほのかにあまくてイイ。
前橋2019-20



そうこうしてるうちに、ヒレが揚がる。肉の断面を舌にあてるようにという食べ方のコツに従いいただきます。

何もつけずにまずはそのまま。品のある肉の旨みが口に広がる。しっとりしたテクスチャでかほりもいい。これだけでも充分に美味しいが、途中で塩を一振りして味変を愉しむ。より肉の輪郭が強くなったね。ヒレはソースはつけたい気分にならなかったので未体験。
前橋2019-21


前橋2019-23





続いての赤身はナカニク。力強くヒレとは対照的。コントラストを楽しむ2枚目。
前橋2019-24




3枚目の赤身はシンシン、かおりがいいわー。柔らかさと肉らしさのバランスが秀逸
前橋2019-27







続いてはメンチカツ。ネタバレだけどバンズに挟んだミニバーガーのスタイルで。そんなにギュッと肉が詰まった感じではないのに、味わいが力強く、ソースを従えての完成形。
前橋2019-28


前橋2019-29



水なすで箸休め。
前橋2019-31




これまた美しく揚がったロースには、わさびが山盛りに。これを断面に広げていただきます。わさびだとロースの品のあるかほりがより際立つんですね。途中で塩を少し加えたりして味変を楽しむ。
前橋2019-33





ここからはセレクトした食材。まずはおおぶりのエビフライ。衣も身もギュッと固めに詰まったような仕上がりで、歯ごたえをしっかり堪能できるタイプ。大きいので途中ソースも試してみたり。
前橋2019-35





肩ロースのトリュフバターは、肉のかほりがトリュフバターに負けず個性同士のぶつかりあい。なんとも男らしい印象。
前橋2019-36



お食事が選択制なのもいとをかし。カツカレー、生姜焼きなど5種類くらいから選ぶことが出来る。

2年くらい食べるのを我慢していたカツカレーを選択。カツカレーに最適なカレーを選んだというだけあって、懐かしさと、現代らしいバランス感を備えていた。2年間の封印を破る価値のある逸品。
前橋2019-41




う…、まりえのオーダーした生姜焼きも相当うまい。甘さが程よくいい感じ。
前橋2019-39







前橋2019-43







食後はカフェラテのかき氷。ちょうど、食後にどっかでカフェしたいなと思っていたので、ピッタリのものがあってよかった。
前橋2019-44



苺も濃厚で良いね。コンフィチュールっぽい。
前橋2019-45




さすが銀座の人気店という知名度で、東京や高崎あたりから足を伸ばしてるゲストも多く、便がいいとはいい難い場所ながらご近所さんだけではない客層を取り込んでいる。
前橋2019-42

前橋カツカミ
027-289-5673
群馬県前橋市千代田町2-7-20
https://www.maebashi-katsukami.com/




自然×美味しいものが、昨今の悦びポイントだけど、ほんと気持ちよくてね。案外都内からも近いので、温泉→とんかつの流れを愉しんでみてはいかがでしょ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 22:03|この記事のURLComments(0)

2019年05月27日

E・A・T (北参道)ヘルシーさすら感じるアメリカンビストロ

EAT2019-16

アメリカンダイナーと聞くとB級のガッツリ系をイメージしがちだけど、北参道の『E・A・T』は、いちいちエレガント。

ビジュアルはね、そりゃボリューミーでワイルドだったりするメニューもあるけど、食べてみると自分のイメージとのギャップがでかくて、それがどうにもたまらない。
EAT2019-15



普段はイタリアンが多いパイセンらに、こういうアメリカンビストロもあるんだと知ってほしくて、アンティークウオッチの会をこちらでセット。
EAT2019-1



予想通りではあったけど「これは凄い」とグルマンたちが唸るのを見るのは痛快でした(笑)。MICHIシェフ、期待通りの料理の数々、ほんとうにありがとうございました。
EAT2019-9




のっけのローストビーフのサラダで、この店の真価が垣間見れる。見た目でローストビーフがデカイのはわかるけど、食べた時の肉の味わいやサラダのドレッシングが、いわゆるハンバーガーショップのソレじゃない。



EAT2019-2




ガストロノミーでのキャリアを活かして、日常レベルにチューニングしたもので、出発点がそもそも違うのよ。



アーティチョークとゴルゴンゾーラのスープにラムつくね添え。ゴルゴンゾーラをスープにバランスよく仕立ててくる段階で凄さがわかると思うけど、これがねビッくりするくらいラムに合うのよ。
EAT2019-4


しかもラムのレア感が実に快感。
EAT2019-6




ライムのマルガリータも、いとうまし。夏にいいよ
EAT2019-7





豚さんのコンフィは、写真なかったかな? 肉の部位の選び方、火入れ、ソースの味付けなどなど、しっかり手をかけて作られた料理にしか出せないオーラが口の中に広がる。味付けは日本人には慣れないタイプだけど、メキシカンとかそっちの味付けなのかしら?

エビと椎茸とくわいの春巻きも添えられてたんだけど、なにこれ、うまい!
EAT2019-11




そして、お待ちかねのブリトー。コンビニのブリトーで育ってきた自分には、最初の出逢いは衝撃でした。「これがブリトーの真の姿だったのか...」と、再定義を余儀なくされたものです。
EAT2019-12




チーズバーガーは1/3カットで味見。『E・A・T』の難点は、ハンバーガーを食べに来たはずなのに、その前に満腹になってしまっていること。
EAT2019-8

自分が悪いんだけどね(笑)




さすが、ロンジンのシグネチャーモデルのひとつ”リンドバーグ”。他のモデルと並べて、その圧を味わってみました。
EAT2019-25




ゴールドの方が自分っぽいかなとも思うけど、このモデルに関してはスチールベゼルのほうが希少だそうです。
EAT2019-21



この日に集まったアンティークウオッチたち。
EAT2019-23



この日もそれなりに暑かったけど、ここ数日は完全に夏ですね。
EAT2019-29

E・A・T (イーエーティー)
03-6447-2218
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-10-4 1F
https://www.facebook.com/E-A-T-GRILL-BAR-198775987406093/


5月ということを忘れてしまいます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年12月21日

フリッツ(春日)ソフィスティケイトされた洋食を

1219フリッツ2018-23




もともと一定の頻度で食べたくなる洋食だったけど、更に頻度をあげたくなるモチベーションをくれたのが春日の『フリッツ』。どうしても揚げ物ってオイリーでダイエットの敵という印象だけど、雪の結晶を彷彿とさせる儚い衣の結晶は、もはやヘルシーなのでは?と錯覚してしまうくらいのエアリーさ。
1219フリッツ2018-21




ビジュアルでいったら大惨事寸前のエビフライとコロッケ群。ところが、さっきも書いたとおり衣は軽いし、具は美味しいわでドン ストップ ドンストップ・ザ・ミュージックって感じ。

あ、これわかるひといないっすよね…昔TOMCATっとっていうバンドがいたんです。「ふられ気分でRock'n Roll」っていう歌の歌詞。誰も覚えてないかと思いきや、Youtube見たら600万回再生されてるわ!!
1219フリッツ2018-10




で、話を戻して『フリッツ』のもうひとつの魅力はワイン。自然派ワインのラインアップが豊富でシードルなんかも置いてあるし、ランチの軽呑み使いにもマリアージュ。
1219フリッツ2018-8




揚げ物だけじゃなくて、こんな黄色い”とんがり帽子”みたいなオムレツも中がトロ熱で旨いんすわ。
1219フリッツ2018-6




ソースの仕事が手を抜いてないので、クリーム系のコロッケは段違いで美味。
1219フリッツ2018-18




王様ポークカツもこのサクフワな衣が、食後感を軽いものにして贅悪感を軽減させてくれるんです。
1219フリッツ2018-15






これ食べたらWAGYU MAFIAとか行ってる場合じゃないって体感できると思います。
1219フリッツ2018-27

洋食・ワイン フリッツ
03-3830-0235
東京都文京区小石川2-25-16 リリオ小石川 2F



今年もおせわになりました、また来年も美味しい洋食食べに行きます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(1)

2018年11月07日

ぬく(目黒)禁煙じゃないのが惜しいけど

1107ぬく2018-8


バカンスから戻ってきた時の駆け込み寺『ぬく』。目黒駅からも中目黒からも距離あるカウンター主体の小料理屋さんゆえ、9割くらいが地元のリピーター。料理はお値段以上のクオリティだし、1,2名なら時間選べば滑り込めるので、めっちゃ重宝しています。

1107ぬく2018-1



とはいえ、誰にでも無条件にオススメできない理由が2つある。

ひとつが喫煙OKなこと。いまどき禁煙じゃない和食屋さんってのもめずらしいけど、それもリピーター率の高さゆえ。お客さんが望むならしゃーないもんね。2020年4月には東京都条例で店内禁煙になるけど、それまで嫌煙家は連れていけない。

あと、家族経営なので店内にはお子さんも。ご夫妻で切り盛りされているから、必然夜の営業時はお子さんが店内にいるわけです。なので、気づいたらお嬢さんが足元に!なんてサプライズも。ある文字通り家庭的なお店なんで、慣れれば全然気にならないけど、会食やデートには向かない面も。
1107ぬく2018-5


お子さんが産まれた時は、お店をクローズされることも考えたらしいので、子育てとお店を両立されているこのスタイルは応援したい。ご近所さんの日常使いには ほんと貴重だし、こういうスタイルも、ボクは全然アリだと思う。

少子化が進む日本において既存のルールに縛られていたら、シュリンクしてしまうだけ。双方の理解さえあれば、世間が勝手に決めた価値観なんてとっとと捨てていけばいい。世間なんてもんは、傍観してるだけで助けてくれるモンではないし、実際にお金を払ってくれるお客さんのニーズが大事。


ぬく
03-3719-8101
東京都目黒区中目黒4-8-14 1F

ボクは子供がいないから自身で体感できてるわけではないけど、海外に比べて日本は子育てしにくいという声はよく聞きます。人口の低下は国力の低下に直結。金融資産の殆どを所有しているシニアよりも、若年層のポテンシャルを活かし未来を創る日本になって欲しいなぁ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



なんとなくInstagramもやってます


続きを読む

kyah2004 at 20:38|この記事のURLComments(0)

2018年10月17日

久遠の空 (中野)豚の一頭食い

1002久遠の空8月-28


豚のホルモンを、頭から(脳みそ)から直腸(テッポウ)まで余すことなくいただける中野「久遠の空」。
1002久遠の空8月-11



レバー塊焼きの火入れも素晴らしく、和、フレンチ、カレー、イタリアンなどさまざまな料理のエッセンスを取り入れたバラエティ豊かなコースは圧巻。
1002久遠の空8月-16



全部で40種類くらい食べたでしょうかね? 途中からカウントやめました(笑)
1002久遠の空8月-24



ゆえに、単に”焼きとん屋”といってしまうとイメージが遠く、豚の一頭買いレストランとでも言う方が、まだ近い印象な気がします。
1002久遠の空8月-40




1002久遠の空8月-57



1002久遠の空8月-59




大麻の花やシナモンといった薬膳のリキュールが豊富に揃っているのも魅力。
1002久遠の空8月-14



1002久遠の空8月-2



オーナーのキャリアやキャラクラーもユニーク。
1002久遠の空8月-30




店内は緑に溢れていて、自由に動き回る猫もかわいい。
1002久遠の空8月-7




ボクラが訪問した時は20人で3万円くらいの一頭まるごと内蔵コースだったんだけど、直後に値上がりして5万円くらいになったらしい。値上がりしたところで、1人あたりの支払いは5000円くらいなので、このボリューム食べたら体感値では、まだまだオトクです。
1002久遠の空8月-54


久遠の空
090-2224-0170
東京都中野区中野3-48-14
https://www.facebook.com/nakano.kuwon/



うーん…、体調が戻らん
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2018年10月13日

カブ (学芸大学)ふだん使いの天ぷら屋さん

1012CABU6月-7

ハイクラスのエレガントなてんぷら屋さんって、予約も取りづらいし財布へのダメージも大きくなりがち。

とはいえ、ソウルフードの天ぷらを、日常から遠ざけておくのも勿体無い。

目黒郵便局近く、ホテルクラスカ近くの天ぷら屋さん「カブ」は、敷居が高く日常から遠ざかってしまった天ぷらを、気軽に使えるお店。1Fではなく、脇の階段を昇って2Fのほうね。
1012CABU6月-1



コースは気楽に使える7品3500円のコースからあって5500円で11品。
1012CABU6月-9




そりゃ、ミシュラン取るような天ぷら屋さんとはクオリティ違うけどそれは別物で、チェーン店の衣がしなしなした天ぷらしか接してない若年層に、天ぷらの裾野を広げる意味でもこういうお店は大事だと思う。
1012CABU6月-13





そんな当家も訪問してから存在を忘れてて、久々に思い出してアップすることに。
1012CABU6月-14

カブ
03-3794-9881
東京都目黒区中央町1-10-12 2F
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13159578/


ダイエット気にして生きてると、揚げ物って食べる回数減るんスよ。日曜も営業してるし、目黒エリアの人は覚えておくと便利なはず。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年10月10日

リポッソ (田町)芝浦の運河沿いテラスは今が狙い目

1008WM7月-40

Googleで住所を検索かけても出てこない、近年稀に見る隠れ家仕様のワインバー『リポッソ』。

芝浦 ✕ リポッソと検索かけても、新潟の方のお店がヒットするので、実在したのかどうか不安になりました(笑)。FBが一番情報が生きている。
1008WM7月-43



ここ何がいいって運河沿いのテラス席あるのよ。訪れた時は気温が40度近くなった酷暑きわまりない7月の訪問だったし、日除けのない炎天下は生命の危機に関わるので諦めたけど、今ならサンセットあたりからアペリティーボを楽しみたいところ
1008WM7月-2



この日は恒例のアンティークウォッチの会
1008WM7月-11


1008WM7月-12


魚介の甘さが活きたラザニアやひよこ豆のラグーのペンネにビオワインを合わせてのホリデーランチ。
1008WM7月-15



ワインはビオを合わせて。ボクはこのワインセレクト好み。
1008WM7月-53



主役がワインで料理は寄り添うイメージ。
1008WM7月-5




時計とドルチェのアッビナメントも狙ってみました。
1008WM7月-49


このビルの1Fは「アブラッチョ」っていうイタリアンだったり、スタンディングのパニーニショップだったりするので、目的地のビルの前についても迷えます! 運河沿いに出て階段を登った2Fがお店。
1008WM7月-58




田町駅からも徒歩圏内なのに秘境すぎるワインバー。
1008WM7月-57



並んだ時計も市場に出回らない秘境モデルばかり。
1008WM7月-23


WINE BAR Riposo
東京都港区芝浦4丁目5−9 2F THE HARBOUR 2F
03-6809-5545
https://winebarriposo.business.site/


体調は戻ってきたけど、まだ8割くらいの感じ。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年10月09日

LOVAT on the corner (五反田)ステーキとカレーとクラフトビール

1009LOVAT10月-11


恵比寿の肉がうんまいワインレストラン「LOVAT」。センスいいボトルがリーズナブルだし、カイノミのステーキをはじめ肉料理のクオリティの高さが魅力で当家は何度もリピっているお気に入り。

そんな「LOVAT」が、先日スタンディングバル『LOVAT on the corner』を五反田にオープンさせたんです。

店名の通り目黒川から一本入った路地のコーナー。グリーンタイルのファサードが、いい意味で周囲から浮き彫りになっている。
1009LOVAT10月-22


開け放たれたエントランスから滲む喧騒は、五反田というよりは恵比寿か中目黒っぽい彩り。これまでちょっと遠くまで足を伸ばしていたお洒落なご近所さんには、ありがたい存在になると思うよ。

スタンディングバルだけど、スツールは数が揃ってるのでご飯もちゃんと食べたい人もゆったりと腰を据えられる。
1009LOVAT10月-24


LOVATゆずりのステーキは、肉質もいいし、ガーリックバターが絶妙。ポムフリの揚げ具合も”こういうの待ってたよ”というスタイル。
1009LOVAT10月-16


まりえと共にヒットだったのがアメリケーヌカレー。アメリケーヌソースってきくと、甲殻の出汁の効いた甘めのソースが浮かぶでしょ? ここのカレーはそんなイメージを見事に裏切るハーブとスパイス使いのケレン味が光る。
1009LOVAT10月-20



他にもブラートとトマトのサラダとか、春菊サラダ、バターチキンもいただいけど、まずはこの2皿を攻略するのがいいね。
1009LOVAT10月-6




恵比寿のLOVATと違って、グラスでマグナムのシャンパーニュは出ないけど、クラフトビールは美味しいの出してくるし、1時間くらいの滞在にちょうどいい仕様。

オープン直後だけど、少し遅めの時間は満席になってたし、1人客で前菜とカレー食べてサッと帰るスマートな使い方してる人とか既にいた。
1009LOVAT10月-19


平日夜のアペリティフ、2軒目使いというのはイメージつきやすいと思うけど、日曜日も遅めのランチタイムをやってるので(15:00〜)、家から散歩ついでにやってきて、夕方にディナーも兼ねた使い方とかしてみたいところ。
1009LOVAT10月-1-2


LOVAT on the corner
03-6420-0909
東京都品川区西五反田2-25-4 1F
日曜営業 15:00〜24:00

こんな風に肩の力抜けて洒落てるバルって五反田は他にどこがあるのかな?
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年08月22日

とうふ屋 うかい(八王子)夏着物でショートトリップ

0824うかい8月-3

夏を愉しみたくて、浴衣でショートトリップしようと八王子の『とうふ屋 うかい』行きを企画。ちょうど誂えた夏着物が届いたので、折角ならと絽の着物で伺うことに。

各店舗ごとに微妙にコンセプトが変わる「うかい」だけど、ここは下町の江戸をイメージした大人のエンタメ空間。水を囲むように母屋づくりの建物が並んでいて、和装だと朱壁のに映えてよりフォトジェニック。
0824うかい8月-25



家を出る時は酷暑全開のカンカン照りだったけど、八王子に着く頃には空が暗くなり、建物に入ってしばらくしたら、バケツをひっくり返したような雨が降ってきた。

都会の鉄筋コンクリづくりのレストランでは、外が雨でもどこか他人事に感じてたけど、ここでは目の前を雨が流れ、遠くの雷の音も聞こえてくる。外の木が揺れているので、風の音まで聞こえてきそうだ。

雨は帰る頃までにはやんだので、むしろ濡れた庭が艶っぽくなって、思わず「演出ですか?(笑)」と問うたくらい。
0824うかい8月-21




食事は母屋の2Fの個室で。
0824うかい8月-17



プーケットから帰ってきた直後だったので、素朴で繊細な味わいが、舌と身体と心にフィット。

揚げの炭火焼きは、味噌と葱のバランスが良く、この日一番タイプだった。
0824うかい8月-10



くみあげどうふは、塩や薬味もあったけど、そのままスッピンでいただくのがオススメ。ちょっと変化が欲しくなったところで、塩や醤油、鰹節を加えるけど、あくまでスッピンにアクセントを加えるくらいで、ベタ塗りメイクは似合わない。
0824うかい8月-13



ずんだのどら焼きがいとうまし。
0824うかい8月-15


カロリーはできるだけ摂取せず、でも和の夏を味わいたかった当家にはピッタリのランチ遠征。帰りは特急あずさに乗れたので、特急自由席(500円くらい)で帰ったら、あっという間に新宿だった。
0824うかい8月-18

9月の末には高尾の「うかい」でお月見ができると聞いて、晩夏の席を予約して帰りました。和装でちょっとでかけるには、いい距離感。


とうふ屋うかい 大和田店
042-656-1028
東京都八王子市大和田町2-18-10
https://www.ukai.co.jp/oowada/

家族連れが多く、こんなに子供がたくさんいるレストランを久々に見た。嬉しそうなお祖父さんとか見てたら、なんだか田舎に遊びにきた気分。個室なので全然騒がしさとか気にならないのも、いいところ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年07月25日

酒場シナトラ (東京駅)駅上ユーティリティ酒場

0725シナトラ7月-20



八重洲北口エリアに東京駅一番街ってグルメゾーンがあって、たまに使ってはいたんです。
0725シナトラ7月-1


ただ、あそこに2Fがあったなんてこれまで全く知らなかった、B1の存在は知っていたけど。2Fは駅上にも関わらず通路がこんなにもゆったりしたつくり。
0725シナトラ7月-2


目黒で和食を食べたい時、特に日曜夜の救世主として使っている『酒場シナトラ』。当家ではかなり重宝しているんですが、東京駅の一番街2Fに姉妹店をオープンしてたんですね。鴨メンチや肉豆腐などお馴染みのメニューが並ぶ。
0725シナトラ7月-11




牛刺は夏に特に嬉しい、いいスターター。もも肉とタンとハツのトリプルプレイ。味付けも上手だし、なにより魅惑的なプライシング。
0725シナトラ7月-15




肉豆腐は、メニュー名からは想像がつかないくらいの肉量。フツー、あからさまに豆腐が主役になりがちなんだけど、シナトラでは肉が圧倒的な存在感を放っている。
0725シナトラ7月-18




このエリア、まだ最近リニューアルしたばかりなんだけど、既にお店はかなりの賑わい。さすがは、首都の名を冠したキーステーション。
0725シナトラ7月-3

酒場シナトラ 東京駅店
03-6551-2070
東京都千代田区丸の内1-9-1
東京駅一番街 2F 東京グルメゾン H-4


メンズ同士の軽い呑み、女子会、会社のちょとした集まり、新幹線前のミーティング、誰とでもどんな時にでも使いやすいオールラウンダー酒場。欲を言うなら、お店の前に立ち呑みゾーンが欲しいところ。通路めっちゃ広くてスペース余ってるんだしさ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:57|この記事のURLComments(0)

2018年03月21日

Sincere + (千駄ヶ谷)テラサーの夢

0321シンシア2月-31



予約の取れないフレンチ「シンシア」で、更に幻のシートとなっているのが土曜のランチの『シンシア +』。しかもテラス席が開放されるというからテラサーにはたまりません。
0321シンシア2月-35



シャンパーニュ片手にガーデンビューって、都内で嬉しいセッティング。
0321シンシア2月-19



料理はビュッフェスタイルのカジュアルランチで、3,900円(税サ別)なんだけど、この内容が凄い。
0321シンシア2月-3




きちんと手をかけて作られたシンシアクオリティ。ひとつも妥協はありません。
0321シンシア2月-14



これがビュッフェスタイルで食べられるというのだから、そりゃ予約も取れなくなりますわ。
0321シンシア2月-4




魚のパイ包み焼きとか、逆にオーソドックス過ぎて最近食べてなかったものが食べられたりと新鮮な感動も。サクフワの濃厚なバター感じるパイ生地に、パシッときまった魚の火入れで酸味のあるソースが場を締める。こういうの食べて、フレンチってウメーなって感じてたなあの頃は...、とフレンチデビューした頃を思い出してしまった。
0321シンシア2月-20





シャルキュトリーひとつとっても神戸の「メツゲライクスダ」さんのが並んでて、これとワインだけでもランチタイムを2時間過ごせそう。
0321シンシア2月-16




ドリンクもオリジナルのソフトドリンクめちゃ美味だし、ワインのセットメニューもびっくりするプライシング。かかってる曲もそのうえ、R&B主体。フレンチ食べながら「24K Magic」聞けるなんて、日本だと滅多に無いのよねぇ....。
0321シンシア2月-32



ビュッフェの後はトップの写真のポトフが、きちんと熱々でサーブされる。何このスープのナチュラルな甘さ。マスタードは味変で活躍・

グラニテ代わりにジュースをいただきました、いとうまし。


デセールもスフレももちろん焼き立てが出される。さっきも書いたけど、逆にこういうフレンチ食べてなかったから、なんだか初心に戻ったようで嬉しくて。
0321シンシア2月-33





日本テラス協会としては、なんとしても この春のテラス席に滑り込みたい。
0321シンシア2月-1

sincere + (シンシアプラス)
03-6804-2006
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-7-13 原宿東急アパートメントB1
https://www.facebook.com/fr.sincere


テラス ✕ 美食 ✕ 美酒 ✕ 美女、これは最高のカルテット。当然ながらお洒落していかないと勿体無い!!
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 22:49|この記事のURLComments(0)

2018年01月30日

パイス バスコ (銀座)裏路地のバスク

0130パイスパスコ1月-4

イタリア料理やフランス料理のレストランがこれだけ多い東京だと、さもヨーロッパの料理全部が日本で食べられるような錯覚に陥りがちですが、それなりにメジャーなスペインですらも、スペイン料理=パエリヤやピンチョスというような認識レベル。

ゆえに、世界一の美食タウン”サン・セバスティアン”に代表されるバスク料理といっても、東京ですらそんなに食べられるお店は無いんですよね。

西麻布の「エネコ」は、むしろビルバオの三ツ星「アスルメンディ」寄りのガストロノミーでいわゆるバスク料理らしさを知るには難易度が高すぎる。代々木上原の「アルドアック」や湯島の「サルデスカ」なども、かなりガストロバル寄り。

その点、銀座の『パイスバスコ』は、メニュー数も豊富でかなりカジュアルにバスクを楽しめるバルらしいお店。

1Fはカウンターでオープンテラスだし(冬はビニールの仕切りあり)、2,3Fのテーブル席も温もりあってらしい雰囲気出ています。当然のことながらチャコリでスタートできて、バカラオとかピルピルとかバスクらしい料理に心と舌が躍ります。
0130パイスパスコ1月-3

この日は入ってなかったけど、バスク名物のココチャ(タラの喉肉)のピルピルなんかもあったりして、ゲタリアあたりの海岸線の景色を思い出しながら飲むのにはもってこい。


ただ、残念かな。チャコリは「エネコ」は勿論、「アルドアック」や「サルデスカ」と比べても、かなりコンディションが悪くむむむ...と。ただ、グラスワイン全体が悪いわけじゃなくて、むしろシードルあたりはかなり安くても美味だったりと、選ぶ方のスキルや運が試されます。
0130パイスパスコ1月-9




料理はバスクらしい味わいで入門編として使い勝手はいいと思う。ただ、アンチョビをはじめキーになる素材が現地とはコンディションや価格が大いに違うので(人件費、土地代もね)、「世界一のバスク料理ってこのくらいなの?」と思っちゃうと、それはちょっと誤解です。
0130パイスパスコ1月-5



こちらはイカ墨のアロス、チーズ焼き。スペイン料理って言っても、パエリア以外こんなアプローチがあるのね!と海バスクの魅力を知るきっかけになれば。
0130パイスパスコ1月-8

パイス バスコ (Pais Vasco)
050-5868-5707
東京都中央区銀座7-3-16
http://www.paisvasco.jp/


平日は深夜27:00まで営業してるし、銀座で気軽に使えるって意味でも貴重ッス。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:31|この記事のURLComments(0)

2018年01月15日

GRAND CRU CAFE (銀座)コーヒーの頂点を識る

0115GCC1月-24


オープン間もない頃に入ろうとして満席で入れなかったGINZA SIXの『Grand Cru Cafe』。こないだの年末にちょっとしたご縁があって、改めて伺うことに。



ここは、まず最初にビックリします。だってコーヒー飲むのに最低1万円かかるから。

0115GCC1月-17




なんで1万円もするのかっていうと、豆の状態を最高に保つようにシャンパンのようなボトルで保管していて、このボトルが1本1万円からなんす。

0115GCC1月-9




一本からコーヒー5杯分が淹れられて、開栓したら2週間は飲むことができる。ということは、極端な話 2000円で5回ここがカフェ使いできちゃうってことですね。喧騒から隔離された銀座の上質な空間で、ゆったりがコーヒーが飲めるってだけでも価値アリですが、やっぱね、コーヒーが只者じゃないのよ。

0115GCC1月-1





最初に好みを伝えて色々オススメを聞きながら豆を選ぶのに20分くらいはかかったでしょうかね。ボクはコーヒーを表現する言葉はもちろん、自分の好みすらわからないので、ワインの好みを伝えて合いそうな豆を探してみました。

0115GCC1月-7



この日はウオッチマニアのパイセンと3人で訪問したので、2種類のボトルをオーダー。まずパナマのコトワ農園の2016年モノ(1万円)と、もうひとつは同じコトワ農園でも同じビンテージの”ゲイシャ”を。バーガンディナチュラルという果肉をつけたまま乾燥させたレア豆で、ちなみにこちらは3万円。



カップ&ソーサーはオールドノリタケ。

0115GCC1月-13





観賞用では目にする機会あっても、こうして使ってるのなんて ほんと稀少。

0115GCC1月-14






能書きはいいから、その費用に合う価値はあるの?ってとこが気になると思うんですよね。

0115GCC1月-16



あの美味しさを口で説明するのは困難だけど、極めるとコーヒーはここまでエレガントになるのか...というのは、飲んでみれば誰しも体感できることだと思います。


雑味がないし冷えてきても変な酸味が経つことはないのよ。むしろ温度が下がってくるとコーヒーの表情が豊かになってきて、それぞれの豆の特徴というのが際立ってくる。あるものはベリーの薫りが強くなってきたり、あるものはほんのり甘さが立ってきたり。



飲んだときよりもアフターが心地良いので、一口飲んだらしばらくは余韻に浸っちゃいます。ボクはコーヒーの経験値なんてゼロに近いくらいのビギナーですが、それでも時間の変化を愉しみながらコーヒーと向かい合ってたら、あっという間に2時間が経ってました。

0115GCC1月-19



そう、この感覚はワインに近い。


コーヒーと思うと一杯2000円でも高く感じるかもしれないけど、BARで2時間飲んでるとしたら2000円ってむしろ安いじゃない?  アルコールと違ってポワーっとなるのではなく、むしろ味覚が研ぎ澄まされていくのも面白い。この圧倒的なクオリティが創り出す体感価値は、優に支払額をオーバーしていきます。



100円の回転寿司もあれば、一貫ン千円相当の握りを出す鮨屋もある。どちらもいいけど役割が違う。デイリーで愉しむコーヒーではなく、嗜好品として愉しむコーヒーなんでシーンに応じて使い分けられれば。


グラン・クリュ カフェ ギンザ
(GRAND CRU CAFE GINZA)
03-6274-6841
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 13F
https://www.mi-cafeto.com/



自分は折角なら頂点を知っておきたい派なもんで、こういうコーヒーに出逢えたことはポジティブ。何人かで行くと、飲み比べも出来て愉しいし懐にもやさしいよ。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:31|この記事のURLComments(0)

2017年12月25日

フリッツ (春日)思わず再訪のモダン洋食

1220フリッツ10月-12


前回ダイエット中にランチにも関わらず、ここだけは揚げ物を解禁した春日の『洋食 フリッツ』。ランチでカツサンドをいただいた時、夜のメニューに惹かれまくって念願の初夜訪問。

一番のお目当てはビーフカツサンドだったんだけど、これが2100円とか正直ヤバい。中目黒とかでムダに高いビフカツサンドのお店とかあるけど、ここと比べちゃうと"ビジネスのかほり”しかしてこない

そして改めて思い知らされたのが、衣のエレガントさ。サクフワのエアリー感は、揚げ物の罪悪感を極限まで削ぎ落としてくれるし、中身の具の完成度の高さもしっかりと浮き彫りにしてくれる。
1220フリッツ10月-11





この日、ビーフカツサンドと双璧だったのが、このビーフシチュー。これまた1800円とかいうクオリティじゃない。銀座でたいしたことないシチューが倍ぐらいしてねーか?? 肉もゴロゴロ入っているし、ソースの完成度や肉の仕事の素晴らしさなど、近所なら毎週通いたいわ!!
1220フリッツ10月-16




一顧客としては値上げはして欲しくないけど、この価格でいいんですか?と問いたくなるプライシング。
1220フリッツ10月-2




ワインはビオワインを中心にセレクトされていて、食事をちゃんと引き立ててくれる。こういうとこもセンスいい洋食って嬉しいわ。
1220フリッツ10月-1





揚げ物だけじゃなく前菜類も安定の味わい。多分、どんな人連れてっても喜ばれる。
1220フリッツ10月-4




こちらはカキフライ。スーパーサイヤ人みたいな衣のトガリ具合だけど、めっちゃエアリーなんで食後に上顎になんか削られたみたいな違和感あるぞ…なんて事故とは無縁。牡蠣の美味しさを閉じ込める、ある種の蒸し料理。
1220フリッツ10月-8





あわびコロッケなんていう、中に身がコロコロ入った贅沢コロッケも。
1220フリッツ10月-18





ここまできて、ポークカツが美味しくないわけがない。脂の甘さも楽しみつつ、肉の味わいをしっかり堪能できるやわらか仕上げ。ソースに行く前に、そのまま or 塩でスッピンの魅力を堪能して、そのあとでお好みでソースに移ると、味のコントラストを綺麗に楽しめまっせ。
1220フリッツ10月-20



住宅エリアなので、夜の引きは早め。予約がいっぱいなら、2回転目を狙って遅めに行ってサッと食べて帰るのもアリ。
1220フリッツ10月-22

洋食・ワイン フリッツ
03-3830-0235
東京都文京区小石川2-25-16 リリオ小石川 2F
http://fritts.jp/



結局、今年3回くらい訪問してます。多分、来月も行っちゃいます。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 17:35|この記事のURLComments(0)

2017年11月07日

听屋 (六本木)肉宴フリースタイル

1019听屋4月-3

焼肉やステーキハウスはもちろん、イタリアン、フレンチでも研ぎ澄まされた肉料理をいただけるので、逆に”肉が恋しい”ってなることは少ないんですが、たまにルールのないバーリトゥードの肉宴がしたいという衝動に駆られます。

たとえば、メンチカツとか、ハンバーグとか、牛丼とか、餃子ね。しかも、こういう料理って一箇所のお店で食べられるとこってレアじゃない。
1019听屋4月-5



そんな時に初訪問だったのが、あの『听屋』。先日の東京モーターショーでは食ブース「グルメキングダム」をプロデュースしていた食べあるキングの定例会で行ったんだけど、いやいや早速 野望が叶っちゃうじゃない。

元々はステーキの量り食いがウリだったお店らしいけど、色んなジャンルの肉料理たちを組み合わせたコース展開していて、コースも3500円くらいから用意されてて、めちゃ使いやすい。安いからってツマラん味ではなく、ちゃんと落とし所は納得できる。
1019听屋4月-9




ある意味、王道のステーキやらハンバーグも入れてくるから、キワモノな肉のお店というわけじゃない。
1019听屋4月-12





これレギュラーメニューであるんだっけ? 牛丼カレーとか泣けるほどに嬉しい。こういうイタリアンや焼肉では出てこないものが、無性に嬉しくなるんです。
1019听屋4月-16





定例会以降、自分で使いたいと思いながらも未訪なので、フリースタイルな肉気分の誰かと一緒に行きたいっす。
1019听屋4月-8

听屋 六本木
03-6721-1895
東京都港区六本木4-5-8 KAZビル 1F
http://www.pound-ya.com/


こういうボーダレスな肉料理は、ワインよりもハイボールがクラフトビールあたりが合わせやすい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年11月02日

それがし (恵比寿)酒はもちろん飯が旨い

1013それがし恵比寿8月-10


五反田ではじまったの「それがし」は、「鳥料理 それがし」、「肉料理 それがし」、ワインレストランの「LOVAT」などバラエティも豊富で、ついついそっちに行きがちだったのよ。友人からのリクエストもあって、久々に恵比寿の『それがし』寄ったんだけど、日本酒はもちろん、料理の美味しさに改めて感激。
1013それがし恵比寿8月-11



オープン当初から刺身は美味しかったし、メンチカツもシグネチャーディッシュだったけど、いやいや貴方って、こんなに美味しかったでしたっけ? 男らしい肉のかおりが衣の中から立ち昇り、口の中でジワッと肉汁がほとばしる。
1013それがし恵比寿8月-12




次々に出てくる日本酒も的確にしてラインアップが豊富。コースも内容充実してるし、何でもっと使っておかなかったんだろう。
1013それがし恵比寿8月-6


それがし 恵比寿店
03-6416-3981
東京都渋谷区恵比寿西2-3-11 1F
http://www.soregashi.jp/ebisu/



和食がそろそろ食べたい頃。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:43|この記事のURLComments(0)

2017年10月25日

LOVAT (恵比寿)肉ワインレストランをスマートに遊ぶ

1012LOVAT9月-8

数多のレストランが集中している恵比寿において、今や、予約の取りにくいワイン&肉レストランとなった『LOVAT(http://www.lovat.jp/)』

ある時、どうしてもあのカイノミが食べたくなって、不意に寄ることにしたんです。ただ、予約はとりづらい雰囲気だったので「いつでもいいから。後で予約入ってる席でもいいよ、1時間も居れば充分だし、もしゲスト来たら直前で出るし」と。さすがにここまで嘆願すれば入れてくれました。

1012LOVAT9月-4




シャンパーニュボトルは、必ずマグナムというプロトコールが素敵。
1012LOVAT9月-1




いとしのタルタルステーキは、バゲットの上に。いや、これメッチャ泡が進みますわ。
1012LOVAT9月-5


LOVAT
渋谷区 東3丁目16−6
03-6427-9490
http://www.lovat.jp/

この時はなんで寄ったんだっけなぁ。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月17日

ルリイロ (池尻大橋)毎日でも通える引き出し豊富な肉ビストロ)

1016ルリイロ6月-22

何度もブログで書いている池尻大橋の肉ビストロ『+ruli-ro (ルリイロ)

肉ビストロはだいぶ世の中に増えたけど、クラフトビールやクラフトジンが美味しくて、カレーやハンバーガーまでラインアップしていて、ワインのセレクトもセンスいい。それでいてリーズナブルって理想じゃないっすか??
1016ルリイロ6月-17





しかも古民家のリノベなので、空間はゆとりあって心地いいんです。
1016ルリイロ6月-2




そりゃ、目の肥えたパイセンでも喜んでくれるわけで。
1016ルリイロ6月-18





自家製ベーコンやパテカン、フォアグラ風味のレバームースなど、前菜の肉盛りもハズレなし。
1016ルリイロ6月-14





いわゆるビストロならワイン一択になるんだけど、ここではクラフトビールも相当いい目利きをしてるので、是非肉とビールのマリアージュを体験して欲しいっすね。所謂、日本のビール(缶ビール)に代表される味とは全くもって次元が違うので。
1016ルリイロ6月-1







もちろんサラダだって力は抜いていません。
1016ルリイロ6月-16




大好物のフロマージュ・ブランも揃ってるあたり、益々オレ好み。夜でも相当飲んで食べて7000円〜10,000円のレンジですが、体感的には1.2倍以上。
1016ルリイロ6月-26






ちなみにランチのパフォーマスは更に半端なく、こんな前菜の盛り合わせと、食前酒とメイン(カレーも選べる)、カフェまでついて2,500円っすよ。パリでこの価格で、こんな満足度なんて絶対あり得ないっすから。
1016ルリイロLUNCH9月-3

+ruli-ro (ルリイロ)
03-5787-6662
東京都世田谷区池尻3-16-3


そりゃ、日本に食を求めて観光客が殺到するのもわかります。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ







続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月10日

ジュウバー (神楽坂)いい感じに隠れ家な安旨中華

1010ジューバー8月-1

神楽坂の雑居ビルの中に潜む中華バルという言葉が似合う『ジュウバー(jiubar)

日本のフレンチやイタリアンでは、ビストロやトラットリアでリーズナブルに質の高い料理を食べられるようになったけど、中華でもこうしたお店が増えてきたなというのを実感できる希少なお店。

銀座の「夜市」が正統派のエッセンス強めの中華バルとすると、『ジュウバー』はオリジナリティが高め。でも、香辛料使いとか味の奥行きは”本気”を感じさせてくれるクオリティ。

5年後、10年後にはもっとこういうお店が増えてくれる気がする。そんな予感を与えてくれるワクワク感があるのがいいね。

1010ジューバー8月-2




ここんとこ、ワリと短い期間の間に2回使わせてもらったんだけど、メニューの種類は絞ってある分、中毒性が高いというか、リピって同じもの食べても飽きない。自分的にはその筆頭がトップ写真の胡麻たっぷり茹でワンタン。胡麻をたっぷりと使ったワンタンは、辣油の辛さとのコントラストが絶妙。
1010ジューバー8月-4



ベンチマークディッシュの酢豚は、外皮は薄めの仕上げで、味の強さは抑え気味。メインをガッツリ張るというよりは、温前菜的な存在感。
1010ジューバー8月-8




〆の中華屋のカレーが楽しめるのも自由度高くて好み。カレーなのにちゃんと中華。
1010ジューバー8月-10

ジュウバー (jiubar)
03-6265-0846
東京都新宿区神楽坂2-12




基礎がなくてトリッキーだと安っぽくなるけど、本質を捉えた崩しというのはかっこよくキマる。そう、着物の着こなしと同じっすね。やっぱし、本物を識るっていうのは大事だね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月03日

八十郎商店(大手町) 体感価格は1.5倍の◎得 ワインバル

0314美栄4月-18



大規模商業施設に入ってるお店って、「無駄に高いんじゃないの?」とか「味も量産型ザクだよね」みたいな印象でしたが、最近はリーズナブルでいい店が入ってるんすね。

リーズナブルで質のいいお店が集まってる大手町「よいまち」の中でも、ここ『八十郎商店』は体感価格の高さでトップレベルだと思います。
0314美栄4月-1




泡も値段見たら逆に驚いた。相当安いのに味が安っぽくない。
0314美栄4月-4





このブッラータも800円台だった記憶。
0314美栄4月-8




フォアグラ的なブリュレの味わいも納得度が高い。
0314美栄4月-9






雲丹のパスタも、山盛りで。
0314美栄4月-15







室内にいながら、テラス席気分を味わえるのも◎
0314美栄4月-21

大手町ワインバル 八十郎商店
050-5593-5623
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング B1F
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13205852/



トップ写真のような肉と雲丹のコラボも取り入れたりと頑張ってます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:40|この記事のURLComments(0)

2017年09月25日

鯛良 (白金)休日の5,000円 江戸前鮨ランチの満足度

0925鮨たいら9月-4

江戸前鮨を食べようと思うと、日本の料理なのに他ジャンルよりハードルは高い。

人気店の場合 予約が過剰に大変。

あと、軽くでいいのになぁと思いつつ、つまみから握りまでじっくり食べたら2万円軽く超えちゃうし。

本来ファーストフードだったんだし、20分で美味しい握りが数貫食べたいだけなんだけど…って時にも、選択肢がなくて回転寿司とかなったら、それは ちょっと哀しい事件。

0925鮨たいら9月-9



どうも鮨って2極化が極端に進んでる気がして、フレンチでいうとこのビストロとか、ピッツェリアみたいなポジションが手薄な気がしています。

今の日本は50歳以上が金融資産の80%を有しており、人口もキレイな逆ピラミッド。ゆえに、黄昏の富裕層から高額のお会計を搾り取れるビジネスモデルなんだと思うけど、次世代の食べ手が育っていないので、そう遠くないうちに淘汰の波は一度やってくると思ってます。
0925鮨たいら9月-12



休日ランチで気軽に入れる鮨屋さんって、ほんと昼酒呑みにはありがたい。しかも当日予約で滑り込めたら尚更のこと。白金の『鯛良』は、握りが10貫以上で茶碗蒸しとか、お味噌汁ついて5000円。この気楽感がフレンチでいうとこのビストロ感覚で、もっとこういう選択肢増えてくれると嬉しいんだけど。
0925鮨たいら9月-18

鯛良 白金
03-3447-7511
東京都港区白金台5-11-3 バルビゾン91番館 1F
http://sushitaira.jp/shirokane/


こうやって、たまにランチ訪れると、「あ、また夜も来よう」って思い出せるしね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:32|この記事のURLComments(0)

2017年09月17日

SILVA金山 (名古屋) 駅から歩く人気店

0910SILVA9月-15

名古屋の美味しいもの好き女子と、グルメおやじ達の気楽な呑みで金山の「SILVA」に。

金山ってエリア自体は、名古屋駅からJRで5分もかからないけど、お店までは駅までちょっと歩くんスよね。途中で全然ゲスト入ってないお店もあるのに、何故か「SILVA」は、若いコたちで溢れてました。
0917SILVA6月-2


5種類の肉盛りが500gが5000円切ってたりと料理は値ごろ感あるし、お酒はハニーレモネードのジンフィズとかビターズレモンスカッシュなんていった女子力カクテルから、ハイボール、ワインまで幅広い。
0910SILVA9月-22



スイーツもティラミスやらソルベやらと豊富なラインアップで、インテリアも洒落たカフェ風。こうした使いやすさもあるんですが、際立ってたのはスタッフのホスピタリティ。オッサンはついついこういう部分気になって「社員なの?」とか聞いてみたら、フツーにバイトちゃんだったりして驚かされました。
0910SILVA9月-20





使い方次第では、学生の合コン的なステージにもなれますが、いい酒を合わせたいと思えば、ちゃんとジュブレ・シャンベルタンなんかも選べます。

0910SILVA9月-13





ブッラータの少し小さめサイズの自家製ブラッティーナあたりは、このクラスのワインと合わせても耐えられる美味しさ。限定8食らしいので、ブッラータ好きなら抑えておくべき一品。
0910SILVA9月-6




肉の盛り合わせもいいですが、単品のグリル狙えばワインとのアッビナメントを更に精度あげられます。
0910SILVA9月-11


雰囲気とコスト重視の若者に混じりつつ、オヤジなオレらも楽しめるイタリアンダイニング。ダイエットモードはOFFにして、存分に食べて呑んで酔わせていただきやした。


SILVA 金山
050-5593-6374
愛知県名古屋市中区金山2-13-10
http://silva-kanayama.com/


ダイエット完了して1ヶ月ですがリバウンドは無し。仕事に忙殺されたり、天気が悪くて走れてないけど、来月あたりからもうちょい運動増やして体脂肪は微減トレンド創りたいっす。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 22:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月12日

左馬 (目黒)安旨ヘルシーな馬肉バル

0912左馬8月-2


ダイエット中によくお世話になっていた目黒の馬肉バル「左馬(ヒダリウマ)」

各メニューが質がいいのに、やけに安くてでも旨い。そのうえ深夜まで開いてるし使い勝手めちゃいいです。
0912左馬8月-7



突き出しの馬肉からしてフレッシュで。
0912左馬8月-1







シェフはイタリアンの腕もあるので、ウマの大動脈をトマト煮込みになんてしてみたり。これが味付け、食感ともにエロいんすよ。
0912左馬8月-5




こんな良店も◯ベログとやらでスコアが低めだと予約無しで入れるわけで。
0912左馬8月-8


左馬 (ヒダリウマ)
03-6431-9099
東京都目黒区目黒1-5-19 目黒第1ビル B1F
http://www.hidariuma.net/


参考にならなくもないけど、スコアに左右されすぎてる日本はちょっとカッコ悪い。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月04日

CINA (恵比寿) 休日ランチはじまりました

0905CINA8月-10

恵比寿のモダンチャイニーズ「CINA」。

夜コースのクリエイティビティの高さは勿論、空間づくりもかなり好きだし、アラカルトでもサクッと寄りやすく、その使い勝手の良さから当家では結構リピっています。

休日ランチやったらもっとオレ通っちゃうよなんて話をしてたんだけど、ほんとに休日ランチがはじまってくれました。今は土曜だけだけど、そのうち日曜もやるとかやらないとか。
0905CINA8月-16



ランチコースは夜のエッセンスつかめるコースも3400円と4800円。
タパスが6皿つくのと、メインに四川ROCKステーキが選べたので4800円のコースに。

トリュフ&ビーフンやよだれ鶏なども入るタパス6品は、ゆったり酒のみながらというランチにピッタリ。
0905CINA8月-7




どれもスモールポーションだけど、6品出た頃には、体感で結構食べた気分になってます。
0905CINA8月-3




その後にフカヒレと蟹のスープ、とうもろこしの春巻きなどついてメインにつながっていくので、夜に近い満足度。

勿論、夜には感激ポイントが更に増えるんだけど、「CINA」がどんなお店か、ランチでもしっかり伝わる内容に。
0905CINA8月-11



ディナーだと品数も多いし、最後の方は記憶も薄くなるけど、メインの四川ROCKステーキ食べた時に程よく満腹で、〆の麺もちょうどいい感じで対峙できたんです。

そのせいかわからないけど、豆乳の冷やし担々麺がめちゃ旨で「え、いつもこんなに麺良かったっけ?」と、新しい発見も。
0905CINA8月-13





白が基調となったコンクリ打ちっぱなしの店内は、いわゆる中華的な雰囲気でなく、曲もR&Bだったりと、むしろ香港っぽい空気感。

食後はガーデンプレイスにお茶しにいったりとか、これからの季節テラサーには流れを作りやすいロケーションでもあります。
0905CINA8月-15





CINA New Modern Chinese
(チーナ ニュー モダン チャイニーズ)
03-3719-1949
東京都渋谷区恵比寿南1-17-17 TimeZoneテラスビル 2F
http://cina.jp/





コースがオトクだと思うけどて、前菜+単品なんてセレクトも可能。薬膳牛肉麺は、ごぼう麺で当家のお気に入り。ぜひ、お試しを。
0905CINA8月-12


ダイエットの隙間にもよさげです。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月01日

THE BAR (恵比寿)ウェスティンホテルで静かな午後を

0830TheBar8月-4

恵比寿のウェスティンホテル、休日のラウンジはアフタヌーンティもあって賑わいまくり。

静かに落ち着いた時間を過ごしたい大人には、一見向かないような雰囲気だけど、一歩踏み出すだけで、ゆったりした休日モードになるんすよね。

どういうことかっていうと、1Fラウンジの脇に「THE BAR」ってその名の通りオーセンティックなバーがあるんですが、ここは営業時間は11:00〜24:30の通し営業。
0830TheBar8月-12


なのでランチで使っても全然OKなんです。バーテンダーが作るクオリティの高いカクテルも楽しめるし、アフタヌーンティだって楽しめます。


ちょいとバタバタしてた頃だったので、ゆっくりした休日の午後を味わいたいねと、まりえと2人で和装で訪問。
0830TheBar8月-15



ボクは、スイカのフローズンカクテル → シングルモルトと愉しみながら、まりえはアフタヌーンティと紅茶でのんびりしてました。
0830TheBar8月-5

8月中旬のダイエット最終局面だったので、食事は我慢しようとしてたんけど、ラフロイグの水割りをオーダーする時に、メンチカツサンドって文字が目に入っちゃって、敢えなく陥落。
0830TheBar8月-10

さすがウェスティンだけあって、メンチカツサンドもめちゃ旨い。後悔はありません。翌朝、追加で走っただけです(笑)


THE BAR
ウェスティンホテル東京 1F
東京都 目黒区 三田1-4-1
http://www.westin-tokyo.co.jp/restaurant_thebar
03-5423 7000


久々に、ブログ書く余裕がない感じが続いてます。旅ネタ書きたいのいっぱいあるんだけどなぁ。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 12:24|この記事のURLComments(0)

2017年08月22日

ビストロ グルトン (池尻大橋)まさかの洋食屋使い

0826グルトン8月-7


前日に、春日の「フリッツ」でモダン洋食を食べたら、洋食熱が止まらなくなって。

別に量が食べたいわけじゃなくて、美味しものをちょっとつまみたかったので、池尻の『ビストロ グルトン』に。ここは当家御用達の大好きなビストロ、詳しくは昔の記事に

ロブション出身の小更シェフのビストロを、洋食屋使いするってのもアレだけど、定番の蟹クリームコロッケは衣の薄サク感と中のこれでもかっっっ!!っていう蟹の身使いが、たまらんのです。
0826グルトン8月-10




さりげないサラダもハンバーグも間違いないし。肉の食感がエロティークなうえに、ソースはフレンチの技あり。そりゃ、旨いに決まってるって。
0826グルトン8月-14

ビストロ グルトン
(BISTRO GLOUTON)
03-3410-5517
東京都世田谷区池尻2-33-7



2回転目狙って、たまにはこんなフラッと使いさせてもらいました。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:25|この記事のURLComments(0)