¥20000〜

2019年12月11日

bb9(神戸)バスクの風を感じて

bbp2019-16



姫路城からの流れで神戸のバスク料理『bb9(ベベック)』へ
bbp2019-5


日本の土地と素材で表現したアサドール、特に魚の火入れがツボまくり。シェフは、バスクの「エチェバリ」で修業もされてたのね。さもありなん、ホントにエチェバリの薪料理は衝撃でした。
bbp2019-24



バスクと言えば、サンセバスチャンのバルが有名だけど、アサドール(薪焼)はゲタリアの魚介とか山バスクの熟年牛とか、薪使いもヤバいんです。今年、世界から更に注目を集めることになった「エルカノ」のカレイの火入れとか、正直泣けるから...
bbp2019-9



そんなバスクの現地の温度を感じる『bb9』。火入れの技術だけじゃなく、味つけのセンス、ワインとのペアリングなど、大好きな要素が溢れていた。今年、訪問したレストランで3本指に入るくらい自分好み。
bbp2019-12



北海道のブリは血を感じないきれいな脂で、ガリシアのワインが一回激しく交わってから、ゆっくりほぐれていって余韻を伸ばす。
bbp2019-15



仙鳳趾の牡蠣は少し火を入れたもの。この火入れ感たまらん、今まで食べた牡蠣で一番の衝撃だったかもしれない。そこに少し甘みを残したリースリングが、ハマるのさ。
bbp2019-21




リースリングを混ぜた長熟タイプのチャコリ。バスクでもガストロでは出てくるタイプで、エチケットを覚えていた。マルティン・ベラサテギかアスルメンディあたりでのペアリングだったと思う。
bbp2019-26


五島列島のトロミあるハガツオに合わせると、ほんのり苦さがたってからリセットに向かう。このチャコリ間違いなくて好きよ。
bbp2019-27



フレッシュのポルチーニ、こんなにも主役としてポルチーニを美味しいと思えたことは無かった。チンタセネーゼが完全に脇役。ロッソ・ディ・モンタルチーノの奥行きの深さを感じるペアリング。
bbp2019-32


bbp2019-30



バロセロナの少し南の方で作られてるという白ワイン「EN AQUEST COS,L’OLOR A TERRA」がかなりタイプだった。こういうの選びたいんだけど、オレ。
bbp2019-40




そしてコヤツに合わせたのが、解禁直後のセコガニ、エビとカニの殻でとった出汁で炊いたお米に泣けるほどあっていた。
bbp2019-43



この後、シャンパーニュで舞鶴のアラ(クエ)のピルピルと、バスク好きには泣ける展開。
bbp2019-46



現地では、ピルピルにシャンパーニュ合わせるとか発想も無かった!! こんなにも合うのか!
bbp2019-48



40日熟成の熊本のあか牛。余韻が長く、深い余韻のままオチていきそう。こんなにも薪の香りが...赤身に合うとは。
bbp2019-51




フレッシュチーズに近いニュアンスのバスチーも極旨。バスクでは一度も食べたこと無いけど、コレは美味しいね。日本で何度かトライして、...だったけど、コレはまた食べたい。
bbp2019-54



塩アイスにありがとう、敬礼。薫香たまらぬ。
bbp2019-56



しかもディケムなんて合わせた日には、ととのうに決まってるじゃん。
bbp2019-55




スペイン料理は、日本だと西高東低と言うけど、確かにオレはかなりタイプでした。

bbp2019-3

bb9 (ベベック)
050-3186-4889
兵庫県神戸市中央区元町通3-14-5
http://asador-bb9.com/




デザートワインが値段聞き忘れた。思ったより高かったのは あのせいかな?(笑)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年12月10日

肉屋 田中(銀座)肉の頂点へ

肉屋田中2019-14

食べログの焼肉部門1位(訪問時)の「肉屋 雪月花」が、更にバージョンアップして東京にやってきました。
肉屋田中2019-29




先月オープンした銀座の『肉屋 田中』、BOSSの田中さんは、肉割烹という切り口で様々な手札を持ってはいるものの、敢えて肉の良さにフォーカスしたコース展開。
肉屋田中2019-42





34ヶ月の最優秀賞神戸牛を一頭買いしていて、
肉屋田中2019-8


シャトーブリアンやタンの圧倒的な美味しさにフィーチャー。
肉屋田中2019-32




正直、ここまでの味は未体験ゾーンで、鮑や津居山蟹、白トリュフといった名脇役たちが置き去りになるくらいの突き抜け感。
肉屋田中2019-37




ちなみに脇役といいつつ、五島列島のクエ(20日間熟成)と神戸牛の昆布締めにキャビアをのせて、クエの肝のソースや山葵でいただく、通常なら主役級の前菜とか。
肉屋田中2019-22




津居山蟹も焼き身をたっぷりだし、神戸牛の棒寿司も極上のテクスチャ。
肉屋田中2019-12



椀物も和牛のお出汁で、これでもかってくらいに鮑の身がゴロゴロが入りつつ、すり流しも鮑みたいな贅の極み。
肉屋田中2019-19




締のごはんは、松葉蟹と神戸牛のお出汁で炊かれていてTKG&白トリュフで仕上げる。
肉屋田中2019-44




これに和牛のしぐれ煮を合わせちゃうから、楽園行きの片道切符。
肉屋田中2019-38




バイザグラスでシャンパーニュからはじめられて、白はBouchard Pere & Filsのシャサーニュ・モンラッシェ、赤はドメーヌ・ピエール・ダモワのジュブレ・シャンベルタン 2008と料理に負けないワインをオーダーできるのも嬉しいところ。



ちなみにシャンパーニュは2007年のドンペリを。
肉屋田中2019-4




どこにも妥協が見えない本気の肉屋。ここだけのエクスペリエンス。
肉屋田中2019-16



この日のお肉はコチラでした。
第101回 兵庫県畜産共進会 牛肉の部
最優秀賞 神戸牛
神戸牛 生産者 上田 伸也
月齢 34ヶ月/A5雌
血統 芳山土井 × 菊後土井
肉屋田中2019-24

肉屋 田中 銀座
03-6280-6529
東京都中央区銀座6-4-3 GICROS GINZA GEMS 9F
http://nikuyatanaka.jp/



 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 20:33|この記事のURLComments(0)

2019年11月28日

リストランテ シンティッラ(中目黒)エレガントな料理と絶妙のナチュールワイン

scintilla2019-15

かつて、当家のアニバーサリーディナーの鉄板だった表参道のリストランテ「フェリチタ」。永島ソムリエのワインセレクトがほんとキレキレだったし、リストランテらしい料理がいい意味で大人でね。

9月の末に中目黒の商店街、ポタジエ跡にオープンしたカフェ「The Garden」。
TheGarden2019-2


バイザグラスでナチュール飲めるしテラスはあるし、料理もクオリティ高くてと、来年最もリピるであろうカフェの筆頭候補。
TheGarden2019-1



そのB1に、ひっそりと先月リストランテがオープンしていたんです。お店の名前は『ristorante scintilla』
scintilla2019-2


....読めんがな!(笑)

『リストランテ シンティッラ』と読むらしい、イタリア語で火花。
scintilla2019-38





一部の席からはカウンターの様子が伺える。
scintilla2019-6


先日訪れた三茶の「ブリッカ」よりもエレガントなリストランテらしい料理で、ワインのペアリングもさすがッスね。
scintilla2019-51



たとえばトルテッリーニ、ベシャメルにポルチーニが詰まっていて、
scintilla2019-33


濃厚なソースに「BRESSAN」のハニーなかほりが実にあう
scintilla2019-29








グジとポルチーニの魚料理。松笠焼きのしごとがキチンとしてあって
scintilla2019-43



「Walter de Batte Altrove」をまずは合わせて。もちろんハズしません。
scintilla2019-36



ただ、それ以上にアッビナメントしたのが、ヴァン・ジョーヌみたいな印象のマルサラワイン「ヴェッキオ サンペーリ」。なんせ、ソースにもこのワインを使ってるくらいだから合わないわけがない。
scintilla2019-45



マルコ デ バルトリの他のナチュールも呑んでみたいな。ちなみに、この「ヴェッキオ サンペーリ」はディナーの後に即買いしました(1Fにワインショップがあるので)。




伊勢海老のシャラティエッリ。パスタの個性とソースの味付け、乳化具合がきれいに整っていて、シチリアのチェファルーで感動したパスタを思い出した。
scintilla2019-25


パスタの美味しさは、シチリアのアレを超える体験は滅多にないんだけど、ワインとのアッビナメントは『シンティッラ』の方が素晴らしく、トータルの感動指数は上回る結果に。


ちなみにここで合わせたのがPOSSAのチンクエテッレ 2015、このコもめっちゃタイプなんすよ。
scintilla2019-23



緒戦でタイプということは良くわかったので、次の訪問でどんな振り幅を魅せてくれるのかが楽しみでならない。
scintilla2019-40


リストランテ シンティッラ (ristorante scintilla)
03-6452-4395
東京都目黒区上目黒2-44-9


2019年、令和元年ももうすぐ終わり。なんとか、あと一ヶ月走り切るぞ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 12:54|この記事のURLComments(0)

2019年11月21日

オステリア スプレンディド(広尾)通うイタリアンの理由

オステリアスプレンディド2019-32

料理の洗練度、ワインのペアリング、両方揃った国内屈指の実力店でありながら使い勝手もよく、当家の記念日ディナーなど間違いたくない時に頼っている広尾のイタリアン『オステリア・スプレンディド

ワイン好きには「インプリチト」の地下のお店という方がわかりやすいかと。

The Worlds 50 Best Restaurants」で、2016年に1位を取ったお店も「Osteria Francescana (オステリアフランチェスカーナ)」とオステリアを店名に冠していたけど、料理は洗練されたリストランテの料理です。


こないだも行ったばかりなんだけど、こちらは7月の訪問の時のこと
オステリアスプレンディド2019-10



ラビオリチックな茄子の詰め物と蛤とあわせたよもぎのタリオリーニが鮮烈的に美味しくて、更にそこからの流れでセコンドに合わせたワインがむっちゃ好みすぎて全力泥酔。
オステリアスプレンディド2019-29



今回は1.2万円のコースにしたので皿数も多くテンポが早かったけど、ワインのペアリングも増えてくるわけでセコンドあたりで相当酔っ払いに。

だって、ワインがつくづくタイプなものを合わせてくるし、アッビナメントで更にシビれさせてくれるんだもん。
オステリアスプレンディド2019-24



元々体調がいまひとつで、アルコール耐性が弱い夜だったから、まりえは「そんなに普段と変わったようには見えなかったよ」といってたけど、オレの中のベロンベロン指数は確実にK点超え。家に帰ってきた瞬間にコンタクト外して倒れ込みました。



定番のトマトのゼリーに合わせた能登島野菜はしみじみ美味。
オステリアスプレンディド2019-16



低温調理のアオリイカは、薄いパリパリと相性よく、イカの旨味がいい意味で立ちすぎずにバランスできていた。
オステリアスプレンディド2019-13





サマートリュフで覆われたとうもろこしのエスプーマ、サルシッチャ、カプリーノチーズのタルトの前菜。
オステリアスプレンディド2019-22

食べ進むうちにトリュフ、とうもろこし、サルシッチャと主役が変わっていくのよ、口の中で。最後にサルシッチャがドカーン!!と。そこでワインが見事に制御。




幸福豚のクミンのかほりは、ワインが負けそうに思ったけど完全にオレの杞憂。
オステリアスプレンディド2019-37




栃木産のバルバリー鴨はしっかりしたテクスチャながら、ほぐれる感じにエクスタシー。
オステリアスプレンディド2019-40




グリルだけかと思いきや、鴨をピアディーナで2段攻撃とかズルいっしょ?
オステリアスプレンディド2019-45



豚や鴨で合わせたワインは、単品としても美味だけど料理と合わせるからこそ更に魅力が増すタイプなので、これはレストランでないと味わえない体験価値。
オステリアスプレンディド2019-38



フランスワイン、たとえばブルゴーニュのビンテージなんて、ワイン単体として死ぬほど旨いじゃない?マリアージュとはいうけど、正直掛け算というよりは足し算というのが体感値。

素顔が半端なくキレイなナタリー・ポートマンがメイクしたって、超ハイレベルな部分での変化だから、振れ幅はそこまで大きくない。
オステリアスプレンディド2019-51


イタリアワインは、もちろん単体でも美味だけど、料理と合わせることでその魅力が倍増する感覚。アッビナメント次第で掛け算のような化け方するから、ビビるのよ。アベンジャーズ的な変身×集合体な迫力が味わえるから、『スプレンディド』が病みつきなんです。
オステリアスプレンディド2019-26

オステリア・スプレンディド (Osteria Splendido)
03-3406-0900
東京都渋谷区東4-6-3 Bell Air B1



2019年も残り6週間とか聞くとビビりますな
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2019年11月19日

焼肉 〜TEN〜 (西麻布) 海外富裕層が求めるラグジュアリー焼肉のニュースタンダード

焼肉2019-20

2020を迎えるにあたり、和牛【WAGYU】は、最強のインバウンド コンテンツのひとつ


何故って海外富裕層にとって、鮨、和牛は最も求める食エクスペリエンスだから
焼肉2019-29


国内の焼肉店が価格競争に陥る中、頭一つ突き抜けた価格で最高の日本焼肉を堪能できる『焼肉X』


富裕層がシンガポールのいいお店で焼肉とワインをオーダーしたら、普通に支払いは10万円くらい。圧倒的な肉質、肉種、焼きの技術が整っているのに、日本の焼肉店はその何分の一かで済んじゃうって勿体無い。



これだけ焼肉店が増殖している今、富裕層にターゲットを絞った飲食店は、もっと増えてもいいのになと常々感じているのよね。
焼肉2019-7



ただ、焼肉に関して言うとお酒のペアリングがしっかりできているガストロノミー焼肉店というのが、都内ですら殆どみつからないの現状...。

なので、最高の肉としっかりとしたペアリングを出してくれる焼肉店なら、10万円の予算でも海外富裕層は集まってくると思うんです。



そんな視点から、シンガポールやタイをはじめ、富裕層の友人にも安心して紹介できるなと感じた「焼肉勝

その理由は
1)熟練のスタッフの火入れを目の前で楽しめる
2)最高の和牛を、最適なスタイルで
3)3段階のワインペアリング



1)熟練のスタッフの火入れを目の前で楽しめる

まず、富裕層に紹介する焼肉店のポイントは焼き手がいるかどうかということ。これは必須条件。

どんないい和牛でも、フィニッシュの焼きがキマらなければポテンシャルの6割も引き出せない
焼肉2019-27



焼肉召蓮∈能蕕ら最後まで同じ焼き手がついてくれて、説明もキチンとこなしながら、こちらの質問にもしっかりと応えてくれる。
焼肉2019-65


英語対応もできるスタッフがいるというのも高ポイント。




2)最高の和牛を、最適なスタイルで


最高品質の和牛を惜しげもなく。

都萬牛、松阪牛、但馬玄、但馬牛と、それぞれの料理に最高の食材が選びぬかれていて、整った流れで最高峰を楽しめる
焼肉2019-15


松阪牛のサーロインは、平子地鶏の卵と絡めてすき焼きに。そうそう、ちゃんと「まつさかうし」と説明してくれていた。本格派を謳う焼肉店でマツザカギュウって言われたら、教育徹底してないなーって思っちゃうもん。そういう不安は要らない。
焼肉2019-64





厚切りの但馬牛のタンは自家製レモンと青唐辛子味噌で同一部位をコントラスト強めに堪能できる
焼肉2019-38



〆肉は但馬玄の特上カルビ 三角バラ。
焼肉2019-16


12度という脂の融点の低さゆえ、後で胃がもたれるという後遺症とも無縁。タレはしっかりつけても、味が濃すぎってならないのよ。
焼肉2019-69




ホルモンの仕事が美しくエレガントなのも特筆しておくべきところかと
焼肉2019-45



レバーは、まさかの胡麻から油つくっちゃからね、個室の中で。
焼肉2019-49


3)3段階のワインペアリング


この日は1万円くらいのワインを中心としたペアリングだったけど、もっと上のペアリングコースもやってくれるらしい。やっぱしそれぞれの料理にあったお酒と愉しみたいからね。ワインが中心だけど、ところどころ日本酒も挿し込んできたり。
焼肉2019-60



あと、実はラグジュアリーな個室というのもポイント。

ムスリムの超富裕層は、公の場ではお酒が飲めなけど、個室なら...というケースもあるんでね。

聞いた話だと、一晩に1千万円使われたこともあったんだって。どんだけよ???
焼肉2019-4




日本人同士で不毛な価格合戦続けるより、いいモノをわかりやすく世界の富裕層に提供することで、対価にふわさわしいお金をいただけばいい。
焼肉2019-12


それくらい日本の食文化は凄いと思うから。
焼肉2019-1


焼肉 X (ヤキニク テン)
03-5786-1129
東京都港区西麻布1-4-46 カーサスプレンディット西麻布 B1F
https://nishiazabu-yakiniku-ten.com/



ムスリムを相手にするなら、簡単に取れる”ムスリムフレンドリー”は取得しておくとイイんじゃないかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年11月12日

鮨 なんば(日比谷)さんまと北寄貝の屹然

鮨なんば2019-38


日比谷の『鮨 なんば』へ。

回の訪問時に、かなり衝撃を受けたので鮨ラバーのR字を誘って2人で男鮨。この鮑の握りは、2回めだけどやはりディープインパクト。

鮨に関しては、全体を通して一番感動をもらえるお店。お酒のペアリングがバージョンアップしたら、もっとヤバくなりそうだけど、今のまま鮨に集中できるのもそれはそれで正解かもしれない。




つまみで驚愕だったのが、さんま。レア感残した火入れが凄い、脂ののりもよく肝のソースが刺さりまくりで。
鮨なんば2019-13




網走のキンキは、強めの出汁だけど決して出しゃばらず甘みが旨い
鮨なんば2019-6



前回同様、あん肝はイノセント
鮨なんば2019-8






まぐろは塩釜、やま幸さん。
鮨なんば2019-18




握りの冒頭で、白烏賊の沈み具合に感動。続く皮剥は、内側に肝を忍ばせた仕事で、テクスチャに酔う
鮨なんば2019-22




イワシ、サバ、コハダなど光り物が多く嬉しい内容。
鮨なんば2019-25




この日は、さんまと北寄貝に度肝を抜かれた。サイズ感も驚きだったけど、みずみずしさや、テクスチャのエロスに、男2人でしばし言葉を失う。
鮨なんば2019-27



春子鯛の沈み方は、烏賊と微妙に異なるもエアリーで気持ちいい
鮨なんば2019-28






この鰹も、食感と味わいをR字と時間差で共有。言葉の要らないバイブス。
鮨なんば2019-32

鮨 なんば 日比谷
03-6273-3334
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F


鮨だけじゃなく、イタリアンとかフレンチも、もっと男飯したいんだけどね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。

続きを読む

kyah2004 at 19:00|この記事のURLComments(0)

2019年10月31日

HaRe(恵比寿)イノベーティブなペアリングを体感してみよう


Hare2019-20

最近、日本料理のペアリングって、まだまだやれる余地が多そうだなって感じてます。

料理の魅力をお酒が引き出す楽しさって、一度知っちゃうと戻れなくなる片道切符。

和のテイスト強めのイノベーティブなレストランに訪れると、清酒は勿論、ワインにクラフトビール、焼酎にシェリー酒などなど、自由自在に合わせてくるじゃない?
Hare2019-28



今まで、日本料理にそんな複雑なペアリングって経験なかったけど、フレンチにしてもイタリアンにしても、和のエッセンスが強めなお店が増えてきいる。そこで色々感性を刺激されると、和食だってもっとペアリング楽しめるんじゃないの?って、そんな可能性にウズウズしちゃうんです。
Hare2019-34

最近行った「鮨 在」では、握り一貫ごとにペアリングをお願いできちゃうんだけど、清酒だけじゃなく、ワインや焼酎も見事にバシッとはまるのよね。あのときの驚きは、言葉にできなかった。


恵比寿『HaRe』からの帰り道でも、改めて和のペアリングの可能性に期待を募らせてたのよね。
Hare2019-7




HaReの盪灰轡Д佞蓮▲ノビアーノやリストランテASOのほか、アロマフレスカグループの料理長を歴任してきたイタリア料理のスペシャリスト。そのシェフが、かなり日本料理を意識したコース展開、料理に挑戦しているんです。
Hare2019-9






コースも八寸、箸休め、お凌ぎ、焼物など、会席の流れで提供していて、料理ごとにワイン、日本酒、焼酎と、既存の枠にとらわれずにペアリング。
Hare2019-14



料理単体、お酒単体よりも、組み合わせた時に魅力がより鮮やかになる。これまで散々ペアリングは体験してるけど、ここは中々 新感覚。
Hare2019-23



コースでは、会席並みに かなりの種類の料理が出てくるんだけど、一番ズキンときたのは、ある意味当然のことでしょうが剣先イカとズッキーニに、生からすみを和えたキタッラでした。トップの写真のヤツね。合わせた鍋島の愛山も見事でした。
Hare2019-18





ご飯もの。イタリアンと和のエッセンス、どちらかが強いものが2種類出てくるのは嬉しかったね。
Hare2019-38



いや、この日もきっちり酔えましたわ。選んだお箸はお土産にもらえるよ。
Hare2019-3



ちゃんとスイーツにまでお酒をペアリングしてくれる心遣い、そしてそのセレクトのセンスもいい
Hare2019-46

HaRe Gastronomia
050-3184-0301
東京都渋谷区恵比寿南1-9-4 長谷川力ビル 2F
https://www.hare-tokyo.jp/



料理の詳細は続きの方で。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 13:00|この記事のURLComments(0)

2019年10月28日

くろいわ (恵比寿)お月見の夜

kuroiwa2019-1


先日の『 恵比寿 くろいわ 』は、松茸づくし
kuroiwa2019-6




カウンターは他のお客さんがいらっしゃる時は写真がNGなので記録は残ってないけど、鯛松茸しゃぶしゃぶ、天丼、あと焼物に合わせて出てきたような? メモすら残してないので記憶は曖昧だけど、かなりのボリューム 国産の松茸いただけました。
kuroiwa2019-2



〆のごはん、芯の残したお米にはじまり、いわゆる炊きたての白米、お雑魚、TKG、松茸天丼、あと数杯お代わりした気もするけど、トドメの鴨の親子丼でさすがにノックダウン
kuroiwa2019-4




18:30に入店したはずなのに、お茶室で時計を見たら23:30
kuroiwa2019-8





たまには何も記録せず、愉しく美味しかった記憶を愉しまないとね。
kuroiwa2019-9




食べたもの忘れるって、現代においては究極の贅沢かも。
kuroiwa2019-10



美しく美味しい時間を親友夫妻とともに過ごす夜、Priceless
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:24|この記事のURLComments(0)

2019年10月05日

テンダロッサとCUSUMANO のディナークルーズ

テンダロッサ2019-6


横浜のイタリアン『テンダロッサ』がシチリアのワイナリー「CUSUMANO」とコラボしたディナークルーズを企画。
テンダロッサ2019-33



ビステッカをはじめトスカーナのイメージが強いテンダロッサが、料理もシチリアで揃えてきたんすよ。
テンダロッサ2019-23



一昨日(10/3)は、夏の余韻も残した夜風の心地いい夜。CUSUMANOのワイン片手にデッキから横浜の灯を眺めていたら、”今っていつだっけ...”と時間の概念が曖昧になり。
テンダロッサ2019-10



というのも大学から社会人の最初くらいまでは、横浜で遊ぶことが多くてさ。赤レンガ倉庫が商業施設になったりと、そこそこ変化はあったものの、夜景は以前の記憶とそんなに変わりなくてね。
テンダロッサ2019-9



写真が撮りたくて食事が出てる間に船のデッキに出たら殆ど人がいないし、そうした特殊なシチュエーションがますますリアリティを奪っていくので、非日常感を愉しんでました。
テンダロッサ2019-26




休日前なら横浜に泊まっていきたかったなぁ、ホント
テンダロッサ2019-3



にしても、こじんまりとしたレストランが乱立する昨今、140人のゲスト(会費は2万円/人)を集めてクルージングできるレストランってスゴくない?
テンダロッサ2019-32



テラス好き、つまり自然を感じながら美味しい食事を食べることに最上の悦びを感じるボクは、この企画を聞いた瞬間「待ってました!」と歓喜。KENZOさんにメッセして即申し込みしたんです。
テンダロッサ2019-18



だって、テンダロッサのような美味しい料理でクルージングって、めったに無いチャンスでしょこれまで日本で何度かディナークルーズは経験あるけど、食事もワインも”なんすかコレなの?”ってセレクトで、感動体験とは程遠くて。




しかも、来場ゲストの共通点が「テンダロッサ」だから、うっすらとグルーブ感があるわけ。クルーズでスタッフも馴染みの顔だったりするから、色々リクエストも出しやすいし、とっても居心地いいの。
テンダロッサ2019-38



それに、当家はちょうど1週間前にシチリアから帰ってきたばかりだから、料理もワインも馴染み深く、まだ、バカンスが続いてるみたいな気分に。ベッカフィーコ、アランチーニ、カポナータなど勢揃い。アランチーニは日本サイズ。あんな巨大おにぎりみたいなサイズだと、他が食べられないしね。
テンダロッサ2019-17


そうそう、クルーズ船の名は「マリンルージュ」。サザン(桑田さん)の歌の歌詞にも出てくるヤツで、松嶋菜々子と椎名桔平のドラマSweet Seasonの主題歌で使われてました
テンダロッサ2019-39



シチリアを代表する「CUSUMANO」。エチケットをエレガントに刷新したこともあって、若いビンテージしか並んでなかったけど、もう何年か寝かしたらグンと色気増すようなポテンシャルのワインも発見できて良かった。
テンダロッサ2019-13


シャルドネベースの白の「JALE(ヤレ)」と、昨晩時点では赤の「SAGANA」の2016年が好み。ただ、寝かせてちゃんとタイミング計れば赤ワインは「NOA」が化けそうな印象でしたね
テンダロッサ2019-15




や、それにしてもほんといい夜でした。夫婦で出かけるの減ったなという貴方、たまにはこういう時間も創ってみましょうよ。
テンダロッサ2019-25


ラ・テンダ・ロッサ (la Tenda Rossa)
045-663-0133
神奈川県横浜市中区太田町6-75
http://www.tenda.jp/


やっぱし好きです、テンダロッサ。皆さん、グラッツェミーレ!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


もうちょいリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2019年10月01日

鮨 つぼみ (中目黒)

鮨つぼみ2019-22

「鮨 さいとう」がプロデュースの中目黒『 鮨 つぼみ 』。

1年前にオープンしてたんだけど、なんだかんだで今年に初夏に初訪問。
鮨つぼみ2019-11




場所は中目黒の青葉台一丁の信号から、少し坂を登ったエリア。地図で見ると池尻大橋との中間くらいにも見えるね。
鮨つぼみ2019-24




DNAを感じる丁寧なつまみ。このアラ煮、どうしょうもなく旨いんですけど。なにこのテクスチャ、なにこのお出汁とマッチした味わいは。
鮨つぼみ2019-15




握りはひとつひとつに存在感。
鮨つぼみ2019-19



鮪も3種類出てきた。
鮨つぼみ2019-26





ただ、急遽昼間に友人宅でフェスタが入って、空腹で討ち入りのはずが、のっけから薄っすら膨満感。後半は特に不感症になりポテンシャルに引き出せずじまい。

鮨つぼみ2019-35




実は。ってほどじゃないけど、大食漢ではないので、キャパオーバーになると、あっというまに戦力外なんすよね。
鮨つぼみ2019-3

鮨 つぼみ
03-6451-0903
東京都目黒区東山1-21-26 QG東山 1F
http://www.sushi-tsubomi.jp/


外食は、ちゃんとコンディション整えて、しっかり向き合いたいと思ってる。

なので、めったにこんなことにはならないし、この日もそれなりにイケるとは感じてた。この頃 鮨つづきで、ちょっと疲れてたのも敗因な気がする。次の訪問のときこそ、フル感度で臨みたい
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。







続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年09月01日

a nu (広尾)SHOHEI SHIMONO料理というカテゴリー

anu8月-45


先日リニューアルオープンした広尾の『a nu』は、SHOHEI SHIMONO とシェフの名を背負ったカウンターガストロに。
anu8月-3



何故、カウンターフレンチと書かないかというと、フレンチの枠を超えて自由すぎるから(笑)
anu8月-60



フランス料理の技術を使いながらも冷製パスタやアヒージョ、鰻にオムライスまでが組み込まれたコースは、
anu8月-38





既存の料理ジャンルの枠に収まりきらない日本ならではの下野ガストロノミー。
anu8月-66





知ってるはずの味が、未体験の領域まで昇華されちゃう気持ちよさ。食文化の成熟した令和日本ならではのアプローチ。
anu8月-8




でもね、押さえるところはちゃんとキメてるのがズルい。メインの本州鹿はフレンチらしい仕事なんだけど、ここは素直にめちゃめちゃ旨い。

島根本土鹿 内腿を使って、レア感を残した火入れが鹿らしい個性をしっかり立たせている。そこにビバーチ ペーストやウィスキー、黒にんにくを使ったソースが憎らしいほどにフィットしてたのよ。
anu8月-44



それなりに鹿は食べてきたけど、これまでで印象に残った鹿は久々。合わせるワインも間違いない。
anu8月-40





そんな仕事のクオリティで出された茸のアヒージョは、ガーリック強めでも負けない素材の力強さ。
anu8月-23





生ハムとキャビアの冷製カッペリーニ、これを全部混ぜていただくんだけど、まさか日本のフレンチでこんな体験ができるとは。
anu8月-33




ブルーオマールをトムヤム麺の出汁にふんだんに使い、しかも中にゴロッと御本体が…。バンコクには相当通ったけど、こんな体験したことない!!
anu8月-52



これにボルドー合わせるとかやばいっしょ、ワインのペアリングも自由度増していて堪らんのよ。
anu8月-50





あれ、ステーキとかあったっけ???
anu8月-26


あ、そうか石垣牛オムライスだもんね。こんな自由極まりない料理があっていいんだ???
anu8月-64



石垣牛のサーロインがふんだんに刻まれてる上に、シェフが更に削りで仕上げを。





そんな完成形がこちらのオムライス。
anu8月-68





問答無用に美味しいのはわかるけど、これにピーマンの子供みたいなガルニが実にいいアクセント。旨味の暴走をいい意味で抑えてくれているのよ。
anu8月-70





カウンターの脇には、こんなテーブルもあるので用途に応じて使い分けも。
anu8月-13






シェフの遊びの奇跡の見える料理たち。これで、ワクワクしない筈がないでしょ、
anu8月-78


ア・ニュ (a nu shohei shimomura)
03-5422-8851
東京都渋谷区広尾5-19-4 SR 広尾ビル 1F
http://www.restaurant-anu.com/


そう、遊びって投資なんです。多くの日本人がそれを忘れてないかな??
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:38|この記事のURLComments(0)

2019年08月15日

鉄板焼 きたうち牧場(銀座)プレミアムビーフの濡れ具合

きたうち牧場2019-2


銀座の『鉄板焼 石垣島 きたうち牧場』でのステーキ時間。


赤身の深みを感じるロース「赤珊瑚」と艷やかな刺しが魅力の「真珠」をハーフ&ハーフで。きたうち牧場プレミアムビーフは、長期肥育が特長。赤身の主張もさることながら、脂が洗練されていてかおりがヤバいのよ。



ゆえにステーキが旨い、ほんとしみじみする。


カットした後は、しばらく常温で置いて、肉が適度に濡れてきてから鉄板で火を入れる。この濡れ場の美しさが美味しさの証。

きたうち牧場2019-6



余韻が食後も長く残るけど、それは脂がヘビーだからじゃない。さらっと消えるような脂なのに、エレガントなかおりが舌に記憶されたままなの。

きたうち牧場2019-8





ワインはグラスでモレ・サン・ドニの2016年を。

きたうち牧場2019-5




冷製スープのゴールドラッシュも沖縄産だったけど、デザートのパイナップルとマンゴーは石垣島の島本農園。この甘さ、まったくもって只者ではない。一度食べたら忘れられない。完熟のみを出荷するこだわりとプライドの味。

きたうち牧場2019-11


鉄板焼 石垣島きたうち牧場 銀座店
東京都中央区銀座6-4-10 銀座シンヨービル 1F
03-6228-5015
https://krs-beef.jp/ginza/




今日は74回目の終戦記念日。焼け野原になってから、こんなにも豊かな食生活が出来る国になったことを、誇りに思わずにはいられない。戦争の恐ろしさをボクは知らない。でも、自国で戦争がおこったら、こんな生活なんて一瞬で吹き飛んでしまうということくらいは、当然 理解できる。


世界が暴走しないために、自分たちが出来ることってなんだろうね?

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:16|この記事のURLComments(0)

2019年08月14日

鮨 在(広尾)鮨とお酒の可能性

sushizai2019-28

「鮨なんば」とか「鮨さいとう」とか、確かに完成度は凄い。わざわざ、そこに足を運ぶ価値があるということに全く異論はない。

ただ、そのあたり行くと、もはや99点と97点とかいう最高レベルの誤差の話で、期待値と満足度が高止まり状態というのも事実。
sushizai2019-18



では、鮨の進化というのはここで終わりなのかと言うと全くそんなことはなくて、ペアリングによって全く違う伸びしろがあるんだということに気づかせてくれたのが広尾の『鮨 在』
sushizai2019-30


自称 #鼻につくソムリエ の保坂さんが、大将の岡田さんの鮨に合わせて一貫づつお酒を合わせてくれるんだけど、これがめちゃ良くて。
sushizai2019-9


新政No.6や石田屋なんていうヤバい清酒はもちろん、ビオワインや焼酎、クラフトジンなどペアリングの幅が広く、これまで気づけていなかった鮨の魅力も見えてきたり。
sushizai2019-60


大将の岡田さんは、もともと六本木の「鮨 由う」で、尾崎さんと一緒にカウンターで握っていた方。今年の春先かな、『鮨 在』のオープン準備でソムリエの保坂さんも「鮨 由う」でサービスしていた時があったんです。

その時「お酒弱いから、一杯づつの量は目一杯減らして、でも料理には合せてみて」って保坂さんにわがままリクエストしてみたのね。したら、握り一貫にお猪口一杯を合わせてくるなんて荒業キメてきて、ほんと衝撃で。
sushizai2019-35



『鮨 在』ではペアリングが1万円と正式にメニュー化されてるので、誰でもそんなオーダーの仕方できる。細かすぎるペアリングがイヤだという人は、2,3アイテムづつに一杯みたいなこともしてくれるんじゃないかな? そんな臨機応変さもありそうな予感。
sushizai2019-50




お酒の話が先に立ちすぎたけど、割烹のような手の込んだつまみに、硬めの攻めたシャリと丁寧な仕事のネタでお鮨も当然満足度は高め。
sushizai2019-12



春子鯛のエアリーな食感や、トキシラズの歯切れの心地よさなど、握りを手にした時のイメージをいい意味で裏切る遊び心もよいのよ。
sushizai2019-26



中トロの漬けや、のどぐろ紅瞳の海苔巻き、利尻の雲丹あたりは素直にズキンと刺さったし
sushizai2019-32


、こはだ、鯵あたりはワインのペアリングでグンと鮨の魅力が伸びていた。
sushizai2019-39



鮨単体としてもかなり好みだったけど、ペアリングが理想で、突き抜けた鮨体験になったわけ。
sushizai2019-41




一杯づつ合わせるというスタイル自体が最大の衝撃だったんだけど、この日はペアリング、最初と最後を黒龍の石田屋、しずくで挟まれて。
sushizai2019-4



そう聞くとバブった優等生みたいな合わせ方をイメージするかもだけど、ロムデュタンでも出してた焼酎「フラミンゴ」や、kabiなどでも飲んだことある自然派ワインのレジェンド、ジュラのミネラル感あるオレンジワイン、山椒のスピリッツのお茶カクテルなど、多彩な攻撃サッカーでピッチを駆け巡る感じ。
sushizai2019-7



鮨ってこんなに自由だったんだということを認識できたし、なんせ愉しいのさ。
sushizai2019-54

鮨 在
03-3446-1134
東京都渋谷区広尾5-3-13 Barbizon86 5F




カウンターゲスト間のゆるいグルーヴ感が心地よかったのも、高印象が残った理由のひとつ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。










続きを読む

kyah2004 at 21:51|この記事のURLComments(0)

2019年07月28日

鮨なんば(日比谷)鮨のエロス

鮨なんば2019-40

この”かほり”、このテクスチャ、この余韻こそ 扇情よ!!!

そんな昂ぶりを得たのは、ちょうど1ヶ月前の日比谷『鮨 なんば』。
鮨なんば2019-49




一貫づつシャリの温度を変えるというスタイルや、鮪に対する徹底したこだわりなど、随所にクリエイティビティとプライドを感じる江戸前鮨。
鮨なんば2019-21




噂に聞く鮑の握りとは、こんなにもディープインパクトだったのかと、食べたとはしばし放心しておりましたわ。
鮨なんば2019-53





鮪は新潟の定置網、ハラカミのグラマラスで品もあるアタックにメロメロ。
鮨なんば2019-45


大トロは温かめのシャリをつかうことで脂の口溶け感を最適にしている。
鮨なんば2019-48





山幸、樋長、石司から仕入れることで、その時に出る最高の鮪をものを選べるようにしているという。
鮨なんば2019-22



ネタとシャリという極めてシンプルな組み合わせゆえに、その分 ネタの質や仕事が明確になる。
鮨なんば2019-12


つまみにしても握りにしても、ひとつひとつに心を揺さぶられる何かがあり、それが『鮨 なんば』という個性を形づくっていた。
鮨なんば2019-8




つまみの江戸前穴子は、皮のカリっと具合が官能的。
鮨なんば2019-16




出汁の甘さが悶絶の網走きんきにも、立ち上がりからヤられてました。
鮨なんば2019-5







春子鯛の一瞬のトロッとした食感が青春のひとときのような儚さで。
鮨なんば2019-37




スズキに至っては、食べたこと無い味過ぎて比較にならない。
鮨なんば2019-26




ヒカリモノ大好き属には、この舞鶴の鯵のプレッシャーが実にたまらん。
鮨なんば2019-30




エロスの体現のようなカツオ。
鮨なんば2019-39





残念ながら、この北海道のウニはいまひとつポテンシャルが発揮できてなかったようで。この次に出してもらった唐津の赤ウニの濃厚さは、ラオウの拳圧のよう。
鮨なんば2019-56






お店が目指すゴールに哲学があり、それを実現する技術と情熱がより強固なベクトルをつくっている。
鮨なんば2019-51




やはり”他にない魅力”を持っているレストランは強い。
鮨なんば2019-1

鮨 なんば 日比谷
03-6273-3334
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F



次回の訪問が心底 楽しみなお鮨です
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 18:30|この記事のURLComments(0)

2019年07月19日

鮨 さいとう(六本木一丁目)つまみの旨さに

鮨さいとう2019-25


半年強ぶりの『鮨 さいとう』、個室の方で。
鮨さいとう2019-3



今回も、もちろん隙のない展開力でしたが、特につまみが衝撃で相対的に握りの美味しさが少し霞むくらい。

低温調理の煮蛤は、出逢ったことのないとろける食感と、柔らかな蛤の味わいで一瞬困惑する。「オレ、蛤食べたんだよね?」と。このいい意味での裏切り方は、記憶に残るね。
鮨さいとう2019-11



のどぐろは、出汁のスープに浮かべて。これも、それなりに美味しいのどぐろは食べてきたけど、別格感。美人は何を着ても美人だけど、メイクとドレスでこうも変わるのかと再認識させられる感じ。
鮨さいとう2019-12


握りは鹿児島の出水の鯵が、温度感も良く魅力がバシッと伝わる美味しさ。
鮨さいとう2019-33



雲丹は、シャリに唐津の赤雲丹が練り込んであって、上に余市の雲丹がのせられたハイブランドのダブルネームみたいな攻撃力。
鮨さいとう2019-37


メンズ4人で過ごすカウンターの休前日。翌日からの旅行準備でボクはそのまま帰ったけど、残ったヤツらは河岸を変えて深酒してたことと思われます。
鮨さいとう2019-23

鮨 さいとう
03-3589-4412
東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー 1F


美味しく食べるのには、体調管理がめちゃ重要。ちょいと胃の調子が悪いなぁ…、酔っ払ったら忘れるけど、翌朝にダメージが。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 12:54|この記事のURLComments(0)

2019年07月03日

恵比寿くろいわ 今年も折り返し

恵比寿くろいわ2019-39


先日、令和へと変わったタイミングで訪れた『恵比寿 くろいわ』。元号が変わったことで、徐々に料理も進化させていきたいという覚悟が垣間見られた夜でしたが、6月の末に訪れた夜も色々新たな試みが始まっていた。
恵比寿くろいわ2019-22



「伝統は過去と同じことを続けることではなく、時代に合わせた変化に挑戦し続けることなんだ」。伝統工芸の世界で活躍している友人らが口を揃えて言う言葉で、過去をひたすら守るのが伝統という先入観を持っていたボクには意外な発見でした。
恵比寿くろいわ2019-107



更に「挑戦してハズしたと思ったところで、過去の歴史から考えたら誤差に過ぎない」なんて話も印象に残っている。これはもちろん伝統を継ぐためのベースがあっての話だけど、そんなに強い引力がある場所での生き方というのは、ボクのような気楽な人間には全く想像のつかない類のもの。
恵比寿くろいわ2019-82


ガチで勝負してる人の話は、たくさん刺激がもらえるけど、反面ぬるい自分をイタいほど自覚することにもなるので凹むことも少なくない。まー、でも、自分は自分なりに譲ってない部分はあるはずで、人と比べてあーだこーだ悩むことは不毛なので、刺激だけもらって明日への活力にしています。
恵比寿くろいわ2019-58



さて、この日は2019年もいつの間にか半分が終わろうとしているということで、「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」がテーマ。1年の前半を無事に過ごせたことに感謝するとともに、半年間の罪や穢れをお祓いし、残り半年も清らかな気持ちで過ごせるよう願うというもの。

神社に草で作られた「茅の輪」が置かれていていたりしますよね。あれをくぐると、より穢が落とせるということらしいです。恵比寿くろいわ2019-10




この日は、鮎、鱧、鰻などいただいたわけですが、中でも鮎が3種の調理法でひとつのお皿の上に並ぶのは、骨の柔らかい若鮎ならでは。

目の前で〆た鮎を焼きと背ごしに。まだ泳いでいた鮎が、こうして完成形の料理となるプロセスを見られるというのは、実に日本らしい演出だなと改めて。ちなみに背ごしというのは、若い鮎などの骨が柔らかい小さな魚を、頭や内臓を取り除いて骨ごと薄い輪切りにした料理のこと。鮮度がいい鮎じゃないと出来ないのよね。
恵比寿くろいわ2019-38





鮎の焼物は頭が揚がげて、尾はしっとり蒸し焼きというニュアンスで。
恵比寿くろいわ2019-15




八寸は青色が印象的な久留米の籃胎漆器。青楓が添えてあるので川か湖に舟が漕ぎ出したかのような涼やかな印象を受ける。
恵比寿くろいわ2019-54


この籃胎漆器は、久留米藩の刀の鞘塗り師がつくったとされるもので、明治時代 武士向けの産業では食べられなくなった職人が民間向けに技術を活かしたものですね。高度な兵器向け技術が民間に転用される今と全く変わらないスタイル。インターネットとかドローンとか、腕時計なんかも同様のケース。
恵比寿くろいわ2019-51



最初に「夏越大祓」で鱧が出てきたのには驚きましたが、椀物が一夜干しした鰻というのも意外でした。出汁も鰻を使いつつ、昆布と鮪で整えていました。
恵比寿くろいわ2019-26




茶懐石を意識して酢の物という位置づけで夏蛸やアブラメを。実山椒をお酢に溶かし、底に敷いてある大和芋で味を調整しながらいただきます。
恵比寿くろいわ2019-18





そうそう、この日料理の写真が揃っているのはカウンター貸切だったから。SNS全盛時代に他のお客さまに配慮してカウンターでの写真は禁止というスタンスを貫いている。なので、ボクも訪問している割には写真があまり無いんです。
恵比寿くろいわ2019-110







土曜日ということで、18:00スタートにしたんだけど、20:30頃には一通り料理も出終わって、煮えばなが出てきたのが21:00前。そこからまさかのご飯お代わり構成で、結果8種類の変化系をいただくことに。
恵比寿くろいわ2019-68



煮えばなのあとは、炊きたての白米、桜えび丼、山菜天ぷら丼、はも丼、牛肉山椒、雲丹むすび、ゆば茶漬けと、普段米をセーブ気味の自分には絢爛過ぎる展開。
恵比寿くろいわ2019-77





恵比寿くろいわ2019-85



前半は準備もしていたものだろうけど、後半は完全にアドリブですね、凄いわ。というか皆さん良く食べますな。
恵比寿くろいわ2019-87




そりゃ、いろいろお酒も出てくてるわけですわ。
恵比寿くろいわ2019-27


結果、気づいたら23:00だったというのは驚きでした。5時間のディナーってバスクですか??
恵比寿くろいわ2019-95



しかも帰りの時刻の関係もあってお茶室はカットしてでの流れだったので、これでお茶室まで行ってたら23:30は過ぎていたと思います。
恵比寿くろいわ2019-100






夕方は雨がひどくて、着物で来るのを諦めましたが、最近和装の機会が減っているので、意図して増やしたいなと思ってます。
恵比寿くろいわ2019-116





じっくりと通えるお店があるというのは、食を愉しむ上で大事なことだし、幸せな縁だなと思っている。友人と同じで深い付き合いをするのはそんなに数は要らない、というか無理。もうこの歳になったら、新しいとこにも足を運びつつも、信頼できるお店に通う比率をあげていきたいっすね。旅をやめられないオレが言うのもなんだけど。
恵比寿くろいわ2019-120

恵比寿 くろいわ
03-5793-9618
東京都渋谷区恵比寿4-11-12
http://www.kuroiwa.org/



2019年の前半はどうだったかな。点数をつけるのは好きじゃないけど、感覚的には87点くらいな気がする。思った以上にやれたことも多いけど、全然進められていないところもあり。得意な方を伸ばすというスタンス自体は悪くないんだけど、弱点も補強する環境づくりをまずは心がけたい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年07月02日

カンテサンス(品川)やっぱり初夏のコースはタイプ

カンテサンス2019-20


久しぶりのカンテサンス。


ディナーが二部制になり20:30スタートと余裕ある開幕。去年もそうだったけど初夏のカンテサンスってハマるのよ。


焼きとうもろこしのスープに合わせた苦味を感じるシャーベットは日本の気候にピタッと合う。

カンテサンス2019-7




肉の味をちゃんと感じるセンマイというのも新鮮体験。

カンテサンス2019-15





バスク豚を使ったスペアリブは鳩の肝を纏ってエレガント。

カンテサンス2019-18





シャサーニュが、いとうまし。

カンテサンス2019-17




マナガツオの火入れとソースで言葉を失う、あからさまに旨い。

カンテサンス2019-25





シャラン鴨とグランマルニエのオールドビンテージを使ったソースは官能の極み。

カンテサンス2019-34




オペラリキッドも超絶タイプ、下から上の層まで一気に食べると味が完成。
カンテサンス2019-37





この日の主役は、実はコレかな。テーブルの同席メンバーも大好きな初夏の前後に出てくるクレープ。今年は対馬の穴子、こんな贅沢な手づかみクレープは人生で何度もやれる体験じゃない。

カンテサンス2019-21





常に高いクオリティを維持していて、毎回驚きのあるカンテサンスだけど、よりタイプだったり心が踊るディナーというのはあって、初夏にその会が訪れることが多いです。

カンテサンス2019-44


カンテサンス (Quintessence)
03-6277-0485
03-6277-0090 (予約専用)
東京都品川区北品川6-7-29 ガーデンシティ品川 御殿山 1F



日本のガストロノミーの頂点は、やはり期待を裏切らないね

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 21:07|この記事のURLComments(0)

2019年06月24日

ア・ニュ(広尾)リニューアル後の予告編

anu2019-14

5月末からリニューアルでしばらくクローズするとのことで、お世話になった姿を見ておこうと広尾の『ア・ニュ』へ。

anu2019-49




最初に訪れた頃は、まだ「マノワ」の中村さんや「ラ・カーヴ・ド・ノア」の島本さんがソムリエだったからね。2009年の11月、オープン直後に訪問した時の記事とか懐かしい。つか、いいワイン飲んでんなー


速攻に気にいったらしく、訪問直後に友人たち集めて忘年会もしてたのね。


自分のブログで「ア・ニュ」と検索してみたら、若き日の自分やまりえ、親友らに会えて驚きましたわ。あんま意識してないけど、お店とともにオレらも歳を重ねてきたんだね。



とまぁ、ほんとお世話になったフレンチなので、改めてリニューアル前に行けてよかったなと。
anu2019-39



どうやらオープンキッチンのカウンタースタイルになるらしく、料理ももっと自由度のギアをあげるらしい。この夜も、リニューアル後のエッセンスを入れてみたということで、花山椒のコースに。
anu2019-6



下野シェフは、沖縄でレクサスのDINING OUTのイベントやった直後もヒバーチといった琉球素材を組み合わせたメニュー創ったり、バンコクガストロノミー回ってからはハーブやスパイスの大胆な使い方を取り入れたりと、日本らしいというか、アジアらしいアプローチも魅力。
anu2019-70



パリの日本人シェフのアプローチとは異なる、日本だから出来るガストロノミー。花山椒のコースというのは、まさにその象徴であって、2019年上半期で最も印象に残ったディナーが『ア・ニュ』でした。

中でも記憶に焼き付いたのが花山椒のカッペリーニ。キリッと冷えたブロードが美味しすぎで、イタリアではやらないタイプのパスタ。フレンチだから、日本だからハマる仕事。
anu2019-38


シャルドネの美味しさが際立つマリアージュだったのも忘れられないね。
anu2019-35



アオサ海苔や山椒の葉っぱを合わせた九十九里のぜんな蛤、お皿の上で融合する味わいに驚きを隠せない。毎晩外食でそれなりに美味しいものは食べてるせいか、美味しいものに出逢っても感動はするけど、心底驚くことってそこまで多くはないんです。
anu2019-45


そしてこれが新政の亜麻猫に合うんすわ!


ブルゴーニュのピノ・ノワール好きで、フランスだとどうしてもボルドーを飲む機会が少ないんですが、なにこれめっちゃタイプなんですけど。
anu2019-51



ラ・ドモワゼル・ド・ソシアンド・マレ 2007年。こういう個性のボルドーなら、家に置いておきたい。格付けを返上したフランス本国では人気シャトーの、しかもセカンドなんでわりと開けやすいレンジだし。在庫は残ってなさそうだけど...
anu2019-52



しかもこのエロティークなキュイソンの本土鹿とのマリアージュもナニ!?? フレッシュな胡椒のパンチに負けない個性。
anu2019-53




からの、ピュルゴーの鴨をリゾット仕立てにして、花山椒で覆い尽くすってどういうこと??
anu2019-63



よーく混ぜていただくんだけど、もうね、正直見た目はガパオライスなのよ。なのに何故こないにも美味しくなるんすか....。ディナーが終盤にかかっていることを、全く認めたくない自分がいた。こういう状態のオレって実は珍しかったり。
anu2019-64



10年のあいだに料理のトレンドも勿論変化してるし、なにより自分自身の食経験値も変化している。
anu2019-61



結婚した頃を機にイタリアンに目覚め、フレンチに慄き、ワインを本格的に好きになって、広東料理にハマって香港にい、バンコクの勢いに魅せられる。スペインのガストロノミーが楽しすぎて毎年のように通いだし、メルボルンのオーガニックなスタイルにも、なるほどねと。国内も頻繁に旅するようになって、日本の素材に対する愛も深まった。
anu2019-47





そんな自分の食の軌跡と、たまたまこの夜の『a nu』の料理がハマったのか、ものすごく刺さったディナーに。
anu2019-100


ア・ニュ (a nu retrouvez-vous)
渋谷区広尾5-19-4 SR 広尾ビル 1F.
03-5422-8851



食べ手の数だけ最高の料理なんてものはあるわけだけど、今年の前半戦では一番印象に残った夜でした。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 22:57|この記事のURLComments(0)

2019年06月19日

USHIGORO S(西麻布)焼肉の進化とワイン

USHIGOROS2019-9


肉割烹の台頭とともに、ハイエンド化をすすめてきた焼肉。シャトーブリアンという単語の認知度もかなりあがったと思うし、すき焼きスタイルとか、さぶしゃぶとか、カツサンドとか、かつての「焼肉」という単語からは、想像できない広がりをみせている。
USHIGOROS2019-29


昔はキムチがあるからワインを合わせるのが難しい...なんて言われていたこともあったけど、いまではキムチを見ない焼肉のほうが(ボクは)一般的。
USHIGOROS2019-13




塊肉の焼物やタレをあまり使わない焼肉も増えてきたことで、ワインとのマリアージュの可能性はより広がった。それにオレンジワインのような個性の強い味のものに対応できるワインも浸透してきたことも追い風だしね。
USHIGOROS2019-40




というわけで、この日の『USHIGORO S』はワインと愉しむ肉宴に。
USHIGOROS2019-37




W杯やオリンピックは富裕層をもっと広げるチャンスだと感じてます。つーのも”最高のWAGYUが楽しめる店”と認知したら、ワインの予算とか全然変わってくるし。たとえば、シンガポールでは焼肉の会計1人10万円だったところで、富裕層からしたら日常の範囲内。
USHIGOROS2019-31



彼ら彼女らにとっては時間のほうが遥かに大事なので、「最高のWAGYU体験をしたい」と思ったらいいワインを選ぶというのは極めてナチュラルな行動なんすよ。
USHIGOROS2019-17



映画「クレイジーリッチ」じゃないけど、日本と異なり若い富裕層が多いアジアは、飲食に対する向き合い方も日本よりアクティブ。こういう客層を取り込まないのはインバウンドビジネスにおいてチャンスロスでしかない。
USHIGOROS2019-34


挑戦者たちのおかげで、海外でもクオリティ高い焼肉が楽しめるようにはなってきています。とはいえ、そこはホームアドバンテージでやはり日本のWAGYUは力強く繊細。それに肉ひとつで、ここまで緩急つけた流れや味の変化を出せるっていうのも改めて考えてみるとスゲーなと。
USHIGOROS2019-43

USHIGORO S
050-5593-9891
東京都港区西麻布2-24-14 バルビゾン73 B1F
http://ushigoro-s.com/


ワインが焼肉と合う未来があるなんて、大学生の頃のオレには想像もつかなかった。

というか、お酒が今よりも更に弱くて、美味しいと思えなかった時代があった事自体が懐かしい
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 12:43|この記事のURLComments(0)

2019年06月16日

ロムデュタン(銀座)カウンターの閃光

ロムデュタン2019-59

GINZA SIXのフレンチ『ロムデュタン』へ。

ロムデュタン2019-82






正式な店名はロムデュタン シニエ ア・ニュ、広尾『ア・ニュ』の姉妹店で、カウンター席もあって、シェフやソムリエと距離感の近さも魅力のお店。
ロムデュタン2019-86






ただ、残念ながら今月末(2019/6)でクローズなのよね。
ロムデュタン2019-5


オープンしたのが2017年の春。ボクはその年の夏に訪れていて、当時にしてはまだめずらしかったハーブの大胆な効かせ方に、バンコクをはじめとするアジアのガストロノミーの勢いを感じたのを覚えています。
ロムデュタン2019-39





そんな記事を書いたような記憶があるんだけど、過去ログ見てもみあたらない...。アレ? Facebookあたりに投稿してブログ書いたと勘違いしてたのかも。なんか悔しいな。
ロムデュタン2019-10





ま、とにかく蒸し暑い夏に清涼感を運んでくれるフレンチという印象だったので、昨年も行きたいと思いながらも機会を逃してたのよ。今年の夏こそは!と勇んでいたので、蒸してきた6月の頭に訪問してきました。
ロムデュタン2019-1



2年ぶりに訪れたロムデュタンは、期待通りのベクトルは保ったまま、簑原シェフが 削ぎ落とすことは削ぎ落として洗練度をアップ。
ロムデュタン2019-71



ロムデュタン2019-55



そこにソムリエの稲毛さんが自由度高めたワインのペアリングで、より面白く攻めてくるのが愉し過ぎた。
ロムデュタン2019-88




一番”らしくて”サプライズがあったのが金目鯛。正統派のフォンドボーのソースと茴香の香りのミルクの泡にミントを効かせた2種のソースが添えられていて、まずは、それぞれのソースでいただいてみたのよ。
ロムデュタン2019-45



泡のソースはハーブの効いたアジアっぽいガストロノミー仕立てで今っぽく、フォンドボーはイメージ通りの着地点。

まずは別々に食べたところにシェフが「今日の料理の中で一番クラシックなのがこの皿なんですよ」と言うので、「えー、このハーブの感じとかモダンなアジアフレンチっぽくない?」と返しつつ、今度は2種類のソースを一緒につけて食べてみたんです...

したら「あれ、フォンドボーのソースだけで食べてたときより、遥かにクラシック!!なんで??」と、シェフの話していた理由を体で納得。

金目鯛の完璧な火入れと皮のジューシーさにソースの主張がいい具合に重なって、フレンチならではの圧倒的なエクスペリエンスに。

ここで合わせたのがオレンジワイン。皮の香りに照準を合わせてとか洒落てんなァ。めっちゃ好み。
ロムデュタン2019-42






ワインと言えば前菜のうにと新玉葱のクリームに合わせたアルザスのリースリング clos ste hune の2011年がメチャ旨でシビレてましたわ。こういう色気のあるリースリングは大好き、果実味、酸味、ミネラルが超絶バランスとれてて、イヤらしくないのよ。名門ワイナリー トリンバックの力を魅せつけられた一杯でした。
ロムデュタン2019-27




「うにの美味しさを引き出すのにいいですよ」とのことだったけど、このワインは単独で飲むのが美味しすぎて、食事に合わせるのに少し勿体なさを感じてしまう。それくらいタイプの白ワイン。
ロムデュタン2019-28




メインのラカン産の仔鳩は、美しいとしかいいようのない焼き上がり。これをシェフが目の前で仕上げてくれます。
ロムデュタン2019-51




胸肉の美味しさはイメージできると思うけど、香ばしさに愉悦したのが腿肉のコンフィ。
品のある力強い脂と、エロティークなテクスチャ、仔鳩らしい独特の肉の味わいに、自然と手が赤ワインに伸びてしまう。

ロムデュタン2019-60




その手の先にはOlivier BernsteinのChambertin 2013年


オリヴィエ バーンスタインのGRAND CRU、これでキマらないわけがない。鉄壁のマリアージュにただただ身を任せていればいい。
ロムデュタン2019-53


もう、こっからは余韻でだけでも満足っすよと、ピーチパインのパブロバでリセットかけてたら、なにやら透明な液体が出てきたんです。
ロムデュタン2019-66

なんだなんだ?さっきまでのエレガントなワインとは違うけど、ピーチパインやパッションフルーツの酸味に、やけに寄り添ってくるじゃない。グラッパのようなパンチ力ではなく、包み込むようなこの感じはいったい??

正解はというと「flamingo orange(フラミンゴオレンジ)」という芋焼酎。その名の通りオレンジのかほりを纏った焼酎で、糖質ゼロなのに甘いのよ。
ロムデュタン2019-65

まー、両方知ってても、オレにはこれを組み合わせる発想力も知識もないわけで、センスのいいソムリエの存在というのが、改めて貴重だなと痛感した次第。




シェフの料理をどこまで伸ばせるか、ソムリエとのマリアージュに気持ちよく酔わせてもらった夜でした。
ロムデュタン2019-95



L'homme du temps signe a nu
(ロムデュタン シニエ ア・ニュ)
03-6263-9773
東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZASIX 13F
http://www.lhomme-du-temps.com/

こういう甘美な時間を堪能するためには、お金も必要だけど健康な心とカラダが大事。そして、なにより感動を共有できるパートナーね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 21:01|この記事のURLComments(0)

2019年05月19日

オステリア・スプレンディド(広尾)結婚記念日に選ぶ理由

OS2019-19

先月迎えた平成最後の結婚記念日。今年は広尾のイタリアン『オステリア・スプレンディド』でお祝いを。

毎年、その年の気分で選んでいるんだけど、結婚=日常の積み重ねという認識なので、あまりにも日常からかけ離れた日にするつもりはないんです。

日常の延長なんだけど、クオリティは妥協せずに、艶っぽさがあるところで。
OS2019-14



そう考えた時に今年は『オステリア・スプレンディド』一択でした。今の時代を感じる料理もさることながら、やっぱワインの感動が異次元なんすよね。前回の訪問があまりに印象的で

もちろんブルゴーニュのワインは大好きなんだけど、感動と値段があまりにも比例するので、日常をベースに考えるとイタリアという選択肢は俄然力を増すんです。
OS2019-8


あ、そうそう。念のために書いておくとここは、エノテカ&バール「インプリチト」の地下にあるレストラン。あの螺旋階段を降りていくと、個室と階段下のスペースで食事ができるようになっているんです。

仰々しくないけど、高い美意識で作られた感性に心地いい空間。まりえの着物姿にもしっくりと馴染みます。
OS2019-2



エレガントでいながら軸のブレない料理が続き、後半にかけての盛り上がりが、あからさまに凄くてね。
OS2019-11



中盤に出たまぐろのブレザオラのパスタは、ちょい枯れ風のワインと衝撃のアッビナメント。
OS2019-21



マルゲリータが口の中で完成するラヴィオリ(TOPの写真)にも昂ぶりを隠せなかったし。


宮崎牛の熟成香も色気あって、これまたワインとヤバい合い方。
OS2019-26




結婚記念日で自分にプレゼントしたリンドバーグ。たまたまこの日にメンテが終わっただけだけど、そういう縁にも理由はつけて。
OS2019-28




夫婦生活も15周年らしく、だいぶベテランの域っすね。まりえのドレッシーな着物姿は、外から見たら優雅な奥様に見えるのかもしれません。
OS2019-30

オステリア・スプレンディド (Osteria Splendido)
03-3406-0900
東京都渋谷区東4-6-3 Bell Air B1


ただ、旦那にとっては、いつまでもかわいい奥さんで、ほんと支えられておりますよ、ハイ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2019年04月11日

恵比寿くろいわ 花見で一杯

くろいわ2017-24


あれから2年か、時間が経つのはほんと早いね。

いつきまんの昇進祝いも兼ねて訪問した桜の時期の『恵比寿 くろいわ』。大学からの親友に加え、札幌からJ、シンガポールからは弟も参戦して。この日は3Fの個室で、日曜の昼から。最終週の週末だけは、昼から営業しているんです。
くろいわ2017-2




お祝いということで、やはり鯛は欠かせません。
くろいわ2017-12



筍と木の芽。味覚と嗅覚で春を堪能。
くろいわ2017-16



今年は、初鰹を本場高知に食べに行く予定。
くろいわ2017-10




3Fは女将が担当なので、蘭子さんが八寸を運んできてくれます。
くろいわ2017-21




ホタルイカとか蕗の薹とか蛸の卵とか、味覚で季節を再認識。多忙な毎日の中で過ごしていると、たまに「あれ、今何月だったかな?」と呆けることがあるのよ。気温が同じくらいの春と秋では季節を勘違いすることもあったり。さすがに桜の時期は大丈夫だけどね。京都に行くと色んな所で季節を感じる機会が多いので、感性が自然と豊かになるのがわかります。
くろいわ2017-23



桜えびの炊き込みご飯。鮨もいいけど、やはり日本の美意識が詰まった会席料理が好きなんです。
くろいわ2017-36




お祝いをこういう場所で自然にやりようになっているのは、やはりそれなりに大人になっているんですよね。たいして変わってないと思ってても、まー、全員おっさんに仕上がってるしね。
くろいわ2017-39



昨晩も大学時代の親友らと呑んでたら、気づいたら26:00に。音を愉しむ静かなBARで笑い過ぎてすいません。
くろいわ2017-43

恵比寿 くろいわ
03-5793-9618
東京都渋谷区恵比寿4-11-12
http://www.kuroiwa.org/



何を食べるかも大事だけど、やはり誰と食べるかが重要なんです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:56|この記事のURLComments(0)

2019年04月09日

ARMANI / RISTORANTE GINZA(銀座)小粋にリラックス&ラグジュアリー

ARMANI2019-26


1年間の長い改装期間を経て、料理もインテリアも”今”っぽく進化して戻ってきた
『ARMANI /
RISTORANTE GINZA』


うん、やはりイタリアンってこの色気だよね…と改めて再認識。おかげで心地よく感性を刺激してもらえました。
ARMANI2019-29




以前の漆黒にゴールドというギラギラしたラグジュアリーさも大好きだったけど、レザーのネイビー使いやワインボトルの影の使い方など、肩の力が抜けた品のある空気も纏い、より今の時代によりマッチした空間になっていた。
ARMANI2019-11





料理は以前よりも、パンチの強さが抑えられよりエレガントになった印象。フレンチや和のエッセンスが加わりながらも、クラテッロやティラミス、もちろんパスタといったイタリア料理ならではの魅力が溢れている。
ARMANI2019-20



特に赤海老の前菜は、説明を受けても食べるまでは味の構成やテクスチャが想像できず、見た目ちぢみっぽいのになーと思いつつ、口に入れたら「うわ、やっぱり海老だ!」と。情報が舌から脳に逆流する感じが気持ちよかった。
ARMANI2019-14






リングイネのペペロンチーノは、乳化の具合なのか泡のおかげなのかパスタとソースの味の絡み方が実に見事。美味しいを超えて、気持ちよかったのよ。さすがリストランテのパスタ!! オストラキャビアの塩味が全体の味を締めつつ、鮑が食感のアクセントにも。
ARMANI2019-22



今回はサンジョベーゼやシャルドネなど、王道なワインのアッビナメントを愉しんだけど、懐が深くなっていたので次回はラディコンなどとのペアリングも味わってみたい。
ARMANI2019-24






空間や料理の変化によって、より手元のARMANIさが際立っていたのも興味深い。カトラリーのデザインや、光沢感のあるナプキンなどディティールに”らしさ”が感じられて、やっぱりワクワクさせてくれるのよ。
ARMANI2019-7



この舞台を、更に魅力的にみせていたのは、カメリエーレたちの小粋な所作。リストランテの名にふさわしいクオリティで、食事が一段と引き立つのよ。おフランスとはまた一味違う、イタリアならではの演出が効いている。
ARMANI2019-6




食後のドルチェは、そのままリストランテフロアで愉しむもよし。上の階のBARに移動してもよし。いやいや、あらゆる意味で大人が遊べるステージに進化していましたわ。こういうのが令和っぽいってなるといいな。
ARMANI2019-40

アルマーニ リストランテ銀座
(ARMANI / RISTORANTE GINZA)
03-6274-7005
東京都中央区銀座5-5-4 アルマーニ銀座タワー 10F
http://www.armani-ristorante.jp/



以前より、コースのポーションも抑えられて、そのあたりの加減も絶妙だったり。ハイブランドの運営するレストランって「大丈夫かな?」じゃなく、「やっぱ、スゲーわ」を体感できたのが嬉しいね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 01:00|この記事のURLComments(0)

2019年04月02日

L'EAU (外苑前)注目のモダンフレンチ

LEAU2019-8


外苑前に昨年末オープンしたモダンフレンチ『L'EAU(ロー)』は、西麻布にあったら狙い過ぎな内装・料理に見えそうなのに、何故かこの町だとフィットする。
LEAU2019-29



店名の『L'EAU』とは、フランス語で水を意味していて、水と人のような関係を築いていきたいという思いが込められている。
LEAU2019-2



シェフは元々、東長崎(豊島区)でお父さんとともに洋食&フレンチのお店「レストランセビアン」をやっていたんだけど、お父さんの引退とともにお店をクローズし、満を持してオープンさせたのがこちら。


そのせいかシェフのやりたかった!というパションを感じるお皿が続きます。
LEAU2019-21





水・土・石・葉を表現した八寸のような前菜。蛤の貝殻には、蛤の出汁のジュレがぷるんと鎮座していたり、食べられる石はホロホロ鳥のリエットとポルトのジュレが想定と違う温度感で置かれていたり。ビジュアル先行かと思いきや、ひとつひとつにしっかりと個性が。
LEAU2019-4






ちょい上の写真の鴨が美味しそうなのは一目瞭然だと思うけど、このちじみほうれん草を纏った平目のポワレは、本しめじが中に挟み込まれていて、セップ茸のソースとあいまって見事な一体感。
LEAU2019-16




料理はクリエイティビティが高く安定感があり、そこにソムリエさんの適度な脱力感あるレコメンドが加わって「確かに人気出るよなー」という印象。
LEAU2019-12





苺や苺のピュレ、マスカルポーネクリームが甘さと酸味の絶妙なバランスを作っていた。こういうデセールが食べられるからフレンチは好きなのよ。
LEAU2019-23




プティフールに至るまでアーティスティック。”どんぐりの丘”と名付けられた左の小菓子は、たけのこの里のオマージュだとかw
LEAU2019-25

L'EAU (ロー)
03-5843-0140
東京都港区南青山2-14-14 南青山KFKビル B1F
https://leau.tokyo/

「レストランセビアン」のことを調べたら、とっても雰囲気ある昔からやっているビストロならではの外観がでてきた。そのお店では洋食とガストロメニューを両方出していたらしい。うわー、この洋食も食べてみたかったなぁ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:35|この記事のURLComments(0)

2019年03月15日

スプレンディド (広尾)今年の結婚記念日はここにしました

OSスプレンディド2019-46


世界屈指のクオリティのイタリアンが食べられる日本。

ただ、エレガントなリストランテの文化が育っていないのだけが残念なところ。トラットリアとピッツェリアでは担えない大人の色気の領域ってあるじゃない?  ビストロとブラッスリーだけでは、カンテサンスが生まれないように。
OSスプレンディド2019-35



そんなリストランテ難民だった当家に灯台下暗しだったのが『オステリア スプレンディド』。広尾のバール「インプリチト」の地下で、以前に行ったことはあったけど1年半前に店舗のリニューアルと共にシェフも変わっていて、俄然タイプなリストランテに。




アミューズの段階で味の組み合わせと着地点の妙に「おぉ…」と唸り。オステリアと冠ついてるけど、これリストランテじゃん!と。
OSスプレンディド2019-12



まぁ、世界一のレストランに輝いたモデナの「オステリアフランチェスカーナ」もオステリアって名乗ってるし、そういうもんなんでしょう。


ホタテや白海老を詰めた蕪は、ブロードが鮮烈な美味しさ。ブロードはパセリのオイルと混ぜると、ワインとのアッビナメントがより際立つのよ。
OSスプレンディド2019-22




わかっちゃいたけどワインとのアッビナメントがいい。旨くて、お洒落。これはコース全般を通して言えることだけど、特に後半にかけてはヤバすぎた。
OSスプレンディド2019-26





能登島 NATO高農園の赤土野菜は、下に敷いたトマトのジュレが野菜の輪郭を際立たせてくれる。
OSスプレンディド2019-29




タリアテッレは舌触り、味わいともに官能的。鹿児島産のチンタセネーゼのソーセージから作ったラグーが絶妙に絡むのね。
OSスプレンディド2019-38




これにLA STOPPAの2009年バルベッラの酸味と滋味さが実に合う。
OSスプレンディド2019-36




アンティパスト、プリモで期待値が高まりまくったあとでも、セコンドが想定の範囲内だとちょっとガッカリしまいがち。この宮崎牛の内腿の味わいの素晴らしさだけじゃなく、赤玉ねぎやラディッキオの脇役っぷりも見事。
OSスプレンディド2019-48



でも、なにより La Gerla Brunello di Montalcinoの2010年を抜群に美味しく飲ませてくれるところがリストランテならではの遊び方。
OSスプレンディド2019-43



あえて抑えた空間の造り、サービスの肩の力の抜き方が大人の色気。松永さん、小早川シェフ、ソムリエの斎藤さん、本当に素晴らしい時間をありがとうございました。これがイタリアの星付きのトレンドとのこと。
OSスプレンディド2019-9


スペインのガストロノミーは、ここ数年でそれなりに回ってきたけど、イタリアは現地に行っても郷土色の強いカジュアルなとこばかりに行ってました。イタリアン好きとか言ってて、この店のバージョンアップや今のイタリアのトレンドをちゃんと知らなかった自分に猛省。
OSスプレンディド2019-52





実にいい時間を過ごすことができました。ちなみにコチラはパイセンの時計。いつかは持ってみたい一本ですな。
OSスプレンディド2019-33


オステリア・スプレンディド (Osteria Splendido)
03-3406-0900
東京都渋谷区東4-6-3 Bell Air B1
http://www.osteria-splendido.jp/

ひっさびさにドンピシャのリストランテに出逢えたので、来月の結婚記念日ディナーはココに決定。『スプレンディド』と「ゴロシタ」は、今年何度も通いそうな予感。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 01:57|この記事のURLComments(0)

2019年03月10日

鮨由う(六本木)We will rock you!!!

鮨ゆう2019-30

オープン以来通っている六本木の『鮨 由う』。

この日は3つのWe will rock you があったんです。

ひとつめはお酒のペアリング
鮨ゆう2019-7


ワインだったり清酒だったり、下手したら握り一貫ごとに違うお酒を注いでもらえたり。そうなると、更にお鮨の奥深さが見えてくる。
鮨ゆう2019-40



そしてもうひとつは、〆に追加オーダーした鮪づくし巻。どんだけRock you なんすか。
鮨ゆう2019-55



3つめは、この赤貝。前日に大将の尾崎さんから「なにか食べたいものあります?」と聞かれたので、そういえば昔、札幌で食べた赤貝のヒモが美味しくて、アレをまた食べてみたいなんて言っていたんです。

そしたら、用意してくれていたのがこちらのビグザム級の赤貝
鮨ゆう2019-15



存分に、赤貝も赤貝のヒモもいただけましたわ
鮨ゆう2019-23



2年連続でミシュランスターを獲得している『鮨由う』だけど、大将のキャラは変わりません。
鮨ゆう2019-17



あんなキャラですが、つまみも丁寧で繊細な仕事。
鮨ゆう2019-3




煎り酒で縞鯵をいただけたりと、つまみも和の仕事を徹底している。
鮨ゆう2019-5



鰆に使った福井の地がらしが大好評。
鮨ゆう2019-12



あからさまではないけど、前半のつまみの中に、ちょいちょいシャリを挟んでくるアクセントの作り方もタイプだったり。
鮨ゆう2019-9


鮨ゆう2019-20



握りは国産の鮪にこだわっていないところも真摯だと思う。2万円のおまかせの中で、最大限までパフォーマンスを高めようとしている。
鮨ゆう2019-33


握りの最初は必ず春子鯛。これからの握りに対する期待値が高まる。
鮨ゆう2019-25


イカはほんとに仕事で化けるよね。家庭のイカでは、中々この領域にはたどり着けない。
鮨ゆう2019-28



この日はノースカロライナの鮪。ボストンの鮪は割とよく食べるけど、もうちょい南下したエリア。大トロはちょっと脂が強めだったので、中トロがピタっときましたね。
鮨ゆう2019-36


倒れそうな雲丹の軍艦。口の中に磯が広がる。
鮨ゆう2019-46

つまみも握りも好きだなぁ…
鮨ゆう2019-48



初オーダー”鮪づくし巻”を記念して、作るプロセスも記録中。やばぃ、想定の3倍以上ある…
鮨ゆう2019-52



これでも巻モノを2人で分けた後なんだけど…(笑)。4人で1本くらいがちょうどいい。
鮨ゆう2019-57

鮨 由う
03-3404-1134
東京都港区六本木4-5-11 ランド六本木ビル B1

味はもちろん、エンタメ要素も充実の江戸前鮨
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。

続きを読む

kyah2004 at 20:02|この記事のURLComments(0)

2019年02月05日

USHIGORO S(銀座)洗練の焼肉道

USHIGORO S2018-52


全室個室で焼き手のつく『USHIGORO S』。急成長した焼肉グループ「うしごろ」のフラッグシップ。同じグループの『肉割烹 上』はミシュランスターを取っていて、正直クオリティは同レベル。焼肉というカテゴリーのためミシュランをとっていないだけで、満足度は決して引けを取っていない。

銀座店は、西麻布と基本内容は同じだけど、ここのみの限定コースってのもあるんです。

USHIGORO S2018-45



1日1組限定で、月齢32ヶ月の田村牧場のサーロイン使ったり、有名な農家の瀬戸さんが育てた三田牛とか、いわゆるブランド肉を贅沢に使った銀座らしい組み立て。
USHIGORO S2018-5




さすがは銀座という土地柄か、こうした銘柄牛を続々と挿し込んだコースだけど、ギラギラ感がなく、品よくまとまってるんですよね。無理がないと言うか、肩に力が入ってないようにみえるというか。
USHIGORO S2018-32



ハイクラスの焼肉店の場合、刺しが強めで後半ヘタってきて「実はもう食えんのです…」というオーバードーズ状態になることもあるんだけど、ここは脂もボリュームも過剰さがなく、本当に絶妙な加減で食後の余韻を愉しむことができる。
USHIGORO S2018-27




たとえば前菜の牛刺。ここでTOO MUCHな脂を感じたら、最後まで走り切るのは不可能になる。ボクは最後まで美味しくいただきたいので、ペース配分は超重要。
USHIGORO S2018-8





白センマイをベルーガのキャビアや生カラスミと合わせちゃったら、シャンパーニュ欲しくなりますがな。
USHIGORO S2018-12





イチボの上に、根室のバフンウニと醤油を数滴垂らして、とかね。こういうのも決してやりすぎないのがキモ。ケバくなったら飽きるのも早くなるからね。
USHIGORO S2018-15




焼肉というカテゴリーではあるけど、ゲストは自ら焼く必要がなくスタッフが完璧な火入れで取り分けてくれる。こちらは神戸牛タン元の特厚ステーキ。
USHIGORO S2018-20




焼肉は火入れという極めて重要な作業をお客さんに任せてしまうことで、食べる人によってムラが出てしまうというリスクを孕んだ料理でもある。

こんなスゲー肉を失敗することはできない。身を任せていればいいというのは、外国人ゲストにとってもポジティブだと思うんだよね。このタンの美味しさは途方も無いもので、前半のクライマックス。
USHIGORO S2018-21




みるからに美味しそうなサガリ。まだこれは見覚えのあるビジュアルじゃないかな、ハラミとひとくくりに言われることも多い。
USHIGORO S2018-25




食べたときに”これがあのハラミなのか…”と、唸ることになるのは必至(笑)
USHIGORO S2018-29








リブ巻きの肉素麺をお出汁で。オクラなどの粘りある野菜が肉とお出汁のブリッジになっている。
USHIGORO S2018-34





生牛メンチカツという発想勝ち。衣のカリッと感と生肉&ちょい火入れした赤身が、テクスチャと味に色気を纏わせている。
USHIGORO S2018-37





サーロインに牛出汁をかけして仕上げるしゃぶしゃぶ。眼の前で仕上げてくれるので、肉のベストなコンディションでしゃぶしゃぶをいただけるのよ。お出汁をかけるって発想がイイ。
USHIGORO S2018-41





ここからラストスパート。これは月齢32ヶ月の田村牧場のザブトン。濃厚にして旨味の強い徳島県産の阿波育ちという卵に絡ませ、最後にトリュフを削って完成。上から2枚めの写真が、その完成形。これもね、キモは脂が強すぎないこと。もう、アラフィフなんで脂が強過ぎるとダメージでしかありません。
USHIGORO S2018-44




こちらのステーキは生産農家の瀬戸さんが育てた三田牛。月齢35ヶ月サーロインだけど、こんなに厚みがあるのに刺しが強すぎない。適度な脂でモソッと感もなく、ぺろりとたいらげてしまう。

USHIGORO S2018-55




クライマックスは、三田牛のステーキなんだけど、肉の余韻にひたれるように牛丼で〆ることができる。こちらも田村牛のザブトンに実山椒をふんだんに使った至極の牛丼USHIGORO S2018-57





さすがにスター選手のあとの出番で霞んでるけど、ランチでこれだけ食べに来たい(笑)
USHIGORO S2018-62


焼肉ってどこまで進化するんだ?と、異次元領域を体験できる『USHIGORO S』。問題はここらの領域を知ってしまうと、後戻りがツラいのよね。恐怖の片道切符になるかもだけど、せっかく日本に生まれて、これを知らないのはもったいない。


USHIGORO S. GINZA
03-3289-1129
東京都中央区銀座7-7-7
GINZA777 ADC BUILDING 6F
http://ushigoro-s.com/





あとは、ワインを自然派増やすとか、センスのいいプレミアムワイン増やしてくれると、もっと凄味を増すと思うんだけどね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2019年01月28日

くろいわ (恵比寿) 鮑のお雑煮と錆上げ蒔絵

0126藤井絞2019-28

去年の12月の半ばから、札幌・ニセコメルボルンまた、ニセコと旅を続けてて、すっかりお正月モードを飛ばしてしまっていた平成最後の新年。

この日までお雑煮をやっててくれたので、なんとか『恵比寿くろいわ』でお正月を感じることができました。鮑が入った白味噌のお雑煮は、室町時代のスタイルなんだそうで。

0126藤井絞2019-5





ちなみにスタートは滋賀県の若水で清めてから。
0126藤井絞2019-2



黒漆から削り出すという錆上げ蒔絵のお椀の美しさも格別でした

0126藤井絞2019-11





松を立体的に配した八寸は、毎度ながら圧巻。

0126藤井絞2019-29






写真でみて、改めて細かな仕事に眼福。

0126藤井絞2019-39





この日のお酒の中で特筆すべきは出雲のお酒。最初の一口はお白湯かと思うようなイノセントさ。でも、次第にほんのりとお酒のかおりが口の中に広がっていく。押し付けじゃない、主張加減はお酒が体質に合ってない自分にもノーストレス。

0126藤井絞2019-26





料理や器に込められた意味を聞きながらいただいた河豚づくしの中でも特に印象的だったのが、味わったことのないふぐの幽庵焼。これがまた、いとうまし。

0126藤井絞2019-20





車海老の頭の天丼も、悶絶過ぎてヤバすでした。

0126藤井絞2019-46





そりゃ、皆も満足しますがな。
0126藤井絞2019-52



まだまだ進化を続ける『くろいわ』さん。オレはやっぱ大好きです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。







続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年01月27日

INUA(飯田橋)北欧ガストロとジャパンプライド

INUA2018-31




「noma(ノーマ)」のスーシェフが、昨年6月 日本にオープンさせた『INUA』へ。ひとことで言うと、海外で日本の本質に出逢ったような、そんなオンリーワンガストロノミーでした。
INUA2018-6






準備期間がどのくらいかかったんだろう(3年なんすね)ってくらい厳選された素材で、想像を超えた味の着地点へと導く感性の開発のようなエクスペリエンス。
INUA2018-10

人気ブログランキングへ



デンマークの「ノーマ」は未訪だけど、D.N.Aはしっかりと継承されているんじゃないでしょうか。
INUA2018-14




料理はよりシンプルに その土地ならではの自然の食材を徹底的に研究し、文化的な側面からも食を考えていこうというスタイル。
INUA2018-16





内装デザインはOeO design Studio のThomasが手がけていて(スタッフと話してて、初めて知りました!)、華美さは抑えつつも高い質感が出ていていかにも北欧らしい
INUA2018-4





京都伝統工芸のデザインユニット「GO ON」の西陣織HOSOOのファブリック遠州七窯 朝日焼を使ったアートも使われていたりと、なんだか親近感。
INUA2018-1



奥の個室が友人らの作品だらけで、堪りませぬわ
INUA2018-63




着物で訪れるのは正解だね。まりえのこの着物好きなのよ。
INUA2018-26




オープンキッチンのライブ感もワクワク度を高めます。
INUA2018-33




料理は訪れたのが10月だったので秋の食材が盛りだくさん。この食材なんだがわかるかな?
INUA2018-13




一瞬、ハンバーグにも見えるけど舞茸なのよ。



生の栗にトリュフソースで合わせたり、かぼちゃの種をイカのスープで食べさせたり、
INUA2018-12




冒頭から身近な素材が全然知らない食材のようでサプライズ、香草を巻いた湯葉も実に旨かった
INUA2018-20




えのきのステーキ仕立てなど、味のアクセントは作るものの、肉が出ることはなく動物性蛋白質は極めて限定された使われ方。半分くらいは食事の説明も英語なので、マジでどこにいるかわからなくなる(笑)。しかも、スペインのバカンスから帰国した直後だったんで。
INUA2018-35




驚きの連続のいつきマン。
INUA2018-27





鮑の火入れはもちろん素晴らしく、蓮の実と合わせるなんて中華のスープの発想ですかね?
INUA2018-22




海藻と甘海老のお皿のテクスチャの絶妙さは、日本人でも未体験ゾーン。
INUA2018-29






蜂の子を使った土鍋ごはんには、もはや感服するしかなく。日本素材の研究に至っては、山の中に自分たちで入って探すとか、もはや仙人レベル。モダンの極みにして、日本人のDNAの原点。これを30,000円で味わえるのを高いと思うか、安いと思うかで、食に対する経験値が問われると思います。
INUA2018-45





食後はウェルカムドリンクでも使ったラウンジで。
INUA2018-51




ファイリーで海外旅行に来たように錯覚してました。飯田橋だけどね(笑)
INUA2018-55




誰もが厨房に入れるっていうのも好き。

こうしたシェフとの一体感の演出はThe World’s 50 Best Restaurantsにランクインしてるレストランの方がミシュランよりも得意としてるように見える。権威よりもコラボレーション寄り。

こうしてみると、やっぱ2大政党制が面白い。日本基準の食シーンは黄色いクチコミサイトがやけに目立ってて正直 気持ち悪いのよ。カウンターパートがないって違和感あるのよね。
INUA2018-47




厨房という料理人たちのステージ。
INUA2018-64




各国の一流の料理人たちのダイバーシティって、日本のレストランでは絶対に出来ないことをやってくれているオンリーワン。ほんと、この鎖国が続いてる日本には刺激になります。ミシュラン三ツ星取ってくれないかなぁ。
INUA2018-62




日本人以上に素材に向き合い、自分なりの解釈を続けていかないと出せない料理たち。
INUA2018-65




テクノリジーもうまく取り込みながら、これからも独創的な価値の提供をし続けていってほしい。
INUA2018-67




バスクにしても、バンコクにしても日本にいては体験できない味覚体験が世界には待っている。そのひとつの潮流とも言える北欧のガストロが、高いクオリティで日本で再現されてたのが本当に嬉しい。
INUA2018-61



二人分の食事代を合わせると、近場の海外なら行けちゃうくらいかな。
INUA2018-57

INUA (イヌア)
03-6683-7570
東京都千代田区富士見2-13-12 KADOKAWA富士見ビル9F
https://inua.jp/



とまぁ 決して安くはないし、料理も難解なことは否定しないので、ある程度の経験値が必要だということも伝えておくべきことかなと。ただ、オレはリーズナブルだと思うけどね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





続きを読む

kyah2004 at 23:51|この記事のURLComments(0)

2018年12月20日

うしごろ 並木通り店(銀座)原点帰りのパンチ力

1216うしごろ並木通り店2018-52

肉割烹「上」、ハイエンド焼肉「USHIGORO S」とエレガントなタッチにふってた焼肉「うしごろ」。新店の『並木通り店』では、久々に焼肉らしい方向へと原点回帰。



牛タン、ハラミといった定番が、いつものごとく期待を2歩ほど超えるクオリティ。
1216うしごろ並木通り店2018-31




このタンのテクスチャはエロスの極み。
1216うしごろ並木通り店2018-29



焼いてもらえるので完璧なコンディションでいただけます。
1216うしごろ並木通り店2018-24


九条葱をたっぷり使用したヤンニョムをサーロインで巻いて焼き上げるすき焼きは、徳島の濃厚な卵あわそだちと合わせて。
1216うしごろ並木通り店2018-46



焼肉の原点に戻っているようで、新たな領域の開拓を感じた一皿。
1216うしごろ並木通り店2018-50




黒タンバーグのアプローチも新鮮にして、納得度の高い仕上がり。やっぱしスゲーわ。
1216うしごろ並木通り店2018-21




この状態を見るだけで、ヤバさが伝わりますよね。
1216うしごろ並木通り店2018-34




クミンとオリジナルのデミグラスソースを従えて呂布のごとく場を支配していましたね。もれは新しいハンバーグ体験。
1216うしごろ並木通り店2018-38






これなんだかわかります?  周囲はご覧の通り白トリュフですが
1216うしごろ並木通り店2018-12




中からヒレカツレツが!!  う、うんまい…。これぞ肉の聚楽第。
1216うしごろ並木通り店2018-17

さすがにオプション料金にはビビりましたがww



あ、もちろん前菜の肉の刺し盛りからして美味よ。ザブトンのニギリとウニはパンチあってうまいし、希少部位のクリとキャビアの組み合わせもエレガント。キャビアがエロくはなくて繊細なのね。
1216うしごろ並木通り店2018-6



てな感じで、また違ったベクトルの「うしごろ」を体感できて刺激的。


焼肉うしごろ 銀座並木通り店
03-3572-1129
東京都中央区銀座5-4-9 ニュー銀座ビル 7F


完全に師走に忙殺されてますが、人生愉しいので走りぬけるしか無いっすね。動けるうちに動かないと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 07:30|この記事のURLComments(0)