LifeStyle

2017年10月18日

着物を誂えに 京都行こう。

1018着物10月-1

長い間その土地で進化を続けてきたファッションというのは、やはりその国の民族にはフィットするもので。着物をはじめたら、すっかり虜になりました。

特にメンズは着るの楽だし、海外のガストロノミーでは威力抜群。どんないい仕立てのスーツを着ていくより存在感出るし、コミュニケーションツールとしても一級品。

ただね、日本人のモノなんだけど、日本料理と同じく、日常から距離が遠ざかっちゃったのよね、着物って。
1015京都10月-97




まー、確かに敷居高いよね。

幾らするのかもわからないし、どこで何を買えばいいのかもわからなかったもん。それに、洋服のように雑誌や店頭ディスプレイって殆どないから(特にメンズ)、どうやって着たらカッコイイのかイメージも湧きづらく。

自分も京都で「太秦江戸酒場」行って、着物ってこんなにカッケーんだ。しかも遊んじゃっていいんだ!って知ってから、グイッと踏み込めるようになったからね。好奇心を刺激するには、具体的な対象を見ることが大事。
0904太秦江戸酒場8月-17



あと興味を持っても、中々”自分ごと”にはなりづらいんです。親友たちですら興味はもっていたものの「自分の着物を欲しい」と思うようになったのは、わりと最近のことなんです。

やっぱオレが京都で着物作ったりしてるだけじゃダメね。東京の友人を京都に連れていって、実際に何人かが着物作ってから、俄然 親友らもスイッチが入ったし。いかに”自分ごと”として捉えてもらうかが重要なんだなーと再認識。
1015京都10月-75






てなわけで、今回は友人らの着物づくりの手伝いで秋の入口の京都に行ってきました。今回も勿論、つまみ細工「おはりばこ」のフルサポート。なんせ、北井家は日常生活の殆どが着物なんで、王道から崩し方まで心得ていてセンスもいいから、セレクトが洋服脳なボクラにもスっと入るのよ。
1015京都10月-34



しかも家に反物やら帯やら厳選したアイテムを持ってきてもらえるので、じっくりと選ぶことができる。
1015京都10月-31





これは、ゆっきーの選んだ一式。
1015京都10月-28






更に上級編ということで、着物の作家さんの工房にも足を伸ばしました。
1015京都10月-48




こちらは、洛北にある辻が花 染め工房の「絵紋庵」(えしぼりあん)
1015京都10月-50




辻が花は、絞り染めを基調として描き絵・摺箔・刺繍などを併用したもので、ここ「絵絞庵」では、更に技術を高めて友禅染に近いレベルまでの絵画的な表現を可能している。
1015京都10月-56



身長の高い若旦那の私物を羽織らせてもらったんでサイズ感はあってないけど、生地感も良くさりげなく辻が花のアクセントが入っていて一目惚れ。写真ではわかりにくいけど、実際さりげなさがメチャいいんすわ。なので 早速、来夏の羽織を作ることに。来月には作戦会議で再訪決定。
1015京都10月-64





辻が花には、こんな派手な柄もあって、着物単体で見た時は「こんなの似合うヒトいるの!?」って半信半疑だったんだけど、いざ着せてみたら「あれ、意外と馴染んでる」と逆に感動。ただ、着る人は選ぶけどね。1枚目で作るには勇気いるけど、2枚目以降ならむしろこれくらい遊んだ方が、東京では使えると思う。
1015京都10月-89




とまぁ、こんな感じでFacebookに着物ツアーの様子アップしたら、早速友人らから「オレも(私)も着物作りたい」の声が続出。パラパラ行くのは友人家族にも負担になっちゃうので、今度”着物誂えツアー”企画しようと思ってます。町家をみんなで借りて合宿しながら着物づくりするなんてのも愉しそう。興味ある友人は個別に連絡ちょうだいね。



さて、今回の新しい宿開拓は、最近増えてるリノベした一棟貸しの京町家。西本願寺裏、島原エリアにある「つきひの家」。
1015京都10月-2




町家の宿は個体差あるので、実際訪れて「写真ほどでは...」ってとこも多いのがリスクだけど、こちらはセンス良く快適でハイリー リコメンド。
1015京都10月-3





室内にはシャワーブースがあるけど、外には露天風呂もあるので24時間好きな時に入ることが出来る。この特注の陶器の風呂釜は、頭を置いてもめちゃ心地よく、思わずうつらうつらしてました。
1015京都10月-4




庭の竹のすだれの向こうに露天風呂があるので、昼に庭眺めながら風呂呑みとか最高っすね。
Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA




今回の食のセットリストは、いつもの「割烹 たいら」にはじまり、精進料理の「大徳寺 一久」でお昼にお弁当膳。西陣の古典「萬亀楼」で純度高めな京都の夜を、食後にスイーツバーの「カーヴ・ド・ケイ」へ。最近話題の朝ごはん「喜心」に行って、ランチの食後酒は「KENZO ESTATE 祇園」。続きの方でダイジェスト版をまとめてます。

着物づくりと「つきひの家」の写真も、もうちょい追加でアップしてあるので、興味ある人はイメージもっとわくと思う。


2泊じゃ京都は全然足りません、11月も2回行ってきまーす。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:46|この記事のURLComments(0)

2017年09月30日

男の着物フェス 日本橋三越は、めちゃオススメ!

0930男の着物フェス9月-1

ちょっとでも、着物に興味があるなら絶対行った方がいい『男の着物フェス』、日本橋三越で10/2まで開催中。


決して敷居が高くなくリーズナブルなプライスで着物を愉しめることがわかるはず! しかもハイセンス、ハイモダンなアイテムばかりを厳選しているので、ビギナーにもわかりやすい。
0930男の着物フェス_9月-5



こんなスタイルだって、全然アリ!!
0930男の着物フェス_9月-10




今日は羽織紐、足袋、紋に見えるピンバッヂ、ストール、襦袢シャツなど、一目惚れでまとめ買い。使える草履もカラフルでこういう選択肢もあるのかと刺激になった。
0930男の着物フェス_9月-3


透け感高めの着物も欲しかったなー、上七軒のお店なので来週行こうかな。
0930男の着物フェス_9月-11



着物用のメンズストールも迷彩柄とかフツーにあるし。
0930男の着物フェス_9月-8



1Fのこのスペースは、モダンに着物をきこなした人たちで集まったら愉しそう。太秦江戸酒場的なトーンでね。
0930男の着物フェス9月-3





明日も14:00からやるトークショーは、田村幸士さんのプロデュース。今日はランチアポで間に合わなかったけど、時間合うならこーいうの聞いた方が、着物の愉しさ、カッコいい着こなしの参考になる。
0930男の着物フェス_9月-12


しかも、明日のテーマは「きもので楽しむ食と酒」、一番聞きたいジャンルだ、コレ!!
日時:10月1日(日) 午後2時〜
岩本公宏(日本橋いづもや 三代目)
小澤幹夫(小澤酒造 二十三代目)
田村幸士(俳優 三代目)



そんなランチはセンシバイハインツベックのテラスで、ボヘミアンなパイセンと泡な感じで。アマルフィ行くっていうので、サンサルバトーレを全力で薦めてました!
0930男の着物フェス9月-7




360度カメラのRICOHの「THETA V」買ったので、今日が実質デビュー戦。使い方マスターできたら表現の幅が広がりそうでいいね。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA




バカンスの備えを徐々に固めてます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:55|この記事のURLComments(0)

2017年09月06日

岩倉実相院 (京都)床みどりを見に行こう

0815実相院8月-2

例年は、この時期まだ熱帯夜とかで「アチィアチィ」言ってた気がするけど、こうも呆気なく涼しくなると、真夏がめっちゃ恋しいです。

そういや、ここ行った時も暑かったなぁと思い出した京都 岩倉の「実相院」。床の黒板に緑が反射する「床みどり」が見たいと向かいました。
0815実相院8月-6



叡山電鉄の岩倉で降りて、タクシーで数分。車を降りたら溶けそうな暑さでした。

鎌倉時代に開基されたお寺で、大徳寺のある紫野にあったらしいんだけど、応仁の乱を逃れるために移転してきたらしい。

門跡寺院なので、代々の住職は皇室と繋がりのある人物が務めていて、御所から移築された建物が多いんだけど、今は老朽化が進んで、多くのつっかい棒が施されてようやく倒壊を免れている現状だそうで(Wikiより)。

なんか...大変なんすね。
0815実相院8月-8



庭園はトップの写真の枯山水の石庭と池泉回遊式庭園と2つ。
回遊式庭園の前に、黒い床へ木々が反射する「床みどり」がある。
0815実相院8月-5




叡山を借景とした枯山水は、庭に突き出た縁側があって、日陰ということもありそこが気に入ってしばしのんびりしておりました。
0815実相院8月-7





それでも暑かったけどね。
0815実相院8月-3


ここに訪れたのは2013年、もう4年前っすか。
時が経つのは早いです。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:26|この記事のURLComments(0)

2017年08月16日

−6kgダイエット成功のワケとおトク情報

 0816Diet8月-17

6/15からはじめた短期集中のダイエットジム「ベレッツァ(Bellezza)」。”2ヶ月だけ時間をください”という謳い文句の通り、やることちゃんとヤレば、見違えるような変化を手に入れることができます。
ちなみに、結果としてどうだったかというと
 1)体重は6kg減
 2)ウェストは-9cm(体脂肪-5%)
 3)疲れにくい体に
 4)食習慣の改善
 5)時間の使い方が変わった

などなど、ビジュアル面以外でも効果が絶大。



とはいえ、実際どーだったのよ? 結構大変なんじゃねーの? 辛かったことは? っていう裏っかわも聞きたいっすよね。


というわけで、1)から順にポイントをメモしていきます。

1)体重6kg減までの道のり
個体差があるらしいですが、ボクは2週間1.5kg減というほぼ同じペースで体を絞れました。

<最初の一ヶ月>
最初の2週間は食生活をちょっと変えただけで体重減。これで、俄然やる気になれました。はじめに目に見えて結果出るとやる気あがるよね!

ダイエットスタート時期はもともと外食の予定は入ってたから、週に2回早起きして時間作ってジム行って、あとはランチとディナーの炭水化物を抜いたくらい。それでも2W経つと顔が締まってきたらしく、他の人から「痩せた?」とかちょくちょく言われるようになりました。
0816Diet8月-3


7月の中旬までは週2のトレーニングと食制限、あとはファスティングも挟んだことで、特別な努力もしないで落としていけたんです。1ヶ月で-3kgちょいと予定通りのペース。


<後半の一ヶ月>
ただね、1ヶ月超えたあたりから、体重の落ちが悪くなったのよ。自分にとっての壁は-4kgから先でした。このあたりで1Wくらいは増えたり減ったりの繰り返し。とはいえ”我慢しすぎる”のはイヤだったので、相変わらず外食はほぼ毎晩。
0816Diet8月-5


さすがに体重の落ちが悪かったので、休日に走ったり 食べすぎた日に朝ランニングはじめました。そうこうするうちに、走ることが習慣化してきたので、後半戦、外食がめっちゃ詰まってても体重が落とせたんだと思います。
0816Diet8月-6



8月入ってからのラスト2週間は、文字通りのラストスパート。ほぼ毎日のように走ってたので、最後の1.5kgマイナスは、当然といえば当然の結果。ただ、こうして頑張れる環境づくりや、高負荷に耐えられる体づくりをじっくり時間かけてやれたので、一朝一夕にできたというわけではないんです。これも積み重ねの成果。
0816Diet8月-7



あと無理して走れたのは、2ヶ月という期限があり、それまでに痩せたいという意地も大きかったのね。だから、これを継続するのはキツイし、そこまで自分を信じちゃいません(笑)。ただ、体重をキープする食事の仕方は体で覚えたし、維持はそれほど難しくないんじゃないかと感じてます。

なんで、維持がそこまで難しくないかというと、食欲自体が落ちてるから。個人差はあると思うけど、ボクの場合、ファスティングやってからあんましお腹がすかなくなったのよ。なんつーか、食欲から開放された感じ。それに、ちょっとでも食べ過ぎると体が違和感感じるようになって、しばらくは次に食べたいってスイッチが入らなくなったんです。
0816Diet8月-8


ジムのトレーニング、食コントロール、ランニング、この3つの組み合わせが、外食を続けても痩せられた理由。アタリマエのことを当たり前にやるってことですね、結局(笑)。とにかく、その環境づくりがキーなんだと思います。



2)ウェスト-9cmで体脂肪も-5%
こんだけ落とせば、腹だけじゃなく、全体的に体は締まります。おかげでお飾りになってたTOMFORDのパンツが履けるようになったし、水着も安心して着ることができるようになりました。

逆に最近買ったパンツは、握りこぶしが2つくらい入るようになったし、シルエットもゆるっとなっちゃったけど、それは贅沢な悩みってもんです。
0816Diet8月-1


筋肉量を落とさずに、体脂肪だけ落としてダイエットできたのは、良質な栄養分を摂取する外食を続けていたからで、これはちょっと特殊なケースかなとも思っています。痩せるのは比較的簡単だけど、筋肉落とさずに痩せるっていうのは、ある意味奇跡です。

にしても-6kgっていったら、1.5リットルのペットボトル4本分でしょ?? それを持って今までは歩いていたと思うと、体が軽くなったって余計に実感できますわ。

人間ドックいったら、脂肪肝気味だった昨年と明らかに数値が変わっていて、問診したドクターが「うらやましいなァ...」と何度もつぶやいていました(笑)
0816Diet8月-10




写真は8月に入ってから食べたものたち。夜はしっかり食べてたけど、ランチは野菜や魚が中心でした。食制限は比較的コントロールしやすいけど、お酒を我慢するのが一番大変だったかな。
0816Diet8月-32



Bellezza(ベレッツァ) 表参道
渋谷区神宮前4-19-8
アロープラザ原宿308号
http://www.bellezza-gym.jp/


オメーの話はいいよ、オレ(私)が痩せたいんだ!という声が聞こえてきそうです(笑)。

そりゃそうですよね。そんな人のために、ジムの方から10万円くらい安くなる入会特典いただきました!!。詳しくはこの記事の最後に。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年08月06日

bellezza (表参道)美味しいものを食べて−6.5kgなのに筋肉が落ちない理由

0806ダイエット8月-4

2ヶ月集中型のダイエットジム「bellezza」のラストが近づいてきました。


石垣島から帰ってきた6/15に初めて、まず半月で−1.6kg減、7月は外食29回にも関わらず−2.4kg、8月の頭は体重が一瞬落ちない時期あって必死こいて毎日8〜10km走ってたら、ある日を境に一気にやった分だけ効果がではじめて、瞬間風速で更に−2.5kg落ちてビックリ。

2ヶ月で−6.5kgと半信半疑で目標立てつつ、まさか前倒しで達成出来るとは。しかも筋肉量が落ちていない。これって、普段の外食トレーニング(笑)が効いていて、良質な肉や魚の蛋白質が筋肉として蓄積された成果にほかなりません。
0806ダイエット8月-5


数多くのダイエットジムがあれど、「肉、魚、野菜なら美味しいものどんどん食べてください」と言って、ダイエットを成功に導いてくれるって話は聞いたことが無かったのよね。

最初は「そんな弛くて大丈夫っすか?」と心配になったけど、日々体の構成と食べたものチェックしながら個体差に応じてアドバイスしてくれるので、筋肉をつけながら体を絞ることができました。

つーわけで、もし、美味しいもの食べつつ、痩せたくて、しかも綺麗な体を手に入れたい人いたら、「bellezza」本当オススメ。

服着てても筋肉つけながら痩せるとシルエット綺麗になるって人生ではじめて知りました(笑)
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 22:08|この記事のURLComments(0)

2017年08月04日

光明院 (京都)シュールさ漂う東福寺の塔頭

0804光明院7月-6

友人が好きな枯山水のある「光明院」へ。こちらは東福寺の塔頭だけどメジャーではないので、心を鎮めに行ける場所。


しかも夏だと、東福寺の三門の更に向こう側にあるので、中々観光客がフラッとは行かないエリアです。
0804光明院7月-1



一般拝観をやってそうにない雰囲気出まくりだし。
0804光明院7月-2



門の横には、“無理に入らなくていいよ”ってそれはそれは丁寧な言い回しで書いてあるし。
0804光明院7月-3




敷居高くしてるだけあって、中は静かです。光が足りない時は、自分で襖あけたりしました。
0804光明院7月-4



この独特の枯山水も見応えあるんすよね。
0804光明院7月-5




あまりに時間が静かに流れているので、転がりたくなる誘惑をぐっと堪えて...
0804光明院7月-7




ちなみに、夏はめっちゃ暑かったです。辿り着くまでに干からびそうになりました。
0804光明院7月-8



ただ、こういうお気に入りのシーンに会えると、来てよかったと心から思えます。
0804光明院7月-9




次回の京都は秋かな。ちなみに、これは4年前の訪問です。時が経つのが早すぎる。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ









続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年07月20日

外食続けて-4kgで筋量アップ ダイエットジム通いから1ヶ月

0720ダイエット27月-2

ダイエットジム「bellezza」に通って1ヶ月。相変わらず散々外食しまくりですが(29回でした)、体重は4kg落ちて、筋肉量は微増してます。

微増って書くと「ふーん」って感じちゃうかもしれませんが、体重を急激に落としながら筋肉量維持ってめっちゃ大変なことらしいです。おかげで体脂肪率もグンと下がりました。
0720ダイエット7月-1


セカンドオピニオン的に、近所のパーソナルトレーニングジムにもたまに顔出すんだけど「ファスティングすると大概筋肉落ちるので、この数字は他のジムながら見事ですね」と絶賛。


あとね何が凄いって、外食しながら週2ジム通ってるだけでキチンと体が締まっていくこと。なにかをガマンしてるとか一切感じてないので、メンタル面でストレスなし。そりゃ、外食時に炭水化物取らないとか、スイーツ食べすぎないとか、多少はコントロールしてるけど、ストレスに感じるレベルでは無いし。
0720ダイエット7月-17




このダイエットやる前は、年間400食の外食続けてたので、食アポのない夜を5日間作るとかあり得ないと思ってたけど、いざとなればやれるんです。しかもリセットしたことで「この習慣変えたい」と思ってたことも、一気に出来るようになっちゃいました。
0720ダイエット7月-16



たとえば、
・休肝日をストレス無く作れた
・朝のクロワッサン×カフェオレの回数を減らせた
・レストランのアポを減らして、予約無し(直前予約)でレストランをアドリブで開拓
・空き時間があったら運動

0720ダイエット7月-14




もうひとつ大事なことは、体力がついたので、疲れたァ...と感じることが、殆ど無くなったこと。今年の前半は、毎日疲れ切っていたので、改めて遊ぶには「カラダが資本」だなというのを感じています。
0720ダイエット37月-1




ちなみに、こないだ金曜から京都行ってて、土曜は朝6:00起きで大文字山登山、からのランチ、宵々山、深夜までの呑み。翌日も朝7:00から金閣寺裏の左大文字登って3時間のハイキング。ランチ食べて、宵山行って、この日も深夜まで呑み。翌日7:30から祇園祭 山鉾巡行の撮影で14:00まで夏空の下で撮影。そっから昼呑みして、夕方からは神幸祭。まぁまぁタフに動いてるけど、疲れがたまってる感覚が全然無いのよ。
0720ダイエット37月-1-2





最初は早朝トレーニングとか絶対無理って思ってたけど、夜のアポが入れられるので結果良かったなー。外食続けて痩せられているので、2ヶ月間の集中ダイエットが終わった後も、リバウンドがこわくないし。
0720ダイエット27月-3


後半の1ヶ月は、体重落とすことよりも、体脂肪落としたりとか、筋肉つけたりとか、よりビジュアルをブラッシュアップする方面に力を割いていこうと思ってます。
0720ダイエット7月-31




これらの写真は、ご想像の通りダイエット中の食事。
2回目のファスティングの感想とか、トレーニングの感じとか、外食の状況は続きの方に。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:25|この記事のURLComments(0)

2017年07月03日

フルサイズカメラRX1RM2とdysonドライヤー

0703Life7月-2


ここんとこ、InstagramとかFacebookページの写真が微妙に変わってるんだけど、ま....気づくわけないっすよね(笑)


愛機はSONYのα7なんですが、やっぱね、なんだかんだ重くてかさばるんです。鞄の自由が制限かけられるのがホント嫌で。でも一方で美しい絵を撮れるシャッターチャンスは取り逃したくない。

そんな悩みを解決できるのがSONYから2012年に登場されていたRX1シリーズ。フルサイズのセンサーにツァイスのレンズという組み合わせで、ずーーーっと欲しくてたまらないカメラだったんですが、まぁ、プライシングも大人でね。

ただ日常での機動性や、旅先でのストレスフリー具合を考えたら、もういいだろと「RX1 RM2」という昨年発売されたモデル手に入れちゃいました。
0703RX1RM26月-3




まだ、使い始めて2週間なので、やっと慣れてきたとこくらいですが、時折ハッとする絵が撮れます。
0703Life7月-1





それに操作が洗練されてきてるので、比較的簡単にイメージに近い絵を撮れるようになってきたと思う。
0703Life_26月-1




少なくともα7クラスの表現力を、このコンパクトさで実現しているのがメチャ嬉しい。
0703Life7月-3




小さいこともあって、その辺に置きやすいから自撮りも前より気軽にできるようになった。この眼鏡もオレと同じでアンティークなんだけど、フレームの繊細さとかエロさがいい感じで表現できている。自分的には納得。
0703RX1RM26月-1





服とかは、画角的に雰囲気出すには難しいのかな。まだ慣れてない。
0703Life7月-4



別に、自撮り増やそうとしてるわけじゃないけどインスタが生んだ時代の寵児『ジャンルカ・バッキ』とか、いい刺激になります。

名前聞いてもピンと来ない人いると思うけど、美人のフィアンセと踊るイタリアの富豪オヤジといえば、「あ、あれかも」と思い当たる人もいるでしょう。
バッキ
<(C) OK!JAPAN>


フォロワーがそろそろ1000万人というから、ほんとスゲー。日本最大の読売新聞も今は900万部まで発行部数を落としてるわけで、それ以上の発信力を個人が持つ時代って、デジタルネイティブでないオレには、ガキの頃想像すらできませんでした。



ちなみに、彼を見ての第一印象は、友人のファッショニスタがマッチョになった!というもの(笑) マッチョっぷりとか、タトゥーとか、全然違うんだけど、なんとなく。
0703Life_27月-1



イタリアでも稀有な存在の彼だと思いますが、日本人には真似しにくいスタイルっすよね。底抜けなバカっぽささと、有無を言わさぬカッコよさ、にも関わらず憎めない感じ。


こないだで「OK!JAPAN」で、彼のインタビューが記事になっててて興味深かった。話題になってからのことは知ってたけど、どういうバックボーンだったのかとか全然知らなかったので。

ちなみに「OK!JAPAN」ってうのは、世界中の女性を読者に持つセレブリティーライフスタイル「OK!」マガジンの日本公式版WEBマガジンのことね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:53|この記事のURLComments(0)

2017年06月30日

ダイエットジム『bellezza』 はじめました

0630ジム6月-6



6月の半ばから表参道のダイエットジムに武者修行に来ています。


去年あたりからやけに疲れやすくなっていて、今年の2月頃から週一で近所のパーソナルトレーニングには通っていたのね。確かに体の調子は良くなってきたんだけど、もうひとつの目的だったダイエットに関しては、一向に痩せることなく停滞気味で。

原因は明らか、毎晩の外食と飲酒。ただ、コレって自分の意志だと全くもって改善できないんです。

「このレストラン、誘い断る理由ねーな」
「あ、そういやあいつとのアポ入ってたわ」
「えーっと、3ヶ月前に予約したレストラン、来週ね」
などなど、結局誘惑に負けて、予定は毎晩詰まっていきます。

そんな感じでだましだましで衣替えシーズンを迎えた頃、抗えないようのない事実と直面したのでありました。

「あ...、このお気に入りのパンツが入らん」と。0630ジム6月-4




もちろん、歳も歳だし、ぽっこりお腹と付き合っていくのも悪くはないんですが、もうちょっとあがきたくて。筋トレだけだとウェスト絞るのは限界感じてたので、食制限も交ぜてうまくやってくれるパーソナルジムを探しはじめました。

いわゆるライザップ的なところです。ライザップ自体も検討はしたんですが、食制限が厳しそうでちょっと合わないなと。

で、いくつか当たってた時に相性いいなと感じたのが『bellezza』 。カウンセリングに行った時に目的は「腹とケツを絞りたい」「水着を着こなしたい」とシンプルに。ただ、毎晩外食というライフスタイルで、多少減らせるけど、極端に削るのは無理と。我儘言い放ってたら、「うん、大丈夫」「我慢するのボクも苦手だし」とトレーナー。

思わず、「え、ほんといいの?」って思ったくらい呆気なく。

ただし、週2回のトレーニング、炭水化物などの食制限、ファスティングは最低2回挟むことと(準備食、回復食入れると4日は夜の外食不可)は条件と。

なんとかファスティングできる隙間は見つけたものの、夜が週2回開いてるなんて日は殆ど無く、さてどうしようかと思っていたら「朝にトレーニングどうですか?」の一声が。
0630ジム6月-1



確かに朝は空いてます。ただ早起きがホント苦手なので、一瞬躊躇したのね。でも、今回のダイエットは、体を絞るだけじゃなく、生活の色んなリズムを見直す機会にもしたいと思っていたので、気づいた時には「なら、やれます!」と答えてました(笑)


そして、トレーニングをはじめてから2週間。途中経過ですが、続きの方で詳しいこと書いてます。



通いやすいかっていうのも大事。『bellezza』は表参道、銀座、あと秋葉原にもスタジオが。


続きを読む

kyah2004 at 23:40|この記事のURLComments(0)

2017年05月26日

クラッシュバゲージ ダメージデザインのヒップなスーツケース

CB5月-3

2週間に1回は旅してる大の旅好きですが、行く場所はバラバラ。
国内でも都市部とカントリーサイドでは装備変わるし、海外も行き先で服装とともにトーン&マナーは変わります。

飛行機の移動が伴う度の場合、手荷物預けちゃうと色々タイムロスが発生するので、使用頻度高いカバンは機内持ち込み可能なサイズ。
GTmini


なので、そのサイズのカバンは主に4個。小さはグローブトロッターは国内1,2泊用、夫婦で一緒に使うこともあるので、同じサイズの色違いを2つ。
GTmini_G




ロンシャンのスーツケースはチャックで高さが変えられて、海外でも便利。登山ブランドのマムートは、リュックにもなるキャリーバック。一人旅でバイク乗る時にも対応できる。



長期滞在用の大型スーツケースは、グローブ・トロッターのサファリと、赤いリモワを使ってたんだけど、リモワが壊れてきたので、後釜を探していたところ。
GTBali


そんな時に出逢ったのが、イタリアはベネチア発のスーツケース「クラッシュバゲージ(CRASH BAGGAGE)」https://crashbaggage.jp/
CB24月-2




見ての通り、デコボコのデザインなので、荷物を預けて傷がつくのが前提。サファリは、なんだかんだ傷つくと落ち込むので、ダメージへの恐怖からの解放って、思ってた以上に心が軽くなる。
CB5月-2-2





それに都市部やハイクラスリゾートへの旅には、グローブ・トロッターのサファリさん似合うんだけど、ピピ島とかプーケットは、ちょいとトンマナが合わないとも思ってて。
http://livedoor.blogimg.jp/kyah2004/imgs/2/0/200d8f4a.jpg



あのエリアは、もうちょい肩の力抜けてて、でもそいれでいてデザイン性は高いものがいい。その点、「クラッシュバゲージ(CRASH BAGGAGE)」のスーツケースは、迷彩柄から黒、赤、オレンジなどカラバリも豊富。

ピピ島までは、フェリーも使うので、船によっては外のデッキにスーツケースが積み重ねられるケースも。そういうときにもグローブ・トロッターだと色々心配になるので、この子にして多少濡れても気にしないと、心が大きくなりましたわ。
0514Thai4月-92




アンティークウオッチにカメラに交換レンズ、パソコンにドローン。最近は荷物が増えすぎてきたので、ラフに使える大きめのスーツケースは、活躍シーン増えそうです。
CB15月-11



facebookにアップしたら好評だったこのスーツケース。デザインだけじゃなく、スペックもちゃんとしてんのよ。詳しくは続きの方に
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

2017年04月25日

Bottega Bossa (サレルノ)レザークラフトをオーダーメイドしてみたい

0425Craft1月-4


プラダ、ブルガリ、プッチ、エトロ、フェラガモにアルマーニ。
これらは誰もが知っているファッションブランドですが、共通点わかります?

実は全てイタリアのブランドなんです。

これ以外にもイタリアには、ボリオリ、インコテックス、タトラス、マリネッラ、ボノーラ、ステファノ・ブランキーニ、ストール・マンテラッシなどなど、ちょっとファッション好きのメンズなら、ゾクゾクしちゃうブランドが目白押し。

大都市に滞在してると、ついこうした有名店への訪問が優先しちゃって、自身の目や足で掘り出す機会が減っちゃうんですよね。
0425Craft1月-3




そんな買物ヲタクな自分を反省したのが、サレルノの町を散策中にフラッと寄ったレザークラフトショップ。石畳の細い路地に佇む小さなお店なんだけど、醸し出すオーラがなんか共感できて。
0425Craft1月-1



店内に足を踏み入れると、財布や小物入れ、ボストンバッグにクラッチバックと日常使いできるものがわんさか並んでいる。テンションあがって色々手にしてたら、お店のお兄さんが、「コーヒーどう?」とエスプレッソを注いでくれた。一息ついて話を聞くと、デザインから縫製まで、全て自分でやっているとのこと。

カウンターの上やその奥のエリアはいかにもクラフトマンの仕事場といった感じ。
0425Craft1月-2


ちょうど旅中に困ってたのが、カバンの中でカメラやタブレットといったライフラインの電子機器がガシガシぶつかりあってたこと。あと、A4ファイルやパソコンを入れるクラッチバックは前から探してたので、目当てのものがないかと探してみた。
0425Craft21月-1


量産型にはない温もりある作りで、デザインは南イタリアらしくカラフル。様々な大きさのレザーケースがあって選択肢が多く、時間の無い旅人にはありがたい。
0425Craft21月-2



早速、3種類ほど買ってみたけど、合計で120EUROくらい。特にこのブルーのクラッチバッグも込みでこの価格というのは、なんともオトク過ぎる。
0423レザー4月-4



時間があれば相談しながらオリジナルのデザインを作ってみるのも楽しそう。アマルフィあたりにはカラフルなレザーのスリップオンシューズも多いし、イタリアのレザーショッピングは愉快だね。

Bottega Bossa  
via duomo 14, 84100 Salerno SA, イタリア
+39 089 238078
http://www.bottegabossa.com/en/


何回かお知らせさせていただいた通りイタリア政府観光局とHISさんとともに、5月17日(水)19:30から表参道の「旅と本と珈琲と Omotesando」でイベントすることになりました。

ボクラがこの旅で訪れた場所が組み込まれたプランもHISさんで新たに出来たようで、はじめてのヒトでも、”イタリア通”なヒトでも楽しめる内容。一緒にイタリアに行った旅の達人 南まいちゃんとのトークイベント。日本ではまだ聞き馴染みのない場所もあるので、そのあたりのこと本音トークできればなと。良かったら、いらしてみてくださーい!

http://peatix.com/event/248974
H.I.S.×イタリア政府観光局presents
これからがベストシーズン!南イタリアここだけの話
(特別協力:イタリア・カンパニア州、アリタリアーイタリア航空)

時間:19:30〜21:00
会費:500円
会場:H.I.S. 旅と本と珈琲と Omotesando(表参道)
住所:東京都渋谷区神宮前4-3-3 バルビゾン7番館
 ※東京メトロ 表参道駅 A2出口を出てすぐ。


お待ちしてまーす。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ



2017年04月12日

XEX愛宕でFABULOUS NIGHT

0412XEX4月-4


先日、オープンから15週年目を迎えリニューアルした『XEX ATAGO GREEN HILLS』へ。

この15週年を記念してXEXと写真家レスリー・キー氏とタッグを組み、初のコンセプトブック「FABULOUS」を作成したので、そのお披露目に。
04114月-3



このお披露目パーティ『XEX PRESENTS FABULOUS NIGHT by Leslie Kee』は、Leslie Keeさんのバースデー祝いも兼ねていたようで、東京タワーの夜景をバックに賑やかに盛り上がってました。
0412XEX4月-7



偶然会場で会ったタケチンが、このコンセプトブックの編集やってたりと、なんだかんだ友人らの活躍が目につく今日このごろ。ちょうどファッション誌の編集も卒業したタケチンなので、次のステージでのビジネスコラボの可能性なんかも相談してみたり。
0412XEX4月-9


久々に訪れた愛宕のXEX、改めて夜景の華やかさにもシビレました。
0412XEX4月-2


XEX ATAGO GREEN HILLS / Salvatore Cuomo Bros.
(ゼックス アタゴ グリーンヒルズ / サルヴァトーレ クオモ ブロス
03-5777-006
東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー  42F
http://www.xexgroup.jp/atago/


夜景にはシャンパーニュ♪
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

2017年01月24日

百花繚乱 〜トーキョー大茶会〜 Vol.2 DSC-RX100M5は夜イベントも無敵

1203RX10011月-9


海外向け日本コンテンツというか、日本の伝統芸能/工芸のリブランディングというのは、ここ数年自分の中でも大きな関心ごと。京都の伝統工芸の若旦那衆によるクリエイティブユニット「GO ON」だったり、太秦映画村を貸し切った着物フェス的イベント「太秦江戸酒場」などに関わることで、日本のこうした美意識が、世界のニーズにマッチしてるって手応えを体で実感しています。

1203RX10011月-14




東京でも和のアーティストたちによる『百花繚乱 〜トーキョー大茶会〜 Vol.2』というイベントが昨年11月に開催されて、茶道・菓道・盆栽のアバンギャルドなお点前や浮世絵を眺めつつ酒を楽しんできました。
1203RX10011月-18

六本木の雑居ビルのB1会場で、混雑するとのことだったので、こういうイベントはデカいカメラ向きじゃねーなと。つーわけで、モニターで借りてたRX100V(DSC-RX100M5)を手にイベントに向かったわけです。

着物だったので余計な荷物持ちたくなかったからちょうどよかったし、暗い会場でもピントが早い!そしてキレイ! 
1203RX10011月-16


和菓子の『あんこ堂』のスイーツもコラボしてました。クラシックな和菓子の代表”水ようかん”も魅せ方を工夫して、透明なデザートグラスなどに冷やして盛り付けると、一気にモダンな装いに。
1203RX10011月-5





見せ方ひとつで大きく印象が変わる、ならばこそ魅せ方にはこだわって生きていきたい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2017年01月07日

おはりばこ(京都)つまみ細工で艶度をあげる

1230おはりばこ12月-24


メンズには「つまみ細工」といってもピンと来ないと思うけど、京都土産の候補として覚えておくといいのが、大徳寺『おはりばこ』のかんざし。


「つまみ細工」っていうのは、江戸時代から伝わる技法で、布を小さく切ってつまんで折りたたみ、その組み合わせで花などを形づくっていく手作業の集大成。 着物の髪飾りや舞妓さんのかんざしに使われている技術。


江戸時代から伝わる伝統工芸が有している”品”というのはさすがで、「七五三」とか「婚礼」の場で使われることも多いんだけど、自分的には夏の浴衣やさりげない着物姿でも一気に華やかさが増すんで、逆に今の若い世代なら、うまく普段使いできるといいなと。
1230おはりばこ12月-12






そんな想いを汲んでくれたのがパリ在住のひろこちゃん。そうなのよ、オレが言いたいのはこういうことなのよ。HPにも洋服やドレスで付けてるサンプルの写真載せてくれたら、もっとマーケット広がると思うんだけどなぁ。
1230おはりばこ12月-61



そんな『おはりばこ』が、12月に店舗を移転・リニューアルしたので京都へお祝いに。場所は大徳寺の真横、和久傳の蕎麦「いつつ」すぐ近く。
1230おはりばこ12月-32




店内に入ると思ったより採光が取れていて、とても明るい印象。入口から入ってすぐに実演コーナーがあるので、ここを見るだけで”つまみ細工”がどんなもので、商品がどんな風に作られていくのか感覚的に理解することが出来る。
1230おはりばこ12月-26



京都らしく、ショップの奥には中庭と離れがあって、これが贅沢な空間なんすよね。庭師の長嶋さんの力作の庭。ベースを活かしつつ、趣ある京都らしい空間に仕上がっている。春にはここに桜が咲くから、お花見しに行かないと。
1230おはりばこ12月-7



はなれから見た庭とショップ。やー、オレもこんなお店作りたいわ。
1230おはりばこ12月-17




離れの中はこんな感じ。
1230おはりばこ12月-21




非常にレアなお茶菓子をいただきました。
1230おはりばこ12月-15



このお茶は、あの「一力」さんでもお出ししてるお茶だとか。
1230おはりばこ12月-16



かおりがとても印象的。
1230おはりばこ12月-20



さて、ショップゾーンに戻りますか。壁のコーナーごとに七五三、婚礼などと別れてディスプレイされているんだけど、メンズ的にはこの手前の”旦那コーナー”に引き寄せられます。
1230おはりばこ12月-8




煙草入れなる着物アイテムがあることを教えてもらい、実際に挿してみたらメッチャ洒落度アップ!!
1230おはりばこ12月-23




煙管は持ってないけど、まずは形から。現代人の自分的にはリップクリームと目薬が欠かせないので、たばこの葉入れの方にはそんなものを。煙管入れの方には何を入れようか考え中。
1230おはりばこ12月-77





女性ゾーンに、このあたりは気軽に使える髪飾り。まりえにも前に買ったことあるけど、ワンポイント入れるだけでほんと変わるから。是非、試してみて欲しい。
1230おはりばこ12月-29




これは七五三のコーナーでしょうか。
1230おはりばこ12月-9




こちらは婚礼ゾーンかな。
1230おはりばこ12月-22




合わせるアイテムも置いてあったり。
1230おはりばこ12月-25




提灯にもつまみ細工が。って、アレ? 何故にDJの機材も。
って、この日がレセプションなので、夕方からはパーリータイムです。
1230おはりばこ12月-28




パーティ後のお庭。祭りの余韻、静と動のコントラストを感じられるのもいいね。
1230おはりばこ12月-76

おはりばこ  
京都府京都市北区紫野下門前町25
075-495-0119
http://www.oharibako.com/



続きではレセプションの様子を。お洒落度高いショップだけに、ゲストもお洒落な人が多かったです。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

2016年12月23日

小川長樂 古稀記念 作陶展 (日本橋三越)おくのほそ道をめぐる

小川長楽1


日本橋三越で開催されていた『古稀記念 小川長樂 作陶展』。新しい歳の初めは美しいもの、本物に触れておきたいと、誕生日を迎えたその日、箱根の帰りに寄りました。


三代小川長樂さんは、襲名以降、個展毎にテーマを定め、「百人一首見立て茶盌」など和歌をテーマにしたり、伊賀に新工房を構えた時は松尾芭蕉の「野ざらし紀行」に挑戦するなど”樂茶盌”が持つ尺の大小を超えた世界と、和歌や俳句が紡ぐ無限の情景を重ね合せ、独自の世界観を築いてきた方。
 

今回は、松尾芭蕉の『おくのほそ道』がテーマ。芭蕉生家や菩提寺のある伊賀を起点に、東北の地を巡りながら3年の年月をかけて制作された新作が並ぶ。
小川長楽27



自ら名づけた「銘」が持つ世界を表現した作品が並んでいるんだけど、ひときわ目を引いたのがTOP写真の『日の光』。"あらたふと 青葉若葉の 日の光"、青葉若葉の輝きを日光東照宮で詠んだ句をテーマにした茶碗は古稀にも関わらずめちゃモダン。
小川長楽5



黒樂茶盌がシグニチャーな窯元だけど、赤の発色も好きなんすよね、自分。"笈も太刀も 五月に飾れ 紙幟”というのは、弁慶の笈と義経の太刀を所蔵する医王寺で詠まれた。端午の節句の時の句なので、鯉のぼりとともに武者の絵が描かれた幟(のぼり)が街道に並んでいたようです。
小川長楽11





こちらの銘は『高館』、あの有名な”夏草や兵どもが夢の跡”の句は、自分も行ったことがある場所だけに自然と茶碗にも愛着が湧いてくる。
小川長楽7





今回のおくのほそ道をテーマにした作品群も、まずは作陶に入る前にすべての作品の完成形をイメージし、流れを組み立ててから作るんだそうです。なのでイメージに合う作品が出来るまでは、たとえいい器ができたとしても、完成には至らないんだそうです。若旦那の祐嗣くん曰く、命を削るような日々だったそうで。飄々としたいつもの感じからは想像すらつかない姿ですが、来年こそは窯元に寄らせてもらおう。
小川長楽16





いつか自分の家にも織部鉢を置いてみたい。
小川長楽21





いいお茶碗を見せていただいただけじゃなく、今回の展示会とは別に、もっと昔に作られた小川長楽の茶器でお茶席を愉しませていただいた。
小川長楽32




ボクが使った茶碗は、白楽。掌で包んだ時の感触が見た目よりも肉付きがあり、ぬくもりを感じるお茶碗でした。口をつけた時の心地よさも、当たり前だけど自分の持っているものとは大違い。こういう体験大事だわぁ...。
小川長楽30




お棗もなんとも言えない色気を纏っている。
小川長楽33



時間が取れなくてお茶には通えなくなったけど、たまには家でもお抹茶点てたくなりましたわ。来年はもっともっと積極的に良い物、本物と触れ合っていきたいと思います。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2016年12月02日

ヴィクトリアピークは朝が狙い目 (香港)

1202香港スタイル11月-1


100万ドルの夜景でお馴染みの香港『ヴィクトリアピーク』。香港ビギナーは当然夜にターゲットを合わせるわけですが、こなれた大人は敢えて朝のトレッキングに。

まぁまぁお高い展望台にお金払って登るより、15分歩いてこの絶景に会いに行きたいと思いませんか?詳しくはキャセイパシフィック航空の香港スタイル”男の香港歩き”にて。

http://www.cathaypacific.co.jp/hongkong/blog/kyah/detall/post_329.html

香港スタイル11月-13






ほんと、ここは気に入りました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




2016年11月05日

ヘンリー・プール (ロンドン)英国王室御用達のテイラーへ

1026HP4月-25

日本語の背広の語源になったロンドンのサヴィル・ロウ(Savile Row)。オーダーメイドの仕立服「ビスポーク・テイラー」は、客に希望を話される”Be spoken”の造語で、ここサヴィル・ロウが発祥。その『サヴィル・ロウ最古のテイラー』が英国王室御用達、ロイヤルワラントを持つ『ヘンリー・プール(HENRY POOLE)』なのだ。

1026HP4月-36




ウィンストン・チャーチル、ナポレオン3世などを顧客に持ち、天皇陛下もビスポークをされたテーラー。日本代表のダンディ、白洲次郎もヘンリー・プールの愛用者だったそうです。そして、こちらが現在のご当主、日本でも定期的にビスポークのオーダー会を開催しています。
1026HP4月-34






ちょうど、テレビ取材が入っていたということで、カメラテストも兼ねて当主から直々にヘンリー・プールの歴史や説明を聞かせてもらうことができた。1846年に最初にサヴィル・ロウに店を構えて、通りの再開発で一時期移転はしていたものの、1982年から現在のサヴィル・ロウ15番地に本店を復帰させたとのこと。
1026HP4月-11




それなりのデザインの既製品のスーツが、1万円とかで買えてしまう現代にあって、何故、一着50万円以上もするようなフルオーダーのスーツが必要とされるのか。これは嗜好品の世界なので説明するのは難しいけど、電車やバスで移動できるのに、フェラーリやクラシックカーが求められるのと同じこと。
1026HP4月-32




最高の生地を選び、最高の技術で採寸を行い、カッターがアナログでしか出せない顧客の型紙をつくっていく。そして2度のフィッティングを経て、やっと本縫いに入っていく。そのため、ロンドン在住者じゃない場合はフィッティングの機会を作らなかればいけないので、自然と仕立て上げるために年単位になることが多いのだとか。
1026HP4月-33




グランドフロアでもビスポークの行程の一部は作業しているものの、工房は主に地下のスペース。地下とはいっても、半地下のようなもので、外の光が入るようになっていて閉塞感は感じない。
1026HP4月-6





1Fの雰囲気のまま、スーツを着こなしたダンディーたちがストイックに作業に没頭してるのかと思いきや、雰囲気はとても柔らかい。皆さん、とにかく愉しそうに仕事に向かい合っている。
1026HP4月-18





最高のものを作り上げるためには、ゆとりある精神が必要で、特急の仕事でバタバタすることもあるようだけど、基本は品質優先で各自のペースで仕事をすすめているようだ。もちろん、プロフェッショナルとしてのプライドがある人しか居ないので、そこで手を抜いたりすることは一切ないようで。
1026HP4月-19



こんなに人々が生き生きと仕事してる場所って、中々見たことはない。
1026HP4月-22



男性だけじゃなく女性も勿論活躍しています。
1026HP4月-27




ロイヤルワラント(王室御用達)という制度で、歴史ある良質なものが自然とリスペクトされる環境は、大量生産の消費社会において、とても価値あるものだと感じている。とうのも自分の生活におきかえた場合、やはり感性に響く豊かなものって飽きないのよ。これって国境を超えてリスペクトされる価値だし、モノを大事にするようになるので結果サスティナブルな生き方に通じていく。
たとえば、京都の美しい庭や伝統工芸だったり、アンティークウオッチだったり、10年以上履き続けている靴だったり、きものだったり。人生も折り返し地点を超えてきたからには、一生ものと付き合っていきたいです。ガキの頃には全くわからなかった感覚だけどね。
1026HP4月-30




ポンドもだいぶこなれてきて、日本からも旅がしやすくなってきたロンドン。男のファッションと言う意味では、ミラノよりもパリよりも、ロンドンがやはり面白い。
1026HP4月-26


eur_bn01

【スマホ】http://bit.ly/1z0nslF 
【PC】   http://bit.ly/1Djdw1u


ダンディと言われるような大人になりたいです。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年10月29日

きものサローネ in 日本橋

1029着物サローネ10月-30

10/28から明日(10/30)まで、コレド室町でやっている『きものサローネ』へ。全国から選りすぐりの作り手さんが集まっていて、会場のスタッフやゲストの着こなしがとても参考になる。

きもの選びやら泊まりやら、京都でなにかとお世話になってる『おはりばこ』の北井くんが、つまみ細工のワークショップをやっていたので、その時間に合わせて行ってみました。
1029着物サローネ10月-5





真剣かつ愉しそう。
1029着物サローネ10月-8




手先が不器用なオレには向いてない作業ですが、実はまりえは、こういうの得意なんです。
1029着物サローネ10月-7



こういうの、一個一個作るプロセス見てると、この完成品の凄さがわかりますわ。
1029着物サローネ10月-15




会場はマダムラッシュかと思いきや、若くて個性的な着こなしを楽しんでる女子も多く、普段見かけないから「君たちどこに棲息してるの?」と聞きたくなったくらい。
1029着物サローネ10月-2



博多帯の『にしむら』さん、全ての作業を一貫して行える日本で数少ない帯屋さん。デザインからすべて自社で出来るので、モダンな柄も取り入れやすいんだそうで。
1029着物サローネ10月-11




ちなみに、今日の帯もこちら『にしむら』さんのもの。ちょっと色がわかりにくいけど紫と金でめちゃカッコイイです。
1029着物サローネ10月-31



この辺の帯とか今っぽくない?
1029着物サローネ10月-12



会場には、ワインや日本酒を飲んで一息つけるコーナーがあり、大好きな熟成古酒を利き酒しちゃいました。新橋駅前ビルに入ってる『熟成古酒処』さんがやられてたんだけど、1988年産の「奥の松」とか、枯れた感じがめちゃ旨いんですけど。日本酒片手にきものって愉しい。
1029着物サローネ10月-17




こういうたびもアリなんすね。ただいま、きものでどこまで傾奇いていいか勉強中。
1029着物サローネ10月-22




こういう機会でもないと中々見れない、天下の結城紬。糸をとるところから、見れるなんてめちゃレアなんです。途方もないプロセスで作られる反物は、ふわっと軽く艶っとした風合いになるんです。いつか目指したい頂き。
1029着物サローネ10月-26



ここに足りないのは若めのメンズっすね、コーディネイト相談もやって欲しいもん。反物だけ見たところで、素人なオレらには全くイメージつかめないし、どういう色あわせたらお洒落そうになるかとか、洋服ではベースとしてもっている基礎知識が全く無いんでね。その相談した上でメンズ向けのレンタル着物とかあれば、より自分ごとになるだろうし、インスタ用の撮影会とかやってくれたらカップルももっと集まると思うんだけど。
1029着物サローネ10月-33


もっと日常使いできるのとか、買っちゃおうっと。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ


new-instagram-icon2 インスタ「kyah_japan」では、もうちょいゆるく、日常とリンクした情報アップしています。



続きを読む

2016年10月23日

TOMFORDな休日

1023TF10月-0

久々に週末ゆっくり東京に居る気がします。この週末は末弟からの誘いでTOMFORD祭り。今年の夏はデブったせいもあってサマーニットとかちょいゆるめの服を多用してて、あんましエレガントな装いはしてなかったのよね。そろそろジャケットも羽織れる気候になってきたので、俄然やる気に。

最近は、着物ばかり買っていたので洋服の大人買いは久々。白のラインの綺麗なコートとブラックの薄手テカリ系。ブルーとグレーの混じった光沢感のあるスーツ、ベルト、モカシンと秋冬に使えそうなアイテムを一通り。

まりえのこの白ジャケットもめちゃカワイく、いい買い物できたねということで広尾のピエトレへ。
1023TF10月-12



パテオ席にてビールで乾杯。イザックはハズさない旨さ。
1023TF210月-4




モルタデッラとモッツァレラチーズのピアーダを。ピアーダの食感好き。
1023TF210月-5



ピエトレと言えば、やはりバリスタの阿部さんのテクを味あわずに帰るのは勿体無いので、食後のドルチェがてらに"マロッキーノ”を。エスプレッソにチョコレートソースを加えフォームドミルクを注いだホットドリンク。ビチェリンほど量が多くないので、さっと飲めるし、パンチは強いのでドルチェ代わりにも充分なるのが魅力。
1023TF210月-6





白のコートは、首周りのデザインも凝っていて、レザーの使い方とか贅沢。なによりもラインが美しいので、これを着れる11/末くらいが待ち遠しい。
1023TF10月-8





1023TF10月-10




袖が長かったので、肩から外してお直し中。
1023TF10月-9







めちゃめちゃ使い勝手が良さそうなモカシン。こいつは今から履ける即戦力。
1023TF10月-11




ベルトはスーツに合わせた艶系と、デニムとかカジュアルラインに合わせる用のチャンピオンベルトみたいなド派手なやつ。末弟も気に入ったみたいだったけど、派手すぎて「それ、オレ無理だ」と諦めていた(笑)
1023TF10月-2




まりえのこのバックも相当お気に入り。デザインもいいがカラーが絶妙。
1023TF直し10月-12



セットアップのスーツなんて、かなり久々に買いました。そろそろ、ちゃんとした大人の装いが似合うようになっていかんと。着物を着るようになって、逆にきちんとしたスーツが着てみたくなった症候群。
1023TF10月-4



ファッションは愉しい。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年07月22日

ノリタケアウトレット (スリランカ)大人買いのすゝめ

0715ノリタケ9月-12

陶磁器でお馴染みの「ノリタケ」、名古屋に本社があるというのも驚きだったんですが、生産の殆どが今はスリランカというのも中々知られていないですよね。なので、アウトレットがスリランカにあるというわけなんです。

ヘリタンス カンダラマのあるシーギリヤから、世界遺産の町「キャンディタウン」に移動する途中で寄ることができる。スリランカ人ガイドなら、必ず知ってるメジャースポット。


0715ノリタケ9月-15





思っている以上にデザイン性の高いものが多く、不具合も日常使用レベルとすればなんら問題ない。むしろ、気楽にいい物が使えるということで、生活に艶が出るっていうもんです。
0715ノリタケ9月-13




ここでは写真に撮らなかったけど、「スリランカだしカレーじゃね」ってことで買ったカレーを入れる器がめちゃゴージャス。ただ、2回くらいしか使ってないかな、日本では。なんせ、家で食事食べる機会が殆ど無いもので...(´Д⊂)。
0715ノリタケ9月-14




綺麗にディスプレイされてる器もあれば、こうしたトレーに山積みされてる中のものにも掘り出し物が。
0715ノリタケ9月-10




1時間くらいの滞在だったような気がするけど、2時間くらい居ても飽きないよ。
0715ノリタケ9月-11




移動中の車窓からの景色。
0715ノリタケ9月-8




時間があれば茶畑の間を走る電車に乗りたかったんだけどね。
0715ノリタケ9月-9







おやつが欲しいといえば、完璧なフルーツにいつでも出会える。ただし、エリアによって特産物が変わるので、「初日に食べたランブータンが食べたい」と言っても、「このエリアではイマイチだよ」なんてことがあるので注意。わりと一期一会。
0715ノリタケ9月-2




スパイスファームにも。これ、いかにドラーバー兼ガイドにキャッシュバックっていうシステムだから、あんまし好きじゃない。
0715ノリタケ9月-7



スリランカ、次回はもっとバワの建築回りたいなぁ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年04月26日

Turnbull & Asser(LONDON)007のシャツを訪ねて

0425T&A4月-21


ターンブル&アッサー(Turnbull & Asser)」は、
ロンドンで1885年に創業したビスポークシャツブランド。
無地で地味だったそれまでのシャツに、ヴィヴィッドな
色と柄を用いたことで名を上げた。
0425T&A4月-23



顧客にはチャーチル首相やレーガン大統領をはじめ、チャップリン、
アル・パチーノなどの俳優が並ぶ。最近では007のシャツと言う方が
わかりやすいかと。
0425T&A4月-22





派手なシャツって言うとイタリアを思い浮かべる人が
多いと思うんだけど、これもロンドン発なんですよ。
0425T&A4月-5




店内はビスポークだけでなく、既製のシャツも売られている。
ボータイの種類や量が半端ないのも驚いた。
0425T&A4月-15



スタイルの多様化やファストファッションの浸透により、
ロンドンでもシャツをビスポークする人は減ってきているそうだ。
シャツに数万円を払うのと同じ額で、ほかのことがなんでも
できちゃう世の中だ。
0425T&A4月-12



とはいえ、視点をロンドンから外に向けてみれば
世界中で「007」のダニエル・クレイグが着てたような
シャツが欲しいという人は、かなりの数いるだろう。
0425T&A4月-7



だから、かつてのような一見さんお断り的なイメージはなく、
今は、非常にオープンな雰囲気。若い人にも試して欲しいと
言っていたので、ロンドンに行く機会があれば是非。
0425T&A4月-26



ちなみにボクも、Yシャツはたいがいオーダーメイド。
「ターンブル&アッサー」のような高価なものではないが、
好きな柄の生地で、自分の好きな襟のカタチが選べて、
ボタン遊びも自由自在。この時も時間があれば作りた
かったです。取材が詰まってて、かつ翌朝にはロンドン
離れなくちゃいけなかったので、諦めましたが。
0425T&A4月-2


eur_bn01

【スマホ】http://bit.ly/1z0nslF 
【PC】   http://bit.ly/1Djdw1u


最初の1枚目を作るまではハードル高いかもしれないけど、
それ以降は、オーダー以外でシャツを買うことのほうが
違和感を感じるようになるかもよ。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




続きを読む

2016年04月16日

JOHN LOBB LONDONに貫かれた美意識 (LONDON)

0418JohnLobbLpndon4月-23

今でこそ、ジョン・ロブというとパリのイメージですが、
ビスポークのみを扱うセント・ジェームズ宮殿前の
ジョン・ロブ (John Lobb)』こそが、本家本元。

1849年に創設された『ジョン・ロブ (John Lobb)』の
2代目が1902年に開設したのがパリのお店

エルメスがジョン・ロブに資本参加した1976 年以降、
パリの職人達はエルメスへと移り、ロンドンの本店を
除いたすべてがエルメスの傘下に入ったんですね。

既成靴を作っているのは、エルメス傘下のお店なので
エジンバラ公とチャールズ皇太子2つのロイヤルワラントを
獲得しているロンドンの本店こそが『ジョン・ロブ (John Lobb)
の魂なんです。
0418JohnLobbLpndon4月-5




同じロンドンでもJermyn Streetの方はエルメス傘下で小綺麗な
ブティック。それに対しセント・ジェームズ・ストリートの
ジョン・ロブ (John Lobb)』は風格の塊
0418JohnLobbLpndon4月-41





通常の取材では工房の写真を撮らせてもらいない
ことも多いんですが、この時は特別にOKを
いただきまして(幸せすぎて今でも泣けてくる)。
0418JohnLobbLpndon4月-28




このLASTの棚を魅せてもらうだけでも、
メンズ的には感動です。

LASTっていうのは靴の木型のこと。
「Last Shall be First」って言葉があって、
靴作りでは木型が最も重要という意味。

そしてTOPの写真はPrincess of Wales、
つまりダイアナ妃のLASTです。
0418JohnLobbLpndon4月-36




ちなみに、こちらでのビスポークは一足£3300くらい、
これにシューツリー£630程度を加えてVATなり関税なりを
加えると、ざっと60万ちょいといったところでしょうか。
まさに、大人の買物。とはいえ、アンティークウオッチを
もう一個買うことを考えたら、頑張って一足作っても…
という気持ちになってきます。
0418JohnLobbLpndon4月-13





一生モノの靴なので、買うなら早いほうがいいしね。
日本語の背広の語源のスーツのビスポークストリート
サヴィル・ロウ(Savile Row)」とも共通してるのが
クラフトマンたちが滅茶苦茶いきいきしてるんです。
0418JohnLobbLpndon4月-33





一足一足、すべてがハンドメイドで一足を
作る工程に、何十人もの人々が関わっている。
0418JohnLobbLpndon4月-18








ここはロイヤルワラントを2つ獲得していて、
顧客がしっかりとついているために、きちんと
技術が伝承されている。
0418JohnLobbLpndon4月-31






日本では皇室御用達の制度がなくなってしまったけど、
伝統工芸のクラフトマンたちを守るためにも、復活して
欲しいなと思うところ。
0418JohnLobbLpndon4月-11





IPhoneの成功が物語っている通り、機能しかなくて
デザイン性の低いものは、最早豊かな国の人には
響かなくなっている。日本の工業製品デザインは、
いまいちど伝統工芸と組み合わさることで、新しい
領域に踏み込めると思うんだけどな…
0418JohnLobbLpndon4月-39




ちなみに、靴を作る時間(買う予算)がないという方には
JOHN LOBBのお財布などの革製品も売っています。
財布は£250〜と手が届きやすいのよね。人とカブるのが
イヤな人には、全力でおすすめです!!
0418JohnLobbLpndon4月-42



いやー、しびれる工房見学でした。
0418JohnLobbLpndon4月-43


eur_bn01

【スマホ】http://bit.ly/1z0nslF 
【PC】   http://bit.ly/1Djdw1u


工房での製造プロセスは続きの方に。
マニア垂涎です!!
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年03月08日

TENOHA &STYLE RESTAURANT (代官山)森の奥は別時間

0307WMOct-32

代官山駅前、イータリーの跡地の「TENOHA」。
緑を多く配置した中庭は、ゆったりした演出で、
周囲の低層階の建物には、イタリアンレストランや
カフェ、ショップ、オフィスなどが配置されていてる。
0307WMOct-40


超地下の高い都会のど真ん中にいながら、
癒される気分になれることが贅沢極まりない。

昔からある代官山アドレスといい、人気の衰えない
蔦屋書店といい、こちらのTENOHAも経済効率主義に
センスで対抗しようとしているのが代官山っぽい。
(違う意味の経済戦争だけどw)
0307WMOct-9


この日は、「TENOHA」の敷地内にあるイタリアンレストラン
TENOHA &STYLE RESTAURANT』でアンティーク
ウオッチの会。
0307WMOct-13



ボクは、他で会食だか取材があったために、ここでごはんは
食べることできなかったんだけど、スイーツとワインを飲む限り
こりゃ昼呑みの聖地だとピンときました。
0307WMOct-1




結構な数 テラス席もあるし、ふだんはキッチンスタジオに
なってるスペースも借りることが出来て、ここも窓を
あければ、オープンテラスになるんです。
0307WMOct-4



ただ、唯一にして最大の難点は、休日がメチャ混み
だったということ。奥にある中庭のテラス席まで
ひっこめば、かなり静かではあるんだけど、
フラっと寄ってテラス使いは難しそうだった印象。
0307WMOct-31



さすがに、今はまだ寒いので、そこまで人も
多くないんだろうけど、目黒川の桜が咲いたら
その余波でここも人波が押し寄せそうな予感。
0307WMOct-37


TENOHA&STYLE RESTAURANT
03-5784-1640
東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA代官山
http://tenoha.jp/and-stylerestaurant/





時計はH師匠が、パテック何本も持ってきて
くれていたので、折角だからとはめ撮り。
0307WMOct-22



時計雑誌で見るのと、ナマで見るのは
まるで違う印象だし、自分の手にはめて
第三者視点でみると、更に全然ベツモノに。
0307WMOct-18



決して派手なデザインではないんだけど、
王道すぎる存在感と、隠そうとしても
溢れ出る気品って、やっぱ あるんすね。

それまで"高い別世界の時計"だったパテックが、
ボクにとって本当に憧れの時計となった瞬間です。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2016年02月27日

KAMIYA (中目黒)ヴァレンタインはシャルキュトリーで

0301VTDFeb-5



今年のヴァレンタインは、休日だったので
昼からワイン呑めるようにとまりえから
プレゼントされたのは、中目黒のシャルキュトリー
『KAMIYA』の"スペシャルヴァレンタインデーズ ボックス”
0301VTDFeb-2



中身はというと。
伊豆天城産 豚頭肉のゼリー寄せ
トサカ・オマール入り 鶏肉とリードヴォーのテリーヌ
ポルト風味のフォアグラフラン
鹿のブータンノワール ムース仕立て
カカオと栗入りのブータンブラン
0301VTDFeb-6





見るからに旨そうで、どれもワインがすすむ上質な
味わいなんだけど、カカオと栗入りのブータンブランは
特にヤバかったかな。
0301VTDFeb-7




フォアグラのフランもエアリーな食感と、
マッチョな味わいがバランス良くきまってて、
自宅にも関わらずかなりリッチな気分になれる。
0301VTDFeb-12



勿論、チョコレートでも嬉しいんだけど、
オレの好みのドンズバを、まさかの
ヴァレンタインで挿しこんでくるとは。
見事な嫁です(笑)
0301VTDFeb-10




で、それだけに終わらないのがエラいとこで、
もうひとつのプレゼントはマドンナのライブ。
埼玉スーパーアリーナまで足運んできましたわ。
0227VDFeb-2




最新のアルバムって持ってなかったから、ノリきれない
曲もあったけど、自分的に思い入れのある『Take A Bow』や
『Deeper and Deeper』が生で聞けただけでも行った価値あり。
めちゃめちゃ昂ぶりまくったもん。
ただ、踊りたかった『Celebration』演ってくれなかったのは
残念だったー。


Madonn

バレンタインは、中目黒のシャルキュトリー「KAMIYA」のスペシャルな詰め合わせと、マドンナのライブ。さすが、うちのまりえはできる子です(´∀`) めっちゃ感謝!! この子と結婚してほんと良かった(笑) しかしiPad miniで撮って帰りの電車の中で軽く編集しただけで、こんな風にまとめられんのね。凄い時代だと思わん?ライブは、めっちゃ好きな"Deeper And Deeper"とか”take a bow ”挿し込んでくれてかなり昂ぶった。欲を言えば”Celebration”で踊りたかった!!! にしても、SEXYだったり、かわいかったり、超絶綺麗だったり、色んな魅力を兼ね備えてるからほんと困る、大好きマドンナ。

Posted by on 2016年2月14日




やー、久々に色んなことから開放された休日を満喫。
0227VDFeb-3



めっちゃ感謝の一日でした。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ





続きを読む

2016年02月21日

ビストロ コンフル (駒沢大学)昼下がりの肉祭り

0221コンフルSep-38


駒澤大学の駅 至近にありながら隠れ家のような佇まいの
『ビストロ コンフル』。前回にディナーで行った時に
満足度高くて
、これならうるさいパイセン達も満足するに
違いないと、アンティークウオッチの会で使わせていただくことに。

田中シェフの料理は、ビジュアルそのままに
肉の破壊力を活かしたお皿が得意なのは勿論、
見た目とギャップに丁寧な仕事による味の
奥行きの演出もうまい。
0221コンフルSep-95




アンティークウオッチの会のコンセプトは、うまいものを
気軽に食べながら、あくまで主役は”時計”。

とはいいつつも、作り手のプロや食べ手のプロも揃って
いるので、店選びは毎回ガチンコです。
0221コンフルSep-7





この日も視覚も味覚も満足の前菜盛りから、
絶妙な肉料理が2種並んで昂りまくり。
確かこれマンガリッツァ豚だったよね。
めっちゃタイプで、残ってそうな肉塊は
遠慮無くフォークを伸ばさせていただきました。
0221コンフルSep-34



肉までのアプローチも会のコンセプトを
しっかり汲み取ってくれているさすがの流れ。
0221コンフルSep-11


オーナーの倉田さんのワインセレクト。
ランチの破格プライスながら、ワインに
全然妥協が見られません。
0221コンフルSep-104






からのスイーツ。パフェやガトーショコラは必食よ。
これだけの内容で、相当ヤンチャ価格だったので、
去年のランチの中でも、かなり記憶に残った会でした。
0221コンフルSep-43




和装にアンティークウオッチって、ほんと合うんすよ。
ガキの頃は、ファション自体が目的だったときもあったけど、
いつからか、ファッションが手段になっていた。レストランを
より愉しむためのドレスアップ。そうやって、遊べるのが大人の特権。
0221コンフルSep-9




この日は、また愛読書『LOWBEAT』からの取材。
Yさんのクロノグラフコレクションを中心に。
日本最強のクロノグラフコレクターのひとり。
そういう人のコレクションに触れられるのはラッキー。
0221コンフルSep-16





心地いい空間で美味しいものを食べて、
気心知れた友人と、美しい古時計を愛でる。
これwp道楽と言わず何を道楽といいましょう。
0221コンフルSep-21




にしても、このコレクションは半端ない。
そんじょそこらのアンティークウオッチショップには
負けそうにありません。ボクも、この道に入門して
3年ちょい。まだまだ知識は足りませんが、自分の
好みはしっかりと固まってきました。
別に固執するつもりはないけど、自分なりの
スタイルを持っておくことがファッションの基本。
0221コンフルSep-73




これは…なんとも美しい。
0221コンフルSep-75




カラトラバのようなロンジン。
こういうのも一本欲しいっすね。
0221コンフルSep-76




そんな感じで時を忘れた休日の昼下がり。
0221コンフルSep-94





雑誌取材ということもあって、いつも以上に
コレクションが集まった一日でした。ちなみに、
これ皆さんのコレクションの一部だからね。
なんとも恐ろしい(笑)
0221コンフルSep-83





こうやって、定例で3年間続く会って中々めずらしい。
やはり、本質がいいものは、自然に続きますね。
あんまし大勢の会食には来たがらないまりえも、
ウオッチマニアの会はレギュラーです。
0221コンフルSep-93




もうちょっと、自分の好きなお店に顔出せるような
余裕を持ったスケジュールで生きていかないとね。
0221コンフルSep-98


bistro-confl.(コンフル)
03-3419-7233
東京都世田谷区上馬4-3-15 1F
https://www.facebook.com/bistro.confl


もうちょい家からアクセスよかったら
ほんと通うタイプなんすけどね。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




続きを読む

2015年12月28日

クリスマスディナーショーと真葛焼の会

1226師走12月-1


竹芝のインターコンチネンタル東京ベイで開催された
バイオリニストの枝並千花さんディナーショーへ。
年末イベントのひとつとして、まりえと一緒に。
エントランスも完全にハレモード。
1226師走12月-4





音響はコンサートホールにはかなわないものの、
ライトアップされたレインボーブリッジをバックに
バイオリンの音色に包まれるというのは、なんとも
贅沢な夜の過ごし方。うん、やけに年末っぽい。
1226師走12月-6




ご年配の方が多めのせいか、昭和の結婚式を髣髴とさせる
クラシカルなフレンチのコースだったけど、前菜のタッチは
結構モダンな要素が散りばめられていて、普段のインタコンチ
東京ベイらしさを感じる構成でした。メインは、牛ヒレ肉の
パイ包み焼き、フォアグラのソテー。久々に食べたわ。
1226師走12月-10



写真では伝わりづらいけど、実際にその場にいると
レインボーブリッジのが かなり迫力あるのよ。
しっとりしたバイオリンに耳を傾けつつ、高速を
走る車のテールランプを眺めていると、さながら
映画のラストシーンに迷い込んだ気分に。
1226師走12月-13



ディナー、コンサートの流れでチャリティオークション。
12/8に行ったんだけど、この頃からグンと年末モードに
入った気がします。
1226師走12月-14




一方、こちらは京都の真葛焼、宮川さんが
自由が丘 大塚文庫で開催された真葛焼で
日本酒を愉しむ『真葛 花月の会』。
1226師走_211月-1




お酒も、コーヒーも、ワインもシャンパンも
いいグラスでのめば、やはりその分味は伸びてくる。
繊細な飲み物だと、グラス一つで味を殺すからね。
1226師走_211月-4



うーん、美しい。
1226師走_211月-3


最近、ブランデーのような甘さのお酒が好み。
古古酒のようなヴィンテージ感がたまらん。
1226師走_211月-2


数寄ものの茶人たちが集まってました。
こういうのもボクにとっては年末っぽいイベント。
1226師走_211月-6




2015年というのが、やっとしっくりしてきた頃だってのに、
もう2016年がやってくる。結局 平成が何年なのかよくわからない
まま、この一年が終わろうとしています。
1226師走_211月-8




今年は、そこそこ努力して、
まぁまぁやりたいことをやれてきた。
そこに関しては自分を褒めたいけど、
体重を放置プレイしたのが一番の後悔。
さて、このパンツのキツさをどうして
くれようか…
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ


続きを読む

2015年10月26日

太秦江戸酒場 〜琳派の秋〜 は今週末

1027太秦江戸酒場5月-47

今週末に迫っている『太秦江戸酒場』。

太秦映画村を夜に貸切にして、
着物で大人遊びするあのイベントです。

次回のテーマは"琳派の秋”

オレがぐだぐだ書くよりも、公式サイトの方では
魅力が綺麗にまとめられているので、まんま転載
させてもらいます。
1027太秦江戸酒場5月-54



提灯灯りの中を行き交う侍や町娘たち。
艶な三味線の音色に、湯気も香る居酒屋の軒先。
煌びやかな遊郭から一本入った辻をのぞけば
杯を交わす浪人たちのニヤリと笑う顔が見える…

まるで江戸時代にタイムトラベルしたような舞台の中で
日本が世界に誇る京の伝統をめでつつ、
美味しい京都のお酒を飲み比べたり、
名店のお食事を心ゆくまで楽しむ、大人の秋祭り。

今年で400年を迎える「琳派」と太秦ならではの「時代劇」をテーマに、
伝統文化の趣と、着物でそぞろ歩く楽しさを追及した、
太秦 江戸酒場〜琳派の秋〜。

さぁ、この秋も、はるかな時をこえて蘇る江戸時代の京都へ、
ゆるりと旅してみませんか?


1027太秦江戸酒場5月-37




やー、いいっすね、

ほんと、毎回トリップさせてもらってます。

1027太秦江戸酒場5月-63





ここんとこハロウィンも国民的イベントになってきて
今年はスター・ウォーズのコスプレとか注目を浴びてますよね。
1027太秦江戸酒場5月-67



もちろん、そういうコスプレもいいんですが
オレ、日本が好きなんです。
世界を見ても、本当に粋でCOOLな国だと思ってるんです。


スター・ウォーズも勿論最高だけど、でも今、日本が魅せるべき
コスプレってむしろ着物だと思うんです。普段、そんなに着物を
着る機会がないひとは、そのじょそこらのコスプレより昂ぶりますよ。
しかも江戸時代にタイムスリップって設定。
海外の人が心から悦びそうな舞台じゃない?
1027太秦江戸酒場5月-45




華道の家元と芸姑さんがコラボした舞台の脇で、
京都の焼物の作り手が立礼式でお茶を点てる。
1027太秦江戸酒場5月-60





その一方で遊郭ゾーンでは、レディ・ガガの靴を手掛ける
デザイナーが、ぶっ飛んだ仕掛けで江戸の夜に殴り込みをかける。
そんな文化の融合がリアルタイムでおこっているのが、
年に2回開催される「太秦江戸酒場」なんですよ。
1027太秦江戸酒場5月-43





色んな遊びをし尽くしてきた人も、
変わったコスプレしてみたいなって人も、
この週末は古都の夜を一緒に遊びませんか?
1027太秦江戸酒場5月-68





演者も混じって一緒に呑んでるから、
グルーヴ感も半端なし。いつのまにか
参加している自分がキャストのひとりに
なってるのも江戸酒場ならでは。
1027太秦江戸酒場5月-69





料理も「木乃婦」「じき宮ざわ」にフレンチの「MAVO」まで加わって。
美食と美酒と美しいものに囲まれちゃってヤバいっす。

そうそう、どうやら若旦那BAR,浪人BARに加わって、
新撰組BARもやるらしいよ。
07





数年前、京都にフラッと遊びに来た時には
ここまでの未来は見えていなかった。これから先、
もっともっと期待を超える仕掛けをしてくれそうだね。
今、京都がほんとアツいです。
1027太秦江戸酒場5月-12



続きの方では「太秦江戸酒場」のオフショットも。
1027太秦江戸酒場5月-28


あ、いい忘れたかもだけど、この写真は半年前の
太秦江戸酒場 〜新緑の陣〜 の初日です。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2015年09月06日

タイ大使公邸晩餐会 家庭料理がガストロノミーに

0906タイ大使公邸晩餐会8月-6

白金の住宅街の中に、突如と現れる瀟洒な洋館。

敷地に一歩足を踏み入れると、そこは完全なる別世界。


タイ大使館とippinさんが主催したタイ大使公邸での晩餐会は、

国柄が滲むとても高いホスピタリティに溢れたものでした。

0906タイ大使公邸晩餐会8月-37

 



国の重要文化指定財にも指定されているという公邸は、

気品ある佇まい。箱の素晴らしさもあるけど、大使や大使夫人を

はじめとする、大使館サイドの心遣いのおかげなんですよね。

3時間があっという間だった。

0906タイ大使公邸晩餐会8月-2



 

晩餐会のはじまる前は、リビングでウェルカムドリンクを

いただきながらのご挨拶タイム。大使婦人とご挨拶させていただいた時から、

既にタイへの愛がとめられず、訪れた場所やそこで受けた感動の話を止められず(笑)

0906タイ大使公邸晩餐会8月-28




しかも、また大使の隣席というゼログラビティを発動した途端、
周囲がソワソワしちゃう重要なポジション。何故にオレをここに...(笑)
0906タイ大使公邸晩餐会8月-8



大使を挟んで向こうにタイ料理イベントの
「ヤムヤムソウルスープキッチン」でお馴染みの
西田さんが座っていたので、自然と話しが弾む。

タイには良く行くんです、と話しながら、
メニューを見ながら好きなレストランについて
意見を言い合うのとか、メチャ愉しい。

大使も「政治」「経済」抜きで話しが
できるからとリラックスされてました。
0906タイ大使公邸晩餐会8月-10



ちょうど、フィリピンから帰ってきた翌日だったので、
怪しげな英語は滑らかに出てくるので、会話には困らず。

凄く嬉しかったのは「日本にタイガストロノミーのレストランが

無いことが残念」とか、バンコクでの好きなレストランがトンローの

スパニング」と一緒だったりとか、レストランに対する意見が

一致してたこと。

 

そうなのよ、日本にタイ料理のガストロノミーがあれば、
オレももうちょい通うんだけどねぇ...、ある意味西田さんが
やってるヤムヤムが、それに近いことしてくれていると思う。


そんなグルマンな大使の意向を反映してか、
この夜は日本でもポピュラーな家庭的なタイ料理が、
ガストロノミックなアレンジに。これは、なかなか
本場でも食べられないレア展開かと思われます。

カオニャオ、ソムタム、カイヤンという
イサーン系屋台の定番料理が、なんとも
エレガントな仕上がりに。普段、バンコクの
道端で汗を流しながらビールで流し込んでた
料理
をナイフとフォークでいただきます。
0906タイ大使公邸晩餐会8月-11





トムヤムクンは、辛さを控えめにして、
その代わり甲殻のエキスがが浮き彫りになり、
レモングラスの酸味と旨味でスープの上品さが
際立っていた。これ、フツーのトムヤムクンだと
思ったらいけませんw
0906タイ大使公邸晩餐会8月-13




今年は、何度か大使館の晩餐会にご招待いただいてますが、
ここまでアットホームで盛り上がった会は無かったように
記憶しています。ホストとゲストの息も合って、とてもいい
時間を過ごすことができたんですよね。
0906タイ大使公邸晩餐会8月-18



2種類出てきたカレーも「こんなタイカレーを食べてみたかった」
という贅沢なアレンジ。和牛がゴロゴロ入ったグリーンカレーは、
肉の弾力や脂の質があまりに上質で、最初はその違和感に驚きが
先に来ちゃうのよ。そのうちに頭が理解して味の融合を素直に
受け止められるようになってくると、なんともいえない喜びが
カラダの奥から沸き上がってくるのよ。
0906タイ大使公邸晩餐会8月-15



この他の料理についても、続きの方で
もうちょい書かせてもらってます。

食後は、またリビングに戻ってしばし談笑。
外好きなので庭にも出させてもらいました。
0906タイ大使公邸晩餐会8月-26




シハサック大使と。ドレスコードがクールビズって
書いてあったのでめっちゃカジュアルに行ったら、
皆んなジャケ×タイで来てやがって(笑)
したら、ドレスコードせめてスマート
カジュアルくらい書いておいてよ(´Д⊂グスン
0906タイ大使公邸晩餐会8月-29




帰り際に、ちょっと2階も見せてもらいました。
マンダリンオリエンタルバンコクを彷彿とさせる空間。
0906タイ大使公邸晩餐会8月-35



去年に、一気にタイにハマって、まさか
こんな機会をいただけるとはね。
縁というのは大事だね、つくづく。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2015年08月21日

サマソニ2015

0822SS8月-8


先週末はサマソニへ。
昨年行ってめちゃ気に入ったGarden Stage
今年こそはハンモックに揺られて、このステージ
らしい音を楽しもうと午前中からここに陣を張りました。
0822SS8月-10





週末を一か月くらい家で過ごしてない放浪者的な生活が効いて
この日も朝からビールやモヒート飲んでたら、あっという間にゼログイラビティ。
夢うつつでハンモックに揺られて音に包まれるオレとしては理想のフェス空間。
0822SS8月-11






タキシードとか、真心ブラザーズとか、最初のアーティストも
良かったなぁ。スタジアムのヘッドライナーも勿論ヤバいけど
こういう空気感が一番好みだったりするんですよね。
0822SS8月-4





こちらは、ガーデンステージの入口あたりにあるサイレントディスコ。
これ、スゲー盛り上がってるけど傍から見たら無音なんです。
みんな無線のヘッドフォンから音を聞いてて、2chあるから
好きな方の曲で踊れるんすよ。これ、オモロイ!!
0822SS8月-18




陽が射すとハンモックも暑いので、皆さんそれぞれのスタイルで
フェスのひと時を楽しんでます。
0822SS8月-12





15:00頃には 長く居座ったガーデンを後にして郷ひろみさんのステージへ。
ヤフトピにも乗ったり、ワイドショーでも流れたらしいけど、実際スゲー盛り上がり
見せてました。あのヒト、ほんと凄いわ。
0822SSx8月-9





締めはマリンステージでヘッドライナーのファレルウィリアムスを。
0822SS8月-24






去年のQUEENも圧巻だったけど、ファレルのステージの完成度の
高さたるや、なんかDVD観てるような錯覚に陥りそうになる。
GET LUCHY、HAPPYが生で聴けたよーーーー(^^♪
0822SS8月-25






今年はハンモック制覇できたので
来年はテント攻めたいなぁ。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2015年05月28日

GREEN ROOM (横浜)港の風と音と酒と

0528GREENROOM5月-12


去年のサマソニで、フェス師匠のパイセンに
偶然会場で出逢ったんすよね。

サマソニっていっても、ド派手なマリンステージじゃなく
海沿いで芝生が広がるガーデンステージ。
0528GREENROOM5月-14


熱中症になりかけて、転がっていたオレに
「あれ、kyahじゃね?」って声かけてきたんすよ。
良く判別出来ましたね、久々なのに 笑

そこでユルく聴いてた「Caravan」がメッチャ良くて、
そっからフェスの楽しさも徐々に教えてもらってたんす。
0528GREENROOM5月-16



こないだの週末、横浜の赤レンガで開催されてた
『GREEN ROOM』(http://greenroom.jp/)へ。
サーフ・カルチャーに根差したフェスだけに
適度なユルさが心地いいね。0528GREENROOM5月-6



0528GREENROOM5月-23



ボクがフェス好きになるキッカケになった「Caravan」
が土曜日に出てたので、これまたパイセンから
おすすめのアーティストの流れ教えてもらって、
ひたすら酒浴びながら、音と戯れてました。
0528GREENROOM5月-26




Facebookって、こういう時に便利で、フェスに
来てるってアップしたら、「私も来てる!」「多分、近く」
なんてメッセが届いて、久々に友人に再会できたり。
0528GREENROOM5月-30


0528GREENROOM5月-33







ガンガン盛り上がるライブもいいけど、基本は酒片手に
ユルく染みる曲を聴くのが好き。なので、Caravanから
とかRicky G あたりを風浴びながら聴いてると、かなりシビれた。

しかも、夕方にふと空を見上げたらこんな南国な色の夕焼けに。
周囲の人々も、気づくとカメラを向けてましたね。
0528GREENROOM5月-38




銀座で友人らと鮨の約束があったので、スカパラを3曲
ほど聴いたところで退散しなきゃいけなかったのが泣けたし、
LOTUSのステージも体感してみたかったんだけど、まずは
いい滑り出しができました。
0528GREENROOM5月-43




0528GREENROOM5月-42



ほんと、この季節の日本が大好き。
0528GREENROOM5月-44


今年もサマソニ行きたいなぁ。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む