カメラ

2010年09月06日

SIGMA70-300mm

0906-1SIGMA

SIGMA 70-300mm F4-5.6 OS
300mmという望遠レンズでありながら、
案外ボディはコンパクトで、レンズ内
手振れ補正もついているという使いやすいモデル。



ボクの手持ちでは、望遠レンズは250mmまでしか
なかったので、300mmで見る世界というのは、
また一歩新しい扉を開けた感覚でしたね。
0906-2SIGMA




借用期間が10日程度だったので、工場とボートレース
くらいしか撮れませんでしたが、共にライブ感あふれる
写真が切り取れたと満足しています。

広角側でも70mmなので、これ1本で旅行というのは
厳しいですが、デジイチの標準レンズ(20mm前後〜70mm前後)を
持ってる人は多いと思うので、交換レンズの候補としては、結構
いいモデルだと思うよ。→ 人気ブログランキングへ



このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

みんぽす

続きを読む

2010年06月21日

ミニαの実力 NEX-5

0620-1NEX-5


NEX-5 ミニαを使ってみた

デジイチと同じサイズの撮像素子(APS-Cサイズ)を
搭載しながら、コンパクトデジカメと変わらない小ささ・軽さを
実現したSONYのミニα「NEX-5」。発売と同時に買いましたゎ。


コンパクトデジカメからの移行ユーザを意識しすぎてか、
オートは結構優秀だと思うんだけど、設定をいじりたい
デジイチユーザには、あまりに使いづらいUIになって
しまって、一部ではバッシングも浴びている



それでも、このモビリティの良さは、クソでかいカメラを
持ち歩いていたオレからすれば、圧倒的な解放感だし、
メシも、まーまーギリギリ納得する絵は撮れる。


そりゃね、α700(SONY)*単焦点28mm(F1.8)コンビと比べたら、
絵の完成度は6割くらいの満足度よ。ただ、ブログで小さな絵を
使うくらいなら、許容範囲かなーと思えるレベルなんだよね。



ミニαを手に入れて約一週間、旅行先・レストラン・日常と、
カメラが活躍するシーンで使ってみた第一印象をメモっておきます。



●旅先
とにかく軽いし小さい。
デジイチは、スーツケースつっこんで勝負写真の時だけ
使えば良くなった。この引力からの自由は、言葉にならない
喜びなんだよね。ミニαでも風景ショットならほぼ満足。
スイングパノラマは、期待以上の鬼機能で、旅行先で感じた
爽快感をそのままのかたちで記憶してくれる。
0620-2NEX-5



よさこい祭りのビデオ撮ってみたんで、
ムービーのイメージも参考までに。






●レストラン
なにより周囲に対するプレッシャーが少ない。
ファインダーを覗き込まずに写真が撮れるのは楽チン。
カバンの制約から解放されたのも超喜び。
0620-4NEX-5



ただし、ちょっと暗かったりすると、AFのピントが
なかなか合ってくれないし、今のレンズだと
絵の色気はイマイチ。ここは求めるクオリティが
高すぎる自分がいるのはわかってるけど....。

αレンズのAF対応が出来るようになれば、
手持ちのレンズも使えるから、そのあたりで
描写力の実力を確かめたいね〜。





●日常
思いっきり歩きたいときに、重いカメラはそれだけでダメージ。
カメラを構えてる雰囲気も独特だし、そういうマイナス面から
解放されたことで。より手軽に町のお気に入りの表情を
切り取りやすくなったと思う。
あのボディでチルトは便利。人垣の後ろからでも
手を伸ばして画面を確認しながら撮影できる。
0620-3NEX-5





デジイチとしての画質の満足度は、
正直期待が大きすぎたけど、コンデジの
化けモンという見方をすれば、進化というか
突然変異くらいのインパクトがあるんじゃない?

ちなみに、商品発表会にも行っていたので
オフィシャルHPの「NEW"α"体験者の声」って
コーナーで、最初の印象についてコメントが
拾われています。 → 人気ブログランキングへ


こっから先は、もうちょい細かいことを

続きを読む

2010年05月15日

超広角レンズの威力 SIGMA10-20mm

0510-43加賀

旅行に出たときに、目の前に広がるダイナミックな海の印象を
そのまま記録に残したかったりとか、空を覆うような摩天楼を
イメージどおりにカメラにおさえてみたかったりしませんか?


超広角レンズは憧れだったんですが、中々高くて手が出ない...
そんな時に、お試しの機会がもらえたんで、いくつかの
シーンでのパフォーマンスを試してみました。

1.旅行
2.都内の下町散策
3.日常使い




SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
全域で開放値F3.5の明るさを使えるし、
超広角なのにボケ味を加えた絵が撮れるのも魅力。
0513-1SIGMA



共通して言える事は、意外と横撮り(普通に構えたショット)が難しく、
縦撮りの方が、絵が締まるような印象を受けたってこと。
これは単に好みの問題かもしれないんだけど。



奥行きを撮るのは得意だけど、広がりをおさめるのが
ヘタという、ボクの腕によるところが大きいんだと思いますがw
0510-33加賀






期待以上に使えたのが料理。
接写が24cmまできくので、全体像はもちろんのこと
一部を切り取った自分好みの写真もイケそーです。
ま、期待値が相当低かったってのもあるんですけどね。

これは、横でも縦でもそれなりに満足行く絵が撮れました。
0513-5SIGMA



0513-4SIGMA







ここんとこ家電芸人並にデジタル系の
レビュー続いちゃいました。

なんだかんだ好きなんですねぇ... → 人気ブログランキングへ




このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちらみんぽす

続きを読む

2010年05月13日

SONY ミニ「α」はレストランや旅先で使えるか?

0510-57加賀
<現在使っているα700にて撮影>


5/11に発表になったミニ「α」 NEX-5

久しぶりに、SONYの実力を見た気がします。
デジイチのノウハウ、サイバーショットのノウハウ、
そしてビデオカメラのノウハウ、これらが融合して
世界一小さなデジイチのボディに詰まってました。
0511-16
<現在使っているα700にて撮影>



ただ、ボクは正直スペック崇拝派ではなくて、
どう便利に使えるかっていうベネフィット重視なので、
その辺 普段使うシーンの多いレストランや旅先で
どう活かせるのが、その辺についてもうちょっと
だけレポります。

折角、ナマで触れたし、開発メンバーの“想い”にも
触れられたので、そのあたりもふまえながら。
0510-52加賀
<現在使っているα700にて撮影>






これまで、EP-2(OLYMPUS)に魅せられながらも、
とにかくSONYの発表を待っていたオレ。レンズの
互換性っていうのは、それくらい縛られちゃうんです。
魂を地球の重力引かれたスペースノイド達のように...

ただ、昨日も書いたとおり、今のデジイチのレンズ(α700)は、
マウント付けてもAFきかないので、ボクの用途的には
互換性あるとは言いがたい。いちいちMFなんてメンドくさぁ〜('A`)



なので、別にEP-2に寝返っても全然ダメージ無いことに
気付いたんですが、それでもミニαのNEXシリーズを買おうと
思っているオレがいるぞ...と。

どの辺が刺さったのか。



1.まずは、エンジンにAPS-Cを採用したこと

0512-1



コレは、どーしょうもなくでかい。
やっぱエンジンが小さいとノイズが多めだったり、
画質に難点があると聞きます。このカメライベントに
来ていた他のマイクロフォーサイズユーザ(パナ)の方も

画質の差は大きいとレポってました。

ミニαだって、レンズが小さくなるし、
デカいデジイチ(α700)と同じ画質が
すぐに得られるとは思ってません。

ただ、それでもデカイことは画質に直結するし、
デジイチならではのボケ味が綺麗に出るのは"Priceless"



あ、マニアでない方々が殆どなので、いちお
補足しておくと、画素数ってあるじゃないですか、
アレがでかくなるのとは、言ってる意味が違うんです。

画素数が仮に車の大きさとすると(無茶だけど)、
まさにエンジンが、このAPS−C。デカイ車に
非力なエンジンじゃバランス悪いでしょ?

カメラの世界も、ワリと似たような感じで
このバランスが悪いと撮った写真も
乗り心地ワルいんですよ。


ミニα「NEX-5」 実機でのボケ具合はこんな感じ

0512-12
(NEX-5で撮影:出荷前の最終のチューニング前)



0512-13
(NEX-5で撮影:出荷前の最終のチューニング前)




2.続いて、映像系。
大好きなOLYMPUSも、非常にいいカメラ、レンズを
作れる会社だと思うんですが、こと映像となると
蓄積してきたアセットがSONYとは比較にならない。

これから先、カメラは間違いなく映像も楽む端末
という位置づけになっていくと思う。それは、
スマートフォンあたりからも萌芽が見えますよね?

キレイな映像を撮るとか、簡単に加工するって
ところに まだハードルがあるけど。


イベントでも、実際映像撮らせてもらったんです。
さすがにチューニング中でファイルは持って帰らせて
もらえませんでしたけどね。絵はフルHD撮れるから
抜群に綺麗。デカイエンジン使ってる分、ボケ味も
素晴らしいしね。でもフォーカスは、かなりスロー
だった、昨日の段階では。

このあたり、レストランの食事というより、
Partyや旅先で威力を発揮しますからね、期待大。





3.とにかく小さい、液晶もキレイ、チルト対応

あの本体の小ささは、それだけでシビレるレベル。
撮影時の液晶も、店頭で触ったEP-2とかGH1より
クリアで自然。オートフォーカスは、もうちょいシビアに
ポテンシャルを探りたかった。チルトもあれだけ薄くて
ちゃんとできるし、現行機(オレのα700ね)じゃ撮れない
絵作りがしやすいのは魅力ですな。

要は、小さいくせに基礎体力が抜群なんです。
これはレストランでも旅先でも大いに活躍出来るとこ。


これを実現する裏側で、マグネシウムを大量に使って
強度を確保したり、サイバーショットの小型化ノウハウ
活用したりと、ここでもSONYらしさが出てますね。
0512-2
<現在使っているα700にて撮影>





4.レンズがシルバー

これ、重要です。着ている服やバッグの足を引っ張る
ようなものは、どんないいものだって持ちたくありません。

色気あるレンズって、持ってる喜びを大きく左右する。
本体はシャープすぎるなと思ったら、自分でクラシックに
デコっちゃえばいいけど、レンズは、どーにもデコれないからね。
ま、いとしのEP-2もシルバーなんすけどね。
パナは残念....

にしても、もう少しカメラデザインは女性層意識するのかと思った。
このデザインは、一般的な女子シズらないっしょ、正直。
プロジェクトチームに、お洒落な女子の意見は反映されないのかナ?






5.デジタルらしい遊び
昨日もレポったけど、パノラマや白トビ補正、
連写して自動合成とか、デジタルならではの
便利さを、ふんだんに取り入れようとしています。

1秒間に7連写とかできるのもオモロイ。
レストランじゃ使わないけど、旅だと...何か使うかも。
0512-14
(NEX-5で撮影:出荷前の最終のチューニング前)



てな感じで、今のデカいデジイチで不満だったとこを大いに解消して、
コンデジじゃ話にならなかった部分を、あの体格で見事に実現してくれてます。

このポジティブ部分だけども、「レストラン派」「旅派」ともども
充分に買う価値はあると思いますが、こっから先は、残念なとこ中心に。 → 人気ブログランキングへ

11923-2728-167868
11923-2728-167868
続きを読む

2010年05月12日

SONYの仕事 「α」の系譜

0511-1

SONYのミラーレス「α」

ほーーんっと、超待ちました。
SONYのミラーレス「α」。
「NEX-3」「NEX-5」という2機種が
5/11にやっと発表されました。
http://www.sony.jp/ichigan-e/

モックが登場してから、どれほど
この時を待ちわびたことか...
6/3に発売です。




デジイチの「α」シリーズと同じAPS-Cサイズの
大型センサーを搭載したミラーレスデジタル一眼。

どーいうことかって言うと、OLYMPUSのEP-2や
パナのDMC-GH1といったマイクロフォーサイズと
違って、でかいデジイチとエンジンが一緒なんです。

要は画質がイイってこと。
0511-4
(NEX-5で撮影:出荷前の最終のチューニング前)





今日は、SONYの発表会に行って開発者の裏話とか
聞きながら、実機も触ってきたんです。詳しいことは
また明日にでも書くとして、ファーストインプレッションを。
0511-2







まずね、見た目通り小さい。これならレストランで
周りにイヤな威圧感を与えなくて済むし、旅行の時にも
フツーのカバンに突っ込んでおける大きさ。

それでも期待よりズームレンズはデカイ。
イイ絵のためには仕方ないのか、はたまた
SONYの挑戦は、まだまだ途中なのか。
メタリックなデザインはナマで見た方が
質感があって、COOL!!
0511-3




レンズは、パンケーキの「E 16mm F2.8」(トップのヤツ)と
ズームの「E18-55mm F3.5-5.6 OSS」の2種類からスタート。

35mm換算だと、16mmは24mm相当で最短撮影距離が24cm。
料理だとギリギリいけるところかなぁ...

18-55mmは27〜82.5mm相当の画角。
ズームレンズの方にだけ手振れ補正機能が
ついている。単焦点よか使い勝手はいいけど、
旅行で使うには狭いな、日常生活レベル。


秋に発売予定の18-250mmも展示してあったけど、
さすがにレンズがデカ過ぎに見える。
0511-5





でね、色々触ったけど、確かにこれまでの
デジイチの概念は脱ぎ捨ててますね。
確実に他社より一歩先に行った感じ。
小さいだけじゃなくて、もっと新しい
利用スタイルの提案をしようとしている。


いかにもデジタルらしい機能も結構取り入れてて、
スイングパノラマとかはオモシロいアプローチ。
サイバーショットシリーズでノウハウ培ってたヤツね。
サイトの棚田とか超カッケーし。雪山とか撮りたい。




あと手振れ・被写体ボケ対策で、6枚連続で写真を撮って、
自動的に合成しちゃうって機能もあるんすよ、ヤバイっしょ。
これって、レストラン撮影時にも役に立たつじゃん!
って思ったんだけど、実際試すとシャッターが6回
小刻みに鳴ってしまうんですわ...静かなレストランじゃ
興ざめだよね。フレンチや日本料理じゃ封印だぁw



似たような機能だけど、1回シャッター切ると
露出を変えた何枚かを合成して仕上げるオート HDRもスゲー。
室内から外撮影するときとか、外が飛ぶか中がつぶれるか
っていうのがカメラのこれまでの常識なんだけど、
それを人間の見た目と同じようにバランス取って
仕上げてくれる。コレ、分かる人にはワカる素晴らしき機能だぜ。




動画もαシリーズでは初の対応で、フルHD対応。
ボケ味とか綺麗だけど、手前と奥で被写体深度が
切り替わる時とか、奥の方のフォーカスは、若干まだ
時間がかかっているような気がした。





18-55mmのズームレンズをつけた状態で、
女性が持つとこんな感じ。そこまでレンズの
大きさは気にならないかな。でも理想は
パンケーキレンズレベルだね、やっぱ。
0511-6
(NEX-5で撮影:出荷前の最終のチューニング前)








最初に、リリース文とカタログを作ってから
プロジェクトをグイグイまとめただけあって、
限界に挑戦し続けた痕跡があちこちに見えています。

色んなところでブレイクスルーがあるので、
久々にSONYの魂感じましたね。
やー、ホント早く買いたい。 → 人気ブログランキングへ




みんぽす


 
11923-2728-167761
11923-2728-167761
続きを読む

2010年05月05日

iPhone トイカメラ遊び

0418-11
Twitterには、良くこのアプリで少しだけ
イジッた写真をアップしてます。

ミニチュア風にしたり、デジイチっぽい
ボケ味をつけられるiPhoneアプリ
TiltShift Generator」(350円)

どうしても非力なカメラだと、実際に
目で見ている印象とギャップがデカイので
こういったアプリがあると、気軽にその差を
埋めることが出来ちゃうんですよね。





あと、G.Wに、久々に眠っていたものが目覚めました。

昔から、無類の夜景好きで、特に工業地帯は、コンビナート
の無数の光や、闇に浮き彫りになる煙を眺めるのが大好きで、
意味もなく湾岸線をドライブしていたもんです。

イツキマンには、ボクが「湾岸走りてぇ」という
つぶやきが、とてもハマったらしく、未だに爆笑
されてます、ハイ....



で、その大好きな京浜工業地帯。
ボクもカメラで撮影に行ってみたんですが、緒戦は惨敗。
どのポイントで、どういう風に撮ればいいのか、
全く勘が働かないまま、帰路につきました。


スンゲー、かっこよく撮ってるヒトの写真
見たら、500mmレンズとか、超バケモンの
武器使ってるし...


三脚無し、広角重視の装備で挑んだオレは
ガンダムに、マゼラアタックで挑んだ愚か者です→ 人気ブログランキングへ



続きを読む

2010年04月30日

SONYのミレーレス機

0513-1僧侶雨


噂が具体的になってきたので、
そろそろ発売なのかな?



SONYのミラーレス機は「NEX3」「NEX5」という
2機種が発売されるらしい。

レンズは18-55 F3.5-5.6と16mm F2.8。
単焦点は16mm(35mm換算24mm)だし、
ズームはF値3.5ってことなんで、ちとメシ撮りには
使えんが、24mmあたりで、F2.8に単焦点
出てくれたら即買いですゎ。


スペックについては、こんな噂。

1400万画素 APS-C CMOSセンサー
新型のソニーEマウント(αマウントアダプター)
メディアはSDHCとメモリースティック
RAWサポート
液晶モニタは3インチ92万ドット
AFは11点
ISO200-12800
動画はMp4またはAVCHDで、NEX5が1080、
NEX3が720p


この噂がまっことなら、待った甲斐があるってもの。
発表日は多分... → 人気ブログランキングへ


「発表予想日とその理由」は、続きに。


続きを読む

2010年02月23日

デジイチはミラーレス機の時代へ

0217-1ミトン

「いよいよ来たか!? 」と、
SONYデジイチユーザのオレが、
待ちに待っていたニュース。


米国カリフォルニア州アナハイムで21日(現地時間)に開幕した
写真関連イベント「PMA 2010」において、SONYがレンズ交換式の
APS-Cミラーレス機を開発中と発表した。

2010年内の製品化をアナウンスしている。



<デジタル一眼レフカメラ“α”>
最上位機種“α900”をはじめ、“αシリーズ”の全ボディラインアップと
レンズ群、豊富なアクセサリー類を展示している。参考出品として、『いつでも、
どこでも一眼高画質を』をコンセプトに、2010年内の発売予定で開発中の
レンズ交換式小型カメラのコンセプトモデルを展示している。
また、従来からのデジタル一眼レフカメラも更に充実させていく。
フルハイビジョン動画(AVCHD)機能などを搭載する数機種のボディを
2010年内に順次発売、レンズシステムについても、「Gレンズ」や「カールツァイス
レンズ」を含めてさらに拡充していく。今回は、開発中のものの中から2010年内に
発売予定のものを含め、ボディ2機種、レンズ2機種のコンセプトモデルを
参考出品として展示している。




モックのデザインが、あまりに色気が無いので涙が出そうになったが、
それでも小型のデジイチ、動画対応というのは、半端なく嬉しい。


なんだかんだ、デジイチの絵は美しく、TOPの写真みたいなもん
撮ろうとすると、どうしてもセンサーの大きさがある程度必要に
なるんですよね。




今日発売の日経エレキにも、”さらば一眼レフ「ミラーレス機の時代へ」
という特集が組まれてたけど、今後は軽くて綺麗な絵が撮れる、
ミラーレス機への流れは止まらないと思う。


だって、デジイチの絵を愛してるオレですらヤダもん。
あんなデカイ図体の持ち歩くの。半端なく重いし、
レストランじゃ目立つし、友人のさりげない表情撮りたくても
あのデカイレンズ向けられたら平常心ではいられないしね。



日経エレキの記事は、専門用語がいっぱいで折れそうになったけど、
とても気になる特集なんで、なんとか読んでみた。 → 人気ブログランキングへ


続きを読む

2009年11月04日

「Photo Funia」 iPhone 面白写真合成アプリ

IMG_0969

ちょっと、タク 何あっちの
新聞に載っちゃってんのよ





って、ワリとリアルじゃないっすか、コレ。
iPhoneのアプリで、簡単に合成写真が作れる「Photo Funia

数多くあるフレームに、はめ込みたい写真を選ぶだけで
後は勝手にサーバ側で処理してくれます。




ハロウィンの仮装の写真も、こういうアレンジだと
生きてきますよね。ディズニーランドっぽい、完成度の高さ。
IMG_0986








あと、気に入ってるのが映画のスクリーンのフレーム。
ワリと、これも「え、どーして」的な反応が拾えます。
Weddingの時の写真とか、海外の写真とか、そういうのが合うね。
IMG_0989






写真は、ほんと面白いワ。→ 人気ブログランキングへ 


続きを読む

2009年10月26日

iPhoneアプリ パノラマ合成系

パノラマ写真がメッチャ簡単に作成出来るiPhoneアプリ「Auto Stich

これはサムネイルなんで、クリックするともっとデカく
迫力ある絵が楽しめます。1/3画面を重なるようなイメージで
写真を撮っていって、あとはアプリに任せておけば、勝手に
合成してくれて、最後に四角くなるようトリミングまでできるんです。
IMG_0889


海外で迫力あるシーンをみかけた時に、
デジイチの広角でも手に負えないことって
あるんすよね。そういう時には、是非とも
使ってみたいアプリです。


こういう部分でもiPhoneは、ケータイの
何十歩も先をいってますね。企業とユーザが
コラボしながら、ブラッシュアップしていく
システムが、21世紀にはあってますよ。

ケータイを開発しているどの日本企業見ても、
そういう柔らかさって、理解出来てないよなぁ... → 人気ブログランキングへ 

続きを読む

2009年06月17日

「EP-1」という“こたえ”

ピクチャ 3


今、欲しいカメラは? と質問されたら、


フルサイズの「α900」でもなく、
小回りのきく「K-m」でもなく、
コンパクトで動画も撮れる「LUMIX DMC-GH1」でもなく、
間違いなく、このコンパクトなデジイチ「EP-1」と答えます。

この1台の出現で、瞬く間にOLYMPUSのファンになりました。
E-620も名機だと思いますが、コンセプトの段階で
EP-1には、コールド負け(あくまで、オレの価値観ね)。


ここ数年、色んな進化がデジイチ界にもたらされましたが、
「小さくて」「美しく」それなりにキレイに撮れるモデルを
心の底から待ってました。


現行機の「α700」も、ハッキリいって大きさ以外不満はありません。

殆どの写真をPC/iPhone上で見るために撮っていて、
レタッチも自分でするし、動画もそこまで必要じゃない
ボクとしては、これ以上のスペックはオーバースペック
といってもいいくらいなんです。


ただ、手軽にサッと出せるカメラは欲しかった....
レストランで、あの黒い塊を構えるのは、
やっぱそれなりの気合が必要です。
ピクチャ 1


女子に混じってなんとなく撮りました〜的な
エクスキューズが、でっかいデジイチじゃ
通用しないんですよねw


半年以上待ち続けた待望の一台です→ blogランキング
続きを読む

2009年04月18日

EX-FC100 超高速連写カメラ

0416-1連写カメラ


このレビューは WillVii株式会社が運営する
国内最大級家電・ゲームレビューサイト
みんぽす」 から商品を無償でお借りして掲載しています。
(詳細は末尾で)



カシオの技術をコンパクトに詰め込んだ「HIGH SPEED EXILIM EX-FC100」
一秒で30枚の高速連写機能できるのが、このデジカメの一番のウリ。
 
 
TV-CFでは、この上位機種が連写の広告打ってて、「へー、そんな機能あるんだ」
くらいで見てたけど、この機能が、早速小型のデジカメにも搭載されたらしい。
 
日本のテクノロジー、はやっ!!
 
 
 
結論から言うと、オレみたく、メシなどの静止画写真を撮る輩には、
あんまビシっとは刺さらないが、この連写機能、世の中一般的には
かなりのシーンでニーズがあるものだと思う。
 
よく動く子供とかペットはもちろんのこと、結婚式とかの“とりあえず撮っとけ!”的な
大事なシーンでも、とりあえず連写しといて、たくさんの中からいいとこだけ選べば
いいんです。
 
0416-3連写カメラ



いちいち“構図と露出とホワイトバランスと、最適なレンズは・・・・・”なんて、
メンドーなことを考えない人には、使いやすい提案なんだと思うけどな。


 実際使ってみて思ったのは、、これまでのいわゆる「カメラ」とは、
根本的に異なるアプローチで楽しめるんじゃないかなってこと。

短期間の貸し出し期間では、具体的なとこまで開眼できなかったけど、
そういうポテンシャルを感じるマシンでした。→  blogランキング

--------

このレビューは WillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト 「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー 掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容 につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で 書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)商品無 償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

 みんぽす


続きを読む

2009年01月18日

iphone トイカメラ

0118-1一歩
今、滅茶苦茶ハマってるのが、iPhoneのトイカメラアプリ



時間や空気を切り取る「デジイチ」は、もはや人生に無くてはならない
パートナー化してるけど、一方で"感情を抽出できる"トイカメラが凄く
欲しいモードになってたんす(・∀・)つ


実際、まりえのMini Digi はカワイイんだけど、それをオレが持ち歩くわけにもいかんし、
かといって、これ以上カメラ増やすのも、ちょっとヤダなぁ..と思ってたのよ。


で、iPhoneのカメラというと、200万画素だし、ズームやマクロなんて
そんな機能は無縁のシンプルモデル。イメージ通りの絵を撮ることは
できないので、殆ど使わずに放置状態でした。


そういう無骨なカメラなので、逆にトイカメラと割り切った使い方には
適してるんですよ、iPhoneカメラって。撮った絵に10パターンくらいの
エフェクトをかけてトイカメラの絵っぽく仕上げるんですが、この仕上がり
具合とか結構イケてますし、ランダムにエフェクトがっかるんで、
どんな絵になるかわからないとことかも、かなりツボにハマります。




日常の些細な時間が、なんか意味を持っているっぽく
演出できるので、これまでデジイチで撮ってもあんま
オモロクなかったものが、やけに刺さって迫ってきます。



ま、見る人次第だと思うんだけどw



単なるメトロの駅ですが、妙にドラマっぽく無いっすか?
0118-2銀座線




これもランチタイムのカフェの1枚です。
フツーに撮ったら、なんもオモロクなかったんですが、
エフェクトかけた瞬間、あったかそうな時間に変わりました。
0118-6カフェ




パソコンのDiskが限界で、換装しようとしたら
思わぬ壁にぶつかり前にも後ろにも行けなくなって
ほぼクラッシュ...  思い切ってimac買っちゃいました。

無線LANからして接続できないので、しばらく
ブログには、あんま手が回らなそうかも('A`) → blogランキング



続きを読む

2008年12月09日

Rolleiflex MiniDigi -トイカメラの視線-

1211-1minidigi

時間や空気をそのままの鮮度で切り取る「デジイチ」。
これはこれでハズせない魅力なんですが、その時の
感情みたいなものを、抽出して残すツールが欲しく
なったんです。

それが、ボクにとってのトイデジ「Rolleiflex MiniDigi AF5.0




ま、これはまりえ専用のカメラで、彼女にとっては
上のクソみたいな能書きは関係なく、ただただ
『カワイイから』これにしたわけなんだけどw




ほら、車もスペック高い車だけが求められてる
だけじゃなくて、味のあるクラッシックカーにも
アツい愛を注ぐオーナー達がいるわけじゃないですか。
1211-3サンプル




感覚で言うと、なんとなくソレに近いものが
あるんじゃないかと思います。不自由なだけに
逆に"ある魅力"が輝き出すみたいな... → blogランキング


続きを読む

2008年11月25日

皇居前の銀杏並木

1125-1銀杏並木
この週末、皇居前を通ったら思わず絶景が。
デジイチを調整に出してるので、コンデジで撮影。
キレ味が....




東京駅、モダンなビル群、銀杏並木のコントラストがいいっすね。
しかも、この辺は凄まじく景色抜けてるし、天気が良ければ、
かなりいい気分になれる。
1125-2東京駅並木


たくさんのヒトが写真撮ったり、写生してました。 → blogランキング

続きを読む

2008年10月08日

写真の表情

1003-0道東
最近、少し写真に対するアプローチが
変わってきた気がします。

これまでは事実を忠実に撮りたいなとか、空気や時間を
スパッと切り取ることを目指していたんですが、最近は更に、
その時にそこで感じたものを、より浮き彫りにしてみたいと
思うようになってきたんです。

欲張りになってきたのかな。


かと言って、目の前の景色はボクがどう感じたところで、
何も変わってはくれません。じゃ、どーすりゃいいのかなと
思ったときに、ボクなりの解釈で、撮った写真をもっと活かせば
いいんじゃん!と思ったんです。

 ・・・ってか、当たり前のこと、何アツく語ってんのよ!?

って、感じだと思いますがw、本人にとっては、
この差が、とーってもデカイ差なんです。




なにかしら目の前の景色からインスパイアを受けてカメラを
構えるわけで、その理由に向き合ってみると、どこが刺さったか
見えてくるんです。

そうやって得た印象と本当の色っていうのは、必ずしも
同じなわけでは無くて、ある部分の色だけが、やけに
強烈に感じてた場合、むしろその色がハッキリ立ってた方が
ボクにとっては「事実」なんです。

トップの写真も撮ったままだと、こういう感じなんですが
緑が印象よりくしんでるし、水と空のブルーはハッキリ
種類が違っていたと感じました。ってなことを考えながら、
ちょいと調整したのがTOPの写真ってなワケです。
1003-1道東



もはや、意味不明なループに陥ってると思われる方、
極めてまっとうなので、こちらへどうぞ → blogランキング


写真に興味ある方は、続きをご覧下さい。



続きを読む

2008年09月04日

隅田川花火大会 (浅草) 殿下の放蕩

0830-5殿下養子
今年で3回目か、4回目かな。
浅草にあるヨシタカの友人宅で花火大会を鑑賞。
自宅が5F建てのビルで、エレベーターが
ついてる、あのヤバイ家でやんす。


東京湾の花火の方がモダンなので、
こちらはクラシックに見えますね。
0830-7花火





去年までは屋根に登って見てたんだけど、
今年はキケンということで、隣のビル(も持ってんのかよ!!?)
の屋上も開放して、そこも花火会場に。
去年に増してインターナショナルな感じです。
0830-8花火インターナショナ





そして会場には、ひさびさに殿下が登場、花火のデビュー戦を
愉しんでおられたのですが、花火が終わると
キレイなお姉さんを囲っていらっしゃいました。
0830-19玉遊び




殿下パパはじめ、奥様(彼女)監視下のヤロー
連中に、戦闘力など欠片もあるはずも無く、
ただただ羨ましそうに、殿下に尊敬の視線を
投げかけるのみ、完敗です。


まー、ぶっちゃけ、奥様(彼女)が居なくても、
あの高い戦闘能力には太刀打ちできませんわ 笑、
末恐ろしき、殿下のスペックを見せつけられた夜。
0830-20ふたり




たいそうご満悦の殿下は、遊郭(友人宅)を出るや否や、
パパ達に抱っこされて爆睡です。なんたる自由。
この傾奇物の10年後が楽しみですわ。→ blogランキング

続きを読む

2008年08月30日

出版記念

0829-1vacanse
「出版記念」なんておおげさなタイトルつけましたが、勿論
どっかの出版社から、何かを出版したなんて話じゃありません。

Photobackっていうサービス知ってます?
Web上のアルバム作成サービスで、使いたい写真を選んで
アップロードして、デザインを決めて、軽くコメントつけたら
かーなりソレっぽいミニアルバムが出来ちゃうんです。



あんま、ぎょうぎょうしいサイズじゃないからスマートだし、
写真もそこまで大きくないので、多少写真がヘタでも、割と
いい雰囲気で落ち着くんです。
0829-2paris




Web上のアルバムのイメージはこんな感じデスが、
とにかく思った以上にカッケー仕上がりになるんで、
かなりハマっています。税込みで1890円。
写真データ眠らせてるヒトには、ほんとおすすめです!
0829-3SMN



5分動き出しが遅れたせいで、ビショ濡れに
なりました。バイク乗った瞬間大粒の雨が
降ってきて、逃げ道なかった〜 → blogランキング

続きを読む

2008年01月15日

α700 王位継承

カメラマン

長い間ボクとともにレストランや旅先を放浪してきたメインカメラ「α Sweet」。
京都行ったり、パリに付いてきたり、一緒に行ったレストランなんて、
どれだけの数になるんだろう。

そんな気心知れた大事な相棒だったんですが、誘惑に抗えず
新機種α700(SONY)を手に入れたので、このたびイツキマンに
譲ることになりました。


デジイチって、たいていブラックの機体なんだけど、
ボクはこのシルバーが無性に気にいっていたわけで。
愛機



腕が未熟ってのもあるけど、このブログでも新機種で撮った絵を
一部あげてますが、詳しい人じゃないとその差は殆どわからないんじゃないかなと。





でも、コンデジとデジイチの絵の差は歴然。
もっと綺麗に写真が撮りたいとか、
デジイチ買おうかな、と迷ってるヒトは、
今がチャンスかと。

新機種出たので、前モデルがかなり安く手に入るし。
なんせ、同じものを撮ってもその差はザクとガンダムくらいの違いがあります。
カメラが好きになったのは、間違いなく先代αSWEETのおかげ。
はじめて撮影したときの感動は、やっぱ半端なかったよなー、懐かしい。
箱






さて、一方、既にガンダムレベルのデジイチ。たいして絵が変わらないなら、なんで
わざわざ新機種買ったのよ? って思うでしょ。まー、確かにフツーのヒトから
見たら、殆ど変わらない部分です。コントラストが激しいトコで、暗い部分の
表現力があがったとか、空の青さとヒトの顔が両方表現できるようになった
とかなんて、一般的には「なんのこっちゃ?」って違いだと思います。
ニューマシーン





1日1クリックいただけると、
いとありがたし → blogランキング
続きを読む

2007年12月10日

デジイチのすすめ

秋刀魚パスタ

最近、「デジイチ欲しいんですけど、何買えばいいんですか?」
もしくは「カメラ何使ってるんですか?」ってなことを良く聞かれる。

ストイックにカメラを極めるなら、今出ている
中級カメラ機(Canon D40、SONY α700、NIKON D300)をおすすめするけど、
15万円以上するし、手軽って価格じゃねーよな。
この辺の機種はスペック高いけど、滅多に使わない機能とか
盛りだくさんなので、自分が撮りたい絵がはっきりしてないと選びづらい。

詳しいベンチマークは、日経TRENDYの記事とか参考になるかと。




今日は、自分がデジイチデビュー戦だったら
何選ぶかなって考えてみました。条件とすると、
「値段は10万円以内」「ちょい暗めのレストランでも料理が撮れる」
「そこそこ小さくて持ち運びやすい」ってとこかな。カメラのために
かばんが犠牲になるのは、特に女性だと耐えられないでしょ?

つーわけで、今、一番おすすめなのはE-510。
デジイチ勢の中では、かなりボディが小さいし、
手ぶれ補正も当然ついてる。





レンズとセットになっていて10万円以下。
広角も35mm換算で28mmから使えるから、
旅行行ってダイナミックな絵を撮ろうと
言う時もバッチリ使えます。→ blogランキング




続きを読む

2007年12月07日

セカンドライフ GX-100

mon

タイトルの「セカンドライフ」
バーチャル空間で3Dアバター
使って色んなことするという、
アレではありません。

セカンドカメラで使ってるRICOHのGX100 VF KIT

コヤツを持ってるときが、カメラライフの
セカンドライフなんです。



わかるヒトは、このブログ見てても
「コレGXの絵でしょ?」ってわかる...のかな?.
ココでは、3枚くらいGXの絵なんです。


誰でも使いやすいというわけでは無いので、
ある程度デジイチとか使ってるヒトには
お薦めなんだけど、ボクもまだまだコイツの
ポテンシャルは引き出しきれてません。
朝





他のユーザの方のサイト見ると、こんな絵
撮れるんだ!? ってビックリする。
やっぱいいカメラだな、GX-100。
 http://gx100.seesaa.net/
 http://oyajiphoto.blog89.fc2.com/category5-1.html
 http://nagutd.blog15.fc2.com/


デジイチの方が楽にカッケー絵を撮れるので
つい甘えちゃうんだけど、こんだけ表現力
あるならなー、もうちょい有効活用しないと
もったいない。 

つなみに、こんなヤツね。GX100って。









ついでにデジイチもα700の購入を悩み中、体験会行くけどさ → blogランキング
続きを読む

2007年04月24日

GX-100の実力

FOODEX縦

当家ではメインカメラのデジイチの次は、
ケータイカメラという、かなりギャップの大きい
状態が続いていたんです。

なので気軽に持ち運べるセカンドカメラは、
ズーッと欲しかったアイテムなのよ。


今までも心に引っかかるモデルは出ていなくは
なかったんだけど、何かが踏み切れずにいたのよね。
そんな時に、ちょっと前に書いたGX-100が販売されるって
いうのを聞きつけたので、もー我慢できないと買っちゃいました。


まだ数日しか使っていないけど、セカンドカメラとしては
かなり満足です。実は期待値はもうちょい高かったんだけど、
mocoさんから頂いたメールでクールダウン。過度の期待さえ
しなければ、かなり使える1台なんじゃないかなと。
ま、ボク的にはね。

ちなみにTOPの絵はGX-100で、下の絵はデジイチで撮影したもの。
いくらF値を下げたところで、CCDの差が大きすぎるので、ボケ味は
そうそう出せません。

ただ驚いたのは、オート時のホワイトバランスの的確さ。
あまりRAWで撮る必要ないかもと思わせる色の作り方は、
GXならではなのか、最近のデジカメのレベルアップなのか。
その辺は良くわかりませんが、結構驚き。
GX100



まだデジイチと同じ視線で絵を作ろうとしてるので、
GX-100ならではの特長を活かしきれて無いんだけど、
そのうち慣れたら、もうちょいらしい絵が撮れるかな...


ヲタワールド展開中 → blogランキング
続きを読む

2007年04月16日

ついに来たか!? 本気のセカンド

デジイチ持ち歩くのって大変なんです。
休日ならまだしも、平日レストラン行くときに、
わざわざデジイチ持って行くのって、相当な
モチベーションが必要なワケなわけ。

それはボクみたいなヲタクでさえそーなんで、
フツーのヒトにはありえない行為だと思うのよ。

3s





なので、ズーッとセカンドカメラに値する名機の登場を待っていたんです。
CanonのPowerShot G7って、広角の弱さを除けば、デザイン含めて
相当気に入ってたんだけど、全然値崩れしないんだよね。


で、指くわえながらずーっと見てた状態だったんだけど、
そしたら、ついにG7を越える逸品がついに現れたんです!!



いいや、COOLPIX P5000じゃ無いっすよ。
アレもアレで相当な名機ですが、デザイン的にG7を越えて無いんです。
それに致命的なスペックとして、広角に弱いのよG7同様。
広角36mmで、ズームは3.5倍(オレの使い方だと3.5倍もありゃ、充分だけどね)。

なので、実売価格4万ちょいとスペックの割りに安いけど、
セカンドカメラとして買うかって言うと、最後のところで
「うーーん...」と、唸っちゃうワケ。





ちなみに「CAMEDIA SP-550UZ」でも無いです。
これは広角28mmからだし、ズームもスゲーんだけど、
セカンドカメラならもうちょいコンパクトであって欲しい。
5万円くらいってのも、ちと高いかな...




最近、ブログやってるレディなんかを中心に、もっといい絵が撮りたい、
いっそデジイチ欲しいというヒトが増えてるけど、使いこなせれば、
これから紹介するカメラは、現時点きっとベストの選択よ。

但し、デジイチレベルのリテラシーは必要也 → blogランキング


綺麗な絵に興味あるヒトは、亀ヲタ入門編へどうぞ〜♪
続きを読む

2006年12月13日

秘技RAW

駅

最近、良くカメラのこと聞かれるのよ。
どーやったら写真綺麗に撮れんの?って。


あくまで素人のオレの場合だけど、
被写体への思い入れっつーのが
一番大事です、これマジ。
興味ないものはどう撮っていいかわかんないもん。
興味ある被写体だと雑誌とか他のヒトの写真とか
どう撮ってるかすぐ気になるし。そういう
イメージを頭に刷り込んで再現するわけよ。


その次がギアで、その次が手間かな〜。
デジイチだとその場で確認できるから、
あとは枚数撮るのみ!


ギアに関しては前に書いた通りだけど、
手間ってのはRAWによる「色作り」なんです。

ん、RAW?? 色作り??
こっから先はマニアの領域です、気をつけて 。
マニアじゃないヒトはこちらに避難 → blogランキング
続きを読む

2006年11月05日

カメヲタのすすめ 2006秋モデル

sampleアルマーニ

なんかさ、クリスマスの煽り早くない? 今年。
秋の真っ盛りを楽しんでる時に、「もう年末ですよ」とかって
言われてもねー、季節感狂うし、勝手に終わりを宣言してんなよ
って感じ。

なのでこの時期からクリスマスイルミネーションとかほざいてる
商業主義丸出しの事業者にはかなりネガティブです。
イルミネーションはじめてもいいけど、クリスマスとか
冠つけないで欲しいんですけど。


業界的には今年のクリスマスは3連休で狙い目
なんでしょうが、下心スケスケのプロモーションは、
もううんざりなんだよね...


高校生の頃からクリスマス商戦に煽られて、
もう15年以上経つわけで...なのでちゃんと
楽しむ事はやりますが、無駄にペイはしません、マジ。
いつもより財布の紐しめてかかります。


つーわけで、今年も絶対イヴに外食はしません!
クリスマスディナーとか言って、原価率下げまくって、
サービスもバタバタしてるときに行っていいことないから。
外食したとしても、全く普段と変わらないとこ限定で。
外泊なんてもちろん論外、バブルかよ...って感じで
ハッキリ言ってダサイくない? →blogランキング


***

クリスマス商戦に関してはそういう厳しめ
スタンスですが、一方カメヲタ的には、
コレから先はベストシーズンです。

街を彩るイルミネーション、澄んだ空気、
PARTY連発とフォトジェニークなシーンが
いっぱい。

ほかにも紅葉シーズン到来だし、正月もあるし
自然とカメラの出番増えそうだしね。


ただ、新しくカメラでも買おうかなと言って
量販店行くとビビります、フロアに溢れんばかりに
並ぶデジカメ。

どれ買えばいいのよ?って悩むでしょ。


んな時に、ボクだったらどうするか。
チェックするのはこの3点です。

 1.手ぶれ補正:レストラン用(特にディナー)
 2.広角(28mm〜):景色をダイナミックに
 3.マニュアル機能(絞り優先、シャッタースピードとか):ボケ味



昼ならまだしも、照明をしぼったレストランでは
手ぶれ補正は必須です。真のカメヲタの方はいざしらず、
素人がブレずに撮るって大変なんで!
高感度機能でISOあげてっていう方法もあるけど、
アレってISO800以上になるとノイジーだからイヤなのよ。
sampleマクロフォアグラ






カタログの仕様なんかをよく見ると、35mm換算で、
広角が28mmとか35mmってあると思うんだけど、
この数字が小さくなると、より広い視野の絵が撮れるってワケ。
35mmよりは、28mmの方がより広い景色を1枚に
おさめられるわけで、寺院をダイナミックに撮ったりとか、
海の広さを表現したい時には、この広角が活きるんです。

トップのアルマーニドルチも広角を活かした絵。
なんかダイナミックな感じするでしょ? 
それが広角ってヤツの魅力なのよ。
sample広角空






マニュアル機能ってのを使うようになると、だいぶヲタの領域。
例えば「絞り優先」って機能が使えるようになると、この写真みたく
ワインのボトルだけ、ピンと立って背景がボワーンみたいな、
エロティークさが出せるんです。
sample後ろボケ





こいつは「シャッタースピード」を調整して、背景を流れるように
見せているんだけど、こういう微妙な調整がコンパクトなデジカメだと
なかなか出来ないんだよね。マニュアル機能が少し使えると、一気に
写真に艶が出るんだな。
sampleウマ





***お待たせしました***

じゃ、なに買えばいいのよ? って→ blogランキング

新モデルが次々出てくる昨今ですが、
ボクが買うならコレですな 、ハイ。続きを読む