軽井沢2008

2009年02月13日

弦庵 と 川上庵 (軽井沢) 対照的なそば屋

2010-1川上庵
軽井沢では2軒のそば屋に寄りました。
南軽井沢にも、行きたいそば屋さんが
あったんだけど、スケジュール上、
今回は諦めて。



まずは、ストイックなそば屋「弦庵」。
強烈な個性のオヤジさんが1人で
切盛りしていました。
2010-0弦庵



顧客にこびる姿勢はゼロですねw、
本質的な意味では、もの凄い高い
ホスピタリティを有してるそば屋ですが、
表面的にはオヤジさんの君主制が
敷かれている、クラシックな職人系
のお店です。


場所は、裏道だけど、駅から近い徒歩ゾーン。
ボクが行った日の客層は落ち着いたオトナのみ、
軽井沢のベテラン的なオーラ漂う人々でした。

入店した時も、財界の有名なセレブリティ夫妻が
オヤジさんの猛烈なトークを浴びていたんですがw、
ボクラが座ったところで力が分散し、場がいい感じで
中和されました。


内装と同様、派手さは無い料理ですが、お通しといい
おつけものといい、真摯に向かい合った逸品がでてきますね。
ぜんまいのおひたしとか、感動レベルで美味しいし、
このあたりの前戯で、蕎麦に対する期待も高まります。


そばは、せいろと田舎があって、確か「せいろ」を食べて、
納得がいったら、「いなか」を食べるという鉄のルールを
半ば強要されますw

あの勢いにゃ、抗う気もおきませんし、ごだわりの
オヤジさんがそう言うなら、「のってみますよ」って
気分になるんで問題無いけど、苦手な人は
キライでしょうね、こういうの。


「せいろ」はつゆでいただきます。
かなり腰のある十割そばです、そばが力強いので
つゆの印象が飛んじゃってます。どんなんだったけ?


「いなか」は、平太麺、皮も一緒に挽いてあるので、
色も濃く風味が立ってます。岩塩で食べることを
すすめられますが、確かに、そば自身の力強さ、
香り、甘みが堪能できますね。

ただ、若干途中から飽きるので、つゆと塩の交互でいただきます。
美味しさをストレートに感じられるのは、やっぱ岩塩ですけど。



にしても、オヤジさんの勢いで、カメラ出す機会を逸しましたw、
まさか軽井沢で、こんな江戸っ子に会えるとは。フレンチや
カフェに飽きた頃に、是非行ってみて欲しいそば屋。


弦庵
0267-42-3525
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東11-8
http://www12.plala.or.jp/genan/



続いて、マーケティングの上手な「川上庵」を。



海外から戻ってくると、たいてい真っ先に
食べたくなるのが蕎麦なんです。 → blogランキング

続きを読む

2009年02月04日

軽井沢カフェの魅力 (軽井沢)

0204-1軽井沢カフェ
"百聞は一見にしかず"とは、
 軽井沢に行って何度も感じたこと。

都内の洒落た町並にたたずむオープンカフェや、
パリのエスプリをそのまま再現したような骨のある
カフェももちろん大好きです。

ただ、それらのカフェとは全く違ったベクトルで、
美しい森の中に佇む洗練されたカフェっていうのは、
オトナとして行っておくべき存在だってことを、
ミソジ半ばにして知ることができました。
0204-2万平ホテル






こないだの軽井沢デビュー戦で、一番気に入ったのが「Le Ciel」
軽井沢六本辻から雲場池に向かって少し入ったエリアにあるんだけ
ど、窓のスクリーン具合とか、テラス席の取り方とか、写真以上に
森の中感があって、センスの良さを感じるカフェです。
0204-3カフェ





多少プライシングは高めという噂ですが(自分らの支払額は覚えてませんスンマセン)、
ゆっくり読書したりするのに向いてる落ち着きがあるので、お客さんの滞在時間の
長さを考えたら、それなりに妥当なんじゃないの?って気がします。
0204-18ミルクティ



  お、aniaさんも行ってた、さすがだ!
  http://wine.livedoor.biz/archives/51166588.html
  

森のカフェテラス Le Ciel(ル・シエル)
〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1206-3
0267-42-2160



あと2軒ほど紹介しちゃいま〜す。 → blogランキング

続きを読む

2009年01月31日

秋の爽快サイクリング (軽井沢)

0131-1別荘地
今、真冬のこの時期にサイクリングと聞いても、
まったくシズル感無いですが、森の中を抜ける道が
バカに綺麗な軽井沢は、高低差もそんなになく、
かなり自転車向きな環境です。

自転車2台でデートなんて、こんな年になると
滅多に機会ありませんから、やってみると
ワリと愉しいです。
0131-2万平ホテル




ただ、コドモの頃と違うのは、ばかに立派なIT装備。
iPhoneのmapと、ポータブルカーナビの2台併用で
「万全の体制だ!」とのぞんでみるも、意外に
向きの判別が難しいらしく、ちょっと停止したら
いきなり進行方向の矢印が、全然違う方向
向いちゃったりして慌てました。なんだかんだ
使う人間のリテラシーが求められていて、
そこまで楽ではなかったっすね。
0131-4三笠ホテル






まりえのDSで三国志クイズ始めました、深い... → blogランキング

続きを読む

2009年01月15日

エルミタージュ・ドゥ・タムラ (軽井沢)森のフレンチ

0115-1タムラ
軽井沢デビュー戦のボクが、まず
行ってみたかったフレンチがココ。
エルミタージュ・ドゥ・タムラ


自分でもベタな選択だと思いますが、はじめての軽井沢なので
ここを基準にすると、このエリアのフレンチが理解しやすいかなと思って。


先日アップした、
ブレストンコート内の「No one's Recipe」とか、
「オーベルジュ・ド・プリマヴェーラ 」だとか、
タムラの姉妹店「無彩庵」とか、いつしか
人気店ラッシュになっているように見えますが、
やはり軽井沢フレンチを知ったきっかけは「タムラ」なんで、
色んな評判聞いてても良くわかんないから、自分で体験してみなきゃねと。
0115-3フラン





昼・夜同じコースなので、このロケーションなら
昼間に行くのが圧倒的におすすめ。
緑に囲まれたフレンチってのは、確実に
それだけで、テンションがあがります。
0115-2店内






"行く価値ねーよ"と言ってる食マニアもいるみたいですが、
高原の緑×東京と時差無いフレンチってのコラボは、
確実に都会と異なるんで、経験しておくのは、いいことだと
思いますけどね。
0115-4パン




ただ、このエリアのフレンチは、総じてレベルが
底上げされていて、同様のシチュエーションで
美味しいフレンチは食べられそうなので、確かに
「タムラ」じゃなくてもその感動は得られる気はするけどw
0115-5フリット





長期滞在のリピーターならまだしも、フツーのお客さんは
ステイ中にそう何回もフレンチのチャンスは無いでしょうから、
「間違いたくない」って時に安心して選べるフレンチなんでは
ないでしょうか エルミタージュ・ドゥ・タムラ。
0115-6ワイン白





次回行くなら、テラスでアペリティフが楽しめる
夏に行きたいですね、やっぱ。
0115-7プティフール





エルミタージュ・ドゥ・タムラ
長野県北佐久郡軽井沢町長倉820-98
TEL:0267-44-1611
定休日 月、火
冬季休業 2009年1月13日〜2009年3月13日
0115-9タムラ外観




→ blogランキング
続きを読む

2009年01月09日

厨 (軽井沢)夜のセイフティネット

0107-1くりや
夜が早い軽井沢にあって、ラストオーダーが0:00という
心強い居酒屋。何も知らずにゆっくり風呂に入って、
「さ、飯食うか」と21:00頃に旧軽井沢の町に出たら、
頼みの綱の蕎麦屋まで閉まっててビックリ。

L.O過ぎた蕎麦屋のスタッフに、「ボクラも良く行くとこ紹介しますよ!」と
教えてもらったのが、こちらの「厨(くりや)」。

 

 



旧軽井沢商店街の細いわき道を入り、聖パウロ教会へ
抜けるくらいのゾーンです。
0107-3厨屋

 



"自然の中で食べる贅"という演出がハマる軽井沢では、
夜より昼の方に食事の重点を置きがちなので、体が
慣れるまでは、なかなか宵の早い時間に、お腹が
すいてこないんです。


軽井沢のリズムにハジかれた時に、ココを思い出すと便利ですぞ。
13:00から15:00過ぎまでゆっくりフレンチ食べてたら、
なかなか19:00には、腹減らないです。
21:00頃に「小腹すいたな」っていうのが、ありがちなパターン。

定食もあるし、お酒のラインナップも豊富だし、
案外軽井沢にありそうで、ないタイプのお店かと。

こちらは、こんにゃく蕎麦だったかな、あんま
期待せずにオーダーしたら、意外とウマかった!
0107-2蕎麦



厨(くりや)
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢609
0267-42-4436

 

**

車が売れないワケだね...
120万円の車でも、平均的なコストが月5万円以上、
カーシェアリングですら2.5万円くらい。
そう考えるとTAXI使いの、たまにレンタで充分かと。 → blogランキング

続きを読む

2008年12月27日

エンボカ (軽井沢) 森のピッツァ

1226-1エンボカ
軽井沢でピッツァがうまいとこと言えば、
まっさきにあがるお店じゃないでしょうか?
エンボカ(en boca)。
http://www.enboca.jp/



ガイドブックをはじめ、しずる! のゲンさんや、
さとなおさんaniaさんなどクチコミでの評価も高い。




前夜のフレンチ「No One's Recipe」でも、
東京と時差の無いフレンチに出会い、心のどっかで
侮っていた自分を反省しましたが、ここでは更に、
軽井沢らしさをアレンジしたオリジナリティに、
リスペクトをはらうことになりました。
1226-2エンボカ





ロケーションは南軽井沢、有名なエルミタージュ・ド・タムラと
離山房の間の道を入っていった突き当り。慣れてないと
ちとわかりづらいかも。ボクは、ちょっと迷った。

森の中にたたずむ一軒家のイタリアンで、
靴を脱いであがるゆったりしたダイニングと、
ピッツア釜のそばにある3面ガラスに囲まれた
森の中のようなサンルーム、そして数席の
カウンターといった造り。


もちろんボクラは予約しての訪問。
平日にも関わらず満席のため、
断られていたお客さんも。


ランチのメニューは、サラダやスープのほかに
スモークなどの前菜があって、ピッツァも数種類。
トッピングの組み合わせができるハーフ&ハーフ
が人気だとか。
1226-3スモーク






もともとイタリアかぶれのけが強いボクなので、
ピッツァのハーフ&ハーフとか、受け入れるのは
苦手なタイプです。トッピングもいわゆるナポリ
ピッツァではありえない、野沢菜みたいなものも
あったと思うし、ドリンクは、ワインよりも
ベルギービールとかの方が目立つ位置づけです。


まー、折角来たんだし、堅苦しいことに縛られててもと、
色んな味を食べてみるべく、マルゲリータとプロシュートの
ハーフ&ハーフのピッツァをオーダーしてみた。


ハーフ&ハーフみたいな2種類のトッピングの場合、
火入れでどっちかが犠牲になっちゃうんじゃないかと
思ってたんですが、そんな余計な心配は、浅はかな
素人の危惧に過ぎません。
1226-4ベンチ





生地の自然な甘さやフカモチ度、プロシュートの
ボリューム・クオリティといったものが、全て期待値を
越えています。マルゲリータは、そこまで特徴的では
ないけど、充分「美味しくね!?」と言っちゃうレベル。


こういう真摯なスタンスを感じると、現金なもので
最初に感じてた違和感が一変します。


もともと郷土料理の色が強く、地産地消というイタリアンの
成り立ちからすると、一瞬「変り種じゃね!?」と思った
野沢菜やレンコンといったピッツァも、実は軽井沢的に
アリなんじゃねーのかと。
1226-4スイーツ



代々木の店も評判いいですね。
ま、でもボクはあのロケーションで食べたいな。


エンボカ(en boca)
北佐久郡軽井沢町大字長倉南原3874-5
0267-44-3301
1226-5エンボカ





軽井沢じゃないですが、
あの中華、やっぱウメーや。
来年はもっと行きそう。 → blogランキング


続きを読む

2008年12月19日

No one's Recipe (軽井沢) 高原フレンチの魅力

1217-1ノーワンズレシピ
石の教会や軽井沢高原教会など、
軽井沢での結婚式といえば、トップに
オンリストされる教会を持つ「HOTEL Bleston Court」
http://www.blestoncourt.com/

「星のや」同様、星野リゾートのブランディングにおいて
重要な一角を担ってあるであろう戦略的なホテル。


ロビーやラウンジは、わりとカジュアルな雰囲気で、
洗練された高級路線では無い。高原リゾートらしく
あんま肩肘張らないように意識してるのかな?

泊まったわけではないので、部屋のことはよく知らないけど
白を基調としたデザイン性の高いデザイナーズルームも
あったりと、3種類程度のコンセプトで造られた
コテージタイプとなっていて、お値段もソコソコ。

1217-2会場




そんな、ホテル ブレストンコートのメインダイニング
「No one's Recipe」は、緑に囲まれた洒落たフレンチ。
総料理長の浜田シェフは、2005年度のボキューズ・ドール国際料理
コンクール日本大会で優勝を果たし、フランスで開催された本戦では
24ヵ国中総合 12位(肉料理16位、魚料理7位)という実力を持つ。

ちなみに、こちらの大会の過去の優勝者には、
今、ボクが世界で一番行ってみたいと思っているレストランのシェフ、
「きのこの魔術師」レジス・マルコン氏なんかもいたらしい。
1217-3魚




ここは、いもーとのWedding Partyで行ったので、
通常のメニューとは違うんだろうけど、それでも
予想以上に美味しく楽しめました。
1217-4いもーと

 

 



ま、ボクの場合、料理の印象なんて気分次第で
変わるから、いい加減なものなんだけどねw




特に「Weddingの料理には期待はしちゃダメ」っていう
刷り込みがデフォルトになってるので、余計に高評価に
つながったという一面があるのは否定しないけど、
でも"東京と殆ど時差が無いフレンチが、軽井沢で
楽しめるんだ!"ということを知れたのは、ボクにとって衝撃でした。
1217-5ラム

 



もちろん、あちこちから、軽井沢のフレンチの
レベルの高さは聞いてて知ってたけど、いざ自分が
体感してみないと、そういった知識は単なる記号であって
意味を持ってこないからねぇ...


Wedding用に、普段フレンチを食べなれていない人にも
食べやすくアレンジするとともに、それでいてある程度
フレンチを食べなれた人をも満足させる「No one's Recipe」。
1217-9テーブルセッティング




正直"リゾートのWEDDINGフレンチでしょ?"と侮っていた
ボクは、猛省でした。めでたい席での予想外の展開に
テンションあがりっぱなしだった夜。

紅葉ピークの雲場池から1日がはじまり、
白糸の滝で岩魚焼きを食べ、鬼押出しからは
浅間山の絶景を望み、モダンな集落「星のや」に
感銘を受け、いもーと夫婦の幸せなWeddingに出席。
1217-25入口

 

 



その流れからの「No one's Recipe」ですからね〜、
そりゃ、イヤでも軽井沢のファンになりますってw → blogランキング

 

続きを読む

2008年12月12日

星のや (軽井沢)モダンな集落

1206-1星のや
モダンな和テイストの谷の集落"星のや"
http://www.hoshinoya.com/





中軽井沢のハズレとも言うべき場所ですが、
石の教会や軽井沢高原教会で有名な
ホテル ブレストンコート などグループに持つ、
星野リゾートのフラッグシップ的な温泉旅館。
1206-2星のや温泉




〜 コンセプト:HPより抜粋 〜
もっと日本らしさを大切にしながら近代化するルートを歩むことができたなら、
私たちの生活や周りの風景はどうなっていたであろうか」という好奇心が、
谷の計画のはじまりでした。それは、単に歴史をさかのぼることではありません。
思い描く「もう一つの日本」は、この土地独自の価値観、生態系、そして文化を
守りながら、時代に合わせた近代化をとげてきた時の空想の姿なのです。


もちろん対外的な美辞麗句とはわかっていますが、
こういうアプローチはとても共感できるんだよなー。
1206-3紅葉




ちょっと話は変わりますが、子供の頃、京都って実際に行くまでは、
あんなビルとか立ち並ぶ近代都市でなく、ほんとに古い町並みばかりが
残った街だと思ってました。なので、駅降りて正直ガッカリした記憶があります。

フィレンツェにしたって、バリ島にしたって、美しい町は"効率化"の前に
『美意識』を優先しますよね(#)。訪れる人が何を期待してるかって
熟知してるんです。だからこそ、長きにわたって世界から愛されるわけで...

  #ソコこそがマネタイズのコアって話は置いておいて


もちろん今の京都も大好きですし、行ったら快適さにあぐらをかいてます。
ただ、もう少し不便でもいいから、昔の日本の美しさってのを意識した
街づくりができてたらなって仮説には、共感せざるを得ないんですよね。






・・・ハイ、毎度のごとく話が長いし、飛びますねw
星のやの話に戻しましょう


伊豆・箱根を中心に、モダンなテイストを取り入れた旅館は
結構多いので、単にデザイン性という観点だと、"星のや"
だからっていうアドバンテージがあるわけではありません。
1206-4茶室





でも、"集落"っていうスタイルをとっているので、空間の
遊びはなかなか面白いですし、共用施設などで規模感を
いかしたサービスができるのが魅力になってると思います。


若いスタッフが多いので、老舗のような洗練されたサービスを
期待するより、爽やかな(若干必死感もある)対応にのっかって、
必要なことをリクエスト出してけばいいんじゃないでしょうか。



ハード的には、宿泊者専用のメディテーション風呂も好きですし、
レストランの上のライブラリー空間とか、あの気持ちよさは
見事だと思います。参加できませんでしたが、トラッキングとかも
参加したいですね。カメラ持ってねw
1206-5レストランとライブラ




星のや
〒389-0194 長野県軽井沢町星野
Tel:0267-45-6000



なんだかんだ人気な理由がわかります → blogランキング

続きを読む

2008年11月29日

鬼押し出し (軽井沢)絶景だけど...

1128-3岩と山
江戸時代の浅間山の噴火によって流れだした溶岩の奇石が連なる「鬼押し出し


既に11/末から来年の3月末まで休園となってるが、
浅間山を望む絶景は見事な観光スポット。
軽井沢からここまでの有料道路や、600円という入園料は
果たして適正か?と思わないこともないが、他には
無い奇景が楽しめるので、1回くらいは行ってもいいかと。
1128-5噴煙




ガキの頃のような興奮は無く、「被写体的に割とつまんなくね?」と
COOLな自分をなだめつつ、澄み切った空気を吸いながら
浅間山を眺めてのWalking。

黒い溶岩の中、真っ赤に映える整備の行き届いた観音堂も微妙..
折角の自然の調和を、無理に人間が乱してるような不快感が
ぬぐいきれず、どうにもイヤなタイプのMONEYな香り。


もちろん景色自体は素晴らしいです。浅間山の迫力や、
眼下に広がる紅葉の絨毯は、半端なく美しい。
1128-4山引




ま、でも次に行くのは15年後とかで充分。 → blogランキング


続きを読む

2008年11月20日

白糸の滝 (軽井沢)滝のアート

1120-0白糸の滝
新緑の頃だと、お散歩スポットとして絶好調に
爽快そうだし、紅葉もバッチリきまってれば、
印象が変わるんでしょうが、さすがに紅葉の
終わり頃に訪れると、なんかちょっと物哀しいですね。


晩秋の軽井沢は、「白糸の滝」
1120-1白糸の滝





炭火で焼いた岩魚をかぶりつくのは
風情があっていい感じなので、「鬼押し出し」に
行くついでに寄ってみる選択としてはアリ。
きのこ汁とのマッチングもバッチシでした。
1120-5岩魚





ただ、11/初ですら寒かったので、
今は昼でも滞在時間短めでいいと思う。
さっと見ただけでも、色んな滝の表情を
捉えることができました。
1120-2白糸の滝寄





ただ、さっと肉眼で見ただけでは、こんなにバリエーション豊かな
景色には逢えないと思います。ボクもカメラで後から見て
「へー、こんな風だったっけ?」と感じたくらい。
1120-2白糸の滝寄縦






季節的に涼しい絵で申し訳ないっすが、カメヲタ的には
なかなか興味深い風情になったんで、ちょいとお付合いくださいな。
1120-3滝横



色褪せた晩秋も悪くないね → blogランキング

続きを読む

2008年11月11日

雲場池 (軽井沢)映える紅

1112-2雲場池縦
軽井沢の駅から、クルマで数分。
チャリでも5分かからない位置にある雲場池。
別名「スワンレイク」とも呼ばれていて、
軽井沢でも有数の観光スポット。




澄みきった水には、紅葉の赤や黄色に加え、
空のブルーまで綺麗に映りこんでおり、
池の入り口から眺める景色は、完成された
絵のようにすら感じる。
1112-1雲場池





池畔には遊歩道が廻らされていているので、
まずはここを歩きながら、軽井沢の空気に
体を慣らしていく。
1112-5池の横から




池の入口あたりには、そこそこ人が固まってたけど、
平日だけあって、ちょっと奥に進めば、すれ違う
人も殆どありません。
1112-4池の奥から





にしても軽井沢デビューでこの景色。
そりゃ好きになりますって。

どうして今まで来なかったんだろうと反省 → blogランキング


続きを読む

2008年11月04日

気品ある森のリゾート軽井沢

1104-25軽井沢
タイトル写真の通りでございます。

いもーとのWEDDINGがあったので、
ちょっと陽気に4日間ほど秋の軽井沢へ
出かけさせていただきました。



実質、軽井沢はデビュー戦のオレ。
全てが新鮮で、やけに品のいい高原リゾートを
思う存分満喫しちゃいました。なんかココロまで
キレイになっちゃった錯覚すらおぼえていますw
1104-2Wedding






しっかり子供向きじゃ無いリゾート地なんで、
あんまギラギラしたオーラは似合わないですね。
ここ数年で、ボクもやっとこの森を愉しむスキルと
心構えが出来てきた気がします。


 どーしても、オレみたいな品位の無いオトコだと
 20代の頃は、貸切風呂あってリーズナブルなトコ
 みたいの探しちゃうので、時間をゆっくり"いつくしむ"
 的な選択肢は、なかなか上のほうに来なくてね...



で、このオトナ向けリゾート「軽井沢」、
景色も、空気も、食も、やけにクオリティが高く
色んな意味で満たされる場所ではあるんですが、
浅間山の存在感がいいですね、ところどころで
チラッと見えると、なんか嬉しい。

1104-10浅間山






ラッキーなことに紅葉シーズンだったので、
どこ歩いててもホント綺麗。

1104-12雲場池




有名スポットの紅葉ももちろんスゲーんですが、
一本裏道に入ったところのなにげない並木道の
雰囲気が実にいいんです。
1104-4並木道



チャリンコで気の向くまま走って、タイプの
カフェを見つけて美味しいコーヒーをいただく。
この贅沢さ、東京では体験できないタイプの
愉しさなので、わざわざ来る気持ちがわかりました。

1104-7カフェ





フレンチやイタリアンも東京並のクオリティが味わえるし、
なにより窓からの景色が、都内とは別世界。
人生に余裕があれば、1ヶ月くらい夏に
避暑に来たいと思いますわ、確かに。
1104-6食事






"星のや"に泊まりましたが、イメージで言うと
アマンつーよりチェディくらいの期待感で
行くのがいいと思います。金額的にも
そのくらいが妥当だし。

 ・・・アマン未宿泊のオレが言うのもなんですがw



ボクは、前知識何も無しのニュートラル状態で
行ったんですが、さっきWebのどっかの掲示板とか
見たら、結構ネガティブなコメントが並んでてビックリ。

過剰な期待は、大抵いい結果を招かない
ものですが、金額見合いを考えれば、
あのハードは立派だと思うし、食事が
ヒドイというコメントも散見されましたが、
ルームサービスと朝ごはんは、充分に
美味しかったです。

ウブドゥのヴィラっぽいステイスタイルを
和のテイストを組み込んで表現してるとこを
あんま知らないので、また是非行きたいと
思える場所だったね。

1104-3旅館







軽井沢ビギナーなので、とにかく色々回りながら
自分の好きな場所を探した4日間でした。

1104-11サイクリング



毎年恒例にしたいです → blogランキング



続きを読む