秋田2008

2009年03月07日

乳頭温泉から帰ろう (秋田)

0307-1鶴の湯

前にも書いたとおり、乳頭温泉郷は、十和田・八幡平国立公園 乳頭山麓に
点在する七湯の総称で、それぞれが独自に源泉を持っています。
ボクらが泊まった「妙乃湯」のほかに、全国的に有名な「鶴の湯」、
ほかにも、「蟹場温泉」「国民休暇村」などがありますが、12月の段階でも
「黒湯温泉」「孫六温泉」への道は、雪に覆われていて閉ざされていました。


自分の足で他の宿も見て、やはり気になったのは「鶴の湯」。
温泉とはいえ、ちょいと洒落た時間を過ごしたくて「妙乃湯」にしましたが、
秋田の自然をより体感できる、野趣溢れる滞在がしたければ、「鶴の湯」は完璧ですね。
0307-2神社






散々温泉には入ったので、他の温泉の日帰り湯は諦めて、
もう少し食事も愉しみたいと、角館へ戻ることに。
0307-3蕎麦






空港に戻る途中で角館があるので、ワリとスケジュールも
組みやすいですね。夏や秋なら、渓谷とか紅葉とか
見たいトコも多いけど、冬だと選択肢は絞られちゃうんで。
食べ残したものを、攻められます
0307-4比内地鶏丼






やー、でも久々の雪山ドライブ気持ちよかった
0307-5雪山



 → blogランキング


続きを読む

2009年03月05日

妙乃湯の晩ご飯 (秋田) 乳頭温泉っていいヮ

0228-1きりたんぽ鍋

宿の雰囲気といい、お風呂のバラエティさといい、
この歳にしてボクを"温泉好き"にさせつつある「妙乃湯」。




さて、そんな温泉宿の夕食はどんなモンなんでしょ。
乳頭温泉には、超有名な秘湯の「鶴の湯」があり、
そっちとも迷ったんですよねー、やっぱり。

でも食事が凝ってそうで、宿全体にモダンなエッセンスも
取り入れてるとこに惹かれて、最終的に「妙の湯」にしたんです。
0228-3前菜



食事は、朝と夜は別の場所。
夜は渓流沿いの畳の座敷で、朝は暖炉がある
サロンみたいなとこでテーブル席。


ゆったりお風呂に浸かった後に、体が火照ったまま
いただくビールって、ほんと幸せ。しかも窓の外には雪でっせ。


料理は、昼に食べた料亭と比べちゃ、そりゃアレですが、
品数も多く頑張ってます。ハタハタ、稲庭饂飩、きりたんぽ鍋と
観光客が喜ぶ定番をそろえてますし、紅鱒とか自家製漬物とか
そういうラインもタイプです。ロケーションってのもありますが、
2万円前後の宿としては、充分な内容かと。
0228-2きりたんぽ鍋完成





滞在中は時計をろくに見なかったってのもあるけど、
東京での1分と、ここの1分が、
同じ長さに感じられませんでした。
今や、秋田に来て温泉つかるより、ソウル飛んで垢すりする方が
お手軽な時代ですが、いやいやどうして、国内旅行も捨てがたいっすね。

これまでは休みといえば海外優先でしたが、
徐々に国内比率も増えていきそうな感じです。
それこそ、子供ができたりしたら、一気に変わるかな。
0228-4大吟醸






何年も封印してたスノボですが、フリーランだけでも
再開したくなってきてる今日この頃。
温泉:滑りは、8:2で程度でいいんだけど、気持ちよく
雪の上を滑走するあの感覚が懐かしくて。 → blogランキング


続きを読む

2009年02月26日

妙の湯 (秋田) 乳頭温泉の洒落た宿

0225-1妙の湯家族風呂

田沢湖の奥にある秘湯の「乳頭温泉」
http://www.nyuto-onsenkyo.com/


7つの温泉が点在していて、「乳頭温泉郷」って呼ばれています。
特に有名なのは「鶴の湯」で、ダイナミックな自然との融合っぷりは、
不動の人気を誇っています。あと、モダンな「妙の湯」も女子ウケいいね。

ボクラも、上の2つで迷ったんですが、部屋自体は妙の湯の方が
洒落てそうだったので、「妙の湯」を最終的には選びました。
http://www.taenoyu.com/


こちらは、渓流沿いの一軒宿で、ジャパニーズモダンを
取り入れた、"やりすぎじゃない温泉宿"です。
温泉宿のリノベーションがここ何年かで急速に進んだけど、
なかには、下品なラブホテルっすか?くらいの温泉情緒が
皆無な宿もあるじゃない。 別にそれはそれで、ニーズが
あるからいいんだろうけど、秋田の山奥に折角行ったんだから、
攻撃的な圧迫感より、ほっこりとした癒しが欲しいじゃない。
そういう意味で、ちょいモダンな感じが好印象でした「妙の湯」は。
0225-4玄関






露天風呂の数も男女合わせて7種類、内湯を入れたら9個かな。
時間制で男女の風呂が入替ります。貸切に出来る家族風呂は1コ。
源泉は2種類で、にごり湯の「金の湯」、単純温泉(透明)の「銀の湯」。

詳しくはコチラ


こんだけあるんで、気分によって使い分けられるから、
気付いたら1時間くらいお湯に使ってたなんてなるんすよ。


一番気持ちいいのは、渓流沿いのデカイ混浴風呂「妙見の湯」ですが、
期待はしたものの、実際知らない人と混浴になることはありませんでしたね。
ここは天井も無いので、風に舞う雪を感じながら入浴できる開放感がいいですね。
下の写真は「妙見の湯」から、もうひとつの混浴風呂を眺めたショット。
0225-3渓流沿い湯








エンドレスになっちゃうそうなのは、「金の湯 寝湯」。
にごり湯の檜風呂で、背もたれと枕があるのがオレ向き。
ほろ酔いで入った日にゃ、朝までいてもおかしくないw。

ただ、ボクが入ったときはぬるかったんですが、男女風呂が切替わって
まりえが入った時には、熱すぎてゆっくりなんてしていられなかったとのこと。
0225-2金の湯








トップの写真は貸切にできる家族風呂。
ランプの灯りが雪を照らして風情満点。
こちらも、横にちいさなせせらぎがあるので、
いかにもな雰囲気でいっぱいです。


訪問したのは12月半ばなので、今はもっと雪深くなているんでしょうね。
そういえば、ここに泊まった日は誕生日だったような。
お風呂に入っている時以外は、本を読んだり、酒を飲んだり....
まりえと一緒に、静かな時間をのんびり過ごしてました。
0225-5部屋






こーいう場所に独りで行くってのが、妄想の中では憧れですが、
多分性格的にひとりだとウマく遊べ無さそうな気がする〜
0225-7看板



あると思います! → blogランキング



続きを読む

2009年02月19日

料亭 しょうじ (秋田)野鴨とご対面

0215-3野鴨
角館の料亭 しょうじ
http://ryotei-shoji.jp/

宿泊した武家屋敷ホテルの「樅の木亭」は、
ワリと今っぽくアレンジした郷土料理なんで、
ドストライクの郷土料理が食べたいと、
クラシックな料亭を探してたんです。

何軒か料亭があるものの、サイトは似た感じだし、
クチコミもあんまピンとこなくて迷っていたんだけど、
折角なら"雪見料亭"とかいいなと思って、
窓の広そうな「しょうじ」にしたんです。






で、電話して食べたいものとか予算とかの相談して、
最後に「あの、庭見える部屋がいいんですけど」と
お願いしたら、「あー、もう窓のユキガコイしちゃったんですよ」と。

「ユキガコイ??ってナンダロ」と思いましたが、どうやら
見えないことはわかりました。ここまで相談して対応も良かったんで、
ま、別に景色見えなくてもいいやって感じになってましたが、
「ユキガコイ」って何だろう?という疑問は、現地行くまで
引っ張りましたね。
0215-2盛り合せ






そうそう、「現地のうまいもんが食べたいです!」と
アツかったせいか、3日ほど前に連絡がきたんです。
「野鴨入りそうなんですけど、いかがです?」って。
ソリャ、迷うことなくお願いしますョ!!
おかげで、行く前からテンションあがりましたねー。
料理は要予約で昼は3000円くらいからOKらしいですが、
ボクは野鴨も食べたかったし、7000円でお願いしました。
0215-4うどん







で、その「料亭しょうじ」。
場所は、武家屋敷から歩いていけるゾーンにあります。
思ったよりデカイ料亭で、何十人も入れそうな座敷の前を通って、
ボクラは個室に通されました。お昼のお客はボクらだけだった
らしく、個室以外は寒かったんで、板張りの廊下は、足元から
しんしんと冷気が伝わってきました。雪国の冬って感じで
ボクにはポジティブ。


料理は食べるときに説明してもらったけど、すんません。
2ヶ月前の慣れない食べ物の名前は、いつもに増して
覚えられません。
なので、2ヵ月後のデフォルメされた記憶と思って
適当に流しながら読んでくださいね。

 「ソレって、いつもと変わらないじゃん」ですって!?
 んーまーそーなんだけど、いつも以上に
 素材名とか料理名がわからんダス。



言い訳はこの辺にして、特に印象的だったのは、
あたりまえだけど「野鴨」。最初は、"だまこ鍋"にして
出てきたんだけど、「野鴨」の力強いこと滋味に富むこと!

レバーのあたりも"いい癖加減"で、日本酒が進みますよ、オレのくせに。
しかも米星人にはたまらない、ごはんを丸めた"だまこ"とのコラボとくりゃ、
心の中では自然と踊りだしちゃうって。
0215-2鍋





コレ、なんつー食べ物なんすかね?
冷たいゼリーよせみたいな、澄んだ煮こごりみたいな。
この山菜もみずみずしくて、中盤でとてもスッキリする一皿でした。
0215-1しょうじ





囲炉裏を挟んでの、夫婦2人の料亭ランチ。
会話が途切れても気にならないから、
炭の燃えるパチって音まで、ゆったりした
心で拾えます。こーいう時間は、恋人ってより
夫婦の方がしっくりきますね。
0215-10囲炉裏




基本"戦人(いくさにん)"として
生きていたいオレですが、油断すると
隠居した老人みたいな台詞ももれちゃいますなw
今っぽく言えば、草食系男子?。

ま、シャキッとした外面ばかりじゃ、
生きてんのも疲れるし。


料亭 東海林
要予約 不定休
〒014-0356 秋田県仙北市角館町花場下8
電 話 0187(54)2022 FAX 0187(54)2023
営業時間 昼 11:30〜14:00 夜15:00〜21:00
http://ryotei-shoji.jp/


0215-5料亭しょうじ





香港から帰国後、満腹中枢がイカれたせいか
凝った料理を食べたいっていうマインドに
全然ならなくなりました。しばらくは、この
傾向でいたいかも。 → blogランキング


続きを読む

2009年02月06日

武家屋敷ホテル (秋田)

0210-0武家屋敷ホテル

角館にある民芸調のこじんまりしたホテル「田町 武家屋敷ホテル」。
過度に洗練されすぎているわけではないので、幅広い層から
支持を受けているみたいですね。家族、カップル、女同士
あまり騒ぎ過ぎないなら、どんな使い方にも似合います。




ホテルのエントランスも、町の雰囲気にマッチしていて、
一歩外に出ると黒板塀や天然記念物の枝垂桜など
立派な古木が道の脇で存在感を放っています。
「青柳家」とか「石黒家」とかがある、いわゆる
"武家屋敷"ゾーンへも徒歩圏内。"みちのくの
小京都でそぞろ歩きしたい"なんて人には、
もってこいの宿なんじゃないでしょうか。
0210-1hotel部屋





ハードだけでなく、ソフト面もイメージする"秋田"らしくて
あったかくなれました。フロントにいらしたのは支配人なのかな? 
お客さんをほっこりさせるテクニークは、さすがでした。
0210-2布団




程よい距離感は保ちながら、雪国っぽい
スローな時間軸でのコミュニケーション。
そうそう、こういうの求めていたんです。


併設の「樅の木亭」の食事もハズさないし、
角館に泊まるなら、おすすめですよ。
0210-3樅の木亭




田町武家屋敷ホテル
〒014ー0312 秋田県仙北市角館町田町下丁23
0187-52-1700
http://www.bukeyashiki.jp/

0210-5花




やっべー、全然痩せねぇ..... → blogランキング

続きを読む

2009年01月29日

樅の木亭 (角館) "はたはた"の衝撃

0127-1樅の木亭
角館では、「武家屋敷ホテル」という、そ通り
武家屋敷をベースに作ったとかいうホテルに泊まったんです。
そこに併設されているレストランが「」で、前までは
イタリアンだったと思うんだけど、今は郷土料理を扱う創作和食
レストラン。

宿泊者は、浴衣まま食べられるよう、個室ゾーンが
用意されていているんですが、かなりペースで料理が
出てきます。

これは、ココだけ傾向じゃなく、
や温泉宿でもそうだったんで、
もしかしたら、秋田は食事スピードが早いんでしょうかね?
0127-2牛肉焼





前がイタリアンお店だったからでしょうか、お皿や盛り付けは
いわゆる日本料理という王道だけじゃなく、かなり遊びが
入っています。また、出汁が強いな...と思う料理も何皿か
ありましたが、逆に肉火入れ加減とか、むしろ好みだったももありました。
0127-3お通し




ホテル飯だからと、多少ナメてた部分もありましたが、
モダンアレンジ秋田料理は、他ではなかなか
食べられないだろうし、こチョイスは案外正解
だったんじゃないかなって思ってます。


というも、翌日ランチが料だったで、クラシックな
郷土料理はそっちに任せとけばいいから、バランス的にいい感じかと。


お餅ような団子中に、ミンチした地鶏がつめてある
鶏のあんぷら包みとか、稲庭饂飩も美味しかったですが、
やっぱ圧巻だったは"はたはた"。
0127-3もちもち鶏




時期、旬な"はたはた"は、粘り気ある卵が特長的で、
プチプチ食感はなんとも癖になるし、やけに日本酒が
すすむんだわ。


ネバネバ具合は、鮮度や火入れにもよるかな?
温泉宿や東京で買ったときは、たいして卵が粘らなかったで、
余計にこときインパクトが、色濃く焼きついてます。




一時期、角館「一行樹」高橋シェフが銀座に
「genten」を出店していましたが、今は、また角館に
戻って、「じん市」というお店をやってるみたいですね。

みち小京都と言われるだけに、思いほか
モダンなお店も多いです、角館。
0127-4稲庭うどん



今年は、地方ならでは料理に、色々逢ってみたいなぁ


(田町武家屋敷ホテル)
〒014-0312 秋田県仙北市角館町田町下丁23
TEL : 0187-52-1705
http://www.bukeyashiki.jp/dining/index.html



風邪キケン → blogランキング

続きを読む

2009年01月17日

角館 (秋田) 雪が無い!?

0118-1角館
秋田県でも、結構内陸に入ったところ。
空港から、車で田んぼの中を走っていると、
突如として情緒溢れる町が出現する。
みちのくの小京都「角館」だ。
http://kakunodate-kanko.jp/




当初は、「B.Dだし、箱根の高級旅館でも泊まってみる?」って話だったんですが、
「絵的になぁ、箱根だと雪もその頃無いだろうし、なんかパンチ欲しいよね?」ってことで、
急遽雪に埋もれた秘湯探しに変更。なんかで乳頭温泉を見つけ、更に駅貼りの刷り込みで
「お、角館×雪見温泉って、ヤバくね?」ってとこに辿り着いたというのが、今回の
小京都行きのバックグラウンド。
0118-2角館壁




JRの駅に貼ってある「角館」のポスターに知らず知らず洗脳され、
"白い雪と武家屋敷の黒い板壁のコントラストを撮ってみたい"
と、カメヲタ魂が騒いだわけですヮ。



って、ノリだから、『雪』っていうのは、極めて重要な舞台装置なわけで、
角館の公式ブログを見ては、「おーヨシヨシ、よくぞ雪が降ってくれた!」と
はしゃいでいたワケなんです。




ところが、旅行の1W前の週間予報をチェックすると、旅行日程中はなんと雨。
公式ブログからは、日々雪が溶けていく様子が伝わってきます。
山深い乳頭温泉の方は、心配なく雪見温泉に浸かれそうだったので
安心してはいましたが、当日まで、「雨が雪に変われ!」と心の中で
祈祷しておりました。



最後まで、雪を願いましたが、現地に着くとまるっきり雪は無し。
将棋で言ったら「飛車」落ちの気分に若干凹みましたが、
思った以上にウマイ飯に出逢えたので、なんとかダメージは
回復し、次回こそ!という気分になれましたが..
0118-3角館壁


春は、しだれ桜
夏は、緑
秋は、紅葉
冬は、雪


と、四季折々の魅力がある角館なのに、よりによって
一番寂しい時期に行っちゃったので、武家屋敷の写真
としては、最低のモノだと思いますw
0118-4屋根



小さな町なので1泊で充分楽しめますが、
酒や鶏、野菜に魚も美味しかったし、
料亭も多いので、メシ好きに結構刺ささりますよ。 → blogランキング



続きを読む

2008年12月24日

泣けちゃうほどNIPPON (秋田) 角館と乳頭温泉

1224-1乳頭温泉
今宵、クリスマス・イヴですが、当家は今晩、
徹底的に「和」の粋を愉しませてもらっているので、
気分的にも"日本"ネタでいかせていただきます。



ボクもまりえも12月の産まれなので、
誕生日にかこつけて、秋田に行ってました。





雪の角館が見たかったのと、乳頭温泉で温泉三昧が
したかったんです。もちろん、比内地鶏や鰰(ハタハタ)、
キリタンポといった本場の味覚に逢いたかったというのは、
言うまでもありませんがw
1224-2角館







とにかく、何が良かったって「乳頭温泉」。
家族風呂もいいですが、渓流沿いのダイナミックな
妙見の湯ってのが抜群に良いいんです。
1224-1乳頭温泉2






妙見の湯は混浴用なんですが、なかなか女子は
いらっしゃらないので、実質貸し切り状態。
そもそも絶対数が少ない男性陣はたいして長湯も
しないので、ほぼ一人ででっかい風呂を占有し
自由を謳歌しておりました。




特に夕食後が気持ち良くて、FULL MOONに照らされた
雪景色の中、ひとり乳白色の温泉につかってると、
「こんなに人生って素晴らしくていいんすか!?」って
思わず泣けちゃうほどNIPPONなんです。
1224-3妙の湯






川のせせらぎも結構なボリュームなんで、独り歌っていても
誰にも聞こえないから、懐かしの名曲なんぞ口ずさんで
おりました。


雪山って学生の頃に良く来てたので、つい思い出すのは
スノボやリゾートバイトをしていた頃の懐メロ。
こういうシチュエーションには、おしゃれ番長的なサウンドは
似合わんのです。人間満たされすぎるとHAPPYな曲より、
この「大事な時間が終わること」を察してか、切ない歌を
セレクトしがちじゃない?

ん、そんなこと無い? やっぱオレが変態なのか...ま、いいやw




そういう意味もあって、もしかしたらこういうシーンでは、
演歌が一番マッチするのかもしれないけど、
そもそも曲を知らないのよ。
むしろ、ボクにとっての演歌(SOUL MUSIC)は、
サザンだったりドリカムだったりするわけで。
1224-6温泉








食事は、どこもそれなりに満足出来ましたが、秋田って
出すペースやっけに早いのよ。東京だったら2.5Hくらいの
コースを1.5Hくらいで出してくる感じ、なのであんま
ゆっくりお酒を味わうって出来なかったんですが、
たまたまボクらがそうだっただけなんでしょうか?



衝撃的だったのは、ハタハタ。あの卵のネバネバ感とか
尋常じゃないんで、猛烈に癖になります。
1224-4はたはた





シーズン当初の野鴨がいただけたのもラッキー!!

今年は雪足が遅く、料亭で聞いたら、
「今年初の鴨を召し上がったお客さんですよ」と。
しかも、また雪がなくなって、いい鴨が入らないんですよ...とも。
1224-5野鴨鍋





あと、比内地鶏は、やっぱ強いです。
米星人的には、きりたんぽもハズせませんし。





てな感じで、心から癒された秋田の旅でした。
ただ、肝心の角館に雪が積もっていなかったのだけが悔しい。
例年なら積もっているらしいんですが...
1224-11角館






料亭もホテルもほんと不況の影響をモロに受けてて
「もう、ほんと大変なんですよ...」と言う声を、
あちこちで聞きました。

なにげに倍率低い時って狙い目かなとも思うんで、
いっそ年越しに秋田とか、いかがです? → blogランキング


続きを読む