シンガポール 2008

2008年10月12日

シンガポールのアラブストリート (シンガポール)

1010-1アラビアストリート
サルタン・モスクを中心に、イスラム教徒街となっている
アラブストリート。今はアラブ人が住んでいるわけではなく、
インド系・中国系の小売商が並び、イスラム教の強い雰囲気を
残す街になってるそうです。
出典:http://www.singapore-travel.jp/arab/arab1.html


ボクラは、イスタンブールのモスク見学の予習的な
位置づけで寄ってみたんだけど、思い切り朝は店が
閉まってて、チラッとモスク見学をした後は、空いてた
カフェで、ビックリするくらい甘いコーヒーを飲みながら、
この日の過ごし方を、まりえと相談してました。
1010-3コーヒー



シンガポールは無料の無線LANが充実してるので、
iPhoneでシンガポール・
フライヤーの営業時間などをチェック。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20080829/1018147/
1010-2カフェ


リトルインディアも近いんですが、こちらも店が
まだ空いてない可能性があったし、それにランチは
チキンライスと決めていたので、しばらくボーっとしてから
バレスティア・ロードの文東記に向かいました。

久々に来たけど、やっぱシンガポールは過ごしやすい。
とにかく治安がいいし、TAXIもかなりの数が走っている。
それに数百円レベルでB級美食にあえるホーカー(屋台?)が
充実してるので、この発見がまた楽しいのよね。


シンガポール大好きです。 → blogランキング

続きを読む

2008年10月21日

文東記 (シンガポール)チキンライスの王道

1015-1チキンライス コピー
ボクが、シンガポールを好きになるキッカケになったのが、
文東記のチキンライス。今ほど、チキンライスがメジャー
でない5年ほど前、イタリアへのトランジットで寄ったときに、
食べてみて開眼しました。

「こんなウメー鶏料理があったのか!?」と。


あの時の印象は強烈で、未だにどこで、どんな
チキンライスを食べても、そのイメージを
越えられないですね。
1015-12チキンライス




多分、実際に得た印象が更に増幅されて
記憶に焼き付いちゃったせいだと思います。
鶏の皮の裏のゼラチン質がたっぷりで、
鶏の出汁で炊いたジャスミンライスとの
相性が、たまらない愛おしさでした。


最初に行ったのは、Boon Keng 駅の前の
店舗でしたが、今回はバレスティアロードの本店へ。
さすがは大人気店、こざっぱりした店内です。
1015-3文東記



文東記
401 Balestier Road Singapore 329803
Telephone 6254 3937
http://www.boontongkee.com.sg/



シンガポール行ったら、やっぱ
チキンライスはハズせませんね → blogランキング


続きを読む

2008年10月25日

世界一の観覧車 シンガポール・フライヤー (シンガポール)

1026-4てっぺん
シンガポール・フライヤーについては、結構ココで紹介したんだけど、
写真たくさん撮ってたので、改めて紹介。シンガポール行ったら
一度は乗る価値あると思います。当家も、次は夜に乗ろうと思ってるくらい。



今日始めて知りましたが、日本語の公式ページもあるんですね。
http://www.singaporeflyer.com/jp


165メートルの巨大観覧車で、1つのカプセルが4メートル x 7 メートル。
これってどんくらいかって言うと、都市バスに匹敵する大きさで、
最大28人が搭乗可能らしい。これが28台あって、ちょうど30分で
1周します。つまりMAX1時間で1600人くらいイケルってことですな。
1026-2引




搭乗時間は、8:30〜22:30、価格は通常のプランで、
29.50シンガポールドル(日本円で2000円くらい 2008/10現在)。
モエシャンドンフライトなるバブルの象徴的なプランもあってw、
そいつは69シンガポールドル(日本円で5000円くらい、高ッ!!)です。

そして、なんとプライベートカプセルは、1,000シンガポールドル!
7万円以上なんですが、ボクラが乗ったときは、たまたま
プライベートカプセル状態でした、ラッキー!
1026-12高級住宅





そうそう思い出した、コレって
故黒川紀章の設計なんですよね。
出来た当時のニュースで読んだ気がする。
1026-1Singapore コピー


さて、それじゃ、周ってみましょうか。
スペック的には45km先の、マレーシアや
インドネシアまで見えるようです。 → blogランキング

 


***

 

読者の方から「文字が小さくて見えねー」という
コメントをいただき、禁断のスタイルシートなんて
もんをいじってみました。
みなさんも、ちょいと文字が大きくなって
読みやすくなったりしましたか?


 ・・・実はボクも困ってたんです。

ある時期から、何故か字が小さくなって、
でも、理由良くわかんないし、何かオレ触った?
みたいな感じで。

ボクの旧式のmac bookだと解像度が低いせいか、
まだなんとななるんですが、今の主流の解像度の
ディスプレイだと、読めたもんじゃねーやって嘆いていたんです。

ただ、スタイルシートってアレじゃないっすか。
数字と英語が不気味に並んでて、いじったら
ヤバそーな雰囲気してるじゃないっすか。

なので、触るのずーっと躊躇してたんですが、
背中を押されて、なんとか出来たっぽい気がします。
この場を借りて、ありがとうございました!


続きを読む

2008年11月05日

いとしのフラトンホテル (シンガポール)

1105-1フラトン
ホテル語れるほど、あちこち泊まっちゃいませんが、
「今まで行ったホテルで、どこが好き?」と言われたら
三本指に入るのがコチラ。シンガポールのフラトンホテル。
http://www.fullertonhotel.com/

パリの都に燦然と輝くスノビッシュなパラスや、
世界のリゾート好きの心をつかんで離さない
ゼッカー系のラグジュアリー系ヴィラだとか、
いいホテルなんてのはそれこそ山のようにあると思います。
日本の老舗旅館も、日本人のアイデンティティを
再確認するには絶好の場所だと思うしね。


ここフラトンホテルは、そんな非日常感はないけど、
洗練されてるし、空間は気持ちいいし、重厚感が
程よいし、なんかすごくホッとできるホテルなんです。
そういう居心地のよさのせいか、ココの吹き抜けの
ロビーに入ると、「シンガポールに来た〜!」って
実感が沸いてくるんす。要は好みなんです。
1105-2フラトンラウンジ





香港やバンコクもそうだけど、ボクがアジアの都市で
好きなのは、屋台とかごちゃごちゃ人があふれた通りとか、
ギラギラした熱気のある生活がそばにあって、そこで
エネルギーをわけてもらえるってこと。そのうえ、洗練された
ホテルもすぐそばにあって、そこでは逆にゆったりとした
時間に身を置いて、心と体をジワーっと癒せる素晴らしさ。

このギャップが楽しめるのは、アジアの都市特有の魅力だよね。
1105-3モカ






シンガポールでも、ホーカーやチャイナストリートあたりで
地元の人々に混じって、数百円の激ウマB食を楽しんだ
あとに、フラトンホテルのロビーに移動して、上質な
ティを楽しみながら、のんびり読書なんていう
ステイスタイルが可能です、変に肩肘張らずにね。

さすがに何回か来てる都市なので、
観光に気合入れる気にはなりません。
何箇所か行きたいトコ回ったら、あとは
ゆっくりして、ウマイもん食うのに備えます。
1105-4フラトン




数年前に来た時は、コンデジだったし、
写真もちっちゃく歴史を感じますな、
このブログも良く続きましたわ。 → blogランキング


続きを読む

2009年10月31日

Fomura1 (シンガポール)iPhoneで撮ってみたヤツ

1101-1F1

最近、やっとmacのiMovieの使い方がわかったので、
iPhoneで撮ったF1シンガポールグランプリのビデオを
アップしてみた。

少しは音の迫力が伝わるかな。
実際は、この距離だと耳栓無かったら
鼓膜が痺れて、鼻血が吹き出そうです。

音がうるさいので、リンクを押す時は気をつけて。


Fomura1 Singapore Grand Prix
QUALIFYING
の模様です【MIVIE】 



先日、書いたエントリーは、こちらなんですが、
たいていの写真は、映像の前半戦で写っている
コーナーの立ち上がりで押さえてます。
2秒間くらいの勝負で、10枚に1枚成功すれば良し。
1005-20レース





今年のチャンピオンのバトン、GQのカバーを
ジェシカと飾ってましたが、なんつーかホント
イケメンですなぁ...同じ生物とは思えないくらい
カッケーんで、もはや笑うしか無いっすねw → 人気ブログランキングへ

続きを読む