インテリア

2016年07月22日

ノリタケアウトレット (スリランカ)大人買いのすゝめ

0715ノリタケ9月-12

陶磁器でお馴染みの「ノリタケ」、名古屋に本社があるというのも驚きだったんですが、生産の殆どが今はスリランカというのも中々知られていないですよね。なので、アウトレットがスリランカにあるというわけなんです。

ヘリタンス カンダラマのあるシーギリヤから、世界遺産の町「キャンディタウン」に移動する途中で寄ることができる。スリランカ人ガイドなら、必ず知ってるメジャースポット。


0715ノリタケ9月-15





思っている以上にデザイン性の高いものが多く、不具合も日常使用レベルとすればなんら問題ない。むしろ、気楽にいい物が使えるということで、生活に艶が出るっていうもんです。
0715ノリタケ9月-13




ここでは写真に撮らなかったけど、「スリランカだしカレーじゃね」ってことで買ったカレーを入れる器がめちゃゴージャス。ただ、2回くらいしか使ってないかな、日本では。なんせ、家で食事食べる機会が殆ど無いもので...(´Д⊂)。
0715ノリタケ9月-14




綺麗にディスプレイされてる器もあれば、こうしたトレーに山積みされてる中のものにも掘り出し物が。
0715ノリタケ9月-10




1時間くらいの滞在だったような気がするけど、2時間くらい居ても飽きないよ。
0715ノリタケ9月-11




移動中の車窓からの景色。
0715ノリタケ9月-8




時間があれば茶畑の間を走る電車に乗りたかったんだけどね。
0715ノリタケ9月-9







おやつが欲しいといえば、完璧なフルーツにいつでも出会える。ただし、エリアによって特産物が変わるので、「初日に食べたランブータンが食べたい」と言っても、「このエリアではイマイチだよ」なんてことがあるので注意。わりと一期一会。
0715ノリタケ9月-2




スパイスファームにも。これ、いかにドラーバー兼ガイドにキャッシュバックっていうシステムだから、あんまし好きじゃない。
0715ノリタケ9月-7



スリランカ、次回はもっとバワの建築回りたいなぁ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2014年10月12日

GO ONのポップアップストアが青山に登場

GOON101010月-41



10/11に青山の骨董通りにセレクトショップ「ストラダエスト」が移転し、
TATRAS(タトラス)の旗艦店もB1にオープンしたんだけど、その地下 の
イベントスペース ギャレリア(B2)に、なんと『GO ON』の期間限定
ストアも入ったんです。いよいよ、東京での活動も本格化してきました!
GOON101010月-19




GO ON』とは京都の伝統工芸の若旦那衆によるデザインユニット。
西陣織、茶碗、茶筒など、それぞれの本質を活かしながら、より現代の
生活にマッチしたプロダクトを生み出そうというもの。

百聞は一見にしかずなので、年末までの期間限定だけど、
骨董通りに寄ったら是非覗いてみてくださいな。
GOON101010月-38




これまでも 自分自身、金網つじの豆腐掬い、パン焼き金網。
開化堂の茶筒、西陣織 細尾のトラベルスリッパ、中川木工芸の夫婦せいろ、
公長齋小菅の一輪挿しや箸などを自分の生活に取り入れ、朝日焼にいたっては、
体験陶芸で自分の茶碗も焼いたりしています。

その実感をもっていうと、日常にこうしたクオリティの高いものを
取り入れると、一番大事な日々の生活が自然に豊かになるんですよね。
気持ち的に余裕が出てくるというのかな。

わかりやすく言うと、折角いいものを置いてあるんだから余計なものを
片付けようとか、同じおかずでも、いいお皿に盛り付けることで、
ちょっといいとこで食べてるような気分に浸れるとか、そういうこと。
要は日常が変わるキッカケなのよ。

なにも高価なもの、贅沢なサービスを受けることだけが人生を豊かに
するわけでは無くて、そうした心の持ちようで日々の暮らし方が
変わり、笑顔が増えたり、会話が弾むことが、一番大事だと思うんです。
GOON101010月-1







パリのボン・マルシェでは、飛ぶように売れた日本伝統工芸の新しいカタチ。
パリ、ロンドン、NYなど、こうした取り組みは、国内よりも海外の方が
先に反応するんですよね。

国内でも感度の高いメディア(ファッション誌・ライフスタイル誌)は勿論、
情報をキャッチしてくれてますが、幅広いリーチを持ってるメディアは、
中々こうした情報を扱わないんですよね。心底どうでもいい情報を
垂れ流してる地上波が、こういう価値観をわかりやすく広められたら、
カッケーと思うんですけどね。そろそろ、こういう価値がわかる世代が
決定権を持つポジションに付いて行って欲しいです。


単品でもスゲーんだけど、「GO ON」のようにある程度まとまって
ライフスタイルがイメージできるよういなると、ファッション界は勿論、
アートの分野でも世界の誰もが知ってる美術館のキュレーターとかを、
速攻で心動かす力になるんすよね。

「これ、イイね。じゃ、うちと組んでなにかやろう」って
そういう話がどんどん進んでいるんです。
GOON101010月-29
(西陣織 細尾のファブリック)







京金網という京料理で使う技術をランプシェードに活かすことで、
世界の人が心をつかまれる価値観を提示することができる。
”豆腐掬いの影が美しく映る”というのは、ちと日本固有すぎる
美意識だけど、こうしてその本質を残しながら他のカタチに
翻訳することで、世界中の人々が魅了される価値を紡ぎだすことが出来る。
GOON101010月-35
(金網つじ のランプシェード)




iPhoneだって、デザインの力を、誰よりも先にスマホというカタチに
翻訳したことで、新しい時代というか、ライフスタイルを生み出した。
日本の技術力と高いデザイン力を組み合わせれば、まだまだ世界を
驚かすものって、生み出せると思うんですよ。
GOON101010月-36
(朝日焼の皿と 西陣織 細尾のファブリック)




あとね、伝統工芸って進化しているんです。
料理もそうだけど、伝統ある日本料理だって進化を
繰り返しながらも、本質を守ることで世界遺産となった。

例えば、この木の蓋も以前は完全にフラットだったんですよね。
ところが、少し真ん中に向かってカーブを入れていくことで、
より艶っぽさが増したというか、目が心地よくなるんです。

もちろん、頑なに過去のやり方を守り続けているところもある。
でも、こういうTRYを日々続けているところが、海外では理解
されやすいんですよね。
GOON101010月-10
(茶筒の開化堂と 中川木工芸の木蓋のコラボモデル)




個人的に次に狙っているのは公長齋小菅の竹長財布。
一見して竹と分からないイントレチャート。この手触りも
ほんと気持ちいいし、1年くらい惹かれ続けてます。
GOON101010月-31
(公長齋小菅の財布や名刺入れ)



新作の赤財布とかもインパクトあるよね。
オレが持ってても似合わない気がするんだけど、
どうでしょうかね?
GOON101010月-25




仏像がセンターに置いてあるあり得ない和食店が海外で
流行ってたりすると愕然としますよね。映画の中の日本が
「いやいや、そんな日本無いから」とかってさ。
そういうの、そろそろヤメにして、自分たちが心から
誇れるものを海外にも知っていって欲しいんですよね。
そんな道を切り開いている「GO ON」のメンバー達。
GOON101010月-43



タトラス & ストラダ エスト
東京都港区南青山6丁目5番39号
営業時間 11:00〜20:00 (不定休)
http://www.strada-est.com/
http://www.tatras.it/?lang=ja



会うたびにパワーアップしててホント面白い。
”こっちも必死で生きないと”みたいな刺激もらえるのは、
大人になればなるほど貴重じゃない。これからも、
至近距離でヤツらの活躍追っていきますよ。
   ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2012年12月25日

Virtueのサンキャッチャー

1225サンキャッチャー-1


サンキャッチャーって、女性は知ってる人
多いと思うけどメンズには認知度低いよね?
勿論、ボクも知らなかった方の一人。

サイトからパクって説明すると
『カットされたクリスタルを太陽の光が
 通過することによって光が反射し空間に
 虹色の光を生み出すインテリアアイテム。』

部屋に光が散った写真はうまく撮れなかったので、
外の壁でイメージ出してみたけど伝わるかな?
1225サンキャッチャー-9



いかにも女子っぽいアイテムで、どちらかと言えば
エロティーク崇拝派のオレがナニ言っちゃってるの的な
感じだけど、なんつーか、爽やかエロいというか、
意外とコレ 男の子心をくすぐるんだよね。


プール脇の室内とかで、天井に光がゆらゆら
反射する時の絵ってイメージ出来る?
光が散って壁に散った時って、あれに
近い動きするんで、妙に気になるのよ。
ノイズなわけじゃなく癒し方面で。



クリスマスを言い訳に妄想走らせてもらうと、
朝起きたら彼女が白いメンズのYシャツ羽織って
コーヒー淹れてきてくれるみたいな、そういう
シーンに似合う感じ。エロ爽やかでしょ? 笑
1225サンキャッチャー-8




シャンデリアは高いし、スペースも取るけど、
このサンキャッチャーは50cmほどで、吊るすだけ。
そのくせ、なんか優雅な気分になれるから、
"光"とか気になるよねっていう美意識高いヒトには
一度試してみて欲しい。

想定してるよりオモロいっすよ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

2011年06月06日

つれづれなるままに

0607-1正月



正月に、叔母の家に挨拶にいった時の写真。

すっかり季節ハズレなんだけど、なんだか

アップしてみた。




実は、昨日も実家に顔を出していたりと、

震災の影響か、歳を重ねたせいかわからないが

家族の時間は意識して増やしている。
0607-2正月




正直、父の日とか母の日は好きじゃなかった。

両親がキライなんて理由じゃないよw

「なんで、みんなと同じ日に感謝しなきゃなんねーのよ?」

っていう、変なツッパリがあったんでさ。




でも、母の日に一本電話を入れるだけで母親は喜ぶし、

酔っ払って実家に行って、かなりの時間寝ちまってるオレでも

オヤジは喜んでくれたりする。





「だったら、まー、いっか 笑」っていうのが最近のオレ。

昔は、結婚っていう制度も、「んなもん、邪魔だ」と思ってた。

今は、とりたてていい制度だと評価してるワケではないが、

昔、毛嫌いしてたほど、悪い制度でも無いと思ってる。
0607-3正月






調子よく人生がまわってる時は、あんまし時間割くのとか

メンドーと思う家族だけど、いざって時に助けてくれたり、

守ったりしてくれるのは、やっぱ家族なんだよね。









落ち着いてるのが苦手で、スペースがあると

ついつい走りこみたくなる癖があるけど、

月曜くらいは、手綱しめる方向で。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ








続きを読む

2009年07月21日

ALOHA WEDDINGな集い バブルハウス編

0722-1バブルハウス
タクのWedding参列メンバーで、帰国後バブルハウスに集まり、
BBQしてきました。前に来たときは、仔犬だったボーラが、
いつのまにか、やんちゃな成犬になってるし....

時間が過ぎるのってハェーよ 泣
0722-12ボーラ様






前に来たときも、出来たバッカでインテリアや
内装見てキョロキョロしてましたが、今回は
生活してわかったこと含め、家主からいいとこ
悪いとこなんかを、散々ヒアリングしまくりでした。

っても、バジェットが一桁違うんで、
あくまでパクレるエッセンスを探してただけだけどw
0722-3リビング






こちらの床材は、タイルじゃなくて石なんですが
思ってる以上にはハード感無くていいですね。
子供が転んだらガツーーンみたいな、そんな
感じじゃ全く無いです。ペットにも向いてるし。
0722-2石床







バルコニーだけで、60屬らいあるんで、
オトナが10人集まってもヨユーです。
0722-4BBQ







家主は全くお酒を飲まないので、「こんなの貰ってたんだけど〜」
と言って、素敵なシャンパーニュが出てきます ありがたや〜
0722-5Gosset







そこに居るだけで、気持ちが良くなれる空間って
ほんと良いですね。色々インスパイアされました。
0722-7階段下







もう、ホント笑える家なんですが、帰り際に天井見て
またブッタマゲました。「なんで駐車場の天井が無垢の
フローリングなのよ」って。
0722-8天井フローリング




家ってオモロいっす→ blogランキング

続きを読む

2009年07月08日

コーポラティブハウスに潜入

0711-1フランクロイドライト

最近は、ヒトん家めぐりが楽しいです。
戸建てにしろマンションにしろ、家主のこだわりや、
「ココがうまくねー」というナマの声を聞くのは、
ホント、色んな意味で勉強になるし、目が肥える。

んでもって、こだわりが強いヒトの家ほど、
楽しいモンはないですね。

「なんじゃ、コリャー」的なサプライズがある家ってのは、
見るオレの方も興味シンシンだし、こだわり家主もたいてい
アツイんで、話はじめたら止まんないです、やっぱ。
0711-5時計







女子の話が99%を占めてた下半身中心の20代を思うと、
「そーいうレンジになったのね、オレら」と、ヒトとしての
進化を感じると共に、気軽にブっ飛べない身の重さに、
少し寂しさも覚える時があります。
猿の頃は、軽かったなぁ、人生がw

ま、今がそこそこ安定してるから言える贅沢な台詞なんすが・・・ネ





この家のファーストインパクトは、まず螺旋階段と共にやってきます。
シルバーメッシュの手すりに、赤い支柱。そしてブラックの鉄板という
COOLな組み合わせ。そして階段の脇には空間を利用したドカーンな本棚。
0711-2螺旋階段





家主のセンスと大胆さが光ります。
0711-3本棚








50平米以上の広いリビングの主役は、フランク・ロイド・ライトの
あの傑作でしょう。昼間もオブジェとして美しいですが、夜に
発揮するその存在感は、「照明のチカラ」てヤツを再認識
させられるものでした。

やー、今から“照明貯金”はじめます。





全て思ったことがヤレたってわけじゃないってことなんですが、
これだけの完成度を実現するためには、散々すったもんだが
あったワケですよ。そこで得たノウハウを聞けるっていうのは、
マジでかけがえのないことなわけで、ナマい話、どこが削れて、
どこを頑張ったほうがいいかっていう、そういうところも
教えてもらえちゃうんですね。
0711-4バルコニー





で、だいたいそっから、既に家主サイドが、やり残したこと
出来なかったことの話になって、「kyahさん、ヨロシク!!」って
話になるんですが...暖炉はムリっすから
0711-13リビング






0711-6外壁昼





面と向かっちゃ照れくさくて言えませんが、
素敵な夫婦ですな。夫婦双方のセンスが光ってます。
0711-7もてなし






あんま居心地良くて、日曜なのに遅くまで居座っちゃいました。
0711-8夜茶






んー、外壁もカッコいいっすね。
0711-9外壁






また寄らせてね、ほんといい休日でしたblogランキング

続きを読む