札幌2009

2009年10月30日

Chocolatier Masale (札幌)老舗の遊び

1111-0ショコラティエマサル

札幌の人気ショコラティエ“Chocolatier Masale
http://www.masale.jp/


札幌遠征では、ワガママ行って遊んでもらっていた
だけなのに、帰りにまおちゃんからこんなお土産を
いただいちゃいました。

北の人情って、どーしてこんなにあったかいんすか!?


ほんとは、こっちがお礼しなきゃいけないとこなのに、
甘えっぱなしでかたじけなし。次回、東京に遊びに
来たときには、めいっぱいお返しせねば。


まずは、暴れん坊将軍の財布を守っとこ。
デロンデロンに酔うと、平気で財布落とすからw




こちらは、3種類の味の極薄ショコラに、
美しくデコられたヤツが、入っているパッケージ。
1111-1ショコラティエマサル



家でのんびり紅茶とともにいただきながら、
愉快な札幌ステイを振り返っておりました。→ 人気ブログランキングへ

続きを読む

2009年10月27日

鮨A (札幌)締めはココだね

1020-0鮨A
札幌のショートヴァケも、いよいよフィナーレへ。
北の都に来た以上、ココははずせません。

いつもの鮨Aに開店と同時に突っ込みます。





前回は、フライトが早くてほんとにダッシュで
食べることになっちゃったんですが、ANAの
最終便なら、そこそこ余裕もって2時間ちょいは
楽しめます。


あの頃は(8月初旬)、さんまがウマかったなぁ...ほんと。
脂の乗った握りは、なんだかんだで一番好きです。
1020-1札幌






こちらが、鮨ヲタの大将。
シャイで謙虚なキャラですが、鮨に対する想いはアツいです。

最近は、リアルの友人だと、香港師匠とか末弟カップルに
こちらを紹介しましたが、どちらも満足してもらえてみたいです。
1020-2鮨A大将2





年明けにでも、札幌行きたいなぁ。
折角だから、今度はボードも久々に
やってみようかね。


ま、続きをみましょうか...見たら、必ず食べたく
なるので、お腹空いてる時は気をつけてw → 人気ブログランキングへ 
続きを読む

2009年10月13日

high grown cafe (札幌) 緑の中の眺望カフェ

0930-1高台カフェ

札幌の有名な夜景カフェBAR「N43」、
場所は、藻岩山のふもとで、旭ヶ丘公園からすぐ。
ちぎさバラ園ってヤツの真横に位置していて、
息を呑みそうな夜景が楽しめるところとして有名。


ランチを食べた後、じゅんたに、「あと2時間暇なんで、
緑に囲まれた眺望カフェ行きたいんだけど、そんなのある?」って
リクエストだして、ここに連れてきてもらったんすよ。

ただ「N43」は、お店の扉を空けるとこまで行ったんですが、
スタッフから「まだ準備中です」と哀しい言葉が・・・
どうやら夜からの営業らしく途方にくれて道に戻ったんですゎ。
0930-10N43






ふと、その時に目に入ったのが「high grown cafe」。
どうやら宮越珈琲店の系列らしい。

エレベーターをあがってお店に入ると
誰も居なくて音楽だけがかかっている。
こっちも準備中なのかなぁ...と諦めかけたところ、
不意にお店のマスターがやってきて(どこ行ってたのよ?)、
営業中ということが判明。
0930-2highgrowncafe






1200円のコーヒーという強気の設定ですが、
夜なら誰も文句言うヤツはいないでしょ。
月曜の昼下がりってこともあって、占有できたので
誰にも気を使うことなく、のんびりできてよかったです。
0930-3店内


札幌滞在レポを書きながら、静かに町を見下ろして、
怒涛の3日間を振り返っておりました。
ちなみに、その時書いたブログはコレね。



宮越屋珈琲 high grown cafe
TEL 011-512-5522
北海道札幌市中央区伏見3-15-20
15:00〜翌2:00
定休日 無休
http://www.miyakoshiya-coffee.co.jp/



札幌が呼んでいる人気ブログランキングへ

続きを読む

2009年10月07日

旭ヶ丘公園 (札幌)10分圏内の夜景

0906-1旭が丘公園

すすきのから、わずか10分のドライブで、
市内が見下ろせる大パノラマの公園に
リーチできる札幌。

多面的な表情を持つコンパクトな
都市の魅力がここにも。



昼間なのであまり色気の無い絵になってるけど、
夜には眼下に広がる夜景が舞台装置になって、
あまたのカップルが愛劇を繰る広げる聖地だそうで。
0906-2パノラマ




さすがに冬は無理だろうから、
屋外劇場は夏限定なのかな? →  人気ブログランキングへ







続きを読む

2009年09月17日

果実倶楽部 (札幌)夜の顔

0916-1フルーツ盛合
ここんとこ、香港師匠や当家の末弟、拙ブログの読者の方など、
続々とお邪魔しているようで、紹介しているオレの方が羨ましいです...
札幌の「果実倶楽部818」、ガチ友ジュンタのお店です。


昼間の顔は、この間レポりましたが、オレらが勝手に
GOSSETルームと呼んでいる奥の個室が夜使いには最高です。


末弟は、彼女を連れての北海道旅行(っていうか仕事の前のOFF)だった
らしーんですが、フルーツ山とシャンパーニュの嵐に、彼女の前でかなり
株をあげられたみたいですね。良かった

ま、紹介したのが「ビストロ ヴァンテール」「鮨A」と
ココだったので、絶対札幌ファンになったことでしょう(・∀・)

若くていい感じのスタッフのサービスも、女子ウケいいでしょう。
なんせ、バカみたいに安いしね...東京の友人に紹介するのも
ここはホント楽です。
0916-2ゴッセ





「なんか、メロン食いてぇなー」って言ったら、山盛りで出てきました。
おかしいでしょ、コレ

ジュンタは笑ってます。
0916-3メロン山






ローカルの友人も、ちょろちょろ顔を出してきます。
天井のライトが、どうしてもアレに見えて仕方ありません、
下品なオレは、ずーっと「ア●ルライト」と呼んでましたw
0916-4果実フェスタ








リョージやユッキーが一緒の時は、もっと
ヒドいことになるコチラ。ワリと上品に
朝まで飲んでましたナ。ワリとねw
0916-19メロンジュース




果実倶楽部818
札幌市中央区南3条西2丁目7-2 KT3条ビル2F
011-281-8185
無休的な感じ


札幌最高です(・∀・)blogランキング



続きを読む

2009年09月10日

ビストロ・ヴァンテール (札幌) ルイロデレール ランチ

 0906-1ヴァンテールクネル
2800円でルイロデレールがついてくるという

札幌初日の夜にこちらへお邪魔した時に、
そんなヤバいランチがあるということは
伺っておりました。


ただ、これまでの経験上、札幌も3日目ともなると
腹のキャパがどの程度か全く想定出来なくなるため、
当日の朝の様子で見極めるというルールが、
自然に定着していたんです。




ホテルをチェックアウトした後、独りで市内を
ブラついていたオレ。最初は、「何も食えねぇ...」と
ヘタレ気味だったんですが、そのうちなんだかいけそうな
予感がしたんで、マサさんに連絡すると「席作れるよ」とのこと。

進路を南3条に切り返しつつ、瀕死のジュンタに
「ランチ、ヴァンテールにしたから」と通達し、
最後の市内散策を楽しんでおりました。




さて、そんな噂のルイ ロデレールランチ。
シャンパーニュの分、ランチの内容が軽く
なったのかと思ったら、全くそんなことには
なってなく、HPを見てみると、
 
前菜 スープ ポアソンorヴィアンド
デセール コーヒー プチフール
 
これで、2800円で収めてくるんですね。
この感覚、ちょっと刺激的。
0906-2サラダ
 


 
シャンパーニュが1100円でグラス売りしてるので、
単純に引き算すると1700円の内容ってことに
なるじゃないですか。それで、このクオリティは
ヤバ過ぎでしょ。
 
 
特にヴァンテール特製のクネルは、
北の幸がたっぷりと詰まった一皿。
魚のうまみと野菜のうまみが、皿の中で
美しき合戦を繰り広げています。
0906-4激ウマクネル

 

 
 
トマトのスープも、疲弊した胃にはバッチリだったし、
前菜もパテのところを、無理言ってサラダに変えて
もらいました。
0906-3ヴァンテールランチ





 
食後にテーブルまで挨拶にいらっしゃったJIROシェフ。
同じビルの飲食店仲間ということで、果実倶楽部の経営者
ジュンタをねぎらっておりました。
0906-8ジローシェフ




 
こちらのJIROシェフは、なにげに出身は横浜ということが
判明し妙に勝手な親近感。フランスで5年くらい修行してから、
札幌に来たそうです。「水と食材の良い北海道は、
フランス料理の料理人にとって、素晴らしいところ」だとか。
0906-6ブリュレ


 
 
ほんと、札幌のフレンチめぐりは楽しいです。
可能なら季節ごとにお邪魔したいですわ、ホント。
0906-5店内

 




ビストロヴァンテール BISTRO VENTER
〒060-0063 札幌市中央区南3条西2丁目KT3条ビル1階(都通り沿い)
TEL. 011-232-2022
0906-7外観



今週末、香港師匠がコチラに行くみたいです。
うらやましーblogランキング




続きを読む

2009年09月05日

モエレ沼公園 (札幌)イサムノグチの美学

0903-2モエレ沼公園

「公園をひとつの彫刻にする」という
カッケーコンセプトでイサム・ノグチが設計した
モエレ沼公園は、2005年にOPENのアートパーク。
 
シンボル的な存在であるガラスのピラミッドはもちろん、
HPを見ると、どうやら滑り台やブランコといった遊具も
イサム・ノグチのデザインらしい。
 
 
広大な敷地が美しく成形されていて、綺麗な円錐形の
モエレ山や、プレイマウンテン、テトラマウンドなど
スペースを活かしたダイナミックなオブジェ(?)が
展開されている。
0903-4モエレ沼

 



意識せずとも感性が刺激される気持ちのいい空間。
ボクは、ガラスピラミッドの中のイサムノグチギャラリーが
無性にカッケーので好きなんだけど(写真撮影禁止)
 0903-3ピラミッド内部

 
 

ほかにも水浴びのできる自称ビーチやレンタルサイクルが
あって夏は楽しめるし、冬は冬でウィンタースポーツが
できるらしい。
 
 
 
 
 
しっかし、アレだ。
実力ある人が言うとカッコいいねー。
“公園をひとつの彫刻にするんだ”なんて
ビシっと言ってみたいもんですわ。
 
オレが言ったら「公園で何か彫るんですか?」と
突っ込まれればいい方で、基本スルーがオチでしょう。
0903-5モエレ沼公園2




 
 
アクセスは車で行くのがおすすめですが(市内から30分)、
電車+バスでも札幌市内から30分くらいで行けるみたいです。
あいにくの雨天でしたが、晴れたらホントに爽快だろうなぁ... → blogランキング
続きを読む

2009年08月29日

円山動物園 (札幌) PJ柄ってやっぱ好き

0831-1円山動物園

 北大植物園でウォーミングアップ後、
じゅんたに連れてきてもらった鮨屋「鮨菜 和喜智」。
 
 
りょーじも夜に行って良かったって言ってたので、
期待して行ったんですが、ランチの5000円という価格のせいか
「んー、まー、うまいっすね。あ、でも北海道だったっけココ...」
 という微妙な空気に。こりゃ、飲むしかねーべ、と
とりあえず“JAPAN”(※)注入に走ったワケなんです。
やっぱ、夜じゃないとダメっすか。
 
※ただの、日本酒ねw

 
 
お店を出る頃にはいい感じに仕上がっていて、「ホテルに行く前に
天気いいし、北海道的な自然感じさせてクレね?」とワガママなオレ。
 

植物園だけじゃ、足りないんすか? いったい、
どんだけ命洗濯する必要あるんすか?」
と半ば呆れながらも、
「オレ、子供の頃からキリン大好きなんす」と幼少時代の
思い出話をはじめるじゅんた。


平日の昼間っから、不気味なオッサン2人連れです。
0831-4ライオンキング




 
さて、いよいよ円山動物園に到着。
 
 
動物園についても、ビールをあおるワタクシ。
余裕で致死量越えてるうえに、朝4:30起きです。
しかも、「今年初めてっすよ、こんな気持ちいい陽気」
ってくらい爽快な午後なので、否が応でもアガりっぱなし。
 
 
「うおー、キリンの立ち姿美しいわ」
「や、あの模様も半端無い洒落モンです。
豹柄なんて目じゃないっす、PJ系ってやっぱいいですね。」
 「あぁ、脱がしてェ
0831-21キリンのPJ


 
 
「マ、マンドリルのカラーリング やり過ぎじゃね?」
「なかなか傾(かぶ)いてますね、コイツは」
0805-7マンドリル



 
 


「お、ヒグマだ、懐かしい♪
「道民だって、フツー見ないッスよ、引き強過ぎです」
0805-11動物園





 
 
「アムール虎 強そうだなぁ...」
「あれ、kyahさんも、起きてます
危ないから立ちながら寝るのだけはやめてください」
0831-13虎

 


 


「今、いちおしは産まれたばかりの北極グマです」
「んー、親しか見えん...ってか、首長くね(゚ロ゚;)エェッ!?」
0831-2シロクマ
 

 

 
暑い日なんで、ただでさえ獣臭は強めです。
そんな中、屋内施設に連れ込まれ
「うひゃー、鼻がぁ〜」と吼えてたら、
「オレ、トイレ行ってくるんで、適当見ててください」とジュンタ。
「OK....んが、臭せぇ〜」と、動物園イチの強臭スポットで
放置されるベロ酔いのワタクシ。
 
「ま、ちょっと座っとくべ」とベンチに腰を下ろした瞬間、
意識は果てまで飛んでいきましたw
匂いとか関係なくオチれるのね、オレ。
 
 
まだまだ愉快なオトナの遠足は続きます → blogランキング

続きを読む

2009年08月26日

北大植物園 (札幌)マイナスイオン充填

0827-1植物園建物

札幌についたのが、朝の10時前。
ホテルに荷物を置いても、まだ町は
お店すらOPENしていません。
空はカラっと晴れていて爽快そのもの。


市場に朝寿司しにいっても良かったんだけど、
昼もじゅんたが鮨屋を取っててくれたので、却下。




足があれば北海道らしい自然満載の
ポイントにも行けるけど、時間もそこまで
あるわけじゃないし、手近なところで
ソレっぽい気分なれそうな場所無いかなぁ...と
iPhoneのMAPを立ち上げてみた。
0827-2道庁






すると、画面のはじっこにやけにグリーンな
スポットが見えるじゃないっすか。そう、
コレが例の「北大植物園」ね。

誰かが行って「ワリと良かった」って
言ってたなー、なんて暗示に近い感じで
思い出を改ざんし、向かうことにしたんです。
0827-1植物園






「平日の朝っぱらから、どんだけマニアックな
とこに行ったんすか?」と、後から何人もの
札幌住人に言われましたが、や、あの空間は
六義園とも新宿御苑とも異なる、北海道的な
いい公園ですよ、オレ自身は相当満足。
0827-3道









手っ取り早く北海道らしさ味わうなら、
ココも捨てたモンじゃないっすよ。
はじめてハルニレの木とか見たし。
0827-2森







木漏れ日とか浴びちゃってると、
なんかいいヒトになった錯覚とか
しちゃうしさw
0827-4木漏れ日







ん、キミ、もしかして鮎? みたいな。
0827-5池


北海道大学
北方生物圏フィールド科学センター
耕地圏ステーション植物園

〒060-0003 札幌市中央区北3条西8丁目
TEL 011-221-0066
http://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/






なんか「ハルニレ木」って聞いたことあったなー
と思ったら、ドリカムのEyes to me ね。
ふー、スッキリblogランキング

続きを読む

2009年08月19日

ツキサップじんぎすかんクラブ (札幌)晴れたらいいね

0817-1ツキサップ

3年ぶりに訪れた「ツキサップじんぎすかんクラブ
http://www.tjc1953.com/


札幌市内から、ワリと近い場所にありながら、
大自然の中にいるような錯覚でジンギスカンを
食べられる観光客のアゲポイント。
0817-2焼羊中



2H食べ放題で2600円。ソコソコ美味しいジンギスカンを
食べながら、この開放感を味わえるのは素晴らしい....

って、今回は雨のため室内。
前回のテラス席は、半端なく気持ち良かったです!
0817-3外




ツキサップじんぎすかんクラブ
札幌市豊平区月寒東3条11丁目2-5
011-851-8014
http://www.tjc1953.com/



ほんと晴れてると気持ちいいんで、
全然写真の威力が違いますな...

前回のレポは必見ですぞ、まりえ若いしw
あ、オレもかblogランキング

続きを読む

2009年08月12日

果実倶楽部818 (札幌)フルーツ革命

0812-1果実倶楽部

東京でのフルーツのイメージは、“とにかく高い”。

千疋屋行って、ちょろっとフレッシュなフルーツ
たしなむだけで、軽くお札が飛んでいきます。

でも、こんだけ不景気とか言われながら、
千疋屋のフルーツバイキング4200円に残席なし....


やー、やっぱ需要あるんですね、フルーツって。
価値観はそれぞれですが、オレはムリっす。
フルーツに、そんな投資しても、自分の
満足度の方が回収できません。





すっかり、そんなイメージが刷り込まれている
トキネーゼなヲイラなんで、「果実倶楽部」で
わんさかフルーツ盛られちゃうと、「う、スッゲー...」って
無条件にビビリ入っちゃうワケなんすよ。
http://www.kajitsuclub.jp/

0812-4カウンター





0812-3店内






GOSSETをひとしきり飲んだ後、アルコールを休もうと
「なんか、メロンジュースっぽいのが飲みてーや」って
言ったら、無造作にスイカやメロンをパカっと開いた
ヤツがテーブルに出さてくるんすよ。

0805-19メロンジュース




で、おそるおそる社長のジュンタに聞いたんですわ。
「コレ、やけにゴージャスなんだけど幾らッスか?」って。

『え、それ700円ですけど』


「ん、あ 1700円じゃなくて」

『何、言ってんすかkyahさん、700円です』









「ちなみに、その女子が喜びそーな
  いちごとシャンパーニュのカクテルは?」
0812-5イメージ図


『900円っす』

「ガチでシャンパーニュなの?」

『スパークリングなら600円っすよ』


「ちょっと一口クレ.....

ん......コレ、いちご使いすぎじゃねw バッカじゃねーの!!」



多分、東京の感覚のヒトなら、ここに来て同じことを感じると思います。
こんなことが出来ちゃうのは、札幌の地代というのもあるけれど、
ジュンタの祖父がスンゲー野菜・果実の目利きできるヒトだから
らしいーんですゎ。
0812-5スタッフ




深夜2:00過ぎまでOPENしているので、ガッツリ飯を食べた観光客でも
締めに寄れちゃうので、そんな使い方もおススメですな。




メインダイニングはカジュアルですが、雰囲気出したい人は
隔離された“ゴッセルーム”のご指定を。
女子と行くなら、絶対ソッチで。
0805-8ゴッセルーム




果実倶楽部818
札幌市中央区南3条西2丁目7-2 KT3条ビル2F
011-281-8185



果実倶楽部818 ダイニングバー / すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)豊水すすきの駅
夜総合点★★★★★ 5.0



8/18は、そこそこ食事をすると
帰りにメロンが1個もらえるみたいです。

意味ワカンネーしw → blogランキング
続きを読む

2009年08月09日

ビストロ・ヴァンテール (札幌) 仔羊一頭買い

0809-1羊コラボ
札幌フレンチのレベルの高さは、行くたびに驚きですが、
観光客だと小さな店の情報はあまり入らないので、
ひらまつグループの「バエレンタル」とか、「コートドール」
といったグランメゾンに流れることが多いみたい。
 




確かに円山の2大グランメゾンは、間違いないと思いますが、
札幌中心街のフレンチも、アクセスいいし尋常じゃないです。
クオリティの高さはもちろんですが、なんせリーズナブル♪ 0809-2アミューズ









 
去年OPENしたすすきのにある「ビストロ・ヴァンテール」は、
料理も北海道産のガチ使いで、マサさんの美学が伝わってきます。
りょーじからも聞いてたけど、確かにヤバい。
 
店名には、ビストロって入ってますが、東京の感覚で言うと
全然ビストロじゃないッス。札幌だと“ビストロ”と謳うほうが
人が入りやすいから付けてあるらしーんだけど。
0809-7穴子

 



 
5大シャトーだけで何本あるっていってたかな、
セラーは1200本以上のワインで存在感出してるし、
カトラリーもクリストフルで、公式レストランにも
認定されている。店内は柔らかな光で上品に
演出されていて、ハレ使いしても全然アリだね。
0809-4はるあかり







 
 
ヴァンテールは、北海道でも数少ない
仔羊を一頭買いしてるフレンチなんで、
この時期は羊ハズさないように!!
 
ロニョンやハツといった部位も食べれるし、
予約の時に頼んでおけば、脳みそもイケ
ちゃいます。羊の脳みそは、前にフィレンツェで
フリットにして食べたけど、ワインがすすみそうな
白子系の味なんで、是非チャレンジを!
(オレが食いたかった〜)
0809-9羊





 
 
 
それと、ルイ・ロデレールをなみなみと注ぐ、
ハチミツのソルベのシャンパンデザート。
このハチミツの香りの高貴なこと!!
瓶をみせてもらったら、中毒患者みたいに、
何度も香りをかいじゃいました。
0809-11デセール


 



 
 
羊攻めの人は、アラカルトだとペース配分
難しいので、予約のときに「羊入れつつ
コース組んじゃってください」ってお願い
するのがいいと思います。あと、折角なので
コース組むお願いするなら「●●(東京など)から
来るので、北海道素材ガチでお願いします」くらい
プレッシャーかけてもいいんじゃないでしょうか。
 
 
ワインは、ホールにマサさんがいるので、
ボクの場合は投げっぱなし。ただ、アペリティフの
ルイロデレールがグラスで1100円なので、
コヤツを飲みながらワインリストを眺めつつ、
後は値段のレンジだけ伝えて、相談しちゃうのが
いいと思います。
0809-6店内

 




 
しっかし、ニースの松嶋シェフとか、パリの「ステラマリス」から
タテルヨシノシェフ本人呼んでイベントしたりとか、札幌のオーナー店で、
こんなことしちゃうって正直スゲーです。東京でもヨシノさんの居るとき
確実に狙おうとしたら、フェアになっちゃうくらいだもんね。


 
彼らを呼んでいるのは、(●●ホテル的な)資本の力じゃなく
マサさんの想いだったり、店の目指すビジョンに共感
できるからなんですよね。
0809-3クリストフル




 
そういう店が、比較的リーズナブルに近くに
ある札幌の環境ってうらやましーです。
様々なところから見える美学が、あまり
Priceに反映されていないように見えちゃうのは
東京物価に慣れてるからなんでしょうか? 
 
ぶっちゃけ顧客的には満足度高いんですが、
回収ポイントが見えず「大丈夫ッスか!?」とも
聞きたくなりますw



 
 
 
能書きが長くなりましたね、念願のヴァンテールだったんでw
 
 

 
この日に行った時も、早いうちから予約で満席だっただけど、
札幌人気ブロガーのリコちゃんと一緒ということで、
無理言って、一番端の席を作ってもらったんです。
0809-8リコさん









ビストロヴァンテール BISTRO VENTER
〒060-0063 札幌市中央区南3条西2丁目KT3条ビル1階(都通り沿い)
TEL. 011-232-2022
0809-13外観






スンゲー直前までスケジュール決められなくて
ワガママしちゃいましたが、金・土の夜は満席なので、
東京とかから行くヒトは予約マストな感じで。 


じゃ、レポはじめますか。 → blogランキング
 
 
  続きを読む

2009年08月05日

札幌のすゝめ

0805-1札幌

里帰りの時期なんで札幌行ってましたw

産まれも育ちも東京エリアなワタクシですが、今回も図々しく
故郷に久々に帰ったヤツみたいなノリで、仲間達へ甘えっ放しの3日間。
享楽のショートヴァケでしたゎ(゚∀゚)アヒャヒャ




3日間といえば72時間なんだけど、実際は
1Wくらい遊び倒した感じですね。
自然も身近にありながら、呑む場所や
カフェも充実していて、海鮮はもちろん
なによりフレンチがウマい札幌。


相手してくれたジュンタがやつれるくらいの
ムチャ詰めで、また新しい札幌の魅力が
見えた気がします。
0805-2果実倶楽部
(果実倶楽部にて深夜...)


やー、しかしスゲー3日だったゎ。




初日は、朝4:30起きでほぼ始発のエアーで札幌入って
マニアック度高めな植物園をまずは散歩。
0805-10植物園
札幌植物園にて





北海道の酸素注入終わったところで、公園の前まで
じゅんたを召還し、昼から鮨食べた勢いで日本酒ガン呑み。
ヘロヘロになったとこで円山動物園に乱入し異常なテンションで
マンドリルに感激。もちろん動物見ながらビールあおってますし
0805-7マンドリル
円山動物園でマンドリルに一目惚れ)








ちょっと休んでからは、夜に念願の「ビストロ・ヴァンテール」へ。
知ってるけど、改めて札幌のフレンチレベルの高さに感動。
一頭買いの仔羊が猛烈にヤバかったうえに、デセールのシャンパンと
はちみつアイスの組み合わせが絶妙で失神寸前デスタ。
0805-3シャンパンデセール

#っていうか、店来る前に“Japan”で失神して大遅刻スミマセン!!



ビストロヴァンテール BISTRO VENTER
〒060-0063 札幌市中央区南3条西2丁目KT3条ビル1階(都通り沿い)
TEL. 011-232-2022







食後は階段上がって同じビルの「果実倶楽部」のゴッセルームに
本陣を構え、朝の4:00までフルーツとシャンパーニュの嵐。
今の厳しいご時世に真っ向から挑むようなショートヴェケっぷり
0805-8ゴッセルーム





果実倶楽部818
札幌市中央区南3条西2丁目7-2 KT3条ビル2F
011-281-8185
0805-19メロンジュース


これで、まだ初日ですから...








東京に居たって、3日間で6回も一緒に食事する友人って
いないですよねw。でもね、ジュンタはイヤな顔ひとつせず
付合ってくれるんすよ。(さすがに疲れきってはいましたがネ)

自分が産まれた町なわけでもないし、仕事でも全く
関係ない場所なのに、こうして自分を歓待してくれる
ヒトが居るって、スゲー幸せです。
0805-6ヴァンテールシェフ
(つーか、社長。仕事しなくていいんすか








マサさんも、激忙の中、チョロっと時間
作ってくれて、ホント嬉しかったですね。0805-30マサさん






前にも書いたけど、彼らがいるおかげで、単なる観光客の
何倍も楽しい時間が過ごせます。

でも友達じゃ無くたって、懐に思い切って飛び込んでみれば、
自分の気分やセンスに合った提案してくれますよ。そういう
コミュニケーションは、日本国内だけじゃなく、世界ドコでも
同じくらい大事だと思うけどね。



お店にもよるとおもいますが、「ビストロ・ヴァンテール」や「果実倶楽部」
「コートドール」とか行ったら観光ガイドになんて、殆ど載ってない
オモロい場所紹介してくれますよ。いいお店は、やっぱ良質の情報を
提供してくれるもんなんで。


「あと3時間あるんだけど、眺めいいカフェない? しかも緑多めで」
その一言で、スンゲー親身になっていい場所探してもらえますよ、多分。
(激忙の時はムリでしょーから、空気は読んでw)






単なるガイドブックの観光じゃ物足りないヒトって、
オレ以外もきっといると思うんですよね。そういう
人たちに札幌のオモシロさ知って欲しくて、コレ書いてます。
0805-5羊コラボ
(さとらんど にてニンジン中)




「海鮮」「ラーメン」「ジンギスカン」だけが
札幌じゃないです。東京のフレンチが好きなひとなら、
絶対満足度高いはずだし、ちょっと中心外れれば
東京には無い自然が迎え入れてくれるしと、
コレ書いてるそばから、また札幌に行きたくなってるオレがいます。
0805-9鮨A




いっつも、そんな感じで大好きな札幌ですが、
怒濤の72Hは、まだまだ続きます。 → blogランキング




続きを読む