シンガポール 2009

2009年10月03日

Fomura1 (シンガポール)空気を裂く18,000rpm

1005-1F1マクラーレン

明日は、3年ぶりのF1鈴鹿グランプリ。
予選はクラッシュ連発で「な、何があったの」って
感じの鈴鹿ですが、本戦は天気も良さげで楽しみ。






こやつは、このあいだのシンガポールグランプリの様子。
バリ島の帰りに寄ったシンガポールで2泊したのは、コレを観るため。
フライトの時間的に、本戦は観戦できなかったんだけど予選でも充分面白かった。

というか、F1唯一の市街地ナイトレース。
生活圏との距離が近過ぎて、なんか不思議な感覚。
1005-3市街地レース






本戦2日前のフリー走行がやってるタイミングで、
シティホールへチケット取りに行ったんですが、
フツーに買い物客が集まるショッピングセンターの外に一歩出たら、
ジェット機かよ的なエンジン音が、街の空気を切り裂いているんです。


ビルの狭間に反響するエキゾーストノート。F1のエンジン音を
生で聞いたのは初めてなんですが、ありゃ、尋常じゃなくヤバいです。
自然にカラダがアツくなりましたね。久々に音で興奮しちった
1005-2F1









予選は、22:00スタートなんですが、会場内には15:00から入れます。
F1のレース前にも、アストンマーティン アジアカップとかポルシェ・カレラカップとか
フォーミュラBMWカップとか、いくつかレースがやっているので、そういったレースを
観ながらF1に向けて撮影ポイントを探しまくりました。クッソ暑い炎天下の中。
1005-4コーナー前








まず、直線のコース脇じゃ、早過ぎて素人にはまともな絵が撮れません。
F1じゃなくたって厳しいワケなんで、自然とコーナー近辺で
ポジション取りを考えるわけです。

コーナー手前の減速ポイントが一番撮りやすいと思ったんですが、
折角はじめて観るF1なんで、立ち上がりの加速して行くとこが
押さえたいなと最終的には考えが落ち着き、試し撮りを繰り返して
ベストポジションを探しました。
1005-9アレンジ4








もともと、まりえの影響でF1が好きになったくらいなんで、
激暑い天候下のオレのヲタプレイにも文句無く付き合って
もらえましたが、フツーのF1興味ないコだったら絶対無理っすね。
汗と砂埃でぐっちゃぐちゃになりながら、レースを待つのって、
想像以上に過酷です。しかもカーレースなんて撮り慣れてないから
初めのうちなんて金網しか写ってないわ、画面のはしっこに
フロントノーズがちょっと写り込んでるだけだったりとか...

よく数時間で、なんとかソレっぽい写真を撮れるように
なったなと、執念の大事さってのを改めて感じましたねw
1005-6フェラーリF1






夜になって絵的には涼しそうですが、シンガポールをなめちゃ
いけません。バリの爽やかな夜とは比較にならない熱帯都市
独特の空気が街を覆っています。さすがに、デジイチ率が
猛烈に高かったですね。オレもバズーカーレンズが欲しく
なりました、ホント。
1005-5サーキット内







ここは、橋の上のストレートなんですが、イヤイヤ観る分にはいいけど
写真は全くもって撮れませんでした。早過ぎてついていけん( -д-)ノ

前にも書いたけど、耳栓外して耐えられるのは、2台通過が限度かな。
あまりの轟音で、鼓膜がしびれてかき回されるように痛い。
でも、あの音をまた聞きたくなるんだよなぁ...鈴鹿行ってみたいっす。
1005-6サーキットストレート





マジで来年も来ちゃおうかな、シンガポールGP。
メシもうまいし、女の子は来るたびに垢抜けていくし。 → 人気ブログランキングへ


続きを読む

2009年10月14日

シンガポール美食メモ

1015-1シンガポール
今回のヴァケは、バリ島がメインでしたが、
メシは圧倒的にシンがポールの方が
圧倒的に美味いですね。

チキンライスやラクサ、ペーパーチキンといった、
ローカルのB級はとんでもない破壊力を持って
いるし、中華は、香港に近いクオリティが楽しめます。




香港では、ミシュランの★も取得している「レイ・ガーデン」が
シンガポールに支店を出しているので、飲茶を楽しみにいったんですが、
本日のおすすめに、なんと“ブッダスープ”があるじゃないっすか (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
1015-4メニュー




迷わずオーダー。


いとうまし。

1015-3幻スープ







バリでは一食2000円以下だったオレら。
久しぶりのガチ飯に、止まらなくなっちゃってます。
胃のスペースを探して、北京ダックも入れちゃいました
1015-5北京ダック



チャイムス内のレイガーデンは、リニューアルのため
一時的にクローズしてました。オーチャード店の方へどうぞ。

Orchard Lei Garden
Address : #03-00 Orchard Shopping Centre,
321 Orchard Road, Singapore 238866
Tel : (65) 6734 3988






シンガポールのメシにハマったキッカケは、TOPの写真の
文東記」のチキンライスでした。5年前は、いかにも
食堂といった風情だったんですが、今はホントに立派な
店構えになりました。 シンガポールの成長スピードを
体感できる、ボクにとっては象徴的なスポット。
1015-2文東記
ちなみに、ここはシンガポール飯デビューを果たした
記念すべきBOON KENGのお店。

34 Whampoa West #01-93 Singapore 330034
(beside Boon Keng MRT)
Telephone 6299 9880




人気ブログランキングへ

続きを読む

2010年03月17日

AMARA SANCTUARY RESORT SENTOSA (Singapore) セントーサ島の片鱗でコレ

0318-1AmareHotel

去年の夏ヴァケの話をのんびり続けてますが、
シンガポール(SG)は、バリの後 F1観るために
寄ったんです。ナイトレースで公道って他じゃ無いからね。

あと、ウマイ中華とローカルフード
食べ歩くというのも同じくらい大事。



F1時期のSGは、モナコほどじゃないですが、
当然ホテルの宿泊費も高騰するわけで、
関係者が泊まるラッフルズなんかは、
1泊20万弱くらいになっちゃいます。
大好きなFullertonも、結構いい価格してたような。
0318-2AmareHotel







ただ、F1コースのあるマリーナベイや、オーチャード近辺を
ハズせば、ホテル料金は普段と変わらないというのが、
あまり知られていないかも。


今回選んだのは、開発が急ピッチで進んでいる
セントーサ島にある「AMARA SANCTUARY RESORT SENTOSA」。
0318-3Room







アジアのHOTEL予約に強いAgodaで探してて、
設備やインテリアしっかりしてるのに、やけに
CPが高くて行くまでは不安もあったんですが...


結論、めちゃくちゃアリでした。
0318-15BAR





シティホールとか中心部までTAXIで10分
かからないし(500円くらい?)、開発具合に
勢いがあるセントーサ島ってのは、今の
SGの鼓動がダイレクトに聞こえる感じ。


数年前は、地味な人口ビーチと、子供だましの
アトラクションがおまけ程度にあるパッとしない
島だったんですが、超富裕層向けの住宅地や、
ユニバーサル・スタジオやカジノといった大規模開発による
外国人の流れも拡大するので、より洗練された
ゾーンへと変身が加速していきそうです。




2007年には、イビザのCafe del Marを
セントーサ島のビーチで出しちゃったりしています。

夕方は、金もってそーなオヤジが、エロいボディの
女子連れて酒飲んでるっていうわかりやすい構図が
展開されてましたが、盛り上がる時間の前なので
深夜がどんくらいイケてるのかは不明。



ビーチ沿いは、Cafe del Mar 以外にも、たくさんBARや
レストランが並んでいるので、見てる分にはワクワクした。
お台場や湘南より、ハコは圧倒的にオトナ向け。



で、話は戻して、そんなセントーサ島の丘の上にあるホテルがこちら。
ビーチまでは歩いて5分くらいと少しアクセスが悪いので、その分
設備やデザインのワリにリーズナブルなんですよね。


ホテル棟の向かいにあるガラスのバンケットホールでは、
滞在中ほぼ毎晩 WeddingPartyが開催されていて、
ドレスでおめかししたSGギャルがワサワサ歩いておりました。
そういうシチュエーションの着こなしとかメイクを見ると
女子の洗練度が測れてオモシロい。
0318-4コンベンションホール




1泊ルームチャージで1.5万円ちょい。
F1時期も通常通り。 → 人気ブログランキングへ


*******

高城剛 (沢尻エリカの旦那)のブログ 、
君が仕事に復帰すると聞き、僕は誰よりもうれしく思います。


このエントリーいいよなぁ、泣きそうになる。


プロの表現者である高城氏の文章なので、そりゃ素人が書くのと違って、
当然刺さる表現にはなってるけど、そこを差し引いても夫婦のスタンスとか
押し付けがましくないアドバイスとか、なんか素敵だと思ふ。



昔のヒトは、「結婚は墓場だ」みたいな、自己否定発言を平気でしてたけど、
それって、努力が甘かった(いい結果を出せなかった)言い訳を恥ずかしげも無く
開き直ってるようなもので、そんな発言をするのに、悔しさも恥ずかしさも無い
ようなヒトは、多分どんな結婚しても満足いかないんじゃないかなと思う。


ボクにとって、結婚の前提は“理解し得ない他人との共同生活”であり、
その生活は、努力せずしていい結果なんて得られるワケが無いと思ってる。

昔は、女性が男の甘えを負担することが当たり前(美学)とされていたけど、
そんな都合のいい時代はとっくに日本では終わっているので、相手から
なにかしらリターンが欲しいなら、まずこっちが与えるべき。

そうは言っても、当家はダメ旦那が懐の深い妻に甘えてる部分が大きいんだけどw、
それでも一応 ベースとしては上で述べた通りだと思ってる。もっとわかりやすい
日本的な表現をすれば“思いやり”、コレをおろそかにしたらヤバいと思うので、
感謝の気持ちだけは忘れないようにしているつもり。


続きを読む

2010年03月21日

328 Katong Laksa (シンガポール) ラクサに開眼

0321-1カトンラクサ

シンガポールは、あちこちにフードコートがあるし、
最近では「ドリアン」の愛称で知られるエスプラネードのとこに
有名ホーカーを誘致した“マカンスートラ”とか、観光客には
アクセスよさげで、凄く気になる。




ローカルの屋台村の有名どころといえば、チャイナタウン・コンプレックス・
フード・センター、マクスウェル・フード・センターをはじめ、
アラブ・ストリートのゴールデン・マイル・フード・センターとか、
リトル・インディアのテッカ・マーケット(ズジャオ・センター)あたりが
有名だし、雰囲気もソレっぽい。
シンガポール満喫術より抜粋)





カメヲタや食いしん坊気質のせいもあって、旅に出ると、ワリとローカルゾーンに
足を踏み入れたくなるのが常な当家なんですが、シンガポールだと、カトンは
古くからのショップハウスが並び、しかもイーストコーストロードには、ラクサを
はじめ、ニョニャ料理の名店などもあるので、足を向けないわけにはいかないんです。
0321-4道






昔、このゾーンに行ったときに、あちこちでラクサの店があったのを覚えていたので
現地に行って、散策しながら店を決めようかなーと、そんなノリでタクシーに
のりこみました。


中心部からはそこそこ距離があるので、適当な会話を交わしているうちに、
多分「ラクサ食いたいんだけど」とか言ってたんだろうね。
したら、“ここは、いいぜ!”的なノリで。ある店の前に停められたんです。
それがココ「328 Katong Laksa」。
0321-2外観



旅の縁は大事にする派なので、おすすめにそのままのっかったんですが...
これが大正解。やー、ホント素晴らしくうまいラクサでした。


エビのエキスがたっぷりきいていて、見た目スゲー辛いのかと思ったら
全然そんなことなく、ほぼ屋外の席だけど、軽く汗をかく程度。
またクリーミーさも、これ以上強くなると、イヤな感じになりそうだけど
これまた絶妙な加減でウマイんです。

麺は、日本の感覚で言うとプチプチ切れた短い麺で少し太め。
ラーメンのようにすするというよりは、スープと一緒に食べる感じ。


周りの真似してお茶っ葉みたいのを入れてたんだけど、
結局アレはなんだったんだろう?
0321-3店内



328 Katong Laksa
216 East Coast Rd



こないだのル・カンケは、メインが遥かに
想像を超えてきたし、まっこと愉快な夜じゃった...
3連休は、滑り出しからいい感じ。→ 人気ブログランキングへ

続きを読む

2010年03月29日

セントーサ島 (Singapore) 怠惰モードのビーチエリア

0327-1セントーサ


シンガポールの勢いを肌で感じることができる
2TOPが、マリーナ・ベイとここセントーサ島だと思う。

セントーサ島は、どうやら、もうカジノはOPENして、
USJも先日ソフトオープンしたっぽいですね。
http://www.genting.jp/



昔のセントーサ島のイメージが強い人は、
いったいどうなっちゃったの?というくらい
ヤンチャっぷり
0327-10セントーサ




日本は泡がはじけて失速しちゃいましたが、
バブルの頃って、国全体にこんな勢いが
あったんだろうなと思う。

クレバーそうなシンガポールは、
これからどんな風に歩んでいくんだろう。
0327-2セントーサ





バランスいいなーと思うのは、このバブリーゾーンの
島の反対側は、きれいな人口ビーチで、ビーチ沿いに
レストランが並び、怠惰な空気を残しているところ。


散歩しただけなので、味の方は知らないけど
雰囲気よさげなレストランが並んでいる。


例の、カフェ・デル・マーは、こんな感じ。
0327-3セントーサ



0327-4セントーサ



0327-5セントーサ







ビーチの砂浜はよく整備されていて、
いい感じのホテルが続々オープンしている。
0327-6セントーサ








ホテルから徒歩圏内でこんな怠惰なサンセットビアが
出来るのは、都会なイメージが強いシンガポールでは貴重。
0327-7セントーサ







0327-8セントーサ







どーせなら、お台場もこれくらいやっちゃって
欲しいですけどねぇ...これから先、どう発展
させようとしてるのか知りませんが、未だ
ゴーストタウンのままだもんね、東京屈指、
いや世界に誇れるクラスの夜景を持っている
にも関わらず....勿体無い。

それと、バカ高い臨海線、ゆりかもめしかアクセスが無いのも痛い。
お台場から、メトロの通っていない品川を結んでそのまま西に行くと、
五反田⇒不動前⇒学芸大⇒駒澤大学⇒成城学園と続くんで、
中々人気が出そうなラインになりそうな気がするんだけど。 → 人気ブログランキングへ


続きを読む

2010年04月15日

ヒルマンレストラン (シンガポール) ペーパーチキンという美味

0416-1ペーパーチキン
リトル・インディアのはずれ、キッチャナロード(Kichener Road)
にあるヒルマンレストラン。あらかじめ、iPhoneで画面コピー
しておいたので、TAXIの運転手に見せたら一発で連れてって
もらえた。


ここは、日本人に絶大な人気を誇る
シンガポールのペーパーチキンのお店。
つけダレで数時間マリネした鶏肉を、
専門の袋に入れて、油で揚げた料理。
なんとなく絵面で、味がイメージできると思う。


この紙袋を破くと、ジューシーなタレが広がるので、
ライスの上で破くといい。米星人鳥ラバーには、
至極の体験となることは間違いない。
0416-3ペーパーチキン開





Hillman Restaurant(喜臨門大飯店)
135 Kichener Road
ファラー・パーク駅から徒歩10分
0416-4ヒルマン



今んとこは、ダイエットも順調。
でも、勝負はこれから→ 人気ブログランキングへ



続きを読む

2010年04月22日

利苑 (シンガポール)ハズさない選択肢

0420-1利苑

香港発の広東料理レストラン「利苑(Lei Garden)」。
シンガポールは、オーチャードとシティホールの
チャイムス(Chijmes)内に2店舗展開している。

いつもは、チャイムスの方に行ってたんだけど、
この日はチャイムス店がリニューアル工事中だったので、
初のオーチャード店へ。


バリのご飯は、独特なタッチだし、
カフェレベルもそれなりだけど、
1週間居るとちと飽きるので、帰りにシンガポールか香港あたりで
口直しってのは、当家でほぼお約束になってます。




香港ほどまでとは言いにくいけど、中華料理のレベルが高く、
値段も香港と同レベルかなぁ....少なくとも日本よりは
格段に安いので、寄らなきゃ勿体無い病にかかってます。
0420-4利苑




香港店では、ミシュラン一つ星を獲得していて、
その店舗は、かなりスタイリッシュらしいんだけど、
シンガポール店は、どちらもカジュアル。

*チャイムス店のリニューアル後は未訪ですが


ランチタイムは飲茶が中心ですが、頼めば
北京ダックだって出てくるし、なによりこの日は
スペシャルメニュー内にブッダスープ(*)が!
0420-2利苑

(*)佛跳牆(フォーティャオチァン)
「坊さんも塀を飛び越えて食べに来る」という意味




以前、ヨンキーで食べたときは、ボクらのテーブルのために
つくられたものだったんで、奥行きの深い香りと共に、澄んだ
透明感も感じたんですが、さすがにシェアメニューなので、
奥行きは健在だったものの、香りの透明感は若干弱かった気がする。

こーいう強いインパクトを残す料理ってのは、たいがい最初の
インパクトがデカ過ぎるので、もしかしたらボクだけの印象
かもしれないんだけどね。それでもあの美味しさ、香りの
艶っぽさは凄まじい。タイプは違うけど白トリュフ並の衝撃を
脳に刻み付けてくれますんで。


ブッダスープ飲んで、北京ダックも食べて、1人6000円(SD90)程度。
こりゃ、なかなか日本で高級中華に行きづらくなるわけですよ。
0420-3利苑




利苑酒家/Orchard Lei Garden
#03-00 Orchard Shopping Centre
321 Orchard Road
6734-3988






ちょっと寒すぎでしょ、今日。
こりゃ、カラダにダメージ蓄積されますわ → 人気ブログランキングへ

続きを読む

2010年04月27日

世界の交差点(シンガポール)視覚にスパイシーなリトルインディア

0427-1SG
アジアの中で、ここまで多様性をうまく同居させているエリアって
他に無いですよね。日本でも海外のものは多く手に入るけど、
一度日本人のフィルターを通して加工されたものが殆どで、
産地直送っていうかダイレクトに体温が伝わってくるかといえば、
残念ながらそうではない。



シンガポールは、チャイナタウン、リトルインディア、アラブストリートなど
実際に現地とリンクした文化が根付いている。本場とは規模も濃さも
違うけど、それでもメディアを通した文化接触よりは、数倍の濃さを
もった『理解』ができるんじゃないかと思う。
0427-2SG





前回のSG訪問時は、アラブストリートに散歩へ出かけたので、
今回はリトルインディア方面へ。ぅお...スゲー、インド人(に見えるヒト)ばかりだ。
リトルインディアでは、ランドマーク的存在のスリ・ビ-ラマ・カリアマン寺院。
0427-3SG






サリーは、思った以上にデザイン性に富んでいて、
宗教的制約を受けない、センスのいい日本女子が
本気を出したら、相当カワいく着こなしちゃうに違いない。
0427-5SG







市内のショッピングセンターも、来る度に"使える服"が増えて行く。
だからって、ショーウィンドウレベルの着こなしをしている女子は、
5%もいないカナ...確実に、訪れる度に垢抜けていってるんだけどね。
0427-4SG








空港の施設は、羽田でも5周くらい周回遅れという印象。
成田に至っては、アジアの地方空港という印象を受けるに
違いない。降りた一般客の印象としてね。

デザイン、テクノロジーへの対応、サービス充実度...
凄まじい額の投資を日本だってしているはずなのに、
どうしてこうも差がつくのだろう。外(世界)からの
視点を忘れたガラパゴス化の弊害が、ここでも顕在化
してしまったのだろうか。WIndows VS Google の
ように、過去に縛られた身重の図体、今は分が悪い。
0427-6SG






バラエティに富むシンガポールは、
日本以上に箱庭文化。ただしスケールは
小さくても、濃度は圧倒的。→ 人気ブログランキングへ



続きを読む