札幌2010 初夏

2010年08月14日

よさこい祭り (札幌)

0815-1よさこい

前に、札幌行ったときは、ちょうど
よさこい祭りの真っ最中でした。


踊り自体は、有料の席を買ってまで
見続けるほど時間も無いし、町中では
かなりの人だかりなので、踊りの
質比べなんてのも、チラ見じゃ殆ど
わかりません。
0815-2よさこい





そんな祭り自体に踏み込めない観光客でも
嬉しいのは、大通公園一帯がビヤガーデン状態なので、
外で酒飲んでつまみが選び放題ということと、
姿は見えなくても、音はガンガン響いているので、
なんとなく祭りテンションのおこぼれをもらえる
ところでしょうかね。
0815-3よさこい





外で飲むと3割り増しくらい美味しいし、
こういうトコで食べるのはB級グルメに限る。
肉巻きおにぎりとか、最高ですよ、ホント。
0815-4よさこい







町中でも、こんだけ大量に人が見物している。
都市をステージにして踊れるって貴重な体験だし、
アツく盛り上がっているダンサー達が、少しうらやましく思えた。
0815-5よさこい






昼間は30℃あったのに、夜になると20℃以下まで
一気に冷え込みます。このあたりが札幌の初夏と
東京の違うところ。
0815-6よさこい




チラッとミニα(NEX-5)で映像撮ってみたので、
動画のアップにTRYしてみます。

TEST撮りですので、誤解の無きよう。
この子(ミニα)のポテンシャルは、
実はもっとスゴイいんです。 → 人気ブログランキングへ



続きを読む

2010年08月07日

ツキサップじんぎすかん倶楽部 (札幌)青い空の下で焼こう

0808-3ツキサップ

ここより美味しいジンギスカンを食べられるお店は、
すすきの近辺でも、色々あるだろうけど、ここより
気持ちよくジンギスカンを食べられる場所って、
そうないんじゃないでしょうか?

ツキサップじんぎすかんクラブ




すすきのからだと、車で15分くらい
乗ってる気がするけど、いつも
誰かに連れてきてもらっているので、
ココがドコだか、さっぱりわかりませんw
0808-2ツキサップ





でも、一観光客としては、比較的
札幌の中心部から近いところで、
緑に囲まれた抜群のロケーションの中、
ちゃんと美味しいジンギスカンが、
笑っちゃうような価格で食べられるのは、
幸せ以外のナニモノでもないです。
0808-1ツキサップ








北海道の爽やかな陽射しを浴びて
(暑くても東京より全然耐えられる)、
グビっとビールあおりながら、
ジンギスカンの煙につつまれるって
想像以上に気持ちいいっすよ。
0808-4ツキサップ




東京のジンギスカンブームの時に、
ヒドい肉を食わされて、
「えー、ジンギスカンかよ?」な貴方。

そういうヒトにこそ、足を運んで欲しいです。
貴方のジンギスカン観が、間違いなく変わるんで。
0808-5ツキサップ




ツキサップじんぎすかんクラブ
011-851-8014
北海道札幌市豊平区月寒東三条11-2-5 八紘学園農場内
http://www.tjc1953.com/



昨晩は楽しく呑んでたら軽くキャパオーバーに。
眠いだけなら少しオチれば復活できるけど、
気持ち悪くなると、その日はアウトですね。
なんとか帰れて良かった → 人気ブログランキングへ

続きを読む

2010年07月17日

みんなでGOLF (札幌)

0715-0GOLF

メッチャ久々にリアルにコース回りましたゎ。
札幌はGOLF場近いし、リーズナブルだし
いい環境だねー。

って、積雪のレベルが違うから、シーズンは
短いんだけどね。


休日ということで、さすがに直前で至近の
リーズナブルなコースが取れず、少し離れた
場所に向かう。

どうやら、千歳空港方面らしい。
車に乗ったらAWAYの民には全く謎。
0715-2GOLF



久しぶりなんでスコアは想定どおり。
デビューの頃に逆戻りw


ミニα(NEX-5)を持ってったので
色々オモロイ絵も撮れました。
あとムービーもね。
0715-1GOLF




楽しけりゃいいんすゎ(*゚∀゚)っ  → 人気ブログランキングへ


続きを読む

2010年07月06日

果実倶楽部818 (札幌) 泡合戦

0710-1果実倶楽部

ゴッセとフルーツが、東京からしたら
アホみたいな価格で楽しめる札幌の
シャンパン&フルーツBAR「果実倶楽部818」


友人のJが社長の店なので、とりあえず
札幌に入ったら顔を出すお店。
アペリティフ使いもするし、
食後にもやってくるし、大勢の
仲間達と一緒だとバカ騒ぎにも使えます。
0710-2果実倶楽部





しかも、果実倶楽部が入っているKT3条ビルってのは、
マサさんの「ル ヴァンテール」も入っているので、
AWAYのボクにとっては、ここが札幌の中心です。
0710-3果実倶楽部




果実倶楽部818
札幌市中央区南3条西2丁目7-2 KT3条ビル2F.
TEL. 011-281-8185


末弟が行ったときに、出てきたフルーツの
ボリュームと鮮度に、心底驚いたようです。 → 人気ブログランキングへ

続きを読む

2010年06月20日

ル ヴァンテール (札幌)トキシラズ炸裂

0626-1LV

札幌のフレンチが、とにかくヤバイってことは
もうしつこいくらい書いているので、そろそろ
力説するのは控えますが、自分の好みの食材が出る
タイミングにうまくぶつかると、これまでと違う次元の
新しい出逢があったりして、更にK点を越えてきます。


今回のそれが、「ル・ヴァンテール」の時鮭でした。


前回の鴨とフォアグラのトゥルートとか、前に食べた
ハチミツとシャンパンのデセールとか、これまでも
かなりシビれる体験をさせてもらっているんですが、
ボクの中では、それらを超える一皿となりましたね。
キュウリにわさびのアクセントを加えた涼しげな
ソースが、時鮭(トキシラズ)と帆立の美味しさを
見事に融合させてくれるんですよ。

チャンスはあと1ヶ月くらい、シズった人はお早めに
0626-2LV






で、こちらの「ル・ヴァンテール」、
札幌市内の中心部 すすきのにあって、
以前は「ビストロ・ヴァンテール」という
店名だったんですが、どんどん料理や
カトラリーがグレードアップしていって
もはやグランメゾンと言っても差し支え
ないくらいの内容になっちゃいました。

このお皿とかも半端なく美しいですよね...
リモージュはレイノーの手書きでクラシック風の味わい。
たったこれだけのアスパラのポタージュのために
全身全霊の演出かましてきちゃいます。

言ってしまえば、この"無駄”さ加減が、
フレンチたる贅沢さなんですよね。
テーブルに料理が出るまでに捨てられる
食材の量や、かけられる手間の量。
そういった部分へのイマジネーションが、
更に料理の味を深いものにしてくれる。
0626-3LV






道産の素材にこだわりつづけるオーナーのマサさん(中村雅人 氏)。
北海道でも、同じ大きさのものを仕入れようとしたら、フランスの
ものの方が圧倒的に安いらしいです。それでも道産のものにこだわって
出し続けてくれるところが、東京からやって来るボクみたいな
観光客には嬉しいんですよね。

最近ハヤリのモダンフレンチのエッセンスもちゃんと
取り入れてはくるけど、"これぞフレンチ”という
旨みに旨みを重ねてくる贅沢さは、毎回寄っちゃう引力です。
0626-4LV








札幌で人気のヴァエレンタルにも行きたいんですが、
週末だとWeddingが多かったり、中心部から少し離れているので、
すすきのにある間違いないフレンチって、ホントにありがたい。

さとなおさんの極楽おいしい二泊三日でも
紹介されているんですよね、コチラ。
更に席が取れなくなるかもなので、
予約はマストで。特に観光組は
ワンチャンス逃すとイタいので。

ちなみに、これだけの内容でサービス料は無し。
いつもながら客としては嬉しいですが、
友人とすると、またも心配がつのりますw
0626-5LV







LE VENTER(ル・ヴァンテール)
http://www.bistroventer.com/
〒060-0063
札 幌市中央区南3条西2丁目
KT3条ビル1階(都通り沿い)
TEL. 011-232-2022

0626-6LV


ル ヴァンテール (フレンチ / すすきの)
★★★★ 4.5





この週末は、江の島遠足がメチャ楽しかった!! → 人気ブログランキングへ

 


続きを読む

2010年06月17日

札幌2010  初夏

0614-1a700

こないだ、2/末に札幌遠征に行ったときの
レポを書き終えたと思ったら、また
先日も行ってきちゃいました、札幌。
好きっすねー、オレ。

ショートステイだし、TASKがちょこちょこあったので、
今回はあまり詰め込まず、わりとマイペースで。

いつもの場所に顔を出す感じの里帰りみたいな
3日間だったんですが、気候的にも食材的にも、
6月半ばってメチャクチャ気持ちいいですね。
0614-5a700






帰ってきたら東京は梅雨入りしてたけど、
30℃近い札幌は、カラッとしていて爽やかな陽気。
ゴルフ場もテラスジンギスカンもやけに気持ちよかったなぁ。
よさこい祭りみながらビール浴びるのもこの時期ならではの楽しみかと。
去年までは寒かったらしいけど)
0614-4NEX5

ちなみに、この写真はミニα(NEX-5)の
パノラマ機能で撮影したもの。クリックすると
拡大すると思うんで、見てちょーだいよ、ヤバイから。
あの時の風の気持ちよさを思い出すね。






食材は、塩水ウニ、トキシラズ、ひめ鱒、ホワイトアスパラ
などなど、道産食材は美味しいもの満載。

とくに、「ル・ヴァンテール」で食べた
トキシラズと帆立のプレッセは、
サーモンの脂と肉厚帆立のバランスが
絶妙で、かなり刺ささりましたね。
キュウリを使ったソースが、またいいんだ....
0614-3a700





あと、鮨Aのひめ鱒の握り(トップの写真)、
塩水ウニとひらめのつまみ、この2つを
食べたときの記憶が鮮明に刻まれていて、
1Wくらいは、口の中にあの感動が再現できそう。

いつも控えめなご主人も、「今の時期は素材がいいんで」
とめずらしく前に重心乗ってたしw。



景気の影響は東京以上に深刻な札幌ですが、
ル・ヴァンテール、鮨A ともに賑わってました。
鮨Aなんて、前は気軽に当日予約できたのに、
今は結構予約も大変になってきたみたい。


ル・ヴァンテールは、さとなおさんの
新しい本「極楽おいしい二泊三日」にも出てる
みたいで、その影響か連日満席らしいし。

巷で売れている札幌のガイドBOOKを見ると
地元の食いしん坊も「しらねーし、ココ」みたいな
観光客向けの店ばかりが紹介されている。
食べログが発達して、だいぶ便利になったとはいえ、
まずその土地に対するモチベーションをあげることが
必要だからね。「極楽おいしい二泊三日」読んでみたい → 人気ブログランキングへ

続きを読む