軽井沢 2011 春

2011年07月23日

ogosso (軽井沢)親子丼の有名店

0723-1Ogosso


軽井沢と中軽井沢の中間くらいにある
親子丼が有名な鶏料理店。




軽井沢というエリアにマッチした きめ細かなサービスが、
カウンター席中心のこの店には、バシッとハマっているようだ。
そのため、別荘客のリピーターが多く、中心部から離れていても
夜はかなり賑わっていた。
0723-2Ogosso




鶏料理以外にも、美味しそうな素材が、カウンター越しに
並んでおり、「地野菜を食べたい」という都会の顧客の
欲求をくすぐる。

ただ、素材はイイものの、仕事がいまひとつで、
シンプルなグリルはともかく、揚げたり、ソースと
合わせたりすると、なんかピントがあっていない。
0723-5Ogosso


また、混雑してくると、オーダーが混乱するのか、
最初に頼んだものが全然出てこなくて、追加オーダー
して、満腹になった頃に、「お待たせしました」と
やってくることもあった。


G.W中の混雑時だからということかもしれないが、
そういう基本中の基本が出来ていないと、折角の
上手なサービスも、過剰で軽薄なものに感じてしまう。
軍鶏のすきやき&おじやが抜群にタイプだっただけに、残念。
0723-3Ogosso





次回はランチの親子丼でいいかな。


Ogosso (オゴッソ)
0267-42-6339
長野県軽井沢町長倉1999-1
http://www.ogosso.com/


今日もピカちゃんSALONでカット。
より硬派な7:3に(・∀・)つ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ











続きを読む

2011年07月16日

とんぼの湯 (軽井沢)サイクリングと温泉の午後

0716-1KS

G.Wの軽井沢は、まだ早春といった空気で、
夕方になると、あっという間に空気が冷えていく。

昼間も、全力でサイクリングしていてちょうどいい
くらいの清々しさ。まりえと軽井沢に来たときは、
のんびりと彼女のペースに合わせていたんだけど、
心底負けず嫌いのメンズと一緒のせいか、自然と
オーバーペースになっていたり。

もっとゆっくり楽しみたいっつーの 笑



軽井沢の駅前で自転車を借りたボクラが向かったのは、
中軽井沢のトンボの湯、なんだかんだいっても、星の
リゾートが運営する温泉施設ゆえ、満足度は高いです。
0716-6KS






洗練された風呂空間の美もさることながら、なんと
この日はお風呂の横の斜面に、桜が咲いていたんですよ。

風に吹かれるたびに、舞い散る桜の花びら....
やさしい青色の空の下で入る、そんな露天風呂の
気持よさって、わかるかなー....

静かなんだけど、抑えきれないくらいのナニかが、
体の芯からわきあがってくるんだよね。あと一歩で
叫びだしそうなんだけど、外側はいたって平和みたいな。

そんなヤツ。




だいたい、サイクリングなんて滅多にしないし、
しかもこんなサイクリングのためみたいな
ロケーションで自転車に乗ること無いから、
メンバーみんな最初からアゲっぱなし
だったんだけどね。
0716-2KS






車も殆ど通らなければ、他のサイクリング利用者にも
ほとんど出会わない。G.Wの軽井沢といっても、
中心部を離れれば、こんなモンでしたね。
0716-3KS







この酷暑な連休に桜と残雪の残る浅間山の絵って
リアリティ感じませんよねw  2ヶ月ちょい前の
出来事なんだけどさ。
0716-4KS






星のやの周囲には、こんなモールが完成してました。
前に来たときは、工事をしていたような記憶アリ。
0716-5KS




サイクリング、サイクリング(n‘∀‘)η ヤァーッホォー
 ↓ ↓
 人気ブログランキングへ








続きを読む

2011年07月12日

ささくら (軽井沢) 手打蕎麦と旬菜を

0708-1蕎麦処ささくら


軽井沢は、追分宿の蕎麦屋「ささくら」。

地元の素材を使ったおつまみが充実していて
酒飲み達が喜ぶ味付け。朝まで呑んでたヤツらが、
ここでも日本酒一升空けやがってましたね。
0708-16蕎麦処ささくら






つまみが美味しく、ついついヤツらのペースで
盃空けてたら、蕎麦がくる頃には相当酔ってて、
一口食べただけで撃沈。
0708-3蕎麦処ささくら






蕎麦、店主の個性は、軽井沢駅近くの弦庵の方が
圧倒的ですが、みんなでワイワイ呑むなら、この
「ささくら」の座敷はアリっすね。
0708-4蕎麦処ささくら






予約が無くても入れましますが、コンスタントに
お客さんはいらっしゃってました。
0708-5蕎麦処ささくら



純手打蕎麦・旬菜処ささくら
0267-46-5577
長野県北佐久郡軽井沢町追分655-3



近々、平泉と猊鼻渓に行く予定。
自分に出来ることをしてみようと。
 ↓ ↓
 人気ブログランキングへ








続きを読む

2011年07月04日

CABOT COVE (軽井沢) パンケーキとソーセージ

0630-1CC


軽井沢の朝ごはんのイメージって、林の中で鳥のさえずりとか
聞きながら、のーんびりやっちゃう系な気がしません?
テーブルの上に並ぶ料理は、素朴なんだけど上質みたいな。


ここ「CABOT COVE」は、軽井沢でそんな朝のひとときを
過ごしたい時に、ピッタリのお店。予約ができない分、
早起きが義務付けられてしまいますが、お店に着けば
「わざわざ足を運んだ甲斐があったな...」としみじみできる
高いクオリティのパンケーキが出てきます。


ハワイの人気パンケーキ店で食べたときは、別にナニも
感じ無かったオレですが、こちらのパンケーキは、生地の
きめの細かさや、ほのかに感じる甘み、また生地の中に
埋めこんであるフルーツのパンチが、やけにタイプ。
なにげに付け合せのソーセージも美味しいのが◎。
0630-2CC

店内のインテリアは、軽井沢ならなんら違和感を
感じ無いけど、なんつーか、昭和っぽい。
都内じゃウケなそうな垢抜けなさが、何故か
こういう別荘地だと、キマるんですよね。
むしろ、お洒落過ぎたりポップ過ぎるとチャラさが目立つ。


朝の空気が気持ちよかったんで、テラス席を希望したんですが
なんせ、早い者勝ちですから、店内席に。並ばずに入れたのが
ラッキーってことで。

こんなデッカイ ワンちゃんが、「オレの位置だ」と
周囲を睥睨していました。後で、飼い主に「邪魔よ!」
と引っ張られてたんですが、その必死の抵抗がメチャ
かわいかったス。
0630-11CC





この時は空いてたけど、お店の前の椅子の配置を見ると
シーズン中は、毎日行列なんですかね...並ぶのはイヤ。
0630-4CC


森の中の朝食とカフェの店 キャボットコーヴ
0267-31-5078
長野県北佐久郡軽井沢町追分78-26
http://cabotcove.jp/



色んな発見があった軽井沢もこれが最終日だったんだよね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

2011年06月26日

カフェ ドゥ モロッコ (軽井沢)香辛料のMagic

0626-1CDM

軽井沢の中心部からはだいぶ離れた
林の中にひっそりと佇むモロッコ料理店、
『カフェ ドゥ モロッコ 』


今回の軽井沢旅行のハイライトだったといっても
自分的には過言じゃありません。中心部から
離れているというのは、決して大げさじゃなく
信濃追分の更に先なので、軽井沢と小諸の
中間と言ったほうが正しいかもしれない。
0626-6CDM





細い道をクネクネ登った林の中というロケーションなので、
カーナビ頼りじゃ辿りつけないらしく、お店には「迷いました...」
コールがよくかかってくるとのこと。ボクラは、タクシーで向かったので、
「もう一回行け」と言われても、自力じゃ辿りつけない自信満々ですw


そんな自然のど真ん中のレストランなので、テラス席の開放感は
かなり魅力。外の席は、ざっくり15席くらいかな...もちろん窓は
閉まるので、寒い中凍えながらご飯を食べるなんてことはありません。
0626-2CDM





一方、モロッコなアイテムに囲まれた雰囲気ある室内は10席。
小物を販売されているコーナーが併設されているので、
ついつい手にとって、お土産にしちゃいます。でも、ここのは
ホント可愛いので、酔に任せて買っちゃっても後悔なし。
0626-5CDM





さて、料理の方はというと、”パンチ力あるエスニックです”って
リキ入ってる感じじゃなく、日常的に食べられるような優しい
アプローチ。香辛料による味の奥行きが深く余韻が無い。
本場モロッコに行ったこともないオレがいうのもなんですが、
現地でも、こういう味の方が支持されているんじゃないのかな?
0626-3CDM




香辛料使いといえば、オスマン帝国。トルコが本場中の本場ですが、
日本のイメージだと、なんか香辛料使い過ぎで、やけに味が濃い
イメージないですか?

でも、実際にトルコ行くと、決して香辛料でベタベタって感じじゃなく、
むしろファーストアタックは抑えめにして、後からジワーっと体に
広がっていくという料理のほうが多かったんですよね。正直、
トルコ行くまで、そこまで香辛料のこと愛情注いでなかったんだけど、
今ではリスペクトしてますね、そんくらい深い体験でした、オレにとって。


で、こちらのアプローチも後者。素材の特長を香辛料が
うまく引き出したり隠したりしながら、独特のバランスを
とっているんですよね。その感覚が繊細なので、たとえば
ソースひとつとっても、やけにヨーグルトが立ってたりとか、
ハリッサ・ソース(サラサみたいなヤツ)が強過ぎたりとか
そういう違和感が無いんですよ。


タジンの肉も癒しの味わいでヤバかった。フォークだけで
ほぐれる羊を、これまた優しい野菜がバランスとってくるんですゎ。
0626-4CDM





インテリアも細部まで目が届いていて、オーナーの
世界観が店を出るまで崩されることはない。
モロッコがホント大好きなんだな…というのが、
自然と伝わってくる。押し付けじゃなくね。
0626-7CDM



カフェ・ドゥ・モロッコ
0267-32-2327
長野県北佐久郡御代田町塩野3247-13



次回はランチで訪れたい。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

2011年06月15日

RISTORANTE MODESTO (軽井沢) 軽井沢イタリアン

0614-1MODEST


中軽井沢にある人気のリストランテ『モデスト』。

エノテカピンキオーリなどで腕をふるわれていた
堀内シェフが、2008年の秋に軽井沢にオープンさせたお店。

食べログの軽井沢のイタリアンのスコアを見ると、
フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ 、エンボカ、
そしてココ『モデスト』の3店が、他のお店をグッと引き離して
いるようだ。
0614-2MODEST




そんな『モデスト』ですが、国道沿いのせいか、
意外にも外観はそっけない。エンボカのような、
” いかにも軽井沢!”といった沁みる演出は無く、
テラス席はあるものの、かなりシンプルな印象。

ただ、その印象もお店の中に入れば、だいぶ変わる。
モダンなインテリアで統一された店内は、清潔感と共に
どこかぬくもりを感じられるので、外観の色気の無さも
しばらく座っていると忘れてしまっていた。
0614-3MODEST



場所が場所だけに、G.W中でもファミリー使いが多い。
さすがに発言には気をつかわんとね。



ランチは2500円、4000円、5800円くらいの3コースが用意されている。
ざっくり言うと、パスタのみ、メイン1品、メイン2品という違いのようだ。

料理を食べた印象は、とにかく丁寧。ワイルドに感性で組み立てていく
お皿というよりは、細部にまで注意を配りながら、美しく仕上げていくという
アプローチ。
0614-4MODEST




0614-5MODEST







0614-7MODEST


リストランテ モデスト (RISTORANTE MODESTO)
0267-31-5425
長野県北佐久郡軽井沢町長倉2080-1
http://www.modesto.jp/


↓ ↓
人気ブログランキングへ







続きを読む

2011年06月11日

食後の軽井沢 (軽井沢)

0611-1BOW




今年は、節電の影響で避暑地の人気があがってます。
避暑地の代表格の軽井沢は、もちろん例外では無く、
というより、今から混雑するのがハッキリ見えてるみたいっすね。
0611-2BOW





すっかりボクもファンになった軽井沢。綺麗だし、なにより
食環境の充実っぷりが半端無い。カロリーの蓄積リスクも
それに比例して高くなっていますが、散歩したくなる舞台装置を
持ってるので、都内に比べりゃ数段健康的かと。
0611-10BOW




0611-3BOW




実際、ボクラも食後にちょっと散歩しよーぜーと、テクテク歩いて
いたんですが、なんだかボーリング熱まで高まっちゃって、
駅前のアウトレット脇にあるボーリング場に突入しちゃったし。
0611-5BOW







久々だったけど、130くらいスコア出た。ユッキーは、
3フレまでスコア3とか、スゲー展開かましてたけど。
0611-6BOW






その後、ビリヤードやったり、卓球したり(←オレはココで落ちた、脇のベンチで就寝)
かなり運動してました。オレ以外は、酒強いヤツらなので、当然運動後もビール注入。
0611-7BOW



0611-18BOW




そうこうしてるうちにディナーの時間、なんだか札幌並の”いくさ”ですナw
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ








続きを読む

2011年05月31日

軽井沢のBBQ

0530-1BBQ

G.Wの軽井沢って、まだ寒いんスね。
桜が咲いてるくらいなんで、3/下旬くらいの感じかな。
旧軽井沢の方ならまだしも、山の方の別荘地は、
夕方になると、かなり気温が下がります。

でもね、空気の澄んだ山の中で食べるゴハンって
ほーーーーんっと、美味しいんだゎ。BBQって
素材を焼くだけの極めてシンプルなモンだけど、
ロケーションとマリアージュしちゃうと、その勢いは
手に負えねーッス。

当たり前のことだけど、敢て言わせてもらうと、
ほんっーと、軽井沢のBBQ 気持ちよかたーーぁ。
知ってるってコトと、体感したことって、ヤッぱ全然
違うんで。久々この感じ、待ってたなー。
0530-2BBQ


0530-3BBQ





そんなBBQの素材達は、基本ご近所で調達。
0530-6BBQ



0530-7BBQ


 

ウィスキーやワインの試飲で、猛烈な睡魔に
ャられたオレは、ツルヤで買い物したアイテムを
ウェイティングスペースで死守しつつ(寝ながら)、
仲間たちが肉の「katayama」で買い物を終えるのを、
微動だにせずに待ってました。やー、なにもしてない
だけに、ブルブル震えて寒かった〜
0530-10BBQ




いつものように、メルトダウン後、10分くらいで意識が覚醒。
「タクシー配車したよ」と電話を受け、ツルヤで買った荷物を
車にエッちら詰め込み、酔いざめモードで「katayama」に合流。
0530-11BBQ




あ...勢いでコロッケとか食ってたし、オレ。
削ぎ落とされてた記憶が、蘇ってきた。
イラネ、この記憶。
0530-12BBQ


0530-13BBQ





軽井沢以外から運んできた素材もスゲーよン。
R字が北海道から直送させた「桜鱒」の切り身と「ホワイトアスパラ」。
あとは、ピカちゃんが大丸でオトナ買いしてきたサーロインもめちゃウマっ!!
0530-22BBQ


0530-4BBQ

 
0530-14BBQ





別荘BBQは、満腹 ⇒ 風呂 ⇒ チョイ寝 ⇒ 復活 ⇒ 深酒 と
全く終わらない宴のスパイラル。深めの話をペース落として
交えるのも、合宿のオモロい一面です。
すんごい楽しいし、半端なく気持ちいいし、夏になったら第2弾行こっ!!
0530-5BBQ



体重が容赦なくオレを責める...
しかも、デジタルに。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ







続きを読む

2011年05月24日

メルシャン美術館 (軽井沢)ウィスキーがお好きでしょ

0521-1MMK


軽井沢から3駅ほど。中心部からは離れた
御代田駅にある「メルシャン軽井沢美術館」。

追分宿の更に先なので、軽井沢からだと
車で30分以くらいは、かかる気がする。
エントリー層の観光客が気軽に行く
エリアというよりは、別荘の建っている
リピーター向けゾーンなので、駅では
ほとんど降りるお客さんがいない。

0521-2MMK





駅から、歩いて数分のところにあるのが1万坪の敷地を有する
メルシャン美術館。美術館だけなら、食指が動かなかったんですけど、
レストランやカフェもあるっていうし、なにより刺さったのが、ウィスキー蒸留所。
0521-5MMK







メルシャンって、ウィスキー造ってたんだ....って、いうレベルで、
無知なヲレらだったんですが、現地で試飲とか、絶対ヤバイっしょ。
ということで、ランチBBQの予定を夕方に繰り下げ、こちらの
エリアに足を踏み入れることに。
(今はキリンの事業として小さくやってるみたいです)
0521-6MMK






広い敷地を活かして、美術館だけではなく、レストラン・カフェが
いい雰囲気で配置されています。ショップ内には、こうして
樽出原酒のモルトをいただけるコーナーが設置されています。
さすがに有料ですが、ワンショット500円からで、呑んだグラスは
記念品としてプレゼント。旅の思い出としても悪くない。
0521-3MMK





最初はストレートで愉しみながら、途中からロックにして
違う表情も味わってみる。仲間らと一緒なので、ふらりと
外の陽射し浴びて、休憩入れるも良し。高原の空気と
一緒に味わうモルトには、都会のBARとは異なる、また
違った魅力が秘められています。半端なく気持ちよかった。
0521-4MMK





メルシャン軽井沢
長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1799-1    
[TEL] 0267-32-028
http://www.mercian.co.jp/musee/index.html



秋頃には閉館という噂もあるので、行けるうちに
再訪しておきたい場所のひとつ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






続きを読む

2011年05月12日

軽井沢 春の宴足

0512-1KAR


今年のG.Wは、またBALI島にでも行こうかと
考えていたんですが、家庭の事情がございまして、
G.Wの特に前半あたりは、自宅周辺くらいしか
動けなかったんです。後半は、なんとか少し自由な
時間が作れそうになったので、友達の別荘がある軽井沢へ。
0512-3KAR




ボクのオトナになってからの
軽井沢デビューは2年くらい前
義妹の結婚式での訪問だったんですが、
予想を越える美味しいものにたくさん出逢えたし、
洗練されたいいお店がいっぱいあって、素直に
ビックリしたんすよ。裏道の感じとかも避暑地の
王道って感じでフォトジェニックだったしね。
避暑地でのサイクリングって”めちゃ気持ちいい
オトナの遊び”なんだと、思い知らされたのもココでした。
0512-9KAR





単純なオレは、そっこーで一目惚れして
再訪を誓ってはいたんですが、なんか
機会がなくて行けてなかったのよね。


 *ガキの頃にも行ったと思いますが、あの価値を
   子供にわかれってのは、ムチャでしょうw
0512-2KAR






今回は、そんな一目惚れの地との再会なんで、
かなりワクワクモード全開だったんですが、
ボクはあえてのノープラン。別荘の持ち主の
さおちゃんに任せときゃ間違いないと思ってたので、
余計なことは言わずにエスコートされるままに
軽井沢を愉しんでいたんです。

これが、ほーーんっと正解で、ヤバおもろかったンすよ。
これまでとは違う魅力を、色んな角度から見せて
もらって興奮しっぱなしだったし、まりえと2人で
周るのとはまた違った、友達同士ならではの
アホさ加減が、いとをかしく。
0512-4KAR





つか、男として改めて認識したのは、”エスコート”の重要性。
今回のレストランのセレクトは勿論、BBQの素材選びから、
グダ呑みのDVDまで、さおちゃんのさりげない気配りと
センスが刺さりまくり。


ボクの場合は、“エスコート”っていうより、自分がやりたいことに
ただただヒトを巻き込んでることが多いので、あんましヒトの流れに
のっかりっぱなしって経験は薄いんですが、こんだけ見事な流れで
軽井沢をプレゼンされちゃうと、前以上に惚れみますって。


そして、その完璧なエスコートも、それを消化できる仲間が
いなけりゃヒカりません。R字やユッキーといった、いつもの
呑んだくれ達は言うまでもないですが、初めて会ったイケメンな
レディ(笑)のピカちゃんが最高にイカしてまして。
0512-5KAR



どんな素晴らしいステージがあっても、どんな美味しい料理が
並んでも、それを活かせるかどうかは、そこで一緒に時間を
過ごす仲間次第。ずーっと自然体で(つか酔っ払ってたしね)、
心のソコから楽しくも癒された軽井沢の3日間。

ほんと、みんなのおかげです、
改めて”ありがとう!!”



さてさて、能書きが長くなったけど、
印象に残ったシーンをいくつか。


●まず、レストランとしては、ココが余りにも
 素敵すぎでした「カフェ・ドゥ・モロッコ」。
0512-6KAR



テラスからの景色は刺さりまくりだし、店内のインテリアもかなりタイプ。
料理は香辛料の使い方が相当洗練されていて、野菜の魅力をやさしくも
大胆に引き出していたし、煮込み系はトルコ並みにバラエティ豊かで、味に
奥行きや広がりを感じる展開。モロッコ料理というと「辛くて雑なの?」って
思ったりするかもしれませんが、ここは香辛料の本気が味わえます。
0512-33KAR




カフェ・ドゥ・モロッコ(Cafe du Maroc)
0267-32-2327
長野県北佐久郡御代田町塩野3247-13
0512-8KAR




食後にテラスへ出たら、三日月が丘を照らしていたんです、
あの光景を見たときの感情は、それまでの食事からの
流れもあってか、やけに焼きついてくれちゃってるんですよね。
次回はランチのテラス席に、仲間たちと騒ぎたいっすね。
0512-7KAR







●別荘のテラスのBBQ
別荘のテラスでのBBQは、地元の野菜(ツルヤで購入)に加えて、
R字が北海道から送らせた桜鱒とホワイトアスパラが並ぶ。
こんな素材が並ぶBBQってのは、やけにオトナですが、
コレをテッペン越えた2:00過ぎの夜食にしてるオレらは
アホ過ぎですね。ある意味修行に近いですw
0512-15KAR


0512-16KAR



肉は、人気の「Katayama」で。
0512-13KAR




桜鱒とホワイトアスパラは、R字が北海道から取り寄せたもの。
0512-18KAR


0512-17KAR


当然のことながら、このあたりは天気さえ
良ければ満天の星空が広がる。全く音のしない
静寂の闇に包まれながら、美しい星空を見上げる
という贅。寒さを忘れて立ち尽くします。






●あと、なにげに寄った御世田(軽井沢から3駅)にある
メルシャンのウィスキー醸造所も良かったなぁ。
ちと試飲がしたくて寄ったんだけど、500円〜
シングルモルトが味わえます。中にはワンショット
数千円という貴重なヴィンテージもありました。
0512-11KAR



0512-12KAR


ユル過ぎる醸造所内の見学はアレですが(笑)、
敷地内の雰囲気いいし、もう少しあたたかくなったら、
相当気持ちよさそう。ちょうど桜が満開でした〜

メルシャン 軽井沢美術館
http://www.mercian.co.jp/musee/index.html

0512-10KAR





まだまだ、色んなとこ行ってますよっ(・∀・)つ
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ







続きを読む