京都 2012春

2012年05月13日

深淵なる古の都へ

0512-1


久しぶりの京都は、これまでと全く
スタンスが異なった旅でした。
一言で言うなら、京都裏口体験入学。



大好きなお寺も多少は回りましたが、
それよりも京都に住むヒトを通じて、
フツーの観光客では見えないもの、
知りえないことに触れられたことが、
何より刺激的な4日間でした。



これはひとえに、よそ者のボクでも
温かく接してくれたみんなのおかげ。
何度言っても足りないくらいだけど、
心の底からめっちゃありがとう!!!
0512-12








特に、今回 運良く京都に裏口入学(体験版だけどね)できたのは、
アジアで9年間仕事をしてきて、半年前に京都に赴任したRYOに
あちこち連れ回してもらえたから。
0512-5




ヤツのインターナショナルなコミュニケーションスキルは完全に日本人離れ
しており、顔や言葉は日本語でも中身はほとんど”ガイジン”なのよ。

なので、京都のヒトからも「ガイジンさんならしょうがないねー」と、
ある部分は 日本人以上に受け入れてもらってる感じなんです。もちろん、
扉が何重にもなっている深淵なる古都ゆえ、ある一定の部分までという
限定つきではあるんだろうけど。
0512-11





実は、この”ガイジン”キャラってのは、観光客にとっても学ぶべき
ところが多いんです。プライドが高く閉鎖的な古都では、AWAYの
若造の中途半端な知ったかぶりとか、お高くとまったような態度なんて、
なににも増して嫌われるじゃない。

むしろ素直に「京都ってほんーっと美しいね。で、コレってナニナニ?? 
どーいうこと?」って無知なところを隠さずに、でも敬意を払いながら
コミュニケーションを取っていたほうが「しょうがないな、それはね…」
って優しく教えてもらえると思うのよ。


 ただ、これも信頼を得ている”紹介者”がいるのといないのでは
 全く話が変わってくるので、まずは起点となる友達を通じて
 っていうのが大原則となるんですが…。
0512-2





で、そんな「ナニナニ? ウキウキ♪」モードで過ごしてきた今回、
あまりに愉しかったイベントだらけだったんで、何から書きはじめれば
いいか悩むんだけど、やはり一番のSpecialは、友だちになった
芸妓ちゃんに連れてってもらった「鴨川をどり」。
0512-3




あ、勿論、お仕事中の芸妓さんじゃないですよ(なので「芸妓ちゃん」)。
RYOの友達の芸妓ちゃん達が、打ち上げで集まってるOFFのとこに
お邪魔させてもらったのね。で、その中の一人がプライベートで
「鴨川をどり」行くっていってたのよ。なので、調子に乗って
それオレも行きたーい!」みたいな感じで。


これはビギナーズラックだし、RYOの信頼力と東京から来た
アホなガイジン2号(オレね)というお気楽キャラが、
たまたまイイ感じでマッチした結果。しかし こういう
”縁”をつかめる”運”ってのも、それはそれで大事なんで。
素直に自分の強運に感謝した次第であり。




あとは、RYOの連れのかおリンにも感謝。
人気イタリアン「Vineria T.V.B」の床で、時間ないからと
OPEN前から泡Partyやらしてもらったりとか。
0512-6





鴨川神社そばの和菓子の老舗「老松」での和菓子作り
体験とか、かなりセンスいいセレクトしてくれたり。
0512-4


あとは、鴨川沿いでの外呑みとか、観光客のオレが
「京都に住んでいたらやってみたい!」って遊びを、
さりげなーく流れで作ってくれて。





めずらしく食事の話が後回しですが、こちらも
完璧なエスコートしてもらってます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2012年06月04日

東寺 (京都) 駅から見える五重塔

20120501-東寺1



最初に京都に訪れたのは、中学の修学旅行
だった気がします。その時に驚いたのは、
「あれ、なんだかフツーの町じゃん」ってこと。


今でこそ、深淵なる町の空気を少しは感じ取れる
ようにはなりましたが、ガキの頃はシンプルに
見た目まんまの印象しか持てないわけで。
フツーに駅前にロータリーがあって、ビルが
わしゃわしゃ建ってる姿に、正直 拍子抜け
したというか、幻滅したというか。
20120501-東寺2





というのも、イメージでは京都って時代劇の
まんまの町だと思ってたんです。まー、多少は
駅前にビルあったとしても、ちょっと離れたら
あの世界観みたいな。

でも、実際は...ご存知の通り。
20120501-東寺5





せめて海外で良くあるように、旧市街と新市街を
分けて、旧市街は古き良き日本を継承していく
とか出来なかったのかな~

やっぱさー、フレンツェやパリって、その辺の
魅せ方を徹底してるじゃない。だから町が
あれほど魅力的なわけで。木造と石という
文化の差はあれど、世界に誇れるコンテンツが
点在する京都、点の力を面にできたら、もっと
凄い引力を発揮できると思うんですけどね。
お気楽な外野の戯言だけどさ。





そんな愚痴が出るのも、京都に対する憧れと期待が
大きいから。なんだかんだ京都が大好きなので、
新幹線で到着して、「あの五重塔」が目に入った
瞬間アガります。
20120501-東寺11



ありがとう「東寺」、ありがとう「五重塔」。



でも、そんな東寺が未訪だったので、
今回は一番最初に行って来ました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2012年06月17日

京都の食事 ダイジェスト版

0501-1


G.Wに行った京都も、気づけば

既に1ヶ月半くらい前の話。
既に記憶が風化気味なので簡単なメモ。

今回の食事は割烹が中心でしたが、
それ以上にBARをはしごしまくって
ますね。どうりで最終日は胃が完全に
ヘタってたわけだ。改めて納得。

友人からは、今回の京都のブログ見てRYOの
アテンド力に「いったいどんなヒトなの?」との声も。
一言でいうとアジアで通用するエンターテイナーです。

ガイジンなので日本のしきたりとか平気でまたいで
己の道を作っていきます。そーいうヤツです。




【日本料理】

●割烹 はらだ
  075-213-5890
  京都府京都市中京区河原町通竹屋町上ル西側大文字町239
0501-3


  河原町にあるローカル色強めの割烹。
  カウンターの中でご主人が1人、静かに料理を進める。
  肩の力は抜いてるんだけど、程よく凛とした空気が漂っている。
  客層は遊び慣れた風の小粋なオヤジが綺麗な女性を連れてきてる
  パターンが多い。
そのあたりも店の雰囲気作りに大きく影響している。
 料理は派手さは控えめなものの丁寧な料理が多く、京都に来た...と
 いうのをしみじみ実感できました。






●やました
 075-256-4506
 京都府京都市中京区木屋町通二条下ル上樵木町491-3
20120502-京都ごはん14


 カウンター14席の奥行ある店内。カウンターの向こうは 
 大将を中心に料理人さんが5,6人横陣を張っており、
  店内にはお客さんと大将の賑やかな声が響いている。
  地元の方だけでなく、ボクのような観光客も多めな模様。
  ランチに食べた中華のダメージ&直前に飲んだ酔い(睡魔)が
  MAXで、とても正当な判断が出来る状況ではなかったけど、
  ボリュームが多く、味わいはストレート。





●割烹 蛸八
 075-231-2995
 京都府京都市中京区蛸薬師通新京極西入ル東側町498
20120502-京都ごはん19


 狭いカウンターに詰め合いながら座って、横のお客さんに
 気遣いながら極めてリーズナブルに、美味しい割烹料理を
 いただく。旅行者にとっては、こういうローカルみたいな
 時間を過ごせることは、本当に嬉しい体験なんですよね。
 飲み過ぎで胃はヘロヘロだったけど、・・・がメチャ染みました。






●居酒屋 神馬
 075-461-3635
 京都府京都市上京区千本通中立売上ル西側玉屋町38
20120502-京都ごはん7


 ここは、驚いたなぁ。トータルで言えば、一番印象に
 残ってる。京都でも珍しいタイプの居酒屋じゃないかな。
 場所は辺鄙だし、お店は昭和のまま時間止まってるし、
 接客のお婆はヨーダ並のフォース放っているし。
 料理は、300円くらいの手頃なものから、天然の高級
 素材までなんとも幅広い。ある意味テーマパーク的な
 要素も兼ね備えた刺激スポット。
0512-18








【イタリアン/中華/うどん】

●Vineria T.V.B
 075-351-2050
 京都府京都市下京区西石垣通四条下ル斉藤町140-25
 http://www.vineria-tvb.com/

20120502-京都ごはん17


 鴨川の床も楽しめる京都らしいイタリアン。
 1Fはカウンターと川床、2Fはテーブル席と使い勝手イイね。
 実力派イタリアン「Ristorante t.v.b」の姉妹店で、高い
 クオリティの料理が気軽に深夜まで食べられる。京都に
 住んでたらヘビロテしてるだろうと思われるトラットリア。
 夕暮れ時に床で泡するのとか贅沢っすよ。
20120502-京都ごはん13





●中華 美齢 (メイリン)
 075-441-7597
 京都府京都市上京区黒門通元誓願寺上ル寺今町511
20120502-京都ごはん10


 西陣にある人気の一軒家の中華料理店。
 普通の一軒家のような素朴な佇まいから想像
 されるように、素朴なタッチで素材を立ててくる
 アプローチ。京都には、残念ながら中華で美味しい
 お店が少ないようで、こちらは貴重な存在らしい。





●おかる
 075-541-1001
 京都府京都市東山区八坂新地富永町132
20120502-京都ごはん9


 深めまで呑んだ時の〆に。
 冷やしカレーうどんなるものを食べたんだけど、
 出汁とカレーが半々くらいの印象で、思った
 以上にツルっと食べられてしまう。





【BAR/カフェ】

●SferaBar SATONAKA (スフェラバー サトナカ)
 075-541-1197
 京都府京都市東山区縄手通新橋上ル西側弁財天町17 スフェラビルディング 3F
 http://bar-satonaka.com/

20120502-京都ごはん8

 祇園のインテリアビルの中にあるモダンなBAR
 ミッドタウンにもSHOPを出している「Sfera」のBAR展開。
 ミラノサローネにも出展してるとはいえ、
 10年前から京都でこんなBARをやっていたとは。







●ワインBAR Mago
 075-761-2055
 京都府京都市左京区二条川端東入上ル新先斗町136-1
20120502-京都ごはん15

 1Fはカウンター席なんですが、地下にはテーブル席の
 クラシックなスペースが。グラスワインでオーパスワン
 もあったりします。他のお客さんもいないので、
 クラシックな部屋を舞台に写真撮影大会でした。
20120502-京都ごはん16






●BAR 丸梅
 祇園にあるお茶屋さんBAR、
 こういう雰囲気のBARは東京には
 無いので(あっても知らない)、
 観光客はめっぽうアガります。
20120502-京都ごはん20





●BAR(場所失念)
 芸妓ちゃんのOFFの行きつけを3軒ほど。
 場所は、酔っ払って付いて行っただけので
 どこだか全くわかりません。こんな感じの
 とこで、呑んでました。あと、クレープが美味しい
 スイーツBARがあったんだけど、そこのパンケーキ
 は衝撃レベルで美味しかった! カメラのメモリー
 カードを忘れて出かけたので、写真すらありませんが...泣
20120502-京都ごはん5



20120502-京都ごはん






●Cafe Terrazza
 075-751-7931
 京都府京都市左京区鹿ヶ谷法然院町72
 http://www.cafeterrazza.com/

20120502-京都ごはん18


 哲学の道沿いにあるテラスカフェ。以前、メンズで
 京都遠征した時も、炎天下でくらったダメージを
 ビールで癒すために立ち寄った。今回は、河原町
 からマラソンしたご褒美に。なにげに、哲学の道って
 お茶できるとこ見当たらないので、テラス席多い
 ここは貴重。競合が少ない分、味とサービスは....





●大徳寺
 利休切腹の口実となった三門があるのはコチラ。
 和尚さんの説教を聞きながら、お抹茶をいただける
 んだけど(要予約)、前日の痛飲でそのイベントは
 キャンセルに。FREEで行って、お抹茶を愉しみました。
 ここの枯山水は、荒波仕様で印象強かったなぁ。
20120502-京都ごはん12




●老松
 京都市上京区北野上七軒
 075-463-3050
 http://www.oimatu.co.jp/

20120502-京都ごはん11



 有名な老舗和菓子店「老松」では、
 和菓子づくりの体験教室をやっています。
 北野天満宮からほど近い、上七軒。
 これ、1回やってみると和菓子との
 距離感縮まりますよ、おすすめ。
0512-4
(kyah作)


愉しかったなー、京都の休日。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




2012年07月02日

東福寺 (京都)京都五山の迫力

20120501-DSC04714


京都五山のひとつ「東福寺」
通天橋と紅葉の絵があまりに有名なので、
お寺の名前よりも、そっちの絵を見たほうが
「あー、あそこね」ってなる気がする。
20120501-DSC04673




紅葉のシーズンの激混み状態がこわくて、
未訪なんですが、いつか見たい景色のひとつ。
20120501-DSC04632





ちなみに、G.Wあたりでも通天橋からの景色は充分綺麗。ただ、
ボクの好みでいえば、開山堂へ向かうアプローチの景色が好き。
0512-0





開山堂の門の前には、朱いヤツが。
春なのに赤いってことは、年中色づいてる
んでしょうか?  被写体としては一流です。
20120501-DSC04664




開山堂は建物の形も変わってるし、庭も独特で印象的なのよ。
美のレベルでいえば、方丈とかのほうが完成度は高いですが、
こちらも かなり撮りごたえある被写体です。
20120501-DSC04643





方丈は、やっぱ美しいっすね。
20120501-DSC04691






モダンっすね
20120501-DSC04707




特別拝観で公開されていた小さな中庭。
写真で観てるのの10倍くらい美しかったです。
20120501-DSC04687









この三門は国宝です。
そう言われるとね、尚更ありがたく
見えちゃいます。こういう文化遺産の
目利きは、全く出来ませんので、ワタクシ。
20120501-DSC04720





とうとうEURO2012が終わってしまいました。
これで、睡眠時間がフツーに戻せるんだけど、
祭りの後ってのは、ちとさみしいね。

決勝のスペインは絶好調だったのに対し、
イタリアは試合中の2人も選手が故障して、
後半は10人でスペインの猛攻を凌ぐという
苦しい展開に。結果的には4:0と大きな
差がついてしまったけど、ドイツを破った
イタリアの力は本物でした。
(ボールポゼッション、シュート数とか互角だったし)

チームとして、一番サプライズだったのが
イタリアだったので、、今後が楽しみッス。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2012年08月17日

京都のBARはしご (京都)

0821祇園甲部-11


昨晩、8/16の京都では五山の送り火が。
たくさんの人で賑わってたんだろうな。

ボクも一度行ったことがあるんだけど、
かなり混んでましたね。ビルの上に席とった
んだけど4つくらい送り火が見えました。


前もチラッとアップしたけど「大文字」の
大のとこって登れるんだよね。こないだ京都
行った時、銀閣寺脇の登山道から登頂果して
きました。水を買ってかなかったんでカラッカラ
になったけどね。
0821祇園甲部-10




BARへは、RYOに連れってってもらったので
場所や店名は知りません。楽しければいいんです!
0821祇園甲部-1





ボクが眠そうな顔じゃなく まともな顔してるのは、
このBARに来るまでにタクシーの中で落ちてたから
でしょうね。ビールと日本酒で結構酔ってたからな…
0821祇園甲部-5



との町行っても呑んだくれてますw
みんな、遊んでくれてありがとね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

2012年08月31日

アンテルーム (京都) アートに泊まる


20120831アンテルーム-0


京都にひとり旅な、殆ど部屋に戻ることは無い。
たとえ戻ったとしても、全開の酔っぱらいか、
全力で疲れているので、ベッドの上に居る時が殆ど。

だとしたら、四条烏丸あたりのアクセスの良い
ホテルを選ぶというのも手なんだけど、リノベした
アートホテルなんぞにも興味があって泊まってみました。
20120831アンテルーム-1




カフェの雰囲気とかイイし(通し営業じゃない 泣)、
共用部のトビ具合は結構好み。ただ、場所が東九条と
駅の南なんですよね。東寺からはかろうじて歩ける距離。
20120831アンテルーム-4




泥酔状態じゃない時間があれば、このスペースとか、
mac開いて写真の整理するのに、とてもいい空間だと
思うんですけどね…。
20120831アンテルーム-6





久しぶりの京都でわかったことは、RYOと一緒だと
殆どオレは酔っ払っているということ。酔ってない
時間はその分必死に観光してるということで、結論
ホテルでのんびりしてる時間なんぞありません。
20120831アンテルーム-7


ホテル アンテルーム 京都
京都府京都市南区東九条明田町7番
075-681-5656
http://hotel-anteroom.com/



京都のひとり旅は全力で。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2012年10月17日

神馬 (京都) 京都な居酒屋

20121009神馬-0




時間が止まったかのような昭和の空気を漂わす
京都の居酒屋「神馬」、外の古さは想定範囲の
古さですが....
20121009神馬-1





店内の空気は明らかに他の店と
一線を画すホンモノのレトロ感。
20121009神馬-4








昭和なのは雰囲気だけではなく価格も昭和。
その中に天然の刺身も入ってるんですが、
これも内容考えたらメチャ リーズナブル。
20121009神馬-6






見えるかな?
20121009神馬-8




関西といえば牛。美味な牛カツが
日常的に食べられるこの環境が羨ましい。
20121009神馬-14









場所は二条城と北野天満宮の中間くらい。
観光客にはわかりにくいお店ですが、
足を伸ばす価値はあると思います。
20121009神馬-10




神馬
075-461-3635
京都府京都市上京区千本通中立売上ル西側玉屋町38




この歳になって、居酒屋が大好きになりました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2012年12月10日

祇園のBAR (京都)

1208祇園BAR-3


RYOに連れてきてもらった、これまた一見さんお断り系の
お茶屋BARです。写真にはうまく写せてないけど、上の写真
窓の向こうにある中庭の風情がなんとも艶っぽい感じで...。

こっちの部屋は、ボクラが帰る頃には、芸姑さん
連れたお客さんが呑んでました。
1208祇園BAR-2



カッコいい大人遊びが出来る街っていいよね。

子供と大人の線引がある方が、いいことって
あるよね。何事もバランスだけど東京は
ボーダレス化し過ぎてるところが、つまらない。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2012年12月19日

Sferabar satonaka (京都)感性を研ぐ空間

1221kyoto-6


京都の伝統工芸を世界に「GO ON」若旦那衆も”センスの塊”とリスペクトを
絶やさないマッシローニ(ニックネームですw)が経営する祇園のBAR
Sferabar satonaka

あのミッドタウンのインテリアショップ『Sfera』ってのも、実は京都発。
マッシローニの経営で、ココのビルに入っているんです。
1221kyoto-3





彼はミラノサローネにもだいぶ前から出展していて、
「GO ON」のメンバーにも、大きな影響を与えている。

ボクが「GO ON」のメンバーに最初に出会ったのもここ。
祇園のお茶屋さんBARでRYOと飲んだ後に、ノリで合流
しようって話になって。

初対面だったけど、最初からワリと意気投合して、
気づいたらRYOが寝てて完全AWAY状態。

でも、くだらない話をしながらも「日本の文化を
どう世界で魅せてく?」みたいなこともアツく
語ったりしてオモロイ夜でした。
1221kyoto-10





京都で、よくこんな弩エロな外観を
やりっ放しにできますな。さすがッス。
1221kyoto-2


サトナカ (SferaBar SATONAKA)
075-541-1197
京都府京都市東山区縄手通新橋上ル西側弁財天町17
スフェラビルディング 3F
http://bar-satonaka.com/


ほぼほぼ 毎晩酔っ払ってるうちに
あっという間に2012年が終わりそう。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2013年02月18日

美鈴 (京都)西陣の隠れ家中華

0120美鈴-8

西陣にある中華料理店「美鈴」。西陣の細い道
入ったところという中々わかりにくい場所。

京都発のクリエイティブユニット「GO ON」の
ショールームの至近なので、最近はよく前を
通るようになったけど。


食べログさんだとスコアやけに高くて(3.99 2/18現在)、
どんだけスゲーのと思って訪れたのよ。だって、京都の
日本料理は、3.99以下でも「うわ、スゲー」っていうの
たくさんあるから。
0120美鈴-4




実際、訪れた感想。
京都では、食べログで日本料理に関するスコアと
中華料理のスコアを、同列で並べちゃダメですね。
0120美鈴-10





丁寧に作ってるし、インパクトもある。
でも抜群にスゲーのかというと、香港や
シンガポール、東京のクオリティと比べちゃうんで、
「悪くはないけど...」って感想になっちゃうかな。

地元ならいいと思う。でも、観光客なら日本料理とか
居酒屋とか湯豆腐とかイタリアン食べてるほうが、
満足度は高くなると思いますね。

フラっと寄れるならいいけどね。
0120美鈴-2


美齢 (メイリン)
075-441-7597
京都府京都市上京区黒門通元誓願寺上ル寺今町511


自身の看板に“隠れ家”中華料理と書いちゃうとことか、
こっちの感覚からするとあんま無いんだけど、京都では
イイんすか?
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

2013年02月25日

老松 (京都)和菓子作り体験しちゃいました

0226老松5月-22


京都は上七軒にある老舗の和菓子店「老松」、
ここでは和菓子づくり体験教室もやっているんです。
手先が不器用なボクは、とてもイメージ通りとは
いかなかったけれど、「こうやって作るんだァ...」と
いう、基礎的な部分がわかって、とてもオモロかった。
0226老松5月-8





上七軒は、北野天満宮の近くに位置する花街。
地元では「かみひちけん」って言うんだね。
近くにある西陣との結びつきで花街として繁栄してきて、
今は10軒程度のお茶屋さんが残っている。通りの雰囲気は良くて、
さりげなくパティスリーとかもあるんだけど、しっくり馴染んでるのよ。
0226老松5月-9





老松さんです。
1Fでは、おみやげの和菓子が買える。
昔、来た時にちらっと寄ったかも。
0226老松5月-25





和菓子作り教室の参加者は、店頭でその旨を
伝えると2Fの教室まで案内してもらえる。
こういう日本らしい佇まいに、いちいち撃たれる。
0226老松5月-24




この材料から5つの生菓子を作るんです。
この段階では「オレに出来んのか?」と
疑問しか出てこないけど、意外となんとか
なるもんです。
0226老松5月-15





こんな感じでレッスンが進んできます。
トータルで1時間、生徒さんはこの日
ざっくり20名弱くらいだったかな?
0226老松5月-17





ヘタくそということに関しては100%同意だけど、
どういうことをしたらあの形になったり、
どうしたらあんな色が出るのか、少しだけ
わかりました。それだけでも凄い収穫っすよ。
0226老松5月-19




自分が作った1個の和菓子と抹茶をいただいて帰ります。
上の4つのやつは、お持ち帰りで。
ちなみに、この体験教室は1人2500円。
0226老松5月-23

老松
京都市上京区北野上七軒
075-463-3050 
営業時間:8:30-18:00 定休日:無休
http://www.oimatu.co.jp/


京都のお寺めぐりもいいけど、工房見学とか
ものづくり体験は、一歩踏み込んだ気になるので
もっと京都が身近に感じるよ、おすすめ!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2013年06月05日

Vineria T.V.B (京都)川床イタリアン 

B5月-0

AWAYの観光客からすると、川床のレストランって
魅力的なんだけど選びにくいんですよね。
ナンチャッテ系もいっぱいありそうだし、
一見さんお断りとかパッと見じゃわからんし。


そーなると、強いのが地元のコネクション、
Vineria T.V.B」は、京都のかわいコちゃんが
お店と仲いいので、超人気店だけど無理やり
ねじ込んでもらいました。
B5月-8





川床でサンセットみながら泡したかったんで、
お客さんの予約までの隙間時間という限定付きで。
ボクラも、夜は割烹予約してたのでちょうどよく。
B5月-6





東銀座の歌舞伎座も風情あるけど、
やっぱ、このルックスにはかなわんゎ。
B5月-11





この日だったか、別の日だったか、飲み足りなくて
Vineria T.V.B に深夜寄りしたんだけど、軽く食べた
ご飯も安くて美味しく、「こりゃ人気店だなと」改めて
思い知ることに。
B5月-1




ヴィネリア ティ・ヴイ・ビー (Vineria t.v.b)
075-351-2050
京都府京都市下京区西石垣通四条下ル斉藤町140-25
http://www.vineria-tvb.com/



日本のイタリアンはスゲーっす。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2013年06月10日

大徳寺(京都)利休の門

0610大徳寺5月-8

山門に置いた利休の像が秀吉の怒りをかって、
利休自決の原因になったというのは有名な話。
その山門があるのが「大徳寺」、利休が増築した
金毛閣はこの山門の二階部分




よく聞かれるのは、利休自身がこの象を安置したと言われるものだけど、
もっと濃厚な説は、利休による増築に感謝した大徳寺長老衆や門人一同の
意向を受けて、門人衆が利休木像を作り、山門上金毛閣内に安置したというもの。
0610大徳寺5月-2


しかも、この山門への利休像の安置って、切腹が命じられる
1年以上前の話。しかも秀吉には既に報告済みの案件
だったんスよね。それをいきなり切腹の元ネタにするとか、
きなくさ過ぎ。

そんな逸話が有名な大徳寺だけど、
ほかにも、有名人つながりの歴史は、
いっぱいありまっせ。


ここは鎌倉時代に開創されたんだけど、応仁の乱で
荒廃してたのよ。それを復興したのが一休和尚。
0610大徳寺5月-18



アニメの一休さんはほんわかキャラの子供だけど、
仏教の戒律で禁じられていた男色・飲酒・肉食や女犯を行い
自由奔放で奇行の目立つ”漢(オトコ)”だったのよね。


それとか、秀吉が信長の葬儀を行ったのもココ。
秀吉が信長の菩提を弔うために総見院を建立し、寺領を寄進、
それを契機に戦国武将の塔頭建立が相次いで隆盛を極めたらしい。


ちなみに、今、境内には、別院2ヶ寺、塔頭22ヶ寺があって、
それぞれが貴重な建築、庭園、美術工芸品を有している。
0610大徳寺5月-1


オレラがこの日寄ったのは、瑞峯院。
こじんまりとしてるんだけど、その分 美意識が圧縮されていて
迫ってくる感じ。鈍感なオレでもズサズサ刺さる。


方丈の南・北・西と三つの庭があって、正面の独坐庭が
圧倒的なインパクト。閑眠庭、茶庭は心が静まる佇まい。
0610大徳寺5月-9



0610大徳寺5月-15



0610大徳寺5月-16




0610大徳寺5月-23


ここでお抹茶をいただいてから、同じく大徳寺内で
やってた特別拝観「鳴き龍」を見に行く。龍の下で
手を”パン”と叩くと、時間差で音が帰ってくるというもの。
0610大徳寺5月-26




これ、TVとかで見たことはあったけど、実際に体験
した方が2万倍くらいオモロイね。
0610大徳寺5月-28


サバゲーで体がヘロヘロです…
でも、また すぐ戦いたくなるんです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2013年09月27日

割烹 やました (京都) 

201205やました5月-4


京都の人気割烹「やました」

店内は開放的な大きなカウンター一列にお客さんが並び、
大将を中心にキビキビとお弟子さん達が仕事をしている。

爽やかな熱気が満ちているお店なので、初めての訪問でも
リラックスして食べられると思う。
201205やました5月-6


ん、・・・思う?

正直に言います。実はこの店に来る前に飛ばしすぎて
コンディションが作れてなかったんです。しかも、アペリティフを
飲み過ぎたせいか酒の睡魔がピークで、カウンターにも関わらず、
中盤にだどりつく前から意識がヤバいことに...
酔って睡魔に負けるのはいつものことですが、慣れないAWAYで
初日から全力で跳ばしていたので、一番ダメな状態での入店。
201205やました5月-10



 *ランチで中華頼み過ぎ、和菓子体験で和菓子食べ過ぎ、
  川床アペリティフで調子に乗って飲み過ぎ...


今ならこんなミスはしないけど、これは1年半前のヘビロテの
キッカケになる京都の時の話。とにかく欲張って、前へ前へ
と全力で走ってたから、ペース配分出来てなかったんです。
逆に、ここでの反省から、以降は(自分的に)ムチャなことは
してません。
201205やました5月-11




そんな状況なので全く自分の感想にも自信が無いんですが、
素材の魅力を素直に、かつ力強く引き出す仕事をされていて
「食べてる」という実感を、しっかり味わえる展開。
お店の活気とあいまって、心と体に力をもらえます。
201205やました5月-1

割烹 やました
075-256-4506
京都府京都市中京区木屋町通二条下ル上樵木町491-3


とにかく、コンディション整えて、もう一度行かないとね。
食いしん坊のあの変態姐さんと一緒だと、尚楽しそう。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2013年10月09日

京女とのBAR遊び (京都)大正ごっこに興じてみた

0930TGV5月-9

人気の割烹店で意識を飛ばした猛反省会で、丸太町の
ワインバーにやってきました。1Fはカウンターとか
あったけど、4人ということで地下のテーブルに。

和テイスト溢れるというか、大正っぽい雰囲気で
ワイン呑んでるうちに「こりゃ、教科書の写真」っぽく
おさまってみようかと、途中から大撮影大会に。
0930TGV5月-2




やはり、ワインを飲んでいても笑いに引っ張っていく
貪欲さは関西らしく、ボクにとってはいつも新鮮で。
そしてなりきって突き抜ければ突き抜けるほど
ナチュラルに笑いが取れるので、オレもそのままで
いいから凄く楽ちん。話でいちいちオチ作る方が
難しいというか、慣れてない。


オーパスワンが格安でグラスで飲めたので、
思わずテンション上げて飲んでました。
0930TGV5月-3





ちなみにこれ去年のゴールデンウィークの夜なのね。
この時から比べるとホント一年半でだいぶ交わり方が
濃くなったなぁって思います。しかも色んな方面で。
0930TGV5月-1


Mago
075-761-2055
京都府京都市左京区二条川端東入上ル新先斗町136-1


そういえば、じゃらんのムック本「おとなのちょっと贅沢な旅」、
"ご褒美旅”ってテーマで寄稿してます(P18)。同ムック本の
P22では GO ON Travelで「宇治」の紹介もしています。
秋に向けて使える情報なので、是非見てくださいなー
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

2014年05月31日

京都の朝ランニング


201205京都朝マラソン5月-12

京都に通うキッカケになった2年前、RYOの家がある
仏光寺から銀閣寺までの朝ランの記録です。

京都の中心部から銀閣寺くらいなら、わりとあっさり
走り抜けられちゃうもんですね。途中、G.W的な
イベントなのか、こんな光景に出会えちゃうのも古都ならでは。
201205京都朝マラソン5月-18



観光客からすると、南禅寺や知恩院の境内や哲学の道が
マラソンコースというのは、心の底から羨ましい話で。
201205京都朝マラソン5月-21



帰りは、結局哲学の道沿いのカフェでビールとか
してるんで、エクササイズという名の遊びですね。
201205京都朝マラソン5月-22




あれから2年か。
2年って短いし、一日一日で変化は少ないけど
それでも700日前と比べると、色々な部分で
しっかり前へと進んでいたりする。とりあえず、
オレも前へと進んでみる。ひたすら実直に。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2014年09月08日

お数家 いしかわ (京都)通いたいおばんざいやさん

0906おかずや石川7月-12

京都でひとりメシする時に紹介してもらったお店「お数家 いしかわ」。
気難しそうなオッサンがカウンターに並ぶ割烹じゃなくて、
デイリーの感覚でフラ寄りできるおばんざいやさん。

客層は若めで、ひとりで息を抜きたい時にも向いてるし、
みんなでワイワイなんて使い方にもいい。
たまに京都に来る観光客向けというよりは、
京都府民のローカル仕様といった感じでしょうか。

0906おかずや石川7月-5


毎晩、ミシュランホルダーの日本料理に通ったり、
食べログ高スコアのお店に行ってたら、
懐も胃も疲れてきます。

それになにより、非日常が日常のように思えて
ワカゾーの分際で、勘違いするのがみっともない。
背伸びは一生懸命しつづけるけど、分相応という言葉も
忘れたくはないので、日々バランスには気を使っているつもり。

この日は、祇園祭の宵山。
昼間全力で観光して、さっと一人で気負わずに
美味しいものが食べたかったんです。

そんな夜に友人が選んでくれた「お数家 いしかわ」、
ボクの気分をさっと察して、ピタッと合うお店を
提案くれるセンスがサスガです。
0906おかずや石川7月-10




食事もお酒も軽めにして、四条通を徘徊する。
前日は、仲間らとさんざん遊んだので、
一日は自分の好奇心のまま歩き感じてみる。
0906おかずや石川7月-3





軽く目を閉じて、京都の古い町並みに輝く山鉾をイメージしてみる。
今みたいに商店街の光がない時代、山鉾の存在感は圧倒的だったんだろうなと
昔の人になりきって目を開けてみた。すると、さっきよりもワクワク指数
高めに山鉾を見てるオレがいたんです。人生を愉しむ上で妄想力って大事。
0906おかずや石川7月-19



お数家いしかわ
075-344-3440
京都府京都市下京区高倉通四条下ル高材木町221-2
http://www.okazuya-ishikawa.com/index2.html



心の持ち方ひとつ、または知識の深さ次第で、
同じものが違ったように見えてくる。
どうせなら、楽しく見える選択をしたい。
そう思って生きています。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2014年09月12日

西本願寺 (京都)圧巻のスケール

0904西本願寺5月-10

鉄筋コンクリートの巨大なビル群は見慣れてるはずなんだけど、
木造建築の大型建築を目の前にすると、畏怖の念を感じてしまいます。

廊下の広さも、他のお寺とはスケール感が違いすぎる。
0904西本願寺5月-8




敷地内にある国宝「飛雲閣」を見てみたいけど、
事前予約とか手続き大変で未だに拝観できていません。
0904西本願寺5月-3



近くには、こんな時代を感じる煉瓦建築とかあるし、
早朝から開いているので、朝の散歩がてら行くのもいいかと。
0904西本願寺5月-11




まだまだ行きたいお寺があります。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2014年09月16日

二条城 (京都)大政奉還の再現に萌ゆ

0920二条城5月-5


オオモノ過ぎて敢えて観光コースからハズしがちになる二条城。
龍馬伝の記憶も鮮やかな頃に訪れた時は、大政奉還の再現シーンの
部屋でかなりアツく萌えましたね、ワタクシ。

庭もさすがに丁寧な造りで、投げやりにみてると後で後悔します。
写真見返して、「あれ、こんなんだったっけ?」と。基本、平らなので
景色がのっぺりしがちなんでしょうかね。高低差ある方が雰囲気作り
やすいのかも。

0920二条城5月-6





戦争用の城じゃないっすからね、そもそも。
0920二条城5月-8





こういう色合いって、ガラス張りのピカピカした
現代建築には無い味ですよね。
0920二条城5月-9




全体を撮ろうとすると色気のない絵を連発させてしまったので
とにかく切り抜く意識で撮ってたらだんだん慣れてきました。
0920二条城5月-12



星空撮影と花火撮影は、未だに成功例が殆どありません。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2014年09月18日

割烹 蛸八 (京都)自分の町に欲しいお店

0928蛸八5月-4

無駄に肩肘張らず気取らずに京都 割烹の味を楽しめる『蛸鉢』。
こういうお店が日常にあるってことが、有名料亭がたくさん
あることよりも、ボクは羨ましかったりします。

毎度のことながら、旅先では全力で地元の食に
向かっていくので、たいてい後半戦はヘロヘロに。
この日は倉敷→直島→京都と回った旅の最終日
だったので、ちょっとつまむ程度に付き合わせてもらって。
0928蛸八5月-6




そんな状態なんだけど、こういう日本の技って
すんなり入っていくんだよね。地味にウマい。
0928蛸八5月-10




店内はキツキツで、高級感なんてものとは対局。
でも、そのカウンターから繰り出される料理は
どれも手堅く、日本料理ってこういうものなのねと
自分の基準値を作るにはちょうどいいレベル感。
0928蛸八5月-12





今、これを見ていると心の底から食べたいです。
予約は友人のRYOがしてくれたので、どの程度前から
予約が必要なのか詳しいことはわからないけど、
でも、当日か前日くらいで予約してたような気がします。
0928蛸八5月-16


蛸八
075-231-2995
京都府京都市中京区蛸薬師通新京極西入ル東側町498


京都にハマるきっかけとなった2年前の京都訪問記。
やっと、これにて書き終わりました。
相変わらずスローペースだけど、この時の周囲の
風景と、今の違いを噛み締めながら書けるのは
なにげに楽しいことなんです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む