グルメ【予算別】

2019年08月22日

江戸前晋作(本郷三丁目)夏てんぷらの粋

江戸前晋作2019-12

夏のてんぷらをいただきに『江戸前晋作』へ。

前回、訪れた時に鮎の話をしていたので、夏に訪れてみたかったんです。

1つのものを極めようという職人気質のご主人 晋作さんは、アーティスト出身。自分のように全方位に好奇心が開いているタイプとは真逆なので、とても興味深い。
江戸前晋作2019-5


お店がオープンしてから約3年。毎日 深夜までチューニングを繰り返し、自分の求める味を極めようとしている。そんなスタンスのお店なので、訪れるたびに味が進化している。

ご主人曰く、進んだり戻ったりの繰り返しということだけど、季節をまたいで伺えば、それは確実に進歩が感じられる距離感となっているのよ。
江戸前晋作2019-20



素材のせいなのか技術なのか、どちらにしても変化に驚いたのが野菜。中がトロンとして外が薄くパリッとあげられたコントラストにシビれる。アスパラと茄子も良かったが、ごぼうのトロン具合にはヤラれまくり。
江戸前晋作2019-24



シグネチャーメニューの雲丹の大葉巻きは、雲丹の厚さがやけに増していた。
江戸前晋作2019-18


単に厚さが増していただけじゃなく、それに応じて火加減も調整されており、独特のテクスチャと香りに熟成酒が進みます。
江戸前晋作2019-8



お目当の鮎の天ぷらは、天竜川のもの。

皮を焼く 骨を焼くには大きさが必要なので若鮎を。頭からいただくと苦味がふわりと立ち昇る。身は、ほくほくさとしっとりさを、天ぷららなではの技術で表現していた。
江戸前晋作2019-13

江戸前晋作
03-5615-8728

東京都文京区本郷4-2-4 加藤ビル1階

http://www.shinsaku.tokyo/



毎回、何かが進化している晋作さんの天ぷら。次の訪問は秋の予定
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 21:00|この記事のURLComments(0)

2019年08月19日

JB(神田)ワインペアリングがパワーアップ

JB2019-6

ログなるものを書き始めたのが30代。いつしか、年を重ねており、若手を食事に連れてくなんて機会も増えました。

秋葉、神田エリアのビジネスパートナーを連れて行くのに重宝しているジャパンビストロ『JB
JB2019-13




若手がスマホで写真をカジュアルに撮る中、コンパクトなサイズとはいえ、フルサイズのRX1はゴツさが光りよる(笑)。
JB2019-4




以前より、”ジャパン”っていう部分より、ビストロとしての充実度があがった印象。きっと場所柄、ジャパンビストロに拘り過ぎるより、ビストロとしての間口を広げたほうがいいという判断なのかもしれません。

この日は、TOP写真の前菜で選んだビーツと合わせた馬肉のタルタルがヒット。あとは熊本 猪ソーシン、自家製ベーコンのメインが逞しく。
JB2019-17




それに合わせたワインのセレクトが、よりナチュラルになっていることに嬉しいサプライズ。
JB2019-10



アミューズで出てきた新玉のムースもいい入りでした。
JB2019-2



春だったので桜のアイスにレンズ豆のデザートとかツボ。
JB2019-20

JB日本橋
03-6262-9939
東京都千代田区鍛冶町1-9-19 GEMS神田 2F
http://www.bistro-jill.com/shop/jb.html


プリフィクスで、自分がオーダーしたものじゃない写真も撮ってるから、「続き」では いっぱい食べてる風だけど、ご飯含めて腹八.五分目くらいのフィニッシュ感かな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






続きを読む

kyah2004 at 23:16|この記事のURLComments(0)

2019年08月16日

そば遊山(松江)そば前と純米酒

蕎麦2019-20

松江で、島根の美味しいお酒が呑みたくて。

食事は軽めでもよかったので、松江っ子に聞いてみたら『そば遊山』はどう?と。
蕎麦2019-27




”地方都市あるある”だけど、JRの駅前ってチェーンのレストランやホテルがあるくらいで、あんまし賑わってないのよね。お城の近くに県庁や市役所というのもよくあるケース。地元っぽい繁華街ってのは、JRの駅から少し離れた場所にあるんだけど、松江は伊勢宮町や東本町エリアにお店が固まっていた。
松江2019-7




『そば遊山』は宍道湖から繋がる大橋川と、松江城を囲む京橋川に挟まれたエリアで、周囲には洒落たビストロやカフェなんかも多かった印象。
松江2019-3



店内には純米酒の酒瓶が数多く並び、手元のメニューも主役はお酒。
蕎麦2019-6




さすが地元!独自のルートをもっているらしく「無窮天穏」の天頂も飲めるのね!
蕎麦2019-10





まりえは「扶桑鶴」の袋吊りを。
蕎麦2019-7





そば前も種類は少ないけど、厳選されたメニューが並んでて、そば刺し、つくね焼き、なめろうなど、清酒が進むつまみが充実。
蕎麦2019-15


味もしっかりしてたので、そば味噌とからし菜を途中で追加。
蕎麦2019-19




「無窮天穏」の天頂は、燗にしても美味だよというので、2杯目はお燗で。好みとしては冷酒でした。アタックのイノセントな透明感が好きなので、燗にするとグラマラスな部分が目立ちすぎるのよね。

蕎麦は、島根らしく割子蕎麦と、季節のゆば蕎麦を頼みつつ、〆用にしじみ蕎麦も。

割子蕎麦っていうのは、割子と呼ばれる器三枚に入って出される郷土蕎麦で、薄削りのカツオで仕上げたあっさり優しいつゆを蕎麦にまわしかけ、薬味の岩のり、ネギ、大根おろしを好みで合わせるというもの。
蕎麦2019-22

上の段から食べていって、残ったつゆは下の段にかけていただきます。


季節の蕎麦も、ゆばのとろみがいい具合に蕎麦に絡んで。
蕎麦2019-23



宍道湖のしじみは、観光客的にマストなのでありがたく。適度に柔らかな蕎麦のテクスチャが〆にはちょうどいい感じでした。
蕎麦2019-25







蕎麦2019-5

そば 遊山
0852-27-5467
島根県松江市末次本町18




人気の郷土料理のお店は予約が取れなかったけど、さっと食べてからこの後に宍道湖を望める雰囲気あるカフェにも行けたし、結果オーライ。島根っ子の友よ、ありがとう。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:10|この記事のURLComments(0)

2019年08月15日

鉄板焼 きたうち牧場(銀座)プレミアムビーフの濡れ具合

きたうち牧場2019-2


銀座の『鉄板焼 石垣島 きたうち牧場』でのステーキ時間。


赤身の深みを感じるロース「赤珊瑚」と艷やかな刺しが魅力の「真珠」をハーフ&ハーフで。きたうち牧場プレミアムビーフは、長期肥育が特長。赤身の主張もさることながら、脂が洗練されていてかおりがヤバいのよ。



ゆえにステーキが旨い、ほんとしみじみする。


カットした後は、しばらく常温で置いて、肉が適度に濡れてきてから鉄板で火を入れる。この濡れ場の美しさが美味しさの証。

きたうち牧場2019-6



余韻が食後も長く残るけど、それは脂がヘビーだからじゃない。さらっと消えるような脂なのに、エレガントなかおりが舌に記憶されたままなの。

きたうち牧場2019-8





ワインはグラスでモレ・サン・ドニの2016年を。

きたうち牧場2019-5




冷製スープのゴールドラッシュも沖縄産だったけど、デザートのパイナップルとマンゴーは石垣島の島本農園。この甘さ、まったくもって只者ではない。一度食べたら忘れられない。完熟のみを出荷するこだわりとプライドの味。

きたうち牧場2019-11


鉄板焼 石垣島きたうち牧場 銀座店
東京都中央区銀座6-4-10 銀座シンヨービル 1F
03-6228-5015
https://krs-beef.jp/ginza/




今日は74回目の終戦記念日。焼け野原になってから、こんなにも豊かな食生活が出来る国になったことを、誇りに思わずにはいられない。戦争の恐ろしさをボクは知らない。でも、自国で戦争がおこったら、こんな生活なんて一瞬で吹き飛んでしまうということくらいは、当然 理解できる。


世界が暴走しないために、自分たちが出来ることってなんだろうね?

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:16|この記事のURLComments(0)

2019年08月14日

鮨 在(広尾)鮨とお酒の可能性

sushizai2019-28

「鮨なんば」とか「鮨さいとう」とか、確かに完成度は凄い。わざわざ、そこに足を運ぶ価値があるということに全く異論はない。

ただ、そのあたり行くと、もはや99点と97点とかいう最高レベルの誤差の話で、期待値と満足度が高止まり状態というのも事実。
sushizai2019-18



では、鮨の進化というのはここで終わりなのかと言うと全くそんなことはなくて、ペアリングによって全く違う伸びしろがあるんだということに気づかせてくれたのが広尾の『鮨 在』
sushizai2019-30


自称 #鼻につくソムリエ の保坂さんが、大将の岡田さんの鮨に合わせて一貫づつお酒を合わせてくれるんだけど、これがめちゃ良くて。
sushizai2019-9


新政No.6や石田屋なんていうヤバい清酒はもちろん、ビオワインや焼酎、クラフトジンなどペアリングの幅が広く、これまで気づけていなかった鮨の魅力も見えてきたり。
sushizai2019-60


大将の岡田さんは、もともと六本木の「鮨 由う」で、尾崎さんと一緒にカウンターで握っていた方。今年の春先かな、『鮨 在』のオープン準備でソムリエの保坂さんも「鮨 由う」でサービスしていた時があったんです。

その時「お酒弱いから、一杯づつの量は目一杯減らして、でも料理には合せてみて」って保坂さんにわがままリクエストしてみたのね。したら、握り一貫にお猪口一杯を合わせてくるなんて荒業キメてきて、ほんと衝撃で。
sushizai2019-35



『鮨 在』ではペアリングが1万円と正式にメニュー化されてるので、誰でもそんなオーダーの仕方できる。細かすぎるペアリングがイヤだという人は、2,3アイテムづつに一杯みたいなこともしてくれるんじゃないかな? そんな臨機応変さもありそうな予感。
sushizai2019-50




お酒の話が先に立ちすぎたけど、割烹のような手の込んだつまみに、硬めの攻めたシャリと丁寧な仕事のネタでお鮨も当然満足度は高め。
sushizai2019-12



春子鯛のエアリーな食感や、トキシラズの歯切れの心地よさなど、握りを手にした時のイメージをいい意味で裏切る遊び心もよいのよ。
sushizai2019-26



中トロの漬けや、のどぐろ紅瞳の海苔巻き、利尻の雲丹あたりは素直にズキンと刺さったし
sushizai2019-32


、こはだ、鯵あたりはワインのペアリングでグンと鮨の魅力が伸びていた。
sushizai2019-39



鮨単体としてもかなり好みだったけど、ペアリングが理想で、突き抜けた鮨体験になったわけ。
sushizai2019-41




一杯づつ合わせるというスタイル自体が最大の衝撃だったんだけど、この日はペアリング、最初と最後を黒龍の石田屋、しずくで挟まれて。
sushizai2019-4



そう聞くとバブった優等生みたいな合わせ方をイメージするかもだけど、ロムデュタンでも出してた焼酎「フラミンゴ」や、kabiなどでも飲んだことある自然派ワインのレジェンド、ジュラのミネラル感あるオレンジワイン、山椒のスピリッツのお茶カクテルなど、多彩な攻撃サッカーでピッチを駆け巡る感じ。
sushizai2019-7



鮨ってこんなに自由だったんだということを認識できたし、なんせ愉しいのさ。
sushizai2019-54

鮨 在
03-3446-1134
東京都渋谷区広尾5-3-13 Barbizon86 5F




カウンターゲスト間のゆるいグルーヴ感が心地よかったのも、高印象が残った理由のひとつ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。










続きを読む

kyah2004 at 21:51|この記事のURLComments(0)

2019年08月07日

kabi(目黒)summer night

kabi2019-20


7月いっぱいは「Summer Kabi」というライトなコースの2回転をやっていて、8月は年末にオープンする新店舗のアラカルト営業という、夏はお祭りモードの目黒『kabi』。
kabi2019-5




料理はいつもより皿数を絞りながらも、発酵したマッシュルームのエキスで〆たスズキや、
kabi2019-12



山椒味噌のスペアリブ、シェフ出身地岡山の穴子入り素麺とか”らしい”内容のコース展開。
kabi2019-27




夏のランチは、毎日これがいい
kabi2019-30



酒の合わせ方もやっぱしめちゃ好み。「山陰東郷」はやっぱしスゲ〜。これでペアリング込みで1万ちょいなのでkabiを知るにはいいタイミングかと。
kabi2019-16



そんな夜ゆえ、遊んだデザインの浴衣に帯も紐縛りスタイル。そこに藤井絞りの陣羽織で引き締め、DAMIANI のアクセサリーやアンティークティファニーの時計たちとバランスを。
kabi2019-37




当然のごとく食後は二階のBAR に移り、
kabi2019-48



ラディコンの2001年で週末の訪れを祝う。
kabi2019-42




そんな真夏の夜の夢のような一日
kabi2019-1

kabi
東京都目黒区目黒4-10-8
03-6451-2413
http://kabi.tokyo/

客層は若めでスタイリッシュな方も多く、海外からのゲストも毎回見かけます。目黒駅からはかなり遠いけど、いつもいい感じに賑わってて、BARも深い時間まで人が残ってるのよ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 12:38|この記事のURLComments(0)

2019年08月02日

串揚げ かな山(大阪)本場の洗練度

串揚げかな山2019-34

先日、祇園祭にあわせて岐阜、滋賀もまわっていた時に、実は大阪にも足を伸ばしていたんです。

サントリーさんにご紹介いただき、7月にオープンしたばかりの大阪 北新地の『串揚げ かな山』へ弾丸取材に。天ぷらは食べても串揚げはめったに食べること無いので、折角なら本場でいただいてみようと。
串揚げかな山2019-2


北新地の駅から近いB1の店舗で、オープンしたてということもありインテリアもシンプルかつシャープ。店主の金山さんはお笑い芸人出身ということでカウンター向き。とはいえ、ボクらが東京から来たせいか、いかにもな関西ノリで攻め込んでくるわけではなく(笑)、いい距離感での接客でした。
串揚げかな山2019-24


興味深い経歴だったのでつい冒頭で書いちゃったけど、決して芸人がウリなわけではなく、串揚げのキャリアは王道。ミシュランを獲った「串かつ 凡」で3年間修行し、その後3年間パリ店で腕を振るった後、日本に戻ってからはANAクラウンプラザホテルの串揚げで料理長を務めている。

串揚げかな山2019-36


ゆえに、串揚げも素材選びから揚げ方まで、かなり洗練されたタイプで、ギトっと感とか胃もたれとは無縁の仕上がり。銅鍋もビジュアル的なこだわりだけじゃなく、煙も吸い込むので食後も匂いは気にならない。
串揚げかな山2019-3




ボクらは前菜、野菜、ご飯に小鉢のついた串揚げ10本のコースをオーダー。最初に素材をプレゼンテーション。うわ、派手!!
串揚げかな山2019-11



食材は国産のものや無農薬を中心に揃えていて、パン粉も種類を分けて使い分けている。
串揚げかな山2019-5



最初に出てきた串揚げの車海老では、きめ細かな衣に驚き、的確な火入れゆえのテクスチャと旨みの立ち方に、こりゃいいね、と。
串揚げかな山2019-17





鹿児島の和牛はヒレ肉。見た目はホットドッグ。
串揚げかな山2019-19




これまた細かい衣でガシッと周囲はコーティングされ、蒸されたような仕上がりに。からしのソースが合いますわ。
串揚げかな山2019-21




ぶっといアスパラは信州産。
串揚げかな山2019-22




琵琶湖の若鮎を薄い衣で素揚げっぽく。はぁ〜、香ばしい。蓼酢もしっかりつけていただきます。
串揚げかな山2019-25




ワインもグラスでそれなりに揃ってて、ビービーグラーツのIT'S A GAME! を。
串揚げかな山2019-29





京都に戻って宵々山で友人らと待ち合わせ。ランチも抜いてて早めのディナー。
串揚げかな山2019-30




待ってました、豚カツ。鹿児島県の茶美豚ロース、衣は薄いが主張強めで、肉とのバランスをとっていた。
串揚げかな山2019-38




串揚げのトリを飾ったのは、雲丹とレンコン。ふわっとした仕上がりで、お出汁のソースでいただくのが合いますな。
串揚げかな山2019-41


〆のごはんとともに、小鉢まで出てくるのが嬉しい。
串揚げかな山2019-42



ついつい、手が伸びちゃうのよ、こういうの。しぐれ煮とあと2種類くらいいただいて、ちょうど腹8分目でちょうどよく。
串揚げかな山2019-44

串揚げ かな山
大阪府大阪市北区曾根崎新地1-4-25 北新地MDビル B1F
06-4797-6166


前菜と小鉢、デザートがついたコースは7800円。さすが本場、価格がこなれてる。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 00:44|この記事のURLComments(0)

2019年07月30日

セララバアド(代々木上原)七夕ディナー

セララバアド2019-7


代々木上原の『セララバアド』。シーズンごとに何年も通っているので、懐かしいメニューの邂逅と進化を喜び、新しい料理とは出逢いの驚きを愉しんでいる。
セララバアド2019-14




定番の冷たいポップコーンは、地味に去年よりも美味しく感じた。冷たさととうもろこしの甘さのコントラストが立ってたような。
セララバアド2019-6


セモリナ粉をまとった稚鮎のフリットは、期待以上にガスパチョと合うね。
セララバアド2019-11




穴子フリットの雑穀リゾットは、食感が大好きすぎ。
セララバアド2019-30


三陸のホタテの森と海の循環は、サスティナブルを感じるニューフェイス。
セララバアド2019-34


ボクも何度か訪れた石垣島 島本農園のパイナップルは、やはり旨い。余韻がいつも食べてるパイナップルと明らかに違うのよ。
セララバアド2019-48



ここ最近、シャンパーニュと食後酒以外は、ソフトドリンクペアリングを選んでいる。分子調理をそれなりに使ってくるレストランだと、ワインのマリアージュだけだと可能性を狭めているような感覚を持っていて、もうちょい広めの視野で向き合いたくて。
セララバアド2019-28


というのと、単純にオープンキッチンでのカウンター完墜ちは避けたいから(笑)

セララバアドの20席近いキャパの中で、たった2席のカウンターは厨房からもダイニングからも目立つのよ。ここで幽体離脱してカウンターから滑り落ちたとかなったら、生きた伝説になってしまう。しかも浴衣だったし。
セララバアド2019-17



お気に入りのレストランで七夕ディナーだったので、アメニモマケズ新調した浴衣でカウンターへ。ボクの板絞りという手法も作家さんが高齢のため、この先出てこないかもしれないデザイン。まりえの絞りは、もはや浴衣というカテゴリーを超えた逸品。
セララバアド2019-55

セララバアド
03-3465-8471
東京都渋谷区上原2-8-11 TWIZA上原 1F
https://www.celaravird.com/



レストランは、大人がファッションを楽しめるステージ。せっかくなら遊ばないと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年07月28日

鮨なんば(日比谷)鮨のエロス

鮨なんば2019-40

この”かほり”、このテクスチャ、この余韻こそ 扇情よ!!!

そんな昂ぶりを得たのは、ちょうど1ヶ月前の日比谷『鮨 なんば』。
鮨なんば2019-49




一貫づつシャリの温度を変えるというスタイルや、鮪に対する徹底したこだわりなど、随所にクリエイティビティとプライドを感じる江戸前鮨。
鮨なんば2019-21




噂に聞く鮑の握りとは、こんなにもディープインパクトだったのかと、食べたとはしばし放心しておりましたわ。
鮨なんば2019-53





鮪は新潟の定置網、ハラカミのグラマラスで品もあるアタックにメロメロ。
鮨なんば2019-45


大トロは温かめのシャリをつかうことで脂の口溶け感を最適にしている。
鮨なんば2019-48





山幸、樋長、石司から仕入れることで、その時に出る最高の鮪をものを選べるようにしているという。
鮨なんば2019-22



ネタとシャリという極めてシンプルな組み合わせゆえに、その分 ネタの質や仕事が明確になる。
鮨なんば2019-12


つまみにしても握りにしても、ひとつひとつに心を揺さぶられる何かがあり、それが『鮨 なんば』という個性を形づくっていた。
鮨なんば2019-8




つまみの江戸前穴子は、皮のカリっと具合が官能的。
鮨なんば2019-16




出汁の甘さが悶絶の網走きんきにも、立ち上がりからヤられてました。
鮨なんば2019-5







春子鯛の一瞬のトロッとした食感が青春のひとときのような儚さで。
鮨なんば2019-37




スズキに至っては、食べたこと無い味過ぎて比較にならない。
鮨なんば2019-26




ヒカリモノ大好き属には、この舞鶴の鯵のプレッシャーが実にたまらん。
鮨なんば2019-30




エロスの体現のようなカツオ。
鮨なんば2019-39





残念ながら、この北海道のウニはいまひとつポテンシャルが発揮できてなかったようで。この次に出してもらった唐津の赤ウニの濃厚さは、ラオウの拳圧のよう。
鮨なんば2019-56






お店が目指すゴールに哲学があり、それを実現する技術と情熱がより強固なベクトルをつくっている。
鮨なんば2019-51




やはり”他にない魅力”を持っているレストランは強い。
鮨なんば2019-1

鮨 なんば 日比谷
03-6273-3334
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F



次回の訪問が心底 楽しみなお鮨です
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 18:30|この記事のURLComments(0)

2019年07月25日

とり口(五反田)洗練の焼鳥と自然派ワイン

とり口2019-27

焼鳥単体としての美味しさもさることながら、つまみや、お酒の合わせ方という点でも、かなり高い洗練度の五反田『とり口』

母体が「酒場 それがし」だけに、日本酒の揃え方がセンス良く豊富なのは自然だけど、最近は自然派ワインのラインナップが増えて俄然オレ好みに。
とり口2019-21


スタッフのレコメンドを聞きながら自分のペースでグラスを空けていくと、コースが終わる頃には気づいたら4,5杯呑んでることが多い。焼き鳥屋なのに、スタッフの3人がソムリエだったりと、そういうエッジーなところもタイプです。
とり口2019-22




肝心の焼鳥も「鳥よし」出身の西口さんの焼きは素晴らしい。ちなみに目黒の「鳥しき」も「鳥よし」の出身。
とり口2019-9




冒頭で出てくる信玄鶏の柔らかくも弾力感ある歯ごたえや、タレの具合も秀逸。
とり口2019-7




その日の状況にもよるけど、天草大王や淡海地鶏も使っていて、この日は腿肉が衝撃。

つーのも、国内最大級の大きさの地鶏だけあって、ジビエの鴨みたいなロゼカラーっぷりで、
歯ごたえや味わいも力強い。敢えて串打ちせずに網焼きしたとのことだけど、そういうアドリブ力もキマってます。
とり口2019-20




レア部位として出してもらった胃袋は、内臓っぽい個性はありつつも、臭みはなく、ほどよい弾力を噛み締めながらじっくり向かい合えるオススメ串。もし、胃袋があったら、ハツモトとともに試して欲しい部位っすね。
とり口2019-25




つくねは、信玄鶏と天草大王のミックス。天草の肉感をアクセントに。
とり口2019-11




あくまで焼鳥が主役だけど、適材適所で小鉢が出てくる。
とり口2019-6



どれもしっかりと手がかかっていて、色々食べたい欲張りには嬉しい。
とり口2019-17




これはさえずりだったかな?
とり口2019-18




しっかりと皮目を焼いており、ゼラチン質を感じながら噛み切る天草大王の手羽先。食べやすいように骨は外してあるので、手羽先の美味しさだけに向かい合うことができる。
とり口2019-29


締めは、あっさりした にゅう麺のほかに、アメリケーヌのカレーも人気なんだけど、最近加わったのが担々麺。一口もらったけど質のいいハーブやナッツが、担々麺の汁をうまく制御して、ビジュアルよりも爽やかな食後感へと導いてくれるのが魅力。

この日はシンプルな にゅう麺でリセット。
とり口2019-32




デザートはティラミスもなか。季節で変わるかき氷が定番だけど、こやつも美味でカフェが欲しくなる。
とり口2019-33


とり口
03-6421-7254
東京都品川区西五反田2-28-10
http://www.toriguchi.jp/


お酒のペアリングのセンスや、つまみの挟み方などコース全体の満足度が高い。普段、フレンチとか日本料理とか、コースに慣れてる人には、かなりハマるスタイルじゃないかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2019年07月23日

炭焼ACE(中目黒)サンセバのガストロバル的遊び心

ACE2019-31


どこかサンセバスチャンのガストロバルを彷彿とさせる『炭肉ACE 中目料理研究室』。
ACE2019-6





親子丼や肉じゃがというメニュー名からは想像つかないビジュアルのものが出てくるけど、再現性が納得度高めだったり。
ACE2019-16


黒メンチカツや牛たん味噌のお茶漬けといった日本人のソウルフードのいぢり方が、サプライズだけど”ふむふむ”だったり。
ACE2019-36




実力ないのにトリッキーなことやるとヤバいけど、ベースのスキルが高いのでむしろフーディーズたちの方が楽しめるかも。
ACE2019-13




自家製ハムとか、おもむろにカットして試食させてもらったけど、かなり美味。
ACE2019-21


こういうとこに地力の高さを感じる。
ACE2019-22


「花壇」なんてメニューは、いかにもバスクあたりでやりそうなアプローチ。
ACE2019-12


「炭牛ユッケの生春巻き」はトレーニング後にこれだけ食べに来たいヘルシータンパク質。
ACE2019-19


真っ黒いメンチカツはビジュアルのインパクトだけじゃなく、味がちゃんと垢抜けている。
ACE2019-8


●●牧場のシャトーブリアンですという最高品質を求めるアプローチもあれば、”安い肉をいかに旨く食べさせるかに命かけてます!”なんてお店がないと面白くない。
ACE2019-26


両極端があるから、人生は面白い。
ACE2019-1

炭肉ACE 中目料理研究室
03-6412-7165
東京都目黒区上目黒3-5-20


プライシングもサンセバっぽい安さだし、色々キャッチボールできそうなので、オーダーメード注文とやらにTRYしてもいいかも。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年07月21日

ジャンカルロ東京(六本木)昼呑みのテラス席

ジャンカルロ東京2019-6


子連れランチで六本木の『ジャンカルロ』へ。


前菜は文字通りの助走で、

ジャンカルロ東京2019-1




ここから大人数だからできるピッツアとパスタの乱れ打ち。


定番のマルゲリータ、ビスマルクのアクセント使い、オレキエッテの食感、仔羊のパッパルデッレの世界観、小曽根シェフの仕事を堪能できました。

ジャンカルロ東京2019-3





マンガリッツァ豚も久々に食べられた!

ジャンカルロ東京2019-12



食後は雨が落ちてこなかったので、席をテラスに移して食後酒のひととき。

ジャンカルロ東京2019-17



ジャンカルロ東京2019-13



リストランテ ピッツェリア ジャンカルロ Tokyo
03-6441-0179
東京都港区麻布台3-4-14 麻布台マンション 1F

https://giancarlo.jp/


朝からパーソナルトレーニング、低酸素ランニングと続けてきただけあって、酔いの周り具合もいつも以上。



このあとに、美容院行ってシャンプーして鏡の前に座り起きたら殆ど終わってた。その後、ストレッチは体位変えるときだけ覚えてる...、とまぁ予想通りのダメっぷり。



夜は夏着物の整理しつつ、次なる旅行のパッキング。日々、なんとか生きています。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年07月20日

GENDY(銀座)8000円のプレミアムケーキは高いのか?

GENDY銀座2019-6


プレミアムビターキャラメルバーで名を挙げた青山の『GENDY』が、今年銀座であらたに展開を始めたのが「プレミアムキャラメルブランデーケーキ」
GENDY銀座2019-9



1日50個限定で8,000円と聞くと、大人向けの嗜好品感だなとちょっと距離感出ちゃうよね。お店の構えもパット見は高級靴のブティックかバーバーのような雰囲気だし。
GENDY銀座2019-5




店内はセンターに試食用もできる大理石のカウンターがあって、周囲を囲むアンティークの棚の中に、ケーキが箱に入って陳列されています。
GENDY銀座2019-3




Gentleman とDandy の単語を組み合わせて作られた造語が『GENDY』。紳士の一級品をコンセプトに、厳選素材を使ってハンドメイドされた「プレミアムキャラメルブランデーケーキ」は、実際食べてみても大人の嗜好品という味わい。

決して演出先行になっておらず期待を裏切らない。キャラメルと言ってもベタッとした甘さは皆無。ブランデーの風味に、スイーツらしい甘さを加える役割。
GENDY銀座2019-2


ブランデーは、レミーマルタンのコニャックと、デュカスタンのアルマニャックをブレンドすることで、味と香りに広がりと奥行きを与えている。

低温でじっくり焼き上げることで、きめ細やかなテクスチャの生地となっていて、モソッとした重たさを感じることもない。またブランデーケーキにありがちな、Too Muchなアルコール感というのも感じることはなく、これなら色んなお酒に合わせやすい。
GENDY銀座2019-8



まず浮かんだのがシャンパーニュ。Too Much 過ぎないアルコール感とバランスのとれたビターな甘さがお供にもってこい。

まぁ、当然ブランデーは合うし、スモーキーなシングルモルトにだって合うらしい。


そうそう、『GENDY』では試食をしてから買うことができるので、その時にお店のスタッフさんと、どういうお酒に合いそうかとか、どういうカットがオススメかとか、そういう相談も出来るのよ。

このキャラメルブランデーケーキの印象を大きく分けるのがカットで、厚すぎると少しアルコールが強く、かつ野暮ったく感じるので、薄めのカットのほうがエレガントさを感じやすいと思う。カットのアドバイスは聞いておいて、ほんと良かった。

もちろん、合わせるものや気分によってカットを変えればいい。自分好みのカットを見つけていくというのも、この『GENDY』の愉しみ方のひとつだと思う。

GENDY 銀座店
03-6263-2141
東京都中央区銀座1-4-4 GINZA104ビル 1F


8000円という価格についての考察は続きの方で。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年07月19日

鮨 さいとう(六本木一丁目)つまみの旨さに

鮨さいとう2019-25


半年強ぶりの『鮨 さいとう』、個室の方で。
鮨さいとう2019-3



今回も、もちろん隙のない展開力でしたが、特につまみが衝撃で相対的に握りの美味しさが少し霞むくらい。

低温調理の煮蛤は、出逢ったことのないとろける食感と、柔らかな蛤の味わいで一瞬困惑する。「オレ、蛤食べたんだよね?」と。このいい意味での裏切り方は、記憶に残るね。
鮨さいとう2019-11



のどぐろは、出汁のスープに浮かべて。これも、それなりに美味しいのどぐろは食べてきたけど、別格感。美人は何を着ても美人だけど、メイクとドレスでこうも変わるのかと再認識させられる感じ。
鮨さいとう2019-12


握りは鹿児島の出水の鯵が、温度感も良く魅力がバシッと伝わる美味しさ。
鮨さいとう2019-33



雲丹は、シャリに唐津の赤雲丹が練り込んであって、上に余市の雲丹がのせられたハイブランドのダブルネームみたいな攻撃力。
鮨さいとう2019-37


メンズ4人で過ごすカウンターの休前日。翌日からの旅行準備でボクはそのまま帰ったけど、残ったヤツらは河岸を変えて深酒してたことと思われます。
鮨さいとう2019-23

鮨 さいとう
03-3589-4412
東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー 1F


美味しく食べるのには、体調管理がめちゃ重要。ちょいと胃の調子が悪いなぁ…、酔っ払ったら忘れるけど、翌朝にダメージが。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 12:54|この記事のURLComments(0)

2019年07月08日

鳥しき(目黒)火入れのインパクト

鳥しき2019-1


目黒の『鳥しき』へ。2回転目に予約が取れて、タケちんと男メシ。

焼鳥は、かなりの大ぶり。同じ串で肉の大きさが相当バラバラなのに火入れはバランスよかったり、希少部位をうまく挟み込んで飽きない流れにしていたりとか、ほんとサスガ。
鳥しき2019-3


大将のパフォーマンス力というのも、カウンタービジネスでは重要な要素。人気店として君臨する理由がよくわかりました。
鳥しき2019-11





一方で「予約が取れないお店に来たこと」自体を過剰に解釈しているダサめのゲストや、連れとかお店に変な慣れてる風をアピールする成マネーな方の行動はスマートじゃなく、タケちんと「焼鳥スゲーんだけど、なんか感動削がれる要素も...ね」と、人気店あるある現象について共感コメント。
鳥しき2019-5



周辺環境はその日によるので運の部分があるけど、「焼鳥」の美味しさは裏切りません。
鳥しき2019-9



野菜や厚揚げなど、鶏肉以外のものも炭火のいい仕事を堪能できる。
鳥しき2019-13






お酒はソコソコしか飲まなかったこともあって、「予約の取れないお店が1万円ちょいだった」という満足感を抱きながら帰路につきました。
鳥しき2019-14




親子丼だけでも食べに行きたいわ…
鳥しき2019-1





今宵もまた酔っぱらい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:08|この記事のURLComments(0)

2019年07月04日

グランイート銀座 (銀座)GAP認証のヘルシー素材を好きなだけ

グランイート銀座2019-15


東京オリンピック2020、当家も陸上競技のチケットが当選。いよいよ来年なんですね。

オリンピック周りの食事情は、ハラル対応含めて色々気になることが多いんだけど、「GAP」なるものがあるって知ってました?

Good Agricultural Practiceの頭文字でGAP。農業生産工程管理の国際基準のことで、これをクリアしてないとオリンピックの選手村では食材として提供できないんです。
グランイート銀座2019-5



今年3月にオープンした『グランイート銀座』は、そんなGAP認証食材を使ったレストラン。オリンピックまわりの食事情を色々調べてるとこだったんで、タイミングよくご招待の話がきたから取材に行ってきました。
グランイート銀座2019-1



GAP認証の取得には100項目以上の厳しい審査があるというので、食の安全性はもちろん信頼できるんだけど、美味しいかどうかって別の問題じゃない? 

しかも”農業生産工程管理”っていうくらいだから野菜だけかと勘違いしていたんです。なので、いったい何が食べられるんだろう?と思ってお店に行ってみたわけですよ。
グランイート銀座2019-16


したら、ビースフトロガノフやらローストビーフやら、天ぷらやらと、想像以上にメニューが豊富。
グランイート銀座2019-7


聞いてみたらGAP認証が対象としているのは、米や麦などの穀物、野菜や果物などの青果物、肉や卵などの畜産物やお茶ということで、店内で扱ってるものの9割はGAP素材だったんです。
グランイート銀座2019-8


お店の入口あたりが前菜、サラダコーナー。その奥にお肉や温菜がズラッと並び、
グランイート銀座2019-4


グランイート銀座2019-9

グランイート銀座2019-10



デザートコーナーにはフルーツをはじめソルベやロールケーキまで。
グランイート銀座2019-29



パンはさすがにGAP認証ではなかったんだけど、
グランイート銀座2019-33


オーブンにバルミューダ使ってたりと、このあたりにもこだわり感じてみたり。
グランイート銀座2019-32




ここ数年、ホテルの朝ごはんくらいしかビュッフェ経験がなかったんですが、いまどき銀座でディナー3500円でこんなクオリティのもの食べられるんすね。
グランイート銀座2019-27

グランイート銀座2019-25


ライブビュッフェというだけあって、天ぷらはオーダーしてから揚げてくれるし、
グランイート銀座2019-19



お茶もちゃんと淹れてくれます。
グランイート銀座2019-36



インテリアもウッドベースのカフェっぽい雰囲気で女子ウケ良さそう。銀座INSの2Fとアクセスもいいんだけど、ボクには未踏の領域で。前の道路はしょっちゅう通っているけど、こんなコンセプトのお店が入ってるなんて思ってもみなかった。
グランイート銀座2019-40



ディナービュッフェでも3500円(週末は3800円)だし、リーズナブルなフリーフロープランもあったので、会社の会食でも使いやすそう。ヘルシーだし、お洒落だし、女性陣から幹事への評価が高まりそうなお店だなーと。
グランイート銀座2019-21

グランイート銀座
03-6228-7283
東京都中央区銀座西2-2 銀座INZ2 2F
https://gran-eat.jp/


ちなみにココ、「THE FARM」という会社のプロデュース。千葉で洒落たファームキャンプを運営してて、温泉も併設してるのよ。グランピングはもちろん、これまたセンスよさげなコテージあるし、成田のもうちょい先だから この夏行ってみようかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





続きを読む

kyah2004 at 22:36|この記事のURLComments(0)

2019年07月03日

恵比寿くろいわ 今年も折り返し

恵比寿くろいわ2019-39


先日、令和へと変わったタイミングで訪れた『恵比寿 くろいわ』。元号が変わったことで、徐々に料理も進化させていきたいという覚悟が垣間見られた夜でしたが、6月の末に訪れた夜も色々新たな試みが始まっていた。
恵比寿くろいわ2019-22



「伝統は過去と同じことを続けることではなく、時代に合わせた変化に挑戦し続けることなんだ」。伝統工芸の世界で活躍している友人らが口を揃えて言う言葉で、過去をひたすら守るのが伝統という先入観を持っていたボクには意外な発見でした。
恵比寿くろいわ2019-107



更に「挑戦してハズしたと思ったところで、過去の歴史から考えたら誤差に過ぎない」なんて話も印象に残っている。これはもちろん伝統を継ぐためのベースがあっての話だけど、そんなに強い引力がある場所での生き方というのは、ボクのような気楽な人間には全く想像のつかない類のもの。
恵比寿くろいわ2019-82


ガチで勝負してる人の話は、たくさん刺激がもらえるけど、反面ぬるい自分をイタいほど自覚することにもなるので凹むことも少なくない。まー、でも、自分は自分なりに譲ってない部分はあるはずで、人と比べてあーだこーだ悩むことは不毛なので、刺激だけもらって明日への活力にしています。
恵比寿くろいわ2019-58



さて、この日は2019年もいつの間にか半分が終わろうとしているということで、「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」がテーマ。1年の前半を無事に過ごせたことに感謝するとともに、半年間の罪や穢れをお祓いし、残り半年も清らかな気持ちで過ごせるよう願うというもの。

神社に草で作られた「茅の輪」が置かれていていたりしますよね。あれをくぐると、より穢が落とせるということらしいです。恵比寿くろいわ2019-10




この日は、鮎、鱧、鰻などいただいたわけですが、中でも鮎が3種の調理法でひとつのお皿の上に並ぶのは、骨の柔らかい若鮎ならでは。

目の前で〆た鮎を焼きと背ごしに。まだ泳いでいた鮎が、こうして完成形の料理となるプロセスを見られるというのは、実に日本らしい演出だなと改めて。ちなみに背ごしというのは、若い鮎などの骨が柔らかい小さな魚を、頭や内臓を取り除いて骨ごと薄い輪切りにした料理のこと。鮮度がいい鮎じゃないと出来ないのよね。
恵比寿くろいわ2019-38





鮎の焼物は頭が揚がげて、尾はしっとり蒸し焼きというニュアンスで。
恵比寿くろいわ2019-15




八寸は青色が印象的な久留米の籃胎漆器。青楓が添えてあるので川か湖に舟が漕ぎ出したかのような涼やかな印象を受ける。
恵比寿くろいわ2019-54


この籃胎漆器は、久留米藩の刀の鞘塗り師がつくったとされるもので、明治時代 武士向けの産業では食べられなくなった職人が民間向けに技術を活かしたものですね。高度な兵器向け技術が民間に転用される今と全く変わらないスタイル。インターネットとかドローンとか、腕時計なんかも同様のケース。
恵比寿くろいわ2019-51



最初に「夏越大祓」で鱧が出てきたのには驚きましたが、椀物が一夜干しした鰻というのも意外でした。出汁も鰻を使いつつ、昆布と鮪で整えていました。
恵比寿くろいわ2019-26




茶懐石を意識して酢の物という位置づけで夏蛸やアブラメを。実山椒をお酢に溶かし、底に敷いてある大和芋で味を調整しながらいただきます。
恵比寿くろいわ2019-18





そうそう、この日料理の写真が揃っているのはカウンター貸切だったから。SNS全盛時代に他のお客さまに配慮してカウンターでの写真は禁止というスタンスを貫いている。なので、ボクも訪問している割には写真があまり無いんです。
恵比寿くろいわ2019-110







土曜日ということで、18:00スタートにしたんだけど、20:30頃には一通り料理も出終わって、煮えばなが出てきたのが21:00前。そこからまさかのご飯お代わり構成で、結果8種類の変化系をいただくことに。
恵比寿くろいわ2019-68



煮えばなのあとは、炊きたての白米、桜えび丼、山菜天ぷら丼、はも丼、牛肉山椒、雲丹むすび、ゆば茶漬けと、普段米をセーブ気味の自分には絢爛過ぎる展開。
恵比寿くろいわ2019-77





恵比寿くろいわ2019-85



前半は準備もしていたものだろうけど、後半は完全にアドリブですね、凄いわ。というか皆さん良く食べますな。
恵比寿くろいわ2019-87




そりゃ、いろいろお酒も出てくてるわけですわ。
恵比寿くろいわ2019-27


結果、気づいたら23:00だったというのは驚きでした。5時間のディナーってバスクですか??
恵比寿くろいわ2019-95



しかも帰りの時刻の関係もあってお茶室はカットしてでの流れだったので、これでお茶室まで行ってたら23:30は過ぎていたと思います。
恵比寿くろいわ2019-100






夕方は雨がひどくて、着物で来るのを諦めましたが、最近和装の機会が減っているので、意図して増やしたいなと思ってます。
恵比寿くろいわ2019-116





じっくりと通えるお店があるというのは、食を愉しむ上で大事なことだし、幸せな縁だなと思っている。友人と同じで深い付き合いをするのはそんなに数は要らない、というか無理。もうこの歳になったら、新しいとこにも足を運びつつも、信頼できるお店に通う比率をあげていきたいっすね。旅をやめられないオレが言うのもなんだけど。
恵比寿くろいわ2019-120

恵比寿 くろいわ
03-5793-9618
東京都渋谷区恵比寿4-11-12
http://www.kuroiwa.org/



2019年の前半はどうだったかな。点数をつけるのは好きじゃないけど、感覚的には87点くらいな気がする。思った以上にやれたことも多いけど、全然進められていないところもあり。得意な方を伸ばすというスタンス自体は悪くないんだけど、弱点も補強する環境づくりをまずは心がけたい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年07月02日

カンテサンス(品川)やっぱり初夏のコースはタイプ

カンテサンス2019-20


久しぶりのカンテサンス。


ディナーが二部制になり20:30スタートと余裕ある開幕。去年もそうだったけど初夏のカンテサンスってハマるのよ。


焼きとうもろこしのスープに合わせた苦味を感じるシャーベットは日本の気候にピタッと合う。

カンテサンス2019-7




肉の味をちゃんと感じるセンマイというのも新鮮体験。

カンテサンス2019-15





バスク豚を使ったスペアリブは鳩の肝を纏ってエレガント。

カンテサンス2019-18





シャサーニュが、いとうまし。

カンテサンス2019-17




マナガツオの火入れとソースで言葉を失う、あからさまに旨い。

カンテサンス2019-25





シャラン鴨とグランマルニエのオールドビンテージを使ったソースは官能の極み。

カンテサンス2019-34




オペラリキッドも超絶タイプ、下から上の層まで一気に食べると味が完成。
カンテサンス2019-37





この日の主役は、実はコレかな。テーブルの同席メンバーも大好きな初夏の前後に出てくるクレープ。今年は対馬の穴子、こんな贅沢な手づかみクレープは人生で何度もやれる体験じゃない。

カンテサンス2019-21





常に高いクオリティを維持していて、毎回驚きのあるカンテサンスだけど、よりタイプだったり心が踊るディナーというのはあって、初夏にその会が訪れることが多いです。

カンテサンス2019-44


カンテサンス (Quintessence)
03-6277-0485
03-6277-0090 (予約専用)
東京都品川区北品川6-7-29 ガーデンシティ品川 御殿山 1F



日本のガストロノミーの頂点は、やはり期待を裏切らないね

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 21:07|この記事のURLComments(0)

2019年06月28日

雪月花 彦根(滋賀県)特選近江牛を敢えてのタレ焼肉で

彦根雪月花2019-9

年初に国内の都道府県 全制覇を目論んでる旨をアップしたんですが、それなりの達成度で未踏の都道府県はあと5つ、うち1つはフライト予約済なので4県を残すのみ。長崎・佐賀は1回で行けるから、和歌山と山口行きを作ればコンプリート。

こうして全国を旅していると、当初予定してなかったんだけどやりたいことが出てくるもので、それが日本の国宝 天守閣5つへの登城。

国宝天守閣がある姫路城(兵庫県)・彦根城(滋賀県)・松本城(長野県)・松江城(島根県)・犬山城(愛知県)のうち、松本城、松江城、犬山城は行ったことがあるので、京都に行くついでに彦根城に登城することに。

思えば、こんだけ京都には行ってるにもかかわらず、途中の滋賀県が素通りし過ぎで。調べてみたら彦根城は新幹線の米原駅から意外と近いとか、近江八番の近くに安土城があったりとか、城好きとしてはやらねばならないことが色々あって。

で、折角彦根に行くなら近江牛を食べたいとリサーチをかけていたら、彦根城のそばに名古屋の「肉屋 雪月花」が姉妹店『雪月花 彦根』を出していることを発見。早速、どんなメニューあるのか聞いてみたんです。
彦根雪月花2019-15



したら、県外客のお客さんが多いこともあって、近江牛のスペシャルコースをはじめたというじゃないですか。迷わず一択でこのコースを予約。

結果「めっちゃ良質の近江牛を、こんな食べ方していいんだ」「しかも安っ!!」というツイン悦楽なランチタイムに。

彦根雪月花2019-19




東京から行きます!と伝えていたせいか、用意されていたのは特選近江牛の月齢45ヶ月。

「え、45ヶ月??」と聞き間違いかと思って確認しちゃいましたよ。通常、肉食用の牛って28ヶ月前後に出荷されるのね。それ以降はエサ代、スペース代、飼育にかかる手間がそのままコストになり、病気などのリスクも高まるわけです。

45ヶ月っていったら通常の約2倍なわけで、生きたままエイジングされた いわば芸術品。

近江牛で特選として出荷されるのは、わずか20-30頭なんだとか。3大和牛の中でも2週間に1頭しか出荷されない超レア牛。そんなものが1万円のコースで食べられちゃっていいんすか?
彦根雪月花2019-11




冒頭から、その特撰近江牛のうちひらを使ったブレザオラが。見た目は刺しがToo Muchに見えるけど、赤身らしい食感もあり脂はスッと消えて全く残らない
彦根雪月花2019-3




ほかにも特撰近江牛は、ヒレ、サーロイン、ウチヒラに加え、なんとホソまでいただけたのが驚き。


ホルモンはトレーサビリティされないので、他のエリアでは近江牛かどうかすらわからない。ここは地元だけに近江牛のホルモンが食べられるんだけど、近江牛の「ほそ(コプチャン)」の特長は焼いても小さく縮まず、脂が上品。これを透明な天つゆのタレみたいのでいただくんだけど、めっちゃ旨かったわ。
彦根雪月花2019-51




オレ、後半に出てくるホルモンって正直あんまし好きじゃないんだけど、コレは別格というか別物。ブランド牛の中でも近江牛のホルモンは特に食用に向いてて美味しいとのことなので、あったのなら間違いなく食べたほうがいい。
彦根雪月花2019-50





ヒレはレア気味の焼き加減で。ブランド牛らしい品格と奥ゆかしさを味わう。
彦根雪月花2019-23



彦根雪月花2019-26


このあたりの肉からワインが離せなくなる。
彦根雪月花2019-21




自分的にはサーロインが至極。脂の融点が低い近江牛は、口溶けがよくベタッと感がほんとに無い。ゆえにサーロインのような部位こそ、ポテンシャルが発揮される。
彦根雪月花2019-31



彦根雪月花2019-38



ねぎを巻いて、卵につけてとスキヤキ風の仕上げ。ベッピン過ぎる1枚でした。
彦根雪月花2019-42





その後に続く、タタキもウチヒラでした。ブレザオラとは違った和っぽい魅力。
彦根雪月花2019-45



フィナーレを飾る焼もウチヒラで、大判の薄カットを敢えてのタレで。このクラスのい肉になると、オーセンティックなタレ焼肉スタイルってあんまし見ないんだけど、ここでは敢えて焼肉の原点に立ち返る。「焼肉って日本の誇る文化だわ」と改めて認識できる展開は、特撰近江牛のもつクオリティの高さ所以。
彦根雪月花2019-55

雪月花 彦根
0749-26-2929
滋賀県彦根市戸賀町93-1
http://tanakayafoodservice.jp/shop/setugekkahikone.html



食後は近江城へ。お店からだとお土産屋さんらが並ぶ賑やかなキャッスルロードに近いので、運動も兼ねての城攻めがオススメ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:08|この記事のURLComments(0)

2019年06月24日

ア・ニュ(広尾)リニューアル後の予告編

anu2019-14

5月末からリニューアルでしばらくクローズするとのことで、お世話になった姿を見ておこうと広尾の『ア・ニュ』へ。

anu2019-49




最初に訪れた頃は、まだ「マノワ」の中村さんや「ラ・カーヴ・ド・ノア」の島本さんがソムリエだったからね。2009年の11月、オープン直後に訪問した時の記事とか懐かしい。つか、いいワイン飲んでんなー


速攻に気にいったらしく、訪問直後に友人たち集めて忘年会もしてたのね。


自分のブログで「ア・ニュ」と検索してみたら、若き日の自分やまりえ、親友らに会えて驚きましたわ。あんま意識してないけど、お店とともにオレらも歳を重ねてきたんだね。



とまぁ、ほんとお世話になったフレンチなので、改めてリニューアル前に行けてよかったなと。
anu2019-39



どうやらオープンキッチンのカウンタースタイルになるらしく、料理ももっと自由度のギアをあげるらしい。この夜も、リニューアル後のエッセンスを入れてみたということで、花山椒のコースに。
anu2019-6



下野シェフは、沖縄でレクサスのDINING OUTのイベントやった直後もヒバーチといった琉球素材を組み合わせたメニュー創ったり、バンコクガストロノミー回ってからはハーブやスパイスの大胆な使い方を取り入れたりと、日本らしいというか、アジアらしいアプローチも魅力。
anu2019-70



パリの日本人シェフのアプローチとは異なる、日本だから出来るガストロノミー。花山椒のコースというのは、まさにその象徴であって、2019年上半期で最も印象に残ったディナーが『ア・ニュ』でした。

中でも記憶に焼き付いたのが花山椒のカッペリーニ。キリッと冷えたブロードが美味しすぎで、イタリアではやらないタイプのパスタ。フレンチだから、日本だからハマる仕事。
anu2019-38


シャルドネの美味しさが際立つマリアージュだったのも忘れられないね。
anu2019-35



アオサ海苔や山椒の葉っぱを合わせた九十九里のぜんな蛤、お皿の上で融合する味わいに驚きを隠せない。毎晩外食でそれなりに美味しいものは食べてるせいか、美味しいものに出逢っても感動はするけど、心底驚くことってそこまで多くはないんです。
anu2019-45


そしてこれが新政の亜麻猫に合うんすわ!


ブルゴーニュのピノ・ノワール好きで、フランスだとどうしてもボルドーを飲む機会が少ないんですが、なにこれめっちゃタイプなんですけど。
anu2019-51



ラ・ドモワゼル・ド・ソシアンド・マレ 2007年。こういう個性のボルドーなら、家に置いておきたい。格付けを返上したフランス本国では人気シャトーの、しかもセカンドなんでわりと開けやすいレンジだし。在庫は残ってなさそうだけど...
anu2019-52



しかもこのエロティークなキュイソンの本土鹿とのマリアージュもナニ!?? フレッシュな胡椒のパンチに負けない個性。
anu2019-53




からの、ピュルゴーの鴨をリゾット仕立てにして、花山椒で覆い尽くすってどういうこと??
anu2019-63



よーく混ぜていただくんだけど、もうね、正直見た目はガパオライスなのよ。なのに何故こないにも美味しくなるんすか....。ディナーが終盤にかかっていることを、全く認めたくない自分がいた。こういう状態のオレって実は珍しかったり。
anu2019-64



10年のあいだに料理のトレンドも勿論変化してるし、なにより自分自身の食経験値も変化している。
anu2019-61



結婚した頃を機にイタリアンに目覚め、フレンチに慄き、ワインを本格的に好きになって、広東料理にハマって香港にい、バンコクの勢いに魅せられる。スペインのガストロノミーが楽しすぎて毎年のように通いだし、メルボルンのオーガニックなスタイルにも、なるほどねと。国内も頻繁に旅するようになって、日本の素材に対する愛も深まった。
anu2019-47





そんな自分の食の軌跡と、たまたまこの夜の『a nu』の料理がハマったのか、ものすごく刺さったディナーに。
anu2019-100


ア・ニュ (a nu retrouvez-vous)
渋谷区広尾5-19-4 SR 広尾ビル 1F.
03-5422-8851



食べ手の数だけ最高の料理なんてものはあるわけだけど、今年の前半戦では一番印象に残った夜でした。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 22:57|この記事のURLComments(0)

2019年06月23日

前橋カツカミ(前橋)温泉とトンカツのマリアージュ

前橋2019-25


旅に出てカントリーサイドの自然を満喫し、美味しいものに出逢うというのが最近の悦び。

前橋で用事があったので、色々調べていたら渋川温泉や赤城温泉が市内から車で1時間くらいということを発見。車での移動が便利そうということで、酒を飲みだす前に動きたいなと朝温泉×ランチな休日の流れを作ることに。ここは赤城山の展望台、夜景がヤバそう。
前橋2019-9



そんな温泉→ランチの情報を探していたら、銀座のとんかつ「かつかみ」が前橋で新店舗を出したというじゃない。豚の部位食べ比べは、高田の馬場の「ひなた」が最後。



ダイエットをはじめてからというもの、とんかつはできるだけ封印していたんだけど、欲望が暴走しだしたら止まらない。「旅先だからいいじゃん」という言い訳の切り札まで用意して、『前橋カツカミ』をディスティネーションレストランに設定。

前橋2019-16





予定通り晴天の朝温泉を愉しんでから、前橋市内に戻ってお店に向かいます。
前橋2019-11


お店のロケーションはというと、JRの前橋駅からは少し離れていて、前橋中央通りという商店街の一角。

駅から離れたアーケード商店街というと、シャビーなとこを想像するかもしれないけど、再開発中というだけあって周囲にも小洒落たお店があって、なにより明るい。
前橋2019-15




前橋カツカミもガラス張りの店内で、大きなカウンターが厨房を囲む開放的な雰囲気。2Fにテーブル席がオープンするらしいけど、今はカウンターだけの営業のよう。

折角ここまできたので4500円のフルコースを。
前橋2019-18



ヒレカツ、赤身肉2種類、メンチカツ、ロース、食事モノに加え、エビフライやたらば蟹のコロッケなど
2種類の選択肢から選べるというもの。

ちなみに2種類の選択肢では、こちらをセレクト
・天然大海老フライ
・肩ロースかつのトリュフバター



野菜ファーストを徹底していて、まずはトマトの出汁サラダから。お出汁がおいしく、トマトの酸味も
抑えられていてやさしいスタート。
前橋2019-19



刻みキャベツはニンジンのドレッシングが、ほのかにあまくてイイ。
前橋2019-20



そうこうしてるうちに、ヒレが揚がる。肉の断面を舌にあてるようにという食べ方のコツに従いいただきます。

何もつけずにまずはそのまま。品のある肉の旨みが口に広がる。しっとりしたテクスチャでかほりもいい。これだけでも充分に美味しいが、途中で塩を一振りして味変を愉しむ。より肉の輪郭が強くなったね。ヒレはソースはつけたい気分にならなかったので未体験。
前橋2019-21


前橋2019-23





続いての赤身はナカニク。力強くヒレとは対照的。コントラストを楽しむ2枚目。
前橋2019-24




3枚目の赤身はシンシン、かおりがいいわー。柔らかさと肉らしさのバランスが秀逸
前橋2019-27







続いてはメンチカツ。ネタバレだけどバンズに挟んだミニバーガーのスタイルで。そんなにギュッと肉が詰まった感じではないのに、味わいが力強く、ソースを従えての完成形。
前橋2019-28


前橋2019-29



水なすで箸休め。
前橋2019-31




これまた美しく揚がったロースには、わさびが山盛りに。これを断面に広げていただきます。わさびだとロースの品のあるかほりがより際立つんですね。途中で塩を少し加えたりして味変を楽しむ。
前橋2019-33





ここからはセレクトした食材。まずはおおぶりのエビフライ。衣も身もギュッと固めに詰まったような仕上がりで、歯ごたえをしっかり堪能できるタイプ。大きいので途中ソースも試してみたり。
前橋2019-35





肩ロースのトリュフバターは、肉のかほりがトリュフバターに負けず個性同士のぶつかりあい。なんとも男らしい印象。
前橋2019-36



お食事が選択制なのもいとをかし。カツカレー、生姜焼きなど5種類くらいから選ぶことが出来る。

2年くらい食べるのを我慢していたカツカレーを選択。カツカレーに最適なカレーを選んだというだけあって、懐かしさと、現代らしいバランス感を備えていた。2年間の封印を破る価値のある逸品。
前橋2019-41




う…、まりえのオーダーした生姜焼きも相当うまい。甘さが程よくいい感じ。
前橋2019-39







前橋2019-43







食後はカフェラテのかき氷。ちょうど、食後にどっかでカフェしたいなと思っていたので、ピッタリのものがあってよかった。
前橋2019-44



苺も濃厚で良いね。コンフィチュールっぽい。
前橋2019-45




さすが銀座の人気店という知名度で、東京や高崎あたりから足を伸ばしてるゲストも多く、便がいいとはいい難い場所ながらご近所さんだけではない客層を取り込んでいる。
前橋2019-42

前橋カツカミ
027-289-5673
群馬県前橋市千代田町2-7-20
https://www.maebashi-katsukami.com/




自然×美味しいものが、昨今の悦びポイントだけど、ほんと気持ちよくてね。案外都内からも近いので、温泉→とんかつの流れを愉しんでみてはいかがでしょ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 22:03|この記事のURLComments(0)

2019年06月21日

Kabi(目黒)ワクワクしちゃう当家のリピートレストラン

Kabi2019-10

昨年末からリピってる目黒の『kabi』。山菜が終わる前にということで、山に採りにくといっていた翌日を狙って予約していたんです。

北欧ガストロの技術やフィロソフィを日本らしく解釈していてインテリアや客層の垢抜け方も心地良い。
Kabi2019-1



ノーマのスーシェフが日本に出した「INUA」も素晴らしいけど、
半額以下で気楽に通えるので、ついこっちに足が向きます。
Kabi2019-26



それに「INUA」の料理は、どういうお酒に合うのか結局のとこわからずじまいだったんだけど、『kabi』はペアリングの提案も納得度が高い。なんつってもワクワクさせてくれるのがイイ。
Kabi2019-11



ワインもビールも日本酒も、自然派で。
Kabi2019-18

この日誘ったゆっきー家も同じ感覚で、めずらしく外国人ゲストが少ない日だったけど「あれ、なんだか海外のレストラン来たみたいな感じ」と話していたり。
Kabi2019-7



料理の高揚感。ワインやビール、日本酒とのマリアージュ。サービスの間合い、音楽、照明、インテリアといったものが、いい意味で日本っぽくない。本場の北欧ガストロノミーには行ったことがないんだけど、幸福度の先進国ということもあり、現場を体感したいという想いが年々強まっています。
Kabi2019-14



そうそう、スタッフのタトゥー率は高めで、見せ方もナチュラル。オリンピック控えてるのに、未だプールでタトゥ露出禁止とかいつの時代⁉️ んなとこ鎖国しなくていいから。老いた国の哀しき感性。
Kabi2019-32




料理は、いくつかの定番料理をはさみながらも、訪れるたびにパワーアップしている印象。
Kabi2019-28




はまぐりに柑橘のジャムといった味の組み合わせにはじまり、炭で軽く火を入れた甘みを感じる北寄貝に豆乳のソースを使った”お寿司(TOPの緑のヤツ)”は、山陰 東郷の清酒が激マッチ。
Kabi2019-6



水蛸に発酵したアスパラのお出汁をかけていただくお皿とか、体にすっとしみていく。コースを通じて体に負担が少ないのよ。
Kabi2019-15



松笠焼きにブルゴーニュの赤を合わせてくるとか
Kabi2019-21

花山椒を使った豚しゃぶは、薄くスライスした肉でセリを巻いていて、発酵マッシュルームの出汁というポン酢みたいなものでいただくんだけど、これがホントうまかった。

流れ的に軽いタッチでも肉が際立つコース展開。ビール(といっても、もちろん相当こだわったやつ)が、抜群に合いますわ。
Kabi2019-29





なれ鮨のオジヤとパラダイ酒も安定のマリアージュ。
Kabi2019-34



2FのBARもお酒のセレクトが抜群にセンスよく、空間やゲストも心地良い。写真ではうまく撮れなかったなぁ。酔っぱらいまくってたせいもあるけど。山椒を効かせたジントニックとモロ好みの自然派ワインをいただいてたら、いつの間にか日付が変わっていた。
Kabi2019-42

Kabi
03-6451-2413
東京都目黒区目黒4-10-8
http://kabi.tokyo/



5時間くらいがあっという間(少しBARで墜ちてたけどね)。そういう時間を体感できるレストランって、ボクの場合 日本だとそんなに多くはありません。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 12:45|この記事のURLComments(0)

2019年06月19日

USHIGORO S(西麻布)焼肉の進化とワイン

USHIGOROS2019-9


肉割烹の台頭とともに、ハイエンド化をすすめてきた焼肉。シャトーブリアンという単語の認知度もかなりあがったと思うし、すき焼きスタイルとか、さぶしゃぶとか、カツサンドとか、かつての「焼肉」という単語からは、想像できない広がりをみせている。
USHIGOROS2019-29


昔はキムチがあるからワインを合わせるのが難しい...なんて言われていたこともあったけど、いまではキムチを見ない焼肉のほうが(ボクは)一般的。
USHIGOROS2019-13




塊肉の焼物やタレをあまり使わない焼肉も増えてきたことで、ワインとのマリアージュの可能性はより広がった。それにオレンジワインのような個性の強い味のものに対応できるワインも浸透してきたことも追い風だしね。
USHIGOROS2019-40




というわけで、この日の『USHIGORO S』はワインと愉しむ肉宴に。
USHIGOROS2019-37




W杯やオリンピックは富裕層をもっと広げるチャンスだと感じてます。つーのも”最高のWAGYUが楽しめる店”と認知したら、ワインの予算とか全然変わってくるし。たとえば、シンガポールでは焼肉の会計1人10万円だったところで、富裕層からしたら日常の範囲内。
USHIGOROS2019-31



彼ら彼女らにとっては時間のほうが遥かに大事なので、「最高のWAGYU体験をしたい」と思ったらいいワインを選ぶというのは極めてナチュラルな行動なんすよ。
USHIGOROS2019-17



映画「クレイジーリッチ」じゃないけど、日本と異なり若い富裕層が多いアジアは、飲食に対する向き合い方も日本よりアクティブ。こういう客層を取り込まないのはインバウンドビジネスにおいてチャンスロスでしかない。
USHIGOROS2019-34


挑戦者たちのおかげで、海外でもクオリティ高い焼肉が楽しめるようにはなってきています。とはいえ、そこはホームアドバンテージでやはり日本のWAGYUは力強く繊細。それに肉ひとつで、ここまで緩急つけた流れや味の変化を出せるっていうのも改めて考えてみるとスゲーなと。
USHIGOROS2019-43

USHIGORO S
050-5593-9891
東京都港区西麻布2-24-14 バルビゾン73 B1F
http://ushigoro-s.com/


ワインが焼肉と合う未来があるなんて、大学生の頃のオレには想像もつかなかった。

というか、お酒が今よりも更に弱くて、美味しいと思えなかった時代があった事自体が懐かしい
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 12:43|この記事のURLComments(0)

2019年06月17日

りくう(恵比寿)ペアリングが魅せる割烹の翻訳

りくう2019-14

最近、カントリーサイドに足を伸ばすことが多いのは、東京では得られないエクスペリエンスを味わうため。

たとえば自然の絶景×ワインというのは、都内のレストランでは望んでも手に入らないもの。絶景の美味しいレストランを地方で探すのは大変だけど、お気に入りのワインを持っていって、気に入った景色のとこで呑んだくれるだけなら、気楽だし選択肢も無限。


最高レベルに美味しいものが集まる東京。別に満足してないというかいうわけじゃなく、違う価値があるのなら、それを体感したいというだけ。

レストランも、いかにも高級な佇まいのガストロノミーっていうより、バンコクみたいな勢い感じるとことか、肩の力を抜いた北欧的なスタイルとか、カルフォルニアやメルボルンのオーガニックな空気感を纏った感じを好むようになった。嗜好が変わったというよりは、単に好みの範囲が広がって、今はそっち寄りという「状態」なんだと思う。

今までの自分のスタイルから、ちょっと足を踏み出すのが好き。


こないだ、ありそうでなかったなーと感じたのが恵比寿の割烹『りくう』。
りくう2019-6




白木のカウンターでもなく、丸坊主のご主人が立ってるわけでもなく、カトラリーもモダンにふってるんだけど、料理はビジュアルほどフュージョン狙ってる感じがなくて、しっかりと和がベース。
りくう2019-4



印象的だったのがお酒とのペアリング。日本酒とワインを料理ごとにしっかり向きあいながら合わせてくるので、違う魅力引き出したり、心地よい余韻を伸ばしてくれたり、スッと切ってくれたりと、お酒を合わせる意味が、より舌と体に響いてきたのよ。

料理人の視点でなく、ソムリエの視点でお酒を合わせてくるから、余計ピタッとはまるのかな。

これって、ありそうで中々なくない?

鮨であれ割烹でれ、日本酒は数種類の料理に合わせてもそれなりに機能する。だから、そこまで細かく料理ごとに合わせてこないのが一般的。

でも、昨今のように日本酒がどんどん造り手によって個性を発揮するようになると、ピタッとマリアージュする料理というのが、よりピンポイントになってくる。

ある料理に焦点を合わせてると、当然次の料理は合わないリスクも高まるわけで、理想はお皿ごとのペアリングというのが、ボクは嬉しい。
りくう2019-3




最近だと、「鮨 由う」でもそんなペアリングを経験していて、握りごとにちょっとづつ合わせてもらうお酒というのは、かなりの衝撃度でボクを悦ばせてくれたんです。


この日は、イカに合わせた山廃の純米大吟醸は、ワイン並みのマリアージュで大満足。

たまにワインも挟んできて、空豆とホタテのフランは、ナパのソーヴィニヨンブランとヤバいぐらい合ってました。
りくう2019-10




料理としては、スッポンの煮こごりを揚げて湯葉で包んだものを、トマトのコンソメと合わせたお皿にグッときた。
りくう2019-17



あ、あと気づいたら音がやけに心地良い。R&BとかChill系好きなもんで、音を愉しみながら食事できるって、なにげに大事なのよ。美味しいものを食べてる時は、できるだけ五感を大事にしてあげたいので。

りくう
03-6451-0844
東京都渋谷区恵比寿南2-1-4 ジョワレ恵比寿 2F
http://www.rikuu.jp/



ペアリングがキマる割烹の新翻訳が”東京和食”なのではないかと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 21:54|この記事のURLComments(0)

2019年06月16日

ロムデュタン(銀座)カウンターの閃光

ロムデュタン2019-59

GINZA SIXのフレンチ『ロムデュタン』へ。

ロムデュタン2019-82






正式な店名はロムデュタン シニエ ア・ニュ、広尾『ア・ニュ』の姉妹店で、カウンター席もあって、シェフやソムリエと距離感の近さも魅力のお店。
ロムデュタン2019-86






ただ、残念ながら今月末(2019/6)でクローズなのよね。
ロムデュタン2019-5


オープンしたのが2017年の春。ボクはその年の夏に訪れていて、当時にしてはまだめずらしかったハーブの大胆な効かせ方に、バンコクをはじめとするアジアのガストロノミーの勢いを感じたのを覚えています。
ロムデュタン2019-39





そんな記事を書いたような記憶があるんだけど、過去ログ見てもみあたらない...。アレ? Facebookあたりに投稿してブログ書いたと勘違いしてたのかも。なんか悔しいな。
ロムデュタン2019-10





ま、とにかく蒸し暑い夏に清涼感を運んでくれるフレンチという印象だったので、昨年も行きたいと思いながらも機会を逃してたのよ。今年の夏こそは!と勇んでいたので、蒸してきた6月の頭に訪問してきました。
ロムデュタン2019-1



2年ぶりに訪れたロムデュタンは、期待通りのベクトルは保ったまま、簑原シェフが 削ぎ落とすことは削ぎ落として洗練度をアップ。
ロムデュタン2019-71



ロムデュタン2019-55



そこにソムリエの稲毛さんが自由度高めたワインのペアリングで、より面白く攻めてくるのが愉し過ぎた。
ロムデュタン2019-88




一番”らしくて”サプライズがあったのが金目鯛。正統派のフォンドボーのソースと茴香の香りのミルクの泡にミントを効かせた2種のソースが添えられていて、まずは、それぞれのソースでいただいてみたのよ。
ロムデュタン2019-45



泡のソースはハーブの効いたアジアっぽいガストロノミー仕立てで今っぽく、フォンドボーはイメージ通りの着地点。

まずは別々に食べたところにシェフが「今日の料理の中で一番クラシックなのがこの皿なんですよ」と言うので、「えー、このハーブの感じとかモダンなアジアフレンチっぽくない?」と返しつつ、今度は2種類のソースを一緒につけて食べてみたんです...

したら「あれ、フォンドボーのソースだけで食べてたときより、遥かにクラシック!!なんで??」と、シェフの話していた理由を体で納得。

金目鯛の完璧な火入れと皮のジューシーさにソースの主張がいい具合に重なって、フレンチならではの圧倒的なエクスペリエンスに。

ここで合わせたのがオレンジワイン。皮の香りに照準を合わせてとか洒落てんなァ。めっちゃ好み。
ロムデュタン2019-42






ワインと言えば前菜のうにと新玉葱のクリームに合わせたアルザスのリースリング clos ste hune の2011年がメチャ旨でシビレてましたわ。こういう色気のあるリースリングは大好き、果実味、酸味、ミネラルが超絶バランスとれてて、イヤらしくないのよ。名門ワイナリー トリンバックの力を魅せつけられた一杯でした。
ロムデュタン2019-27




「うにの美味しさを引き出すのにいいですよ」とのことだったけど、このワインは単独で飲むのが美味しすぎて、食事に合わせるのに少し勿体なさを感じてしまう。それくらいタイプの白ワイン。
ロムデュタン2019-28




メインのラカン産の仔鳩は、美しいとしかいいようのない焼き上がり。これをシェフが目の前で仕上げてくれます。
ロムデュタン2019-51




胸肉の美味しさはイメージできると思うけど、香ばしさに愉悦したのが腿肉のコンフィ。
品のある力強い脂と、エロティークなテクスチャ、仔鳩らしい独特の肉の味わいに、自然と手が赤ワインに伸びてしまう。

ロムデュタン2019-60




その手の先にはOlivier BernsteinのChambertin 2013年


オリヴィエ バーンスタインのGRAND CRU、これでキマらないわけがない。鉄壁のマリアージュにただただ身を任せていればいい。
ロムデュタン2019-53


もう、こっからは余韻でだけでも満足っすよと、ピーチパインのパブロバでリセットかけてたら、なにやら透明な液体が出てきたんです。
ロムデュタン2019-66

なんだなんだ?さっきまでのエレガントなワインとは違うけど、ピーチパインやパッションフルーツの酸味に、やけに寄り添ってくるじゃない。グラッパのようなパンチ力ではなく、包み込むようなこの感じはいったい??

正解はというと「flamingo orange(フラミンゴオレンジ)」という芋焼酎。その名の通りオレンジのかほりを纏った焼酎で、糖質ゼロなのに甘いのよ。
ロムデュタン2019-65

まー、両方知ってても、オレにはこれを組み合わせる発想力も知識もないわけで、センスのいいソムリエの存在というのが、改めて貴重だなと痛感した次第。




シェフの料理をどこまで伸ばせるか、ソムリエとのマリアージュに気持ちよく酔わせてもらった夜でした。
ロムデュタン2019-95



L'homme du temps signe a nu
(ロムデュタン シニエ ア・ニュ)
03-6263-9773
東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZASIX 13F
http://www.lhomme-du-temps.com/

こういう甘美な時間を堪能するためには、お金も必要だけど健康な心とカラダが大事。そして、なにより感動を共有できるパートナーね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 21:01|この記事のURLComments(0)

2019年06月14日

LOCALE (目黒) ブランチで旅気分

LOCAL2019-11

休日の昼前に目黒のFARM TO TABELレストラン『LOCALE』へ。

ディナーはフュージョン系らしいけど、ブランチはエッグベネディクトやアボカドをのせたオープンサンドといった、オーガニックらしさが前面にでたシンプルな料理を食べられる。
LOCAL2019-1



シェフは旅人らしく、出身地でもあるカリフォルニアのファームトゥテーブルのフレンチスタイルをベースにしながら、パスタやモロッコのスパイス、韓国の発酵技術、スペインの調理方法などを独自に組み合わせ自由な料理をつくるらしい。

メニューは、農家からその日に届いた野菜を見て決めるんで、毎日変わるみたいね。
LOCAL2019-3



土曜日の朝は、店内の英語率が95%、ナチュラルなインテリアや爽やかな陽射しもあいまって、海外で朝ごはん食べてる時の感覚が蘇った。西海岸のこういう店には行ったこと無いので(LA行ったの20年くらい前だし)、最近の旅先だとメルボルンがすごく似てて。
LOCAL2019-7



カフェラテは隣のコーヒースタンド、「スイッチコーヒー」で入れてもらってくるという仕組み。なので確実に旨い。

当家は「スイッチコーヒー」によく行くんだけど、こないだ朝カフェしてたら、隣のお店からスタッフがカップ持ってオーダーしてたのよ。その時に『LOCALE』今度行かなきゃって心に決めたのよね。なんか日本だとこういうスタイルも珍しく、好印象で。
LOCAL2019-9




エッグスコモドール。チリのちょっとした主張や、カシューナッツソースが異国気分を盛り上げる。
LOCAL2019-14



地域との共存共栄やFARM TO TABLEのアドリブが効いた旬の味わいなど、なんだか他のお店よりも古き良き日本らしさが漂うのも面白い。海外にいる気分を味わいつつ、日本らしさを感じたりして。
LOCAL2019-16

ロカール (Locale)
03-6874-6719
東京都目黒区目黒1-17-22
https://www.locale.tokyo/


このエリアは、駅から少し離れたとこに「Kabi」とか「Locale」とか、さりげなく海外にいる気分を味わえるお店が点在しているので好きなんす。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 12:30|この記事のURLComments(0)

2019年05月29日

浅草 じゅうろく (浅草)充実の蕎麦前に君臨する蕎麦の凄み

じゅうろく2019-8

浅草の蕎麦屋『じゅうろく』へ。

母の日の祝いということで、蕎麦前も美味なこちらを選んだんだけど、たまたま三社祭の日だったので、お店までのアプローチもしっかり愉しめたようでよかった。たまには親孝行しておかないとね。
じゅうろく2019-3



稚鮎の山椒煮、ヒレカツ、三重の鮎の塩焼きに穴子。八寸の枝豆、めんたいこ。蛤のお椀に、お造りのマコガレイとキンメ。どれもしみじみ美味しく舌の肥え過ぎた常連さんが通うのも納得。
じゅうろく2019-11


そして、最後の蕎麦のために料理があるんだなと改めて腹落ち、締めに相応しい風格すら漂う。
じゅうろく2019-19





三重の鮎は1時間以上かけて火入れした力作。
じゅうろく2019-7



八寸は、さりげに枝豆うまし、明太子の炙りも酒に合うわ。丹波の黒豆も丁寧な作りで好印象。お造りの銚子のキンメと宮城のマコガレイも、自然とため息が漏れる。割烹料理屋としてみても、相当レベルが高い。はまぐりの腕もしみじみと、体に染みた。
じゅうろく2019-5






浜名湖の稚鮎の山椒煮も、一尾づつ炭火で焼いているとのこと。手間ひまかけて真剣に作られたものは、さすがに美味。
じゅうろく2019-13




ヒレ肉のとんかつ、大将が言うだけあって下手なとんかつ屋より遥かに上質!

基本そのままか塩で食べて、味変でソースもつけてみたけど、常連さん曰く「天つゆもおススメだよ」と。
じゅうろく2019-15


そーだったのか!!!


そして「やー、満足じゃ」と帰っても良さそうな至福のタイミングで、るいさんのうった蕎麦が運ばれてくる。冒頭で書いたとおり、これまでの満足度を更に上塗りするインパクト。
じゅうろく2019-22




鮎がもう少し大きくなった頃に、また参りましょうか。
じゅうろく2019-4


浅草じゅうろく
03-6240-6328
東京都台東区浅草4-37-8 小田井ビル 1F



それにしても、浅草はオープンエアのお店が多く、路面に席を出しまくりで、さすがインバウンドの最先端エリア。外国人からしたら、サンジェルマンデプレみたいな”らしい”場所に感じるんでしょうね
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


Instagramはボチボチと。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年05月27日

E・A・T (北参道)ヘルシーさすら感じるアメリカンビストロ

EAT2019-16

アメリカンダイナーと聞くとB級のガッツリ系をイメージしがちだけど、北参道の『E・A・T』は、いちいちエレガント。

ビジュアルはね、そりゃボリューミーでワイルドだったりするメニューもあるけど、食べてみると自分のイメージとのギャップがでかくて、それがどうにもたまらない。
EAT2019-15



普段はイタリアンが多いパイセンらに、こういうアメリカンビストロもあるんだと知ってほしくて、アンティークウオッチの会をこちらでセット。
EAT2019-1



予想通りではあったけど「これは凄い」とグルマンたちが唸るのを見るのは痛快でした(笑)。MICHIシェフ、期待通りの料理の数々、ほんとうにありがとうございました。
EAT2019-9




のっけのローストビーフのサラダで、この店の真価が垣間見れる。見た目でローストビーフがデカイのはわかるけど、食べた時の肉の味わいやサラダのドレッシングが、いわゆるハンバーガーショップのソレじゃない。



EAT2019-2




ガストロノミーでのキャリアを活かして、日常レベルにチューニングしたもので、出発点がそもそも違うのよ。



アーティチョークとゴルゴンゾーラのスープにラムつくね添え。ゴルゴンゾーラをスープにバランスよく仕立ててくる段階で凄さがわかると思うけど、これがねビッくりするくらいラムに合うのよ。
EAT2019-4


しかもラムのレア感が実に快感。
EAT2019-6




ライムのマルガリータも、いとうまし。夏にいいよ
EAT2019-7





豚さんのコンフィは、写真なかったかな? 肉の部位の選び方、火入れ、ソースの味付けなどなど、しっかり手をかけて作られた料理にしか出せないオーラが口の中に広がる。味付けは日本人には慣れないタイプだけど、メキシカンとかそっちの味付けなのかしら?

エビと椎茸とくわいの春巻きも添えられてたんだけど、なにこれ、うまい!
EAT2019-11




そして、お待ちかねのブリトー。コンビニのブリトーで育ってきた自分には、最初の出逢いは衝撃でした。「これがブリトーの真の姿だったのか...」と、再定義を余儀なくされたものです。
EAT2019-12




チーズバーガーは1/3カットで味見。『E・A・T』の難点は、ハンバーガーを食べに来たはずなのに、その前に満腹になってしまっていること。
EAT2019-8

自分が悪いんだけどね(笑)




さすが、ロンジンのシグネチャーモデルのひとつ”リンドバーグ”。他のモデルと並べて、その圧を味わってみました。
EAT2019-25




ゴールドの方が自分っぽいかなとも思うけど、このモデルに関してはスチールベゼルのほうが希少だそうです。
EAT2019-21



この日に集まったアンティークウオッチたち。
EAT2019-23



この日もそれなりに暑かったけど、ここ数日は完全に夏ですね。
EAT2019-29

E・A・T (イーエーティー)
03-6447-2218
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-10-4 1F
https://www.facebook.com/E-A-T-GRILL-BAR-198775987406093/


5月ということを忘れてしまいます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年05月24日

親方 前田康衛 (築地)握りを潔く

前田2019-14


かつては、江戸のファーストフードだった寿司が、今や高単価料理の代表格となり、予約の取りにくい状況と相まってバブルの体をみせています。

時代とともに評価が高まる食文化というのは、それはそれでいいことなんですが、若い世代の鮨好きからは悲鳴しか聞こえてこないというのも現実。連れの分まで払ったら7万円って....、そこそこいい靴買えまっせ(笑)。

もはや鮨という食べ物は、富裕層向けの嗜好品になってしまったということでしょうか。
前田2019-33




そんな鮨バブルの爆心地といえば銀座。でも、わずか1kmくらいしか離れていない築地では、江戸前のいい仕事の握りが1万円くらいでいただけるお店も残っているんです。
前田2019-3



先日「焼うお いし川」に行った際に、同店舗内の奥の院『親方 前田康衛』を発見して、試しで1貫握ってもらったんです。オーセンティックさと、洗練のバランスが想定より良く好印象。

その時に、夜でも軽くつまんで握り中心だと1万円くらいと聞いたので「こりゃ改めて訪れてみないと」と思っていたんです。
前田2019-13



そして訪れた、春の夜。平日の夜なのでヒトは少ないけど、移転前もこんな感じだった気がします。

予定通り、お願いしたのは握り中心のお任せ。もともと、毎回 つまみから食べたい人種でもないので、3種類くらいつまみがでて、早速握りというスタイルはWelcome。
前田2019-26




つまみは、京都の若竹煮と四万十から直送された鰻。皮のゼラチン質が気持ちいい。
前田2019-5



乾杯のドリンクを呑み終わったら、さっと握りがはじまります。

ほしガレイ、桜のかほりが広がる!
前田2019-6



車海老はめずらしく生で。というか、まだ動いてるし。鮮度至上主義じゃないけど、これは強めの食感と海老の甘さで、ほんと旨い!
前田2019-12



とり貝は少し炙りで。甘さと優しさがたち、生臭さが抑えられる。いつもの知ってる感じの”とり貝”じゃなくて、また違う魅力発見です。
前田2019-17



アナゴも甘くてエアリー、ふかふか。
前田2019-20



芝海老のオボロをしっかり乗せたコハダ。酸味と甘みのセッション
前田2019-25




カワハギは、肝がデカすぎる!これは...、おかわり欲しいくらいタイプ。
前田2019-27




塩釜の本鮪、かほりがイイね。
前田2019-30




ブランド産地を狙わずとも、築地で3代続いた目利きのプロが選ぶネタは美味しく、満足度は高い。毎回3万円以上の鮨を食べているヒトは別にして、フツーの鮨好きなら、しっかり
前田2019-10


握りの質も満足だし、ポーションも程よく、財布にやさしい。時間も1時間ちょいなので、なんか新鮮。毎晩 満腹生活なので、腹八分目という具合が実にちょうどいい。
前田2019-22

親方 前田康衛
03-3541-3804
東京都中央区築地4-13-5 築地青空三代目別邸 2F
http://aozora3.jp/



さっとお腹を満たして場所を変えて呑み直すのも悪くない。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 12:47|この記事のURLComments(0)

2019年05月19日

オステリア・スプレンディド(広尾)結婚記念日に選ぶ理由

OS2019-19

先月迎えた平成最後の結婚記念日。今年は広尾のイタリアン『オステリア・スプレンディド』でお祝いを。

毎年、その年の気分で選んでいるんだけど、結婚=日常の積み重ねという認識なので、あまりにも日常からかけ離れた日にするつもりはないんです。

日常の延長なんだけど、クオリティは妥協せずに、艶っぽさがあるところで。
OS2019-14



そう考えた時に今年は『オステリア・スプレンディド』一択でした。今の時代を感じる料理もさることながら、やっぱワインの感動が異次元なんすよね。前回の訪問があまりに印象的で

もちろんブルゴーニュのワインは大好きなんだけど、感動と値段があまりにも比例するので、日常をベースに考えるとイタリアという選択肢は俄然力を増すんです。
OS2019-8


あ、そうそう。念のために書いておくとここは、エノテカ&バール「インプリチト」の地下にあるレストラン。あの螺旋階段を降りていくと、個室と階段下のスペースで食事ができるようになっているんです。

仰々しくないけど、高い美意識で作られた感性に心地いい空間。まりえの着物姿にもしっくりと馴染みます。
OS2019-2



エレガントでいながら軸のブレない料理が続き、後半にかけての盛り上がりが、あからさまに凄くてね。
OS2019-11



中盤に出たまぐろのブレザオラのパスタは、ちょい枯れ風のワインと衝撃のアッビナメント。
OS2019-21



マルゲリータが口の中で完成するラヴィオリ(TOPの写真)にも昂ぶりを隠せなかったし。


宮崎牛の熟成香も色気あって、これまたワインとヤバい合い方。
OS2019-26




結婚記念日で自分にプレゼントしたリンドバーグ。たまたまこの日にメンテが終わっただけだけど、そういう縁にも理由はつけて。
OS2019-28




夫婦生活も15周年らしく、だいぶベテランの域っすね。まりえのドレッシーな着物姿は、外から見たら優雅な奥様に見えるのかもしれません。
OS2019-30

オステリア・スプレンディド (Osteria Splendido)
03-3406-0900
東京都渋谷区東4-6-3 Bell Air B1


ただ、旦那にとっては、いつまでもかわいい奥さんで、ほんと支えられておりますよ、ハイ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)