TRAVEL【国内】

2020年11月29日

阿蘇山でドライブ。そして熊本の湯らっくす、御船山のサウナでととのう


九州2020-44



だいぶアップが遅れたけど、9月に熊本〜佐賀〜福岡へ旅してました。いわゆるサ旅

西の聖地と言われる熊本の「湯らっくす」、サウナシュラン最高評価の「御船山楽園ホテル」など名サウナを巡りつつ、日本屈指の美しさを誇る阿蘇山をドライブ

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



GO TOトラベルが東京適用前だったので、宿は概ね適当な感じで食を愉しみつつ

たとえば、阿蘇山からほど近い菊池という町にあるイタリアン『コントルノ食堂

やまあい村 走る豚をはじめ、熊本の食材をナチュールとともに愉しめる


九州2020-55





しかも、こんな昭和の遺構の中にあるという遊び心


九州2020-46




そして、この旅で改めて「御船山観光ホテル」の威力を思い知ったのはイタリアン『Kaji synergy resutaurant』に出逢ったから。

佐賀のカントリーサイドのイタリアンだしねぇ…と期待値薄目で行ったらめっちゃ良かった。今年No.1のギャップレストラン

九州2020-97




料理もなんら都市部と時差のないクオリティで、ナチュールのペアリングもかなりセンスいい。めっちゃ気にいった

九州2020-100





kyah的な日本3大ドライビングスポットのひとつである阿蘇山


九州2020-69



ここをドライブするのが大好きで3日連続通ったくらい

九州2020-32





なにげに初だったのが大観峰

崖好きのオレが何故に今まで来てなかったのよ?というくらいドンズバ具合のカルデラ外輪山

九州2020-37






そして、もちろん熊本ではサウナの西の聖地「湯らっくす」でMAD MAXボタン連打してました

九州2020-16




市内では、馬刺しと馬肉を堪能。こちらは馬刺しの人気店「むつ五郎

思ってた以上にヒレ肉や馬汁が美味でしあわせ

九州2020-8



阿蘇から佐賀の武雄まで行く途中で天領日田に寄ってみたり

九州2020-80




佐賀に入りコウ君やたかちゃん、遠藤家とサウナの聖地『御船山楽園ホテル』で合流

九州2020-86




きっちりととのった後のナチュールは最高

九州2020-95





薪の火入れも素晴らしかった若楠ポーク。美食家が多いサウナーなら、サウナシュラン1位のホテルに行ったら絶対『kaji』に行くべし
九州2020-102






御船山からは有田まで車で30分程度

駅前の町並みも好きだけど、買い物は有田陶器の里プラザが便利。そした百田陶器のギャラリーは極限までお洒落でカフェも併設

九州2020-115




唐津から少し外れた山あいにある蕎麦屋「里味庵」で日本の原風景を浴びながらのランチも良かったよ

九州2020-117




上海蟹のような”つがに”をつまみに酒呑めたら最高なんですけど(オレは運転…)

九州2020-119




唐津から博多に向かう途中で糸島へ。初めて行ったけど西側の方がセンスいいカフェ点在してるし海も綺麗で好みなことが判明

九州2020-124




写真撮影禁止の鮨屋「多㐂川 」でイノベーティブな九州鮨とナチュールを


さすが地元を知り尽くすナチュール好きの美食家ジローのお薦め。遅めなら会えるということで鮨の後に合流
九州2020-129





福岡のナチュールBARの元祖『黄昏』。ロケーションといいワインのセレクトといいエクセレント

九州2020-130




訪れるたびに博多が好きになっていく、今度は中華とナチュールを愉しみたいね

 ↓ ↓人気ブログランキングへ



そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ







続きを読む

kyah2004 at 22:49|この記事のURLComments(0)

2020年11月24日

紅葉の見頃の話(京都)

紅葉具合2_2020-1

こないだの週末の京都の紅葉の具合のまとめです

GO TOトラベルへの逆風がまたも強まってるので、旅に行くことをオープンにするのは中々難しい時代ですが、多少なりともこれから訪問する人の参考になれば
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



あくまでボクの紅葉ピーク基準ですが、遠くから見た時と足元を見た時の2つの”ものさし”があって、その基準に基づいて「見頃はもうちょい先」「今がピーク」「ピークアウト」と感じるようです

既に訪問から1週間くらい経ってしまった場所もあるので、最新の状況は「そうだ、京都行こう。」の紅葉情報あたりを参考にしてもらえれば


遠目からの見栄えというのは第一印象の感覚そのものなので、枯れ木が少なく色づきが鮮やかであれば「今がピークだな」と感じます
紅葉具合2_2020-8




足元に関しては、落ち葉の水分量で大きく印象が変わると思っていて、散りたては彩度が高くみずみずしく感じるのね
紅葉具合2020-3



ピークアウトがはじまってるなと感じるのは、落ち葉が枯れて丸まっているものの比率が高くなっている時
紅葉具合2020-13



だいたいそうなってくると、木の上の葉っぱも少し寂しさを感じる状態になってることが多い
紅葉具合2_2020-7



あとは苔の色が瑞々しいタイミングで落ち葉が映えてるっていうのも重要。たまに今年は苔の発色が悪いかも…と感じるときがあるので、今年の3連休は全体的にアタリだったと思います
紅葉具合2_2020-2





同じお庭でも、場所によって「今がピーク」「ピークアウト」と変わることもありますが、とりあえず行ったときの具合をまとめてみました
紅葉具合2020-10




南禅寺、南禅寺天授庵、永観堂、栄摂院、真如堂、京セラ美術館、天龍寺塔頭の宝厳院、仁和寺、龍安寺、二条城、京都御所。今回はスローペースでしたが、その分、ひとつひとつの場所の印象が強めです
紅葉具合2_2020-6





今回ピークで訪れられたのは「南禅寺天授庵」と「永観堂」

COVID−19の影響で混雑もゆるい状況の中、あの「永観堂」のピークに訪れられたというだけで、今年は秋の京都に行った価値があったと思ってます
紅葉具合2_2020-3



紅葉の時期の龍安寺というのも、なにげに体験薄かったので期待以上に昂ぶりました
紅葉具合2020-32




GO TOトラベルと感染拡大の因果関係は見られていないものの、GO TOトラベルの東京解禁と感染者数の増加は相関関係が見られるわけで、わかりやすく行動自粛を促すためには「GO TOトラベル」叩きは有効なんだろうと感じています

GO TOトラベルの東京解禁のタイミングから、日本のCOVID−19に対する空気が緩んだというのは、自身の体感値としても理解できるし、感染拡大を抑えるという意味の旗印として使い勝手はいいんだろうなと

ただ、それによって少し持ち直しかけた観光業や飲食業などのサービス産業が深刻なダメージを受けるのは間違いないわけで、どうやって全体最適を形成していくのか新政権の舵取りが気になるところ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む

kyah2004 at 23:48|この記事のURLComments(0)

2020年11月23日

HOTEL THE MITSUI KYOTO(京都)二条城フロントのジャパンプライド

HOTELTHEMITSUI2020-3


京都のステイは三井のフラッグシップ『HOTEL THE MITSUI』(ホテル ザ ミツイ)から
HOTELTHEMITSUI2020-22


二条城前、三井総領家の跡に建つジャパンプライド
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


パークハイアット、フォーシーズンズ、リッツなど京都の外資系ホテルに遜色ない空気感
HOTELTHEMITSUI2020-19



池を囲む中庭の周りにレストランや部屋が配置されていて、テラス席のBARなどは外からのゲストでも使いやすい
HOTELTHEMITSUI2020-75



ガストロノミー鉄板焼も庭を眺めながらで心地いい
HOTELTHEMITSUI鉄板焼2020-1



フレンチの技の挿し込まれたステーキを気軽にランチで愉しむ
HOTELTHEMITSUI鉄板焼2020-2




昼間は半袖で動ける日だったので、夕方のテラスバーでアペリティフも快適
HOTELTHEMITSUI2020-104


シグネチャーカクテルは3000円くらいだったかな。滞在中はほぼほぼ酔っ払い
HOTELTHEMITSUI2020-105





こちらは部屋の様子、エントランスのシューケースがお洒落
HOTELTHEMITSUI2020-49



3Fの窓でも竹がカーテンに
HOTELTHEMITSUI2020-39




窓から部屋を振り返るとこんな感じ
HOTELTHEMITSUI2020-33







バスローブがさすがの気持ちよさ
HOTELTHEMITSUI2020-36



バスルームの世界観も好きよ
HOTELTHEMITSUI2020-25



HOTELTHEMITSUI2020-38




夜もいいけど、この採光を活かすなら昼風呂がおすすめ
HOTELTHEMITSUI2020-58




NYスタイルのポップなホテルより、シックなデザインが好き
HOTELTHEMITSUI2020-60




少しくらいはワーケーション
HOTELTHEMITSUI2020-62




ミニバーコーナーもお洒落さ極まりなし
HOTELTHEMITSUI2020-52







部屋はゆっくりできるし、ジムやサーマルスプリングとホテル内の施設が充実してるので、翌日は雨だったけど、むしろ快適にのんびりステイ
スクリーンショット 2020-11-23 22.39.44



ジムではがっつりパンプアップしましたぜ
HOTELTHEMITSUI2020-93



こういう応接間欲しいわ
HOTELTHEMITSUI2020-121



夜のライトアップも上手だね
HOTELTHEMITSUI2020-117





オープン早々に行けてよかった、館内はNO密です、当然のことながら
HOTELTHEMITSUI2020-21

HOTEL THE MIRSUI KYOTO



京都デビューの頃は、紅葉の時期にチャリで1日20kmとか走ってあちこちの名刹のお庭回ってたけど、今は気分でコンディションいい時にいくつか回れれば満足
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む

kyah2004 at 23:55|この記事のURLComments(0)

2020年11月20日

そうだ、京都行こう。 2020秋


kyoto20202020-10

今年もいい色に色づいています、京都
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



外国人観光客も殆どいないし、今のところ密な状態には遭遇してません
kyoto20202020-21




「そうだ、京都行こう。」の紅葉情報も一気に見頃に変わっています
kyoto20202020-19




南禅寺は天授庵が絶好の見頃に
kyoto20202020-4



ここもかなり頻度高めに訪れてるけど、今年は最高のタイミングだった。美しさという意味でも、空いているという意味でも。
kyoto20202020-6



永観堂も平日だったせいもあり、待ち時間ゼロでソーシャルディスタンスとりまくり
kyoto20202020-16



明日からは混みそうだけど、こんなに快適に紅葉のピークの永観堂を愉しめるなんて人生で二度と無い経験だったと思います
kyoto20202020-14






からの毎年ルーティーンの栄摂院でひと休み、ここはどんな紅葉が不作の年でもハズしたことがない
kyoto20202020-23



初日の〆は真如堂だったんだけど、思った以上にここだけピークアウトが疾かった。この写真は周囲の枯れ木をうまくハズして撮影したけど、本堂や五重塔の周囲は、落ち葉の水分量少ない枯れ葉が目立つし。
kyoto2020真如堂2020-2



てな感じで、この連休も例年通り絶景の紅葉を愉しめそうです




今回のホテルは話題のこちらからスタート、ジャパンプライド
kyoto20202020-29



ど真ん中のロケーションのラグジュアリーコレクション
kyoto20202020-1



細部まで美意識を感じるホテルですが、B1のサーマルスプリングが今までの概念を覆す温泉になっていて、水着で愉しめるというのも京都ならでは
kyoto20202020-2



混雑を避けつつ日本の四季を楽しみたいところ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む

kyah2004 at 19:54|この記事のURLComments(0)

2020年11月01日

別府おそるべし 温泉の凄みとナチュールと美食にラグジュアリーホテルまで

Beppu2020-193

初めての別府

東京から行くとなると、大分だと由布院の方が先に候補にあがると思うんだけど、当家は圧倒的に別府派になりました
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


温泉に関しては全然詳しくないんだけど、達人の方々曰く”日本屈指の湯質”。そのうえ、町湯、宿の湯、ラグジュアリーホテルとドローカルからハイエンドまで、様々な温泉エクスペリエンスを愉しむことができる。食の選択肢も豊富で、ナチュール呑めるお店もわりとあるのよ
Beppu2020-125



この写真は別府のインターコンチ、350mという高台からのビューが圧巻で、ローカル感満載の明礬温泉も徒歩圏内だし鉱泥温泉も頑張れば歩けたし、ハイエンドとディープなローカルゾーンの両方で遊べるのが魅力


温泉付きの外資系ラグジュアリーホテルって、ニセコのパークハイアットくらいしか行ったことなかったけど、ここは東京でいうとインターコンチというよりはリッツの方が近い感覚
Beppu2020-160




別府といえばあちこちにある共同浴場が有名だけど、駅からも近い「竹瓦温泉」は規模もビジュアルも別格。ここの砂湯はサウナーには絶対行って欲しい名湯、もちろん温泉好きにも最高なんだろうけど
Beppu2020-11



しばらくクローズしていて、帰る寸前に3回目の訪問でやっと入れた竹瓦温泉の砂風呂。ここではスタッフが砂を掘って埋めてくれるんだけど砂の重さや顔汗を拭けないのがツラくて15分くらい蒸されるところを10分でギブアップしてしまったのが悔しくてならない…。ただ、このあと「Beppu Sake Stand 巡」で飲んだどぶろくビールは、2020年を代表する最高の一杯だった
Beppu2020-12




サウナー必湯といえば、鉄輪の「鉄輪むし湯」。天井の低い小部屋に寝て蒸されるという温泉で、床上に清流沿いでしか育たない薬草 石菖(せきしょう)が敷きつめられているんです。寝転がると急激に温度があがり、まさにサウナ状態。レギュラーは8分だけど、余裕があれば2分追加できる。石菖のかほりは、ヴィヒタよりも奥深く、是非とも鎌倉時代から伝わる日本サウナの素晴らしさを体感して欲しい
Beppu2020-224

ほかにも変わりどころでは泥温泉の「鉱泥温泉」も外気浴挟みながら3セットが基本だったりと、サウナーと親和性の高い温泉がたくさんあるのよね。共同湯のディープ感も新鮮で、温泉でととのってから酒や食事がデフォルトというのは、本当に豊かだなぁって思う。



別府駅近辺は、想像以上に食の選択肢が豊富。なかでもさっきも書いた「Beppu Sake Stand 巡」は、12:00からオープンしているので便利なことこのうえなし。なんせ4泊の滞在中3回も通ったから。
Beppu2020-205



というのも温泉の後にはクラフトビールが欲しくなるから、昼酒できる場所がないとツライのよ。
Beppu2020-210


理想のととのい方は、近所の竹瓦温泉の砂風呂に埋められた後、カボスを効かせたドブロクビール。さっきも書いたけど、これが実にたまらんのです
Beppu2020-203



このナチュール、たまたま今日だけで2回見たわw
Beppu2020-207



つまみも美味しいけど、『巡』という店名のとおり、別府の他のお店も巡って欲しいというコンセプト
Beppu2020-212



0次会使いに最強の一択、是非うまく活用して欲しい
巡2020-1




やっぱ、別府なので海の幸も欲しくなる。『鮨乃家』でつまみをいただきつつ、地元の酒で酔いしれる
Beppu2020-51




何軒か回りたかったので抑えめにしてたら握りを頼むの忘れてた(泣)。若手の職人さんの仕事は期待もてるし、ホスピタリティも高く次回こそはしっかりと向き合いたい一店。サウナーなのも好印象
Beppu2020-53




続いて向かったのはローカルたちも、中々入れないという餃子のお店、ディープな路地を進んでいくのが面白い。つか、現地の遊び人がいないと、こういうとこに最短距離ではたどり着けない。こういった属人的な情報こそが、これから先もっと価値になるはず
Beppu2020-54




そんな餃子屋の店名は『小厨房 香凛』、22:00頃にダメ元で覗いてみたら入れたというビギナーズラック。コロナ禍で観光客が激減しているタイミングだったからだと思うけど、やりたいことがあったらまず行動するってやっぱ大事。
Beppu2020-55




そして、ここの餃子はいわゆる日本の餃子ではなくて、でっかい小籠包に近い印象。生地はもちもちで歯ごたえがあり、ラム肉やハーブ使いが本場っぽい。
Beppu2020-56




〆はナチュールワイン、木造のアーケードという昭和の遺構の中に洒落た店も点在しているのが面白い
Beppu2020-59




こちらの自然派ワインBARは『Pure Wine Bar Enfer』。温泉地で、こんなにレストランホッピングできるって、そうそうないよね。ニセコ以来の満足度。また違ったトンマナだけど。
Beppu2020-60



食べ歩き飲み歩きは、別府駅近辺が抜けているので、徒歩圏内で雰囲気ある旅館というのは貴重なんです。こちらの『山田別荘』は雰囲気もいいし、ホスピタリティも高くオススメ
Beppu2020-64




仕事のあとのヒト風呂とか、朝ごはん前の朝風呂とか、煮詰まったときのリフレッシュ風呂とか、ワーケーションと温泉、特に別府との相性はいいね。
Beppu2020-86



普段はこんなに朝ごはん食べないけど、旅先だとしっかり食べちゃうよね
Beppu2020-67





こちらも別府の駅近だけど、いわゆる老舗割烹旅館の『もみや
Beppu2020-199



住宅地の真ん中だけどここは別世界。京都のお庭を見慣れちゃってると粗も気になるけど、こういう老舗旅館を残していくことも大事だなと。
Beppu2020-191



いい意味でも悪い意味でも、クラシカルな日本料理。最近は、逆にこういった日本料理を食べてなかったので、新鮮だったし、素直に美味しかった。
Beppu2020-214




いかにも別府らしさを味わうには駅近辺ではなく、鉄輪温泉まで足を運びたい。温泉の源泉が湧き出る「海地獄」をはじめ、あちこちから湯けむりがあがっている光景はグッとくる
Beppu2020-31




鉄輪の町中を歩いてると、こうした温泉の機械がそこらにあって、腐食した金属の様子が廃工場に通じててキュンキュンするんすよ
Beppu2020-39




そんな風情なので昭和ライクな宿しかないのかと思ったら、モダンでセンスのいい旅館もあるのよね。こちらは湯治宿『柳屋
Beppu2020-227



ここの中庭気持ちいい
Beppu2020-46




中庭の一角には地獄蒸しの窯が並んでいて、自炊するという選択肢も。湯治宿らしく、ステイスタイルを自分で選択できるというのもいいね
Beppu2020-47




この中庭を挟んで地獄蒸しのイタリアンを楽しめる『Otto e Sette Oita』があるのもイイ
Beppu2020-230



ナチュールがあるわけではなかったけど、温泉地でクオリティの高いワインが飲めるのは実にありがたい
Beppu2020-232



シェフは、由布院の高級旅館「無良塔」やラグジュアリークルーズトレイン「ななつ星」も担当していたりと、別府を代表するイタリアンシェフ。ランチコースも美味だったけど、気になって追加した鮎のジェノベーゼにめっちゃ昂りました
Beppu2020-235




ちなみに、イタリアンに行く前には、公衆浴場「すじ湯」でととのいました
Beppu2020-225



和サウナ「鉄輪むし湯」の足蒸しは、熱すぎて足を3秒入れただけで泣き入れましたw あまり使われてないと、極熱になっちゃうんだろうか?
Beppu2020-89




この鉄輪から更に山を登り、明礬温泉にあるのが『インターコンチネンタル別府
Beppu2020-181




正直、ここまでラグジュアリーだとは思ってなかったので想定外の昂り。予約時にまぁまぁのお値段なのねと思ったけどこれなら納得。しかも東京がGOTOトラベル対象になった直後だったので、宿泊代35%割引&クーポン12000円と恩恵をモロに受けられた。
Beppu2020-182



このときにうけた衝撃の”ありえないコストパフォマンス”が、その後GO TOトラベルを50泊予約するという行動につながったわけです。こんな素敵な日本をもっと知っておきたいってね。
Beppu2020-93




こんなビューの温泉ってなかなか無いし。別府でも別格(写真はホテルの許可を得て撮影しています)
Beppu2020-101




サウナも3段タイプで、インテリアも好み。セルフロウリュはできないけど、アロマ水がでるボタンがあるので(15分経つと次が押せる)、きちんと蒸されるのもわかっておられるなと。
Beppu2020-100




水風呂は、もうちょい冷たくてもいいと思うけど、いい意味で入りやすい。
Beppu2020-103





10月頭だったけど、半袖短パンでちょうどいい夏日だったので、プールも気持ちよかったよ。温水なので腹に力入れれば、冬でも入れるらしいよ。友人らは入ってたし。
Beppu2020-104




部屋は扇山が目の前
Beppu2020-120


バルコニーからは、立ち昇る温泉の湯けむりを見下ろせるのも”ならでは”でいい
Beppu2020-123





ホテル内にはローカルガストロノミーを愉しめるカウンターだけの『ATERIER』、周囲の景色も味わいたいから早めの時間に予約を入れて
Beppu2020-124




この日、一番刺さったのは天領日田のお酒を使ったフィアグラ
Beppu2020-131




というのも、合わせたペアリングがホテルのために作られた日田の日本酒で、コヤツが無性に美味しくて。
Beppu2020-133



ワインのペアリングもカントリーサイドだからと時差を感じるものではなく、世界のゲストが満足できるような洗練度
Beppu2020-134





GO TOトラベルのクーポンが12000円あると、食後にBAR行って、温泉入って、その後にまた寝る前にBAR行ったりと、普段以上にホテルの施設を使いまくっちゃうね。
Beppu2020-142




この時期、まだまだ市内で地域共通クーポン使えるとこなかったので、尚更ね。しっかし、気持ちいいBARだったなぁ
Beppu2020-147



夜のプールもいい雰囲気。さすがにプールは少し寒かたけどジャグジーからこのVIEWはヤバいっすよ
Beppu2020-154



日の出の別府も情緒あって好き。駅前、鉄輪、インターコンチと、どの温泉エリアも魅力的ゆえ、最低でも3泊はしたいよね、別府は。
Beppu2020-166



最近は、ガチに忙しすぎてブログ書けなくなっていた。そこそこリアルタイムでInstagramはアップしています。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む

kyah2004 at 22:18|この記事のURLComments(0)

2020年10月08日

そうだ、GO TOで京都行こう。

kyoto2020-58

予算に上限があるので、あまり勧めたくはないんだけどGO TOトラベルの破壊力はハンパない

今年は新型コロナ感染拡大前のNYが最後の海外旅なので、いくら国内旅を増やしたといっても例年に比べれば旅出費は相当抑えられている。

だったら憧れの宿や行きたかったホテルが安く予約しやすい今、行っておかない手はない。

旅先の宿やレストランの感染防止対策は厳重で、都内の電車より遥かにセイフティ

なので自身が感染拡大させないように気をつけながら、東京がGO TOトラベルの対象になる前でも旅先への貢献を地道に続けていたわけです。
kyoto2020-68



9月のシルバーウィークは京都へ。

一部のホテルは賑わっていたけど、逆にリーズナブルでセンスのいいホテルがガラ空きだったので、GO TO使えなくてもリーズナブルに旅できちゃいました。人気の観光地も人が少なく感染を拡大させるようなリスクを感じることは殆どなかったですね。

こんな洒落たホテルが京都では増えていて、2人で1万円ちょいとかそんなもんだったと思う。つまりGO TOだったら2人で5千円程度。ネットカフェと変わらないじゃん。
kyoto2020-35



今回は京都グラフィの期間中だったので、いくつか覗いてみた。こちらは烏丸御池の「HOSOO FLAGSHIP STORE
kyoto2020-24




GO ONメンバー 西陣織のテキスタイルメゾン HOSOO(細尾さん)の旗艦店

世界中のハイブランドから注目を集めている西陣織「HOSOO」は、着物という概念を超えた 挑戦が、ファッションだけではなくアートや自動車などの産業界、サイエンスなどとも結びつき、日本の伝統産業の可能性を魅せてくれている

このラウンジの椅子はテキスタイルがまさに西陣織。実際に座れる機会ってそんなにないから、長年のファンとしては実に嬉しい空間
kyoto2020-20




そのラウンジでは、イベントに合わせてシャンパーニュのルイナールとペルシュウ(プロシュート)のイベントが2日限定で開催されていて、クラフトマンたちによる美酒 ✕ 美食 ✕ ART を愉しむことができたのよ。ほろ酔いで眺めるアートって、無防備に心に刺さる気がする
kyoto2020-22




HOSOO LOUNGE」には、こんな半個室もあるのでデート使いや、よりリラックスしたいなら、このスペースをリクエストするのもいいんじゃない
kyoto2020-18




久々に京都の友人らと。

東福寺の塔頭 光明院でお庭を眺めながらご住職と精進料理をいただく

料理は仕出しの矢尾治さん

中々聞くことのない禅の修行の話や、現代における宗教の役割についても聞いてみたり

ここのお庭は重森三玲によって作庭された“波心庭”と称される枯山水庭園
石の力を体感できるお気に入りで、前から結構通ってたけど、こんな風に寄らせていただける日が来るなんてね。未来なんてもんは、分からないもんですな。
kyoto2020-40




いつもの「割烹 たいら」、この日も遅くまでお邪魔させていただきました。

袖短パンで過ごせるくらいの9月末、まだ夏の余韻が色濃く残っていながらも、味覚が秋の気配を運んできてくれました

蒸し鱧は卵とともに。琵琶湖のワカサギはいちじくと。お椀のサワラは身の甘さが印象的。ぐじは2週間寝かせて旨味が凝縮。鱧と梅、モロコ、松茸

やはり日本料理が一番好きだなぁ
kyoto2020-53



新規開拓だと、昼間は材木屋で夜に立呑になる『酒場 井倉木材』

トリッキーな場所だけに、味はソコソコかと思いきや、かなりやりおる

なにげないメニューが美味しく、クラフトビールもあれば、日本酒もセンス良さげなラインナップ。19:30頃に行ったら、人気メニューは品切れでした
kyoto2020-4



HOSOOメンバーが宿泊できる会員制ホテル「HOSOO RESIDENCE」にも今回始めて泊まったけど、京都らしいアプローチからしてグッとくるよ

玄関を入ると出迎えてくれるHOSOOテキスタイルのソファー。日本のクラフトが、どれだけ艶っぽいかを体感できる

こうした宿に泊まったら暮らすように旅するのが正解。「八百一」でナチュールワインとお惣菜買って、リビングで和の美意識に囲まれながら、気のおけない友人たちとグラスを傾ける。

観光地を巡るのもいいけど、こういう京都時間がしあわせ
kyoto2020-9



今年は紅葉の時期もホテルが取りやすく、それこそ普段なら速攻満室になりそうな人気ホテルが容易に予約できる。秋の京都は、毎年のように訪れてあちこち動いてるから、たまにはゆったりと秋の古都を堪能する予定
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む

kyah2004 at 07:00|この記事のURLComments(0)

2020年09月06日

北の聖地とエレガントな熱波でととのう(北海道)

Hokkaido_Summer20202020-75

日本中が旅に神経質になっているので、地元の友人らがWelcomeなスタンスの場所に絞って旅をしています。飛行機も新幹線もガラガラなので、それに慣れてるとたまに都内で電車に乗ると「何、この密っぷり…、なんで誰もこれには文句言わないの?」と日本人の不思議な性質に驚くばかりです

6月に続き、7月に行った北海道も友人たち(感染者ゼロ)以外はNO密な旅。しかも殆どを大自然の中で過ごしているので、心が思いっきり癒やされます。
Hokkaido_Summer20202020-103



なんで、2ヶ月連続で北海道に訪れたかというと、いつも抜群のエスコートをしてくれている小林家の依ちゃんのサプライズバースディパーティがあったから。
Hokkaido_Summer20202020-178



しかもこの日のゲストは、サウナーなら一度はその熱波を浴びてみたいと憧れる、あの「エレガント渡会」さん
Hokkaido_Summer20202020-138



BBQなのに札幌最高のイタリアン『マガーリ』の宮下シェフも招聘
Hokkaido_Summer20202020-156


抜群の料理とお酒をいただきながらのエレガントな熱波って、想像を遥かに超えるヒーリング効果。北海道らしく摘みたての白樺のヴィヒタが、日本の他のサウナではそうそう味わえない香り体験へと誘ってくれるんです







いつもお世話になりっぱなしの当家を甘やかしてくれる素敵夫婦。子どもたちを筋トレ道具にさせてもらいながら、プロの居候としてこれからもお世話になる所存です 
Hokkaido_Summer20202020-182



そして、こんな素敵なパーティを映像編集してくれたタカちゃん、ありがとう!!




ちなみに、このタカちゃんとあゆの写真は札幌『エルムガーデン』での流しそうめんランチの時のもの
Hokkaido_Summer20202020-280





人生初の流しそうめんだったかもしれません、今までやったことあるかもだけどハッキリした記憶ないし
Hokkaido_Summer20202020-266



東京とは異なり清涼な空気なので、浴衣も暑くなくて快適そのもの。
Hokkaido_Summer20202020-271



札幌にも長期滞在してたけど、今回の旅も温泉とサウナづくし。

大雪山 旭岳の『アートヴィレッジ杜季』では、温泉と渓流の温冷交代浴を編み出して、食後に2時間くらいつかっていたかも
Hokkaido_Summer20202020-35



なんせ周囲に人もいないので、渓流に全裸でつかってたところで誰にも見られないし、思いのほか水が適温なのでずっと浸かってられるくらいの気持ちよさ。こんなPricelessな時間に出逢うためなら、わざわざ飛行機に乗って北海道に行く価値があるっていうもの。
Hokkaido_Summer20202020-36




もうひとつ、泊まった宿はサウナーの間では北の聖地と呼ばれている大雪山 十勝岳 吹上温泉の『白銀荘』。ドラマ「サ道」でも年末スペシャルで舞台となった宿で、ここのサウナは冬に水風呂代わりに雪ダイブができるという”ならでは”の体験ができるんです。

夏なのでそんなダイブ体験はできなかったけど、外気浴しながら見上げた十勝岳は、それはそれは美しいもので否が応でもととのってしまうワケなんです。しかも10人くらいで大部屋に泊まるという久々の合宿モード。いやぁ、マジで楽しかった。
Hokkaido_Summer20202020-60




美瑛と富良野を2泊したので、今まで行ったことないとこにもありこちドライブで連れて行ってもらえた。今、いちばんレストランで愉しいと感じるのが味 × インテリア × 景色 が揃っている場所。
Hokkaido_Summer20202020-42



美瑛の雄大な景色を眺められる『bi ble』なんで、まさに理想形。この日は人数も多すぎたし、予約も取れなかったのでパンを買っただけだけど、ここはオーベルジュでもあるので次回は泊まりで訪れたい。
Hokkaido_Summer20202020-43



「わざわざ観光地に行くのもねぇ」というのが敏腕コーディネーター、コウ君のポリシーなんだけど、旅をできなくなった当家の伯母たちが”ラベンダーの時期の美瑛に行ってみたい”と話してたので、土産話のためにちょっと寄ってもらったのね
Hokkaido_Summer20202020-69



ちなみにココの場所の名前は記録してなかったので失念。美瑛すべてがこんな風になってるわけではなくて、ごく一部がこうやって作り込まれてるワケなんだけど、一度は行ってみる価値あると思うよ。フォトジェニックなことに間違いないし。
Hokkaido_Summer20202020-67




富良野のランチは、人気の『ふらのバーガー』へ。お店は行列しまくりで、外とはいえ かなり密な状態だったんだけど、敏腕コーディネーターがあらかじめテイクアウト時間を予約してくれていたので待ち時間&行列もゼロ。
Hokkaido_Summer20202020-92



しかも、そこから徒歩3分の鳥沼公園でランチの陣を張ってんだけど、もう泣けるほど気持ちいい環境で。湧き水が溢れ出す美しい沼のほとりでいただくハンバーガーとビールは、実力値の3倍以上の感動体験。正直、バーガー自体に驚きはないけど、このシチュエーションでハンバーガーを食べられるというのがPriceless。食後は、この木の上に登って、沼を見下ろしながらビール飲んでました。マジ最高
Hokkaido_Summer20202020-95






富良野では、オレンジワインも作り出したというワイナリー『ドメーヌレゾン』へ。オレンジワインは、「これからに期待…だね」という感じではあったけど、このロケーションで呑めるのは最高だし、ブルーベリー摘みも格安でできる。
Hokkaido_Summer20202020-84



山羊の餌付けができるなんていうのも子どもたちには、いい体験だよね





続きの方で詳しくは書いてるけど、美味しいもの尽くしの北海道旅で最高のレストラン時間は、やはりサスティナブルなフレンチ『AGRISCAPE』。敏腕コーディネーターから、山を歩いて行きましょうよというのは聞いていたけど、想像以上の起伏&山道でサンダルしか持ってこなかった自分の想定の甘さを悔やみましたわ。
Hokkaido_Summer20202020-192



着いたときには滝汗で、着替えをもってこなかったことも後悔。そんな反省づくしのアプローチだっだけど、この空間でアペリティフなんて最高以外のナニモノでもない。
Hokkaido_Summer20202020-200



野菜や鶏をはじめ、殆どが自給自足というサスティナビリティに本気で取り組んでいるレストラン。
Hokkaido_Summer20202020-206



だからって味に妥協は全く無く、心の底から旨いうえにテロワールを感じまくれるレストラン。今、日本で一番好きなレストランが、ここ『AGRISCAPE』なんじゃないかな、そう言えば。
Hokkaido_Summer20202020-212




女性シェフの吉田さんのパッション溢れるクリエイションは、ボクら道外の旅人が北海道に求めるすべてが詰まっていると感じています。



帰り路も山道を歩き(行きと違って、もう少し平らなルート)、宮の森のコーヒースタンド『アルケミスト』で何種類か説明を聞きながら試飲&涼をとってから、またも庭のテントでサウナしつつ昼寝という、これまた怠惰の極みのバーケーションタイム


その後、目覚めてから浴衣deマグナムシャンパーニュの会へ。
Hokkaido_Summer20202020-229




札幌のワイン好きたちに囲まれての贅沢なシャンパーニュ時間
Hokkaido_Summer20202020-242




会の終わりに、お会いしたかったダンディなパイセンにも久々に挨拶できて嬉しかったなぁ。この会には、これまた素敵な奥さまがいらしていて「はじめまして」だったんだけど、ちょうどお互い帰り際に合流される予定だったらしいんです
Hokkaido_Summer20202020-243


つくづく旅に出て感じるのは、ヒトの縁の大事さ。この旅自体、凄いコンテンツ力ではあったけど、それを構成するメンバーが大好きだから、そのポテンシャルを最大限引き出せるワケなんです。

日本の観光地は、感染対策を徹底していているし、観光地までの交通機関は都内の公共交通機関と比較にならないディスタンスをキープできる。この時期、むやみに友人以外の方々とコミュニケーション取るなんてこともしないから、濃厚接触なんて状況に遭遇することもない。



在宅勤務の会社員とか、むしろお金を使う機会は減っている上に、補助金などでむしろ所得があがっている家計も多いわけで、そういう眠ったお金を、日本の国家的資産である観光地に還元したいものですよね。そういう意味でGO TOトラベルは、いい仕組みなんだけど、世論とのタイミングが噛み合わなかったので残念な状態に。

メディアのバイアスかかった報道を鵜呑みにするのではなく、データを見ながら客観的に行動できるかできないかで、withコロナというかニューノーマルと呼ばれる時代では、色んな意味で大きな差が生じてくる。

それは、すべて自己責任、各人が判断して行動すべき時代。無理に合わないヒトに行動を強制する気はさらさらないけど、同じスタンスの人々とは責任をもってこれからも使命を果たしていくつもりです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む

kyah2004 at 23:48|この記事のURLComments(0)

2020年07月06日

洞爺湖でととのえ親方とととのう(北海道)

hokkaidou_sauna2020-84


デビューから半年で垣間見てしまったニューノーマルのサウナカルチャー

洞爺湖に突き出た桟橋の上にプロサウナー「ととのえ親方」のプライベートサウナがあるなんて。
hokkaidou_sauna2020-101



思わずこんな至極のロケーションでととのってきちゃいました







札幌が誇る美食家コウくん夫妻の仕切りだけに、ととのった後には鯛のカルパチョに蝦夷馬糞と紫雲丹の2種盛、大人気ファットリアビオのブラータなどが前菜に並ぶ
hokkaidou_sauna2020-71



更にはメインに北京ダックが出てくるというアウトドア「サ飯」の理想形
hokkaidou_sauna2020-74



そんな日本とは思えなくらい豊かな環境でのプライベートサウナフェス、北海道おそるべし
hokkaidou_sauna2020-66



20年くらいのキャリアを誇るタカちゃんは、息子と一緒にハードサウナ。がんがんロウリュして、体感温度をあげていきます。
hokkaidou_sauna2020-76




更にはニセコ在住、熟成じゃがいも作り手の舟の上でととのう
hokkaidou_sauna2020-90



サウナが今まで感じてた汗だくの拷問地獄ではなく、なぜサウナトランスという快感ゾーンへと誘うのかというのは、過去ログ「サ道ってどうなの ボクがサウナを好きになったわけ 」に書いてます。

ととのえ親方を囲んでの記念写真。自然にこういう顔になりますって。
hokkaidou_sauna2020-95


食 ✕ 酒 ✕ 自然 ✕ 美しい空間というものに惹かれて久しいけど、ここにサウナが入ると更に非日常感が増すだけじゃなく、食や酒がもう一段美味しく愉しめてしまうのよ。

裸のコミュニケーションだけに、初対面なのに距離が縮まるのがめっちゃ早いしね
hokkaidou_sauna2020-108




今回の「サ旅」のもうひとつのハイライトは、お庭でテントサウナ
hokkaidou_sauna2020-60




驚くことに、わずか10分でテントサウナができちゃうんです。
hokkaidou_sauna2020-134


タイムラプスだけど、あっという間過ぎて3秒にもならなかったくらい




札幌のヴィラで連日のプライベートサウナフェス
hokkaidou_sauna2020-136


洞爺湖と違って食材もワインも容赦ない。オマールブルーが登場するBBQってなんすか??
hokkaidou_sauna2020-129


これまた火入れもソースも実にキマってる
hokkaidou_sauna2020-133




サウナの隙間にもちろん北海道レストランも堪能したけど、今回はサウナの愉しさの深淵を垣間見た旅になりました。
hokkaidou_sauna2020-37




ちょうど都道府県の移動制限が解除されたタイミングだったので良かったけど、東京在住者は旅に出にくい状況が続きますね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む

kyah2004 at 22:04|この記事のURLComments(0)

2020年03月07日

2020年の旅のこと

Sicilia2019-202

新年に今年行きたい旅先まとめるつもりだったけど、バタバタしてるうちにもう3月。

そうこうしてたら、旅が自粛モードな環境になっていた

とはいえ、東京で満員電車乗るよりも遥かに低リスクな旅先は多いので、当面は中国を避けつつ、行き先を選んでいこうと思います(入国できれば)
バレンシアガM2018-51


そんな今年の旅計画、どこまで実行できるかな。

昨年は都道府県コンプリートに引っ張られたけど、今年はしがらみなしなので、気の向くままに考えてみる

国内で未訪問で行ってみたいところは、
・萩と津和野:鮎の時期に
・新潟:「里山十帖」のために
・長野:野尻湖の「THE SAUNE」

行ったことあるけど、また行きたいのは
・佐賀。嬉野温泉の「木村屋」や「御船山楽園ホテル」「風の森」狙い
・鹿児島は桜島にまた会いたいし、霧島の「雅叙苑」狙いたい
・松本には冬の「明神館」行きたくて。あと日本アルプス&松本城を撮りたい
・尾道は「しまなみ海道」をサイクリングしたい。まりえのために、猫づくし
鹿児島観光ホテル2019-20



京都とニセコ(札幌)は言うに及ばず。
そうだ京都いこう20192019-41

ニセコMarch2019-89




海外は、久々にバンコクでのんびりしたいと思ってる。
あの町は、なんだかんだ大好きなんです。
0520BKK5月-136

新しい場所だと北欧ね。サウナと北欧ガストロ体験したくて。フィンランドとデンマークが初期ターゲット、物価高いと聞いているのでそろそろリサーチにかかろうと思ってます。

具体的な行動プランに落としてみましょうか
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。







続きを読む

kyah2004 at 22:43|この記事のURLComments(0)

2020年02月29日

サ道ってどうなの? ボクがサウナ好きになったわけ

swave2020-45

昨年夏のおわりにちょいとサウナに興味を持ち始め、秋にデビューしてからは旅の目的がサウナになるくらい距離が近くなったのね

ちなみに、これまでサウナは確実に苦手ジャンルでした。理由は言わずもがなで、サウナの正しい付き合い方を知らなければ、単に拷問だから
・暑い ⇒ なんで苦しいことせにゃならないの?
・水風呂 ⇒ それってサウナと何の関係あるわけ?
・汗だくなおっさんと密集 ⇒ 単なる拷問じゃん


でもね、一度基本ルールを覚えて、あとはその日のコンディションで体と会話しながらサウナを嗜むようになってからは、1回2時間〜3時間のローテーションを、1日に2回やったりするようになっちゃったのよ

理由はシンプル、気持ちいいから。いわゆる「ととのう」ってヤツです
佐賀長崎2019-39


それに、最近はお洒落なサウナも増えてきて、まりえと一緒にサウナを楽しめるのよ。夫婦の会話にも「ロウリュ」「熱波師」「アウフグース」なんてワードが飛び交うようになってきて、サ旅(サウナ旅)プランを一緒に考えたりとか、夫婦共通の趣味がもうひとつ増えた感じ。

そして、今まで興味は持ちつつも、渡航先にはならなかった北欧(フィンランド、デンマーク)が、俄然行きたいトコTOP3に入るようになってきたんです。

てなわけで、サウナ嫌いなボクがどうしてコロッと心変わりしたのがその理由を順をおって説明しますね
1)どう気持ちいいの?
2)「ととのう」ための基本ローテーション
3)行ったサウナと遊び方



まずは、1)どう気持ちいいの?から
大きく分けて2種類あって、休憩中のサウナトランス的な状態と、サウナ後に続くじんわりとした体の心地よさ。

一般的に「ととのう」といわれているのが前者で、浮遊感や心地いい痺れといった多幸感を得られるのね。ボクは歯の裏がよく気持ちよく痺れるし、地球がぐるっと回ることも。早めに一回ここを知っておくと、サウナにハマりやすくなると思う。

でも、この刹那の快感を求めるのはサウナの本質では無いという意見も。ある意味性行為と似ていて、一瞬の絶頂を求めはするけど、それだけじゃないってこと。
sauna1



後者の方は中毒性はないけど、確実にからだに効いてるなというのが理解できる。ボクが寒くなってからサウナをはじめたというのもあるけど、手足がジワーッと暖かい状態が続き、その状態でお酒や美味しいものが体に入ると、ほんとしみ入るのよ。ご飯やお酒がやけに美味しく感じられるのね。



そして、いつも体に溜まった疲れがスキッと抜けているのに気づくはず。それなりに体のコンディションには気を使って生きてるんだけど、気を抜くと倒れ込んで寝たくなるくらい疲労感には侵食されているんです。

入り過ぎは逆に疲れちゃうけど(笑)、適度にコントロールしたときの、この効果はめっちゃ嬉しい。心も自然と軽くなるからね。


毎回ととのい方は変わるので、体と会話する癖も出来るようになる。トレーニングやストレッチもやってるけど、こうしてサウナでも自分と向き合う機会が作れるのって、中長期的に見て自分マネジメントにプラスだと感じてる。


2)「ととのう」ための基本ローテーション
.汽Ε 8〜10分
⊃緝呂 1分
5抃董奮圧ね瓠10分
このローテーションを3回くらい繰り返すのが基本。

「ととのう」のは、の休憩のときね。

サウナや水風呂の温度、休憩スペースといった環境の違いもあれば、なにより自分自身のコンディションというのがあるので、 銑はあくまで目安

の外気浴で寒さを感じるのが早いなと感じたら、,鯆垢瓩砲靴騰△鮓困蕕靴討澆襪箸、毎回いろんなチューニングをして、自分の一番気持ちよくなる流れを探してます。


もうちょい丁寧に言うと、上のローテーションに入る前に、しっかり体と頭を洗って、お風呂で体をあたためます。

サウナに入る前、休憩の前にはしっかり体の水気を拭き取るし。

場所によってはサウナパンツが用意されていたりもするので、周囲を見ながら動いていれば大丈夫。わからなかったら聞いてみればよくて、皆 丁寧に教えてくれますよ。


,燃个┐討くといいのが「ロウリュ」。サウナストーンにアロマ水をかけることで、サウナ室の温度は変わってないのに、体感温度が一気に上がります。自分で「セルフロウリュ」できるサウナもあるので(後述するけど、マルシンスパ、ウェルビー栄、御船山楽園ホテル、恵比寿ドシーなど)、水をかける快感を是非ご自身で体感して欲しい。あの音がたまらぬのよ...

もうひとつ「ロウリュ」とセットで、「アウフグース」をしてくれるサウナもある。これはロウリュで体感温度が一気に上がったところに、うちわやタオルで部屋の中の空気を掻き回し更に体感温度をあげるもので、極めつけはゲストひとりひとりに熱波を送るというサービス。うちわで扇ぐトコもあるけど、タオルで熱波を送る熱波師には、レジェンドクラスの方がいるんだとか。


△凌緝呂はサウナによって温度が変わるし、休憩スペースの環境にもよるから、中々正解が見えづらく、特に1回目の水風呂、外気浴では、探り探りなことが多いです。ボクがよく失敗するのは、水風呂で冷やしすぎること。水風呂でいかにうまく〆られるかが、目下ボクの課題です。

水風呂に恐怖を感じる人が多いと思うけど、2回目以降はむしろ水風呂が恋しくなるし、1回目も水に入って15秒もすると体の表面に膜ができて(羽衣と呼ばれてます)冷たさは感じなくなるのよ


の休憩がとにかく肝で、このためにサウナや水風呂に入ってるわけです。ととのいスペースと呼ばれるベンチやデッキチェアがあるので、そこで水気をよく拭いてたら、あとは呆けるのみ。

都内だと外気浴ができて、かつ寝転べる場所は少ないけど、冬でも外気浴したい!と思うくらい格段に気持ちいい。まず空気がフレッシュなのがいいし、適度な冷気が余計に体の内側の温かさを際立たせてくれるのね。自然の中だと、光や音も演出効果で、よりよいととのいへと導いてくれます
swave2020-7


とまぁ、エラそうに書いてますがデビューしてからわずか3ヶ月。要はそんなにスキルがなくても、ある程度コツをつかめば「ととのう」ことが出来て、人生の愉しみがひとつ増えちゃうってわけなんです。

美味しいご飯とセットで楽しめるので、食いしん坊な人々には、ほんと騙されたと思って一度試して欲しい。

つづきで、これまでの施設ごとのサウナな感想書いてます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





続きを読む

kyah2004 at 18:00|この記事のURLComments(0)

2020年02月02日

2020年 初の国内旅は奈良と大阪

奈良2020-11

2020年、最初の国内旅は奈良と大阪へ

2015年に薬師寺、唐招提寺、法隆寺は行けたんだけど、東大寺には行けてなくて。世界最大の木造建築の圧力を浴びたかったんです。

遠くから見るより、中距離くらいが大きさを一番実感できるんじゃないかな。人の大きさが、建物のスケール感をより顕著に際立たせてくれる。

大仏さまの大きさは約15m、頭は江戸時代、体は殆どが鎌倉時代の補修で、台座、右の脇腹、両腕から垂れ下がる袖、大腿部などが作られた当初の部位のままなんですよね。
奈良2020-17



752年に開眼供養会が行われて概ね完成形になったんだけど、当時の人口で 260万人(延べ人数)が工事に関わったというから、想像できないくらいの一大事業だったわけです。
奈良2020-22




大仏さまの左右に控える菩薩像も美しい。ここって大仏さまだけかと思ってたので、期待以上のコンテンツに驚きっぱなし
奈良2020-20



ちょうど春節にあたってしまっていたので、大阪から奈良行きの電車はマスクに中国人だらけ。駅から東大寺までも鹿とマスクマンだらけで異様な光景でした。

ボクが訪問した直後にコロナウィルスの感染が奈良であったニュースを聞いて、さもありなんと。
奈良2020-7



でも、ちょっと足を伸ばして二月堂や浮見堂は、人もまばらで奈良らしい悠久の歴史を感じることが出来る。
奈良2020-33




このあたりは全部歩いて回れるエリア。浮見堂は夏頃に訪れて、ここで酔いを醒ましてみたい
奈良2020-35




奈良町は古民家が多く残る路地で、センスのよさげなショップやレストランが点在している
奈良2020-40




お酒がちら寄りして飲めるお店が、昼からあちこちでやってるので、帰る頃には泥酔に。
奈良2020-41




大阪では、またエクセルホテル東急を拠点に。
大阪EX2020-2



お洒落だし機能的だし、便利でリーズナブル。
大阪EX2020-1

メインダイニング『PIC*NIKA(ピクニカ)』で、大阪女子たちのお笑い気質に癒やされる
大阪EX2020-15




酒に弱いオレでも、ホテル内のBAR「MIDO」なら心置きなく酔っぱらえる
大阪EX2020-22




そうそう、大阪は訪れても梅田周辺だけだったんだけど、今回はじめて道頓堀に
大阪2020-11




インバウンド客じゃないけど、ここに訪れてみたい気持ちはよく分かる
大阪2020-10




お出汁でおこのみやき食べてみたり、串カツ15分だけ寄ったりとか、やけに新鮮でオモロかった
大阪2020-18



去年は旅に行きまくれて本望だったけど、さすがに疲労も抜けなかったし、TASKも全然こなせなかったので、今年はもうちょいゆったり過ごします
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2020年01月14日

中国夜市 香辣香(岡山)かなりの本場っぷり

岡山夜市2019-20

羊肉の中国料理って、こんなに美味しいんだ…


そんな気づきをくれたのが岡山の『中国夜市 香辣香』(シャンラーシャン)

現地の調味料を使ったりしながら本場の味つけを再現しつつ、日本らしい肉と仕事のクオリティで現地よりも美味しく仕上げてしまうという国民性。何本でも食べられちゃうくらいの美味しさ
岡山夜市2019-18






香辣香名物の専用機材「コールドブリュワー」を使って、白酒とウィスキーのブレンドから中国茶を一滴ずつ滴下して抽出した日本初「茶葉香るウィスキー」。まずはこれをハイボールで。
岡山夜市2019-3




オープン直後だったらしいけど、既に中国人の常連さんがつきはじめてるとか。だって、本物でありながら、本場より美味しいメニューもあるわけだし。
岡山夜市2019-5




牡蠣なんだけど中国味噌をつけることで、着地点がチャイニーズ
岡山夜市2019-9




このよだれ鶏、肉質も味付けも麻辣具合も実に洗練されている
岡山夜市2019-11




日本人で言うところのご飯、チュアンピン(春餅)で巻いて食べてもいとうまし
岡山夜市2019-13



ピータンも一手間加えて料理に仕上がる。
岡山夜市2019-14





ラム串だけで7種類あるし、ほかにも串モノ合わせると15種類くらいあるっぽい
岡山夜市2019-22




オリジナルのウィスキーに加え、このお店はナチュールワインもあるのよね。
岡山夜市2019-30



でも一番驚いたのは日本酒でこの料理に合わせてくるところ。この雄町がめっちゃいいハマり方してたのよ。
岡山夜市2019-35



伊達に、日本酒とのマリアージュを謳ってないっすね。
岡山夜市2019-39



デザートまで含めて高い満足度を維持し続けていた「中国夜市」
岡山夜市2019-41

中国夜市 香辣香
086-235-5025
岡山県岡山市北区本町5-7 本町G-コバシBLDG 2F



こういうお店が東京じゃなく、岡山発というのも面白い
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 22:55|この記事のURLComments(0)

2020年01月01日

旅三昧な人生を

Sicilia2019-295

あけましておめでとうございます

昨年お世話になった皆さん、本当にありがとう。

2019年は夏に始まり、夏に幕を閉じました
そして当家のまりえが、大晦日にまたひとつ年を重ねました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


1年前のメルボルンでは平成最後の大晦日を過ごし
Melbourne2018-28


バリ島のUBUDでのんびりと2020年を迎えました。
DSC00153


5年前に2週間に一度づつ旅に出て、4年なったら100回だなと密かにレコードを狙って達成できたので、昨年はそこまで旅をするつもりもなかったんだけど、結果29回という過去最多の旅記録。
祇園祭2019-108



クォーターごとに見ると宿泊数は19日、28日、32日、34日と伸び続け、最終的には113日。2週間に一度旅に出るどころか、3日に1日は旅してるというステータス。
HONGKONG2019-4






そろそろ自分でも、自分のことを旅人と認めてあげようと。ちなみにコレが昨年のFacebookで一番物議を醸した写真。わりかしフツーだと思ってたんだけど、周囲からは大ウケで。いつまでもアホな旅人でいたいッス。
LRG_DSC01852




新年らしく昨年訪れた国内と海外で、それぞれ3つづつ記憶に残った旅を選んでみたいと思います。


【国内編】
サ道という新しいジャンルの旅目的を見つけて、それを本格的に実践したのが佐賀。観光もそこそこに、1泊で4,5時間お風呂やサウナで過ごすなんで、これまで考えられなかったスタイル。ただ、この遊び方を覚えたおかげで、中々行く理由が見つからなかった北欧に行くキッカケになりそう。

当家の旅のスタイルを変える可能性があるという意味でも外せませんでした。
佐賀長崎2019-46



2位:京丹後
京焼の「真葛焼」のお皿や酒器、トップキュベが恐ろしく旨い「竹野酒造」のお酒を持ち込んで、あの『縄屋』に行くという大人ならではの美意識全開の遊びっぷりが気持ちよかった。竹野酒造のラウンジでしこたま深夜まで飲み続け、仕込み中の新酒の様子を覗いたり、発想のプロセスを垣間見せてもらったりと、ここまで日本酒と深く向き合ったのも初めてで。

”縁”が人生を豊かにするという見本のような旅。
丹後2019-120


tango2019-77



1位:ニセコ
今、最も感性が豊かになる食時間って、美しい自然の景色を眺めながら美味しい料理とお酒を愉しんでる時なんです。東京では絶品の料理を食べることは出来ても、豊かな自然に囲まれてって無理な話じゃないですか。
201812北海道Best2018-74


バスクやフランス、イタリアをはじめ、世界で体感してきた景色✕美食というものが、自分にとって一番心地いい食体験ということが、しみじみと分かってきたここ数年。日本では中々難しいよね…と思ってたんだけど、ニセコでなら出来ることがわかり何度も通ってしまいました。
ニセコ夏2019-132


冬はもちろん、夏も気持ちよく道産食材をキチンと美味しく食べられる。しかも、その時間を大好きな友人・家族とシェアしながらというのだから記憶にも鮮やかに残りますって。
ニセコ夏2019-134


それに1泊40万円のコンドミニアムのペントハウス、ゲレンデに挟まれたルーフトップの露天風呂でシャンパーニュって、やっぱし破壊力は抜群。お金自体は興味ないけど、たまにはこういう使い方できるとなると、それなりには稼がなきゃなって頑張るモチベーションにもつながる。
ニセコMarch2019-85




【海外編】

海外は4回だけなので印象に残った町を選んでみました。

高校時代からの憧れの町、映画「グランブルー」を観ていつか行ってみたい場所でした。ロケで使われていた『カーポタオルミーナ』の洞窟の先にあるビーチに行った時の昂ぶりたるや…。イタリアの中でもシチリアのゆるさは格別で、最大の観光都市タオルミーナでも脳みそは完全に機能停止状態に。
Sicilia2019-150



絶景があちこちに転がってるうえに、崖✕海という最大の好物で構成されためちゃ好みのリゾート。
Sicilia2019-57



極端な高低差が魅力的な町ゆえ、崖の上にある隣町「Castello di Mola」もキュンキュン。
Sicilia2019-76


ミシュランスターの『La Capinera』は、料理はエレガントで、ワインのペアリングもナチュール中心。シーフトントというロケーションに加え、サービスもエレガントで客層も華やか。やはり世界中からバカンス客が訪れるだけの理由がある町でした。
Sicilia2019-96



2位:コモド諸島(インドネシア)
7年ぶりに訪れたバリ島、特にラグジュアリーホテルの食クオリティやサービスがグンと上がっていていてかなりの衝撃だったんだけど、初訪問という意味でコモド諸島がランクイン。すんげー行きたかったパダール島に行けたってのもデカかった。
BALI_KOMODO_2019-19



このボートトリップでは、しばらく観光客は入れなくなっちゃったコモド島でコモドドラゴンにも会えたし、シュノーケリングではマンタに遭遇しまくりだったりと自然のパワーに圧倒されてね
IMG_1982




拠点となったAYANA COMODOも食事のクオリティは高くサービスも洗練されてて、これまで「行きたいけどホテルが…」という障壁を見事にクリアしてくれたんです。バリ島に行って、時間に余裕あったら是非コモドにも足を伸ばして欲しい。
AYANAKOMODO2019-219


シチリアに行く最大の目的はタオルミーナだったんだけど、期待値という意味では一番高かったのがこのチェファルー。そんな過剰な期待値にも関わらず、想定を上回る美しさで文句なしの首位に。
Sicilia2019-297




崖✕海好きにはたまらない地形なんだけど、そこに色気ある旧市街が絶妙なポジショニング
Sicilia2019-306




旧市街のサイズ感や雰囲気もモロ好みで、サンセバスチャンとチェファルがボクの人生で2TOPの好きな町。海とビジュアル面ではチェファルが勝ってますな。
Sicilia2019-326



食事も人生で食べた中で最高に感動したパスタといってもいいくらい唸りまくった、ガンベロロッソのタリオリーニ。ホテルを海沿いにしなかったのが後悔なので、また訪れることになると思います。
Sicilia2019-315


今年も一緒に旅することになる友人たち、旅先でお世話になるだろう友人たち、何卒kyahさんをよろしくです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:57|この記事のURLComments(0)

2019年12月25日

佐賀と長崎で温泉&焼物の旅 都道府県コンプリート

佐賀長崎2019-46



日本一のサウナホテルと、有田・唐津の焼物が見たくて佐賀と長崎へ。
佐賀長崎2019-123



年初に未踏の7県の訪問を宣言してたんだけど、これにて47都道府県コンプリート
佐賀長崎2019-141


ちなみに年初で未踏だったところはコチラね。
鹿児島、佐賀、長崎、高知、徳島、山口、和歌山

長崎空港から入ったので、記念すべきラストの地は「佐賀県」でした。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

佐賀長崎2019-1



今回、長崎・佐賀と行先だけ決めてたんだけど、調べているうちに佐賀県には、なにげにキュンとなるポイントが多いことに気づいて、結果、佐賀県が中心の旅に。
佐賀長崎2019-18



まずね、温泉がいいんすよ。
佐賀長崎2019-40



嬉野温泉は美肌の湯としても有名で、モダンにリノベされた『和多屋別荘』
佐賀長崎2019-44



レセプションの周囲はデザイン性高い空間になっていて、置いてあるギフトもセンスがいい
佐賀長崎2019-48



このお茶碗とか即買いしちまった。
佐賀長崎2019-49



川沿いにはアートスペースも。
佐賀長崎2019-15



佐賀長崎2019-21




川を挟んだ向かい側が、和多屋別荘の中でもハイブランド旅館「水明荘」
佐賀長崎2019-42





帰り際に知ったけど、こんなガラスの茶室もあったり。
佐賀長崎2019-50



部屋は見晴らしのいいコーナー風呂がある「塩原」という客室で、窓を開け放つと露天風呂より気持ちいい。特に明け方の雲が赤く染まる時間はpriceless
佐賀長崎2019-31



部屋は広く、縁側のチェアの奥にお風呂が。
佐賀長崎2019-12



陽射しがさんさんと降り注ぎ、12月中旬でも暑かったくらい。
佐賀長崎2019-11



洗面所の奥がこちらのお風呂。町と山を見渡せて、真下に川が流れている。
佐賀長崎2019-43



窓を開けていると川の音と凛とした空気が注ぎ込まれてきて、ビールが旨い。
佐賀長崎2019-30






もうひとつ決め手になったのが、サウナの充実度。ドライサウナとミストサウナが。水風呂はかなり温度が低くてサウナの温度は少し低めなので、川沿いの外気浴が少し寒く感じてしまったけど、まずはゆるやかにととのった
佐賀長崎2019-45



夜は同敷地内にある「水明荘」のラグジュアリーなバスエリアへ。こちらは和多屋別荘のゲストも+1000円で使えるのよ。
佐賀長崎2019-35



手前がラウンジで、奥がお風呂施設。
佐賀長崎2019-32





屋外のスペースにミストサウナが別棟であるとか、かなりお洒落。中は真っ白で慣れるまでは視界ゼロ。温度は低めで温まりにくいので、立ちながらタオルを回して熱波を浴びる。
佐賀長崎2019-26




屋外にある水風呂(丸いヤツ)はめちゃ冷たくてシビレつつ、露天風呂脇に転がりながらの外気浴
佐賀長崎2019-27



お風呂の前には、こんなクールなラウンジも。ととのうには最高の舞台装置。
佐賀長崎2019-25



寝転がれるベンチからの視界はこんな感じ、ヤバい。
佐賀長崎2019-39




滞在中は、夕方、寝る前、朝とサウナを3セット。ひたすらお湯とまみれていました。川沿いにこんなスペースもあるので、夏はココでととのいたい。
佐賀長崎2019-24




宿の周囲は昭和の温泉街といったシャビーさ全開で、外に出る気にもならなかったけど、中にはこうした洒落たショップもあるんです。
佐賀長崎2019-51



そうそう嬉野はお茶の産地でもあるので周囲には茶畑が。
佐賀長崎2019-52




この旅の最大の目的はココでした。サウナで日本一のホテルが佐賀にはあるんです。
佐賀長崎2019-108



チームラボとのコラボで秋の庭園ライトアップは近所が渋滞になったという『御船山楽園ホテル』
佐賀長崎2019-90




マーティング力が高く、若年層もしっかりとファンにつけている。
佐賀長崎2019-88



話題性だけじゃなくコンテンツも抜かりない。料理やお酒は大人が満足いくモノで、サウナデビュー以来、はじめてとなる凄い”ととのい方”もした。

歯の裏あたりからじわーっときて、頭から腹あたりが小刻みに震え、地球は回転するし、音の裏側にも届きそうな感じ方。
佐賀長崎2019-105


そんな異次元体験をさせてくれたサウナは、サウナシュランのホテル部門1位でありながら、アピールは控えめで、ゲストもローテーションする人は皆無。

サウナルームは、一筋の外光と森の音に演出を絞り込むなどセンスの良さが溢れていて、ビギナーのオレでも震えるカッコよさ
佐賀長崎2019-103


セルフローリュ、立ち水風呂、外気浴ソファを独占できたのがなんとも贅沢で、1泊でも4時間くらいはお風呂にいた。

ととのってからの夕食は、佐賀牛の肩ロースしゃぶしゃぶは赤みが力強く、ひらまさのお造りもエロめのテクスチャ。地元の里芋も良かったなぁ。
佐賀長崎2019-83



食後は庭園内の茶屋が宿泊者限定のBAR になっていて、ライトアップされた木々が池に映えるのを眺めながら締めの一杯。この発想も素晴らしい
佐賀長崎2019-96

佐賀長崎2019-97

佐賀長崎2019-98





サウナだけじゃなく全方位でソフトのクオリティが高く、また訪れてみたいと思わせる仕掛けがいっぱい。
佐賀長崎2019-95



今は女子サウナもなく、風呂が圧倒的にメンズの設備が良すぎるので、そのギャップがむしろ悩み。来年には女子サウナもできるとの噂。完成したら、また行くね。
佐賀長崎2019-78




御殿山楽園ホテルの近くには、唐津焼の素敵な窯元「内田皿屋窯」があって、期待通りのお皿を買えたのも嬉しかった。
佐賀長崎2019-111


焼物めぐりは続きの方で
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 19:00|この記事のURLComments(0)

2019年12月19日

晩秋の瀬戸内へ

瀬戸内2019-14


岡山、広島、山口まで、秋の瀬戸内を旅してきました。

倉敷は7年ぶり、いつか行ってみたかった尾道へは初訪問。山口はふぐを食べに下関へ。
瀬戸内2019-87



今年は紅葉が長く、全然期待してなかったのに外を歩いたりドライブするのがかなり気持ちよかった。
瀬戸内2019-81



瀬戸内の穏やかな風土を感じながらのんびり旅するつもりが、土地勘というか距離感が全然つかめてなくて、常に次の移動のことを計算しながら遊ばなければならないというのが反省点。
瀬戸内2019-64



そもそもが、未踏の都道府県を今年のうちに制覇しようというところが旅の発端で、山口に行くことは決めてたんだけど、岡山から山口までの間は、殆どがアドリブだったのよ。
瀬戸内2019-67





でも、その限られた時間の中で何をしたいかを常に考え続けていたし、結果 当初では考えもしてなかった体験ができたりと結果オーライ。
瀬戸内2019-78


そんな今回の瀬戸内旅で、めっちゃ気にいったのが尾道。


古き良き日本と、今っぽいセンスが共存していて、そこにサイクリングがカルチャーとして定着しているから、他の町とは明らかに違う個性を放っているんです。



尾道の旧市街は、半端ない急坂の傾斜地に家が並んでいて、その間を細っそい路地が無秩序に走っている。階段もあるし、すれ違えないくらい細い路地もあるので、自転車ですら入っていくのは難しい
瀬戸内2019-58




便利さが加速度的に進んでいく今、いったいどうやって生活してるの?と衝撃すら覚えるレベル。どっか近い体験をしたな...と思い出したのが、モロッコのメディナ。
瀬戸内2019-57



そんな迷宮を彷彿とさせる町ではあるんだけど、きちんと「古寺めぐりコース」などが用意されていて、さりげなくエスコートしてくれるのが嬉しい。さすが、長年観光地として、お客さんと向き合い続けてきたんだなって。
瀬戸内2019-62




やっぱしね、次世代の客層が育ってる観光地は、ちゃんとお洒落で快適なものも揃ってる。小さな町なのにセンスいいコーヒースタンドがあちこちにあるし、
瀬戸内2019-5-2



旧市街は古民家を活用したレトロカフェが、ちゃんと絶景ポイントを押さえながら点在してるのよね。
瀬戸内2019-66




ノスタルジックな世界観などコアバリューは崩さずに、その場所を更に快適に過ごすためのソフトが揃ってる。これって、ほんと重要なのよね。
瀬戸内2019-70


どんなに素敵な観光地行っても、景色いい場所でお酒飲めなかったりカフェできなかったら「意味ないじゃん...、そういの揃ったらまた来るね」って、一気に再訪ランクが下がっちゃうのよ。
瀬戸内2019-65



商店街のアーケードも、一見シャビーではあるんだけど、脇道が魅力的だったり、ここにもやはり洒落たCAFEがあって、そのうえで尾道ラーメンのようなキラーコンテンツがあるから人の動きがあって寂しくないんです。


ジャビーで寂しかったらおしまいだけど、尾道はレトロさと表現できる個性になっている。



尾道で泊まったホテル『U2』は、洒落てるうえにめちゃ気持ちよかった。
瀬戸内2019-72


瀬戸内2019-50

瀬戸内2019-74



インダストリアルデザインで統一された倉庫をリノベーションした空間に、ホテル、レストラン、CAFE、ベーカリー、サイクルショップが入った複合施設になっていて、テラスデッキに出ると目の前は海。
瀬戸内2019-51


12月頭なんで、まぁまぁ寒かったけどテラス席を使うワカモノやおじさんが多く、賑わっているのが印象的だった。テラスを有効活用できない民族なのに、ここだけは異国のようなテラスリテラシー
瀬戸内2019-54



ベーカリーのパンも美味しいし、クラフトビールもナイスだし、カフェラテもかなりのクオリティ。こういうある種のライフラインが整ってるから、坂道しか無い迷路のエリアが、よけい魅力が際立つんです。
瀬戸内2019-55


ほかにも尾道と今治の間、瀬戸内海の島々をつなぐ「しまなみ海道」は世界のサイクリストの聖地だし、車でドライブしていても気持ちいいのよ。
瀬戸内2019-84




瀬戸内海を見下ろす高台にあるリゾートホテル「ベラビスタ」。
瀬戸内2019-38



尾道エリアとはいうものの、尾道駅からは車で30分くらいと正真正銘の隠れ家リゾート。
瀬戸内2019-46



瀬戸内海の島に囲まれた湾は、まるで湖のような穏やかさ。この景色を眺めながら薪を使った地産地消の食材を楽しめるのがメインダイニングの『エレテギア』。
瀬戸内2019-2-2




薪が燃える厨房と絶景の両方を楽しめるオープンキッチン。プールが真横なので、夏はもっと華やいだ雰囲気になりそう。
瀬戸内2019-33


エレテギアという店名は、バスク語で網焼き屋。シェフもバスクを中心に修業してきたキャリアを持つようで、敢えて言うならバスク料理なのかしら。

岡山県産の牛のイチボは、かなりジューシー。福山のレモン塩と府中(地名だろうね)の味噌でいただきます。肉の下に敷かれたネギも地元産。適度につけた味噌が一番好みでした。
瀬戸内2019-32



他にもオレンジを巻いて薪で焼いた鯛を黄ニラで合わせたり、徳島の肉厚な椎茸をシンプルに焼き上げたりと、旅人には嬉しい地元の厳選食材が。それを薪で仕上げてくれるというのも、足を運んだ価値があるってもの。
瀬戸内2019-43



つづきでは、久しぶりに訪れた倉敷の魅力や下関の天然とらふぐのことを
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 18:00|この記事のURLComments(0)

2019年12月04日

そうだ 京都、行こう。 2019

そうだ京都いこう20192019-41


ちょいと前の週末に錦繍の秋の京都へ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


昨年は、久しぶりに紅葉の時期に京都以外の場所に旅してたのね。秋の隠岐の島、神々が集まる出雲大社、鳥取の足立美術館などなど、山陰の秋も良かったけど、やはり今年は京都に戻ってきました。
そうだ京都いこう20192019-82
<神護寺>


京都に住んでいるわけではないから、紅葉はタイミングとの勝負。

毎年11/23前後に訪れているんだけど、同じ日程でも年によって、どの程度どこが色づいているのかは変わってくるし、天気によって印象も全然ちがうものになる。
そうだ京都いこう20192019-22
<大徳寺 高桐院>


完全に同じコンディションというのは無いので、何度訪れても飽きないし、ついつい毎年通ってしまうのよ。
そうだ京都いこう20192019-232
<大徳寺>


2012年から京都の紅葉にハマっていて、最初の頃は朝から晩まで自転車であちこち回っていました。今、久しぶりに振り返ってみたけど、2012年は天気も色づき具合もよく、こんな紅葉見ちゃったら、そりゃハマるわな、と。

この年に見た、苔寺、常寂光寺のインパクトがあまりに強烈で、その後は「あの時を超えられない...」と、幻を追い続けていたような気がします。

さすがに今年は一段落したようで、一期一会を愉しめるようになっていました。
そうだ京都いこう20192019-30
<直指庵>



今回のヒットは、もみじの名所「高雄」。

アクセスは車に限られるので、中々行けないのだけれど、つまみ細工の「おはりばこ」のかおりちゃんに連れていってもらって『神護寺』のピークに逢うことができた。
そうだ京都いこう20192019-90



東向きの斜面を登っていくので15:00頃には日陰になる神護寺だけど、
そうだ京都いこう20192019-80


瓦投げのエリアだけは西陽が差していたのね。そこで紅葉がドーム状に空を覆う場所に立つと、オレンジの光に包まれて、それはもう言葉にできない美の領域。
そうだ京都いこう20192019-84


以前、両親と高雄を訪れた時は、紅葉がシャビーな年で全く昂ぶらなかったので、本来の姿を見ることが出来て良かった!
そうだ京都いこう20192019-68



ただ、近くの『高山寺』は台風の爪痕がなまなましく、遊歩道がまだ殆どの部分クローズというダメージの大きさ。
そうだ京都いこう20192019-59




鳥獣戯画のあるお堂のあたりは大丈夫だけど、敷地内では300本の木が倒れたという。
そうだ京都いこう20192019-66




境内は14:00頃なのに陽射しが柔らかく、マジックアワーのような光だったのが印象的でした。
そうだ京都いこう20192019-67



そんな高山寺の裏参道の前には、川沿いでお蕎麦やうどんがいただける『とが乃茶屋』があり、川面に映る紅葉を眺めながらのランチタイム。
そうだ京都いこう20192019-52



食事は至ってシンプルだけど、この景色を肴にお酒飲めたら言うことないっしょ。
そうだ京都いこう20192019-54




高雄は、大徳寺エリアからでも車で30分程度と思ったより近い。渋滞も特になくて、ドライブしている段階から見事な紅葉を見ることだってできる。『神護寺』の階段の途中にあるお茶屋さんは、オープンエアーの紅葉ドーム。なんなら、ここで一日過ごしていたっていい。
そうだ京都いこう20192019-72

欲を言えば、こういう場所ほどもっと洗練された空間づくりをして、高付加価値のサービスを提供して欲しい。全部が同じような茶屋さんである必要はない。単価数倍でも、間違いなくそっちを選ぶから。ニセコが成功している理由はそこにある。



嵐山は激混みなので、嵯峨野でも外れにある『直指庵』へ。
そうだ京都いこう20192019-40



高低差を活かした敷地は光を受けて色鮮やか。ここまで晴れあがると侘び寂びよりも賑やかさが際立つ。
そうだ京都いこう20192019-38


紅葉のトンネルは、写真じゃ伝えられない美しさだった。
そうだ京都いこう20192019-39



食事はいつもの『割烹 たいら』へ。
そうだ京都いこう20192019-198



お食事は、もう無いと諦めていた丹波の松茸をお椀でいただけたり、モロコに会えたり、2週間熟成のぐじのお造りがめっちゃ旨かったり、菊芋のテクスチャが異次元だったり。お酒もシャンパーニュから、ワインから、清酒まで。ちょっとだけ味見させてもらった清酒まで加えたら、何種類呑んだろう?

そうだ京都いこう20192019-200



そうそう食事の前に、RYOと祇園のサウナ「ルーマプラザ」行ってて、初の本格サウナデビューだったのよ。外気浴してたら曇ってたのに、一瞬だけめちゃ綺麗なサンセットに遭遇し、それなりに”ととのった”せいか、体の芯がジワーッとなって。


その直後に「たいら」に行って呑んでたから、酔いが気持ちよくまわるまわる。中々いい滑り出しの「サ道」デビューでした

そうだ京都いこう20192019-203





こちらは八坂さんを眼前に望むViewが京都人にも新鮮な『パークハイアット京都
そうだ京都いこう20192019-106



高台寺の真横、二寧坂の入口のところに出来たんですね。地図で見てから向かってるので頭ではわかっていたけど、実際にたどり着くと「こんなところに!?」と驚きを隠せない。建物の高さが10mに制限されているエリアのため、傾斜を活かしながらの設計となっている。

そうだ京都いこう20192019-129




部屋の屋根も敢えて傾斜をつけることで、レジデンスのようなリラックスした雰囲気を作り出している。

そうだ京都いこう20192019-111





かと思えば、バスルームはめっちゃクールだったり。

そうだ京都いこう20192019-109




二寧坂沿いのレストラン『KYOTO BISTRO』は、ここがパークハイアットだとは気づかれないくらいさりげなく町に馴染んでいる。

そうだ京都いこう20192019-114




メニューもリーズナブルなのに、フィッシュ&チップスや、カツカレーなどカジュアルメニューがフレンチの技で仕上げられているのよ。陶器は宇治の「朝日焼」が使われているのもポイント。

そうだ京都いこう20192019-115




食後は最上階のBAR『KOHAKU』に移動。ここは京都ではありながら、誰も見たことのない景色を愉しめます。次回の京都でも寄りそうなくらい好み。

そうだ京都いこう20192019-104




昼は紅葉を愛でて、夜は京都の友人らと酒を呑んで心地いい時間を過ごす。やはり、旅はヒトがKEY。

そうだ京都いこう20192019-146



そうそう、オープンから1ヶ月も経っていないので、タクシーにハイアットリージェンシーに連れて行かれるリスクもあるので、お気をつけて。



お寺のセットリストは続きの方で
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年11月17日

姫路城と宇治 お茶会で休日の雅

姫路2019-11


現存12天守は、江戸時代以前からの天守閣が残っているもので、国宝に指定されているものは、その中で5つ。

松本城、松江城、彦根城、犬山城、そして姫路城。今まで、他の4城には行ったんだけど、肝心の姫路城が未訪だったんです。

白鷺城とも呼ばれるこのお城は、この中でも最大クラスで圧倒的に華やか。二の丸や西の丸なども美しく残っており、城としての世界観を現代に伝える貴重な存在。
姫路城2019-7



他のお城は、天守閣は残ってるものの、それ以外の部分がだいぶ現代に侵されてしまっているか、もしくは当時の姿を残していないので、江戸時代の気分を愉しめるスペースは限定的。


姫路城は、未だ石垣と白壁の城壁が多く残っているから、イメージするお城の世界観をじっくりと味わえるんすよ。
姫路城2019-3


そして、いわゆる姫路城的な姿を一番美しく見られるのが「西の丸」。余計なビルとか視界に入らず、周囲もお城らしい世界観が保たれているので、純度高めの城エクスペリエンスを求めるのなら、ここはハズせない。

限られた時間しかないのであれば、天守閣に登るよりも、西の丸に訪れることをオススメします。
姫路2019-12



ちなみに、今まで回ったお城でタイプだったのは熊本城

復元天守ではあるけど、敷地も広大で、迫力ある石垣も残っている。中でも宇土櫓(重要文化財)のように、天守閣ではないけれども加藤清正が創建した初代天守ではないかといわれるような櫓も残っていて、中の雰囲気も古城らしくゾクゾクしちゃったりと、歴史の重みを体感できるエリアがしっかりと残されている。

地震の後にも行って、その被害を見た時は言葉もなかったけど、天守閣も復旧が進み今年の10/5から特別公開(大天守外観復旧記念)もはじまっている。また宇土櫓に入れる日が来ることを愉しみにしています。



そんな姫路城をあとにして向かったのは、神戸のバスク料理レストラン『bb9』。「エチェバリ」出身のシェフによる、日本の土地と素材で表現したアサドール。
姫路2019-28



バスクのガストロノミーを知ってる人には嬉しいコース構成かと。

「エチェバリ」の薪料理はもちろん、港町ゲタリアの「エルカノ」あたりでアサドールの魚料理の凄味を体感してると刺さるんじゃないかな? あんこうのグリルで、同じ魚なのにブラックスキン、ホワイトスキン、骨周りと全然違う魅力になるし、魚の焼き方で「ほえー、スゲー!」って感じたのも久々だったもん。
姫路2019-17




『bb9』では、北海道のブリ、仙鳳趾の牡蠣、五島列島のトロミあるハガツオ、舞鶴のクエなどエロティークな火入れと、ほんのりかほる薪のニュアンスから、バスクへのオマージュを感じる。
姫路2019-19



フレッシュのポルチーニの火入れも良かったなぁ。
姫路2019-23



チャコリもいわゆるバル用の微発泡がぶ飲み用と、ガストロノミーで出てくるリースリングなどを混ぜた超熟用のチャコリは全然別物。ビルバオの「Azurumendi」で、ペアリングをオーダーしたら10種類くらいチャコリが出てきたことあったくらい。


最後のデザートワインで幾らのっかったのかだけは知りたいけど(苦笑)、料理もワインのセレクトもめちゃタイプなレストランでした。
bb92019-2



翌日は、京都の宇治で遠州七窯のひとつ朝日焼の「松露会」へ。
宇治松露会2019-14


宇治川沿いを歩いたり、興聖寺の坂を登ったりしていると、定点観測で「今年は紅葉遅めだね」とか、肌で季節を感じられる
宇治松露会2019-1


宇治松露会2019-6


まりえと一緒にお茶席に入って美術館クラスのお道具に会えたり、手びねり体験できたりと、日本の美にどっぷり触れる休日
宇治松露会2019-19


お正客の譲り合い合戦は、毎度のことながらアレだけど、着物で男性というだけではめ込もうとするのは勘弁。や、出来るなら喜んでやりますけど...
宇治松露会2019-8

とはいえ、オーセンティックな茶席は圧倒的な日本だし、たまにはこの空気の中に身を置くのが好き。例年スタートが遅くてバタバタするので、来年は学習してもうちょいはやく訪れたいもの
宇治松露会2019-13





今回 宿は、神戸と京都の中間地点、大阪に陣を張りました。

御堂筋通り沿いの本町に、新しくデザインホテルがオープンしたんです。寺院の山門と一体になった新コンセプトの『大阪エクセルホテル東急』 
https://www.tokyuhotels.co.jp/osaka-e/index.html
大阪2019-1



ラグジュアリーホテルと、ビジネスホテルの中間層が薄い日本のホテル事情って、常々なんだかなーと感じてたので、気軽に使える遊び心溢れたデザインホテルというのはWelcome
大阪2019-8



大阪出身者に話したら、「400年の歴史がある南御堂のところに山門型ホテルと言われても、全く想像が出来ない」と、かなりチャレンジャブルな試みらしい。

万華鏡をモチーフにしたデザインで、コンセプトルームは泊まるだけじゃなくてPARTYとかにも使えたりと、時代のニーズにあった打ち出し方が好印象。
大阪2019-13



御堂筋通りのライトアップをこの角度で見下ろせるっていうのも、大阪人には新鮮だそうで。
大阪2019-27




ホテルのメインダイニング『PIC*NIKA』は、洋食をベースにしたビストロ。ベシャメルソースの美味しさや肉の火入れにフレンチ出身というシェフのキャリアが垣間見られます。
PICNICA2019-10



大阪らしくたこ焼き風のゼッポリーニや、BBQの世界観で出してくるヘレ肉のグリルなど、ここでも遊び心は忘れていない。
PICNICA2019-8



ホテルオリジナルのクラフトビールが、道頓堀で作られたものというのも驚き。旅人には、現地ならではのモノに弱いんです。
PICNICA2019-1



食後はBARも使ったけど、オープン直後でまだ知られてないから、個室のような隠れ家スペースで、100%リラックスしながら呑めたのも◎
大阪2019-20



去年末、4年で100回旅する計画をクリアしたので、今年はちょっと旅のペース落とそうと思ってたんだけど、結局過去最高の旅記録を更新し、47都道府県もコンプリートできそうです。

旅を生活の一部に組み込みたいと願ってたので、今のライフスタイルはある意味狙い通り。ただ、こんだけ旅してるとマジで疲れが抜けないけどね(笑)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。






続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2019年11月13日

札幌と余市で紅葉とワインを遊ぶ

札幌余市2019-12


実は11月初旬って、札幌の紅葉が見頃なんです。

11月頭の連休は、ピークは過ぎていたけど、それでもメチャ雰囲気ある紅葉をあちこちで見ることが出来たのね。
札幌余市2019-50


しかも東京だったらワチャワチャしてそうな場所が、ほぼひとり締めできたりして贅沢極まりない


特に驚いたのが、余市の美しさ。夏と冬の余市の景色は知ってたけど、秋がこんなにも魅力的だったとは、正直驚いた。
札幌余市2019-4




こんな景色を眺めながら、テラスでワインを愉しみたいところだったけど、防寒対策が全然できてなかったので、泣く泣く室内でワインタイム。
札幌余市2019-11



ここ『オチガビワイナリー』は、カーブドッチ創設者の落さんが2012年からはじめたもの。芝生の上にきれいにワインが植えられていて、プレゼンテーションが上手っすね。将来的には宿泊施設を建設予定とのこと。
札幌余市2019-10


夏にニセコ行った帰りに寄った新しいワイナリーも宿泊できるようになってたし、イタリアンの「SAGURA」も宿泊できるようになっている。

これまではニセコに行く途中の通過点だった余市が、だんだんと滞在拠点としての魅力を増しているのは嬉しいこと。なんせ札幌から車で1時間弱と近いし、自然が豊か。小樽も近いし、夏は積丹ブルーの海遊びの拠点にも出来る。
札幌余市2019-1


札幌との違いは、自然に包まれながら洗練された休日を送れるところだと思うので、洒落たホテルやレストランが、もうちょい増えると一気に景色が変わるはず。
札幌余市2019-6




ディナーで訪問した『meli melo(メリメロ)』はミシュランスター。札幌では珍しい劇場型のカウンターフレンチ。
札幌余市2019-20



今年の夏にリニューアルしたばかりで、北海道ならではの体験価値を創り出そうと佐藤シェフがチャレンジを続けている。
札幌余市2019-19


炭で仕上げるピジョンやカスベといった、メインの魚・肉は安定感あるクリエイション。
札幌余市2019-33



北海道 赤平産の鳩で素材力ある蓮根との組み合わせがいいね
札幌余市2019-35



留萌から届けられるカスベの頬肉も札幌フレンチらしい手応え
札幌余市2019-36



白老牛のシンシンと大間の鮪の背肉を使い、64度で仕上げた卵を添えたタルタルは、ハーブ使いも上手でバンコクのアジアンガストロを彷彿とさせる面白さ
札幌余市2019-27


札幌余市2019-26



ここ数年、札幌はイタリアンのほうが大きな変化をしてきたという印象だったので、久しぶりにフレンチで男気みせてもらいましたね。
札幌余市2019-29


札幌余市2019-30





前回、チラ寄りだけで食事はできなかったイタリアン『Φ(ファイ)』にリベンジ。
札幌余市2019-74


ナチュールワインがグラスで揃えよく、料理もお酒の魅力を引き立てます。山わさびのトマトパスタは、しっかりとした辛さが斬新。
札幌余市2_2019-1



ピジョンもボリュームあってワインのお供に最適。
札幌余市2_2019-2


人気の理由に納得。住んでたら行くな、ココ。
札幌余市2_2019-3



そうそう、めちゃいい発見だったのが、札幌駅の改札近く(西口側のパセオ1F スタバの横)にあるワインスタンド『ワインの円山屋』。ショップに併設の立ち飲みカウンターがついていて、ナチュールワインがグラスで飲めるのよ。
札幌余市2_2019-6


空港行くときには駅に早めにつくことか多いので、15分くらい時間調整するには最高の選択肢。逆に駅で人待ちするときにも、ここがあれば遅れたところでイライラしません!
札幌余市2_2019-7



最後に空港で帯広の豚丼、ついにジャンクフード解禁
札幌余市2_2019-8




紅葉とワインを堪能した秋の札幌なのでした。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2019年11月04日

くつ海老を食べに南紀白浜へ(和歌山)

DSC07857


リスペクトするタベアルキストの友人から”和歌山にいいお店があるよ”と聞いて、訪れることに決めた南紀白浜

南紀の食材にこだわった、ここでしか食べられない料理を愉しめる「召膳 無苦庵」では、くつ海老をいただきつつ、クエづくしに舌鼓。
和歌山2019-34




日本三大酒場のひとつ「長久酒場」では、肝がたっぷりのかわはぎの刺身やうつぼの炭焼など、しっかり呑んで食べて2人で8000円
和歌山2019-65




全体の雰囲気は、昭和のまま時間がストップしていた印象なんだけど、温泉×ビーチということで年間を通じて100万人規模の来訪者がいるという一大観光地。
和歌山2019-69



若いカップルや子連れの家族が多いのも印象的。礼文島や大歩危小歩危では、シニアの方ばかりが視覚に入ってきたので対照的だなーと。
和歌山2019-61




宿泊したシーモアは創業50年の老舗ホテルだけど、昨年かなり本気でリノベをしていて、昭和の空気感の中で見事な令和っぷりを発揮している。
和歌山2019-43



なによりkyahさん好みなのは、テラススペースの充実度。ホテルのベーカリーやレストランで買ったものは外のテーブルで自由に食べられるし、この空間で手ぶらBBQできるってのも高ポイント。
和歌山2019-20


同じテラスにあるインフィニティ足湯は爽快だし、露天風呂はシーフロントに立ち湯(深さ120cm)があったりと、思わず長湯してしまう仕掛け。
和歌山2019-70



ホテルベーカリー「TETTI BAKERY&CAFE」は、メゾンカイザー監修の粉を使った本格的なもので、製造工程も外から一望できる仕掛け。カントリーサイドで早朝からクロワッサンいただけたのが本当に嬉しかった。
和歌山2019-15


日本一パンダが多い「アドベンチャーワールド」は、子連れファミリーにはキラーコンテンツ。ボクは行かなかったけど、前日入りしたまりえは、動物たちにたくさん会えてウキウキしてました。

ついでにいうと、前日入りしたまりえは、ホテルに併設されたレストラン「いけす円座」を夕ご飯先に選んでたのね。ここではクエ御膳が3000円くらいで、女性のおひとりさまでも使いやすい雰囲気だったとのこと。
和歌山2019-12


うまいなぁと感じたのは、敢えてホテルの別棟にあるという独立性。どうしても、地方ホテルのレストランって割高でイマイチなイメージあるじゃない。洗練されたファサードで別棟にあると、なぜかそんな警戒心が薄れるんです。


ちなみに、この並びにあるレジデンス棟には、テラスのあるBARが深夜まで開いてたり、
和歌山2019-40


カフェみたいな内装のラーメン屋もあったりと、南紀白浜の中で、ここだけやけに垢抜けてました。
和歌山2019-58



レジデンス棟の内装も今っぽくて、広々したリビングやキッチンの他に、目の前にもテラスがあって、プールやBBQゾーンも。
和歌山2019-10



こっちはホテルみたいないワチャワチャしてないから、落ち着たステイしたいヒトにはかなりオススメ

和歌山2019-7



車で1時間ちょっとで熊野神社本宮にも行けるからドライブも楽しい。ただ、欲張って那智の滝とか瀞峡の観光船に乗ろうとすると、丸一日必要になるから、もう少しオレに計画性が必要だった。
和歌山2019-45


1泊2日でも、思った以上に愉しめた南紀白浜。
和歌山2019-48




さて、残る未踏の都道府県はあと3つ。年内にコンプリートできそうかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





続きを読む

kyah2004 at 22:30|この記事のURLComments(0)

2019年11月01日

旭山動物園(旭川)寒さを忘れたいやし空間

旭山動物園2017-20

今年もそろそろやってきますね、積雪時にのみ行われる「旭山動物園」名物、ペンギンの散歩。

まりえが動物好きなので付き合いで見に来たんだけど、動物に関心薄めのオレですら、素直に心を癒やされました。写真だとわかりにくいけど、水の中をスーッと進んでいくさまとか、やけに美しくてね。

旭山動物園2017-3




シロクマの毛が、水の中で柔らかく揺れたりするのは実際に生で見てみないとわからない。
旭山動物園2017-8



なんか吠えてて喧嘩してるのかと思ったら交尾してました。水蒸気もモワモワ立ってて熱を感じるプレイ
旭山動物園2017-11




パレードは30分くらい前から陣取りしてたかな? かなり後半の場所だったので、隊列は前後に伸びています。
旭山動物園2017-17



メルボルンでも野生のペンギン見に行ったけど、なんで歩いてるだけでこんなに愛くるしいんすかね
旭山動物園2017-19



この立ち方とか反則ですわ
旭山動物園2017-25




ネコ科が好きなまりえは大興奮、雪の中に佇む豹ってかっこいい(豹っすよね??)
旭山動物園2017-34


旭山動物園
 旭川市東旭川町倉沼
0166-36-1104
https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/





2月の富良野でマイナス10℃近かったと思うけど、重ね着しまくりだし、心構えもできてるし、ヤバくなったら室内に逃げ込めば少しは暖がとれるので、思ったほど凍える思いはしませんでしたよ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 21:00|この記事のURLComments(0)

2019年10月26日

ル ピックアシエット(京都)エスプリと伝統と革新と

丹後2019-61


京都というと、日本各地、いや世界中のフィーディーズたちが集まる人気店に目がいきがちですが、地元のお客さんに支えられたいいお店もたっくさんあるんです。

観光客として京都に訪れるだけでなく、京都の友人のところに遊びに行くと、そんなお店に会えるんですよね。



清水寺からほど近い『 ル・ピックアシエット 』は、趣のあるファサードのフレンチレストラン。丘の途中に立ってることからどことなくモンパルナスの丘を彷彿とさせる。
ルピックアシェット2019-45




京焼「真葛焼」の窯元の目の前のせいか、この一角にはやけに文化的な薫りが漂ってるように感じてしまうのよね。
丹後2019-38



実際ここは真葛焼の若旦那 シンくんの行きつけでもあり、この日は窯元でお茶を一服してからおジャマしました。
ルピックアシェット2019-11



なんといい流れ。


しかも、まりえのヴィンテージのJOSEPH ROTY  ジュブレ・シャンベルタンに、この翌日訪れる予定の竹野酒造のトップキュベ「in/ei(陰翳)」 まで用意されていたのよ。
ルピックアシェット2019-38



真葛焼の新作 ワインにも使えるお椀のプロトタイプも並び、めでたく実戦投入の機会に立ち会えるという幸せ。ブルゴーニュのピノ・ノワール好きの若旦那だけあって、リーデルのブルゴーニュグラスに似たフォルム。これは期待が高まります。
丹後2019-78




水差しをアイスクーラーに使ったりと、これぞインバウンド富裕層が求める展開。
丹後2019-46




ファサードからしてエスプリを強く感じるお店だなと思ってたけど、「やりますな!!  ル・ピックアシエット

淡路島産 玉ねぎのタルトをいただいて吃驚。ものすごく時間をかけて丁寧に作られたことが伝わってくるたまねぎの甘さ。タルト生地とのバランスもよく、しみじみと美味しい。
ルピックアシェット2019-31





このあたりはテタンジェと合わせて
ルピックアシェット2019-30






続くオニオングラタンスープも、寒い時期には最高のご褒美。グリュイエルチーズの主張具合も程よく、これまた体に染み入るようなイノセントなスープ。もちろん、たまねぎの濃厚なかほりや風味が五感を緩ませるんだけど、雑味がないからクリアな印象なの。
丹後2019-49





シェフは、京都で和っぽいニュアンスを挟むと中途半端になるということで、敢えてモダンっぽい寄せ方はせず、王道のフレンチにこだわっている。不器用なまでの実直さも、実は好感ポイント。自然と応援したくなる。

ロワールのアスパラをオランデーズソースで。
ルピックアシェット2019-32






これでもかというくらい たっぷりと魚介を使ったお皿
ルピックアシェット2019-34






パイ包みのあたりからワインの存在感がグッと増してくるから、Charmes Chambertinはナチュラルにテーブルの上に君臨しますよね
ルピックアシェット2019-35





でもね、濃い味には役不足かと思われた清酒が、これまたバッティングすることなくツートップとして並ぶのよ。
ルピックアシェット2019-37







最近、逆にこんなクラシックなフレンチを食べていなかった。ビストロとは一段異なる手の混んだ味わい。これぞ、フレンチ。
ルピックアシェット2019-36






そしてこの日の主役 京都亀岡の七谷鴨、鴨といえば鉄板のブルゴーニュに臆することなく並ぶ陰翳の底力
丹後2019-66




今は「三昧椀」と命名されて正式に販売がはじまったワインにも使えるお椀。リーデルのグラスのシャープさとは異なる、円熟味を増す味わいを愉しませてくれました。即購入を決定。
ルピックアシェット2019-40





焼き立てのパイ生地のサクサク感たら無いよね、ほんと愛してる。
丹後2019-69



ルピックアシェット2019-42






こうして世界で腕を磨いて来た人たちがいるから、ボクらは極東の島国にいながらも最高峰の味を愉しむことができる。
ルピックアシェット2019-46






美味しいもの、美しいものに囲まれて生きられる幸せ
丹後2019-81





豊かさとは、お金も必要かもしれないけど、それを感じられる心の洗練度だと感じている。
ルピックアシェット2019-49




ルピックアシェット2019-51





やー、ほんと一期一会のエクスペリエンス
ルピックアシェット2019-52





兄弟でこうやって遊べるのも幸せのひとつのかたち
ルピックアシェット2019-50


ル・ピックアシエット (Le pique-assiette)
075-531-9850
京都府京都市東山区下馬町491 アースコート清水 1F
https://le-pique-assiette.com/






そして、今日も旅は続きます
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 11:18|この記事のURLComments(0)

2019年10月21日

CARSTAYで能登までキャンピングカーの旅

CARSTAY旅2019-60

キャンピングカーでの旅って、憧れつつもどっか距離がありません?

ボクもどっか他人事のように感じていました。

でも、実際 まりえとお義父さんと3人でキャンピングカー借りて能登までドライブしたら、想像よりも遥かに快適、かつ愉快に日本を縦断できちゃったのよ。
CARSTAY旅2019-82



お昼過ぎに東京を出て、1日目は八ヶ岳エリア、2日目は白馬エリアでキャンピングカーに泊まり、3日目の夕方には能登に無理なくたどり着けたし。
CARSTAY追加2019-1



しかもね、2日目は台風上陸というかなりのバッドコンディション。確かに寝る前に雨強くて閉口したけど、寝てるうちに暴風雨は過ぎ去ってたたりと影響は限定的。
CARSTAY旅2019-22




台風の影響で雲が残ってて、肝心の日本アルプスは見ることが出来なかったものの、温泉をハシゴして、森の中のラウンジでワインやクラフトビールを呑んで、国宝の天守閣のぼって、蕎麦に舌鼓をうって、逢いたかった愉快な人たちと再開できて、移動できる茶室でお茶会したりと、愉快なことだらけ。
CARSTAY追加2019-4




なにより移動しながら車窓の景色をアテにワインを飲めるというのがめっちゃ贅沢。
CARSTAY旅2019-38



今回利用した「CARSTAY」は、車中泊がOKな宿や個人宅の駐車場が利用できる、今年の年初に始まったばかりのサービス。場所によるけどトイレや温泉、共有部が使えるところもあり、サービス黎明期らしく利用できる宿がエッジーなのもポイント
CARSTAY旅2019-9
<若神楼の温泉、露天風呂の岩も猛々しい>


2泊目の夜、雨脚が強くなってきた中、辿り着いたのは山の上に立つ絶景の宿「林りん館」。番所の桜の徒歩圏内にあり、昭和っぽいネーミングとは裏腹に(晴れたら)日本アルプスが望めるテラスがあり、リビングの天井は高く、室内にボルタリングの設備もあり、そのうえお風呂は畳敷き!!
CARSTAY旅2019-52


CARSTAY旅2019-46



台風ということもあって、リビングでディナー兼酒盛りをさせてもらい、酔っ払ってお風呂の畳でそのまま寝ちまったり、
CARSTAY旅2019-50



朝からテラスで虹を見ながらワイン呑んだりとフレキシブルに宿を使わせてもらえた。
CARSTAY旅2019-59





3拍目の夜は能登のイクが運営するCARSTAY「田舎バックパッカーハウス <1>」へ。お風呂やトイレ、共用スペースが使えるのはもちろん、長期滞在型のCarstayもできるスポットになっている。
CARSTAY能登2019-4




何台も車が停められるスペースがあるので、この日は車生活の達人たちが集っていたのね。旅という枠を超えて 車を生活拠点として生きるライフスタイルについて直接体感したり話を聞くことができた。
CARSTAY能登2019-29


中でも茶室を積んだ爲さんの車は圧巻。
CARSTAY追加2019-5



CARSTAY能登2019-30



ちなみに爲さんとは太秦江戸酒場で会っていて、いつか為さんの青空茶室に行きたいと思っていたんです。イクからは「和室がある車の人が来るよ」程度のインフォメーションだったので、まさか再会できるとは思ってなくて。
CARSTAY能登2019-5




駐車場にキャンピングカーを停めて、茶室を積んだ車の中にいる人を紹介された瞬間「オレ、このヒト知ってますわ!」と大興奮。シルエット見た時にピンときて。こんなところで再会できるんだ...としみじみ
CARSTAY能登2019-10


当然、この夜は宴になって、お抹茶のカクテルを所望したり、26:00頃に締めのお薄をいただいたり。
CARSTAY能登2019-14



翌日はイク家族に続き、お義父さんとまりえと一緒にお茶会もできたりと思わぬ親孝行になりました
CARSTAY能登2019-22





そうそう、キャンピングカーの話もしておかないとね。ボクラが借りたのは、コンロや水道、冷蔵庫に電子レンジも搭載された最新式のハイエースのカスタム車。
CARSTAY旅2019-33


バッテリーも積んでいるのでパソコンでの作業も耐えられる。
CARSTAY旅2019-88


こうした車も「CARSTAY」のサイトからレンタルできて、なんと1泊2万円ちょい!! 燃費は5km程度だし、坂道はアクセル踏み込んでもスピードでないけど、ゆったり景色を楽しみながらドライブするには、間違いなく最高の選択肢の一つ。
CARSTAY旅2019-87




さいごにいちばん大事なことを書いておくと、このサービスの一番の肝は「新しい価値観との出逢い」につきると思う。


こういったサービスを使う人の中には、車を生活拠点にしている先駆者たちがいて、いわゆる世間一般の価値観には縛られず「自分の生き方」を突き詰めてる人たちに逢える確率が高まるのよ。
CARSTAY能登2019-13



今回の旅を提案してくれた能登のイクもそうだけど、移動茶室で暮らす爲(ため)さんの生き方というのも、実に清々しい。


自身の価値観を信じて、行動して、そして生活ができてるヒトと生で話すと、自分のスタイルで生きていくことに自信が持てる。しあわせのカタチは人が決めるものじゃなく、自分で決められるものだっていうのが再認識できるから。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 11:30|この記事のURLComments(0)

2019年09月29日

坂の上の雲ミュージアム(松山)出雲屋で朝餉のあとに

出雲屋2016-13


NHKでやってた「坂の上の雲」が大好きで、念願の松山へ行ったときの話。

地方都市あるあるで、繁華街はJRの駅前ではなく少し離れたとこにあるのよね。お城がある町はだいたいそんな感じじゃない?
出雲屋2016-2




ホテルは、お城の近くのANAホテルにしていたので、荷物をおいて近場で腹ごしらえしてから
「坂の上のミュージアム」に向かいました。
出雲屋2016-12

現存十二天守「松山城」とどっちを先に行くか迷ったんだけど、ルート的にこちらが手前だったもんで。

建物は安藤忠雄の設計で、松山市の気合が透けて見える。道後温泉に松山城という強力なコンテンツがあるけど、ボクも松山行きを決めたのは「坂の上の雲」の舞台をこの目で見たかったというのが、一番の理由だったので。
出雲屋2016-17




テレビドラマも見返して、司馬遼太郎の本も読破して向かったミュージアムだけど、そんなに心躍るような展示はなかった印象。
出雲屋2016-19



それよりもサロンでコーヒーとスイーツをいただきながら、山の麓の森の中に建つ洋館「萬翠荘」を眺めてる時間の方が好きで、鮮やかに記憶に残っています。
出雲屋2016-24


テレビの連続ドラマでは、本木雅弘と阿部寛の秋山兄弟がカッコよくてね。自分が全くもって得意としない「努力」や、大きな「責任」を負うといったことをやてのけた明治の青年たち。

すっかり当時の彼らより歳を重ねたわけですが、まったくもって彼らより大人になれた気がしてません。
出雲屋2016-23


坂の上の雲ミュージアム
愛媛県松山市一番町三丁目20番地
089-915-2600
https://www.sakanouenokumomuseum.jp/




四国は、高松にじっくり訪れてみたい
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 20:31|この記事のURLComments(0)

2019年09月09日

夏のニセコと札幌へ

ニセコ夏2019-134


昨年末からハマりまくりのニセコ。
ニセコ夏2019-84



何がいいって、自然と美食とエンターテインメントの集約っぷりが見事で、しかもクオリティがいちいち高いのさ。建築物もセンスいいし、ダイバーシティっぷりが国内とは思えないレベル。

ニセコ夏2019-99


美食と自然という意味では、軽井沢も素晴らしいけど、ニセコの雪質は世界的に有名なので、パークハイアット、リッツ・カールトン、アマンリゾートなど続々とラグジュアリーホテルが開業予定。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


国内だけじゃなく、世界が注目してるので、資本の集まり方が比じゃなく、ゆえにレストランやホテルも海外富裕層視点。
ニセコ夏2019-92




今回は夏のニセコがどんな雰囲気かみたくてね。ちょうど「ひらふ祭り」がやってるタイミングを狙って行ってきました。

オフシーズンゆえ、めっちゃカッコいいヴィラも冬の価格の1/3以下なので、ホテルホッピングにもいい時期なのよ。
ニセコ夏2019-81




洒落たヴィラで、友人たちとひたすら飲み明かすって最高じゃない? しかも2泊目の「AYA VILLA」は、硫黄臭強めの温泉付き。3Fのリビングは、めっちゃ開放的な造りで、今までの日本人にはない発想。
ニセコ夏2019-94


ここ、真横がゲレンデだから、人の目とか気にするタイプは耐えられないかも(笑)。ボクは当然そんなの気にしないし、むしろ心地良いくらい。ゲレンデの真ん中でステイしてる
ような錯覚感味わえるなんで最高でしょ! 
ニセコ夏2019-95


夏は、ヒトも少ないし、ゲレンデの草むら歩いてるヒトなんていないから、ゆったりと友人家族との時間を堪能。起きてる時間は、場所を変えて呑んでは寝ての繰り返し。
ニセコ夏2019-79




HYATT HOUSEにも一泊したけど、ここはレセプションの雰囲気がクール。
ニセコ夏2019-65



オープンキッチンのカフェもテラスあって夏でも気持ちいいし(さすがに雨だと外で飲むのはムリ)、1Fにはミシュランスターの『KAMIMURA』や、KAMIMURAがやってるBAR「Kitchen」もあるので、このビルだけで質の高い休日が送れちゃうのも魅力。
ニセコ夏2019-64


部屋は「AYA VILLA」と比べると華はない。というのもメチャ広いバルコニーが殺風景で。目の前に羊蹄山があるから、見えてるときは気にならなんだろうけど、羊蹄山が隠れてるとバルコニーの無機質さが目立ってね。
ニセコ夏2019-62



今回のメインイベント「ひらふ祭り」は、カントリーサイドとは思えないダイバーシティっぷりで、冬に劣らず日本にいることを忘れそうな空気感。
ニセコ夏2019-97


ただ、変なイベント(うるさいカラオケ)は、折角の空気が台無し。やっぱ日本のお祭りだね...と残念感満載に。
ニセコ夏2019-96



一方、同じ日本らしさでも。和太鼓&花火のコラボレーションは、迫力あって絵力も強かった!
ニセコ夏2019-116


太鼓に合わせて花火上がったりとか最高。








最後の柳も距離が近くて大迫力



会場のお店は、お祭りにしては中々のクオリティで、Villaからワインとグラスは持ち込んで、青空の下で屋台飯食べるのが心地良かった。
ニセコ夏2019-106



ただ、ミスったのは北海道の涼しさで、お盆過ぎたら秋モードなのよ。半袖、短パンばかり持っていったオレは、完全に季節外れで、想定しない重ね着スタイルで、なんとか外飲みに耐えてましたわ。

ニセコ夏2019-103




訪れたレストランについては、続きの方でちゃんと書くけど、ミシュランのフレンチが何軒もあったり、町のハズレの森の中にめっちゃ質の高いブーランジェリーやとうふ屋があったり、ナチュールワインの揃えがむちゃいいワイン屋があったり、自然の豊かさをキュンキュン感じられるギャラリーレストランがあったりと、夏のニセコも2泊じゃ全然遊びきれない。
ニセコ夏2019-88


ニセコ夏2019-74


ニセコ夏2019-77


ニセコ夏2019-132



秋のニセコも行ってみたいけど、旅の予定が詰まりすぎてて今年は無理そうかな...。年内にはもう一度くらいニセコに逢いたい。ちなみにここは帰りがけに寄った余市の「ル・レーヴ・ワイナリー」
ニセコ夏2019-145





実は、今回の旅の一番の目的は今年オープンしたこのプライベートヴィラへの訪問することだったのね。
ニセコ夏2019-36



この庭でのBBQやリビングでの朝食が、上質なエクスペリエンスになるということは、写真を見れば説明が不要。
ニセコ夏2019-46


でも、ここがお気に入りになった最大の理由は、ガーデンフロントのテラスや、山を望み小川を見下ろす2Fのバルコニー、バスルームの中など、お酒を気持ちよく飲める場所を重要視した設計だということ。
ニセコ夏2019-42



ストックワインの品揃えも豊富でセンスよく豊かな人生というものがどういったものなのかというモデルとして魅せてくれる。
ニセコ夏2019-38


京都と北海道だけで、年間10回くらいは旅している。通う場所には通うだけの理由があるのよね。世界中が注目する「北海道」と「京都」、この2つの土地に頼れる友人がいることは、このうえなくラッキー。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:54|この記事のURLComments(0)

2019年09月07日

城山ホテル 鹿児島  桜島と温泉と

露天風呂

改めて、7月の末に泊まった『城山ホテル 鹿児島』のことを。なにがいいって、桜島が一番美しく見えて、しかも露天風呂から眺めていられること。

最近の旅では「いかにいい景色が眺めながら美味しい酒が呑めるか」ということを最重要視しがちだけど、ここは桜島をアテに酒が飲めて、そのうえほろ酔い気分でお風呂でも続きが楽しめるという二刀流。

一撃必殺で有名な薩摩示現流ですが、令和の時代、初太刀をかわされてもニの太刀、三の太刀を繰り出せる柔軟性を兼ね備えています。



夜にホテルに着いたら、桜島は全く見えず。薄っすら闇に浮かんだりしてるのかなぁと思ったけど、そんな気配すら感じられなくてね。ホテルのBAR「セラーN」で軽く飲もうと思ったら、しっかり鹿児島ゆかりの酒と料理を楽しめちゃってね。
鹿児島観光ホテル2019-16



BARの後は、露天風呂で汗を流したら速攻寝てしまったようで。
鹿児島観光ホテル2019-1





翌朝、朝焼けの気配で目覚めたんだけど、通常ならカーテン閉めて8:00頃までは寝ちゃうとこ。だけど、「お、もしかして桜島見えるかも」と眼鏡をかけて外をみたら、想定の5倍くらいの存在感で桜島が迫ってきて。
鹿児島観光ホテル2019-20


朝は5:30からお風呂がOPENしているので、風呂から眺めてみようかとダッシュで温泉に向かったんです。したら、皆さん考えることは同じで、早起きのオッサンたちが風呂場に大量発生。

とにかくお風呂が気に入って何度も通ったけど、早朝のこの時が一番人が多かった気がします。
露天風呂2




鹿児島の市街地から見た「城山ホテル」。まさに山城のように世間と隔離されていて、いちお旧階段のショートカットはあるけど、子供や老人の実用に耐えるレベルじゃないハードさ。
鹿児島観光ホテル2019-1-2




地図で見て「繁華街からすぐじゃん」なんて思ってたけど、実際は山の脇からぐるーっと急坂をあがって裏側からホテルにアプローチするので、下界からは車でも10分くらいかかります。
鹿児島観光ホテル2019-25




ロビーと同じ階にBARの「セラーN」があって、中庭にテラス席があるから、夕方は毎日そこでホテルオリジナルのクラフトビールを傾けてました
鹿児島観光ホテル2019-26




中庭からは、噴水の向こうに桜島が見えるのね。
鹿児島観光ホテル2019-35




テーブルからは少し見づらいけど、ビール片手に柵のところまで行って桜島に乾杯したり。
鹿児島観光ホテル2019-33




最終日は、最後に温泉入って、お風呂の横のリラックスゾーンで30分くらい昼寝して、〆のハッピーアワーをしに「セラーN」へ。したら、30分前までフツーだった桜島がこんなに噴煙あがってて。

とはいえ、誰も騒いでないから日常のデキゴトなんだろうなと悟り、ゆっくりビールとクラフトジンを堪能して帰路についたのでした。
鹿児島観光ホテル2019-39


城山ホテル 鹿児島
鹿児島県鹿児島市新照院町41−1
099-224-2211
https://www.shiroyama-g.co.jp/



今年は夏が短いね。梅雨は長くて、涼しくなるのも早い。なんだか寂しいなあ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 22:05|この記事のURLComments(0)

2019年08月30日

鵜の庵 鵜(岐阜)その名の通り鵜に囲まれて

うかいミュージアム2018-23


織田信長の居城だった岐阜城の麓って温泉街だって知ってました?

しかも長良川に沿って古民家が並ぶ川原町通りは、洒落たレストランやショップが点在していたりと、実はかなり通いがいのある長良川温泉。そう、長良川の鵜飼といえば、夏に欠かせない風物詩。

うかいミュージアム2018-1




「鵜飼」という文化を後世に継承していくためにも、実は鵜匠って宮内庁の職員なんです。折角、長良川まで来て鵜飼舟に乗ったなら、是非足を伸ばしてほしのが「うかいミュージアム」と『鵜の庵 鵜 』というカフェ(喫茶店、食堂??)。
うかいミュージアム2018-35


ただ、『 鵜の庵 鵜 』は、こないだ長良川に行った時も開いてなくて、食べログを見ても休業かも?扱いなので、訪れるときにはバックアップ策を考えておくことをオススメします。嗚呼、ここが休業になったら、なんとも残念…。


というのもね、テーブル横の大きな窓から、OFFタイムの鵜たちを眺められるだけじゃなく、
うかいミュージアム2018-16




驚かさないようにという配慮が必要ですが、鵜に近づいたり、
うかいミュージアム2018-21





小屋の中に入ることだって出来るんです!!!!
うかいミュージアム2018-26



えーーーっと、一般人がこんなに鵜に寄っちゃっていいんすか???
うかいミュージアム2018-27




お店とゲストの信頼関係がないと、とてもじゃないと出来ない荒業。鵜の方も、全然動じないのが、なんか心を揺さぶる。
うかいミュージアム2018-28






当家は、まりえが鵜飼ラバーで鵜に接近してみたい要望はあったんだけど、まさかこんなカタチで実現できるとは思わなかった。
うかいミュージアム2018-29




ここに来る前に、近くの「うかいミュージアム」に寄ってたんだけど、あそこでは生きた鵜が厳重に小屋の中で飼育されているだけなので、生身の鵜をこれほどまでに近くに感じることは出来なかったんです。
うかいミュージアム2018-33




もつろん、飲食店なので稚鮎のフライ、鮒ずし、鮎の塩焼きなど、酒に合うものが結構あるので、長良川エリアでも相当コンテンツ力の高いお店だと思うよ。
うかいミュージアム2018-18




前の日食べ過ぎたりとか、ディナーに備えてって時に、ちょうどいい存在だったんだけどね。
うかいミュージアム2018-19




お店には、やけに鵜に詳しい人がいて(鵜匠さんではなかった、正体は不明)、鵜の近くに行ったら、こんなコスプレグッズ貸してくれたりとホスピタリティも高い。
うかいミュージアム2018-30


続きの方で詳しく書くけど、「うかいミュージアム」も行ったほうがいいよ。



うかいミュージアム2018-34

鵜の庵 鵜
岐阜県岐阜市長良中鵜飼94-10

ほんとに休業になっちゃったら、めちゃ残念。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 22:14|この記事のURLComments(0)

2019年08月18日

縄屋(京都)丹後のディスティネーションレストラン

縄屋2019-6

カントリーサイドでも、素晴らしいお店はヒトを集められるという典型の京丹後『縄屋』

和久傳出身 店主の料理はもちろん、器や内装も美意識が貫かれて洗練されている。
縄屋2019-26




いい意味でここが旅先だということを忘れがちになる空間なんだけど、地元の旬を使った”この場所ならではの料理”に、改めて丹後にいることを実感させてもらえるのよ。
縄屋2019-17



しかも合わせるお酒が、2kmと離れていない場所にある竹野酒造。
縄屋2019-3




以前も紹介したことあるんだけど、竹野酒造のトップキュベはブルゴーニュのグラン・クリュ的なアプローチ。杜氏のヨシキくんが実現したい味から逆算して、米の造り手や田んぼの位置を指定していているのよ。
縄屋2019-32



お酒づくりの工程でも、色々独自の工夫がされてるけど、細かいことはよくわかりません。ただ、フレンチレストランで、鴨に1979年の JOSEPH ROTYのCharmes Chambertin(79年)をあわせていた時に、同時にトップキュベの -in/ei- も合わせていたんだけど、全くひけを取らない合い方をしていてね。

この日は今年の新作の - if - が大活躍。魚と野菜のフィット具合が半端ない。
tango2019-15




ワイングラスも持っていったけど、真葛焼の新作「三昧椀」の初投入。この椀でいただくと、よりお酒がマイルドになるんすよ。そんなお酒の飲み比べも愉しみつつ。
縄屋2019-1



雲丹とズッキーニ 擦り流しにトマト、海苔をあしらって。
縄屋2019-5




椀物は天然のスッポン。一口食べて、すぐにヨシキくんがフィットするお酒を選んでくれるという幸せ。
縄屋2019-9

 

 


チカメキントキの昆布締めとコチのお造り。近海の素材を使った、この場所でしかできない体験。
縄屋2019-13




そんな宴席が盛り上がらないワケもなく。
縄屋2019-21




この、ふぐみたいな食感だった150kgの白カジキも美味だったなぁ、賀茂茄子の脇役っぷりも天晴で。
縄屋2019-23





このムール貝っぽいものは、天橋立あたりで採れる「くろくち」。それが和の炊き込みご飯の仕上がりになってるなんて扇情されちゃうに決まってるでしょ。
縄屋2019-28

魚菜料理 縄屋
0772-65-2127
京都府京丹後市弥栄町黒部2517


その地ならではの体験を求めて旅をする。体が動くうちは、そんな人生を送りたい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 22:29|この記事のURLComments(0)

2019年08月16日

そば遊山(松江)そば前と純米酒

蕎麦2019-20

松江で、島根の美味しいお酒が呑みたくて。

食事は軽めでもよかったので、松江っ子に聞いてみたら『そば遊山』はどう?と。
蕎麦2019-27




”地方都市あるある”だけど、JRの駅前ってチェーンのレストランやホテルがあるくらいで、あんまし賑わってないのよね。お城の近くに県庁や市役所というのもよくあるケース。地元っぽい繁華街ってのは、JRの駅から少し離れた場所にあるんだけど、松江は伊勢宮町や東本町エリアにお店が固まっていた。
松江2019-7




『そば遊山』は宍道湖から繋がる大橋川と、松江城を囲む京橋川に挟まれたエリアで、周囲には洒落たビストロやカフェなんかも多かった印象。
松江2019-3



店内には純米酒の酒瓶が数多く並び、手元のメニューも主役はお酒。
蕎麦2019-6




さすが地元!独自のルートをもっているらしく「無窮天穏」の天頂も飲めるのね!
蕎麦2019-10





まりえは「扶桑鶴」の袋吊りを。
蕎麦2019-7





そば前も種類は少ないけど、厳選されたメニューが並んでて、そば刺し、つくね焼き、なめろうなど、清酒が進むつまみが充実。
蕎麦2019-15


味もしっかりしてたので、そば味噌とからし菜を途中で追加。
蕎麦2019-19




「無窮天穏」の天頂は、燗にしても美味だよというので、2杯目はお燗で。好みとしては冷酒でした。アタックのイノセントな透明感が好きなので、燗にするとグラマラスな部分が目立ちすぎるのよね。

蕎麦は、島根らしく割子蕎麦と、季節のゆば蕎麦を頼みつつ、〆用にしじみ蕎麦も。

割子蕎麦っていうのは、割子と呼ばれる器三枚に入って出される郷土蕎麦で、薄削りのカツオで仕上げたあっさり優しいつゆを蕎麦にまわしかけ、薬味の岩のり、ネギ、大根おろしを好みで合わせるというもの。
蕎麦2019-22

上の段から食べていって、残ったつゆは下の段にかけていただきます。


季節の蕎麦も、ゆばのとろみがいい具合に蕎麦に絡んで。
蕎麦2019-23



宍道湖のしじみは、観光客的にマストなのでありがたく。適度に柔らかな蕎麦のテクスチャが〆にはちょうどいい感じでした。
蕎麦2019-25







蕎麦2019-5

そば 遊山
0852-27-5467
島根県松江市末次本町18




人気の郷土料理のお店は予約が取れなかったけど、さっと食べてからこの後に宍道湖を望める雰囲気あるカフェにも行けたし、結果オーライ。島根っ子の友よ、ありがとう。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:10|この記事のURLComments(0)

2019年08月12日

夏の丹後旅(京都)これも京都の魅力

tango2019-36


今年の3月に京都「真葛焼」の若旦那のシン君に連れられ、丹後の「竹野酒造」へ訪れたんです。この時に、プレステージキュベの- in/ei -(陰翳)や- ni - の魅力に衝撃を受け、醸造中だった新作- if(畏怖)-を飲みに夏の再訪を誓っていたんですよね。 
tango2019-54



市場には殆ど流通していないお酒だし、折角ならテロワールを感じながら現地でいただきたいじゃないですか。竹野酒造の近くには魚菜料理の『縄屋』があるので、料理とお酒がそれぞれのポテンシャルを最大限に引き出すという舞台が整っているんです。
tango2019-60


シェフと杜氏のヨシキ君の信頼関係にちゃっかり乗っかる構図ですが、それがその土地の魅力を最大限に引き出す方法であれば、遠慮している場合じゃありません。全力で愉しむというのが、今、ここで出来る恩返しだと信じています。
tango2019-78



今回は、前回プロトタイプで試用した真葛焼「三昧椀」がいよいよ実戦投入ということで、酒器からもどこまでお酒/料理のポテンシャルを伸ばせるかという試みの場でもあったのよ。
tango2019-57



真葛焼は、来年パリでのイベントを予定していて、単に器だけを見せるのではなく、食材やお酒と合わせながら、日本でしか味わえない本物の体験価値を伝えに行こうとしているんです。その時に日本人でもやっていないような古典的なライフスタイルの押しつけだけでは理解が進まないわけで、本質を崩さずいかにチューニングして価値を理解してもらうかという挑戦を続けている過程なんですよね。
tango2019-83



いわば、そうした挑戦の場に居合わせていたわけで、オーディエンスらしくひっそりと高まる高揚感を楽しんでおりました。
tango2019-77


そして、いよいよ- if - に合う料理が出てきて、真葛焼 三昧椀で杜氏のヨシキ君が - if -を呑んだとき「これは、旨い...」という言葉が自然に漏れてきたときには、心のなかでスタンディングオベーションを送りました。
tango2019-82



実際、ワイングラスで呑むよりもまろやかになって、円熟味が増すんです。ボクも初期ロットの三昧椀を買わせていただいたんだけど、まず箱から出した時に、その口の薄さに驚きました。
tango2019-3


ブルゴーニュグラスの形に似ていて、日本酒はもちろんワインでも使えるし、お抹茶を点てたり料理を盛ったりと万能タイプのお椀で、デザインもシャープで品があるので、もう既にお気に入り。着物でレストランに行く時に、持っていくのも粋だよね、と。

そんな『縄屋』の夜はこんな料理たちとともに。
tango2019-65



料理は雲丹とズッキーニのすり流しにはじまり、天然のすっぽんの椀物にはモロヘイヤが。お造りのチカメキントキの昆布締めは、思わず唸る旨みのアタック。
tango2019-67


マナガツオはレア感を残しつつ、
tango2019-70



白カジキはふぐみたいな弾力ある仕上がりでパサツキ感もない火入れの巧みさを感じる。
tango2019-75



炊き込みご飯は、天の橋立でとれる現地のくろくち貝の炊き込みご飯。ムール貝っぽいニュアンスの地産地消食材です。
tango2019-79



料理が出てきたら、よしき君がすぐにフィットするお酒を選んでくれるという丹後最強のマリアージュ。
tango2019-63





魚菜料理 縄屋
0772-65-2127
京都府京丹後市弥栄町黒部2517



お酒はオーバーペースで失速しつつも、蔵元のラウンジに戻ってお抹茶&スイーツタイム。沈んでる間に、- in/ei - が出てたりしたんだけど、なんとか立ち上がってラム入りチーズケーキとのマリアージュを愉しむ。- in/ei - の方が、肉とか味の強いものとの相性が良いのかな。
tango2019-84


27:00頃に、三昧椀を持って目の前の田んぼの脇に出てみたら、だいぶ涼しくなっていて稲のかおりが周囲を包むのよ。そこで呑む清酒の美味しさは、まさにpriceless。


翌日は丹後の海の魅力を満喫。八丁浜シーサイドパークにテントを張り、近くの『ウラシマ』でオーダーしていたピッツァをピックアップし、ビーチPARTY。
tango2019-89


tango2019-91



ちなみにこちらを焼いたピッツァイオーロは、ナポリの世界大会で準優勝した実力の持ち主
tango2019-93









丹後は都市部では考えられない水の美しさで、崖の上からこんな入江を見つけるたびに激写してました。モンサンミッシェルみたいに白浜が島につながってる平海水浴場や、
tango2019-104


崖に挟まれたビーチなんかもあったりして、一日中飲んだくれていたい。
tango2019-101






そうそう、今回はちゃんと「伊根の舟屋」ともじっくり向き合えました。3月のときは雨と寒さで景色を味わうどころじゃなかったけど、伊根湾の浮き桟橋で日本の原風景に心を癒やしてもらえました。
tango2019-49


天の橋立の寿司屋「雪舟庵」で巻き寿司と鯖棒鮨を用意してもらい、
tango2019-27



向井酒造の舟屋から伊根湾をながめつつ、三昧椀で昼酒という贅。
tango2019-28

tango2019-30


tango2019-42



落ち着いた頃に、目の前に遊覧船を呼んでもらって伊根湾ツアー。情緒のない大型船ではなく漁船のような小型の船で。舟屋は200軒以上あって、寅さんや釣りバカ日誌のロケ地にもなったそうで。
tango2019-32



いわゆる京都とは、まったく異なる魅力のカントリーサイド。とはいえ、トップクオリティの料理店やお酒が愉しめるので、交通の便は悪くても、足を伸ばす価値があるわけ。来年は1泊じゃなく、2,3泊してみよっと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。





続きを読む

kyah2004 at 20:16|この記事のURLComments(0)

2019年08月04日

桜島に逢いたくて(鹿児島)カイノヤと城山ホテルの夏

鹿児島PC_2019-74

自身でもマニアックだと認識してますが、大の海崖好きです。

その派生形で、海からそびえ立つ島というのも大好物。

先日、北海道に雲丹を食べに行った時も、メジャーな利尻島でなく、敢えて礼文島を選んだのは”海からそびえ立つ利尻富士”を外から眺めたかったから。悪天候でも利尻富士は美しく、雪をかぶった姿を見に来たいと、再訪意欲が高まる始末。

そんなそびえ立つ島欲求の昂ぶりを予想してか、次なる旅先も島がアイコンのあの場所でした。
鹿児島PC_2019-39




海からドドンと存在感を放つ島の代表といえば、鹿児島の桜島。もちろん、その存在は子供の頃から知っていたし、薩摩の人にとっては特別過ぎる存在というのも聞いている。年初に立てた年内都道府県制覇のターゲットに鹿児島県も入ってたので、ならば、この目で見ないわけにはいかないとと、鹿児島行きを決めていたんです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


鹿児島デビューで、どうしても行きたい場所が2つあったのね。ひとつは桜島が一番美しく見えるという「城山ホテル」、もうひとつは鹿児島で気を吐くガストロノミー「cainoya(カイノヤ)」。
鹿児島2019-46



『城山ホテル鹿児島』は、先日70周年を迎えた老舗ホテルで、標高108mの高台に建ち錦江湾・桜島を一望できるのが魅力。ここの露天風呂から桜島を眺めるのが特に美しいという話を聞いていたので、デビューするなら、このホテルと決めててね。
鹿児島PC_2019-26


実際、金曜の夜に着いたら真っ暗で何も見えず、ホテルのBARで呑んで温泉入ったら即寝しちゃったのよ。外が明るくなってきた頃に自然と目覚めて、ちょっとドキドキしながら窓の外を覗いたんです。期待以下だったら残念だなーと思いながら。

でもね、そんなの杞憂でした。薩摩の人にとって桜島の存在がどんだけ大きいかということが、ひと目見ただけで理解できちゃったんです。
鹿児島PC_2019-20


写真じゃうまく伝わらないんだけど、窓の外の島の圧力がこんなにも大きな体験ってはじめてでね。視界に占める島の割合って、ある程度自分の経験値から基準値ができているんです。それなりの大きさを予想しながら外を見たんだけど、その基準値をだいぶ超えちゃってたのが「桜島」の初体験。

想像してみて。東京駅からお台場あたりに1000mを超える山が立っている姿を。

島単体で見たらそこまでの大きさに感じないのかもしれないけど、眼下に鹿児島の町が広がってるので、相対的に余計大きく感じるのかもしれないです。ほら、満月も空のてっぺんより、ビルに重なって見えてるときのほうが、ヤケにでかく見えるでしょ?
鹿児島2019-34





5:30のオープンを待って露天風呂のある「さつま乃湯」に向かったら、既に結構な人数が朝風呂に。ここの露天風呂からは、額縁のように桜島が切り取られていて、噂に違わぬ絶景っぷり。朝陽が昇るにしたがって、錦江湾の色が変化していくグラデーションっぷりは、ボクの朝風呂体験でも3本指に入る印象の深さ。

こんな衝撃的な出逢いしちゃったら、人なんて簡単に恋に落ちちゃうわけで、完全に桜島に一目惚れ。ちなみに午前中は逆光で島の表情が見えにくいので、午後のほうがフォトシューティングには向いてます。
鹿児島PC_2019-21



旅人的には、桜島をアテに酒が飲みたくなるのが自然でしょ。城山ホテルのBAR『セラーN』にはテラス席があって、そこから桜島を眺めることができるのよ。しかもホテルのブリュワリーで作っているクラフトビールが美味なので、サンセットを兼ねたアペリティフにぴったり。
鹿児島PC_2019-62


夕方、「さつま乃湯」で汗を流してから『セラーN』という流れは、滞在中2日連続の病みつきに。
鹿児島PC_2019-65




さっきも書いた通り、城山ホテルは海抜100mくらいの丘の上に建っているんだけど、海側からはかなりの急勾配なので、道路はぐるっと回って海とは逆サイドに入口があるんです。地図で見たら直線距離だと町のすぐ近くなんだけど、実際は市街地から隔離された別世界。

なので基本、町を観光するには車での移動が基本。でも、そこはきままなひとり旅。ホテルスタッフとの会話で、急勾配の階段を降りれば照国神社の脇まで降りれると聞いて、トレーニングがてらチャレンジすることに。
鹿児島PC_2019-24


や、だってさ。GoogleMapで見たら100mの距離のトコに照国神社あるんだよ? なんか、そこまでをわざわざタクシーで2kmくらい回っていくのも癪でね。人の足をなめちゃいかん!と果敢に挑んでみたわけなんです。

結論、下りは便利なショートカットとして使えるけど、登りは相当きついトレーニングっすね。階段も急勾配なうえに、水平面がナナメになってたりするので、スニーカー以外は危険です。歩くのが好きなボクですら、革靴だったら使わないルート。



実は照国神社まで降りるのはもうひとつルートがあって、城山公園内の遊歩道をくだっていくというもの。こちらは緩やかなので、距離は少し伸びるけど、徒歩ルートとすると現実的。
鹿児島2019-12



もうひとつのディスティネーション『cainoya』は、照国神社の斜向かいなので、ボクはホテルから歩いて向かいました。食後に桜島に渡るつもりでいたので、リストランテタイムとはいえ、スニーカー仕様のスタイルで。もちろん桜島散策用に着替えのTシャツはもってきてたので、カジュアルだけどドレッシーさは損なわないように気をつけて。
鹿児島2019-41


食べることが好きな人なら一度は名前を聞いたことがあるだろう鹿児島から全国に名の知れ渡ったリストランテ。塩澤シェフの代名詞ともなっているガストロバックを駆使して作られた料理は、イタリアンやフュージョンという枠すらも超えて、もはや塩澤クリエイション。
鹿児島2019-55


シンプルに見えても、凄まじく丁寧な下仕事が加えられており、最後は薪で仕上げるスタイル。

テクノロジーとアナログな技術、両方を駆使した料理は、徹底的に突き詰めた思考と経験の結晶。マダムの軽妙なサービスも雰囲気あるし、自然派ワインを中心に合わせてくるペアリングも実に今っぽい。
鹿児島2019-51




料理はのっけから鱧のフリットにカツオの風味を加えた椀物の見立て。レア感とエアリーさを纏った鱧のテクスチャに痺れるし、ペアリングも泡からではなく、カラブリアの自然派を温度低めに合わせてきたりと攻めたアッビナメント。
鹿児島2019-44


ビシソワーズもバターのソルベや胡椒の泡を一体化していただくのね。ここでワインじゃなくカイノヤ オリジナルの先割焼酎でペアリング。ロムデュタンやkabiでもパラダイス焼酎を合わせてもらったことあったけど、ここのは完全にビシソワーズに狙いを定めた芋×芋のセッション。グラスも専用仕様でスガハラガラスと共同開発中というから、どんだけピンポイントなんすかと。
鹿児島2019-45


冒頭にも書いた通り、年末には京都に移るんだけど、そこを意識して鮨を開発中とのこと。この日はコハダの握りを。シャリは固すぎず、ほぐれすぎずバランスをキープしながら、ネタの酸味は抑えめで。イタリアンのサラダからヒントを得たという鮨は、「日本だからこそ食べられるイタリアン」になっているのがポイント。
鹿児島2019-47


ボク自身、海外まで旅に出て高額な日本料理を食べようとは思わない。でも、日本料理のエッセンスを取り入れた日本人シェフのフレンチは、旅先でも食べてみたいって思えます。要は”現地ならではの体験かどうか”がフードトラベラーには重要で、そういうメッセージを伝える上でも、この鮨はわかりやすい武器になると思う。

日本人にはトリッキーに聞こえるかもしれないけど、世界を視野に入れたシェフなら、極めてナチュラルな発想じゃないかな。



マナガツオもボクにとっては家庭での食体験を彷彿とさせるものでした。もちろんガストロらしく身の火入れはじっくりと仕上げていてパサツキなしだし、鱗は最後に薪でパリッと焼き上げられています。
鹿児島2019-50

でも、ここに茄子の揚げ浸しを合わせてきたり、大根のペーストに至っては「魚 × 大根おろし」を彷彿させるニュアンスで、随所に日本の食卓がフラッシュバックする仕掛けが。




料理は確か15種類、ワインは12種類のペアリング。詳しいことは、また改めて書くとして、夕方近くまでゆっくりしてしまったので、この後に桜島へ行く予定はスパッと諦ました。
鹿児島2019-60





むしろ城山ホテルの温泉で余韻を愉しみつつ、最後にテラスで桜島を眺めながら
地元のクラフトジンで薩摩に別れを告げられて正解だったなと。
鹿児島2019-62



東京ではできない体験価値がある、これだから旅はやめられない。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。






続きを読む

kyah2004 at 23:36|この記事のURLComments(0)