京都2013_12月

2016年02月04日

柊家旅館 別館 (京都)自分にとっての心地よさ

柊家別館12月-1

京都の御三家旅館といえば「俵屋」「柊家」「炭屋」。
以前、柊家さんに泊まった時に”おもてなしとは、
こういうことか。”と、衝撃を受けたんだけど、

その分、当然懐にも衝撃ははしるわけで(笑)



そんな「柊家」さんに、別館という
ディフュージョンラインがあるって知ってました?
さすがに、本家ほどのサービスのきめ細やかさはないし、
室内の装飾の繊細さなども異なるけど、日本の古都を
リラックスして楽しむには、ボクはむしろこっちの方が
等身大で落ち着きます。

「柊家」は、もうちょい経験値と財力が必要だわ。
柊家別館12月-2



場所は、柊家を少し上がったところ。
御幸町通り沿い。

エントランスも、雰囲気はあるけど威圧感はなく
背筋が伸びるというよりは、ほっとします。
柊家別館12月-3



ボクラが泊まったのは2面が庭に面した
開放感のある部屋。チェックインすると
お茶とお菓子で、まずは一息。
柊家別館12月-9



食事については改めて書くけど、高級素材を
ふんだんに使うとか、盛り付けがやけに華美
だったりということはなく、一見素朴そうだけど
しみじみと美味しい。食事はこちらのお部屋で。
柊家別館12月-5-2



チェックインすると、お風呂の時間を聞かれるので、
食事前に入っておこうと。いわゆるあれです、
「お風呂にします、お食事にします」みたいな。
実際の結婚生活で、そんなことは聞かれた
ことないけどね(笑)


浴衣に着替えてお風呂にGO
柊家別館12月-12



お風呂は檜のかをりがいいね。
コーナー部分の絶妙なRが心地いい。
柊家別館12月-13
柊家別館12月-6




チェックアウトの際に夫婦で写真撮ってくれました。
こんだけ写真撮ってるのに、夫婦の写真がないから
ありがたい。
柊家別館12月-6-2

柊家別館
御幸町二条下がる
hiiragiya.co.jp
075-231-0151


海外ももちろん好きだけど、
年々和の心地よさに傾いてます。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2015年12月26日

南座 顔見世興行 (京都)

1225南座12月-14

1年が経つのが早すぎて、心の底から驚いている年末です。

2年前の今頃は、まりえと京都の友人の結婚式に行きながら、
クリスマスからひとりでバンコクに飛び、クラビで弟家族と合流、
その後 伊達家、弟家族とともにシンガポールで新年を迎えました。

そんな京都滞在中のはなし。
1225南座12月-5





オレね、京都って紅葉の時期以外、特にひとりの時は
殆どノープラン状態で飛び込みます。京都に行くからには
もちろん1,2個用事があるんだけど、新幹線で向かうときは
8割くらい何をするか決めてません。そんなんだけど、
京都に着くと誰かがどこかでイベントやってたり、
「これ行ってみなよ」なんてレコメンドくれるので、
退屈するなんてことは、今まで一回もありません。
1225南座12月-11




この日は南座で、年末の顔見世興行。
お弁当いただいてから、歌舞伎の観劇
というクリスマスな休日でした。
1225南座12月-8






自分の住んでる街だと、いい意味でも悪い意味でもルーティンなので
そんなにムリはしないし、刺激を探しに行くことも少ないです。
何故かって放っておいても刺激があちこちから振ってくるから。
1225南座12月-9





でも、それって攻めてるようで受け身なんですよね。
本当にやりたいこと、やるべきことをきちんと優先順位
つけて、サプライズが入り込む余裕も設けておく。
1225南座12月-3


そういう意味で、来年はもっと攻めていきます。
自分の心に忠実に。常に挑戦を忘れないように。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ


続きを読む

2015年01月24日

修学院離宮 (京都)美意識の到達点へ

201412KYOTO12月-00


左京区修学院の比叡山麓にある『修学院離宮』。

後水尾上皇が造営した離宮で上・中・下3つの御茶屋から
構成されていて、数奇な趣向の茶亭が閑雅にめぐらせた
池の傍らに立っている。自然と建物の調和が絶妙過ぎて
言葉を失う。
0123修学院離宮12月-57





桂離宮・仙洞御所とならび、王朝文化の美意識の到達点と
言われるだけあって、年末の一番枯れた時期でも気品ある
色気が漂っていた。

この池の光と松のシルエットとか半端ないし。
0123修学院離宮12月-49





冬でもこの美しさなので他のシーズンはどうなることやら。
0123修学院離宮12月-41







高低差のある離宮なので、上部からは京都市内が見渡せる。
まるで神が降臨してきたかのような柔らかな光を魅せる。
0123修学院離宮12月-44



トップ写真は、客殿のかすみ棚。
このクリエイティビティの高さは痺れるね。
0123修学院離宮12月-26




こんな茶屋で夏の終わりを過ごしてみたい。
0123修学院離宮12月-54




日本が誇らしい絶景。
0123修学院離宮12月-59





各御茶屋の間には田畑が広がり、細い松並木道が各御茶屋を結んでいる。
バリ島のラグジュアリーリゾートの原点のような構成。
0123修学院離宮12月-66





未だ、桂離宮は行けてないので、今年こそは見てきます。
0123修学院離宮12月-8



ただひたすらに美しい。
こういう原体験を今年もひとつひとつ
大事に重ねていきたい
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2014年04月10日

はふう 本店(京都)びふカツのエロス

201312はふう12月-0


京都のランチタイム、出来るだけ日本料理を食べたいけど、
前後のアポで時間が読めない時に予約するのはリスキー。

そんな時のために、いくつか当日でも飛び込めるアドリブリストを
持っています。その中でも肉料理の「はふう」は、かなりヘビロテ。
201312はふう12月-4



ビフカツサンドも素晴らしいけど、あれはテイクアウトも
できるので、席に座って食べるなら「はふう特製ビフカツ」を
選ぶことが多いですね。

分厚くカットされたビフカツに、たっぷりソースを絡め
衣の食感を味わいつつ、躊躇せずにオン・ザ・ライス。

やっぱね、カツサンドじゃないんだから、このスタイルだと
お米選んじゃうんですよね。
201312はふう12月-6


はふう 本店
075-257-1581
京都府京都市中京区麩屋町通夷川上ル笹屋町471-1
http://www.hafuu.com/



肉万歳!!!!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2014年02月08日

仙洞御所 (京都)後水尾上皇の美意識

0209仙洞御所12月-32

仙洞御所とは退位した天皇の御所で、
修学院離宮と同じく後水尾上皇の造営。

後水尾天皇は、朝廷支配を強化する徳川幕府に対し激しく抵抗した
骨太の天皇として有名。昭和天皇の次に長寿で、34名もの子供を
つくったりしたことからも、相当アツい漢(オトコ)だったと勝手にイメージしている。

現在の仙洞御所は、建物が焼失してしまったので、当時の
名残でいうと庭を残すのみ。「京都御所」「修学院離宮」
「桂離宮」とともに宮内庁での事前予約が必要なスポット。
ネットやはがきで予約できるけど、ピークシーズンは中々当選も難しい。
0209仙洞御所12月-3




仙洞御所の見学は、ガイドの方がついて約1時間。
これは昨年末に訪問した時の記録です。


宮内庁管轄の施設は、さすがにすっぴんも綺麗な上に
手入れが行き届いていて、一年で一番色気の無いシーズンでも、
あちこちでドキドキさせてくれる。
0209仙洞御所12月-22




0209仙洞御所12月-13



ただ、視野は広角ではなく、できるだけズームイン。
枯れ木が並んでるのを遠くから見てても昂りはないけど、
枯れ葉で色づいた苔の上に、影が落ちてるのみたりすると
やけに刺さったりするんです。
0209仙洞御所12月-17




広角に耐えられるのは南池の州浜、粒の揃った白い丸石が
敷き詰められていて現実感が薄められる感じ。気のおけない友人と、
茶室から州浜を眺めたりしたら、それはきっと理想の休日ですね。
0209仙洞御所12月-24




粒ぞろいとはこのことか。
0209仙洞御所12月-15



白い石の上に、朱色の落ち葉が散ってるのとか
猛烈にエロティークなんですけど。
0209仙洞御所12月-12





光と影が織りなす日本の庭園美。
影を使わせたら日本人はピカイチ。
脇役の品格が痺れます。
0209仙洞御所12月-7






枯れ木も存在感あるって知ってました?
0209仙洞御所12月-20




京都御所の敷地内には、たまに色付いた木も
残っててくれて。華やかな紅葉の名残を少しだけ
味わうことが出来た。
0209仙洞御所12月-33



日本が誇らしくなる空間です。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2014年01月08日

師走の京都へ


201412KYOTO12月-00

 
昨年末は、京都で友人の結婚式⇒バンコクでクリスマス⇒クラビ
⇒シンガポールでNewYear と、東京とは全く異なる環境で、
年末イベントを楽しんでました。
 
タイ、シンガポールは、また改めて書くとして、まずは師走の京都から。
なんで年末に京都に行ったかというとGO ONメンバーのWeddingが
あったのよ。それで、まりえも連れて冬の京都に。
201412KYOTO12月-29

 
 
紅葉や桜、新緑の時期のお庭と比べれば、美の絶対値でいうと
さすがに華はありません。ただ、だからと言って寺院巡りが
つまらないかというとそうではなく、むしろ好きなポイントを
みつけて、じっくり味わうというスタンスで楽しめる。
 
だってさ、紅葉が全開の時期だったら、ディティールに
そこまで目がいかないじゃん。むしろ全体の世界観を
体ごと浴びても足りない感じ。でも冬は視角を広げてもさみしい
枯れ枝が目に入るばかりなので、視点を絞り込むのよ。
201412KYOTO12月-4


 
「あ、この松の枝具合が最高」とか「門の造りがいいねぇ」とか
欄干の彫りにシビレたり、逆光越しに庭をコントラストで楽しんだりと
それはそれでオモシロい。
201412KYOTO12月-18
 

 
あと、外の誘惑が少ないので屋内の時間をゆったりと過ごす
ことが出来る。歌舞伎を見たり、旅館で怠惰を極めてみたり、
カフェで放心してたりとかね。
201412KYOTO12月-23

 
 
今回は「柊家別館」に泊まってみました。
「柊家旅館」も以前同じような時期に滞在したことがあったんだけど、
建物・部屋・庭の作り、サービス、料理と別館はだいぶカジュアル。
それでも旅館としてのクオリティは超一級だけどね。

むしろ、伸び伸び過ごせる分、ボクみたいな庶民はこっちの
方が自然体で楽しめる。料理も高級食材に頼らず、丁寧な
仕事であることが目からも舌からも伝わってくる。
201412KYOTO12月-28


 
 
「柊家旅館」は、あまりに洗練されてるので、こっちが値踏み
されてるんじゃないかと、ちょっと身構えちゃうし、色々吸収したい
ものがあり過ぎて、今思うと少しガツガツしたモードで滞在してた
気がする。あそこに自然体で訪れるには、経験値やら財力やら、
色んなモノがまだ足りなすぎるな 笑
そういう”がんばろう”エネルギーを貰う場所でもあり、
目と心を養う場所だと捉えている。

一方、心を弛緩するには「柊家別館」ほんといいですよ。
201412KYOTO12月-24



 

冬至だったので、檜風呂で柚子湯にも入れたし
めっちゃリフレッシュできる場所です。
201412KYOTO12月-27
 
 
 
南座の顔見世興行は、「GO ON」プロデューサー、RYOからの
プレゼント。市川猿之助(亀治郎改め)や、市川中車(香川照之)の
襲名披露ということもあって、実に華やか。
 201412KYOTO12月-49



「日招ぎの清盛」は清盛役の我當が圧巻の迫力、「義経千本桜」は、
新しい猿之助が柔も豪も見事に演じきってました。中車は香川照之の
良さがにじみでる狂言で、歌舞伎初心者のオレでもしっかり楽しめたね。
もちろん耳には解説イヤホン、演目の合間にはガイドブックでストーリーや
見どころを頭に叩き込むといったストイックな観劇だったので、もっと
自然体で楽しめたなら、更に楽しくなると思うんだけど。
 
外の景色に惑わされること無く、こうした伝統芸能を味わえるのも
冬の醍醐味と言えるんじゃないでしょうか。
 
 
 
京都の若旦那衆によるクリエイティブユニット「GO ON」メンバーのひとり、
竹工芸『公長齋小菅』のコスガーニのWedding。披露宴はクラシックな
スタイルでしたが、2次会はさすが「GO ON」プロデュース。
201412KYOTO12月-32


 
高台寺に「THE SODOH東山」っていうウェディングレストランがあるのね。
ここは昭和4年につくられた日本画家のアトリエで、広大な敷地に日本
家屋が点在し、背後には八坂の塔を望む絶好のロケーション。
201412KYOTO12月-46



 
昔、広尾に「羽澤ガーデン」ってあったじゃない? あんな雰囲気。
「羽澤ガーデン」と同じくPlan・Do・Seeが手がけてるんだけどさ。
 
食器やインテリアには、GO ONメンバーの作品も取り入れてます。
バイオリンとギターの生演奏に、艶ダンサーのしなやかな踊りが加わって
かなりオトナな雰囲気。
201412KYOTO12月-42



ちょうど風邪のピークで死に体だったのが
ほんと悔しい。プロデュースしたRYO,現場の裏方を
仕切ってたテッペー、お疲れ様でした&ありがとう!!
 201412KYOTO12月-45

 
 
 
去年は2月に一回は京都行ってたかも。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む