京都_201608江戸酒場

2016年09月04日

太秦江戸酒場 (京都)幕末夏祭り

0904太秦江戸酒場8月-10


先週末に開催された『太秦江戸酒場 〜幕末夏祭り〜』は、シリーズ4回目の開催。京都の太秦映画村を貸切にして、大人たちが全力で遊び倒す毎回二晩だけの限定イベント。もちろん誰でも入れるイベントだけどチケットは完売。着物や浴衣を粋に着こなした人々が、タイムスリップしたかのような幕末を舞台に、キャスト・ゲスト関係なく愉しみまくっている。

過去の様子は、こちらにまとめてるのでこちらも是非覗いてみて
2014年  秋の初回
2015年  新緑の陣
2015年  琳派の秋

0904太秦江戸酒場8月-2


いつもはカメラマンとして、会場を自由に飛び回っていたけど、今回は遊郭ゾーンの「ア〜レ〜体験」コーナーのキャストに。ア〜レ〜体験って言ってわかりますよね?

「お代官様、おやめください」

「よいではないか、よいではないか」

そう、男の夢のひとつ。着物の帯をクルクル回すあの大人のお遊戯です。

0904太秦江戸酒場8月-6





始まる前は、クルクルされたい女子が集まるかなぁ...とか、思ってたけど過去のイベント同様、女性の方がこういうのは前のめり。目をキラキラさせて"私、まわされたい!!"って女子が続々と。カップルのケースもあれば、その場でゆきずりの2人というケースも。どちらかといえば、ゆきずりの方が多かったかな。
0904太秦江戸酒場8月-7



ちなみに、こちらのコーナーの着付けは、宮川町の男衆の盒兇気鵝I畸福芸舞妓さんの着付けをやってる本物です。そして、この薄緑のひきづりも、本当に過去 舞妓さんが着ていたもの。バカな遊びを大人が全力で楽しむって、人生の理想形。

0904太秦江戸酒場8月-1


相方は京都 大徳寺にあるつまみ細工
おはりばこ”の北井くん。彼は365日着物で過ごしてるだけあって、着崩し方とか勉強になる。年越しとかお世話になってる家族ぐるみのつきあいなので、息もピッタリ。
0904太秦江戸酒場8月-28




そして、島原ゾーンの目玉といえば、太夫道中。トップの写真の迫力あるよね。詳しいことは続きに書くけど、今回の遊郭ゾーンのプロデュースはだるま商店の島さん。傾奇かせたらピカイチの漢です。そして右側は総合プロデューサーのRYO。鈴鹿さんは、言わずと知れた京都のプリンセス。
0904太秦江戸酒場8月-17




今回の太夫道中は、これまた本物の如月太夫さん(左側)のご指導のもとという王道っぷり。一方、メイクは本国でCHANELのメイキャップアーティストとして活躍していた東風上さんという遊びっぷりも本物。帯も"おはりばこ”のつまみ細工でビスポーク。こういう"本物"を理解した文脈で遊んでいるから、ヤンチャしてるように見えて品があるんです。
0904太秦江戸酒場8月-18




2日目の太夫道中は、これまた宮川町の小扇さん。本物がそこらに散りばめられてるから、全体の世界観が決して安っぽくなることはない。この本物がギュッと詰まっちゃうところが京都らしい。
0904太秦江戸酒場8月-30




そんな遊郭ゾーンのメンバーたちの集合写真(2日目)。スタッフが全力で誰よりも愉しんでいるから、ゲストも自然とキャストになっていて、知らず知らず一緒に世界を創っている。だから鮮烈に記憶に残る。
0904太秦江戸酒場8月-37




ボンサンBARというコーナーがあるんですが、これも名だたるお寺のお坊さんが。これまた本物コンテンツ。だから、面白い。
0904太秦江戸酒場8月-22






お酒も京都の名だたる酒蔵が参加してるし、料理も「いづう」さんや「木乃婦」さんなど、ど真ん中のお祭り料理が食べられる。祇園の「MAVO」やクラフトビールの「Kyoto Brewing Company」といった新しいムーブメントの仕掛け人達も参加してて、その幅の広さも面白い。
0904太秦江戸酒場8月-24






冒頭でも書いた通り、今回は「ア〜レ〜体験」コーナーが人気すぎて、他のコーナーに全くと言っていいほど遠征が出来なかった。その代わり、いつも以上にゲストの反応をダイレクトに肌で感じることが出来たし、遊郭チームとの一体感を味わうことが出来た。浮世絵の世界を現実に再現した島原 遊郭、ボクの中では、ここが太秦江戸酒場の爆心地。
0904太秦江戸酒場8月-34




イベントが終わった後の片付けの時間に、あちこちのコーナーに顔を出してご挨拶。今回は、イベントが終了してから会えた友人のほうが多かった。
0904太秦江戸酒場8月-20




こちらは、ア〜レ〜ゾーンの目の前の花魁BAR。呼びこみで結構声出すので喉が乾くから、隙あらばお酒を注いでもらいに行ってました。食事を食べる暇もなかったので、空腹で飲みまくってたから、両日ともベロベロに酔っ払い。初日なんでアンティークのゴールドの指輪会場でなくしたくらい酩酊してました。
0904太秦江戸酒場8月-16




ここ数年、京都に通い始めたばかりで、アーティストでもクラフトマンでもない自分が、何故かこの輪の中に加われていて、回を重ねるごとに友人が増えている。ま、ひとえにRYOのおかげではあるんだけど、受け容れてくれている京都の友人らに感謝。何故か目立つ位置に間違ってポジショニングしてますが、酩酊してたもんで。自分では、もっと端っこの方だと思っていたんです。ほんとゴメンナサイ(笑)
0904太秦江戸酒場8月-42







ちなみに、無くした指輪は落とし物コーナーに届いてました。こういうところもジャパンクオリティ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む