年越京都_201612

2017年01月02日

年越しは京都で。一期一会を識る

0102京都12月-38

あけましておめでとうございます。

去年につづき、今年も年越しは京都で。2016年がとてもいい年になったのは、京都でスタートしたからじゃないかというゲン担ぎもあって。

大晦日は有名なカナダ人茶人ランディさんの除夜釜で。京都御所のすぐ脇にある梨木神社で夜咄。
0102京都12月-28




それだけでもパワー出そうなスタートになりそうだけど、一期一会の凄味を思い知らされる出来事があったんです。2016年最後の夕飯は、「プチレストランないとう」だったのね。そこに急遽参加したのがさんフランススコ在住のデザイナーMax Gunawan氏(右から2番目)。  
0102京都12月-40



最近話題のブックライトは彼の作品、世界的に注目を浴びているものなんだけど、日本でも逃げ恥の恋ダンスで使われていたりするそうです(見てないので詳しいことは知らないけど)
0102京都12月-36




でね、このブックライト。茶人のランディさんが取り寄せたもので、ちょうどこの前日に届いたばかりのホヤホヤ。もちろんこれを作っているMAXが訪れるなんてことを知る由もなく。だって、MAXが来ることだって、この日に決まったくらいの話だから。
0102京都12月-39



この一期一会には、ボクらだけじゃなく、ランディさんはじめスタッフの方々もビックリ。年越しのカウントダウンそっちのけでテンション昂ぶらせていましたわ。
0102京都12月-41






だからってわけじゃないけど、今年は『一期一会』をより大事にしていこうと。そして、こういう一期一会って自分の出来る枠、つまりルーティーンの中に閉じこもっていると、中々遭遇しないものなので、前年と変わらず挑戦は続けていこうと思います。
0102京都1月-52




そのためにもベースとなるのは体力。昨年末に人間ドックは行って速報ベースではいい感じだったけど、それで油断しちゃ意味ないからね。スマホに連携する体組成計は買ったし、またそろそろパーソナルトレーニングを復活させて、セルフメンテナンスをしっかりやっていこう、と。
0102京都1月-50





京都を始め、また出来る限り「旅」はしたい。
0102京都12月-4





過去2年間で50回も旅に出るという、そこそこ限界まで挑んだので、今年は数にはこだわらず質を重視して。毎年言ってるけど語学力アップもルーティン化する仕組みを構築します。
0102京都12月-7




ダイエットして、語学力アップして、たくさん旅にでて、そして美味しいものをいただく一年。
0102京都12月-18






変わり映えしないっちゃしないけど、同じことをやっていそうで質をあげていくという、そういう地味なことにこだわって行きたい。それが結果として飛躍につながるような。
0102京都1月-54




綺麗事でも謙遜でもなく、周囲の人々のおかげで色々好きな事ができているし、一方で自分という存在は、何も成せていないという焦燥感みたいなものにまみれて生きています。
0102京都1月-58





そろそろ四十代も半ば、自分という存在を認めて定義できるような、そんな一年にしたいな。
0102京都1月-60


あちこちで、皆さんにお世話になることと思います。本年もよろしくお願いいたします。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む