日本建築

2017年08月04日

光明院 (京都)シュールさ漂う東福寺の塔頭

0804光明院7月-6

友人が好きな枯山水のある「光明院」へ。こちらは東福寺の塔頭だけどメジャーではないので、心を鎮めに行ける場所。


しかも夏だと、東福寺の三門の更に向こう側にあるので、中々観光客がフラッとは行かないエリアです。
0804光明院7月-1



一般拝観をやってそうにない雰囲気出まくりだし。
0804光明院7月-2



門の横には、“無理に入らなくていいよ”ってそれはそれは丁寧な言い回しで書いてあるし。
0804光明院7月-3




敷居高くしてるだけあって、中は静かです。光が足りない時は、自分で襖あけたりしました。
0804光明院7月-4



この独特の枯山水も見応えあるんすよね。
0804光明院7月-5




あまりに時間が静かに流れているので、転がりたくなる誘惑をぐっと堪えて...
0804光明院7月-7




ちなみに、夏はめっちゃ暑かったです。辿り着くまでに干からびそうになりました。
0804光明院7月-8



ただ、こういうお気に入りのシーンに会えると、来てよかったと心から思えます。
0804光明院7月-9




次回の京都は秋かな。ちなみに、これは4年前の訪問です。時が経つのが早すぎる。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ









続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)