スペイン

2018年11月04日

エチェバリ (スペイン)山麓三ツ星の薪ヂカラ

AsadorEtxebarri18-60

バスクのガストロノミーというと、エル・ブリ的な分子調理料理が多いイメージになりそうだけど、ここ『エチェバリ(Asador Etxebarri)』は真逆。

削ぎ落としの美学というか、素材へのフィーチャーの仕方が日本刀のように力強くてシャープ。ゆえに素材の美味しさが、ダイレクトに脳髄へと響き渡る。
AsadorEtxebarri18-48




レストランのロケーションも言葉通り山の麓で、村というには建物の密度はかなり低め。レストランに着いた時は天気も最高で、少しでもエチェバリのことを感じられればと周囲を散歩してました。
AsadorEtxebarri18-5




この環境をフィルターなく味わいたくて、多少の暑さなんぞ気にせずテラスでアペリティフ。
AsadorEtxebarri18-10


運ばれてきたアンチョビやチョリソは、普段テラス席で食べる料理の「美味しさアベレージ30倍」はあるもので、テラサー(テラスラバー)としては、もうこの段階で感涙しそうに。
AsadorEtxebarri18-16



日本の鮨ネタの海老も世界屈指の美味しさだと思うけど、このバスク海老の衝撃レベルはレイヤーごとに攻め方変えてくるので、トータルインパクトは鮨超えです。
AsadorEtxebarri18-38


もちろん見た目も立派な「パラモス産の赤海老」なんだけど、行儀よくナイフを入れたら勿体無い。頭を取ったら殻の中に温かな天然スープが。これがエグみもなくクリアなのに海老のエッセンスがにじみ出てるのよ。

更にチューチューと濃厚な味噌を吸出し、そっからやっと身の部分に進むわけです。プリッとした弾力と中心部のレアっぷりが強烈な色気は放つ。この火入れは海の民だからできる技と信じたい。


スペインではポピュラなBaby squid。また鮨と比べてなんですが決して高級魚じゃない烏賊も鮨だととんでもなく美味しくなるじゃないですか。このトロントロンにキャラメリゼしたオニオンと合わせたイカは、地味なビジュアルながらもこの日三本指に入るメモリアルプレートになりました。
AsadorEtxebarri18-40




ココチャのピルピルもバスクを訪れたら絶対に食べておきたい名物。一尾に付きひとつしか取れないタラの喉肉がココチャ。ピルピルってのは、オリーブオイルで煮込む時の油の音を表現した調理法で、アヒージョよりもオイルに素材の旨味が移っていてクリーミーな仕上がり。ふわトロなテクスチャで、悶絶クラスの美味しさ。
AsadorEtxebarri18-45



レッドシーブリーム(赤鯛)は、魚先進国を自負する日本にもない新らしい味覚体験。炭火のふわっとろの火入れは、鮨屋で一口食べることはあっても、まるごと一尾って食べ方しないもんね。
AsadorEtxebarri18-49



ゆえに同じ魚でも「部位によって味が違う」という、肉では当たり前のことに気付かされるわけです。
AsadorEtxebarri18-52




このトロトロ具合はたまらんよ。
AsadorEtxebarri18-57

6人のテーブルだと、Beef Chopも迫力満点。結構腹いっぱいでどこまで戦えるか...とビビったけど、食べ始めたら「アレ!? これイケちゃうぞ」と。赤身のテクスチャもすんごいし、周囲の炭火部分の香ばしさも泣ける。脂が全く重くなく、旨味が美味しくバケットまで進みだす始末。
AsadorEtxebarri18-61



ボク以外は女性というテーブル、かつ皆さん翌日も三ツ星とのことで、残ったお肉は全部当家がお持ち帰りさせていただけました♪
AsadorEtxebarri18-64




イチヂクのデザートもシンプルにして自然な削ぎ落とし。最後の最後まで昂ぶるランチタイム。
AsadorEtxebarri18-71




ダイニングの雰囲気はモダンでシック。
AsadorEtxebarri18-73



食後は日本人スーシェフ テツローさんと厨房でオシャベリしていたら、
AsadorEtxebarri18-76



シェフのビクトル・アルギンソニス氏まで出てきて記念写真。
AsadorEtxebarri18-80



火入れは場所によって、肉、魚、それ以外と決まっているんだそうな。バスクという土地への理解、シェフのフィロソフィーを共有するために、最初は馬で通っていたというテツローさん。もっと色々お話聞いてみたかった。
AsadorEtxebarri18-78





気付いたら帰る頃には17:30に。時間の概念を崩してくれる『エチェバリ』の非日常体験。
AsadorEtxebarri18-1


Asador Etxebarri(アサドール・エチェバリ)
San Juan Plaza, 1, 48291 Atxondo, Bizkaia, スペイン
+34 946 58 30 42
http://asadoretxebarri.com/


ゆるーいペースでInstagramもやってます。

出勤時間も朝から夕方までとある意味会社員に近いワークタイムなんだそうで。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 21:10|この記事のURLComments(0)

2018年10月28日

サルデスカ(鶯谷)上野のバスク

サルデスカ2018-23


アンティークウオッチの会のために貸切にさせてもらったので、ゲタリアで買ったチャコリを1本おみやげに。

貸切の場合、ディナーコースは8000円(くらいだったと思う)のコースから。料理は10種類も並ぶし、日本では中々他にない味の組み合わせの意外性あるから、体感値としてはかなりオトク。ファーストインパクトで意外性は感じても、日本人には特に馴染みやすい着地点。海と山の幸、両方に恵まれた土地の料理ということで、DNAレベルで共感しやすいのかも。
サルデスカ2018-18




カウンター主体のお店ゆえ、ゲスト同士のコミュニケーションはとりづらいけど、たまにディナーで集まれるんだったら、普段パイセンたちが行かないジャンルの良店をと思いここをセレクト。
サルデスカ2018-10



初参加の友人のアテンドもあって、カウンターでシェフとお喋りできなかったのが心残りだけど、皆が満足してくれたならそれがなによりも嬉しい。食通のパイセンたちですら、知識としてバスクを知ってはいても、実際に体感する機会はなかったようで、味の着地点とか組み合わせに驚いていました。

スペイン料理って日本じゃパエリアとかアヒージョとか偏ったものしか認知なく、ガストロノミーのイメージもエルブリくらい。本場バスクの美味しさは、実際に体感しないとわかりにくいよね。


アミューズのフォアグラチーズケーキからして好奇心そそられる展開。イワシのマリネ、チーズのクレマ、マンゴーは、イワシの塩味強いけど、マンゴが中和し、チーズのクレマが幅を出す。
サルデスカ2018-7





キノコとたまごとほろほろ鳥、こういうのはならでは!! 卵使いの上手さは、バスク料理が日本人に受け入れられやすいポイントで、この組み立ては、まさにそのいい例。マイタケとマッシュルームのポタージュは、サマートリュフと卵に合うね。
サルデスカ2018-13



TOP写真のアナゴと和牛すじという海と陸の合わせ方や、クエのピルピルといった”らしい”メニューも美味。

ロゼール産仔羊のローストは火入れ・味付けともに品があり、デザートはアボカドをブランマンジェにして梨のスープと合わせるなど、この辺はバスクうんぬんよりシェフのクリエイティビティにリスペクト。
サルデスカ2018-33




定期的に通いたい上野のバスクです。
サルデスカ2018-38


スペイン料理サルデスカ
03-6231-6328
東京都台東区下谷1-6-7 竹内マンション 1F



この日のバッグはビアリッツで買ってきたGOYARDの限定モデル。フレンチバスクのエッセンスを投入。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2018年10月23日

ENEKOバル(六本木)東京バルの温度

ENEKOTOKYO2018-5

バスクから帰国してそろそろ1ヶ月、バルの禁断症状が出てきたので『ENEKOバル』に行ってきました。

ビルバオの「アスルメンディ」の姉妹店『ENEKO東京』の1Fには、ガストロのエッセンスが効いたバルがあると聞いていたので、行こういこうとは思ってたんだけどね。昨年11月のオープンから遅れること約1年、やっと初訪がかないました。
ENEKOTOKYO2018-6




『ENEKO東京』自体、西麻布の交差点とテレ朝通りの中間くらいの場所で、ガストロノミーとして訪問するのはいいけど、人通りも限定的ゆえ気軽なバル使いには向いてないエリア。
ENEKOTOKYO2018-10-2



ボクが訪問した日もバル目的のゲストは1組で、『ENEKO東京』で食事したあとと思しき賑やかな集団がカフェ利用でスペースを占拠。バスクのバルストリートとは、残念ながら違うベクトルの空気感でした。
ENEKOTOKYO2018-3-2



本場バスクのバルの魅力って、「安いのに」「めっちゃ美味しいピンチョスが食べ」られて、そこに集うゲストの「熱気がたまらない」というもの。素材も文化も違う日本では、なかなか再現性が難しいというのは理解してるけど、この日はその現実を噛みしめる結果に。


カウンターには、10種類くらいのピンチョスが並んでてい、選んだあとにスタッフが温めて出してくれるというスタイル。リエットにしても、マッシュルームのピンチョスにしても、一捻りした味でオリジナリティを出そうとしてるのは伝わってきた。
ENEKOTOKYO2018-2


ただ、やはりサン・セバスチャンのバルのように、口に入れると海や山の景色が見えるような迫力あるものではなく、上品にまとまってるという印象。
ENEKOTOKYO2018-1-2



価格はひとつ350円〜500円くらい。ピンチョスは思ったより安いけど、チャコリは800円〜1000円するので現地を思い出しちゃダメ(笑)。
ENEKOTOKYO2018-4-2

ENEKOバル
03-3475-4122
東京都港区西麻布3-16-28 Toki-on西麻布
https://eneko.tokyo/eneko_bar/



スペイン→ポルトガルな旅もしたいし、イタリアも行きたいなぁ。結局、旅が好き。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 21:18|この記事のURLComments(0)

2018年10月18日

Azurmendi (スペイン)サスティナブルなエンタメ三ツ星の威力とは

1017Azurmendi9月-35

日本にも「エネコ東京」をオープンし、認知が高まりつつあるスペインの三ツ星『Azurmendi (アスルメンディ)』。

若き三ツ星シェフ「エネコ・アチャ」の魅力は、料理だけでなく、レストランでの”体験”や、レストラン経営のフィロソフィにも現れているので、バスクに行ったら是非訪れて自身の目と舌と肌で感じて欲しいガストロノミー。
1017Azurmendi9月-18



バスクといえば、サン・セバスティアン近辺に三ツ星レストランが集中してるけど、ここはビルバオの町から車で20分くらい。丘の中腹にビストロの「エネコ」と、更にその上に『アスルメンディ』のレストラン棟が並んでいる。
1015Azurmendi9月-1



アートミュージアムのような外観の『アスルメンディ』だけど、World Top 50でサスティナブル賞を受賞している理由の一つは、この建築がデザイン性とエコを共存させているから。
1015Azurmendi9月-15



太陽エネルギー、地熱エネルギー、雨水のリサイクルなど自然のチカラを効率よく利用すできるように設計されていているというハード面もさることながら、バスク土着の種子を400種以上保管し地元の産物の存続を目指すなど、長期的な視点に立ったレストラン経営をしてるのに驚かされる。
1015Azurmendi9月-10






エネコ自身は、腰の低い飄々とした兄ちゃんといった風貌なので(まだ30代なかばだしね)、あの彼がそんな崇高なスタンスでレストランマネジメントをしているのかと思うと、マジで頭が下がります。
1017Azurmendi9月-71



詳しくは後述するけど、ここを訪れたゲストは、レストランの厨房の中も見ることができるのね。その時に圧倒的なスケール感、クリーンさにも驚かされるはず。料理のクリエイションだけではなく、多くのスタッフを統率し、ひとつのベクトルに向かわせるシェフの人望が可視化されているようで、三ツ星の凄みを感じます。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

1017Azurmendi9月-8




そんな『Azurmendi』は2年ぶり、2度目の訪問。この数日前に訪れた「マルティンベラサテギ」は、料理の繊細さが神がかっていてお出汁的なニュアンスを感じさせるものに対し、エネコの料理はタレを彷彿とさせるものが多く、若干日本人には単調さを感じさせる側面も。
1017Azurmendi9月-61



とはいえエンターテインメント性の高さやキマった時の料理の破壊力は見事で、
1017Azurmendi9月-23


ワインのセレクトも遥かに好み。リオハの86年の白ワインとかシビれまくりでした。
1017Azurmendi9月-33



エビのマリネにトマトゼリーのビネグレットを添えた前菜は、エビがニュルンとしてて印象に残る火入れ。ジンジャーのシャーベットとの組み合わせが実に”らしい”。後から赤いスープを合わせ、魚介のガスパチョ的な仕上がりに。海そのもののような深遠な印象を残すソース
1017Azurmendi9月-29



葡萄風味の小烏賊は燻製具合がちょうどよく、テクスチャが鮮やか。
1017Azurmendi9月-38



3種類の調理法で出されたヒメジは強烈にシビレた。腸のブニュエロとキャビアの乗せた炙りヒメジは再構築具合がワクワクしまくりで、奥に見える炙りは、レア具合が泣けるほど旨い。
1017Azurmendi9月-48



炭火焼きも非の打ち所がなく。この日、一二を争う衝撃のひと皿。
1017Azurmendi9月-51



料理のラストが、似たようなベクトルの肉が2皿続き、ちょいとキツかった。
1017Azurmendi9月-63



とはいえ、子豚の尻尾シチューをアンチョビと合わせたりと料理は実に果敢で、2年前の記憶をアップデート。
1017Azurmendi9月-68


デザートのアーティスティックさも、このレストランの魅力のひとつ。
1017Azurmendi9月-82



ランチは4時間以上かかるし、その日はなにも食べられないという状況は「マルティンベラサテギ」と同様だけど、ダメージを引きずらなかったのは、実はエネコの方だったというのは意外でした。
1017Azurmendi9月-86




ゲストはカジュアルな方が多いけど、隣のマダムは「あなたたちのドレスアップは、このお店の中で最高よ!!」とわざわざ声をかけてきていただいたり、
AM9月-2-2



厨房でもなんかスペシャルなゲストが来てるっぽいぞとざわつかせたりと、着物の演出力は言葉の壁を補って余りあるパワー。
1017Azurmendi9月-75


ここでしかできない体験が待ってる唯一無二のガストロノミー。コースは2種類で、2年前との印象の違いも確認したくてオーセンティックなコースにしたけど、次回は新コースの方を食べてみたい。
1017Azurmendi9月-89



Azurmendi
(+34) 944558866
Barrio Legina sin numero , 48195 Larrabetzu Bizkaia,Spain
https://azurmendi.restaurant/



日本のエネコバルが未訪なので、近いうちに行っておかねば。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:32|この記事のURLComments(0)

2018年10月14日

マルティンベラサテギ (スペイン)バスクの頂点へ

1007MB9月-42

ミシュラン三ツ星レストランが集まるスペインのバスク地方でも、同業者からひときわリスペクトを集めていると感じたのが『マルティンベラサテギ(Martin Berasategui )

他のレストランで「どこ行ったの?」みたいな話になって、彼の名前を出すと素直に皆さん「あそこは行くべきだよね」と。
1007MB9月-54




サン・セバスティアンからタクシーで20分ちょい。ボクらの泊まってるARIMA HOTELはちょうど中間点で10分くらいと好ロケーション。タクシーで向かうと、フツーの住宅地の中にあって「え、ココなの」という印象。
1007MB9月-1



でも扉を開けてダイニングに足を踏み入れると、窓の外には嘘みたいにのどかな景色が広がっているのよ。こういうステージづくりがしやすいのもバスクのミシュランスターのアドバンテージ。
1007MB9月-5



料理はメインのピジョン(TOP写真)がめっちゃくちゃ美味だったけど、そこに至るまでの道筋が雅。味わいは限りなく繊細で機微があり、日本人がハマる理由がよくわかる。


バルの定番ピンチョス ヒルダをワンスプーンにしたプロローグとかたまらんすよ。
1007MB9月-8



牡蠣とグリーンオリーブのジュースのソルベは、日本人にお馴染みのわさびをエスプーマにして合わせてるんだけど、納得度が高くハズさない。
1007MB9月-18



こういう挑戦的な分子ガストロノミーって、品数も多いから一つ二つなんじゃコリャ⁉︎ってのがあることが多いんです。でも、そういうスキが全然ない。
1007MB9月-16



25周年記念のデギュスタシオンコースということで古いメニューも入ってるんだけど、1995年のスモークしたウナギの稚魚とフォアグラのミルフィーユは薄く儚いキャラメリゼが完璧なバランスで古さを微塵も感じさせないし。
1007MB9月-12



2001年の野菜の芯のサラダは花畑みたいなビジュアルで、お出汁を彷彿とさせる繊細なジュレが香草のアクセントに。コリアンやタイ料理っぽいニュアンスを醸し出したりしながらも、ガストロらしいエレガントな落とし所で老舗の凄みも魅せてくれた。
1007MB9月-21



メインのアンコウのふわプリな火入れとか、ピジョンの完璧な美味しさはバスクの三ツ星ならでは。
1007MB9月-35



ピジョンの前のトリュフ&フォアグラのお皿で急に満腹中枢がK点ごえしてしまい、万全の体制で挑めなかったのが心残り。あとピジョンに合わせてもらったグラスの赤ワインがタイプじゃなかったのが惜しかった。
1007MB9月-37




シグネチャープレートの組み合わせのコースはマルティンベラサテギの多様な魅力を一回で知ることができたホント良かった。ポーションもメイン前の一皿を勇気を出して残してさえいればピッタリだったと思う。
1007MB9月-52




初訪のひとには、全力でおすすめしたいデギュスタシオンコース。少食まりえでも制覇できたので安心して挑んで欲しい。
1007MB9月-56


マルティンベラサテギ
Martin Berasategui
http://www.martinberasategui.com/en/inicio
Loidi Kalea, 4, 20160 Lasarte-Oria, Gipuzkoa, Spain
+34 943 36 64 71


サン・セバスティアンに泊まる際には、行きたいレストランの筆頭。ただ次回はコースじゃなくてアラカルトで訪れてみたい。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ






続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年10月11日

Restaurante Munagorri (マドリード)リピートしたガストロバル

1009MAD10月-44

マドリード滞在中にリピートしたのは、使い勝手の良かったホテル近くのCAFEを除けば、バスク料理の『Restaurante Munagorri Gastro Bar』の2軒のみ。


わざわざ再訪までしたのは、初回に出てきた牛サーロインブロックのチーズソース(TOPの断面写真)が鮮烈な記憶を残してくれたから。昨年のマドリード食べ歩きで、MFP(マイ・フェイバリット・プレート)となったこの料理は、ロゼカラーの火入れも素晴らしく、唇との接点のテクスチャ、歯で噛み砕く時の弾力のエロティークなこと、この上なく。

肉の主張とチーズソースのバランスも絶妙で、日本では味わったことのない至極のエクスペリエンスに。


マドリードっ子(当時在住8年くらい)で、めちゃ食いしん坊のマキちゃんからおすすめされた一軒で、この時に回ったミシュラン二ツ星の2軒よりも正直コッチがヒットでした。
1009MAD10月-38





場所はマドリードの高級エリア、サラマンカ地区からちょっと北東に行ったあたりの住宅街。レティーロ公園からも散歩がてら10分ちょいで着いたと思う。
1009MAD10月-31




お店は、手前のエリアがカウンター主体のガストロバルで、奥がレストランスペースになっている。
1009MAD10月-47


バルスペースのほうは未体験なんだけど、次回マドリード行ったら、こっちのタパスも試してみたい。
1011Madrid_2_11月-4



メニューは2回目に行ったときには英語のメニューも出してくれたのでオーダーには基本困らない。とはいえ、読み解けたところで料理の味までは想像つかないので、方向性だけ決めたらあとは運。夫婦で違うものをオーダーすれば、ヒットする確率は2倍になるので、2人で開拓するのがやはり好き。感動もその場でリアルにシェアできるしね。
1009MAD10月-30




まりえは、前菜でスープ。
1009MAD10月-34



メインのタルタルもワイルドなビジュアルの期待を裏切らず。
1009MAD10月-42




ボクの前菜は…、メモもなかったので思い出せず。ただ、この時点で期待感は高まっていた。
1009MAD10月-36


そしてメインの牛の塊肉は、バターとフレンチチーズという極めてシンプルな味付けながら、どうしょうもなく美味。
1009MAD10月-40




次回行く時に同じメニューないですか?と、聞いてみたい。
1009MAD10月-43





肉で勢いづいてデザートもオーダー。アラカルトでオーダーしているのでポーションはどれも大きめ。
1009MAD10月-45





観光客向けというよりは、マドリードっ子が通うガストロバルであり、大人が使えるバスク料理のレストランでした。
1011Madrid_2_11月-17

Restaurante Munagorri Gastro Bar
Calle de Padilla, 56, 28006 Madrid, スペイン
+34 914 01 47 41




サラマンカ地区は近いので、食後にショッピングなんぞ。
1009MAD10月-50




酔っ払った勢いで買いたかったけど、サイズがなく結局GETしたのは1足のみ。
1009MAD10月-51



秋口だったのでディスプレイも冬モード。
1009MAD10月-52





大通り沿いにはこんな洒落たテラス席あるカフェもあって。
1009MAD210月-1



テラサーが一休みするにはいい感じのロケーション。
1009MAD210月-2




カフェは少ないというけど、テラスで飲めるとこはそこらにある。
1009MAD210月-5



暮らすように旅するのが似合うマドリード。
1009MAD210月-4




美術館とか宮殿とかサッカー観戦とか、そういうとこは完全スルーで、飲んで、食べて、昼寝して、散歩しながら暮らしてました。
1009MAD210月-3



そんなマドリードが大好きです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年09月30日

バスク地方をめぐる旅

0930BASQUE9月-271


今年のバカンスは、またしてもバスクへ。世界一の美食エリアといわれるスペインバスクをじっくり回りつつ、フレンチバスクへも足を伸ばして。
0930BASQUE9月-289


同じ旅先でも2度目ともなると、少しは上手になるよね。今回は緩急のつけ方どころがなんとなく予想つけられたので、自分たちとしても相当満足度の高いバカンスを創ることができた。
0930BASQUE9月-185




バルセロナ、マドリードといった主要都市は去年/一昨年とそれなりに掘れたので、今回は潔くカット。サン・セバスティアンを拠点に西はビルバオ、東はビアリッツまでの100kmくらいの範囲を10日かけてゆったりと回ることに。
0930BASQUE9月-80


配分は
サン・セバスティアン 3泊
ビルバオ 1泊
ゲタリア 2泊
ビデゴイアン(山バスク)1泊
ビアリッツ 2泊
フレンチバスクをしっかり遊んで最終便でマドリードへ。
マドリードの空港近くで1泊して、翌日帰国。

ボクは仕事があったので、香港トランジットでシンガポールへ。



前半のスペインバスクはランチに旗艦クラスのレストランにアポを入れていて、13:00〜17:00くらいまでというのが基本形。朝ランニングして、夜は軽くつまむ程度というのがルーティーンに。
0930BASQUE9月-66




後半はディナーへとシフトがすすむものの、朝ランは変わらず続けていて、昼間はプールサイドや町散策。バカンス後半は余韻を楽しみつつ、弛緩した心の赴くままにしておきます。
0930BASQUE9月-176




旅は美食とか美景とか感性を刺激するプレゼントをくれるけど、それだけじゃなくて日本にいるとあたりまえに感じてしまっていることを、改めて「ほんとにいいの?」と見直すきっかけにしてくれる。

1人あたりGDPでは日本が380万円くらいなのに対しスペインは280万円くらい。でも、人々が明るく楽しそうに生きているかという点では、体感的に日本は周回遅れな印象。
0930BASQUE9月-179


夏の夜は21:00頃まで明るいので、一日を存分に使い倒せる。陽が長いって素敵よ、仕事を終えて家に帰っても、そっから海で泳いだり陽射しを浴びながらBBQだってできるしさ。



ボクラ旅人も、もちろんその恩恵に預かります。昼間はしっかり遊んで、夕陽になる20:00くらいからアペリティフして暗くなってから本格ディナー、ディナーの予約時間が21:00くらいが当たり前というのもこのサイクルなら当然に感じる。
0930BASQUE9月-181


ランチの後でガツッと昼寝したとしても起きたらまだ明るくて、19:00頃から海岸線に散歩。この流れまだまだ明るいって、たったそれだけのことなんだけど人生を豊かに生きてるなーって実感するのよ。日本もサマータイム導入さっさと決めればいいのに。夏、朝5:00から明るくたって殆どの人がその恩恵受けられないし。
0930BASQUE9月-172


あとスマホに縛られてる人が本当に少ない。バカンス中は必要なとき以外はスマホみないようにしてるけど、それでもルートの確認やお店の情報チェックでたまにスマホに頼るわけ。そんな頻度なのに、周囲でスマホ出してる人自体ほんと少ないからスマホにディペンドしてるのがなんだか恥ずかしくなってくる。

世界中どこにでもいると思ってた自撮り中毒の大陸系の方々も皆無なんで(つか、東洋人もめったに見ない)ので余計に。
0930BASQUE9月-203


だいたいみんなお喋りに夢中になっているか、1人のひとも景色を眺めたり、音楽聴きながら走ったりしてたりとアナログ感が満載。海沿いのサン・セバスティアン、ゲタリアは特にね。
0930BASQUE9月-200






初のフレンチバスクは3日間だけだったけど、国境またぐとガラッと変わる感じが改めて新鮮。車で運転してると国境なんて意識しないんだけど、街並みとか漂う空気が全然違うのよね。フランスはやっぱしフランスらしい雅さがある。
0930BASQUE9月-555



ビアリッツは、19 世紀にヨーロッパの王族や貴族が訪れたことから発展したリゾート地ゆえスノッブさがありながらも、サーフカルチャーも浸透していて独特の空気感。
0930BASQUE9月-541


サン・ジャン・ド・リュズ、ゲタリーなど、周囲の海沿いリゾートも魅力的でドライブしてるだけでも心が踊りだすから、今度はフレンチバスクメインで回ってみてもいいかなと。
0930BASQUE9月-623




食事は訪れたレストランによるところも大きいと思うけど、スペインのほうが料理は軽やかでガストロノミック。フレンチバスクは日本よりも、もうちょい重めで骨太な印象。
0930BASQUE9月-318


今回のレストランのセットリスト

ミシュラン 三ツ星
 Martin Berasategui(マルティンベラサテギ):サン・セバスティアン
 Azurumendi(アスルメンディ)      :ビルバオ 
 Asador Etxebarri(アサドール・エチェバリ):バスク

ミシュラン 一ツ星
 ELKANO:ゲタリア
 Les Rosiers:ビアリッツ【仏】

ミシュラン その他
 Bailara Restaurant(イリアルテ ハウレギア)
 IQORI Biarritz(レッジーナ)【仏】

バル 
 Sidreria Beharri Sagardotegia (サン・セバスティアン)
 Bar Zeruko(サン・セバスティアン)
 SPORT(サン・セバスティアン)
 Gandarias(サン・セバスティアン)
 atari(サン・セバスティアン)

カフェ レストラン
 Tilia Deli & Cafe(ARIMA)
 ジェラート(サン・セバスティアン)
 Karrusel Gastro-Bar(イゲルド)
 Amona Maria Delicatessen(ゲタリア)
 イリアルテ ハウレギア Bar、朝ごはん
 オテル デュ パレのカフェ(ビアリッツ)【仏】
 アダム(ビアリッツ)【仏】


三ツ星は、シンプルさを極めた『エチュバリ』が新鮮でインパクト強かった。熟成肉のチュレタの旨さもビビったけど、なんてことない姿で出てきたイカや赤海老がどうしょもなく美味で、ひとつひとつのお皿の記憶が鮮やか。キャンセル待ちが毎日100組という理由も納得。
0930BASQUE9月-394

0930BASQUE9月-377



0930BASQUE9月-388

0930BASQUE9月-421






一方『マルティンベラサテギ』は、繊細なタッチの中に、心踊る味覚のプロセスを忍ばせていて、かなりの皿数だけど一気に走り抜けられた。味の完成度や頂きの高さはさすが。
0930BASQUE9月-47

0930BASQUE9月-44

0930BASQUE9月-76




二度目の訪問の『アスルメンディ』は、エンタメ指数、サービスレベルともに高く、食べ終ったときのドンピシャ感やワインのセレクトの良さが際立っていた。
0930BASQUE9月-349


ちょっと日本のタレっぽい味付けとか何皿かソースが強い印象が残ったけど、それ以外はパーフェクト。新メニューを試しても良かったかなぁ。
0930BASQUE9月-333


リオハのワインがこんなに旨いものなのか...と、86年の白を飲みながら唸ってました。
0930BASQUE9月-315


0930BASQUE9月-341



ゲタリアの『ELKANO』も記憶に残るレストラン。カレイの炭火焼きは、部位ごとに味わいを楽しめたし、シグネチャーメニューの魚介のスープもバスクならでは。スタッフのユニフォームがバレンシアガ(出生地)なのも町のプライドと美意識が気持ちよかった。
0930BASQUE9月-444

0930BASQUE9月-454


0930BASQUE9月-462





サン・セバスティアンのバルストリートは、やはり何度行っても興奮する。そして、どの店に行っても精算時の「え、これだけ?(嬉♪)」感が飛び出すのがヤバい。
0930BASQUE9月-207


『Sidreria Beharri Sagardotegia』のハンバーガー、Bar Zerukoの分子調理タパス。Gandariasのキノコの卵とじ、牛肉串、うなぎの稚魚。atariのリゾットは、今すぐリピりたい。
0930BASQUE9月-26


0930BASQUE9月-240



なにげにすんごい気に入ったのがサン・セバスティアンで泊まっていたホテルのカフェ『Tilia Deli & Cafe』。グラスのカヴァのセレクトもいいし、ランチも美味だったから、次回は横のガストロレストランで食べてみたい。フォレストフロントのテラスというロケーションやデザインも素晴らしく、海だけじゃないサン・セバスティアンの魅力を満喫。
0930BASQUE9月-148

0930BASQUE9月-135



山バスクの邸宅ホテル『イリアルテ ハウレギア』は、バスク地方の丘陵地帯を一望できるロケーションが心地よく、朝ごはんとランチが特に◎。トロサの町のサンデーマーケットも活気あって、バスクの素顔を覗いた気分に。
0930BASQUE9月-532

0930BASQUE9月-520

0930BASQUE9月-535




フレンチバスクのビアリッツは、スペインの陽気さ気軽さとは異なる、洗練された肩の力の抜き方がお上手で、泊まってたホテルのレストラン『IQORI Biarritz』が使い勝手よく。サンセットアペリティフ、プールサイドとHOTELベースで過ごしてました。
0930BASQUE9月-545

0930BASQUE9月-550




ビアリッツが貴族の別荘地だった面影を残す『オテル デュ パレ』。ここだけは別格の雰囲気が残されていて、GOYARDでバッグとお財布買った流れで、海岸線を見下ろしながら軽いランチを。
0930BASQUE9月-616




今回のバカンスのドレスコードも和装。夏着物と浴衣を持っていったので天気やシチュエーションとのバランスを考えながら、レストランごとにコーディネト。
0930BASQUE9月-74



自分の足とドライブで回ったので、位置関係とか体に染み込んでるし、旅が点ではなく線として記憶に刻まれている。世界有数の美食&リゾートエリアで、しかもリーズナブルと言うから癖になってしまうバスク。いつか線を面で語れるようになりたいね。
0930BASQUE9月-232




それぞれの町の魅力とベースにしてたHOTELについては、続きの方で。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年08月15日

Iribar(スペイン)港町ゲタリアの炭火焼き

0815ゲタリア9月-15

世界のフーディーズを魅了するバスク地方。その中心地であるサンセバスチャンから車で30分くらいの港町がゲタリア。
0815ゲタリア9月-36



宿泊がチャコリワイナリーに囲まれた丘の上のホテルだったので、チェックイン前にランチで寄ることに。
0815ゲタリア9月-3

サン・セバスティアンの顔ともいえるホテルマリア・クリスティーナでは、併設のショップがバルツアーをやってて有名なんです。そこのスタッフにゲタリアのオススメのレストランを聞いていて、訪れたのが『Restaurante Iribar』。



「ゲタリアの町は、通りが二本しかないからすぐにわかるわよ」と言われてたけど、Google Mapに頼ることなく、目的のお店はすぐに見つかった。
0815ゲタリア9月-14



お店の外で網に挟んで魚を焼く炭火焼きスタイルが印象的な、いかにも漁港らしいレストラン。絶対食べてみてね!と言われていたアンコウが、シンプルだけど強烈に美味でした。
0815ゲタリア9月-12



骨の周りのとろとろしたゼラチン質や、弾力ある白身の食感など、魚をよく理解した職人の火入れは、島国日本人にも納得の仕事。
0815ゲタリア9月-16



アンチョビは塩が強過ぎず、濃厚な特長が際立っていて、本場ならではの味わいに驚く。なんてことないのに、あからさまに美味なのよ。こりゃゲタリアの一ツ星「エルカノ」も行きたくなりますな。
0815ゲタリア9月-8




シンプルライフというものを体現している港町。日本より全然お金はないと思うけど、人としてとても豊かです。
0815ゲタリア9月-23
Restaurante Iribar
Kale Nagusia Kalea, 34, 20808 Getaria, Gipuzkoa, スペイン
+34 943 14 04 06


世界有数の金持ち国である日本が、老後不安で悩むとかおかしくない?だって、他の借金だらけの国の人々、大抵楽しそうに生きてるよ。真面目も悪いことじゃないけど、視野を広げよ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年08月13日

セララバアド (代々木上原)こどもの頃の夏休み

0802セララバアド7月-28

セララバアドのコースの中で、一番五感に訴えってくるのが夏。

視覚的にも鮮やかで、聴覚や嗅覚も使いながら食事を楽しめてワクワクするのよ。それにメニューの演出もタイプ。  
0802セララバアド7月-2




去年の夏も「お、この流れ楽しい!」とワクワクさせてもらったんだけど、今年のコースは一年前のコースに更にアレンジを加えて、ひとまわり完成度があがっていたという印象。
0802セララバアド7月-54



蓮の葉の上のじゅん菜と梅昆布茶。今はどこで見られるんだろう?日本の夏の原風景。優雅なバカンスも大好きだけど、こういう景色に触れる夏休みも心に沁みる。バリ島のウブドが好きなのは、記憶の奥にある日本の原風景に近いものに出逢えるから。
0802セララバアド7月-10




これは、去年と同じだけど、好きなお皿だったのでWelcome。長野の清水牧場のナチュラルチーズに青草のようなオリーブオイルとレモングラスの風味を加えて。
0802セララバアド7月-19

ワインもいいんだけど、これがラベンダーの香りを嗅ぎながらだと合うんスよ。香りのマリアージュ。



海のお皿は、去年はビジュアルに驚いていたせいか味の記憶が薄かったけど、今年は2度目で余裕もあってしっかりと味わえた。ムール貝に見立てたヤツの中には、カレー風味の貝のエキスが入ってて、これが旨いのなんの。
0802セララバアド7月-22

店内には波の音が流されていて、視覚と聴覚で海を感じることができる。お皿が下げられる頃には波の音も消えていて、なんだか夏が過ぎ去った時の独特の気分になっちゃったよ。


イカ墨の蓋をした夜の海。中の玉葱とかイカの食感、香りもよく、ハーブ使いもキマってて似たようなメニューだけど、去年よりパワーアップ。
0802セララバアド7月-31



はものフリっと、雑穀のリゾットにせり。コーンのアクセントもよい。
0802セララバアド7月-33



今年は鮎の魚醤を使った揚げ物も登場。栃木牛はマコモダケのソースとこのあたりはファンタジーさよりも着実な仕事でしっかりとコースを締めてくる。
0802セララバアド7月-40



栃木のとちのき牛、マコモダケのソースで。ガルニの野菜の苦味がいいバランス。
0802セララバアド7月-49



国産のジンとレモンのジュレ、お抹茶が流れを作る。まさかレモンと抹茶が合うとは
0802セララバアド7月-55


とどめはレンゲの上の蛍 、これは下から光に透かすと一段ときれい
0802セララバアド7月-60



線香花火で夏のコースが終わる
0802セララバアド7月-63



一連のコースは、セララバアドくんの夏の冒険になぞらえられていて、今回もファンタジーさ全開。
0802セララバアド7月-66


シェフの修業先のひとつ、マルティン・ベラサテギに行くのが楽しみっ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:38|この記事のURLComments(0)

2018年08月02日

カサ ゴンザレス (マドリード)老舗バルでマドリードっ子気分

0801ゴンザレス10月-9

どことは説明しづらいけど、プラド美術館方面の細い路地に佇むバル『Casa Gonzalez』、チーズやハム、缶詰などを扱う食料品店兼バルという、日本ではあまり馴染みのないスタイル。

結構な老舗らしく客層もマドリードの食好きが集まっているという空気感。ここからちょっと南下すると一気に治安が悪くなるらしく、観光客がたまたま寄るにはミノフスキー粒子が高め。
0801ゴンザレス10月-15



ボクラも、マドリード在住の友人に連れてきてもらったから訪れることができたけど、自分で探し当てるのは困難。ただ、食べるの大好きなマドリード在住者が通っているだけあって、ワインも料理も安くて旨い。日本だとフランス、イタリアのあとに来る選択肢のワインというイメージだけど、気分を伝えて出してくるワインは、全く引けを取らない美味しさ。
0801ゴンザレス10月-4



ただただ、パンチが強いというのは間違った印象で、果実味が強かったとしても余韻は滑らか。味の強いハムやサラミだけじゃなく、
0801ゴンザレス10月-11




チコリとチーズのサラダのような料理にも、見事なマリアージュを魅せてくれる。これもシンプルだけど絶妙な味付け。
0801ゴンザレス10月-19




店構えも雰囲気あって、こういうお店に出逢えると”暮らすように旅する”気分を堪能できる。
0801ゴンザレス10月-17

Casa Gonzalez
Calle del Leon, 12, 28014 Madrid, スペイン
+34 914 29 56 18
http://www.casagonzalez.es/



やっぱし、現地で友人にエスコートしてもらえる旅が最高。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2018年07月14日

サンセバスチャンでバルめぐり (スペイン)世界一の美食タウンは愉快です

0714Donostia29月-1

人口に対するガストロノミーの数の多さや、旧市街に並ぶバルの美味しさに惹かれ、世界中からフーディーズが集まる「サン・セバスティアン」
0714Donostia9月-3



バスク語では「ドノスティア」と呼ばれるこの街は、美しい海岸線の景観や治安の良さも手伝って、一日を通して陽気な空気が漂っている。
0714Donostia29月-2



美食タウンという響きから想像できるように、若者主体な町ではないからTOO MUCHな喧騒はなく、遊び慣れた大人の肩の力が抜けた程よい賑やかさなのも過ごしやすい理由の一つ。
0714Donostia49月-1


疲れ切って枯れてる大人しか見てなかったら、そりゃ若者が未来に希望を持てなくなるのは当然のとこ。サンセバで人生を謳歌してる大人たちをみて、人生ってなんか思ってたよりなんとかなるんじゃね?っていうことを感じてみて欲しい。
0714Donostia39月-2




そして(最低限は必要だけど)お金があんまなくたって、人生は愉しめることをバルホッピングを通じて実感できると思う。
0714Donostia39月-7



なんせバスクの地ぶどうから作る白ワインのチャコリなんて、バルだったら1EUROちょいっすよ(確かね)。ピンチョスやタパスも数EUROなのに、めちゃくちゃ旨い。
0714Donostia49月-5



アンチョビが知ってる味と全然違うし、イベリコ豚の生ハムも濃厚な肉の旨味がズシンとくるのにキレがいい。味の組み合わせ、素材の使い方が日本とは次元が違うので、こういうのはやはり本場に来てみないとわからないですね。
0714Donostia9月-7



ホテルのマダムがオススメしてくれたバルを中心に、日本で下調べしたところや、あとは活気のあるバルを好きな時間に気分に任せてまわる楽しさは、お祭りの屋台を回る感覚にも似てるので、日本人なら好きなはず。
0714Donostia39月-5





バルストリートは旧市街にあって、教会の前の『Atari』とか、
0714Donostia59月-2







ストリートの入口に近い『Bar Sport』
0714Donostia9月-4





『LA CEPA』などなど、覚えてるのはこのくらいだけど滞在中 相当数回りました。ミシュランの星付きレストランもいいけど、正直そういうガストロ回らなくてもサンセバスティアンは楽しすぎます。
0714Donostia49月-9




ガストロノミー行っちゃうと、全くディナーでお腹すかなくて21:00頃にちょこっとバルでつまめるくらいのキャパしか空かないのよ。食いしん坊には哀しいけど切実な悩み(笑)
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(1)

2018年06月27日

アカ(京都)モダンスパニッシュの雄

0608ATA2月-17

この頃から予約は取りづらかったけど、もう完全に難攻不落のレストランになっちゃいましたね、京都のモダンスパニッシュ『アカ (aca 1°)』。

訪問したのは3年半前、今では更に料理が進化していると思いますが、当時でも衝撃的でした。本場スペインへの訪問は『アカ』への訪問後になるわけど、ここで得た衝撃は、本場のガストロノミーにも負けてなかったです。
0608ATA2月-10


最近は東京でもスパニッシュのいいお店が増えてきたけど、詳しい人に聞くとこのジャンルは西高東低で、関西のほうがスペイン料理はいいお店が多いと聞いています。
0608ATA2月-6


つか、なんで3年半前の訪問が今頃?って話ですが、そんなネタだらけです。多分、まだ書けてないレストランは1000件くらいあると思います。隠居したら、ゆっくり過去ネタでも振り返ってみますわ。

それまではそこそこ最近のネタを書きつつ、たまにこうして古ネタを掘り起こしていきます。
0608ATA2月-3





当時は今ほどモダンスパニッシュの経験値無かったんで、「こういうアプローチのスパニッシュいいっすね!」とシンプルに歓んでました。このサラミの美味いこと。
0608ATA2月-8




皮の焼き目、身の火加減、器に至るまで統一された美意識。
0608ATA2月-13




蛸を緑のソースでって、どんな味だったんだろう?
0608ATA2月-26




うなぎのパエジャ、めっちゃ美味よ。
0608ATA2月-30




デザートも、もちろん美味でした。
0608ATA2月-32




さて、次に行けるのはいつになるかな。
0608ATA2月-36

アカ (aca 1°)
075-223-3002
京都府京都市中京区桝屋町55 白鳥ビル 2F
http://aca-kyoto.jp/


最近、ほんと京都発のお店が勢いありますね。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年06月18日

La Pecera del Circulo de Bellas Artes(マドリード)ギャラリー朝カフェ 

0615CAFE10月-6

La Pecera del Circulo de Bellas Artes (マドリード)

マドリードの中心部、グランヴィアあたりって意外と朝食できる洒落たお店って少ないんですよね。テラス席があるなんて条件をつけると尚更。

『La Pecera del Circulo de Bellas Artes 』はアートギャラリービルの1Fにあるカフェで、大箱で天井が高くアートなかほりも漂うんだが、スタッフの放置感も心地よく、長時間の滞在にも向いていた。
0615CAFE10月-1-2



クロワッサンとチュロスとカフェラテな朝。カフェのクオリティは全体的に微妙で、正直スタバの方が美味しいですw
0615CAFE10月-3


La Pecera del Circulo de Bellas Artes
Calle de Alcala, 42, 28028 Madrid, スペイン
http://lapeceradelcirculo.com/


他の席との距離感もあるし(客もまばらだし)、旅のプランをまりえと詰めるのにはいい場所でした。このアートギャラリーにはルーフトップのBARもあって、夜にチラッとのぞいたんだけど夜景の威力は...、夕方くらいに行くのが良さそうでした。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 22:14|この記事のURLComments(0)

2018年06月15日

lubina (日比谷)ミッドタウン日比谷のテラス席でスパニッシュ


0614ミッドタウン日比谷5月-11

梅雨入りはしたけど、G.W前からテラサーシーズンは到来していて、スキあらば外席で呑もうと”テラスファースト”なスタンスの今日この頃。

ミッドタウンは「日比谷公園が借景のテラス席がいいよ」と聞いていたので、ノンアポで向かったんです。つーのも、アペリティフして軽くつまんで食事は別のとこでと考えてたので。
0614ミッドタウン日比谷_5月-1
(目黒から移転したビストロ モルソーのテラス)


海外の人から見たら遊びベタなのがバレバレで恥ずかしいんだけど、日本は相変わらずテラスよりも室内から席が埋まっていきます。結構テラスに力を入れてる、ここミッドタウン日比谷ですらご多分に漏れず。

ゆえにサンセット直前のプライムタイムですら、好きなテラスが選び放題♪




この日はアペリティフ使いを考えていたので、テラスの雰囲気が気に入ったとこみつけてから、スタッフに「ここ、どんな料理を出すお店なの?」と聞くという旅先みたいなセレクトスタイルで。

質のいいリゾートっぽいソファーが気に入ったこのお店は、どうやら『lubina』という名のスパニッシュのお店らしいと判明。
0614ミッドタウン日比谷5月-12


CAVAとともにピンチョスも何皿がオーダー、さすがに、アペリティフだけというのは少しかたじけなくて。

グラスのCAVAもふくよかで雑味が少なく「お、いいじゃない」と思ってたら、出てきたピンチョスも「お、おお?」と期待よりだいぶいい。
0614ミッドタウン日比谷5月-2



温菜のタパスもお願いしたら、モダンでライトな仕上がりだけどクオリティ高めで、この時点で食事も食べてみようと方針を変更。
0614ミッドタウン日比谷5月-6

lublna (ルビーナ)
03-6273-3250
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F

今週末は雨っぽいのが哀しいっす
    ↓  ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 12:00|この記事のURLComments(0)

2018年05月13日

暮らすように遊べるマドリードの歩き方

0210MAD_2_11月-4


11月に訪れたマドリードの情報を整理しようと思ってたんだけど、バタバタしてるうちに5月になってました。

観光客的にいうと、マドリードは徒歩移動をメインにできるコンパクトさで、バルセロナほど観光都市っぽさがなく暮らすように旅する人向き。
0210MAD10月-19



ここでいう暮らすようにっていうのは、あの名所に行こうとか、あの景色インスタにアップしなきゃとかいうのからの自由という意味で、朝起きて美味しいクロワッサン食べ行って、昼間で町をプラプラ歩いて、ランチで酔っ払って、そのノリでショッピングして、昼寝して、夜は深めの時間からディナーか軽食。こんな毎日が続くスタイルのこと。
0210MAD10月-14


マドリードは見どころがないといってるわけではなく、世界三大美術館の「プラド美術館」もあるし、国立劇場などもさすがの公演内容らしい。

ただ、当家に限って言えばアート方面よりも食と酒が優先するので、センターエリアに泊まって、ひたすら食と酒と被写体に導かれた時間を送るのが最高でね。
0210MAD10月-3




ただ、カフェ文化の充実は最近のことらしく、朝活向きではないっぽい。
0210MAD10月-28




ランチも盛り上がってくるのは遅めの時間。驚愕的に美味なガストロバルがリーズナブルなのもバルセロナの魅力。これ、パリだったら軽く2倍くらいしそうなプライシングだし。
0210MAD10月-37





都会に飽きたら、30分ほど足を伸ばしただけで中世にタイムスリップできるのも魅力。
0210MAD_2_11月-26




トレドは、これまで訪れたヨーロッパの都市の中でも屈指の美しさ。
0210MAD_2_11月-32



2F建てバスやトラムが必ず停まる展望スポットからのVIEWは、忘れらない景色になるはず。
0210MAD_2_11月-20




そんな旅のスタイルに興味がある方は続きをどうぞ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 20:22|この記事のURLComments(0)

2018年04月20日

the ringo (西麻布)ラウンジ使いできるモダンスパニッシュ

0419ringo4月-3

西麻布のモダンスパニッシュ『the ringo』。サンセバスチャンにあるようなローカル色強めのバルではなく、ギャラリーっぽい雰囲気で照明落としたラウンジっぽいレストラン。

逆に言うと、サッとつまんで呑んで帰るというラフなスタイルにも向いてるので、使い勝手はいい。

友人が好きでよく通ってるというのを聞いていたので安心して使えたけど、なんも知らないとスタイル優先で味はソコソコっぽく見えてしまうかも(笑)。ちょいバブリーでチャラさ感じるんで。
0419ringo4月-6

実際に料理を口に運んでみると「なんだ、ちゃんとしてるんじゃん」っていい意味で意外性を感じられる。

生ハムのクリームコロッケは泡に合うし、ダチョウ肉のタルタルは、しっかりとした赤身のパンチが心地よく、程よい果実味の赤ワインがよくマッチしていた。
0419ringo4月-5


未だに、スペインワインっていうと、無駄にパンチの強いものでリスト埋めてるとこあるけど、あんなワイン 実際にスペインで出てきたことないし。美味しいお店は、ちゃんと料理とバランスとれるワインを、グラスでも出してくれるからねぇ。

魚介のフィデウアは、もうちょい水分あるもの想像してたんだけど、思い切り乾いたのが出てきちゃった。先に聞いておけばよかった(笑)。
0419ringo4月-9

the ringo
03-6447-1799
東京都港区西麻布1-15-1 森口ビル 1F
http://the-ringo.jp/


金夜のピーク時はほぼ満席状態、フラっと使えるかどうかは日によって変わると思うので、行く前に電話入れておくのが正解。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(1)

2018年04月16日

エル・ロセヨ (学芸大学)スペインバルで酔い夜を

0416Esp3月-3


美味しい!というのは何を食べるかというのは勿論だけど、誰とたべるか、どう食べるかというのが大事だということを改めて感じた夜。

こちらは学芸大学の『バルアンドデリ エル・ロセヨ 』、駅近で1Fはカウンター主体で、テイクアウトのデリメニューも充実してる、まさに近所に欲しいスタイル!
0416Esp3月-16



皿の上しか見てない不感症の人との食事はやはり味気なく、人生をさまざまな角度で楽しんでいる大人同士のテーブルは、自然と熱量があがってくるもんなんです。

最近、スペインにハマっている両家なだけに、頑張ってるスパニッシュのお店には素直に反応できるのがいい。学芸大にこんなイカしたスペインバルがあったとは。
0416Esp3月-12



うなぎの稚魚の前菜とシェリー酒が昨晩の記憶をより鮮やかにしてくれました。こじんまりだけどテラス席があるのも高ポイント。
0416Esp3月-5




フレンチやイタリアンと異なり、日本とスペイン現地の味の差はまだまだ大きい。本場のバル、特にサン・セバスティアンあたりの価格・味の再現は都内では不可能でしょう。でも、そういう中で、こういう「おっ、いいじゃん」と感じられるお店は増えてきたように思う。
0416Esp3月-10

バルアンドデリ エル・ロセヨ (BAR&DELI ROSSELLO)
03-6451-0488
東京都目黒区鷹番3-14-6
https://www.facebook.com/gakudairossello/


他のメニューも色々試してみたい、そんなお店に会えました。
    ↓ ↓

人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:52|この記事のURLComments(0)

2018年03月27日

セララバアド (代々木上原)和歌のマリアージュで春を迎える

0306セララバアド3月-24

まりえを連れてって一番喜ばれるのが『セララバアド』

分子ガストロノミーを随所に取り入れたイノベーティブな料理は、『El Bulli』や『 Martin Berasategui』でのシェフのキャリアを感じるものだけど、それよりも刺さってるのは根底を流れるファンタジーさ。
0306セララバアド3月-2



何度も通ってるうちに当家が至った解釈は、『セララバアド』のコースの発想は”限りないピュアさ”から生まれているのだというもの。
0306セララバアド3月-23



ディズニーの世界観に通づる恥ずかしげのないファンタジーっぷりもこの時代に潔く、そのブレないスタンスは、もはや癒やしとなっています。




料理を五感で楽しめるように挿し込んでくる演出も微笑ましく、今回はスマホと連携した和歌ペアリングにTRYをしてきました。
0306セララバアド3月-6


期せずしてこの日は夫婦で着物カウンターだったので、予習なしで見事にお店のコンセプトを体現したあたり、ファンとしては少し誇らしくもあったりします(笑)
0306セララバアド3月-26


こうなると、どの皿が好みってより、全体の世界観に対しての共感になるんだけど、敢えて言うなら前菜の「春の高原」(TOPの写真)、魚料理の「深雪鱒」、メインの「ほろほろ鶏」が印象強く残っています。


春の高原は、長野の山奥にある牧場のナチュラルチーズをムースにしたもので、ローズとクランベリーウォーターと合わせて。お皿の周囲には、りんごの蝶々といちごのピクルスを配して春らしさを演出してました。素直に、このチーズが美味だった。
0306セララバアド3月-22


深雪鱒はレアの火入れがたまらなくセクシーで、皮の濃厚な脂とおっそろしいほどのマリアージュ。最後に一瞬スモークかけることで、香ばしさが脂の余韻を和らげて、いい着地点へと導いてくれていた。
0306セララバアド3月-37



ほろほろ鶏は、しっとりした胸肉と、ジューシーな腿肉双方の魅力に引っ張られるという贅沢な二股体験。
0306セララバアド3月-47



日本ワインと日本酒のペアリングも悪くないけど、それほどビビッと来なかったので、次回はジュースペアリングにしてみようと思う。金額もさほど変わらないし。
0306セララバアド3月-14




今回もすっかり愉しませていただきました。コースの流れとしてもかなりタイプだったし。
0306セララバアド3月-62

セララバアド
03-3465-8471
東京都渋谷区上原2-8-11 TWIZA上原 1F
https://www.celaravird.com/


次回は夏着物で行けるかな。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年03月15日

Casa Julio (マドリッド)バルで人生を愉しもう

0223カサフリオ10月-12



マドリッドに夜着いたので、その日の夜は近場のバル『Casa Julio(カサフリオ)』へ。ファサードの雰囲気からしていいじゃない。この扉が開けっ放しな感じも最高。
0223カサフリオ10月-14


外から見たよりも店内は人いきれで、一瞬圧倒されるもなんかすぐに馴染めちゃうのがスペインのいいところ。
0223カサフリオ10月-3




日本で出されるスペインワインって、やけにパンチ重視で果実感もToo Muchなものが多いんだけど、いざ本場で飲むと、逆にそんなワインには滅多にあたることはありません。エレガントだけど個性がある、その程度のトリッキーさ。
0223カサフリオ10月-2



そして、とにかく皆が愉しいオーラを醸し出している。日本は国連の世界幸福度ランキングでは54位だそうで…。GDP世界3位の裕福極まりない国家のくせにっすよ?? これって皆の価値観の持ち方が間違ってるとか、国の仕組みが可笑しいからに他ならない。

つまりお金が人生を幸せにしてくれるってことじゃないこと。

あと、他人の価値観や企業のくっそ狭い視野の中で生きていたら絶対にこのポジションは変わらない。金なんてただのツールだし、オフィスでの人の目なんて気にしてたら損ですよ。いかに愉しく豊かに生きるか考え抜いて行動しないと幸福なんてもんは見えてきません。幸福は降ってくるモノじゃなく創り出すもの。たかが手段にオレの人生左右なんてされたくない。
0223カサフリオ10月-4



安くてもちゃんと美味しいものは食べられるし、何を食べるかというより誰と食べるかの方が遥かに幸せに直結する。一年中美味しいものしか食べてない自分が感じてことだから、多分それが事実。
0223カサフリオ10月-6




人生の経験上、幸せなひとは殆ど他人の悪口とか言いません。つか、そんな無駄なことに使ってる時間が無いんです。匿名をいいことに、なにかに失敗した人をネット上で寄ってたかってフルボッコにするのもみっともなくて気持ち悪い。

ちなみに炎上って皆んなが非難してるように見えるかもしれないけど、参加したことある人なんて、たかが5%以下っすよ。高校の40人のクラスでいったらたった2人。だいたいクラスには、キモくてネガティブなヤツが2人くらいはいましたよね?

そんなヤツらの言葉を当時のクラスのガキたちは聞いてた? 誰も聞いてないっしょ。炎上なんて所詮そんなモノ。マスメディアもネット利用者も反応しすぎ。
0223カサフリオ10月-9

くだらないことにパワー使ってる暇あったら、人生のHAPPYな使い方を考えてる方が100倍建設的。スペインのバルに来ると、日本の閉塞感に辟易とします。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:29|この記事のURLComments(0)

2018年02月22日

セララバアド(代々木上原)宇宙のファンタジー

0225セララバアド10月-21

分子ガストロノミーを多用しつつも、ファンタジーさ溢れるために、なんだかいつもほっこりして帰る『セララバアド』
0225セララバアド10月-11




毎回帰り際に予約を取るも、シーズナリーの訪問になる。前回の訪問は10月の半ば頃。秋の訪れを感じるメニューでした。しかもカウンター席でライブ感あふれるキッチンを眺めながらのディナーは、レストランラバーにはたまらない時間。
0225セララバアド10月-9



しかもコース内に肉が多めの展開で、牛ハツのカツレツ、スモーク演出の地鶏、セレブ豚のジェットストリームアタックに撃ち落とされました。


牛ハツは一緒に出されたリゾットとの食感のレイヤーが心地よく、香りとともに愉しむ地鶏は、いかにもセララバアドといった真骨頂。地鶏の写真以降、撮影モードが変わってて絵画調に(泣)
0225セララバアド10月-26



ネーミングが微妙なセレブ豚は、りんごのピュレ、マコモダケを従えて、濃厚にしていと旨し。
0225セララバアド10月-1




流行りをかじったなんちゃって分子ガストロノミーでなく、ストイックにスタイルを貫くシェフのスタンスは、なんか好感抱いちゃうし、不器用さを残した理系っぽいサービスも、リピるうちに癖になっていく。
0225セララバアド10月-5





なによりファンタジーな演出含め、まりえが大好きなレストランなので、シーズンごとに通うのが愉しみなレストランのひとつ。
0225セララバアド10月-29

セララバアド
03-3465-8471
東京都渋谷区上原2-8-11 TWIZA上原 1F
https://www.celaravird.com/


オリンピックもそろそろ終わっちゃうんで、ひさびさ自ら雪山挑みます。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ






続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年01月30日

パイス バスコ (銀座)裏路地のバスク

0130パイスパスコ1月-4

イタリア料理やフランス料理のレストランがこれだけ多い東京だと、さもヨーロッパの料理全部が日本で食べられるような錯覚に陥りがちですが、それなりにメジャーなスペインですらも、スペイン料理=パエリヤやピンチョスというような認識レベル。

ゆえに、世界一の美食タウン”サン・セバスティアン”に代表されるバスク料理といっても、東京ですらそんなに食べられるお店は無いんですよね。

西麻布の「エネコ」は、むしろビルバオの三ツ星「アスルメンディ」寄りのガストロノミーでいわゆるバスク料理らしさを知るには難易度が高すぎる。代々木上原の「アルドアック」や湯島の「サルデスカ」なども、かなりガストロバル寄り。

その点、銀座の『パイスバスコ』は、メニュー数も豊富でかなりカジュアルにバスクを楽しめるバルらしいお店。

1Fはカウンターでオープンテラスだし(冬はビニールの仕切りあり)、2,3Fのテーブル席も温もりあってらしい雰囲気出ています。当然のことながらチャコリでスタートできて、バカラオとかピルピルとかバスクらしい料理に心と舌が躍ります。
0130パイスパスコ1月-3

この日は入ってなかったけど、バスク名物のココチャ(タラの喉肉)のピルピルなんかもあったりして、ゲタリアあたりの海岸線の景色を思い出しながら飲むのにはもってこい。


ただ、残念かな。チャコリは「エネコ」は勿論、「アルドアック」や「サルデスカ」と比べても、かなりコンディションが悪くむむむ...と。ただ、グラスワイン全体が悪いわけじゃなくて、むしろシードルあたりはかなり安くても美味だったりと、選ぶ方のスキルや運が試されます。
0130パイスパスコ1月-9




料理はバスクらしい味わいで入門編として使い勝手はいいと思う。ただ、アンチョビをはじめキーになる素材が現地とはコンディションや価格が大いに違うので(人件費、土地代もね)、「世界一のバスク料理ってこのくらいなの?」と思っちゃうと、それはちょっと誤解です。
0130パイスパスコ1月-5



こちらはイカ墨のアロス、チーズ焼き。スペイン料理って言っても、パエリア以外こんなアプローチがあるのね!と海バスクの魅力を知るきっかけになれば。
0130パイスパスコ1月-8

パイス バスコ (Pais Vasco)
050-5868-5707
東京都中央区銀座7-3-16
http://www.paisvasco.jp/


平日は深夜27:00まで営業してるし、銀座で気軽に使えるって意味でも貴重ッス。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:31|この記事のURLComments(0)

2017年12月14日

Akelare (スペイン)バスクの海を見下ろす三ツ星へ

1009AKELARE9月-34


日本だと三ツ星レストラン予約するのも一苦労だけど、三ツ星レストランが集まるスペインのサンセバスチャンでは、1ヶ月前でも候補日が複数あれば比較的容易に予約は取れる。しかも大抵レストランHPからオンライン予約できるのでメチャ楽ちん。
1009AKELARE9月-28



ここ『アケラレ(Akelarre)』も、1ヶ月くらい前の予約で訪問できたし。サン・セバスティアン国際映画祭の時期だったので、セレブリティで予約は満杯か...と思ったんだけど、そこまで影響はないみたい。
1009AKELARE9月-48



とはいえ、訪問してみたら満席で、早めに窓際をリクエストしておいてよかったー。
1009AKELARE9月-39






予約に関して言うと窓の外に広がるビスケー湾の美景を愉しむうえでも、昼の訪問をおすすめしたい。
1009AKELARE9月-51




ランチ好きな自分的には、お昼でも夜とコースが変わらず、シェフ”ペドロ・スビハナ”全力の『アケラレ』が愉しめるのは、めっちゃ嬉しい。
1009AKELARE9月-19



コースは195ユーロのものが3つあって、Classics of Akelaŕeというシグネチャーな料理が多く入ったコースを頼んだんだけど、ここでは2人で訪れたなら、それぞれ別のコースを頼むのもアリ。
1009AKELARE9月-5



王道コースは面白かったしもちろん美味しかったんけど、ちょっとTOO MUCH感を残したのも事実。隣のテーブルで頼んでたモダンなコースは、ボリュームもライトで、味付けも今っぽい雰囲気だったので、そっちも試してみたかった。
1009AKELARE9月-32





ボクラは自分らのテンションあげるために着物で訪れたけど、スペインのリゾートエリアらしく、スタイルはだいぶ自由。
1009AKELARE9月-26




さすがにジャケット着用が無難だけど、店内の空気はユルめで、パリのようなプレッシャーはない。
1009AKELARE9月-2





今年は、アケラレホテルもオープンしたので、来年こそは夏のバスクに訪れたい。
1009AKELARE9月-1

Restaurante Akelarre
Padre Orkolaga Ibilbidea, 56, 20008 Donostia, Gipuzkoa, スペイン
+34 943 311209
https://www.akelarre.net/en


東京や京都並みに大好きなサン・セバスティアン
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 00:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月26日

セララバアド (代々木上原)夏の海と草原と夜を渡る

1024セララバード6月-16




スペインに行ってから、改めて”分子ガストロノミー”の面白さに向き合うようになった当家。本家エル・ブリのあったスペインでは、三ツ星ですら挑戦によるハズレもあったけど、こういった試みを続けることで新しい味の着地点を創り出しているのも事実。
1024セララバード6月-6






というわけで、昔はプレゼン重視なんじゃね?と、どこか冷めてたんだけど、今ではその挑戦的なスタンスを応援するサイドに回りました。
1024セララバード6月-24





頻繁にコースを変えるのではなく、季節ごとにとコースを絞ることで、少人数の厨房でハズレの少ないモダンガストロノミーを愉しめる『セララバアド』。日本では数少ないジャンルなので、1年ほど前に訪問してから、季節ごとに訪問しています。

品数が多くフォトジェニックなので、ついつい初回しかブログにはアップできていませんでしたが、春、夏、秋、冬、四季を表現したコースは、それぞれ印象的で愉しめました。
1024セララバード6月-26





こちらは、遅くなりましたが夏のコース、朝露をイメージしたじゅんさいと梅昆布茶のゼリーとか、やけに懐かしくて困る(笑)。こういう記憶は完全に奥底に埋もれてはいたけど、一旦思い出したら五感で再現されるので、感動のストレッチになるんすよ。
1024セララバード6月-7




夏には必ず飲みたい大好きなガスパチョが、透明な液体で出されたのもヤラれました。ヤバい、心の可動域が広がっていく。その後、ラベンダーの”かほり”とともにヤギのチーズの前菜をいただき、ファンタジーモードになったところで好みの一撃。
1024セララバード6月-14




いつもメニューの出し方も大事な演出になってるんだけど、この日はメニューがなかったのね。「今回はそんなものかな」と思ってたら、渚をイメージした前菜の箱(TOP写真)の中に、砂浜に打ち上げられたような瓶を発見。

もしや!と思って瓶の中を見たら、そこに”メッセージ・イン・ア・ボトル”的にメニューが入っていたんです!!。しかも、心が揺れるメッセージとともに。こういうファンタジー、なんかキライじゃないんすよね。というか、正直弱い(笑)

1024セララバード6月-20




雑穀と穴子のフリットのリゾット。中にはコーンも入って夏らしさを加速。
1024セララバード6月-27




その後、鮎を挟んで熊本は赤牛 マコモ茸とともに。
1024セララバード6月-33





前回まではソムリエさんが彼だったので、ジュースペアリングが特に秀逸だったのよね。
1024セララバード6月-40




もちろん、ワインのセレクトも良かったよ。国産もうまく挟んでくるし。
1024セララバード6月-19







でもなにより、ジュースペアリングで料理の振れ幅の大きさにシンクロしてたのが良かった。ワインはある一定のレンジの中で最大限の効果を発揮させる飲み物だけど、ジュースの場合だと枠がなくて発想が自由。その分、ハマった時の感動レベルはあがるのよね。
1024セララバード6月-28



そしてデザート陣の演出っぷりも半端ない。





これまたゼリー状のデザート”ピニャコラーダ”、一瞬じゅんさいの前菜とカブりますが
1024セララバード6月-42




なんと、コレ光を通すと蛍が光っているように見えるんです。実に面白い。
1024セララバード6月-44





そしてガストロなのに、最後に線香花火のおみやげつきという憎らしい〆。
1024セララバード6月-47

セララバアド
03-3465-8471
東京都渋谷区上原2-8-11 TWIZA上原 1F
https://www.celaravird.com/



そういや「81」には、まだ行ってないような。何故が京都で何度もシェフには会ってるのに不義理っすね(汗)。年内には伺えるかな?

  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)