ニセコ_201903

2019年04月01日

Pricelessなスノーリゾート NISEKO

ニセコMarch2019-81

シーズン3度目となるニセコへ。

世界トップクラスの雪質を誇るゲレンデがあり、レストランの料理は洗練されているうえに自然の景観を組み込んだインテリアになっていて、次々とデザイン性の高いホテルのOPENが続く『NISEKO(ニセコ)』
ニセコMarch2019-89



レストランのスタッフは英語が基本だし、外の景観の活かし方が海外リゾートのような融合感あって気持ちいいのよ。東京だとレストランのVIEWっていっても、せいぜい夜景と小庭くらいだけど、雪景色や雪山VIEWのファインダイニングって新鮮だからめっちゃ昂ぶる。
ニセコMarch2019-23




こんな環境だから自然とステイスタイルも海外っぽくなり、アフタースキーでドレスアップして出かけるとか、BARで賑やかに飲んだりとか、夜もしっかり楽しめる。
ニセコMarch2019-19



ニセコは徒歩圏内でも遊びの選択肢が豊富なのも魅力。

1泊で行くのはバタバタしてて落ち着かないけど、2泊以上なら近場の海外に行くくらいの感覚なので、ついつい3度も足を伸ばしちゃったんですよ
ニセコMarch2019-8



それになんといっても温泉があるし、地元の生産者たちの仕事がクオリティ高く、ペントハウス借りてホームパーティするのも いとをかし。
ニセコMarch2019-112




ニセコMarch2019-98


先日もミッドタウン日比谷のTOYOで出されて、これはいい!と気に入っていた余市の平川ワイナリー。今回は平川さんが料理に合わせて5種類ほどワインを持ち込んでいただき、
ニセコMarch2019-127


マガーリのシェフ 宮下 輝樹さんの料理と抜群のアッビナメントを魅せてくれた。
ニセコMarch2019-119




540日間氷室で熟成させた本間君のジャガイモ “540”も、前回以上に輝いていたりと食べすぎた。帰ってきてからも、なんだかずっと満腹(笑)
ニセコMarch2019-113



そんな北海道の生産者やシェフたちとの贅沢なホームパーティほ、これまたシーズン2度目の「SKYE NISEKO」のペントハウスで。
ニセコMarch2019-7




食前、食後はルーフトップ温泉三昧。これが本当、気持ちよすぎて中毒性高く危険。
ニセコMarch2019-85




レストランは、やはり『SOMOZA』のランチが良かったね。あのインテリアとスノービューのシチュエーションは、言葉が不要の説得力。
ニセコMarch2019-56



道産食材を活かした、ならではの料理が洗練された仕事で食べられる。
ニセコMarch2019-41



プレゼンテーションの発想が、日本人と異なるのでボクラが新鮮。
ニセコMarch2019-62




雪は春スキーを覚悟してたら、着いた瞬間に雪が降り出しニセコらしいパウダースノーで、木立の間をパフパフしてました。
niseko2019-1



たった2泊だったけど、全力で遊んでたからもっと長く滞在した気分に。
ニセコMarch2019-91




日本にいながら海外のスキーリゾートのような非日常感を味わえるニセコ。さすがにウィンターシーズンはこれで打ち止め。次は夏に再訪かな。

今回もタカちゃん、アユ、晃くん、依ちゃん、ありがとね!
NISEKO追加2019-2




まだまだ知らないものが多く、国内旅でも刺激と驚きに満ちている日本。令和になっても愉快に旅は続けます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:50|この記事のURLComments(0)