高知・徳島_201904

2019年05月06日

高知の鰹とあか牛、徳島 大歩危の渓谷美

高知1_2019-92




GWのちょっと前に、高知と徳島へ。年始に立てた誓い「今年行きたい場所【国内編】」に忠実に。1Qで行けなかったのは静岡だけと、かなり実行できています。
高知1_2019-22






やはり、高知といえば鰹のたたきでしょと。実際、塩たたきとかテクスチャも味わいも素晴らしく。
高知2_2019-18




しかも、地酒だけじゃなく自然派ワインで合わせてくれるなんて洒落た選択肢もあったりしたし。
高知1_2019-18




高知では大好きなウツボもメジャー食材なので、あちこちで食べられるのも嬉しい誤算。
高知1_2019-27





現存十二天守の高知城も残っているし。
高知1_2019-59






ここは坂本龍馬というより山内容堂公の気分を味わいつつ。
高知1_2019-81




まだ、桜が少しだけ残っていた時期だったのでフォトジェニックな絵も撮れました。
高知1_2019-104






高知といえば、あか牛も食べたいところ。
高知2_2019-4




どこか、いいお店ないかなと探していたら、友人らから耳寄りな情報が。
高知2_2019-14





日本の市場って、安くて手軽にボリューミーなものが食べられるってイメージで、まさかこんな場所にあか牛のこだわりのお店があるなんて。
高知2_2019-15






昼から、10種類以上あるグラスワインとともに
高知2_2019-3




火入れにこだわったあか牛がいただけちゃうのよ。フレッシュな肉のかほりは、熟成香とはまた違った魅力でもも肉の弾力が心地よく、ブルゴーニュの赤がソース代わりに味を引き立てる。
高知2_2019-8






自然にも癒やされたかったので、高知から足を伸ばして徳島の大歩危へ。
徳島2019-8





ここは、見ての通りの渓谷美を愉しみながら、
徳島2019-13



なんと、温泉もあるというオレ好みのスポット。
徳島2019-48




ここでは、川魚の「あめご」昆をいただきに。これは布締め。
徳島2019-50




2億年以上かけて削られた天然の彫刻
徳島2019-28





海崖好きだけじゃなく、もちろん川崖も大好物。
徳島2019-32





遊覧船のポイントが、素直に一番美しい。
徳島2019-42





お願いだから、もうちょい渓谷美を愉しめるカフェなり道の整備をして欲しい。


高知市内は美味しいものが多く、まだまだ掘り足りない。また行ってみたいと思える、とてもいい町でした。レストランの名前は続きの方でまとめて。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 19:51|この記事のURLComments(0)