滋賀_201906

2019年07月01日

彦根城(滋賀)現存十二天守の国宝

彦根城2019-60


現存十二天守のうち、わずか5つの天守閣だけが国宝に指定されている。

彦根城は琵琶湖畔に建てられたお城で、かつて安土城があった場所の少し北。信長が天下統一の前に選んだエリアということだけあって地政学的に重要なポイントなんでしょう。

彦根城2019-32




ちなみに、石田三成の佐和山城も彦根城のすぐ近く。関ヶ原の戦いの後、井伊家がこの土地を治めることになったんだけど、三成の居城をそのまま使うのは嫌だと居城を移したのが彦根城へのはじまり。
彦根城2019-35




遠くから見たら、ちょっとした丘くらいに見えるけど、いざ天守閣まで登ろうとすると息が切れる。
彦根城2019-17




国宝の天守閣は、こじんまりとしながらもお洒落な佇まい。専門家の解説だと、かなり実戦的な造りになっているらしい。
彦根城2019-41




標高50mの丘に作られた平城とはいえ、高低差はそれ以上の体感値。
彦根城2019-38




お城の周りには玄宮園という大名庭園があって
彦根城2019-54




この庭から眺める天守閣が一番好み。庭から見た天守というのはTOPの写真ね。
彦根城2019-66




城下によくある雰囲気ある商店街は”キャッスルロード”という名称で、JRの彦根駅とは異なる方向にある。彦根駅から彦根城までは、びっくりするくらい商業色が少ない。
彦根城2019-1




電車で訪れた観光客には意外性高めなので気をつけて。
彦根城2019-12





肝心の姫路城に行くチャンスは、いつ作れるかなぁ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 19:30|この記事のURLComments(0)