シチリア_201909

2019年11月16日

CASA ARICO(Taormina)オススメのB&B

Sicilia2019-71



タオルミーナの旧市街 メッシーナ門からほど近くに位置する『CASA ARICO』
https://www.maisondarttaormina.com/

「Maison D'Art Casa Arico Suites Taormina」 という名の通り、オーナーの収集したアート作品が館内には数多く飾られており、リゾート地特有のリラックスした空気の中、感性を心地よくアートで刺激してもらえるのが魅力。

部屋やリビングからは海も見えるし、ルーフトップがあるのもツボ。
casaarico12019-5


殆どノープランでタオルミーナにやってきたボクラに対する、宿のスタッフ(ジェイソン・ステイサムっぽい)のレコメンドがめっちゃ的確で、この宿に2泊する間の予定を自然に描き出すことができた。



そんな『CASA ARICO』がおすすめの理由はこちら

●便利な場所なのに落ち着くロケーション
●最上階に眺望の良いリビング&ルーフトップ
●スタッフのホスピタリティ




では順番に。

●便利な場所なのに落ち着くロケーション



メッシーナ門から徒歩一分くらいのところに徒歩専用の抜け道があって、そこを通ると1,2分で宿に辿り着くという便利さ。
casaarico2019-5-2




そんなに便利な場所なのに、このあたりは居住エリアらしく人通りもなく静か。
casaarico2019-32




この宿とは思えない入口も、暮らすように旅する好きの当家には心地よく。
名称未設定2019-19




部屋からもこの景色。ここで飲む酒も旨い
名称未設定2019-6




インテリアもかわいらしく、広さも十分。
名称未設定2019-5




必要十分なものが部屋には揃っている。あ、冷蔵庫だけは無かったかも。頼めば冷やしておいてもらえると思うけどね。
名称未設定2019-7




●最上階に眺望の良いリビング&ルーフトップ

この宿に決めた理由がこのリビングとルーフトップ。オーナーさんのプライベートスペースを20:00頃までは開放してくれているんです。
名称未設定2019-9




アンティークの趣味の良い家具やアートが並んでいる。
名称未設定2019-12




このお酒もオーダーすれば飲むことができる。
casaarico2019-20




リビングからは教会越しにイオニア海を望めるロマンティックさ。
casaarico2019-21





サンセット時はルーフトップに登ってアペリティーボ
casaarico12019-2




幸せしかないでしょ
casaarico2019-1-2





雨も滅多に降らないのでソファーも無造作に並んでいる。
casaarico12019-4






デッキチェアやシャワーもあるので、ここで日光浴というのもお洒落な選択肢。真後ろに天空の町「カステルモーラ(Castello di Mola)」がそびえ立っているのもゾクゾクする。
casaarico2019-30




●サービススタッフのクオリティ

レセプションのメンズスタッフも洒落者で気が利くし、朝食を作ってくれるマンマも癒し系。
名称未設定2019-17




いかにも家庭の味というのはホテルやレストランとは微妙に違うのよ。毎日でも食べられる優しい味わい、こういった味に出会えるのも家族経営のB&Bならではの魅力。
casaarico2019-1



日本で売ってたら無駄に甘そうなケーキ類も、決して甘すぎないから疲れない。
casaarico2019-2



スタッフの方々と写真撮っておけば良かったな。
casaarico2019-16

シチリア旅の最初の宿をここにしてほんといいスタートが切れました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年11月09日

タオルミーナの旧市街を歩く(シチリア)高台からの絶景リゾート

Taormina2019-70

映画グランブルーの舞台となったシチリアを代表するリゾート地「タオルミーナ」

海のイメージの強い町だけど、旧市街は急坂を登った山の中腹にあり海抜200m以上。ゆえに遮蔽物なくエトナ山を眺めることができ、完璧なブルーのイオニア海をも同時に見下ろすことができる。

旧市街の中心は、ウンベルト一世通りというメインストリート。メッシーナ門からカターニャ門まで約800mで数多くのショップやレストランが集まっている。この通りにあるホテルに泊まると、車が入れないので、人混みの中をスーツケースを転がして歩くという苦行を避けられないので、ホテル選びは慎重に。
Taormina2019-25



ウンベルト一世通りのハイライトが、ここ「4月9日広場(Piazza Quattro Settembre)」
Taormina2019-60




広場の端からは、切り立った崖の下に海が広がり、エトナ山を見ることができる。

ギリシャ劇場ほど美しくはないけど、この景色を眺めながら賑わいを浴びていたら、タオルミーナに来た実感が湧いてくるよ。
Taormina2019-31





ウンベルト一世通りの脇道には、メインストリートにはない色気があって、商業色の強さや人いきれに疲れたら、少し逃れて路地裏のカフェでひと休みなんていうのもバカンスらしい過ごし方。
Taormina2019-28



旅では何度も結婚式には遭遇したけど、舞台装置もキャストも揃ってるから、なんだか毎回 映画の中に迷い込んだような錯覚を覚えた。
Taormina2019-22




結婚式のゲストと観光客が入り混じり、周囲はハッピーな熱気に包まれる。日本だったら制服きた警備員が無駄に整理をしようとして空気をつまらなくさせそうじゃない? 人生の優先順位が、幸せ<効率化、規律となっちゃうと、一気につまらなくなるんだと思う。
Taormina2019-24






旅のはじまりだし、買い物欲は沸かなかったので、ほぼ素通り。欲しいものはデカくて重いから、あきらめモード。
Taormina2019-18




レストランも、この道沿いでは景色は望めない。
Taormina2019-35





景色が存分に楽しみたければ、やはりギリシャ劇場が圧巻。あと、町の周囲にあるいくつか展望スポットがあるから、そこを廻るのも愉しいしヘルシー。なんせ、坂道多いから結構歩くことになるしね。

狙いを定めたのは丘の上に見えるカステッロ。Google Mapで調べたら砦の横にある教会「Chiesa Madonna della Rocca」まで歩いて15分と出たので、翌朝 ランニングがてら、身軽なスタイルで行ってみることにした。
Taormina2019-7



朝ごはん前のトレーニング。ランニングスタイルで水やカメラをトレランバックに突っ込んで、ビューポイントをいくつか回ってみた。
Taormina2019-50



ウンベルト一世通りからは少し下がったヴィッラ・コムナーレ庭園。ここからもエトナ山と海が一望できて気持ちいい。早朝ゆえ、人もいなくて公園を貸切状態。
Taormina2019-56



ウンベルト一世通りまで戻って、今度は細い路地の旧階段を登ります。カステッロ行きの看板が出てるので、案内に従っているとこんな景色が。タオルミーナの旧市街を見下ろす美景に出会えました。
Taormina2019-66




更に階段を登っていくと、確かに15分くあいで「Chiesa Madonna della Rocca」にたどり着く。
Taormina2019-76




ただ、もうひとつの丘の上に見えていたカステッロは、入口までの道も整備されてないし、門は閉ざされていて全くもって観光客を寄せ付けない雰囲気。

でも、そのあたりからの景色も抜群で、崖の上の小さな町「カステルモーラ(Castello di Mola)」も間近に見えた。というか、もう少しやる気があれば、走れるくらいの距離まで来ていた。
Taormina2019-71






朝ごはんの時間もあったので、メッシーナ門近くにあるホテルに戻ることにしたけど、一日散策しても飽きないくらい旧市街周辺の景色は美しい。
Taormina2019-49




あの砦の裏側まで行ってるので、下から見上げるとよくぞ登ったな、オレと。
Taormina2019-40





遅くまで賑やかなウンベルト一世通りだったけど、時差がハンパないからディナー食べ終わったらベッドに直行で。夜のタオルミーナは全然 探索できてません。
Taormina2019-42


やっぱし、太陽が昇ってるときこそタオルミーナの真価が発揮されるから。その分、朝は日の出とともに目覚めてます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2019年10月18日

ide homme のショートソックスでシチリアを歩く

Sicilia2019-208

旅すると、特に海外ではやたら歩きます

その町の空気感を知るためには自分の足で歩かないとわからないし、フォトジェニックな絵を撮ろうとしたら階段を数百段登るっていうのもワリと普通です。
Sicilia2019-289



そのうえ、バカンス中は朝からお酒を飲むもんだから、ふくらはぎあたりにダメージ溜まりやすいんです。肝臓がヘタって、むくみやすいんですよね。
Sicilia2019-160



そんなふくらはぎへのダメージを少なくするために、バカンス中は”些細なこと”で対策をとってます。

ひとつはテニスボールを挟んで正座。これ、めっちゃ痛いんだけど効くのよね。

あと、ランニングやトレッキング時には五本指のソックスを履いています。足の指ごとに機能できるように、ってね。



先日のシチリアには、普段用にも五本指なのにお洒落なide hommeのソックスを旅のお供に。
Idehomme2019-3



【ide homme(イデオム)】
http://www.i-corporation.co.jp/shop/
https://www.ide-homme.jp


これ、露骨に足の指が割れてないから、見た目もスマートなのよ。
Idehomme2019-6

いっしーから教えてもらって履いてみたけど、彼の言う通り脱げにくい。くるぶし丈のショートソックスって、すぐ脱げちゃうタイプのは戦力外だから。


旅に出過ぎてて、写真の整理や文章を書いている時間がまったく作れていない。動けるというのはありがたいことなんで、今は記録よりも行動を優先。とはいえ、今年は後半詰め過ぎたわ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


もうちょいリアルタイムなInstagramはコチラ。






kyah2004 at 22:00|この記事のURLComments(0)

2019年10月13日

憧れのシチリア グランブルーの世界へ

Sicilia2019-296

今年の夏バケはシチリア。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


海崖好きとしては、アイルランド(スター・ウォーズのロケ地)にも惹かれたんだけど、もっと思い切りな夏を感じたくて。
Sicilia2019-42


ほかにも北欧ガストロノミーを本場で食べてないので、デンマーク・ノルウェイあたりも候補だったのよ、フィヨルドの迫力も凄そうだし。ただ9月は寒そうで、こちらは早々に諦めたけどね。


シチリアって大きさイメージわかないと思うけど、九州をひとまわり小さくさせたくらいの広さ。2週間ほどかけて車でぐるっと回るにはちょうどよかった

ざっくり言うと、こんな印象。
1. 海の美しさと崖の迫力がとにかく想定以上
2. パスタは一度も裏切らない
3. 欲望がフラットになるナチュラルさ


どういうことか補足すると、呆れるくらいの美景続きなうえに、食事はパスタを食べてる限りハズさないから、予約に振り回されずノリ任せ。
Sicilia2019-402




ムリしなくても美景と旨い酒と、やけに透明度の高い海が手に届くところにあるから、ガッツく必要がないのよね。
Sicilia2019-359


だいたい朝から酔っ払ってて心は弛緩しっぱなしで、そうこうしてるうちに欲望って概念が薄くなって、あるものを受け容れるナチュラルな状態へと進化していくってわけ。この感覚が「欲望がフラット」って書いた状態。
Sicilia2019-115




旅の殆どを小さな町で過ごしてたので、ナポリやフィレンツェ、ミラノといった、ある意味”らしい”押しの強さとの遭遇も少なくて、このあたりは想像と違ってた。

これがシチリアらしさのか、もしくはカントリーサイドのイタリアらしいのかわからないけど、気疲れすることもなくひたすらのんびり。
Sicilia2019-205




回った町は、順番にタールミーナ、ラグーザ、リカタ、チェファルー、トラパニ、パレルモ


タオルミーナ」は絶景が約束されたシチリアを代表するリゾート、世界中から富裕層がバカンスで訪れることでも有名。
Sicilia2019-57



子供の頃に映画 グランブルーを観てから、いつか訪れたかった憧れの地。
Sicilia2019-150




ホテル「カポ タオルミーナ」からはエトナ山も一望
Sicilia2019-145



ミシュランスターのワインペアリングもビシッと刺さり、幸先の良い旅のはじまりとなりました。
Sicilia2019-96


ただ、他のエリアと比べて、圧倒的にホテルが高い! その分、洗練されてるけどね。
Sicilia2019-104



近隣の町も魅力的で、崖の上の「Castello di Mola」とか見てるだけでキュンキュンする
Sicilia2019-76



上から見下ろすタオルミーナも美しく、数日滞在するなら絶対訪れて欲しい場所。
Sicilia2019-64




ラグーザ」は、島の南東部にある丘全体が石で覆われたように見える幻想的な世界遺産の町。町の中は迷路そのもので、ホテルまでのアクセスが一番苦労したところ。
Sicilia2019-209



圧倒的な景観力で、ここでも早起きして朝焼けを愉しんでいた。
Sicilia2019-202


たまたま、部屋から10歩歩いたところが町一番の絶景ポイントだったりと、色んな意味で結果オーライの滞在に。歩くことに最も興奮したのがココ。
Sicilia2019-214




リカタ」は、この旅の食のディスティネーション。ミシュラン二ツ星の「La Madia」に、どうしても行ってみたくて。シチリアの、この町ならではのガストロノミー体験。わざわざ足を運んだ甲斐があった。
Sicilia2019-233




観光仕様でないスッピンのシチリア町風情がやけに新鮮で、「こんなカントリーサイドの日常の中に、ミシュランスターがあるの?」というギャップも。
Sicilia2019-221




ちなみに近くにはギリシャ時代の遺跡が集まる 神殿の谷 で有名なアグリジェントという都市があり、インスタグラマー垂涎の白い崖の海「Scala dei Turchi (スカーラ・デイ・トゥルキ)」に寄ったりも。白が映える場所なのに、天気がイマイチで無念。
Sicilia2019-252




ここからは一気に島を縦断してシチリア北部へ。パレルモの東にある「チェファル」という町へ。実は、タオルミナ並、もしくはそれ以上に訪れるのを愉しみにしていた場所で、後から振り返っても、ここが一番お気に入り。
Sicilia2019-297



まずね、崖マニアには垂涎の地形で、巨大な崖とティレニア海に挟まれるように旧市街が集まっている。
Sicilia2019-306




海から見た景色も素晴らしいけど、この岩山の上からの景色が息を呑む美しさ。絶景続きのシチリアに麻痺しかけてたんだけど、ここでは目が醒めました。
Sicilia2019-289




旧市街の町並みも色気があって、散策するのに程よい大きさ。
Sicilia2019-326



パスタで一番「うんまい」と吠えたのもこのチェファル。トリップアドバイザーでチェファル1位のお店『Triscele』を前日にノリで選んで、あとはメニューを眺めながら勘でオーダー。出てきたガンベロロッソのタリオリーニは乳化具合が素晴らしく、極上のTKGなニュアンスも。トップにはピスタチオのムースが添えられていて、更なる追い込み。
Sicilia2019-315


それぞれの町で、もっと真面目に調べてたら、こういう感動食体験の頻度はあげられたかもしれない。でも、心を弛緩させるというのもこの旅の重要なミッションだったので、一生懸命は敢えてホドホドに。
Sicilia2019-310




天気も良く、あらゆる意味で最高だったチェファルを後に向かったのが「トラパニ」。一旦、パレルモは素通りしたんだけど、市内を超えてから空港あたりの崖が壮大でドライブしながら興奮悶絶

隠岐の島の摩天崖クラスが、ふっつーにそびえ立ってるので、崖マニア、中でも海から切り立つ崖には目がないオレは、これを眺めながらワイン空けられるくらいのトキメキ。
Sicilia2019-328



こんな綺麗な町を眺めながらドライブするのは愉しいよね。
Sicilia2019-332


ただ、目的地のトラパニが近くなるにつれて、雲が厚くなってきたのよ。トラパニ滞在の目的が離島の「ファヴィニャーナ島(Favignana)」 で、舟が浮いてるように見える透明度の湾で泳ぐことだったので、自然とテンションが落ちていく。


とはいえ、透明度はトラパニの町の横の海ですら、めちゃ透明。
Sicilia2019-408



トラパニの町自体も、言ってしまえば地味な感じで、救いは海沿いのホテル「レジデンス ラ ガンチア(Residence La Gancia )」。ここはルーフトップに宿泊者専用のバールがあって、海を眺めながらアペリティーボを楽しめるのよ。
Sicilia2019-375


あまり海沿いにホテルやレストランのない町なので、この環境は貴重。ほど近い「エリチェ」という町は天空の町として有名なんだけど、行こうとしたら思いっきり雲の中で諦めました。なんかトラパニとは縁が無かったなぁ。
Sicilia2019-348





ファヴィニャーナ島」は曇ってても凄かった。この島はチャリやバイク借りて回るのにちょうどいいサイズで、シチリア本島でも沖縄並の海の美しさなのに、離島に来ると桁違い。
Sicilia2019-353



すんごい強風で、普段なら絶景のビーチが荒れ狂ってだけど、湾の向きに寄ってはさざ波も立たないくらい静かだったり。
Sicilia2019-371



港の近くの路地を走っていると、映画の中に迷い込んだかのように錯覚する。
Sicilia2019-373




帰国前に半日だけ程度滞在したのが、シチリア最大の都市「パレルモ」。町の規模は、他のシチリアの都市と比べて圧倒的で、久しぶりに喧騒が続く街を見た。道に並んだテーブルで、ストリートを感じながらの早めのディナー。
Sicilia2019-404



到着した頃には、一番寄りたかった市場も閉まってる時間だったので、市場めぐりが出来なかったのが心残り。パレルモから車で30分も走れば、周囲に絶景ビーチが点在していることもわかったし、次回はパレルモからシチリアをはじめてみようと思う。
Sicilia2019-397



あと、再訪の時にはしっかり数日離島に滞在できるプランを考えたい。狙いはメッシーナ近くのエオリエ諸島。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


もうちょいリアルタイムなInstagramはコチラ。





続きを読む

kyah2004 at 16:52|この記事のURLComments(2)