能登CARSTAY_201910

2019年10月21日

CARSTAYで能登までキャンピングカーの旅

CARSTAY旅2019-60

キャンピングカーでの旅って、憧れつつもどっか距離がありません?

ボクもどっか他人事のように感じていました。

でも、実際 まりえとお義父さんと3人でキャンピングカー借りて能登までドライブしたら、想像よりも遥かに快適、かつ愉快に日本を縦断できちゃったのよ。
CARSTAY旅2019-82



お昼過ぎに東京を出て、1日目は八ヶ岳エリア、2日目は白馬エリアでキャンピングカーに泊まり、3日目の夕方には能登に無理なくたどり着けたし。
CARSTAY追加2019-1



しかもね、2日目は台風上陸というかなりのバッドコンディション。確かに寝る前に雨強くて閉口したけど、寝てるうちに暴風雨は過ぎ去ってたたりと影響は限定的。
CARSTAY旅2019-22




台風の影響で雲が残ってて、肝心の日本アルプスは見ることが出来なかったものの、温泉をハシゴして、森の中のラウンジでワインやクラフトビールを呑んで、国宝の天守閣のぼって、蕎麦に舌鼓をうって、逢いたかった愉快な人たちと再開できて、移動できる茶室でお茶会したりと、愉快なことだらけ。
CARSTAY追加2019-4




なにより移動しながら車窓の景色をアテにワインを飲めるというのがめっちゃ贅沢。
CARSTAY旅2019-38



今回利用した「CARSTAY」は、車中泊がOKな宿や個人宅の駐車場が利用できる、今年の年初に始まったばかりのサービス。場所によるけどトイレや温泉、共有部が使えるところもあり、サービス黎明期らしく利用できる宿がエッジーなのもポイント
CARSTAY旅2019-9
<若神楼の温泉、露天風呂の岩も猛々しい>


2泊目の夜、雨脚が強くなってきた中、辿り着いたのは山の上に立つ絶景の宿「林りん館」。番所の桜の徒歩圏内にあり、昭和っぽいネーミングとは裏腹に(晴れたら)日本アルプスが望めるテラスがあり、リビングの天井は高く、室内にボルタリングの設備もあり、そのうえお風呂は畳敷き!!
CARSTAY旅2019-52


CARSTAY旅2019-46



台風ということもあって、リビングでディナー兼酒盛りをさせてもらい、酔っ払ってお風呂の畳でそのまま寝ちまったり、
CARSTAY旅2019-50



朝からテラスで虹を見ながらワイン呑んだりとフレキシブルに宿を使わせてもらえた。
CARSTAY旅2019-59





3拍目の夜は能登のイクが運営するCARSTAY「田舎バックパッカーハウス <1>」へ。お風呂やトイレ、共用スペースが使えるのはもちろん、長期滞在型のCarstayもできるスポットになっている。
CARSTAY能登2019-4




何台も車が停められるスペースがあるので、この日は車生活の達人たちが集っていたのね。旅という枠を超えて 車を生活拠点として生きるライフスタイルについて直接体感したり話を聞くことができた。
CARSTAY能登2019-29


中でも茶室を積んだ爲さんの車は圧巻。
CARSTAY追加2019-5



CARSTAY能登2019-30



ちなみに爲さんとは太秦江戸酒場で会っていて、いつか為さんの青空茶室に行きたいと思っていたんです。イクからは「和室がある車の人が来るよ」程度のインフォメーションだったので、まさか再会できるとは思ってなくて。
CARSTAY能登2019-5




駐車場にキャンピングカーを停めて、茶室を積んだ車の中にいる人を紹介された瞬間「オレ、このヒト知ってますわ!」と大興奮。シルエット見た時にピンときて。こんなところで再会できるんだ...としみじみ
CARSTAY能登2019-10


当然、この夜は宴になって、お抹茶のカクテルを所望したり、26:00頃に締めのお薄をいただいたり。
CARSTAY能登2019-14



翌日はイク家族に続き、お義父さんとまりえと一緒にお茶会もできたりと思わぬ親孝行になりました
CARSTAY能登2019-22





そうそう、キャンピングカーの話もしておかないとね。ボクラが借りたのは、コンロや水道、冷蔵庫に電子レンジも搭載された最新式のハイエースのカスタム車。
CARSTAY旅2019-33


バッテリーも積んでいるのでパソコンでの作業も耐えられる。
CARSTAY旅2019-88


こうした車も「CARSTAY」のサイトからレンタルできて、なんと1泊2万円ちょい!! 燃費は5km程度だし、坂道はアクセル踏み込んでもスピードでないけど、ゆったり景色を楽しみながらドライブするには、間違いなく最高の選択肢の一つ。
CARSTAY旅2019-87




さいごにいちばん大事なことを書いておくと、このサービスの一番の肝は「新しい価値観との出逢い」につきると思う。


こういったサービスを使う人の中には、車を生活拠点にしている先駆者たちがいて、いわゆる世間一般の価値観には縛られず「自分の生き方」を突き詰めてる人たちに逢える確率が高まるのよ。
CARSTAY能登2019-13



今回の旅を提案してくれた能登のイクもそうだけど、移動茶室で暮らす爲(ため)さんの生き方というのも、実に清々しい。


自身の価値観を信じて、行動して、そして生活ができてるヒトと生で話すと、自分のスタイルで生きていくことに自信が持てる。しあわせのカタチは人が決めるものじゃなく、自分で決められるものだっていうのが再認識できるから。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 11:30|この記事のURLComments(0)