姫路・大阪・京都_201911

2019年11月17日

姫路城と宇治 お茶会で休日の雅

姫路2019-11


現存12天守は、江戸時代以前からの天守閣が残っているもので、国宝に指定されているものは、その中で5つ。

松本城、松江城、彦根城、犬山城、そして姫路城。今まで、他の4城には行ったんだけど、肝心の姫路城が未訪だったんです。

白鷺城とも呼ばれるこのお城は、この中でも最大クラスで圧倒的に華やか。二の丸や西の丸なども美しく残っており、城としての世界観を現代に伝える貴重な存在。
姫路城2019-7



他のお城は、天守閣は残ってるものの、それ以外の部分がだいぶ現代に侵されてしまっているか、もしくは当時の姿を残していないので、江戸時代の気分を愉しめるスペースは限定的。


姫路城は、未だ石垣と白壁の城壁が多く残っているから、イメージするお城の世界観をじっくりと味わえるんすよ。
姫路城2019-3


そして、いわゆる姫路城的な姿を一番美しく見られるのが「西の丸」。余計なビルとか視界に入らず、周囲もお城らしい世界観が保たれているので、純度高めの城エクスペリエンスを求めるのなら、ここはハズせない。

限られた時間しかないのであれば、天守閣に登るよりも、西の丸に訪れることをオススメします。
姫路2019-12



ちなみに、今まで回ったお城でタイプだったのは熊本城

復元天守ではあるけど、敷地も広大で、迫力ある石垣も残っている。中でも宇土櫓(重要文化財)のように、天守閣ではないけれども加藤清正が創建した初代天守ではないかといわれるような櫓も残っていて、中の雰囲気も古城らしくゾクゾクしちゃったりと、歴史の重みを体感できるエリアがしっかりと残されている。

地震の後にも行って、その被害を見た時は言葉もなかったけど、天守閣も復旧が進み今年の10/5から特別公開(大天守外観復旧記念)もはじまっている。また宇土櫓に入れる日が来ることを愉しみにしています。



そんな姫路城をあとにして向かったのは、神戸のバスク料理レストラン『bb9』。「エチェバリ」出身のシェフによる、日本の土地と素材で表現したアサドール。
姫路2019-28



バスクのガストロノミーを知ってる人には嬉しいコース構成かと。

「エチェバリ」の薪料理はもちろん、港町ゲタリアの「エルカノ」あたりでアサドールの魚料理の凄味を体感してると刺さるんじゃないかな? あんこうのグリルで、同じ魚なのにブラックスキン、ホワイトスキン、骨周りと全然違う魅力になるし、魚の焼き方で「ほえー、スゲー!」って感じたのも久々だったもん。
姫路2019-17




『bb9』では、北海道のブリ、仙鳳趾の牡蠣、五島列島のトロミあるハガツオ、舞鶴のクエなどエロティークな火入れと、ほんのりかほる薪のニュアンスから、バスクへのオマージュを感じる。
姫路2019-19



フレッシュのポルチーニの火入れも良かったなぁ。
姫路2019-23



チャコリもいわゆるバル用の微発泡がぶ飲み用と、ガストロノミーで出てくるリースリングなどを混ぜた超熟用のチャコリは全然別物。ビルバオの「Azurumendi」で、ペアリングをオーダーしたら10種類くらいチャコリが出てきたことあったくらい。


最後のデザートワインで幾らのっかったのかだけは知りたいけど(苦笑)、料理もワインのセレクトもめちゃタイプなレストランでした。
bb92019-2



翌日は、京都の宇治で遠州七窯のひとつ朝日焼の「松露会」へ。
宇治松露会2019-14


宇治川沿いを歩いたり、興聖寺の坂を登ったりしていると、定点観測で「今年は紅葉遅めだね」とか、肌で季節を感じられる
宇治松露会2019-1


宇治松露会2019-6


まりえと一緒にお茶席に入って美術館クラスのお道具に会えたり、手びねり体験できたりと、日本の美にどっぷり触れる休日
宇治松露会2019-19


お正客の譲り合い合戦は、毎度のことながらアレだけど、着物で男性というだけではめ込もうとするのは勘弁。や、出来るなら喜んでやりますけど...
宇治松露会2019-8

とはいえ、オーセンティックな茶席は圧倒的な日本だし、たまにはこの空気の中に身を置くのが好き。例年スタートが遅くてバタバタするので、来年は学習してもうちょいはやく訪れたいもの
宇治松露会2019-13





今回 宿は、神戸と京都の中間地点、大阪に陣を張りました。

御堂筋通り沿いの本町に、新しくデザインホテルがオープンしたんです。寺院の山門と一体になった新コンセプトの『大阪エクセルホテル東急』 
https://www.tokyuhotels.co.jp/osaka-e/index.html
大阪2019-1



ラグジュアリーホテルと、ビジネスホテルの中間層が薄い日本のホテル事情って、常々なんだかなーと感じてたので、気軽に使える遊び心溢れたデザインホテルというのはWelcome
大阪2019-8



大阪出身者に話したら、「400年の歴史がある南御堂のところに山門型ホテルと言われても、全く想像が出来ない」と、かなりチャレンジャブルな試みらしい。

万華鏡をモチーフにしたデザインで、コンセプトルームは泊まるだけじゃなくてPARTYとかにも使えたりと、時代のニーズにあった打ち出し方が好印象。
大阪2019-13



御堂筋通りのライトアップをこの角度で見下ろせるっていうのも、大阪人には新鮮だそうで。
大阪2019-27




ホテルのメインダイニング『PIC*NIKA』は、洋食をベースにしたビストロ。ベシャメルソースの美味しさや肉の火入れにフレンチ出身というシェフのキャリアが垣間見られます。
PICNICA2019-10



大阪らしくたこ焼き風のゼッポリーニや、BBQの世界観で出してくるヘレ肉のグリルなど、ここでも遊び心は忘れていない。
PICNICA2019-8



ホテルオリジナルのクラフトビールが、道頓堀で作られたものというのも驚き。旅人には、現地ならではのモノに弱いんです。
PICNICA2019-1



食後はBARも使ったけど、オープン直後でまだ知られてないから、個室のような隠れ家スペースで、100%リラックスしながら呑めたのも◎
大阪2019-20



去年末、4年で100回旅する計画をクリアしたので、今年はちょっと旅のペース落とそうと思ってたんだけど、結局過去最高の旅記録を更新し、47都道府県もコンプリートできそうです。

旅を生活の一部に組み込みたいと願ってたので、今のライフスタイルはある意味狙い通り。ただ、こんだけ旅してるとマジで疲れが抜けないけどね(笑)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。






続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)