京都_202009

2020年10月08日

そうだ、GO TOで京都行こう。

kyoto2020-58

予算に上限があるので、あまり勧めたくはないんだけどGO TOトラベルの破壊力はハンパない

今年は新型コロナ感染拡大前のNYが最後の海外旅なので、いくら国内旅を増やしたといっても例年に比べれば旅出費は相当抑えられている。

だったら憧れの宿や行きたかったホテルが安く予約しやすい今、行っておかない手はない。

旅先の宿やレストランの感染防止対策は厳重で、都内の電車より遥かにセイフティ

なので自身が感染拡大させないように気をつけながら、東京がGO TOトラベルの対象になる前でも旅先への貢献を地道に続けていたわけです。
kyoto2020-68



9月のシルバーウィークは京都へ。

一部のホテルは賑わっていたけど、逆にリーズナブルでセンスのいいホテルがガラ空きだったので、GO TO使えなくてもリーズナブルに旅できちゃいました。人気の観光地も人が少なく感染を拡大させるようなリスクを感じることは殆どなかったですね。

こんな洒落たホテルが京都では増えていて、2人で1万円ちょいとかそんなもんだったと思う。つまりGO TOだったら2人で5千円程度。ネットカフェと変わらないじゃん。
kyoto2020-35



今回は京都グラフィの期間中だったので、いくつか覗いてみた。こちらは烏丸御池の「HOSOO FLAGSHIP STORE
kyoto2020-24




GO ONメンバー 西陣織のテキスタイルメゾン HOSOO(細尾さん)の旗艦店

世界中のハイブランドから注目を集めている西陣織「HOSOO」は、着物という概念を超えた 挑戦が、ファッションだけではなくアートや自動車などの産業界、サイエンスなどとも結びつき、日本の伝統産業の可能性を魅せてくれている

このラウンジの椅子はテキスタイルがまさに西陣織。実際に座れる機会ってそんなにないから、長年のファンとしては実に嬉しい空間
kyoto2020-20




そのラウンジでは、イベントに合わせてシャンパーニュのルイナールとペルシュウ(プロシュート)のイベントが2日限定で開催されていて、クラフトマンたちによる美酒 ✕ 美食 ✕ ART を愉しむことができたのよ。ほろ酔いで眺めるアートって、無防備に心に刺さる気がする
kyoto2020-22




HOSOO LOUNGE」には、こんな半個室もあるのでデート使いや、よりリラックスしたいなら、このスペースをリクエストするのもいいんじゃない
kyoto2020-18




久々に京都の友人らと。

東福寺の塔頭 光明院でお庭を眺めながらご住職と精進料理をいただく

料理は仕出しの矢尾治さん

中々聞くことのない禅の修行の話や、現代における宗教の役割についても聞いてみたり

ここのお庭は重森三玲によって作庭された“波心庭”と称される枯山水庭園
石の力を体感できるお気に入りで、前から結構通ってたけど、こんな風に寄らせていただける日が来るなんてね。未来なんてもんは、分からないもんですな。
kyoto2020-40




いつもの「割烹 たいら」、この日も遅くまでお邪魔させていただきました。

袖短パンで過ごせるくらいの9月末、まだ夏の余韻が色濃く残っていながらも、味覚が秋の気配を運んできてくれました

蒸し鱧は卵とともに。琵琶湖のワカサギはいちじくと。お椀のサワラは身の甘さが印象的。ぐじは2週間寝かせて旨味が凝縮。鱧と梅、モロコ、松茸

やはり日本料理が一番好きだなぁ
kyoto2020-53



新規開拓だと、昼間は材木屋で夜に立呑になる『酒場 井倉木材』

トリッキーな場所だけに、味はソコソコかと思いきや、かなりやりおる

なにげないメニューが美味しく、クラフトビールもあれば、日本酒もセンス良さげなラインナップ。19:30頃に行ったら、人気メニューは品切れでした
kyoto2020-4



HOSOOメンバーが宿泊できる会員制ホテル「HOSOO RESIDENCE」にも今回始めて泊まったけど、京都らしいアプローチからしてグッとくるよ

玄関を入ると出迎えてくれるHOSOOテキスタイルのソファー。日本のクラフトが、どれだけ艶っぽいかを体感できる

こうした宿に泊まったら暮らすように旅するのが正解。「八百一」でナチュールワインとお惣菜買って、リビングで和の美意識に囲まれながら、気のおけない友人たちとグラスを傾ける。

観光地を巡るのもいいけど、こういう京都時間がしあわせ
kyoto2020-9



今年は紅葉の時期もホテルが取りやすく、それこそ普段なら速攻満室になりそうな人気ホテルが容易に予約できる。秋の京都は、毎年のように訪れてあちこち動いてるから、たまにはゆったりと秋の古都を堪能する予定
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。
うっすら始めてみたYoutubeチャンネルはコチラ


続きを読む

kyah2004 at 07:00|この記事のURLComments(0)