グルメ【ジャンル別】

2017年10月17日

ルリイロ (池尻大橋)毎日でも通える引き出し豊富な肉ビストロ)

1016ルリイロ6月-22

何度もブログで書いている池尻大橋の肉ビストロ『+ruli-ro (ルリイロ)

肉ビストロはだいぶ世の中に増えたけど、クラフトビールやクラフトジンが美味しくて、カレーやハンバーガーまでラインアップしていて、ワインのセレクトもセンスいい。それでいてリーズナブルって理想じゃないっすか??
1016ルリイロ6月-17





しかも古民家のリノベなので、空間はゆとりあって心地いいんです。
1016ルリイロ6月-2




そりゃ、目の肥えたパイセンでも喜んでくれるわけで。
1016ルリイロ6月-18





自家製ベーコンやパテカン、フォアグラ風味のレバームースなど、前菜の肉盛りもハズレなし。
1016ルリイロ6月-14





いわゆるビストロならワイン一択になるんだけど、ここではクラフトビールも相当いい目利きをしてるので、是非肉とビールのマリアージュを体験して欲しいっすね。所謂、日本のビール(缶ビール)に代表される味とは全くもって次元が違うので。
1016ルリイロ6月-1







もちろんサラダだって力は抜いていません。
1016ルリイロ6月-16




大好物のフロマージュ・ブランも揃ってるあたり、益々オレ好み。夜でも相当飲んで食べて7000円〜10,000円のレンジですが、体感的には1.2倍以上。
1016ルリイロ6月-26






ちなみにランチのパフォーマスは更に半端なく、こんな前菜の盛り合わせと、食前酒とメイン(カレーも選べる)、カフェまでついて2,500円っすよ。パリでこの価格で、こんな満足度なんて絶対あり得ないっすから。
1016ルリイロLUNCH9月-3

+ruli-ro (ルリイロ)
03-5787-6662
東京都世田谷区池尻3-16-3


そりゃ、日本に食を求めて観光客が殺到するのもわかります。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ







続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月16日

ENEKO TOKYO (西麻布)スペイン三ツ星のエッセンスを東京で

1017ENEKOTOKYO10月-47

西麻布に9月OPENした『ENEKO TOKYO』は、バスクの三ツ星「Azurmendi(アスルメンディ)」のシェフENEKO(エネコ)氏の日本初出店。

ボクラはちょうど1年前に 「Azurmendi」へ訪問していただけに、『ENEKO TOKYO』日本オープンのニュースはめっちゃ嬉しくて、早速訪問してきました。
1017ENEKOTOKYO10月-13



現地ではガストロノミー「Azurmendi」の横にビストロ「ENEKO Restaurant」が併設されていて、ロンドンでは既に姉妹店の「ENEKO LONDON」を展開中。
1015Azurmendi9月-1




西麻布のお店は、ロンドンと同様にビストロのENEKOの冠のはずだけど、料理は かなり「Azurmendi」のシグネチャーディッシュが入っていて驚きましたわ。
1017ENEKOTOKYO10月-23



アミューズのピクニックバスケットの演出も、都内でよく再現したなーと。ここからまだ植栽増やしていくそうですが、それにしても贅沢過ぎるスペース使いで昂ります。
1017ENEKOTOKYO10月-8



360°カメラでも撮ってみました。
Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA




料理は厨房の規模も全然違うし、そもそもビストロなんだけど、シグネチャーのトリュフ卵やバスク風きのこなど忠実に再現していて、バスク三ツ星の片鱗を感じることができます。現地ほどソルベ技は使ってないけど、味の組み合わせとかパンチ力は、いかにも「Azurmendi」。
1017ENEKOTOKYO10月-30



分子調理法とか、テクニックに目がいきがちなスペインのガストロ文化だけど、一番の面白さは味の組み合わせと落とし所の面白さだと思っている。そのワクワク感が東京で高いクオリティとともに再現されているのが、とても嬉しい。
1017ENEKOTOKYO10月-4



ちなみに、すっかりスペインガストロにハマった当家は、昨年のバスクに続き今年のバカンスはマドリードを開拓してきます。
1017ENEKOTOKYO10月-50







「ENEKO TOKYO」の話に戻るけど、世界中のグルマン達がわざわざ食べにやってくるメインのピジョンまで食べられて、ディナーコースで13,000円というのはかなりリーズナブルよ。
1017ENEKOTOKYO10月-52



本家はアミューズからプティフールに至るまで、凄まじいアイテム数なので、正直 戦(いくさ)的な一面もあるんです。でも、日本のコースはいいとこどりで絞り込んであるから「Azurmendi」のエッセンスを効率よく堪能することができちゃいます。

こと魚に関しては本家以上の美味しさでした。あ、海バスクって魚料理もめっちゃ上手なのよ。ただ、訪れた日がちょっとチャレンジし過ぎな部分もあってね。
1017ENEKOTOKYO10月-41




ワインのペアリングも◎。チャコリのバリエーションを、こんなにも豊富に用意してくれるとは。
1017ENEKOTOKYO10月-16




僕は無理言ってランチにディナーのコースお願いしちゃったけど、通常のランチなら5000円からコースあるし、スペインのレストランらしく肩肘張らない空気感がイイ。

いい意味でも悪い意味でもフレンチは気位高いし、イタリアンの艶感とか勢いは楽しいけど閉鎖的な一面も。その点、スペインって開放的で気取ってないから、やけにリラックスできるのよね。
1017ENEKOTOKYO10月-37




結婚式場も兼ねているということで、サービススタッフの数は半端ない。まだこなれてないとこあるけども、真摯なスタンスは伝わるので心地いい。ビストロの皮をかぶったスペインガストロノミーは、きっと貴方の期待を裏切らないはず。
1017ENEKOTOKYO10月-44


Eneko Tokyo
03-3475-4122
東京都港区西麻布3-16-28 TOKI-ON西麻布
http://eneko.tokyo/



フレンチは、たくさん日本にもガストロノミー入っているけど、イタリアンですらピッツァとトラットリア主体で、エレガントなリストランテは希少な状況。

イタリアンですらそんな状況なので、スペイン料理のガストロノミーなんて数えるくらいしか日本に無い。そんな中、現地の味や雰囲気を忠実に再現しようとしている『ENEKO TOKYO』は、めっちゃ貴重な存在。今訪れるべきレストランのひとつです。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2017年10月15日

Azurmendi (Spain)最高の食体験をバスクで

1015Azurmendi9月-27

人生で一番感動したレストラン、ひとつに絞るのは難しいけど3本指になら絞り込むことが出来る。そのひとつが昨年訪れたバスクの『Azurmendi』。

2012年からスペインの三ツ星を獲得し続けているガストロノミーで、ボクが訪れた2016年は、Top 100+ European Restaurants 2016で2位だったり、2017年のTHE WORLD'S 50 BEST RESTAURANTSでは38位だったりと世界の料理シーンを牽引している。

中でも感動した料理はピジョン。敢えてこの旅のガストロノミーでは、メインをピジョンにセレクトし続けていたんだけど、その中でも抜きん出いてたのよ。単体としての美味しさもさることながら、一緒に出されたブイヨン(食後酒のグラスで提供)、軽やかなフォアグラのフィンガーフードと共にいただくことで、ちょっとこれまでにない次元まで連れて行ってもらえました。
1015Azurmendi9月-54




ワインもペアリングをオーダーしたら、1ダースくらいグラスが出てくるし。ローカルワインのチャコリが、バルとは違うエレガントな表情で豊かなのよ。雰囲気も堅苦しくなく、皆 ゆったりと食の時間を愉しんでいる。
1015Azurmendi9月-50




そしてこのロケーション力。ビルバオの町から車でわずか15分にも関わらず、この景色っすよ。これがあってこそ料理の力が増すので、週末以外はランチ営業のみ。うん それが正しいと思う、昼呑み派には最高。
1015Azurmendi9月-7



料理、ロケーションに加えて、ボクにとっても最高のレストラン体験となった理由は、ここならではの演出の素晴らしさ。まずは天井高いピクニックエリアでアペリティフとアミューズいただいて、
1015Azurmendi9月-23



しかも、そのアミューズの完成度の高さといったら!
1015Azurmendi9月-18


その後はTOP写真のサンルームで、様々な素材を直に見ながらその素材に手を加えたフィンガーアミューズをいただけたり。例えばこんな感じでマッシュルームを眺めながら、マッシュルームのチップをいただいたり、とうもろこしを眺めながら、冷製スープ飲んだりとね。その後も迫力ある厨房を通り抜けたりと、テーブルに辿り着くまでに、元が取れちゃうくらいの昂りを感じられるのよ。
1015Azurmendi9月-31



で、ここからやっとテーブルについて料理がはじまります。
1015Azurmendi9月-33





エル・ブリ発祥の国らしく分子ガストロノミー料理が続く。夏シーズンだっただけに、あちこちでソルベを使った料理を食べたけど、牡蠣は相性良かったですね。
1015Azurmendi9月-38



ちなみに今日は、9月にオープンした『Azurmendi』のシェフENEKOの名前を冠した『ENEKO TOKYO』(西麻布)に行ってたんだけど、この日食べたメニューもいくつか出てきて感動が蘇ってね。
1015Azurmendi9月-65



たとえば、きのこをパスタ状に仕立てたバスクな前菜。添えられた卵黄のてんぷらと一緒に食べると、わかりやすくパンチある味に進化するのよ。
1015Azurmendi9月-42




このオマールもシグネチャーディッシュのひとつ。素材の火入れの素晴らしさもさることながら、ソースのフルーティな軽快さが、海バスクで数日過ごしてきたボクらには、とてもすんなり入る感じで。
1015Azurmendi9月-44





とまぁ、東京では味わえない貴重な食体験だったわけですが、まさか1年後に「ENEKO TOKYO」が西麻布にオープンするとはね。この「Azurmendi」のエッセンスを味わえる希少なスペインガストロノミーなので、スペイン好きとしては是非行ってみて欲しいです。
1015Azurmendi9月-15

Azurmendi
Legina Auzoa, s/n, 48195 Larrabetzu, Vizcaya, スペイン
+34 944 558 359
https://www.azurmendi.biz/


ENEKO TOKYOのレポも近々アップします!まずはオリジナルから。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:11|この記事のURLComments(0)

2017年10月14日

むろや (能登)岩牡蠣丼とさざえ丼

1013むろや8月-10


奥能登の静かな海沿いの町 珠洲に民宿「むろや」、併設の食堂ではシーズンになると岩牡蠣丼が食べられるんです。

カントリーサイドのTHE民宿食堂といった佇まいも旅情をかき立てる。
1013むろや8月-1




丼物をオーダーすると自動的に魚がついてくるんだけど、これも旨い。
1013むろや8月-5





ミルキーな味わいの岩牡蠣丼も素晴らしかったが、オレはこのさざえ丼がやはり好き。生と火の入ったさざえの食感のコントラストもいいし、味付けがズバッと好み。
1013むろや8月-8



自販機の横が、食堂の入口ね。
0324むろや12月-12

むろや
0768-82-1188
石川県珠洲市蛸島町ナ部123番地
http://muroya1188.jimdo.com/


来年も能登には通う予定。そしてここにもリピります。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月13日

と Cous Cous (三重)テラサー好みのガーデンイタリアン

1012とCOS6月-8

去年、三重に行った時に訪れたのが、”熱血ナポリ大食堂”『とCous Cous』。三重とはいっても、ほぼほぼ和歌山との県境。鮪で有名な那智勝浦のわずか30km北に位置する海近のイタリアン。

何しに行ったかっつーと、ライステラサー垂涎の巨大棚田「丸山千枚田」がどーーしても見たくて、鳥羽の離島 答志島から、一気に南下してきたんです。んな時に、ちょうど良く見つけたのがこちらのイタリアン。

1012とCOS6月-12



カントリーサイドのイタリアンってどんな感じが興味あって。ガーデンテラスが普通にあるって贅沢極まりなし。
1012とCOS6月-14




料理に関しては、正直 So soって感じだったけど、ロケーション力の勝利。また、来たいねと、まりえと話しながら帰ることになりました。
1012とCOS6月-15

と Cous Cous (ト クス クス)
0597-85-4369
三重県熊野市有馬町5821-116
http://couscous.dosf.info/index.html


よい週末を!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月12日

ビストロマルクス (銀座)1周年ガラディナーの破壊力

1011BM9月-48

テラサー的には最高に心地よく、使い勝手もいいので、かなりリピっている『ビストロ マルクス』

銀座四丁目7Fで和光の時計台が目の前という空中テラスは、東京ならではのロケーション力。当初はクラシックメニュー主体だったビストロも、だいぶモダンなガストロ仕様になってきて、町のニーズにあってきたと思います。
1011BM9月-2



そんな『ビストロマルクス』が1周年ということでガラディナーを開催。内容もかなり奮発!ということで、お祝いに行ってきました。乾杯はマムのマチュザレム!!! F1ってこのサイズ??
1011BM9月-8





マルクスシェフもフランスから来日していて、そりゃキッチンも気合い入ってます。
1011BM9月-24



シグネチャーなブリオッシュを敷いたマグレ鴨といちじくのピンチョススタイルのアミューズにはじまり、
1011BM9月-10






生うにのカプチーノ仕立てにはじっくり火入れされながらも食感を残したたまねぎが贅沢に使われている。
1011BM9月-16



ロゼのマグナムですが…、
1011BM9月-18




マチュザレムと比べたらオロナミンCクラスの存在感。
1011BM9月-22



そしてある意味、この日のハイライトは産直椎茸とトリュフのタルティーヌ。この味のバランス、テクスチャの妙は見事としか言いようがない。しかも、それに合わせたジュラの白ワインが震撼するくらいのマリアージュ。
1011BM9月-27



ジュラの白は一番右のヤツね。
1011BM9月-35




ブイヤベースも気品ある仕立ててで、海老のフワトロなテクスチャにずキュン!!!
1011BM9月-31




メインのあか牛は、WAGYUの国、日本らしい世界が羨む仕上がりに。
1011BM9月-39



スイーツまで、気品ある仕上がりのモダンビストロ。
1011BM9月-44


スタッフもチームとしてしっかり機能していて、大箱ならではのビストロの楽しさも味わえるように成長しています。オープニング時のグダグダとは比較になりません。
1011BM9月-52





倉富さん、シェフ、スタッフの皆さん、1周年ほんとうにおめでとうございます。
1011BM9月-53

BISTRO MARX
050-5592-6560
東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 7F
http://www.bistromarx.jp/


日本テラス協会会長的にも隙きのないテラスです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月11日

チニャーレエノテカ (代々木)男の色気漂うリストランテ

1011チニャーレ3月-1


渋谷とはうってかわってスタイルをもった大人が愉しめるお店が増えてる神泉エリア。そんな町の中でも隠れ家っぷりは容赦い、艶感高めなカウンターイタリアン『チニャーレ』。

 
店内は照明がかなり落としてあり、アダルティ。あきらかに子供向き、女子会向きではない。料理はところどころに和を感じさせる繊細なリストランテ料理。繊細とはいってもやわらかい女性っぽさではなく、日本刀のような鋭さと芯の強さを感じさせるもの。
1011チニャーレ3月-7



まずは、この日のコースで使う食材のプレゼンテーション。ちなみに訪問したのは昨年の春と相変わらずの寝かせっぷり(汗)。FBやインスタ書くよりどうしても手間がかかるので、訪問しても書けていないストックがドンドン積もっていってます。


先程の筍や鯛のカルパチョが、皿の上にシンプルに並ぶ。
1011チニャーレ3月-4


蛍烏賊だったり、稚鮎だったりと割烹と錯覚するような素材がと丁寧な仕事。ただ、着地点はもちろんいイタリアン。
1011チニャーレ3月-9





かと思えばホワイトアスパラを振ってきたり、セコンドにから〆のパスタに至る流れはしっかりと畳み掛けてくる。
1011チニャーレ3月-11


賑やかな活気あふれる南っぽいトラットリアも好きだけど、北っぽい重厚さと、スノッブな空気感漂うイタリアンというのも、それはそれで”らしい”っすね。

チニャーレエノテカ (Cignale ENOTECA )
東京都目黒区駒場1-5-11
http://cignale.jp/



電話は非公開なので、最初の訪問は友人の紹介化HPでフォームから。 
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月10日

ジュウバー (神楽坂)いい感じに隠れ家な安旨中華

1010ジューバー8月-1

神楽坂の雑居ビルの中に潜む中華バルという言葉が似合う『ジュウバー(jiubar)

日本のフレンチやイタリアンでは、ビストロやトラットリアでリーズナブルに質の高い料理を食べられるようになったけど、中華でもこうしたお店が増えてきたなというのを実感できる希少なお店。

銀座の「夜市」が正統派のエッセンス強めの中華バルとすると、『ジュウバー』はオリジナリティが高め。でも、香辛料使いとか味の奥行きは”本気”を感じさせてくれるクオリティ。

5年後、10年後にはもっとこういうお店が増えてくれる気がする。そんな予感を与えてくれるワクワク感があるのがいいね。

1010ジューバー8月-2




ここんとこ、ワリと短い期間の間に2回使わせてもらったんだけど、メニューの種類は絞ってある分、中毒性が高いというか、リピって同じもの食べても飽きない。自分的にはその筆頭がトップ写真の胡麻たっぷり茹でワンタン。胡麻をたっぷりと使ったワンタンは、辣油の辛さとのコントラストが絶妙。
1010ジューバー8月-4



ベンチマークディッシュの酢豚は、外皮は薄めの仕上げで、味の強さは抑え気味。メインをガッツリ張るというよりは、温前菜的な存在感。
1010ジューバー8月-8




〆の中華屋のカレーが楽しめるのも自由度高くて好み。カレーなのにちゃんと中華。
1010ジューバー8月-10

ジュウバー (jiubar)
03-6265-0846
東京都新宿区神楽坂2-12




基礎がなくてトリッキーだと安っぽくなるけど、本質を捉えた崩しというのはかっこよくキマる。そう、着物の着こなしと同じっすね。やっぱし、本物を識るっていうのは大事だね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月09日

芦名(会津若松)山魚とジビエの囲炉裏ディナー

1009芦名旅館夕食9月-13

日本の旅の面白さの筆頭は、その土地ならではの景色と食のバラエティの豊富さ。

訪れる場所によって「え、こんな美味しいの!?」っていう発見が尽きず、日本の観光資源の豊かさってヤツを、最近つくづく感じています。

こないだアップした会津若松旅行記で、多くの友人が興味を持ったのがジビエ旅館『芦名』。各部屋ごとに囲炉裏が別々で、ジビエや会津牛が食べられてそれでいて20,000/人というのは、気軽に行けるしリピりやすい。
1009芦名旅館夕食9月-5



食事の時間に1Fの囲炉裏に降りていくと、炭火で岩魚が焼かれているんです。しかも、この岩魚、朝3:00に釣り名人が秘密の源流で捕ってきたというもの。やはりね、そんな岩魚は旨いっすよ。頭からガブッと行きましょう。
1009芦名旅館夕食9月-6




ジビエは、真鴨、ヒヨドリになんとキジまで。真鴨のレバーはとろとろ。ハツは更にトロフワで甘い!砂肝の食感もエロス。
1009芦名旅館夕食9月-21





ヒヨドリの火入れは中々難しかったけど、こうしてジビエと向かい合える貴重な機会なので昂ります。塩と自家製キノコ塩が特に素材の味を引き立ててくれました。
1009芦名旅館夕食9月-18



会津若松の名産、山椒ニシンも美味。酒と合うのは勿論、米と食べても美味しそう。町中で売ってるものはクオリティがピンきりなので、自分なりのモノサシを作れるのもありがたい。
1009芦名旅館夕食9月-23





長野に次いで、全国2位の蕎麦の産地ゆえ、蕎麦打ちの達人もあちこちにいるようです。勿論、「芦名」でも、こだわりの蕎麦を〆でいただけます。
1009芦名旅館夕食9月-25


芦名
050-5593-8191
福島県会津若松市東山町大字湯本下原232-1
http://www.ashina.co.jp/


平日は東京、休日はカントリーサイドで美味しいものめぐり、ある意味理想なライフスタイル。こゆーの続けられるといいな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 19:44|この記事のURLComments(0)

2017年10月05日

サルデスカ (鶯谷)バスクの景色が見えるガストロバル

0928サルデスカ9月-10


昨年の今頃は、ちょうどサン・セバスティアンに。バスクは事前の予想以上に愉しい食の町でした。

単に皿の上のクオリティにとどまらず、レストランのロケーションや外の景色、なにより食べ手の陽気さが印象的。誰もメシ中にスマホなんか見てないし、人生の豊かさに対しても各々がしっかりとした基準を確立している。

美食都市としてのブランド力は東京も負けてはいないけど、食べ手の”遊び”という視点では、学ぶべきことがまだまだ多い。
0928サルデスカ9月-5



さて、そんなサンセバかぶれな当家に、グルメな友人からバスクレストランのお誘いが。場所はJRだと鶯谷、メトロだと入谷が最寄りのエリア。

お店の名前は『sardexka』。慣れてないと読めないと思うけど、『サルデスカ』って読むんだそうです。バスク語でフォークという意味。
0928サルデスカ9月-16



カウンター主体だけど、この日は4名ということでテーブル席に。シェフとは距離があったけど、ちょうどバスク帰りのメンバーも一緒で、サン・セバスティアンばなしで盛り上がっていたせいか、途中からガストロノミー向けのチャコリもあけてもらえました。

チャコリってには、バスク地方の白ワインで、バルでは高い位置から注ぐことから、少し泡っぽいニュアンスを感じるお酒。フツーのお店では水みたいにガブ飲みできるチャコリが出てくるけど、ガストロノミーでは、もう少しエレガントさや艶っぽさを纏ったチャコリが出てくるのよ。これは後者の方ね。
0928サルデスカ9月-7





料理は、いわゆるスペイン料理といってイメージするピンチョスとかパエリアではなく、ガストロバルスタイル。そもそも日本では、現地の価格やクオリティでは、あのピンチョスは再現できない。そうなると一手間加えた料理が、バスクを再現するには向いている。トップの写真の肉のソースとか、2枚めのイカとためねぎの合わせ方とか、そのあたりに”らしさ”がにじみます。

こちらはラムのつくね、アラブのエッセンスが混じるのも自然。
0928サルデスカ9月-6






メロンのソルベを使ったデザート。このあたりのアプローチは、相当好み。

0928サルデスカ9月-17




さんざん呑んで食べても1万円以下。これは、いいお店。足を伸ばす価値がありますな。
0928サルデスカ9月-21

サルデスカ
03-6231-6328
東京都台東区下谷1-6-7 竹内マンション 1F
https://www.facebook.com/sardexka


ダイエット強化月間を8/中旬に卒業して1ヶ月半。体重はキープしてるけど、体脂肪は増えますな...。週一のジムだと、ここが限界? 膝痛くてランニング自粛してたけど、そろそろ復活できるかな。

あと驚くのは疲れの自覚。週2で朝7:00からトレーニングしてタフに運動していた時の方が、今より疲れを感じてなかったのよね。あそこまでハードなトレーニング生活には戻れないけど、ちょっと負荷高めの方がいいっすね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年10月04日

そばきり仁 (能登)庄屋の屋敷と輪島塗と蕎麦

1003蕎麦切り仁2月-19

東京にも美味しい蕎麦屋さんはたくさんありますが、こんな条件で食べられる蕎麦屋さんてのは無いっすよね?

・日本昔ばなしで出てきた本物の”庄屋”さんの屋敷
・400年モノのヴィンテージ建築
・地元輪島塗の器
・食後はゆったり庭を眺めて放心

奥能登の庄屋 中谷家の中で営業している「そばきり 仁」では、ストイックな手打蕎麦と静かな空間で向かい合うことが出来る。そんな中谷家は能登空港から20分程度。珠洲に向かう途中に寄るのが良いっすね、旅の初めか帰り際に。
1003蕎麦切り仁2月-22



福井のそば粉を使った(ほぼ)10割蕎麦は、かおりが豊かでキレ味もいい。天ぷら蕎麦や鴨汁蕎麦、夏にはおろし蕎麦もあるようです。こだわりが詰まっていて、足を伸ばしてまでも食べる価値アリです。

食事は料理自体のクオリティってのが当然大事なんだけど、シチュエーションでポテンシャルがどこまで引き出されるか大きく変わってくる。

能登のカントリーサイドらしい空間と、現地の名産品 輪島塗でいただけるっているのは、旅先ならではの贅沢な遊び。
1003蕎麦切り仁2月-17





ボクラが訪れたのは2016年1月。本格オープンは2016年の6月末だったんだで、オープン半年前くらい。そうしょっちゅう能登を訪れられないボクラのために、田舎バックパッカーのイクが企画段階の”そばきり 仁”を事前取材させてくれたんです。
1003蕎麦切り仁2月-10





なので実際、こんな雪が降るような12月から3月はクローズなんす。

写真だけ見ると、こんな雪景色の時に訪れてみたいって思うかもしれません。ただね、実際はムリっす!!!
昔のお屋敷で囲炉裏の煙が抜けるように天井が高いから、多少ストーブとか炭火があったところで、体感したことのない寒さなんすよ、この時期。
1003蕎麦切り仁2月-21




確かに、古い日本家屋の中から眺める雪景色は、息を呑むような美しさ。ただ、一方で、どんなゲレンデでも体感したことないような、体の芯まで冷え切る過酷さとも闘っていたんです。今となってはいい思い出ですが、体に30個くらいカイロ貼っておくべきだったと思ってましたね、この時は(笑)
1003蕎麦切り仁2月-6


そばきり 仁
石川県鳳珠郡能登町黒川28-130
080-5876-0020
営業時間 10:00-16:00
定休日 毎週火・水曜日
冬期休業(12月〜3月中旬頃)


こういう予想外の旅がしたいです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:52|この記事のURLComments(0)

2017年10月03日

八十郎商店(大手町) 体感価格は1.5倍の◎得 ワインバル

0314美栄4月-18



大規模商業施設に入ってるお店って、「無駄に高いんじゃないの?」とか「味も量産型ザクだよね」みたいな印象でしたが、最近はリーズナブルでいい店が入ってるんすね。

リーズナブルで質のいいお店が集まってる大手町「よいまち」の中でも、ここ『八十郎商店』は体感価格の高さでトップレベルだと思います。
0314美栄4月-1




泡も値段見たら逆に驚いた。相当安いのに味が安っぽくない。
0314美栄4月-4





このブッラータも800円台だった記憶。
0314美栄4月-8




フォアグラ的なブリュレの味わいも納得度が高い。
0314美栄4月-9






雲丹のパスタも、山盛りで。
0314美栄4月-15







室内にいながら、テラス席気分を味わえるのも◎
0314美栄4月-21

大手町ワインバル 八十郎商店
050-5593-5623
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング B1F
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13205852/



トップ写真のような肉と雲丹のコラボも取り入れたりと頑張ってます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:40|この記事のURLComments(0)

2017年10月01日

ナインストーリーズ (代々木上原)ランチ5000円コースが狙い目かと

0926ナインストーリーズ9月-27

代々木公園の住宅地の中にさりげなく佇むカフェ『ナイン・ストーリーズ』。

前はクレンジングジュースとか売ってたんで、いかにもな女子向けCAFEって内装だけど、実は今、フロリレージュで腕をふるっていたシェフがガストロちっくな料理出しているんです。
0926ナインストーリーズ9月-22


ディナーの8,000円コースはモダンフレンチらしい流れで、カフェの雰囲気からしたら明らかにオーバースペックな感じが印象的。別に悪い意味じゃなくて、気楽にガストロ料理を食べられる雰囲気が、スペインとかバンコクとか日本っぽくなくてむしろ好き。
0926ナインストーリーズ9月-13



ただ、8000円と言われると”そーだよねー”って内容なので5,000円の気楽なコースが一番体感満足度を得られそうな雰囲気。クラフトビールのラインナップが豊富なので、ビール片手にモダンフレンチ愉しめちゃうってのが凄くいいので、その観点からも気楽なコースの方がマッチしている。
0926ナインストーリーズ9月-16





もうひとつ重要なのがテラス席がちゃんとあること。車通りも少なくこの環境ならやはりランチが最高。
0926ナインストーリーズ9月-1




先月あたりからランチもディナーも、アラカルトじゃなくてコース予約が必須になったので、カフェ利用でない人は気をつけて。
0926ナインストーリーズ9月-9




単にカフェ利用なら終日フリーで入れるみたい。スイーツのレベルは半端なく高いので、ここを夜カフェ使いとか出来るご近所さんは実に羨ましい。
0926ナインストーリーズ9月-30





モダンフレンチらしい前菜群も良かったけど、なにげに魚のフリットがめちゃヒット。テクスチャのコントラストといい、ソースの味わいといい、ガルニとの調和といい。
0926ナインストーリーズ9月-19




蝦夷鹿のローストは、味もボリュームも想定内。勿論、美味しいので不満があるわけじゃないけど、このコースをもう一度食べたいと思わせる引力は少し欠ける感じ。
0926ナインストーリーズ9月-25

ナイン ストーリーズ (9 STORIES)
050-5571-3620
東京都渋谷区元代々木町22-3
http://www.nine-stories.jp/


てなわけで、ランチの5000円コースで再訪してみます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:49|この記事のURLComments(0)

2017年09月29日

Ito salon de the(京都)隠れ家古民家カフェ

0815実相院8月-10

月に2度だけオープンする京都は釜座の隠れ家カフェ『イト サロン ド テ (ITO salon de the)』。
京都の美人姉妹が厳選したお茶や甘味をいただける、その名の通りサロン的なカフェ。タイミング合わないと訪問できないので、最近は遊びに行けてませんが、こういうのも実に京都らしい。
0815実相院8月-14



センスいい骨董のアイテムがあちこちに置いてあり、アーティストでもあるオーナーのセンスが伺える。こういうのがあるから、京都通いはやめられない。
0815実相院8月-12


イト サロン ド テ (ITO salon de the)
京都府京都市中京区桝屋町148-1
https://www.facebook.com/ito.salon.de.the


今年も、あと何回京都行けるかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 22:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月28日

のどぐろ中俣 (銀座)秋の”のどぐろ”

0925のどぐろ中俣銀座7月-3

本来は、いつたべても美味しい”のどぐろ”なんですが、富山県や石川県のPRが上手いのか、すっかり冬が旬の魚として定着しています。多少は、そんな刷り込みが残っていて、秋になると”のどぐろ”が恋しくなってきます。

銀座の『のどぐろ 中俣』は、まさに”のどぐろ”尽くし。お造り、焼き物、練り物、ごはん、しゃぶしゃぶに至るまで、これでもかっ!!て言うくらい、あの上質な脂と対話することができちゃうんです。
0925のどぐろ中俣銀座7月-11




店内はこじんまりとしながらも、仕切りがうまく使われており、プライバシーは高めの空間。
0925のどぐろ中俣銀座7月-1






姉妹店の築地の「中俣」は、炭の周りに立てて焼く原始焼きが最強に美味だけど、ここはのどぐろ一尾丸ごとの土鍋ご飯が猛烈にテンションあがります。
0925のどぐろ中俣銀座7月-20





のどぐろの刺身の美味しさは、ちょっと他の白身とは違いますね、この独特で、かつ上品な脂は、食べた人を次々に魅せていく力をもっている。のどぐろ以外の刺身も旨いしね。
0925のどぐろ中俣銀座7月-8






わりとナメてたしゃぶしゃぶでしたが、お出汁もいいし、この火入れした後のトロッとしたテクスチャが実にエロティークで良い。
0925のどぐろ中俣銀座7月-18




いやー、つくづく美味しい、のどぐろご飯。
0925のどぐろ中俣銀座7月-21

のどぐろ専門 銀座 中俣
03-6264-3229
東京都中央区銀座4-10-12 銀座サマリアビル B1
http://zagat.jp/archives/shop_info/ginza/


6月半ばから8月半ばまではダイエット。8月半ばから9月末までは集中力がいる仕事と、この夏はストイックに生きていました。とはいえ、頑張ったものは、やはり頑張っただけのリターンや評価を得られるので、それはそれで悪くない。あとはヴァカンスに向けて、全力で準備すすめます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:09|この記事のURLComments(0)

2017年09月25日

鯛良 (白金)休日の5,000円 江戸前鮨ランチの満足度

0925鮨たいら9月-4

江戸前鮨を食べようと思うと、日本の料理なのに他ジャンルよりハードルは高い。

人気店の場合 予約が過剰に大変。

あと、軽くでいいのになぁと思いつつ、つまみから握りまでじっくり食べたら2万円軽く超えちゃうし。

本来ファーストフードだったんだし、20分で美味しい握りが数貫食べたいだけなんだけど…って時にも、選択肢がなくて回転寿司とかなったら、それは ちょっと哀しい事件。

0925鮨たいら9月-9



どうも鮨って2極化が極端に進んでる気がして、フレンチでいうとこのビストロとか、ピッツェリアみたいなポジションが手薄な気がしています。

今の日本は50歳以上が金融資産の80%を有しており、人口もキレイな逆ピラミッド。ゆえに、黄昏の富裕層から高額のお会計を搾り取れるビジネスモデルなんだと思うけど、次世代の食べ手が育っていないので、そう遠くないうちに淘汰の波は一度やってくると思ってます。
0925鮨たいら9月-12



休日ランチで気軽に入れる鮨屋さんって、ほんと昼酒呑みにはありがたい。しかも当日予約で滑り込めたら尚更のこと。白金の『鯛良』は、握りが10貫以上で茶碗蒸しとか、お味噌汁ついて5000円。この気楽感がフレンチでいうとこのビストロ感覚で、もっとこういう選択肢増えてくれると嬉しいんだけど。
0925鮨たいら9月-18

鯛良 白金
03-3447-7511
東京都港区白金台5-11-3 バルビゾン91番館 1F
http://sushitaira.jp/shirokane/


こうやって、たまにランチ訪れると、「あ、また夜も来よう」って思い出せるしね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:32|この記事のURLComments(0)

2017年09月21日

ヒルトン(お台場)プレイスレスなマクラーレン・ホンダ スペシャルスイート


0921Hilton9月-54


9月のこの時期は、F1 シンガポールグランプリが開催されるので、市街地×ナイトレースを観戦しに何度も訪星してました。ホテルはだいぶ高くなっちゃったけど、F1始まった頃はシンガポールも全然気軽に泊まれたんでね。マリナベイサンズすら無かったし。

それにコース内で開催されるライブも日本のサマソニとかレベル超えてて、一番お手軽チケットでも、フツーにジェニファー・ロペスのライブが観戦できちゃいます。しかもステージまで30mくらいの至近距離とかでね。



いつかはモナコでのF1グランプリ観戦を夢見る当家ですが、日本でのF1グランプリ開催時期に合わせてヒルトンお台場の日本初 マクラーレンレーシングをテーマにした特別仕様のスイートルームに泊まってきました。
0921Hilton9月-2



ヒルトンは、ロイヤリティメンバー向けの”お金で買えない経験”を提供してて、これもその一環だそうなんですわ。F1マシーンのハンドルとか、めっちゃテンションあがるんですけど。
0921Hilton9月-4




窓際には、ドライバースーツやグローブをはめたマネキンが立っていて、深夜に寝ぼけてみたらビビりそうな佇まい(笑)
0921Hilton9月-11




台風の影響で天気はイマイチだったんだけど、夜景にはあまり影響もなく、久々に東京ウォーターフロントの絶景を堪能できました。ニッコーからお台場に変わって、もう2年ですね。つい、こないだの感覚なんだけど。
0921Hilton9月-24





TOPの写真で羽織っていたバスローブ、着心地良かったし欲しかったなぁ。
0921Hilton9月-6





ピレリのタイヤは、いつもそこにあってもおかしくないくらい部屋に馴染んでました。
0921Hilton9月-10




ヒルトンになってから、なにげにちゃんとした訪問は初めてだったかもだけど、いい意味で進化してましたね、お台場は。
0921Hilton9月-51



レセプション脇のラウンジも垢抜けてたし、何より驚いたのがグリルダイニング『グリロジー』のクオリティ。
0921Hilton9月-36




都民からは”あの島渡ってもウメーもんないし、大人の遊べる店ねーからな”というイメージが定着してたけど、グリロジーのきんめのグリルは鱗のパリパリ具合も身の火入れも素晴らしく満足度高め。ブラックアンガスのテンダーローインは、ドライエージングらしいテクスチャと味わいで、ちょいと感動。ちなみに、このコースは、マクラーレンルーム限定のメニューなんです!!
0921Hilton9月-45



この日は雨でテラスがクローズだったけど、これでテラス空いてたらリピらない理由が見つからない(但し、ここのテラスからはレインボーブリッジ見えないのよね、そこだけが勿体無い)
0921Hilton9月-48





スイートルームは、エグゼクティブラウンジを使えるので、カフェやアペリティフなど愉しんでおりました。ここも晴れてたら外に出れたっぽい。つくづく晴れた日に、リベンジかけたいわ。
0921Hilton9月-23





お台場は、つくづく東京一の、いや日本一の夜景スポットだと思います。芝浦サイドからだと、こんなビル群や東京タワーも見えないしね。
0921Hilton9月-28




0921Hilton9月-53




年間での訪問回数は京都以下のお台場なので、心理的に鮮度も高く思いっきりリフレッシュ出来た。予約はコチラから。
0921Hilton9月-8


最近 国内トリップ好きな当家としても面白い選択肢を増やせたのが収穫。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:54|この記事のURLComments(0)

2017年09月20日

HACHI(青山)タルタルもブロック肉も感性に心地いいステーキビストロ

0919HACHI8月-15


「5000円で、こんなバランス良く、旨い和牛塊肉のコース愉しめるとこあるんだ...」と素直に感嘆した青山の和牛レストラン『HACHI』。

店内はビストロのような内装で、このエリアらしく品のあるポップさ。一方、料理クオリティは純度高めの本気さしか伝わってこない(笑)。気楽に心地よく使えて旨いお店って、めちゃ嬉しい発見なんだけど。
0919HACHI8月-24




なんで発見かというと、場所がステルスすぎるのさ。骨董通り中間あたりにあるスタバっていうと、分かる人にはわかると思うけど、住所調べたらスタバと同じ1Fなのよ。しょっちゅう通ってる道なので、路面にそんなお店あったっけ?と思いながら向かったら、なんとスタバの脇にビルの裏側へと向かう小径が!!!
0919HACHI8月-2



こんなとこに店あるなんで、全然気づかなかったわ。
0919HACHI8月-1



アラカルトのメニューを眺めると、ヒレ100g 4000円、サーロイン150g 3700円。場所的に、ま、そんな感じかなーと。


ただ、その後でコースを見たらサーロイン150gに、前菜、サラダ、〆料理がついて5000円。これってかなりオトクでない??
0919HACHI8月-4


とはいえ、アラカルトメニューも読み込んでいくと、タルタルステーキやステーキサンドなんていう、見たフリだけして素通りできない大好きディッシュがオンメニューされてたのでね。それはそれで気になってしまい…
0919HACHI8月-8


で、どうしたかっていうと、あれこれ迷いつつ、4人での初訪問だったので、
 ・2人はコース
 ・2人はアラカルト
といったフォーメーションで攻略してみることに。


お店のポテンシャルをつかむには、これが正解でした。
0919HACHI8月-13


やっぱね、コースはオトクです。150gあれば結構しっかりと食べたーって満たされます。脂のバランスもほどよく、自家製のニラソースもメチャうまでっせ。
0919HACHI8月-14




一方、アラカルト組といえば念願のタルタル食べられて、ユッケは皆でシェアして、
0919HACHI8月-5




箸休め的にオーダーしたグリル野菜も、地味に見えて相当ヒットマン。
0919HACHI8月-10





ビジュアル地味だけど、このステーキサンドはバンズの存在感やテクスチャが絶妙で、程よく刺しと赤身を愉しめちゃいました。自分で仕掛けておいて、期待を大幅に上回るサプライズって嬉しくない?
0919HACHI8月-17


黒毛WAGYU RESTAURANT HACHI
050-5593-3523
東京都港区南青山5-4-27 バルビゾンビル 1F
http://www.hachiyama.jp/HACHI/


休日ランチにタルタルは基本無いけど、事前に予約すれば対応できるかもとのこと。先日訪問したばっかだけど、今週末行こうかなーって企んでます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月18日

リナシメント (目黒)独創だけじゃない安定のクオリティ

0918リナシメント1月-17

目黒から急坂を下って雅叙園あたりまでくると、だいぶ雰囲気は落ち着いてくる。そこから更に、目黒川を渡って住宅地エリアに踏み込むと、蕎麦屋「川せみ」とか「チャムアパートメント」といったカフェがぽついぽつりと点在している。

中でも入口がわかりづらく、デスティネーションレストラン化しているイタリアンが『リナシメント』。過去にも何度かアップしてるけど、じわじわ評価が高まって、目黒を代表する一店にもなっている。

キッチン前のカウンターに数席と、メインのダイニング、更には個室が2つほど。なので、友人がVIPとレストランを探してるなんて時に、ここをオススメしたりもしています。
0918リナシメント1月-22






ディナーは、コースが6000円からあって、スモールポーションの冷菜、温菜のほかに、シグネチャーディッシュにもなっているインサラティッシマ・リナシメントという20種類以上の盛り合わせが印象的。これは女子のみならず、メンズも昂ります。
0918リナシメント1月-7




インサラティッシマ・リナシメントは、ランチでも品数少し減らしたの出してくるのよ。なので満足度は当然ディナーのほうが高いけど、ランチでパフォーマンスの高さに驚かされましたね。
0918リナシメント1月-1




最近は、ほんと量が食べられないので、スモールポーションで色々食べられるのはありがたい。もちろんタイマン系のお店も大好きだけど、前後に体調コントロールしておかないと負け戦になるリスクもあるのでね。いくらでも食べることが出来た若き日が懐かしい(笑)
0918リナシメント1月-12




ワインも厳選されたグラスを、いいコンディションでいただけます。まりえと2人で行くときは、必ずしもボトル空けてられないのでグラスの質がいいお店が安心。オレは常に酒弱いし、最近まりえも酒控え気味で弱くなってるのでね。
0918リナシメント1月-8





クラシコなカチョエペペも、リナシメントのクリエイティビティで新しさを交えた古典料理となっている。
0918リナシメント1月-14




そろそろ再訪しようと思ってるけど、最近はフラッと訪問できるのかな? 人気店になりすぎると、予約大変になるので、ちょっと前に予約して、カウンター滑り込めるくらいがちょうどいい。
0918リナシメント1月-25

リナシメント
03-6420-3623
東京都目黒区下目黒2-23-2 1F
http://rinascimento.tokyo/



最近、ランニングすると1kmくらいで膝が痛くなるので控え気味。7,8月で走り込み過ぎたダメージか?
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月17日

SILVA金山 (名古屋) 駅から歩く人気店

0910SILVA9月-15

名古屋の美味しいもの好き女子と、グルメおやじ達の気楽な呑みで金山の「SILVA」に。

金山ってエリア自体は、名古屋駅からJRで5分もかからないけど、お店までは駅までちょっと歩くんスよね。途中で全然ゲスト入ってないお店もあるのに、何故か「SILVA」は、若いコたちで溢れてました。
0917SILVA6月-2


5種類の肉盛りが500gが5000円切ってたりと料理は値ごろ感あるし、お酒はハニーレモネードのジンフィズとかビターズレモンスカッシュなんていった女子力カクテルから、ハイボール、ワインまで幅広い。
0910SILVA9月-22



スイーツもティラミスやらソルベやらと豊富なラインアップで、インテリアも洒落たカフェ風。こうした使いやすさもあるんですが、際立ってたのはスタッフのホスピタリティ。オッサンはついついこういう部分気になって「社員なの?」とか聞いてみたら、フツーにバイトちゃんだったりして驚かされました。
0910SILVA9月-20





使い方次第では、学生の合コン的なステージにもなれますが、いい酒を合わせたいと思えば、ちゃんとジュブレ・シャンベルタンなんかも選べます。

0910SILVA9月-13





ブッラータの少し小さめサイズの自家製ブラッティーナあたりは、このクラスのワインと合わせても耐えられる美味しさ。限定8食らしいので、ブッラータ好きなら抑えておくべき一品。
0910SILVA9月-6




肉の盛り合わせもいいですが、単品のグリル狙えばワインとのアッビナメントを更に精度あげられます。
0910SILVA9月-11


雰囲気とコスト重視の若者に混じりつつ、オヤジなオレらも楽しめるイタリアンダイニング。ダイエットモードはOFFにして、存分に食べて呑んで酔わせていただきやした。


SILVA 金山
050-5593-6374
愛知県名古屋市中区金山2-13-10
http://silva-kanayama.com/


ダイエット完了して1ヶ月ですがリバウンドは無し。仕事に忙殺されたり、天気が悪くて走れてないけど、来月あたりからもうちょい運動増やして体脂肪は微減トレンド創りたいっす。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 22:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月14日

うしごろS (西麻布)焼肉エレガンス

0906うしごろS7月-66


ハイクラスな焼肉とひとくちにいっても方向性は様々。

肉のパワーに溺れたいという人には市ヶ谷の「なかはら」とか向いてそうだし、斬新な感動なら骨董通りの「よろにく」とか合ってるんじゃないでしょうか。

そして、フレンチや日本料理のコースを食べ慣れている人には、西麻布の『USHIGORO S(うしごろS)』がきっと刺さる思います。
0906うしごろS7月-2



『うしごろS』は、この夏オープンしたばかりのハイエンド焼肉。但馬の川岸牧場と鳥取の田村牧場で構成される肉宴は、焼肉ってここまで洗練させられるものか…と悦びを超えて心がざわめくレベル。
0906うしごろS7月-20





いい肉を使っているというのは勿論重要な要素だけど、引き算が上手なとこが大人心を掴みます。
0906うしごろS7月-60





うんとね、もういい歳なんで脂の波状攻撃はツラいんです。そしてボリュームはそこそこでいいのよ。

様々な種類の肉を食べたという満足に浸りながらも、体感的に腹八.五分目くらいが 次も訪れたいって欲求がMAX値になると思う。ソレ以上だとしばらく再訪しなくていいよ…って感じちゃうのが本音です。ちなみに一番手前の握りはザブトンの炙りを赤酢シャリと合わせたもの。福井の地芥子がアクセント
0906うしごろS7月-12



あと、ここ重要なんだけど、全室個室で焼き担当がついてるのもエレガンスのポイント。焼きのプロがいるから、肉のポテンシャルをしっかりと引き出してもらえる。

コースは14,000円からなので(3名だと2万円でした)、これで火入れ失敗したら泣き入るでしょ。オレ、酔っ払ってそんなプレッシャー負いたくないしw
0906うしごろS7月-32






にんにくは殆ど使わず、タレも独自の調合で味付けは控えめ。お出汁の美味しさや、品のある脂の味が、自然と浮き彫りになる加減が好き。
0906うしごろS7月-34





おかげで、シャンパーニュやブルゴーニュの繊細なワインがしゃかりきマリアージュ。
0906うしごろS7月-40






写真で見てる以上にコースには緩急がつけられていて飽きがこないし、一品一品の完成度が高い。
0906うしごろS7月-38






例えば、シャトーブリアンとう同じ部位でもカットや火入れによってぜんぜん違うキャラクターに魅せてくれる。
0906うしごろS7月-47





焼肉マニアというよりは、様々なジャンルのガストロノミーを食べ歩いてる人の方が素直に反応がいい気がするね。
0906うしごろS7月-53




難しいことは方っておいて、自分の感覚で感じてみよー

「Don't think, feel.」

0906うしごろS7月-67





川岸牧場は、塊肉がほんと相性いいですね。
0906うしごろS7月-71




〆のラーメンまでエレガンス。
0906うしごろS7月-78





2020年、外国人が殺到するお店になって欲しいね。こういう日本も知ってほしい。
0906うしごろS7月-1


USHIGORO S
050-5593-9891
東京都港区西麻布2-24-14 バルビゾン73 B1F
http://ushigoro-s.com/


本場のWAGYUってスゲーだろって、世界にドヤ顔したいっす。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:53|この記事のURLComments(0)

2017年09月12日

左馬 (目黒)安旨ヘルシーな馬肉バル

0912左馬8月-2


ダイエット中によくお世話になっていた目黒の馬肉バル「左馬(ヒダリウマ)」

各メニューが質がいいのに、やけに安くてでも旨い。そのうえ深夜まで開いてるし使い勝手めちゃいいです。
0912左馬8月-7



突き出しの馬肉からしてフレッシュで。
0912左馬8月-1







シェフはイタリアンの腕もあるので、ウマの大動脈をトマト煮込みになんてしてみたり。これが味付け、食感ともにエロいんすよ。
0912左馬8月-5




こんな良店も◯ベログとやらでスコアが低めだと予約無しで入れるわけで。
0912左馬8月-8


左馬 (ヒダリウマ)
03-6431-9099
東京都目黒区目黒1-5-19 目黒第1ビル B1F
http://www.hidariuma.net/


参考にならなくもないけど、スコアに左右されすぎてる日本はちょっとカッコ悪い。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月08日

明石食堂 (石垣島)八重山そばにソーキを浮かべて

0906明石食堂6月-6

朝、東京を出れば昼頃には石垣島につきます。まずはレンタカーを借りて北上し、玉取崎展望台で石垣島の絶景を浴びてから遅めのランチへと向かいます。

目的地は明石食堂、島の北部 伊原間の町にある民宿に併設した食堂です。ちなみにアカイシショクドウが正解。ずーっと、アカシショクドウって言ってましたわ(笑)。

県内でも老舗の有名店だけに、昼過ぎでも満席。昔、こんな綺麗な佇まいだったっけな…と思ったら、やっぱし10年くらい前に移転してたんですね。
0906明石食堂6月-3




シンプルに八重山そばをオーダー。
0906明石食堂6月-1





のつもりだったんだけど、途中からやっぱしソーキも食べたくなって追加でオーダー。ソーキのボリュームは結構あるんだけど、八重山そばの包容力でペロリといけちゃいました。ちょっと白濁したスープと、麺の相性もよく、見た目以上に味に品があります。
0906明石食堂6月-7


明石食堂 (あかいししょくどう)
0980-89-2447
沖縄県石垣市伊原間360


暴力的な陽射しもたまらん。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:41|この記事のURLComments(0)

2017年09月07日

鉢山 (代官山)水冷ロースター ヒレ肉の衝撃

0904鉢山8月-15

渋谷セルリアンタワーの裏手、代官山蔦屋からも徒歩圏内の鉢山町。ここにトレンドには流されず、でも着実な進化を遂げている韓国焼肉店があります、その名は「鉢山」。

2009年の記事が残ってたんで見直してみたけど、今もいい意味でブレてない。
http://kyah.blog.jp/archives/50984021.html

昨今の焼肉の進化はいちじるしく、焼肉という枠を超えて肉割烹というか和牛ガストロノミーという分野を築きつつあると思います。この流れはメッチャ面白いので、そのまま突き進んでくれればいいんですが、たまに原風景の焼肉が食べたくなるんです。とはいえクオリティは譲れない(笑)
0904鉢山8月-10



感覚的に言うと、今の肉ガストロノミーは都市圏の高層ブランドホテルで、鉢山はバリ島のラグジュアリーリゾート。どういうことかというと自然との一体感などでアナログな懐かしさを演出しながらも、最新設備で快適なステイを約束してる感じが似てるのよ。
0904鉢山8月-31





キムチやナムルは、昔からの家庭の味を守っているので、逆に新鮮。変に辛さが主張していないし、野菜のみずみずしさと相まって、むしろやさしげな印象。
0904鉢山8月-5


ナムルも魚介が多く使われていて、前菜に表情を加えてくれます。
0904鉢山8月-8



一番驚いたのがヒレブロック。これね、一見フツーのロースターに見えるけど、水冷式なんすよ。網の中に水が通っていて、炭のようなセラミックから遠赤外線で火をいれるのね。網は100度を超えないので肉の表面は焦げがつかず、遠赤で火入れした肉は、脂の旨味を閉じ込めて、じっくりと育ってくれるんです。
0904鉢山8月-13



だから、ヒレブロックはエレガントなテクスチャになるし、脂の甘さが引き立つ。ヒレくらいの刺しの入り方だとちょうどいいバランスなんで、「旨いわ...」とため息のようにつぶやいてました。
0904鉢山8月-19



ただ、後半にミスジとか雌牛のロースと刺しが強い肉が続くと、脂への耐性が弱いオッサン的には、TOO MUCHな印象になってしまうのも事実。コースの流れで前半にキムチやナムルが並ぶけど、むしろここで箸休めが欲しいところ。
0904鉢山8月-25


鉢山
03-6416-9429
office@hachiyama.jp
東京都渋谷区鉢山町2-7
http://www.hachiyama.jp/




水冷ロースターでのヒレの味は忘れられないので、次回は流れ相談してリベンジしたいと思います。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:33|この記事のURLComments(0)

2017年09月05日

ポ・ブイユ(恵比寿)正統派のビストロも好き。

0905ポブイユ8月-17


ダイエット中、肉なランチが食べたいなとフラフラ散策してたら『ポ・ブイユ』に遭遇。

オープン当時は何度か行ってたけど
(2006年の記事、懐かしすぎる)、そーいや最近はめっきり…と思ってお店の前でランチの看板眺めてたら、お店の中から感じの良いスタッフが出てきて、「ランチのプリフィクス 2500円なんですよ」「え、ほんと?前菜、メイン、デザート、カフェまでついて?」みたいな流れになって、久々に入ってみることに。
0905ポブイユ8月-2



牛リブロースのステーキとかズワイガニのタルタルとか、かなりちゃんとしたビストロメニュー選べて2,500円と、改めて見るほどに頑張ってくれてるなと。
0905ポブイユ8月-28



オーダーを終えて、改めて店内を見回してみる。外には一つテラス席があって(さすがにこの日は暑すぎた)、カウンターもあるし使いやすいね。ただ、もっと枯れたウッディーな内装だった印象だったんだけど、そこそこ最近リニューアルしたそうで。
0905ポブイユ8月-27




料理はいい意味で老舗ビストロ、なんだかんだ15年近くやってるんだもんね。
0905ポブイユ8月-7






ビストロらしい料理が、期待値のまま食べられます。
0905ポブイユ8月-14





これで2,500円って、マジでいいわ。
0905ポブイユ8月-20






ファサードの感じもいいし、カルピスの裏っていう中々通らないエリアだけど、1人で来てゆっくり読書してる人もいて、あー、その地に馴染んだビストロっていいなと改めて感じました。
0905ポブイユ8月-29


ポ・ブイユ (Pot Bouille)
03-3791-8845
東京都渋谷区恵比寿南2-7-4 クオリア恵比寿サウス 1F


確か、この日も朝から走ってのランチでした。年に数回のダラダラな休日のはじまりです。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月04日

CINA (恵比寿) 休日ランチはじまりました

0905CINA8月-10

恵比寿のモダンチャイニーズ「CINA」。

夜コースのクリエイティビティの高さは勿論、空間づくりもかなり好きだし、アラカルトでもサクッと寄りやすく、その使い勝手の良さから当家では結構リピっています。

休日ランチやったらもっとオレ通っちゃうよなんて話をしてたんだけど、ほんとに休日ランチがはじまってくれました。今は土曜だけだけど、そのうち日曜もやるとかやらないとか。
0905CINA8月-16



ランチコースは夜のエッセンスつかめるコースも3400円と4800円。
タパスが6皿つくのと、メインに四川ROCKステーキが選べたので4800円のコースに。

トリュフ&ビーフンやよだれ鶏なども入るタパス6品は、ゆったり酒のみながらというランチにピッタリ。
0905CINA8月-7




どれもスモールポーションだけど、6品出た頃には、体感で結構食べた気分になってます。
0905CINA8月-3




その後にフカヒレと蟹のスープ、とうもろこしの春巻きなどついてメインにつながっていくので、夜に近い満足度。

勿論、夜には感激ポイントが更に増えるんだけど、「CINA」がどんなお店か、ランチでもしっかり伝わる内容に。
0905CINA8月-11



ディナーだと品数も多いし、最後の方は記憶も薄くなるけど、メインの四川ROCKステーキ食べた時に程よく満腹で、〆の麺もちょうどいい感じで対峙できたんです。

そのせいかわからないけど、豆乳の冷やし担々麺がめちゃ旨で「え、いつもこんなに麺良かったっけ?」と、新しい発見も。
0905CINA8月-13





白が基調となったコンクリ打ちっぱなしの店内は、いわゆる中華的な雰囲気でなく、曲もR&Bだったりと、むしろ香港っぽい空気感。

食後はガーデンプレイスにお茶しにいったりとか、これからの季節テラサーには流れを作りやすいロケーションでもあります。
0905CINA8月-15





CINA New Modern Chinese
(チーナ ニュー モダン チャイニーズ)
03-3719-1949
東京都渋谷区恵比寿南1-17-17 TimeZoneテラスビル 2F
http://cina.jp/





コースがオトクだと思うけどて、前菜+単品なんてセレクトも可能。薬膳牛肉麺は、ごぼう麺で当家のお気に入り。ぜひ、お試しを。
0905CINA8月-12


ダイエットの隙間にもよさげです。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月01日

THE BAR (恵比寿)ウェスティンホテルで静かな午後を

0830TheBar8月-4

恵比寿のウェスティンホテル、休日のラウンジはアフタヌーンティもあって賑わいまくり。

静かに落ち着いた時間を過ごしたい大人には、一見向かないような雰囲気だけど、一歩踏み出すだけで、ゆったりした休日モードになるんすよね。

どういうことかっていうと、1Fラウンジの脇に「THE BAR」ってその名の通りオーセンティックなバーがあるんですが、ここは営業時間は11:00〜24:30の通し営業。
0830TheBar8月-12


なのでランチで使っても全然OKなんです。バーテンダーが作るクオリティの高いカクテルも楽しめるし、アフタヌーンティだって楽しめます。


ちょいとバタバタしてた頃だったので、ゆっくりした休日の午後を味わいたいねと、まりえと2人で和装で訪問。
0830TheBar8月-15



ボクは、スイカのフローズンカクテル → シングルモルトと愉しみながら、まりえはアフタヌーンティと紅茶でのんびりしてました。
0830TheBar8月-5

8月中旬のダイエット最終局面だったので、食事は我慢しようとしてたんけど、ラフロイグの水割りをオーダーする時に、メンチカツサンドって文字が目に入っちゃって、敢えなく陥落。
0830TheBar8月-10

さすがウェスティンだけあって、メンチカツサンドもめちゃ旨い。後悔はありません。翌朝、追加で走っただけです(笑)


THE BAR
ウェスティンホテル東京 1F
東京都 目黒区 三田1-4-1
http://www.westin-tokyo.co.jp/restaurant_thebar
03-5423 7000


久々に、ブログ書く余裕がない感じが続いてます。旅ネタ書きたいのいっぱいあるんだけどなぁ。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 12:24|この記事のURLComments(0)

2017年08月27日

甘牌燒鵝 Kam's Roast Goose (香港)ヨンキーのDNA

0830ヨンキーDNA11月-13

香港の「ヨンキー」といえばガチョウのロースト。お家騒動もあってクローズの噂もあったんですが、結局引き続き営業はしているのかな?

そんなヨンキー創設者のお孫さんがやっていて、ヨンキーゆずりのガチョウのローストが食べられるのが『甘牌燒鵝(Kam's Roast Goose)』

めっちゃ小さな食堂といった風情だけど、行列ができててミシュランも一ツ星。
0830ヨンキーDNA11月-2




MTRの湾仔駅から徒歩圏内、11:30〜21:30まで通し営業というのも旅人にはありがたい。特に機内食を食べてきた初日なんて、いつお腹すくかタイミング読めなかったりするからね。
0830ヨンキーDNA11月-6




焼き物のごはんのせが鉄板の美味しさだけど、麺もアリでしたね。
0830ヨンキーDNA11月-16




ハズしたくない、そして気軽に食べたい時に便利なお店です。
0830ヨンキーDNA11月-7


甘牌燒鵝(Kam's Roast)
G/F Po Wah Commercial Center, 226 Hennessy Road, Wan Chai, Hong Kong
最寄り:MTR湾仔駅
852-2520-1110
11:30〜21:30
定休日なし
http://www.krg.com.hk



プチ夏休み中は、面倒過ぎてなかなかパソコンにさわれません(笑)
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:21|この記事のURLComments(0)

2017年08月23日

ダ ユーキ (京都) ナポリピッツァで迷ったら

0825DAYUKI8月-12

京都にナポリピッツァを食べに行くという人はレアだと思うけど、日本料理やフレンチの合間に、ちょっと気分を変えたくなることってありますよね。

そんな時に岡崎にあるピッツエリア『ダ ユーキ』はどうかな?日本一のナポリピッツアブロガーJaffaさんをもってして、国内屈指と言わしめるお店です。
0825DAYUKI8月-10




ピッツェリアとはいえ日本なので、アンティパストやセコンドのメニューも充実。
0825DAYUKI8月-7




やはり生地が旨いっすね、
0825DAYUKI8月-11



この日はシンプルにマルゲリータとマリナーラを。
0825DAYUKI8月-15




ドルチェも含め完成度高いです。
0825DAYUKI8月-19



外から見えるこの巨大焼き窯が目印。
0825DAYUKI8月-1

●ダ ユーキ (Pizzeria Napoletana DA YUKI)
075-761-6765
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町36-3
http://www.da-yuki.com/



このエリアも面白い。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:19|この記事のURLComments(0)

2017年08月22日

ビストロ グルトン (池尻大橋)まさかの洋食屋使い

0826グルトン8月-7


前日に、春日の「フリッツ」でモダン洋食を食べたら、洋食熱が止まらなくなって。

別に量が食べたいわけじゃなくて、美味しものをちょっとつまみたかったので、池尻の『ビストロ グルトン』に。ここは当家御用達の大好きなビストロ、詳しくは昔の記事に

ロブション出身の小更シェフのビストロを、洋食屋使いするってのもアレだけど、定番の蟹クリームコロッケは衣の薄サク感と中のこれでもかっっっ!!っていう蟹の身使いが、たまらんのです。
0826グルトン8月-10




さりげないサラダもハンバーグも間違いないし。肉の食感がエロティークなうえに、ソースはフレンチの技あり。そりゃ、旨いに決まってるって。
0826グルトン8月-14

ビストロ グルトン
(BISTRO GLOUTON)
03-3410-5517
東京都世田谷区池尻2-33-7



2回転目狙って、たまにはこんなフラッと使いさせてもらいました。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:25|この記事のURLComments(0)