グルメ【ジャンル別】

2019年12月11日

bb9(神戸)バスクの風を感じて

bbp2019-16



姫路城からの流れで神戸のバスク料理『bb9(ベベック)』へ
bbp2019-5


日本の土地と素材で表現したアサドール、特に魚の火入れがツボまくり。シェフは、バスクの「エチェバリ」で修業もされてたのね。さもありなん、ホントにエチェバリの薪料理は衝撃でした。
bbp2019-24



バスクと言えば、サンセバスチャンのバルが有名だけど、アサドール(薪焼)はゲタリアの魚介とか山バスクの熟年牛とか、薪使いもヤバいんです。今年、世界から更に注目を集めることになった「エルカノ」のカレイの火入れとか、正直泣けるから...
bbp2019-9



そんなバスクの現地の温度を感じる『bb9』。火入れの技術だけじゃなく、味つけのセンス、ワインとのペアリングなど、大好きな要素が溢れていた。今年、訪問したレストランで3本指に入るくらい自分好み。
bbp2019-12



北海道のブリは血を感じないきれいな脂で、ガリシアのワインが一回激しく交わってから、ゆっくりほぐれていって余韻を伸ばす。
bbp2019-15



仙鳳趾の牡蠣は少し火を入れたもの。この火入れ感たまらん、今まで食べた牡蠣で一番の衝撃だったかもしれない。そこに少し甘みを残したリースリングが、ハマるのさ。
bbp2019-21




リースリングを混ぜた長熟タイプのチャコリ。バスクでもガストロでは出てくるタイプで、エチケットを覚えていた。マルティン・ベラサテギかアスルメンディあたりでのペアリングだったと思う。
bbp2019-26


五島列島のトロミあるハガツオに合わせると、ほんのり苦さがたってからリセットに向かう。このチャコリ間違いなくて好きよ。
bbp2019-27



フレッシュのポルチーニ、こんなにも主役としてポルチーニを美味しいと思えたことは無かった。チンタセネーゼが完全に脇役。ロッソ・ディ・モンタルチーノの奥行きの深さを感じるペアリング。
bbp2019-32


bbp2019-30



バロセロナの少し南の方で作られてるという白ワイン「EN AQUEST COS,L’OLOR A TERRA」がかなりタイプだった。こういうの選びたいんだけど、オレ。
bbp2019-40




そしてコヤツに合わせたのが、解禁直後のセコガニ、エビとカニの殻でとった出汁で炊いたお米に泣けるほどあっていた。
bbp2019-43



この後、シャンパーニュで舞鶴のアラ(クエ)のピルピルと、バスク好きには泣ける展開。
bbp2019-46



現地では、ピルピルにシャンパーニュ合わせるとか発想も無かった!! こんなにも合うのか!
bbp2019-48



40日熟成の熊本のあか牛。余韻が長く、深い余韻のままオチていきそう。こんなにも薪の香りが...赤身に合うとは。
bbp2019-51




フレッシュチーズに近いニュアンスのバスチーも極旨。バスクでは一度も食べたこと無いけど、コレは美味しいね。日本で何度かトライして、...だったけど、コレはまた食べたい。
bbp2019-54



塩アイスにありがとう、敬礼。薫香たまらぬ。
bbp2019-56



しかもディケムなんて合わせた日には、ととのうに決まってるじゃん。
bbp2019-55




スペイン料理は、日本だと西高東低と言うけど、確かにオレはかなりタイプでした。

bbp2019-3

bb9 (ベベック)
050-3186-4889
兵庫県神戸市中央区元町通3-14-5
http://asador-bb9.com/




デザートワインが値段聞き忘れた。思ったより高かったのは あのせいかな?(笑)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年12月10日

肉屋 田中(銀座)肉の頂点へ

肉屋田中2019-14

食べログの焼肉部門1位(訪問時)の「肉屋 雪月花」が、更にバージョンアップして東京にやってきました。
肉屋田中2019-29




先月オープンした銀座の『肉屋 田中』、BOSSの田中さんは、肉割烹という切り口で様々な手札を持ってはいるものの、敢えて肉の良さにフォーカスしたコース展開。
肉屋田中2019-42





34ヶ月の最優秀賞神戸牛を一頭買いしていて、
肉屋田中2019-8


シャトーブリアンやタンの圧倒的な美味しさにフィーチャー。
肉屋田中2019-32




正直、ここまでの味は未体験ゾーンで、鮑や津居山蟹、白トリュフといった名脇役たちが置き去りになるくらいの突き抜け感。
肉屋田中2019-37




ちなみに脇役といいつつ、五島列島のクエ(20日間熟成)と神戸牛の昆布締めにキャビアをのせて、クエの肝のソースや山葵でいただく、通常なら主役級の前菜とか。
肉屋田中2019-22




津居山蟹も焼き身をたっぷりだし、神戸牛の棒寿司も極上のテクスチャ。
肉屋田中2019-12



椀物も和牛のお出汁で、これでもかってくらいに鮑の身がゴロゴロが入りつつ、すり流しも鮑みたいな贅の極み。
肉屋田中2019-19




締のごはんは、松葉蟹と神戸牛のお出汁で炊かれていてTKG&白トリュフで仕上げる。
肉屋田中2019-44




これに和牛のしぐれ煮を合わせちゃうから、楽園行きの片道切符。
肉屋田中2019-38




バイザグラスでシャンパーニュからはじめられて、白はBouchard Pere & Filsのシャサーニュ・モンラッシェ、赤はドメーヌ・ピエール・ダモワのジュブレ・シャンベルタン 2008と料理に負けないワインをオーダーできるのも嬉しいところ。



ちなみにシャンパーニュは2007年のドンペリを。
肉屋田中2019-4




どこにも妥協が見えない本気の肉屋。ここだけのエクスペリエンス。
肉屋田中2019-16



この日のお肉はコチラでした。
第101回 兵庫県畜産共進会 牛肉の部
最優秀賞 神戸牛
神戸牛 生産者 上田 伸也
月齢 34ヶ月/A5雌
血統 芳山土井 × 菊後土井
肉屋田中2019-24

肉屋 田中 銀座
03-6280-6529
東京都中央区銀座6-4-3 GICROS GINZA GEMS 9F
http://nikuyatanaka.jp/



 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 20:33|この記事のURLComments(0)

2019年12月08日

マラケシュ王宮近くのカフェ

SpicePark2017-37

マラケシュの王宮近くのオサレカフェ、こういうモロッコを想像しがちだけど実際は中々ないタイプ。モロッコらしさとフランスの洗練された雰囲気が混ざったような空気感。

これ書いてたときはマップでらしきお店探せなかったんだけど、さっき見たら見つかりました。店名は『La Famille
SpicePark2017-38





カフェのグラスも洒落てるし、ケーキもボリュームはあるが重たくはない。
SpicePark2017-45







入口は狭かったけど奥行きは広め
SpicePark2017-49




こんなパーティできそうなスペースも。
SpicePark2017-41





こういう塔が頭をチラ見せしてて美しい。
SpicePark2017-50



色々衝撃だったモロッコ、今となっては30円ほどボラれてムキになっていたのが懐かしい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 20:00|この記事のURLComments(0)

2019年12月06日

Cafe Des Epices Marrakech Medina(モロッコ)スパイス広場を見下ろすカフェ

SpicePark2017-11

マラケシュのメディナ(旧市街)の中には、いくつかスーク(市場)があって、周囲に洒落たレストランなどが集まっていて、何度も通ったのが「スパイス広場」
SpicePark2017-1


メディナの顔とも言えるフナ広場は絶対買わない類のお土産が並び、客引きもしつこいので正直大嫌い。あそこだけを体感したらマラケシュが嫌いになると思う。
1118Mara11月-66



スパイス広場は、その名の通りカラフルなスパイスが並び、お土産物もあるけどもう少しローカルなアイテムが増えていて、買い物をするならコチラがおすすめ。とはいえ、もっと深くまで入れば、更にセンスのいいものが眠ってるけど、1泊でもそこまでだどりつくのは難しい。
1118Mara11月-68



1016モロッコ10月-14



当家がメディナ散策の休息によく使っていたのがスパイス広場脇の『Cafe Des Epices Marrakech Medina
SpicePark2017-10



他のレストランから撮った写真だと、左の方にある赤い建物ね。1Fがテラス席、2Fもあるけどここは空いていて、ルーフトップも当然混んでいる。
1118Mara11月-70



モロッコらしいクスクスというよりは、洒落たカフェ飯の類が多かった印象。何泊も滞在しているとモロッコ的じゃない食事も欲しくなるので、リセット用に使ってました。
SpicePark2017-5



味は日本と比べたらパンのクオリティや肉の火入れ、野菜のフレッシュさなど差が大きいけど、ここでそんな細かいことを言うつもりはなくて、それよりもこうしてスパイス広場を眺めながら、ぼーっとしてられるところが価値。
SpicePark2017-4



夕方から夜に変わっていく時間帯とか、かなりエキゾチックで愉しめます。広場のシューティングは、2F席の窓際が穴場。ルーフトップより距離が近くて、ガラガラだしね。
1118Mara11月-39



今度は砂漠にも行ってみたい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年12月02日

The Garden(中目黒)テラスでナチュールワイン

TheGarden2019-2

中目黒の商店街にひっそりオープンしたビオワインのショップが併設されたテラスカフェ『The Garden 』


セラーの中のワインが常に何種類かグラスでもオーダーできる。もちろん幾ばくか払えば、ボトルを抜栓してお店でもいいただけちゃう。
TheGarden2019-1-4


パニーニのような軽食から、パスタ、肉のグリルまで食のメニューも幅広い。もちろんスイーツメニューも期待感を煽る内容
Garden2019-5-2




オレの理想をカタチにしたカフェ! テラス席も余裕ある作りで困っちゃう
TheGarden2019-1-3



ワインは元フェリチチタ、今は荒木町のワインバー HIBANAの永島さんがみてるから、クオリティも間違いない
Garden2019-6-2


地下の『リストランテ シンティッラ』もシェフがフェリチタ出身。リストランテだと、それなりに構えて行く必要があるけど、上のカフェでもシェフの料理をいただくことができるので、その使い勝手の良さたるや
Garden2019-10

テラスにストーブを置くとの話も。

ザ ガーデン
03-6452-4394
東京都目黒区上目黒2-44-9 1F


冬でも座れるならテラスです
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年11月30日

オーキッド(バリ島)ライスフィールドの中のガラス張りのティールーム

オーキッドAT2019-5


バリ島 AYANA RESERTの敷地内、丘の上に立つホテル「RIMBA JIMBARAN
orchid2019-1


ANAYA RESORTがシーフロントを活かした作りなのに対し、こちらは南国の緑の濃さを活かして、AYANAとは異なる魅力を纏っている。



敷地内にはウブドのような世界観で作り込まれたエリアがあるんだけど、なんちゃって感は全然なくて、ウブドリピーターにも納得のクオリティ。
オーキッド2019-2-2


このエリアにはバリ舞踊を見ながら食事のできる「カンポンバリ」や、ティールームの『オーキッド』といったレストランがある。

オーキッド』は11:00−19:00まで通し営業。
orchid2019-14



ガラスとスチールでできたサンルームは、天然光が差し込み海の近くだけどウブドのようなライスフィールドVIEWを体感できるティーラウンジ。
オーキッド2019-1



こちらでのアフタヌーンティは14:00-17:00。ディルマーのグリーンティー、ブラックティー、フレーバーティーなど、豊富なお茶のラインアップ。食事はバリと西洋のフュージョンで、サンドイッチやバリのスイーツなど見た目以上の洗練度。
オーキッドAT2019-4




お茶もいいけど、このハーブたっぷりのスムージーがめっちゃ旨い。こういうの日本では飲めないタイプ。
orchid2019-19



そうそう敷地の隣ではクッキングスクールもやっていた。
オーキッド2019-4

オーキッド
ランチ & ディナー 11:00 – 19:00
トラディショナルアフタヌーンティー 14:00 – 17:00
RIMBA JIMBARANホテル内


ヴァカンスをホテルに身を任せて。そんな滞在ができる希少なホテル。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2019年11月28日

リストランテ シンティッラ(中目黒)エレガントな料理と絶妙のナチュールワイン

scintilla2019-15

かつて、当家のアニバーサリーディナーの鉄板だった表参道のリストランテ「フェリチタ」。永島ソムリエのワインセレクトがほんとキレキレだったし、リストランテらしい料理がいい意味で大人でね。

9月の末に中目黒の商店街、ポタジエ跡にオープンしたカフェ「The Garden」。
TheGarden2019-2


バイザグラスでナチュール飲めるしテラスはあるし、料理もクオリティ高くてと、来年最もリピるであろうカフェの筆頭候補。
TheGarden2019-1



そのB1に、ひっそりと先月リストランテがオープンしていたんです。お店の名前は『ristorante scintilla』
scintilla2019-2


....読めんがな!(笑)

『リストランテ シンティッラ』と読むらしい、イタリア語で火花。
scintilla2019-38





一部の席からはカウンターの様子が伺える。
scintilla2019-6


先日訪れた三茶の「ブリッカ」よりもエレガントなリストランテらしい料理で、ワインのペアリングもさすがッスね。
scintilla2019-51



たとえばトルテッリーニ、ベシャメルにポルチーニが詰まっていて、
scintilla2019-33


濃厚なソースに「BRESSAN」のハニーなかほりが実にあう
scintilla2019-29








グジとポルチーニの魚料理。松笠焼きのしごとがキチンとしてあって
scintilla2019-43



「Walter de Batte Altrove」をまずは合わせて。もちろんハズしません。
scintilla2019-36



ただ、それ以上にアッビナメントしたのが、ヴァン・ジョーヌみたいな印象のマルサラワイン「ヴェッキオ サンペーリ」。なんせ、ソースにもこのワインを使ってるくらいだから合わないわけがない。
scintilla2019-45



マルコ デ バルトリの他のナチュールも呑んでみたいな。ちなみに、この「ヴェッキオ サンペーリ」はディナーの後に即買いしました(1Fにワインショップがあるので)。




伊勢海老のシャラティエッリ。パスタの個性とソースの味付け、乳化具合がきれいに整っていて、シチリアのチェファルーで感動したパスタを思い出した。
scintilla2019-25


パスタの美味しさは、シチリアのアレを超える体験は滅多にないんだけど、ワインとのアッビナメントは『シンティッラ』の方が素晴らしく、トータルの感動指数は上回る結果に。


ちなみにここで合わせたのがPOSSAのチンクエテッレ 2015、このコもめっちゃタイプなんすよ。
scintilla2019-23



緒戦でタイプということは良くわかったので、次の訪問でどんな振り幅を魅せてくれるのかが楽しみでならない。
scintilla2019-40


リストランテ シンティッラ (ristorante scintilla)
03-6452-4395
東京都目黒区上目黒2-44-9


2019年、令和元年ももうすぐ終わり。なんとか、あと一ヶ月走り切るぞ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 12:54|この記事のURLComments(0)

2019年11月26日

グランドハイアットのクリスマスケーキ(六本木)

HYATT2019-6


グランドハイアット東京で、クリスマスケーキの発表会。
HYATT2019-10



焼肉』の前に寄ったので、ケーキの試食は控えようと思ったんだけだど、プレミアム モンテビアンコ ジャポネーゼの誘惑には勝てなかった...
HYATT2019-2


ヘーゼルナッツのエアリーなメレンゲの上に、タヒチバニラのリッチなムースを乗せ、フレッシュマロンのペーストで仕上げたケーキ。ムースには刻んだ栗が入っていて食感も贅沢。
HYATT2019-1


そりゃシャンパーニュも進みますって。
HYATT2019-3



そんな今年の目玉は六角星のモロッコランタン、なんとお値段¥28,000と実にラグジュアリー!!
HYATT2019-8


グランド ハイアットでは12月25日までチャリティー プログラム「Heart of Gold」を開催中
HYATT2019-4



グランド ハイアット東京内で撮影した画像に 「 #グランドホリデー」、「 #チャリティー」をつけてインスタ投稿すると自動的にDonationされる仕組み。
HYATT2019-9


と同時に、宿泊・食事券が当たるチャンスでもあるんですと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:44|この記事のURLComments(0)

2019年11月23日

サミサミ(BALI)AYANAリゾートのクリフトップイタリアン

samisami2019-13

バリ島 ジンバランにあるAYANA RESORT。有名な「ロックバー」をはじめ、マーケティングやサービスがとても洗練されたリゾートではあったんだけど、7年ぶりに訪れて驚いたのは、更にそこからのブラッシュアップ。

料理やサービスのクオリティが格段にあがっていて、特に食事のレベルアップは眼を見張るものが。

AYANA RESERTに訪れて最初に行ったのがイタリアンの『sami sami(サミサミ)』。以前は、日本のイタリアンと比べると、明らかに差があったんだけど、今はガス釜でナポリスタイルのピッツァを焼いていて、充分 愉しむことができるのよ。

samisami2019-11




そりゃね、薪窯との差やピッツァイオーロの腕もあるし、日本のトップピッツェリアと比べたら差は出るけど、このロケーションですからね...。逆に言うと、日本でこんなロケーションで、美味しいピッツア食べられるお店ってある??って話。
samisami2019-15




11:00から23:00まで通し営業というのも嬉しいところ。
samisami2019-16



なんかメニュー選びやすいなぁと思ったら、日本語併記だったわw

きちんとポーク入りの料理や、ヴィーガンメニューにはマークがついている。食のバリアフリーが圧倒的に進んでいるんすよね。
samisami2019-4



最初にカクテル呑んだ時に、「あれ、洗練度が全然違う!」と驚いたんだけど、この段階ではたまたまカクテルが良かったのかなと半信半疑で。前菜やパスタを食べ進むうちに、あ、7年でここまで食事が良くなったのかと確信して、一気にテンションがあがり申した。
samisami2019-7


sami sami

AYANA Resort and Spa, BALI
Sejahtera, Jl. Karang Mas, Jimbaran, Kec. Kuta Sel., Kabupaten Badung, Bali
+62 361 702222


今年は、もう一度バリ島に行くことにしました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2019年11月21日

オステリア スプレンディド(広尾)通うイタリアンの理由

オステリアスプレンディド2019-32

料理の洗練度、ワインのペアリング、両方揃った国内屈指の実力店でありながら使い勝手もよく、当家の記念日ディナーなど間違いたくない時に頼っている広尾のイタリアン『オステリア・スプレンディド

ワイン好きには「インプリチト」の地下のお店という方がわかりやすいかと。

The Worlds 50 Best Restaurants」で、2016年に1位を取ったお店も「Osteria Francescana (オステリアフランチェスカーナ)」とオステリアを店名に冠していたけど、料理は洗練されたリストランテの料理です。


こないだも行ったばかりなんだけど、こちらは7月の訪問の時のこと
オステリアスプレンディド2019-10



ラビオリチックな茄子の詰め物と蛤とあわせたよもぎのタリオリーニが鮮烈的に美味しくて、更にそこからの流れでセコンドに合わせたワインがむっちゃ好みすぎて全力泥酔。
オステリアスプレンディド2019-29



今回は1.2万円のコースにしたので皿数も多くテンポが早かったけど、ワインのペアリングも増えてくるわけでセコンドあたりで相当酔っ払いに。

だって、ワインがつくづくタイプなものを合わせてくるし、アッビナメントで更にシビれさせてくれるんだもん。
オステリアスプレンディド2019-24



元々体調がいまひとつで、アルコール耐性が弱い夜だったから、まりえは「そんなに普段と変わったようには見えなかったよ」といってたけど、オレの中のベロンベロン指数は確実にK点超え。家に帰ってきた瞬間にコンタクト外して倒れ込みました。



定番のトマトのゼリーに合わせた能登島野菜はしみじみ美味。
オステリアスプレンディド2019-16



低温調理のアオリイカは、薄いパリパリと相性よく、イカの旨味がいい意味で立ちすぎずにバランスできていた。
オステリアスプレンディド2019-13





サマートリュフで覆われたとうもろこしのエスプーマ、サルシッチャ、カプリーノチーズのタルトの前菜。
オステリアスプレンディド2019-22

食べ進むうちにトリュフ、とうもろこし、サルシッチャと主役が変わっていくのよ、口の中で。最後にサルシッチャがドカーン!!と。そこでワインが見事に制御。




幸福豚のクミンのかほりは、ワインが負けそうに思ったけど完全にオレの杞憂。
オステリアスプレンディド2019-37




栃木産のバルバリー鴨はしっかりしたテクスチャながら、ほぐれる感じにエクスタシー。
オステリアスプレンディド2019-40




グリルだけかと思いきや、鴨をピアディーナで2段攻撃とかズルいっしょ?
オステリアスプレンディド2019-45



豚や鴨で合わせたワインは、単品としても美味だけど料理と合わせるからこそ更に魅力が増すタイプなので、これはレストランでないと味わえない体験価値。
オステリアスプレンディド2019-38



フランスワイン、たとえばブルゴーニュのビンテージなんて、ワイン単体として死ぬほど旨いじゃない?マリアージュとはいうけど、正直掛け算というよりは足し算というのが体感値。

素顔が半端なくキレイなナタリー・ポートマンがメイクしたって、超ハイレベルな部分での変化だから、振れ幅はそこまで大きくない。
オステリアスプレンディド2019-51


イタリアワインは、もちろん単体でも美味だけど、料理と合わせることでその魅力が倍増する感覚。アッビナメント次第で掛け算のような化け方するから、ビビるのよ。アベンジャーズ的な変身×集合体な迫力が味わえるから、『スプレンディド』が病みつきなんです。
オステリアスプレンディド2019-26

オステリア・スプレンディド (Osteria Splendido)
03-3406-0900
東京都渋谷区東4-6-3 Bell Air B1



2019年も残り6週間とか聞くとビビりますな
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2019年11月19日

焼肉 〜TEN〜 (西麻布) 海外富裕層が求めるラグジュアリー焼肉のニュースタンダード

焼肉2019-20

2020を迎えるにあたり、和牛【WAGYU】は、最強のインバウンド コンテンツのひとつ


何故って海外富裕層にとって、鮨、和牛は最も求める食エクスペリエンスだから
焼肉2019-29


国内の焼肉店が価格競争に陥る中、頭一つ突き抜けた価格で最高の日本焼肉を堪能できる『焼肉X』


富裕層がシンガポールのいいお店で焼肉とワインをオーダーしたら、普通に支払いは10万円くらい。圧倒的な肉質、肉種、焼きの技術が整っているのに、日本の焼肉店はその何分の一かで済んじゃうって勿体無い。



これだけ焼肉店が増殖している今、富裕層にターゲットを絞った飲食店は、もっと増えてもいいのになと常々感じているのよね。
焼肉2019-7



ただ、焼肉に関して言うとお酒のペアリングがしっかりできているガストロノミー焼肉店というのが、都内ですら殆どみつからないの現状...。

なので、最高の肉としっかりとしたペアリングを出してくれる焼肉店なら、10万円の予算でも海外富裕層は集まってくると思うんです。



そんな視点から、シンガポールやタイをはじめ、富裕層の友人にも安心して紹介できるなと感じた「焼肉勝

その理由は
1)熟練のスタッフの火入れを目の前で楽しめる
2)最高の和牛を、最適なスタイルで
3)3段階のワインペアリング



1)熟練のスタッフの火入れを目の前で楽しめる

まず、富裕層に紹介する焼肉店のポイントは焼き手がいるかどうかということ。これは必須条件。

どんないい和牛でも、フィニッシュの焼きがキマらなければポテンシャルの6割も引き出せない
焼肉2019-27



焼肉召蓮∈能蕕ら最後まで同じ焼き手がついてくれて、説明もキチンとこなしながら、こちらの質問にもしっかりと応えてくれる。
焼肉2019-65


英語対応もできるスタッフがいるというのも高ポイント。




2)最高の和牛を、最適なスタイルで


最高品質の和牛を惜しげもなく。

都萬牛、松阪牛、但馬玄、但馬牛と、それぞれの料理に最高の食材が選びぬかれていて、整った流れで最高峰を楽しめる
焼肉2019-15


松阪牛のサーロインは、平子地鶏の卵と絡めてすき焼きに。そうそう、ちゃんと「まつさかうし」と説明してくれていた。本格派を謳う焼肉店でマツザカギュウって言われたら、教育徹底してないなーって思っちゃうもん。そういう不安は要らない。
焼肉2019-64





厚切りの但馬牛のタンは自家製レモンと青唐辛子味噌で同一部位をコントラスト強めに堪能できる
焼肉2019-38



〆肉は但馬玄の特上カルビ 三角バラ。
焼肉2019-16


12度という脂の融点の低さゆえ、後で胃がもたれるという後遺症とも無縁。タレはしっかりつけても、味が濃すぎってならないのよ。
焼肉2019-69




ホルモンの仕事が美しくエレガントなのも特筆しておくべきところかと
焼肉2019-45



レバーは、まさかの胡麻から油つくっちゃからね、個室の中で。
焼肉2019-49


3)3段階のワインペアリング


この日は1万円くらいのワインを中心としたペアリングだったけど、もっと上のペアリングコースもやってくれるらしい。やっぱしそれぞれの料理にあったお酒と愉しみたいからね。ワインが中心だけど、ところどころ日本酒も挿し込んできたり。
焼肉2019-60



あと、実はラグジュアリーな個室というのもポイント。

ムスリムの超富裕層は、公の場ではお酒が飲めなけど、個室なら...というケースもあるんでね。

聞いた話だと、一晩に1千万円使われたこともあったんだって。どんだけよ???
焼肉2019-4




日本人同士で不毛な価格合戦続けるより、いいモノをわかりやすく世界の富裕層に提供することで、対価にふわさわしいお金をいただけばいい。
焼肉2019-12


それくらい日本の食文化は凄いと思うから。
焼肉2019-1


焼肉 X (ヤキニク テン)
03-5786-1129
東京都港区西麻布1-4-46 カーサスプレンディット西麻布 B1F
https://nishiazabu-yakiniku-ten.com/



ムスリムを相手にするなら、簡単に取れる”ムスリムフレンドリー”は取得しておくとイイんじゃないかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年11月18日

ブリッカ(三軒茶屋)ナチュールワインと質の高い料理を気軽にパールの雰囲気で

bricca2019-12

三茶に、こんなにもイタリア料理とナチュールワインが愉しめる素敵なお店あったのね。

いやいや、めちゃくちゃタイプじゃん『ブリッカ(bricca) 』。
bricca2019-16



あとから聞いたら、表参道の「フェリチタ」出身だというから、さもありなんと。
bricca2019-34




最近、イタリアンでも和食でもフレンチでもエスニックでも、ナチュールワイン合わせることが殆ど。
bricca2019-24



逆にどっかにナチュールが入ってないと、欲求不満に感じるくらい。
bricca2019-21


こないだは「カンテサンス」でもペアリングにナチュール挿し込んできてて、改めてこのトレンドを喜んでいる次第。
bricca2019-5



そうそう、ここ『ブリッカ』へは、アンティークウオッチの会での訪問。
bricca2019-30


この日は欠席だったLuciパイセンのセレクトです。
bricca2019-10



前菜は盛り合わせということで、ほおずきとブラータにはリグーリアを。秋鯖のテリーヌには2010年のラディコンと2種類を用意。ここからキュンキュン
bricca2019-8




ラツィオ風のもつ煮込みが絶品で、2014年のサンジョベーゼが大地をつなぐ感じ
bricca2019-13




白子とフレッシュトマトのパスタはソースの乳化具合が実に絶妙で心地よく。
bricca2019-19



ポルチーニのラヴィオリは、ソースとワインのアッビナメントで余韻がどこまでも続きそう。
bricca2019-22



こちらはラディコンの2002年。しかもマグナムだったんかい!?
bricca2019-33



オランダ産という3歳雌牛のサーロインは、日本だったら短角牛のランプあたり?と思うくらいしっかりとした赤身っぷりで、
bricca2019-27




バルトロ・マスカレッロのDOLCETTO 2011年がしっかりとバトンを繋いでいた。
bricca2019-26


ドルチェの南瓜のプリンには、Massa Vecchia Passito Ross と最後まで隙がない。
bricca2019-32



テンションあがりまくった2時間半。お酒が好みだと、あからさまにオレの反応が違うらしい(まりえ談)
bricca2019-35



いやー、いい夜でしたわ〜♪
bricca2019-36

ブリッカ (Bricca)
03-6322-0256
東京都世田谷区三軒茶屋1-7-12
http://bricca.jp/




地味に見えながら、ほんと手がかかった料理で美味。それに研ぎ澄まされたセンスと経験で個性的なナチュールを合わせてくる。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:38|この記事のURLComments(0)

2019年11月12日

鮨 なんば(日比谷)さんまと北寄貝の屹然

鮨なんば2019-38


日比谷の『鮨 なんば』へ。

回の訪問時に、かなり衝撃を受けたので鮨ラバーのR字を誘って2人で男鮨。この鮑の握りは、2回めだけどやはりディープインパクト。

鮨に関しては、全体を通して一番感動をもらえるお店。お酒のペアリングがバージョンアップしたら、もっとヤバくなりそうだけど、今のまま鮨に集中できるのもそれはそれで正解かもしれない。




つまみで驚愕だったのが、さんま。レア感残した火入れが凄い、脂ののりもよく肝のソースが刺さりまくりで。
鮨なんば2019-13




網走のキンキは、強めの出汁だけど決して出しゃばらず甘みが旨い
鮨なんば2019-6



前回同様、あん肝はイノセント
鮨なんば2019-8






まぐろは塩釜、やま幸さん。
鮨なんば2019-18




握りの冒頭で、白烏賊の沈み具合に感動。続く皮剥は、内側に肝を忍ばせた仕事で、テクスチャに酔う
鮨なんば2019-22




イワシ、サバ、コハダなど光り物が多く嬉しい内容。
鮨なんば2019-25




この日は、さんまと北寄貝に度肝を抜かれた。サイズ感も驚きだったけど、みずみずしさや、テクスチャのエロスに、男2人でしばし言葉を失う。
鮨なんば2019-27



春子鯛の沈み方は、烏賊と微妙に異なるもエアリーで気持ちいい
鮨なんば2019-28






この鰹も、食感と味わいをR字と時間差で共有。言葉の要らないバイブス。
鮨なんば2019-32

鮨 なんば 日比谷
03-6273-3334
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F


鮨だけじゃなく、イタリアンとかフレンチも、もっと男飯したいんだけどね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。

続きを読む

kyah2004 at 19:00|この記事のURLComments(0)

2019年11月08日

IQORI restaurant in Biarritz ディナーはテラスで

ビアリッツ2018-9


まぁ、なんといってもこのロケーションはヤバイでしょ。
iqori-restaurant-biarritz-iqori2018-3



ビアリッツの湾を見下ろす貴重なseaview terrace
もあって、アペリティフに最適
iqori-restaurant-biarritz-iqori2018-1



ディナーはしっかりとしたテーブルのあるテラスでも少し内側の席で。
ビアリッツ2018-3



こんな吹き抜けのホテルだけに、レストランもさぞお高いのかと思いきや、なんとプリフィクスはDINNERで39EURO。
basque2018-15




choice of 2 starters, a choice of 2 main courses and choice of 2 desserts で、ですよ。
ビアリッツ2018-2



ワインは、めずらしくボルドーに。ほら、なんと言っても近いから。ワインもこちらで98EURO
ビアリッツ2018-4





料理はモダンに振ってはいるけど、オーセンティックな印象が強く残る骨格のしっかりした味付け。

スペインバスクでゴリッゴリの分子ガストロノミーを食べ慣れていた後なので、余計にそう感じた気もする。日本でもこんなにパンチあるフレンチは少数派になってるから、むしろ新鮮。

ビアリッツ2018-12





室内のインテリアも洒落ていて、こちらのテーブルも捨てがたかった。ま、殆どのゲストは、テラス席を選んでいるんだけどね。
ビアリッツ2018-14

Le Regina Biarritz Hotel & Spa
52 Avenue de l'Imperatrice, 64200 Biarritz
https://hotelregina-biarritz.com/en/
https://hotelregina-biarritz.com/en/menu/iqori/restaurant-biarritz-iqori


もう1年以上前になるのか。今思い出しても、最強クラスに美食三昧のヴァカンスでしたわ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:39|この記事のURLComments(0)

2019年10月31日

HaRe(恵比寿)イノベーティブなペアリングを体感してみよう


Hare2019-20

最近、日本料理のペアリングって、まだまだやれる余地が多そうだなって感じてます。

料理の魅力をお酒が引き出す楽しさって、一度知っちゃうと戻れなくなる片道切符。

和のテイスト強めのイノベーティブなレストランに訪れると、清酒は勿論、ワインにクラフトビール、焼酎にシェリー酒などなど、自由自在に合わせてくるじゃない?
Hare2019-28



今まで、日本料理にそんな複雑なペアリングって経験なかったけど、フレンチにしてもイタリアンにしても、和のエッセンスが強めなお店が増えてきいる。そこで色々感性を刺激されると、和食だってもっとペアリング楽しめるんじゃないの?って、そんな可能性にウズウズしちゃうんです。
Hare2019-34

最近行った「鮨 在」では、握り一貫ごとにペアリングをお願いできちゃうんだけど、清酒だけじゃなく、ワインや焼酎も見事にバシッとはまるのよね。あのときの驚きは、言葉にできなかった。


恵比寿『HaRe』からの帰り道でも、改めて和のペアリングの可能性に期待を募らせてたのよね。
Hare2019-7




HaReの盪灰轡Д佞蓮▲ノビアーノやリストランテASOのほか、アロマフレスカグループの料理長を歴任してきたイタリア料理のスペシャリスト。そのシェフが、かなり日本料理を意識したコース展開、料理に挑戦しているんです。
Hare2019-9






コースも八寸、箸休め、お凌ぎ、焼物など、会席の流れで提供していて、料理ごとにワイン、日本酒、焼酎と、既存の枠にとらわれずにペアリング。
Hare2019-14



料理単体、お酒単体よりも、組み合わせた時に魅力がより鮮やかになる。これまで散々ペアリングは体験してるけど、ここは中々 新感覚。
Hare2019-23



コースでは、会席並みに かなりの種類の料理が出てくるんだけど、一番ズキンときたのは、ある意味当然のことでしょうが剣先イカとズッキーニに、生からすみを和えたキタッラでした。トップの写真のヤツね。合わせた鍋島の愛山も見事でした。
Hare2019-18





ご飯もの。イタリアンと和のエッセンス、どちらかが強いものが2種類出てくるのは嬉しかったね。
Hare2019-38



いや、この日もきっちり酔えましたわ。選んだお箸はお土産にもらえるよ。
Hare2019-3



ちゃんとスイーツにまでお酒をペアリングしてくれる心遣い、そしてそのセレクトのセンスもいい
Hare2019-46

HaRe Gastronomia
050-3184-0301
東京都渋谷区恵比寿南1-9-4 長谷川力ビル 2F
https://www.hare-tokyo.jp/



料理の詳細は続きの方で。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 13:00|この記事のURLComments(0)

2019年10月29日

a nu(広尾)BAR使いな夜も

kuroiwa2019-18

ゆっきー夫妻と「恵比寿 くろいわ」で気づいたら5時間くらい過ごしていて。既に満たされきっていたんだけど、久しぶりの東京にいる週末だったから、家に帰るまでの余韻も楽しもうと広尾の『a nu』へ

リニューアル後、カウンタースタイルになったのが大きな変化だけど、個室も兼ねたBARができたというのも当家にとっては重要なニュース。

kuroiwa2019-12



確実に美味しいワインをバイザグラスでいただけるってめちゃ嬉しい。この日はヴォーヌロマネとヴァンジョーヌを。

kuroiwa2019-19




ヴォーヌロマネは2012年のヴィンテージ

kuroiwa2019-11




ヴァンジョーヌほんと好きなんすよね。
kuroiwa2019-13





で気持ちよく酔ってたら26:00。そんなに長く飲んでたっけ?
kuroiwa2019-14





一口だけもらった深夜のトムヤムクンがやけに美味だったし、コンテチーズもちょうどいい塩梅で

kuroiwa2019-15





7時間以上飲んでたのに、お茶室で少し睡魔が降臨したくらいで、ゼロ落ち

kuroiwa2019-16



相変わらず睡魔はコントロールはできないけど、たまにはそんな夜も
kuroiwa2019-17

ア・ニュ (a nu shohei shimomura)
03-5422-8851
東京都渋谷区広尾5-19-4 SR 広尾ビル 1F
http://www.restaurant-anu.com/


ア ニュの大人使いしてみました
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:37|この記事のURLComments(0)

2019年10月28日

くろいわ (恵比寿)お月見の夜

kuroiwa2019-1


先日の『 恵比寿 くろいわ 』は、松茸づくし
kuroiwa2019-6




カウンターは他のお客さんがいらっしゃる時は写真がNGなので記録は残ってないけど、鯛松茸しゃぶしゃぶ、天丼、あと焼物に合わせて出てきたような? メモすら残してないので記憶は曖昧だけど、かなりのボリューム 国産の松茸いただけました。
kuroiwa2019-2



〆のごはん、芯の残したお米にはじまり、いわゆる炊きたての白米、お雑魚、TKG、松茸天丼、あと数杯お代わりした気もするけど、トドメの鴨の親子丼でさすがにノックダウン
kuroiwa2019-4




18:30に入店したはずなのに、お茶室で時計を見たら23:30
kuroiwa2019-8





たまには何も記録せず、愉しく美味しかった記憶を愉しまないとね。
kuroiwa2019-9




食べたもの忘れるって、現代においては究極の贅沢かも。
kuroiwa2019-10



美しく美味しい時間を親友夫妻とともに過ごす夜、Priceless
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:24|この記事のURLComments(0)

2019年10月26日

ル ピックアシエット(京都)エスプリと伝統と革新と

丹後2019-61


京都というと、日本各地、いや世界中のフィーディーズたちが集まる人気店に目がいきがちですが、地元のお客さんに支えられたいいお店もたっくさんあるんです。

観光客として京都に訪れるだけでなく、京都の友人のところに遊びに行くと、そんなお店に会えるんですよね。



清水寺からほど近い『 ル・ピックアシエット 』は、趣のあるファサードのフレンチレストラン。丘の途中に立ってることからどことなくモンパルナスの丘を彷彿とさせる。
ルピックアシェット2019-45




京焼「真葛焼」の窯元の目の前のせいか、この一角にはやけに文化的な薫りが漂ってるように感じてしまうのよね。
丹後2019-38



実際ここは真葛焼の若旦那 シンくんの行きつけでもあり、この日は窯元でお茶を一服してからおジャマしました。
ルピックアシェット2019-11



なんといい流れ。


しかも、まりえのヴィンテージのJOSEPH ROTY  ジュブレ・シャンベルタンに、この翌日訪れる予定の竹野酒造のトップキュベ「in/ei(陰翳)」 まで用意されていたのよ。
ルピックアシェット2019-38



真葛焼の新作 ワインにも使えるお椀のプロトタイプも並び、めでたく実戦投入の機会に立ち会えるという幸せ。ブルゴーニュのピノ・ノワール好きの若旦那だけあって、リーデルのブルゴーニュグラスに似たフォルム。これは期待が高まります。
丹後2019-78




水差しをアイスクーラーに使ったりと、これぞインバウンド富裕層が求める展開。
丹後2019-46




ファサードからしてエスプリを強く感じるお店だなと思ってたけど、「やりますな!!  ル・ピックアシエット

淡路島産 玉ねぎのタルトをいただいて吃驚。ものすごく時間をかけて丁寧に作られたことが伝わってくるたまねぎの甘さ。タルト生地とのバランスもよく、しみじみと美味しい。
ルピックアシェット2019-31





このあたりはテタンジェと合わせて
ルピックアシェット2019-30






続くオニオングラタンスープも、寒い時期には最高のご褒美。グリュイエルチーズの主張具合も程よく、これまた体に染み入るようなイノセントなスープ。もちろん、たまねぎの濃厚なかほりや風味が五感を緩ませるんだけど、雑味がないからクリアな印象なの。
丹後2019-49





シェフは、京都で和っぽいニュアンスを挟むと中途半端になるということで、敢えてモダンっぽい寄せ方はせず、王道のフレンチにこだわっている。不器用なまでの実直さも、実は好感ポイント。自然と応援したくなる。

ロワールのアスパラをオランデーズソースで。
ルピックアシェット2019-32






これでもかというくらい たっぷりと魚介を使ったお皿
ルピックアシェット2019-34






パイ包みのあたりからワインの存在感がグッと増してくるから、Charmes Chambertinはナチュラルにテーブルの上に君臨しますよね
ルピックアシェット2019-35





でもね、濃い味には役不足かと思われた清酒が、これまたバッティングすることなくツートップとして並ぶのよ。
ルピックアシェット2019-37







最近、逆にこんなクラシックなフレンチを食べていなかった。ビストロとは一段異なる手の混んだ味わい。これぞ、フレンチ。
ルピックアシェット2019-36






そしてこの日の主役 京都亀岡の七谷鴨、鴨といえば鉄板のブルゴーニュに臆することなく並ぶ陰翳の底力
丹後2019-66




今は「三昧椀」と命名されて正式に販売がはじまったワインにも使えるお椀。リーデルのグラスのシャープさとは異なる、円熟味を増す味わいを愉しませてくれました。即購入を決定。
ルピックアシェット2019-40





焼き立てのパイ生地のサクサク感たら無いよね、ほんと愛してる。
丹後2019-69



ルピックアシェット2019-42






こうして世界で腕を磨いて来た人たちがいるから、ボクらは極東の島国にいながらも最高峰の味を愉しむことができる。
ルピックアシェット2019-46






美味しいもの、美しいものに囲まれて生きられる幸せ
丹後2019-81





豊かさとは、お金も必要かもしれないけど、それを感じられる心の洗練度だと感じている。
ルピックアシェット2019-49




ルピックアシェット2019-51





やー、ほんと一期一会のエクスペリエンス
ルピックアシェット2019-52





兄弟でこうやって遊べるのも幸せのひとつのかたち
ルピックアシェット2019-50


ル・ピックアシエット (Le pique-assiette)
075-531-9850
京都府京都市東山区下馬町491 アースコート清水 1F
https://le-pique-assiette.com/






そして、今日も旅は続きます
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 11:18|この記事のURLComments(0)

2019年10月24日

インプリチト(広尾)深夜のカウンターへ

ヤウメイ2019-23

最近、訪問頻度がかなり高めの広尾のバール『インプリチト

駒沢通りが六本木通りと交差するちょい手前に位置しているので、恵比寿、渋谷、表参道どこからもちょっと距離がある。
ヤウメイ2019-16




客層がよく混雑も適度なのは、松永さんをはじめスタッフの方々のおかげなんだろうけど、この絶妙な位置加減も少しは影響してるに違いない

バイザグラスで20種類くらいのイタリアワインが飲めるので、カウンターでお喋りしながらのんびりしてると、気づいたら26:00過ぎてた。っていうのが近頃のパターン
ヤウメイ2019-22




この日は、ランチで「ヤウメイ」に行った後、一度家で昼寝してから23:00前に『インプリチト』へと向かったんです。香港から日本にちょい寄り中のまこっちゃんと、久しぶりに会いにね。

まこっちゃんがディナーしてたお店と、ホテルの位置関係から考えてもちょうどいい場所。先に着いて呑み始めていたら、いい具合に酔っ払ったまこっちゃんが登場。ご近所さんだと判明した塩谷もアドリブ参加
ヤウメイ2019-28




酔い覚めのボクは、泡ってほどスキッとした気分じゃなくて、ロゼのPRAESDIUM 2016を。ロゼとはいえオレンジワインに近いニュアンスの自然派で、少し華やかさもあるから目覚めの一杯に丁度良くて
ヤウメイ2019-14


ヤウメイ2019-15



ロゼでエンジンをかけたので、らしいビオの白 レ・ドゥエ・テッレを2杯目に。サクリサッシ・ビアンコの2016年は、どストライク。ほんと、この子は裏切らない
ヤウメイ2019-17




そろそろ赤にいけそうだったので、オススメに乗っかってGULFI の「サンロレ」2006年を。万人受けはしない癖があるけど、オレはこういうキャラ好きよ。
ヤウメイ2019-20



つか、これもシチリアなんすね。おそるべしシチリアワイン
ヤウメイ2019-21




締めに TIGNANELLOの2015年。あ、これはまりえのオーダーだったかな。
ヤウメイ2019-25

バール・アンド・エノテカ・インプリチト (bar&enoteca implicito)
03-5774-4433
東京都渋谷区東4-6-3



美味しいワインはやめられない、続きの方でまりえのセレクトを
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。






続きを読む

kyah2004 at 23:49|この記事のURLComments(0)

2019年10月23日

マノワのジビエを手土産に

マノワ2019-9


実は、広尾のフレンチ『マノワ』では、美味しいワインをお得なプライスで販売してるって知ってました? 

ゆえに、当家のバカンス写真には、マノワで購入したシャンパーニュが高頻度で写り込んでいるんです。


そんなマノワが、今度はジビエの販売も始めたんです。アツい想いやフードロスに対する提言など非常に興味深い内容とともに、ここに至った経緯がブログに書いてあります。お店でジビエを出すのと違って、販売するのってほんと大変なんですね...
マノワ2019-1


今回販売となったジビエは、イノシシと日本鹿。それぞれテリーヌとソーセージで計4種類。ふるさと納税に対応しているというのが興味深いですが、もちろんネットやお店で買うことができました
マノワ2019-24

このニュースを聞いたのが、ちょうどキャンピングカーで能登に行く前日だったのよ。車に積み込む美味しい食材を買い込んでることだったので、お店に在庫があるか速攻問い合わせたら「数枚ならありますよ」と。


お店だと必要な枚数だけ買えるので、家呑み用やホームパーティの手土産としても使いやすい。冷凍されているので、食べるタイミングに合わせて冷蔵庫で解凍しておくといいっすね。キャンピングカーには冷蔵庫ついてたので、傷む心配もなく保存できました。
マノワ2019-14




日本アルプスを眺めながら、ワインとともにジビエをいただく予定だったんだけど、あいにくの台風上陸で夢はかなわなかったのが残念。
CARSTAY旅2019-60




でも、台風の夜、買い物も困難な状況でワインとジビエが手元にあったから、気持ち的にはだいぶ救われたのよ。宿のリビングも開放的な作りで気持ちよかったし。
マノワ2019-1-2



イノシシのテリーヌは脂が美味しく、鹿のテリーヌは赤身の強さが特長的。

能登のイクたちにはテリーヌの他にソーセージも宴の時に焼いてもらったら「kyahさん、これ美味しいじゃん」と。
CARSTAY能登2019-9

いやー、喜んでもらえてよかった!!

また、ワインと一緒にジビエ補充しておこっと
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年10月22日

ヤウメイ(丸の内)休日は友人たちと

ヤウメイ2019-11

昨年オープンした点心専門店『 ヤウメイ(YAUMAY)  』へ

レストランプロデューサー、アラン・ヤウ氏のレストラン日本初出店

二重橋スクエアの2F、丸の内仲通りを見下ろすなコロニアル調のデザインで、シンガポールにいるかのような錯覚をさせてくれる贅沢空間

日本人向けのローカライズされた点心とはいうものの、本場のニュアンスを強く残したつくり
ヤウメイ2019-2



シグネチャーメニューの鹿肉のパイ包み「ヴェニソンパフ」は、さすがの美味しさ。 ワインとも合いそうな味わい。
ヤウメイ2019-5



きび丸豚を使った焼売も、力強く上品。ビジュアルもいいよね。
ヤウメイ2019-9


久しぶりに逢えた友人家族らとの休日。チンダテ家、アベケン家、そして企画してくれたゆっきー家、のんびりと愉快な時間をありがとう。
ヤウメイ2019-3

子どもたちも一緒にワイワイと美味しいものを囲みたい時に最適。


ヤウメイ (YAUMAY)
03-6269-9818
東京都千代田区丸の内3-2-3 二重橋スクエア 2F



デザートと泡をいただきながら『ル ブール ノワゼット』のテラス席で飲茶の余韻を楽しむ。皆で写真を撮り忘れたのが唯一の後悔
ヤウメイ2019-13

Le Beurre Noisette
03-6275-6007
東京都千代田区丸の内3-2-3 二重橋スクエア 1F
http://www.lebeurrenoisettetokyo.com/






夕方に一度家に帰って昼寝してから、23:00前に広尾のバール『インプリチト』へ。最近、かなりの頻度でここに足が向いている、何故ならほんとにここのセレクトするワインが好きなので。
ヤウメイ2019-15



カウンターでお喋りしながら美味しいワインを傾けていると、あっという間に時間が過ぎる。この日は香港のまこっちゃんが日本に寄ったいたので、ここで落ち合うことにしてたのよ。メルボルン以来だね

そういや「近くに住んでるらしいね」とニセコで会った塩谷も召喚。気づいたら26:00過ぎになっていた。
ヤウメイ2019-28

バール・アンド・エノテカ・インプリチト (bar&enoteca implicito)
03-5774-4433
東京都渋谷区東4-6-3




昼から相当飲み続けてたし、インプリチトでも4杯くらい飲んでいたので思ってる以上に酔ってたらしく、まさかの26:30にラーメン投入。
ヤウメイ2019-31




久々に東京な週末、会いたい人にたくさん会えるってやっぱいいね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 17:19|この記事のURLComments(0)

2019年10月20日

CINA(恵比寿)モダンチャーニーズで秋を感じて

CINA2019-6


アラカルトのちょいつまみから満足度の高いコース展開まで、使い勝手の良さから当家がしばしば訪れている恵比寿のモダンチャイニーズ『CINA』

敢えて難を言うとメニューが固定化していて、定期的に通うというよりは”モダンチャイニーズモード”になった時に不意に訪れるということが多かったのよね。
CINA2019-1



こないだ行った時に「CINA もこれから季節メニューを入れてきます!」とのことだったので、ご近所さん的には嬉しい変化。
CINA2019-2


折角なのでNEW FACEたちを中心に食べてみた。

ポルチーニのビーフンは、乾燥モノや粉末状にしたポルチーニを使って、かなり強めに風味を出せている。ビーフンとの相性もいいんだね。パサパサしてないのも◎
CINA2019-3


白子入りの白マーボー豆腐。この色なのに麻婆豆腐らしさが結構出てる。白子と挽き肉の組み合わせは新鮮。にしても「うしごろ」系列らしく、肉の美味しさが際立ってますわ。
CINA2019-4



骨付きカルビ 唐辛子煮込み 徳島県産「あわそだち」とご飯を添え。カルビがちょうどいいサイズが無かったために別の肉を使用。
CINA2019-7



このソースに、芯を少し残したお米を合わせて、中華風リゾットにするとテンション上がる。味が濃いので、大根がいい仕事してくれてます。
CINA2019-9


TOPの写真の 貴妃鶏 スパイス香るパリパリ鶏、これはレギュラーメニューなんだけど、初めて食べたかも。皮の焼き具合と、身のしっとり加減が実にいい。なんつーのかな、お馴染みの唐揚げをハイクラスに仕立てた感じもあって、親しみやすく本格的なの。




締めはCINA ステーキ丼。あ、これお米がほんのり酢飯なんだ。メンズが愛してやまないタイプだけど、中華のニュアンスはそこまで感じないかな。まだまだ進化中のメニューとのこと、今度はどうなってるかに期待!
CINA2019-10

CINA New Modern Chinese
03-3719-1949
東京都渋谷区恵比寿南1-17-17 TimeZoneテラスビル 2F
http://cina.jp/



休日旅が続くと、久々の東京での休日も旅の中のように錯覚するんすよね
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


もうちょいリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 14:31|この記事のURLComments(0)

2019年10月16日

リナシメント(目黒)インサラティッシマの進化

リナシメント2019-1


目黒のリストランテ『リナシメント』が3周年。時間が経つの早すぎるわ!とお祝いの訪問。
リナシメント2019-12



こちらのシグネチャーメニューといえば、インサラティッシマ・リナシメント。

以前は素材そのものが主役という印象だったんだけど、味の組み合わせにトキメク料理の集合体へと進化していました。

このインサラティッシマは、サラダを意味するイタリア語「インサラータ」を最上級化した造語。瞬菜、旬魚、手作りサルーミ、果物までをも盛り合わせにしたもので、体感的に前菜7皿分くらいの満足度。
リナシメント2019-5



サーモンと菊芋の味の組み合わせは新鮮

二戸 短角牛と北海道熟成牛の食べ比べもいとをかし

甘長唐辛子とベシャメルソースも組み合わせが絶妙

蝦夷鹿の自家製ミニハンバーグも好きです、ハイ

プーリアのブッラータと生ハム、桃のセッションは、もはやドルチェ。

ここで食事が終わったとしても納得してしまうストーリー性と内容。


原木椎茸と身厚のアサリを使った手打ちのタリアテッレに唸り、日本のイタリアンってさすがだねと。
リナシメント2019-19




力強い単角牛のセコンドは、サーロインでも脂は弱めににコントロールされていて、山椒もいいアクセント。
リナシメント2019-23


そして合わせた赤ワインが壮絶タイプ、さすが三浦さんのペアリング。個性あるワインだけど、綺麗なのよね。
リナシメント2019-22



エレガントな埼玉 利平栗のモンブランで夜を締めて、帰宅するなり即寝。
リナシメント2019-25

リナシメント
03-6420-3623
東京都目黒区下目黒2-23-2 1F
http://rinascimento.tokyo/

そんな目黒の夜が大好き
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


もうちょいリアルタイムなInstagramはコチラ。




続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(1)

2019年10月08日

The Night Rooster (バリ島)Asia Top50レストランのBARの実力とは

ケチャBAR2019-17

ウブドにあるAsia's 50 Best Restaurants 2019で42位の「Locavore」が展開するBAR『The Night Rooster by Locavore


ちなみに2018年「Locavore」は同ランキングの18位だったそうで。しばらくバリ島に来ないうちに、食の面でも評価が高いリゾート地に化けていました。なんとも嬉しいサプライズ。

「Locavore」は数カ月先まで予約で埋まっていたので諦めたけど、『The Night Rooster 』は、当日飛び込みでOKでした。
ケチャBAR2019-14




ウブドで合流したパイセン夫妻とケチャを観に行った後、遅めの時間でも開いてることを確認しての訪問。
ケチャBAR2019-5





場所は王宮からも近く16:00から深夜までオープンしてるし、軽食も用意があるので、ダンス鑑賞後のチラッと寄るのに丁度いい。

ケチャBAR2019-15



カクテルはガストロ直営のBARらしく、香りや味わいは個性的で、観光客には「これが新しいバリっぽさかも」と思わせる着地点。
ケチャBAR2019-24



軽食も低温調理の鹿(だったかな?)バーガーなど、トリッキーなメニューが揃ってて楽しかった。ただ、翌日以降、バリ島在住者含め何人かの体調が微妙に。原因はハッキリしないけどね(笑)
ケチャBAR2019-22



いくら食のレベルがあがっても、火入れが繊細な料理は、まだまだ日本よりもリスクが高い。どの程度のリスクを受容して挑戦するかは各人それぞれが決めればいいこと。


ちなみに海外で一番ツラかったのは、フィリピンのセブパシフィックのブロガーツアーの時。

マニラで夜に町に繰り出してBARで飲んだ氷が原因だと思うんだけど、激しい食あたりが発生して、人生最高レベルの気持ち悪さと、油断したら漏れそうなくらいの腹のゆるさに襲われ、体力を奪われながらも深夜に何回もトイレに駆け込まなきゃならならなくてね...



The Night Rooster by Locavore
Jl. Goutama Sel., Ubud, Kecamatan Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali
+62 819-9917-1882


あの時と比べたら、かすり傷にも感じない。それよりも、バリ島の食シーンが、こんなにも進化していたことを体感できたことが嬉しかった。しばらくリゾート地もタイが多かったけど、当面はバリ島リピーターになる予感。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


もうちょいリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年10月05日

テンダロッサとCUSUMANO のディナークルーズ

テンダロッサ2019-6


横浜のイタリアン『テンダロッサ』がシチリアのワイナリー「CUSUMANO」とコラボしたディナークルーズを企画。
テンダロッサ2019-33



ビステッカをはじめトスカーナのイメージが強いテンダロッサが、料理もシチリアで揃えてきたんすよ。
テンダロッサ2019-23



一昨日(10/3)は、夏の余韻も残した夜風の心地いい夜。CUSUMANOのワイン片手にデッキから横浜の灯を眺めていたら、”今っていつだっけ...”と時間の概念が曖昧になり。
テンダロッサ2019-10



というのも大学から社会人の最初くらいまでは、横浜で遊ぶことが多くてさ。赤レンガ倉庫が商業施設になったりと、そこそこ変化はあったものの、夜景は以前の記憶とそんなに変わりなくてね。
テンダロッサ2019-9



写真が撮りたくて食事が出てる間に船のデッキに出たら殆ど人がいないし、そうした特殊なシチュエーションがますますリアリティを奪っていくので、非日常感を愉しんでました。
テンダロッサ2019-26




休日前なら横浜に泊まっていきたかったなぁ、ホント
テンダロッサ2019-3



にしても、こじんまりとしたレストランが乱立する昨今、140人のゲスト(会費は2万円/人)を集めてクルージングできるレストランってスゴくない?
テンダロッサ2019-32



テラス好き、つまり自然を感じながら美味しい食事を食べることに最上の悦びを感じるボクは、この企画を聞いた瞬間「待ってました!」と歓喜。KENZOさんにメッセして即申し込みしたんです。
テンダロッサ2019-18



だって、テンダロッサのような美味しい料理でクルージングって、めったに無いチャンスでしょこれまで日本で何度かディナークルーズは経験あるけど、食事もワインも”なんすかコレなの?”ってセレクトで、感動体験とは程遠くて。




しかも、来場ゲストの共通点が「テンダロッサ」だから、うっすらとグルーブ感があるわけ。クルーズでスタッフも馴染みの顔だったりするから、色々リクエストも出しやすいし、とっても居心地いいの。
テンダロッサ2019-38



それに、当家はちょうど1週間前にシチリアから帰ってきたばかりだから、料理もワインも馴染み深く、まだ、バカンスが続いてるみたいな気分に。ベッカフィーコ、アランチーニ、カポナータなど勢揃い。アランチーニは日本サイズ。あんな巨大おにぎりみたいなサイズだと、他が食べられないしね。
テンダロッサ2019-17


そうそう、クルーズ船の名は「マリンルージュ」。サザン(桑田さん)の歌の歌詞にも出てくるヤツで、松嶋菜々子と椎名桔平のドラマSweet Seasonの主題歌で使われてました
テンダロッサ2019-39



シチリアを代表する「CUSUMANO」。エチケットをエレガントに刷新したこともあって、若いビンテージしか並んでなかったけど、もう何年か寝かしたらグンと色気増すようなポテンシャルのワインも発見できて良かった。
テンダロッサ2019-13


シャルドネベースの白の「JALE(ヤレ)」と、昨晩時点では赤の「SAGANA」の2016年が好み。ただ、寝かせてちゃんとタイミング計れば赤ワインは「NOA」が化けそうな印象でしたね
テンダロッサ2019-15




や、それにしてもほんといい夜でした。夫婦で出かけるの減ったなという貴方、たまにはこういう時間も創ってみましょうよ。
テンダロッサ2019-25


ラ・テンダ・ロッサ (la Tenda Rossa)
045-663-0133
神奈川県横浜市中区太田町6-75
http://www.tenda.jp/


やっぱし好きです、テンダロッサ。皆さん、グラッツェミーレ!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


もうちょいリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 10:00|この記事のURLComments(0)

2019年10月01日

鮨 つぼみ (中目黒)

鮨つぼみ2019-22

「鮨 さいとう」がプロデュースの中目黒『 鮨 つぼみ 』。

1年前にオープンしてたんだけど、なんだかんだで今年に初夏に初訪問。
鮨つぼみ2019-11




場所は中目黒の青葉台一丁の信号から、少し坂を登ったエリア。地図で見ると池尻大橋との中間くらいにも見えるね。
鮨つぼみ2019-24




DNAを感じる丁寧なつまみ。このアラ煮、どうしょうもなく旨いんですけど。なにこのテクスチャ、なにこのお出汁とマッチした味わいは。
鮨つぼみ2019-15




握りはひとつひとつに存在感。
鮨つぼみ2019-19



鮪も3種類出てきた。
鮨つぼみ2019-26





ただ、急遽昼間に友人宅でフェスタが入って、空腹で討ち入りのはずが、のっけから薄っすら膨満感。後半は特に不感症になりポテンシャルに引き出せずじまい。

鮨つぼみ2019-35




実は。ってほどじゃないけど、大食漢ではないので、キャパオーバーになると、あっというまに戦力外なんすよね。
鮨つぼみ2019-3

鮨 つぼみ
03-6451-0903
東京都目黒区東山1-21-26 QG東山 1F
http://www.sushi-tsubomi.jp/


外食は、ちゃんとコンディション整えて、しっかり向き合いたいと思ってる。

なので、めったにこんなことにはならないし、この日もそれなりにイケるとは感じてた。この頃 鮨つづきで、ちょっと疲れてたのも敗因な気がする。次の訪問のときこそ、フル感度で臨みたい
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。







続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2019年09月30日

Jungle Fish Pool Bar(BALI)チャプンセバリのプール脇で

チャプンスバリ2019-20


バリ島のウブド郊外にある渓谷ホテル「チャプンセバリ」、プールクラブにもなっていているおかげでプール脇でもお酒や食事が結構充実している『Jungle Fish Pool Bar

パイセン夫婦が同じタイミングでバリ島に訪れていたので、ホテルで落ち合って。
チャプンスバリ2019-21





スタイルの違う旅人だけど、スキルが高いので「バイク借りて来てくださいよ」と住所伝えただけで、こんな僻地までフラっと訪れてくれた。
チャプンスバリ2019-29




この後、ケチャを観に行こうとなって軽食を頼んでみた。ボクラも初日で着いたばかりだったから、ホテルの食クオリティわからなかったんだけど中々にイケる。
チャプンスバリ2019-30


Chapung Sebali(チャプンセバリ)
Jl. Raya Sebali, Keliki, Kecamatan Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80561
+62 361 8989102
https://www.chapung.com/ubud



中心部から離れたホテルで食がイマイチだと、滞在全体に壊滅的打撃。食もイケててほっとしました。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 12:10|この記事のURLComments(0)

2019年09月16日

肉処 さかもと(学芸大学)和洋折衷の魅力

肉処さかもと2019-18


学芸大学の住宅地の中にある肉割烹『肉処 さかもと』

元イタリアン(アロマフレスカ系)のシェフのクリエイションも魅力なので、ゴリゴリの和割烹というよりは、もうちょい幅が広く自由度の高さが愉しいね。

トップの写真はメインの黒毛和牛の炭火焼。

肉処さかもと2019-1



木箱入りの前菜からはじまるコースは、ここでも和と洋のエッセンスを使い分けている。

肉処さかもと2019-5



自然派ワインを所望してみた。最近は、ブルゴーニュスタイルのヴンテージワインか、自然はワインの2極化がすすんでます。
肉処さかもと2019-4



黒毛和牛の頬肉 赤ワイン煮込みなんていう、逆に最近頼んだことのないメニューも組み込まれていたり。輪郭のあるテクスチャは、ただ柔らかいだけのフニャ漢とは大違い。付け合せのネギとの相性も抜群。
肉処さかもと2019-9




このあたりから赤にチェンジ
肉処さかもと2019-11




ちょっとアクセントにスパイス使いのうまい串モノなんて出してきてくれたり。ギアラとハツで濃厚な脂は粘度高めで広がらないのよ。
肉処さかもと2019-12




メインの黒毛和牛 炭火焼に流れる直前は茶碗蒸しで一呼吸。 炙りホタテにゆずと百合根がいい仕事。
肉処さかもと2019-15


こっからTOPの炭火焼きへと繋がる流れ。腿のシンタマで、赤身らしさを堪能


食後のデザートはフロマージュ・ブランだったと思う。こういうとこでも純粋 肉割烹とは異なる展開力。
肉処さかもと2019-24

世田谷 肉処 さかもと
03-6805-2616
東京都世田谷区下馬4-3-9
月〜水休



この日は胃に余裕なくて諦めたけど、パスタ食べに寄るのもアリ。
肉処さかもと2019-3



今は、無性に肉パスタが食べてみたい
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 08:09|この記事のURLComments(0)

2019年09月14日

CITY WINE SHOP (メルボルン)オーストラリアワインの先入観が変わるよ

Citywineshop2018-2


メルボルンシティの東エリア「The WineShop」は、品揃えもよく、
お店の前にはテラスが並んでて、更にその横を市電を走っているので
ここに集まるゲストは、そこはかとなくスノッブな雰囲気
Citywineshop1231_2018-4




パークハイアットからも地下く、最初に泊まってたQTメルボルンからも徒歩圏内。
Citywineshop2018-1




ここでは、旅中のワインを買ったり、その場で飲んでたけど使い勝手が良くってね。
Citywineshop2018-3


眼の前のこのスペースもいいし、
Citywineshop2018-4




やっぱテラスは最高、香港のマコッチャと偶然 会えたりもしたし。
Citywineshop201901_2019-1



見どころではないけど、住むように暮らすならひとつは欲しいワインの拠点
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。





続きを読む

kyah2004 at 04:47|この記事のURLComments(0)

2019年09月13日

ES CLASSICO (恵比寿)本場の食べ方を再現

ESC2019-3

六本木「ジャンカルロ東京」の姉妹店となった恵比寿の『ES Classico』

オーナーシェフの小曽根さんは、今でも夏にアマルフィのレストランをマネジメントしていたりと、リアルタイムのイタリアを再現できるのが魅力。

2Fもいいけど、1Fのオープンテラスは、恵比寿としてはかなり贅沢。
恵比寿の隠れ家イタリアンで至福のひとときを…あなただけの特別な空間を創造します




そんなテラスでいただく『ES Classico』のアンティパスト・ミストは、無造作に見えるけど、どれも完成度高く、これだけでワインが3種類くらい飲めそうな展開力。

ESC2019-1




以前にも食べたけど、この骨の髄を存分にリゾットに混ぜたクリエイションは、今まで食べてきたリゾットの中でも五本の指に入る美味しさ。
ESC2019-7



恵比寿 ES Classico
03-6277-1612
東京都渋谷区恵比寿1-24-11 GRASSE 1F・2F



気づいたらベロンと酔っ払ってる中庭の夜、10月くらいまではリミットかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)