セラフェ を含む記事

2020年02月24日

適度なトレーニングと美味しいごはんで免疫力を

セラフェ2020-32

過剰報道気味な新型コロナウィルス

まだワクチンのないウィルスで未知数の部分もまだまだあるので油断はしないけど、市中感染の拡大は避けられないだろうし、自分としてはだいぶ前から「どう向き合っていくの?」というフェーズ

大型イベントの自粛発表が目立つけど、多くの人が混雑する電車に乗ったり、たくさんの人が集まるオフィスに毎日行ってるのなら、たいしいてリスクが下げられているとは思えない

そうこうしてるうちに世界からは感染源国家のひとつとして印象を強めてしまい、「フクシマ」に続く「ヨコハマ」とオリンピックを前にして酷すぎるレピュテーション・マネジメント
コロナ2020-02-24



シンガポール在住の義妹のFB投稿には、「シンガポールでは中国から帰国後14日間オフィスに行くことが禁じられていて、それがバレた場合は24時間で強制送還。2度とシンガポールに入国できない」と書かれていて、実際にそれが機能しているらしい

有事の際は、情報の透明性を維持したうえでの強制力を発揮するのが国家の役割だと思うんだけどね。

”間違ってた”ことを認められずに柔軟性を欠いたままろくな意思決定できない体制や、いざというときに責任をもった強制力を発揮できない弱腰っぷりは、自国民からも信頼を損なうばかり。


とはいえ、文句ばかり言ってても何も進まないので、自分でやれることをまずはやるのみ。手洗いうがいの徹底は当然として、たとえば免疫力を高めるためのセルフマネジメントを淡々とやり続けること。

体にいいものをしっかり食べて、適度に体を鍛えて免疫力を高める。

2017年の夏から通い続けている表参道のプライベートジム「Bellezza」には、いまでも週1回パーソナルトレーニングに通っている。
0630ジム6月-7



免疫力を高めたいから通ってるわけではなく、それはあくまで目的の一部。できる限り理想のカラダに近づけたいので、今年は年初にカラダのサイズをあちこち測って数値化。目標値を具体的に定めてみた。
セラフェ2020-58

<2020年1月>
バスト:83cm
ウェスト:72cm
ヒップ:90cm
腕:右30cm、左28.5cm

数値的にはバストを5cmくらい、腕も3cmくらいは増やしたい


あと、体重は微増傾向なので−2.5kg。

自分の性格的にも生活スタイル的にも体重を徐々に落とすのは苦手なので、タイミングをみてどこかでファスティングを入れる予定。

これまでのトレーニングに関する投稿はココにまとまってるけど、ダイエットの肝は「いかに自分のスタイルを創れるか」というところに尽きると思う。ボクはほぼ毎晩外食なので、ダイエット食でコントロールするには限界があるので、いかに運動とのバランスをとるかということ。

以前は低酸素トレーニングで有酸素運動を取り入れてたけど、通いにくい場所ゆえそこは辞めざるを得なかったのね。そうすると強制力がなくなって、今は有酸素運動が減ってるのよ。なので、来月からは楽しく家で有酸素運動をできる仕掛けを入れるつもり。


Bellezza(ベレッツァ) 表参道
渋谷区神宮前4-19-8
アロープラザ原宿308号
http://www.bellezza-gym.jp/


過度の負荷をかけて頑張れるのは2ヶ月が限界。それも数年に一回ね。できるだけルーティーン化して、心に負荷をかけずにメンテナンスするというのが自分なりのダイエットスタイル。楽しいことを目指して、ついでにカラダの調子を整えて免疫力を高めていく。当面はそんなカタチで体重やウィルスと向き合っていくつもりです
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。

続きを読む

kyah2004 at 13:28|この記事のURLComments(0)

2020年01月29日

セラフェ(目黒)肉とアンティークウオッチに囲まれて

セラフェ2020-26


今年初の肉レストランは、目黒の『セラフェ』。アンティークウオッチ会の新年の集いで。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

セラフェ2020-15



厳密には、バリ島のステーキハウスは行ってるけど、肉の火入れや熟成肉を扱う技術など、さすが斉田シェフ、次元が違う
セラフェ2020-43



肉初めにふさわしいサカエヤの熟成肉。定期的に食べたくなるので通っちゃうのよ。
セラフェ2020-33



フランス産の仔牛もいい焼きだったなぁ、皮の固さも容赦なし
セラフェ2020-29


青森産のシャモロック、これも完成度の高さに驚いたっけ。
セラフェ2020-22





もちろん定番のタルタルも、お願いして入れてもらいました。
セラフェ2020-18




魚もめちゃ美味でサバのマリネと根セロリ、牡蠣と牛肉団子など肉以外の仕事のクオリティも魅せつけられた
セラフェ2020-3




肉団子はお出汁にレモングラスのハーブがキマっててアジアのガストロっぽい仕上がりに
セラフェ2020-5



ナチュールワインのペアルングもドンピシャ
セラフェ2020-23






グルマンなパイセンメンバーたちも満足してもらえたようで、いとうれし
セラフェ2020-54






時計師に興味を持ち始めたワカモノも参加
セラフェ2020-42




こうやって、トップクラスの最高の時計に触れられる機会って貴重よ
セラフェ2020-12



お正月らしく、結構並びましたね
セラフェ2020-41





結構暖かかった休日だったので、タートルにレザーのブルゾンでちょうどよかった
セラフェ2020-58





11人だったのでカウンター前のテーブルをつなげて貸切状態。あとは個室の方にもう一組でした。
セラフェ2020-51

セラフェ
03-6420-0270
東京都目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1F
http://severo.jp/Cellar_Fete/



去年、47都道府県コンプリートが出来たのでは、今年はちょっと旅のペース落としてゆっくりする時間を創ろうと意識して過ごしてます。折角買ったお皿たちも使いたいし。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 22:49|この記事のURLComments(0)

2019年02月27日

セラフェ(目黒)ステークアッシェのランチが半端ない

セラフェ2019-10

以前はランチ営業が日曜だけだったんだけど、久しぶりに行ったら火曜から日曜まで手軽なランチを始めてた『セラフェ』。肉の仕事が本当に素晴らしく、ディナーとランチ合わせたら3,4回は来てるかな。なんだかんだ忙しくしてて、今回は半年ぶりくらいの訪問です。
セラフェ2019-2




ランチでもしっかりしたコースは事前予約が必要で、当日のオーダーは軽めのセットオンリーという回転系に変わってました。まずは『セラフェ』の魅力を多くの人に知ってもらおうということでしょう。
セラフェ2019-20



とはいえ1500円ということで侮ることなかれ。「このプライスでこの内容が出てくるのかスゲーな!」と撃たれたのがステークアッシェ。


食感をしっかり残したひき肉を、シンプルに外カリ、中レアで仕上げてくるセラフェ”らしい”仕事。上にのった半熟たまごを崩せば黄身トロリと肉に絡む、エロさとマッチョさを纏った仕上がりに。
セラフェ2019-8





まりえは内腿のステーキ。独特な食感の仕上がりになっていて、噛みごたえがあり、かつ長時間味がヘタレないという肉職人のプライドを感じる一皿に。そして、つけあわせのポテトが超絶うまい。トロッと甘いこれまた官能のテクスチャ。これも雪の下での2年間熟成というから、富良野の「540」と近いっすね。
セラフェ2019-12




こちらは2500円だけどサラダにパテも付いてくるので、お得感の高さは変わらない。
セラフェ2019-4




ランチタイムは、500円でビールやワイン出してるけど、ソレじゃなくていいから合うのもってきてと出してきてもらったのがトスカーナ。さすが肉に合うワインセレクト。
セラフェ2019-15





実は、ステークアッシェを食べて余裕があったら、梅山豚のカツサンドもTRYしようと思っていたんです。
セラフェ2019-21





休日は、ほぼほぼランチ一食なスタイルなので、ディナー並の量が食べられるワタクシ。こちらもぺろっといただきました。食べきれなかったら包んで貰おうかと思ってたけど、残ってた赤ワインとちょうどいい具合で完食。やっぱ肉使い、上手いね『セラフェ』は。
セラフェ2019-16




この軽いデザートとカフェまでついて1500円ですからね。マジで驚きです。
セラフェ2019-23

セラフェ
03-6420-0270
東京都目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1F
http://severo.jp/Cellar_Fete/



来月はディナーに行こーっと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年09月27日

セラフェ (目黒)仔羊のパンチ力

0927CF7月-11

目黒の『セ ラフェ』での休日ランチ。日曜日だけは11:30から通しで営業しているので(ただし夕方まで)、遅めのランチでもOKなのがメチャ嬉しい。

初訪問から間を空けず3回目の訪問。というのもフランス料理の肉料理の奥深さを感じさせてくれる貴重な肉ビストロゆえ。前に食べた鴨も衝撃だったけど、この日のアニョーも半端なかった【TOPの写真ね】。
0927CF7月-2



パンチある味わいなので途中で疲れてくるかと思いきや、余韻は長いのにソフトなのよ。アニョーらしいのにイヤな癖は少なくて、次のひとくちが待ちきれなくなる感じ。

まりえの真魚鰹の火入れもソースもエクセレント。肉だけじゃない!という齊田シェフの本領発揮といったところでしょうか。初回にコース食べたときも魚の美味しさにハッとしたし、改めて肉(だけじゃない)ビストロのポテンシャルを体感させられた。
0927CF7月-7



ナチュールのワインもセンスいいし、テラスが有効活用されるようになったら更にタイプ。
0927CF7月-5

セラフェ
03-6420-0270
東京都目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1F
http://severo.jp/Cellar_Fete/


胃腸炎で意図せずプチファスティング。ちょっとづつ復活したけどまだお酒は呑んでませぬ。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 22:41|この記事のURLComments(0)

2018年07月01日

セラフェ(目黒)肉神降臨

セラフェ6月-21


目黒にオープンエア席あって立ち飲みカウンターもある肉ビストロ『セラフェ (Cellar Fete)』が誕生!前にフレンチの「キャス・クルート」があったところね。

ここ『セラフェ』は、西麻布の熟成肉ビストロ「ル・セヴェロ」の姉妹店。とはいえコースは肉重視ではあるけど、魚や野菜もうまく差し込んだバランスいい展開。
セラフェ6月-35



TOPの写真、メインのシャモロックは胸肉がやけに美味で驚きましたね、逆に腿肉が平凡に感じたくらい。
セラフェ6月-26


スズキの皮のパリッパリの焼き加減や、とうもろこしのスープのポーションもいい。
セラフェ6月-17





フランス料理のスープは大好きなんだけど、最近は出ない傾向が強いじゃない? しっかりとしたお皿で出して食れる。
セラフェ6月-7




トビウオとえんどうの前菜は、赤紫蘇のエッセンスが夏してる。
セラフェ6月-8


ワインはナチュール主体で、泡も白もかなり好み。
セラフェ6月-10




シェフの齊田さんは「ユーゴ・デノワイエ」のパリ本店や、「ル・セヴェロ」のパリ本店などでキャリアを磨いた後、恵比寿の「ユーゴ・デノワイエ」立ち上げの際の料理長も努めている。ここ『セラフェ』は「ル・セヴェロ」よりも、もっと間口を広げていて、目黒住人にはかなり嬉しい新店。
セラフェ6月-34



とっても嬉しいのは、オープンエアなうえに、カウンターの立ち呑みもできること。さっと食べたい時には、このカウンターでカルトとワインやれたらめちゃ嬉しい。毎晩2,3時間ディナーに使ってると、たまには30分くらいな夜も欲しくなるんです。ただ、その時にも美味しいモノは外せないので、ここ『セラフェ』ならそんな間違いもないからね
セラフェ6月-32


セラフェ (Cellar Fete)
03-6420-0270
東京都目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1F


とか原稿書いてるうちに、金夜に浴衣で行っちゃいました。カルトで前菜、メイン1時間でサラッと。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:59|この記事のURLComments(0)