GO ON を含む記事

2019年01月27日

INUA(飯田橋)北欧ガストロとジャパンプライド

INUA2018-31




「noma(ノーマ)」のスーシェフが、昨年6月 日本にオープンさせた『INUA』へ。ひとことで言うと、海外で日本の本質に出逢ったような、そんなオンリーワンガストロノミーでした。
INUA2018-6






準備期間がどのくらいかかったんだろう(3年なんすね)ってくらい厳選された素材で、想像を超えた味の着地点へと導く感性の開発のようなエクスペリエンス。
INUA2018-10

人気ブログランキングへ



デンマークの「ノーマ」は未訪だけど、D.N.Aはしっかりと継承されているんじゃないでしょうか。
INUA2018-14




料理はよりシンプルに その土地ならではの自然の食材を徹底的に研究し、文化的な側面からも食を考えていこうというスタイル。
INUA2018-16





内装デザインはOeO design Studio のThomasが手がけていて(スタッフと話してて、初めて知りました!)、華美さは抑えつつも高い質感が出ていていかにも北欧らしい
INUA2018-4





京都伝統工芸のデザインユニット「GO ON」の西陣織HOSOOのファブリック遠州七窯 朝日焼を使ったアートも使われていたりと、なんだか親近感。
INUA2018-1



奥の個室が友人らの作品だらけで、堪りませぬわ
INUA2018-63




着物で訪れるのは正解だね。まりえのこの着物好きなのよ。
INUA2018-26




オープンキッチンのライブ感もワクワク度を高めます。
INUA2018-33




料理は訪れたのが10月だったので秋の食材が盛りだくさん。この食材なんだがわかるかな?
INUA2018-13




一瞬、ハンバーグにも見えるけど舞茸なのよ。



生の栗にトリュフソースで合わせたり、かぼちゃの種をイカのスープで食べさせたり、
INUA2018-12




冒頭から身近な素材が全然知らない食材のようでサプライズ、香草を巻いた湯葉も実に旨かった
INUA2018-20




えのきのステーキ仕立てなど、味のアクセントは作るものの、肉が出ることはなく動物性蛋白質は極めて限定された使われ方。半分くらいは食事の説明も英語なので、マジでどこにいるかわからなくなる(笑)。しかも、スペインのバカンスから帰国した直後だったんで。
INUA2018-35




驚きの連続のいつきマン。
INUA2018-27





鮑の火入れはもちろん素晴らしく、蓮の実と合わせるなんて中華のスープの発想ですかね?
INUA2018-22




海藻と甘海老のお皿のテクスチャの絶妙さは、日本人でも未体験ゾーン。
INUA2018-29






蜂の子を使った土鍋ごはんには、もはや感服するしかなく。日本素材の研究に至っては、山の中に自分たちで入って探すとか、もはや仙人レベル。モダンの極みにして、日本人のDNAの原点。これを30,000円で味わえるのを高いと思うか、安いと思うかで、食に対する経験値が問われると思います。
INUA2018-45





食後はウェルカムドリンクでも使ったラウンジで。
INUA2018-51




ファイリーで海外旅行に来たように錯覚してました。飯田橋だけどね(笑)
INUA2018-55




誰もが厨房に入れるっていうのも好き。

こうしたシェフとの一体感の演出はThe World’s 50 Best Restaurantsにランクインしてるレストランの方がミシュランよりも得意としてるように見える。権威よりもコラボレーション寄り。

こうしてみると、やっぱ2大政党制が面白い。日本基準の食シーンは黄色いクチコミサイトがやけに目立ってて正直 気持ち悪いのよ。カウンターパートがないって違和感あるのよね。
INUA2018-47




厨房という料理人たちのステージ。
INUA2018-64




各国の一流の料理人たちのダイバーシティって、日本のレストランでは絶対に出来ないことをやってくれているオンリーワン。ほんと、この鎖国が続いてる日本には刺激になります。ミシュラン三ツ星取ってくれないかなぁ。
INUA2018-62




日本人以上に素材に向き合い、自分なりの解釈を続けていかないと出せない料理たち。
INUA2018-65




テクノリジーもうまく取り込みながら、これからも独創的な価値の提供をし続けていってほしい。
INUA2018-67




バスクにしても、バンコクにしても日本にいては体験できない味覚体験が世界には待っている。そのひとつの潮流とも言える北欧のガストロが、高いクオリティで日本で再現されてたのが本当に嬉しい。
INUA2018-61



二人分の食事代を合わせると、近場の海外なら行けちゃうくらいかな。
INUA2018-57

INUA (イヌア)
03-6683-7570
東京都千代田区富士見2-13-12 KADOKAWA富士見ビル9F
https://inua.jp/



とまぁ 決して安くはないし、料理も難解なことは否定しないので、ある程度の経験値が必要だということも伝えておくべきことかなと。ただ、オレはリーズナブルだと思うけどね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。





続きを読む

kyah2004 at 23:51|この記事のURLComments(0)

2018年03月23日

Hotel koe tokyo (渋谷)スイートルームで藤井絞の浴衣をお誂え

0324koe3月-1

藤井絞さんが、渋谷のホテル「koe」で浴衣お誂えのコツをトークイベントするというので、他のアポイントぶっとばして公園通りをのぼってきました。直前に知ったからあんまし着物好きな友人誘えなかったけど、ちょっとでも興味ある人なら すんごい面白かったと思う。
0324koe3月-6


会場は公園通りを見下ろす20万円/泊するスイートルームで、ウェルカムドリンクも京都のお酒。出てきた食事は京都のお漬物で作ったお寿司。そんな洒落まくった環境の中、藤井さんの着物/浴衣に関する話を聞けて、その場でオーダーもできちゃうなんて愉しすぎる。
0324koe3月-3


京都の友人らを見てて”着物は自分の感性で着ちゃっていい”ってことを、ボクは肌感覚で教えてもらいました。でも、フツーそんな感覚は育ちにくいので、京都の呉服屋さんの旦那さん自ら「作りとかルールとか気にせず、まずは自分がかっこいい/美しいと思うものを着ればいい。特に浴衣なんだから遊ばないと勿体無い!」という言葉は、なによりも背中を押すものだったと思います。

襦袢とあわせて浴衣を着物っぽくきてもいいというのは、実は反則なんじゃないかと思ってたので、こんなところでも目から鱗。

さすが京都で「GO ON」や「太秦江戸酒場」含め、面白いムーブメントを創ってきたRYOだね。この企画もセンスよくお見事。東京でも大人の遊び仕掛けましょ!!
0324koe3月-4


対談コーナーのartlessの代表 川上シュンさん構想中の浴衣デザインもさすが!という提案で、こどもの町のイメージが強い渋谷で、かなりハイエンドな大人遊びを繰り広げてました。
0324koe3月-5




イベント終了後は、気になった反物を鏡の前で合わせたり写真撮ってもらったりして、藤井さんや友人らに率直なコメントもらいながらの生地選び。藍白の有松という400年飽きられてない普遍のデザインだけどやけにモダンに見える生地に惚れてオーダー決定。

0324koe33月-2



着物にしてもアンティークウオッチにしても、信頼できる目が周囲にあることで、安心して自分の好みに走り込みことができる。そう考えると、着物も第三者的なコンシェルジュがいることが、距離を縮めるには大事だと思うんすよね。

そのままHotelの1Fラウンジで、スタッフチームの打ち上げにおジャマしつつ。
0324koe33月-4



ボクはレストランやホームパーティ、コンサートや海外といったシーンで、気軽に着物遊びすることで、着物に興味をもつ人を増やせればなと思ってます!

     ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 22:00|この記事のURLComments(0)

2017年04月09日

桜前の京都もいとをかし

0402京都3月-142

今週末は京都の桜が見頃で羨まし過ぎる…

というのも、ちょいと春先取りで3月の中旬に京都へ行ってたのね。目的は桜じゃなくて「GO ON」メンバー 西陣織『細尾』若旦那のウェディングパーティーがあったんで。とはいえ、早咲きの桜どっかないかなと欲張ってみたけど、やはり桜には早過ぎでした(笑)

まーくん、たえちゃんおめでとう!!
0402京都3月-146




ウェディングパーティーは岡崎のイタリアン『cenci(チェンチ)』で。東京でもイタリアン好きの間では名が知られている有名店。味は勿論クオリティ高く、空間の作り方も洒落ている。

0402京都3月-125


0402京都3月-128



そこに国内外からトガったゲストがお祝いに集まっていて、なんかいいグルーブ感。
0402京都3月-132



0402京都3月-136



0402京都3月-141






ひとしきりお祝いした後に、朝から飲み続けたのが祟って轟沈...。相変わらずのダメ大人です。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ

0402京都3月-133

cenci
075-708-5307
京都府京都市左京区聖護院円頓美町44-7
http://cenci-kyoto.com/


※ちなみに今年のミラノサローネでパナソニックとのコラボ展示『GO ON×Panasonic Design Electronics Meets Crafts』がベスト展示を選定する『Milano Design Award』賞を受賞してます。どんだけ凄いかというとミラサローネ展示2000社の中からだよ。友人であることが、誇らしすぎる
http://milanodesignaward.com/winners/

0402京都3月-151
<GO ON 公長齋小菅>



 
てな感じで、パーティ以外はほぼアドリブ。来年から宿として稼働予定の『おはりばこ 離れ』にテストマーケ的に宿泊させてもらいつつ、のんびり古都を愉しんでました。
0402京都3月-162





大徳寺一久の精進料理をケータリングしてもらったり、漆器屋で家ごはんのアップグレードプランを練ってみたり、朝からディープな座禅したり、帯の工房を見学させてもらったりと単なる観光から一歩踏み込んだ暮らすように旅する贅沢。


桜や紅葉の時期は、なんだかんだあちこち見たくなるので、寺院めぐり以外のことに時間が割けなくなるのよね。敢えてOFFの時に行くと、普段は掘れない京都の魅力をじっくり味わうことが出来るんす。


今回は、俵屋のてんぷら『点邑(てんゆう)』からスタート。さすが御三家旅館のてんぷら屋さん、サービスもスマート。ランチでもてんぷらしっかり揚げてもらって、天丼で〆て6000円くらいだった気がします。もっとライトに前菜、てんぷら盛り合わせ、天茶漬けみたいなコースもありました。旅人に嬉しいのは、所要時間がわずか1時間で済むこと。忙しくて、でも美味しもの食べたい時に絶妙な選択肢を発掘。
0402京都3月-1



0402京都3月-16



0402京都3月-10

点邑 (てんゆう)
075-212-7778
京都府京都市中京区麩屋町三条上ル下白山町299



つまみ細工の『おはりばこ』は、店舗が昨年末に移転したばかり。売り場も明るく大きくなって、工房も一体化したりと進化の過程。この『おはりばこ』で人気なのが体験教室。
0402京都3月-163



毎日満席というつまみ細工の教室は、離れの方で開催されているんです。ショールームの奥に日本庭園があって、その奥に離れって、なんとも惹かれるシチュエーションでしょ?
0402京都3月-112



0402京都3月-35


ちなみにコレがつまみ細工のかんざし、男なんでオレはできないが相当美しい
0402京都3月-189




こんな風に今時な感じに仕上がるのよ。
0402京都3月-186


この離れの2Fが泊まれるようになっていて、来年から「民泊」はじめる予定。水回りはリノベされてて快適そのもの、体験教室の時間以外は1Fのラウンジも使えるので、朝から庭眺めながら日本酒呑んだり、夕方友人と待ち合わせで使ったり、深夜にライトアップされた庭眺めて寝酒したりと、めちゃくちゃ理想の京都ライフが送れます。
0402京都3月-156

おはりばこ  
〒603-8215 京都府京都市北区紫野下門前町25
075-495-0119
http://www.oharibako.com/


んでもって多分、こういうの皆さんやってみたいんじゃない? 
0402京都3月-36



大徳寺納豆でお馴染み『精進料理 大徳寺一久』から食事を運んでもらって、お庭眺めながらの心を弛緩する夕餉。もちろん『一久』さんでお食事いただくのも魅力的なんだけど、こういうスペシャルな体験って、京都は何故か似合うんですわ。完全なるプライベート空間なので、子供が一緒でもくつろげるし。
0402京都3月-39






大徳寺麩、犠牲豆腐、筏牛蒡に季節の野菜根の和物。10年ほど前かな、嵯峨野の『一久』で精進料理に出逢って、実はそこから京都にハマったと言っても過言じゃないくらいの衝撃だったのよ。精進料理って味がしないイメージだったんだけど、素材の味がこんなにも力強く豊かに感じられるものなの!って思い知らされて。
0402京都3月-38

大徳寺一久
075-493-0019
京都府京都市北区紫野大徳寺下門前町20
http://www.daitokuji-ikkyu.jp/


そんな味の記憶との邂逅を果たしつつ、食後は広いラウンジスペースで「ラ・ラ・ランド」かけながら子供だけじゃなく大人もはしゃぐミュージカルタイム。紅葉時期だったら夜のライトアップ行ってクタクタになって帰ってくる頃に、すっかりでき上がってゴキゲンな夜。こういう京都の夜も素敵でしょ?
0402京都3月-116



翌朝は、大徳寺の塔頭で朝座禅を。地元のご信者さんしか来ないようなローカル指数高めのお寺に行き、お庭の掃除を手伝ってからの座禅。座禅自体は1時間くらい、冒頭はアレコレやるべきことなんかを考えてたけど、途中から周囲の空気とシンクロできてきた。いい感じかも...と、掴んできたところで、体が芯まで冷え切ったことを自覚し、最後は寒さとの戦い。やはり、オレは煩悩小僧ですw
0402京都3月-41



もひとつ、今回のアドリブサプライズは、「織楽浅野」の工房見学に行けたこと。女性モノの帯ももちろん美しいんですが、男性モノでこんなにモダンでシックな帯があるんですね! 鷹峯の工房は、いわばデザイン事務所。帯のデザインのインスピレーションとなるものが、布に限らず数多くストックされており、こうした”本物”と交わり続けることで、あの帯が創作されるのか!と、とても腹落ちした時間でした。
0402京都3月-72


0402京都3月-98 


美しい写真を撮るためには、技術(理屈)も必要なんだけど、美しいものをどれだけ見て自分なりに消化してきたかってのも大事なんですよね。全然レベル感は違うけど、めちゃくちゃ刺激をいただいた時間でした。
0402京都3月-81

織楽浅野  
〒603-8451 京都府京都市北区衣笠鏡石町11−5
075-464-4141
http://www.shokuraku.jp/



”暮らすように旅する”のに最適な大徳寺エリアの散策に続く。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

2017年02月25日

じき 宮ざわ(京都)美意識の胡麻豆腐

0203じき宮ざわ2月-6



京都 伝統工芸のクリエイティブユニット「GO ON」のレセプションのAFTER PARTYで、何年か前に出てきたのが『じき宮ざわ』の料理でした。京都最年少でミシュランスターを獲得ということで、どんなギラッた若者なんだろうと思ったら、とても自然体な好青年でした


そんなじき宮ざわに魅せられて弟子入りし、いまは「じき宮ざわ」を仕切っているのが泉氏。食材は天然ものにこだわっていてお造りや焼物などシーズナリーな素材を使ったお皿が繰り広げられる。行ったばかりの三重の尾鷲産ボラを使ったカラスミをプロローグに、上質な葛のみを使ったシグニチャーメニューの『焼胡麻豆腐』がアクセントを作っていた。


自分的には素材もさることながら、器と料理の調和や、単調にならない流れづくりが印象に残ったけどね。
0203じき宮ざわ2月-14




もちろん、お酒のセレクトも間違い無し。
0203じき宮ざわ2月-9

『ごだん 宮ざわ』には、まだ訪れられていないんだけど、ここのランチは恐ろしいほどにコストにタウするパフォーマンスが高すぎました。

じき 宮ざわ
075-213-1326
京都府京都府京都市中京区堺町四条上ル東側八百屋町553-1
http://www.jiki-miyazawa.com/

さすが、京都。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2017年01月24日

百花繚乱 〜トーキョー大茶会〜 Vol.2 DSC-RX100M5は夜イベントも無敵

1203RX10011月-9


海外向け日本コンテンツというか、日本の伝統芸能/工芸のリブランディングというのは、ここ数年自分の中でも大きな関心ごと。京都の伝統工芸の若旦那衆によるクリエイティブユニット「GO ON」だったり、太秦映画村を貸し切った着物フェス的イベント「太秦江戸酒場」などに関わることで、日本のこうした美意識が、世界のニーズにマッチしてるって手応えを体で実感しています。

1203RX10011月-14




東京でも和のアーティストたちによる『百花繚乱 〜トーキョー大茶会〜 Vol.2』というイベントが昨年11月に開催されて、茶道・菓道・盆栽のアバンギャルドなお点前や浮世絵を眺めつつ酒を楽しんできました。
1203RX10011月-18

六本木の雑居ビルのB1会場で、混雑するとのことだったので、こういうイベントはデカいカメラ向きじゃねーなと。つーわけで、モニターで借りてたRX100V(DSC-RX100M5)を手にイベントに向かったわけです。

着物だったので余計な荷物持ちたくなかったからちょうどよかったし、暗い会場でもピントが早い!そしてキレイ! 
1203RX10011月-16


和菓子の『あんこ堂』のスイーツもコラボしてました。クラシックな和菓子の代表”水ようかん”も魅せ方を工夫して、透明なデザートグラスなどに冷やして盛り付けると、一気にモダンな装いに。
1203RX10011月-5





見せ方ひとつで大きく印象が変わる、ならばこそ魅せ方にはこだわって生きていきたい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2017年01月16日

Kaikado Cafe (京都) 世界を魅了する老舗茶筒のカフェ

0117Kaikadocafe祇園祭7月-19

京都の伝統工芸プロジェクト『GO ON』の中核メンバーでもある高級茶筒の『開化堂』。日本茶の茶葉を保管する精密な茶筒だけではなく、これまでもコーヒー入れやパスタ缶など高い密封性と扱いの手軽さを活かした新しい挑戦をしていたんですが、去年の春からカフェ展開もはじめたんです。

その名も『Kaikado Cafe(カイカドウカフェ)』京都は河原町通を七条から少し上がった渉成園の前。市電の車庫兼事務所を改装したという建物ゆえ、外観は趣あって京都の町並みによく馴染んでいる。一歩店内に踏み入れると木を多用したぬくもり感あふれる空間で、そこに並んだ茶筒が実に空間にマッチしている。ちなみに、このランプシェードも開化堂の茶筒を作る技術の応用だ。
0117Kaikadocafe祇園祭7月-15



個人的にめっちゃツボなのが裏庭のテラス席。かなりゆったりしたスペースにテーブルが配置してあり、春先からはまた活躍しそうですね、ココも。
0117Kaikadocafe祇園祭7月-1




店内には「GO ON」メンバーのアイテムもあちこちに使われていて、「金網つじ」の茶こしや、宇治「朝日焼」のカップ&ソーサー、中川木工芸のアイテムなどがさりげなく活躍している。ちなみにコーヒーは中川ワニ珈琲」のオリジナルブレンドが使われている。
0117Kaikadocafe祇園祭7月-4




祇園祭の日に行ったんだけど、この日の夕方はこんなメニューで。
0117Kaikadocafe祇園祭7月-16



子供は正直なもので、一口ちょうだいとお願いしたけど、美味しくて瞬殺。
0117Kaikadocafe祇園祭7月-12




上機嫌でこの後、ずっと裏庭で歌われてました。
0117Kaikadocafe祇園祭7月-13






写真は閉店間際に撮ったから空いてるように見えるけど、満席でした。思ってる以上に駅から近いので、帰りがけに時間調整で寄るなんて言うのも賢い選択肢。
0117Kaikadocafe祇園祭7月-6





「開化堂」の茶筒は、世界のセレブリティやトップクリエイターたちが、こぞって買いに来る日本代表クラスの伝統工芸。そんな「開化堂」の美意識が詰まった空間は、心地よさが約束されている。
0117Kaikadocafe5月-4




何故か、末弟とお店であったりしたことも。
0117Kaikadocafe5月-9




実は東カレの京都連載でも紹介させてもらってました。
0117Kaikadocafe祇園祭7月-18


カイカドウ カフェ (Kaikado Cafe)
075-353-5668
京都府京都市下京区河原町通七条上ル住吉町352
http://www.kaikado-cafe.jp/


うちの近くにも、こんなカフェあったらいいな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年11月24日

朝日焼 十六世 松林豊斎 襲名披露式へ

京都112311月-17

遠州七窯のひとつ『朝日焼』 松林豊斎 十六世襲名披露があったので、ちょいと紅葉の京都まで。人生初の襲名披露式への招待だったので、いったいどんな会なんだろう?と、ドAWAYの鈍感力全開で京都のウェスティンに向かいました、この日のために誂えた黒の羽織を着込んでね。
京都1123_211月-1-2



つか、まずお茶の人でも無い限り、遠州七窯って何なんすか?って話ですよね。オレももちろん朝日焼の若旦那(現 十六世)に会うまで知りませんでした。
京都112311月-2


こういうのはWikiさんからパクってポイントだけ書くと、

めっちゃ有名な茶人「小堀遠州」の好みの茶器を焼いた七つの窯があったんです。それが、遠江の志戸呂焼、近江の膳所(ぜぜ)焼、山城宇治の朝日焼、大和の赤膚(あかはだ)焼、摂津の古曽部焼、筑前の高取焼、豊前の上野(あがの)焼。
0210朝日焼三代展2月-6


小堀遠州自身も、この朝日焼の窯場で数多くの名器を生み出していて、茶の湯がさかんになるとともに宇治茶ブランドも高まり、それに並行して朝日焼でも高級な茶器を中心に焼かれるようになっていったそうなんです。ちなみに先代は京都陶磁器協会の理事長も努めてられていたんです。

そんな朝日焼の特徴は、原料の粘土に鉄分を含むため、焼くと独特の赤い斑点が現れるんです。個人的には、朝日焼のブルーの器とかも好き。
0210朝日焼三代展2月-36



さて、襲名披露式なるものなんですが、まず京都の重鎮たちがわんさか来ています。250人以上は集まってたんじゃないでしょうか。
京都1123_211月-3


京都112311月-11


式は古典的な堅苦しいものかと思ったら、基本はおさえつつ、随所に今っぽい演出が挿し込まれていて、自然と朝日焼を応援したいと思えるようになる内容。

十六世に襲名する前の若旦那だった頃から、京都伝統工芸のクリエイティブユニット「GO ON」のメンバーとして活動していることもあり、魅せ方がしっかりと練り上げられていた。

冒頭、ヘタに挨拶とか入れず、暗くなった会場に舞台だけが浮き上がる。そこでは去年の春に太秦江戸酒場でやっていた、能と華と陶のコラボレーションがはじまったんです。金剛流の宇發気鵑能を演じている横で、朝日焼の器に、未生流笹岡お家元がお花を活けていく。
京都112311月-6




先代と十六世の作品が舞台に並び、想いや技が受け継がれていることが、ビジュアルとして強くシンプルに会場内へと届いていく。ゲストで来ていた他の窯元の友人に聞いたら、襲名披露式で、こうした異業種(っていう表現でいいのかな?)とのセッションはとてもめずらしいとのこと。
京都112311月-16


このセッションはあくまで一例で、新しい朝日焼は、伝統を受け継ぎつつも挑戦を続けていくという力強い宣言だったと思います。重鎮の方々はまた違った捉え方なのかもしれないけど、すくなくとも会場の雰囲気はポジティブで、熱気すら浴びていたと感じていました。
京都112311月-15


そっから来賓の方の挨拶が続き、乾杯までに90分間を要するという長丁場だったけど、スピーチの上手い方は飽きさせないし、プレゼンの勉強になったり。
京都1123_211月-6



ただ、そんな百戦錬磨の方々の挨拶よりも、会場の方々の印象に残ったのは、写真家 吉田さんのスピーチだったんじゃないでしょうか。
京都112311月-27



先代が亡くなるまでの数ヶ月を撮ったビデオは演出感がなく、とてもナチュラルで、次世代に対してのメッセージも気負うこと無く淡々と語られていた。インタビュアーとしてもいい仕事されてましたね、先代をよく知る人々は、良くこうした言葉を引き出せたよねと感嘆してたもん。

その吉田さんの挨拶は、先代への手紙というもの。スピーチ慣れしてない朴訥とした話し方だったけど、このビデオを撮った方だけあって、とっても染み入るものだった。




十六世の自身の挨拶の中でとても印象的だったのが、「自分がいなくなっても、そこで終わりじゃなくて、その後も続いていくことが自然だと感じている」という言葉。日本らしい仏教の輪廻感を表すものでもあると思うし、400年続く伝統を背負っている彼らの自然な感覚なんだろうな。
京都112311月-7


襲名披露式のあいだ、終始淡々としていた彼だけど、今の時代、SNSってもんがあるので、その裏の大変さというものも、ちらっとは垣間見ることができる。1ヶ月くらい前に、忙しいのはわかりつつとあるイベントに誘っていたんだけど、作陶中で来れなかったのね。

ちょうど、そんなときに奥さんのfacebookで見たコメントが、釜に火を入れてたから、久しぶりに家の布団で寝れたね、というような内容。淡々としたスタンスの裏で、どんだけの責任を背負って、どんだけのプライドを持って仕事をしているのか。
京都112311月-29



襲名披露式のあとは、ちょっとだけ紅葉狩りして、祇園の『せせらぎすへら』の2次会へ。
京都112311月-37



「kyahさんも朝日焼のサポーターになってよ」と窯元直々の、お茶界のシャンパーニュ”宇治”の朝日焼、一緒にブランド価値を高めていけるよう挑戦していければと思います。
京都112311月-33



かおりんと、カメラを順番に回してプチ撮影会。
京都112311月-49



さすがにセンスいいから、いい絵撮ってくれます。
京都112311月-46



α7 + Carl Zeiss Sonner FE 1.8/55
京都112311月-51



ちなみに、ここはまりえとの10周年結婚式の2次会でも使わせてもらった場所。この日の料理はすべてビーガン。
京都112311月-38



オーナーの、マッシローニさん。
京都112311月-39





こういった時間も含めて、京都ではいつも刺激貰って帰ってきます。
京都112311月-52


やー、ほんとまっつん、おめでとう。
息つく暇もないと思うけど、おつかれさまでした。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

2016年06月04日

HOSOO(京都)CHANELも惚れる西陣織とは

0430hosoo5月-10

世界90都市のクリスチャン ディオール店舗の壁面のファブリックをはじめ、シャネルやルイ・ヴィトンの壁紙にも使われている西陣織の「細尾」、東京でもリッツカールトンなどで様々なファブリックに使われている。
GOON101010月-29



世界から注目を浴びている京都 伝統工芸若旦那衆のクリエイティブユニットGO ONの中でも、最初に海外マーケットを切り拓いたパイオニア。西陣にある「細尾」のギャラリーは、自社のプロダクトの他にもGOONメンバーの作品が並び、新しい日本の美の価値提案が詰まった空間となっている。
10月GOONレセプション-31



10月GOONレセプション-21



中川木工芸 比良工房の椅子、ここまで木は美しくなるのかと。
10月GOONレセプション-18



この財布はボッテガかとおもいきや、まさかの竹のイントレチャート。驚くほどに滑らかな手触り。
GOON101010月-31



金箔の糸を織り込んで作っていくファブリックも西陣織。今でこそ、「帯の」イメージが強いけど、1200年間、皇族をはじめ公家、将軍家のオートクチュールを作り続けていた西陣織。ルネッサンスもそうですが、パトロンなくしてアッパー層の文化は熟成しません。
0430hosoo5月-13



貝殻を細かく切って織り込む技術や縦糸と横糸を一本一本まで自由に組み合わせることができる西陣織は、建築物を作るのに似てるという。糸が立体的で、世界でも類をみない複雑な構造体。だからこそ、世界のハイブランドが惚れ込んでいく。かつては32cm幅の織り機で作っていた生地も、グローバル化とともに進化をしていった。
0430hosoo5月-18




もちろん、最初から成功したわけではなくて、建築家ピーター・マリノ氏との出逢いが大きな転換となったという。これが、試行錯誤の上に完成したという150cm幅の織機。AIも搭載されていなければ、Googleにも答えがない。未知なる領域への挑戦って、ほんと過去の成功や恐怖といったダークサイドからの誘惑の連続と思うんすよ。そこに打ち勝ったからこそ、今がある。ぬるく生きてる自分には、勉強になることが多すぎる。
0430hosoo5月-15






酔っ払い方も、半端無いけどね(笑)
0430hosoo5月-12



機織り機の音は、初めて聞くのにどこか懐かしい日本人のDNAを揺さぶるリズム。真剣勝負の裏側を見る機会って、中々ない。
0430hosoo5月-19




そんな和空間を堪能した後は肉丼。
0430hosoo5月-6


ここ、なんてお店だっけな?
また行きたいのに辿りつけない。
誰か教えて〜
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2016年05月30日

サミット前の伊勢志摩へ 〜京都・名古屋・岐阜もね〜

0525京都5月-13


サミットの前の週に、京都、名古屋、伊勢志摩、岐阜めぐりというタフなショートトリップへ。いくつか東海方面でアポがあったのをまとめてみたら、言わんこっちゃない、かなりハードな3日間に。
0525京都5月-25




伊勢志摩は、一般車両や一般客は殆どいなくて、朝早く活動を開始したこともあり、伊勢神宮が半ば貸し切りだったり、いつも人気のお店がすぐに入れたりと、ラッキーつづき。とはいえ、賢島に近くなると、ホテルは予約とってないとこも多く、サミット開催地の地元の大変さも伝わってきました。
0525京都5月-29




伊勢神宮徒歩圏内のお宿『伊久』、ここは新しく清潔で機能的なのに、それでいて風格も感じる掘り出し物の宿でしたね。また、泊まりこよっと。
0525京都5月-22




今回の伊勢志摩の収穫は、シーフロントのいい宿をいくつか発掘できたこと。ここ『エスマーレ』は、テラスが海に突き出たような爽快さを感じられるプチホテルで、BBQ設備も充実していてかなり使い勝手がいい。しかもオープンしたばかりなので予約も取りやすい。
0525京都5月-33





本格的なタラソテラピー施設を持つ『タラサ志摩』は、メインダイニングのフレンチがいい意味で期待を裏切ってくれる。このロケーションでちゃんと美味しい料理を食べられるのであれば、東京から行く価値はアリ。何故なら、こんなビューは東京には無いので。
0525京都5月-35





京都へは友人の着物づくりに同行。「おはりばこ」の若旦那は、年中着物の伊達男で、自分なりのアレンジがめちゃくちゃ粋なので、彼にアテンドしてもらおうと。さすがに期待以上に見事なアレンジで、「TOMFORD」みたいなイメージの着物にしたいという無茶ブリをしっかりと受け止めてくれました。
0525京都5月-1




そもそもこの旅は、京都で茶筒の開化堂が『kaikado cafe』をオープンするというので、そのレセプションに行くのが目的だったんです。したら、いつの間にかやることが増えていたという。

場所は、河原町通の渉成園前あたりで、アンティークな建物をリノベーションかけた雰囲気ある箱。2階建てで上がバースペース、奥には京都らしく中庭もあって、小物はGO ONのアイテムも多く使われているレセプションのMAX賑やかなタイミングでいったけど、昼にここで仕事してみたいわ。
0525京都5月-7



レセプションの2次会が京都タワーとのことで、めっちゃ行きたかったんだけど、名古屋でアポのために泣く泣く退散。22:00からのMTGをこなして、そこから深夜移動で伊勢神宮入りだったんですよね。どんだけ追い込めば気が済むのって話です、はい(笑)
0525京都5月-6





つづきの方で、名古屋と岐阜と、伊勢神宮まわりをもう少々。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

2016年04月05日

喜幸(京都)鴨川の魚の苦味に悦

0408京都11月-4

京都、四条河原町から少し下がった木屋町。
丸井の南側は入り組んだ路地になっていて、
先斗町と比べると京都ビギナーには中々
踏み込みにくいエリア。

こちらは、その路地の一角にある小料理屋の「喜幸(きいこ)」、
鴨川の川魚料理が有名で、白焼きや唐揚げなど酒の肴としても最高。
0408京都11月-2




京都に行くたびに居候していた「GO ON
プロデューサーRYOの家がこの辺りにあったので、
ボクは自然と通り道になっていました。

ただ、初めてだと迷うリスクありますね。
スマホも路地には弱いので、勝手に隣の
路地にワープさせられてたりするし。

アナログ的に言うと目印は千枚漬けで
有名な村上重。だいたいその裏手あたりです。
0408京都11月-6





常連の大人(オッサン)らが作る空気感は、
心なしか東京とは違って落ち着いている。
そしてなにより、子供と大人の境界線が
ハッキリしていて、こういう場所に基本
京都の若い人はあまり来ていない。

もしかして、大人ゾーンに、未熟な若造が踏み込んで
行っちゃうのが日常の景色なのは、東京(大阪も?)など
大都市特有のものかも。

なんてことは、頭の片隅で考えていたことで
意識の殆どは、目の前の料理に釘付けです。
0408京都11月-7




合鴨の焼物も美味。こういうのが日常の
隣に溢れてる生活って、うらやましいわ。

感覚的には京都の和食って東京のイタリアンに近い。
1000円ちょいでグッとくるピッツェリアもあれば、
5000円以下でドカ肉が食べられるトラットリアがあり、
リストランテのような料理が食べられる10000円以下の
カウンターイタリアンもあるうえに、ガストロノミーが
痺れるような食体験を提供してくれる。
0408京都11月-9




東京って手軽な居酒屋と高級日本料理/鮨の間が
わりと断絶していて、その隙間を埋める高品質な
お店って、あんまし無いような気がするんです。
0408京都11月-13





あったとしても、それはイタリアンのお店の数ほど
多くはないんじゃないでしょうか。
0408京都11月-15




やっぱ、将来の目標は東京:京都:どっかの町を
1/3づつ暮らす生活。歳を取りすぎたら、動くのが
億劫になりそうなので、実は残された時間はそれほど
多くない。頑張れ、オレ。
0408京都11月-17

喜幸
075-351-7856
京都府京都市下京区西木屋町通四条下る船頭町202


京都に通い始めて、そろそろ4年。
友人も増えて、ほんと色んなものを
魅せてもらってきました、感謝。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ


続きを読む

2015年12月26日

南座 顔見世興行 (京都)

1225南座12月-14

1年が経つのが早すぎて、心の底から驚いている年末です。

2年前の今頃は、まりえと京都の友人の結婚式に行きながら、
クリスマスからひとりでバンコクに飛び、クラビで弟家族と合流、
その後 伊達家、弟家族とともにシンガポールで新年を迎えました。

そんな京都滞在中のはなし。
1225南座12月-5





オレね、京都って紅葉の時期以外、特にひとりの時は
殆どノープラン状態で飛び込みます。京都に行くからには
もちろん1,2個用事があるんだけど、新幹線で向かうときは
8割くらい何をするか決めてません。そんなんだけど、
京都に着くと誰かがどこかでイベントやってたり、
「これ行ってみなよ」なんてレコメンドくれるので、
退屈するなんてことは、今まで一回もありません。
1225南座12月-11




この日は南座で、年末の顔見世興行。
お弁当いただいてから、歌舞伎の観劇
というクリスマスな休日でした。
1225南座12月-8






自分の住んでる街だと、いい意味でも悪い意味でもルーティンなので
そんなにムリはしないし、刺激を探しに行くことも少ないです。
何故かって放っておいても刺激があちこちから振ってくるから。
1225南座12月-9





でも、それって攻めてるようで受け身なんですよね。
本当にやりたいこと、やるべきことをきちんと優先順位
つけて、サプライズが入り込む余裕も設けておく。
1225南座12月-3


そういう意味で、来年はもっと攻めていきます。
自分の心に忠実に。常に挑戦を忘れないように。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ


続きを読む

2015年03月02日

寒い京都の過ごし方

0301京都2015_2月-0

年末から1月にかけては、疲れもたまってたし、やらなきゃいけない
TASKも山積みで、旅に出かけられる状態じゃなかったんですよね。
それにこうも寒いと、体の前に心が縮こまっちゃったんで。

そんな時に、京都妙心寺 退蔵院の副住職 大耕さんと、
ミシュランホルダーの京都 桜田の睦子ちゃんの
結婚披露パーリーのお誘いが来たので、2月からは
動かねばと一念発起。



紅葉シーズンとかは、あまりゆっくり京都の食事
楽しめてなかったので、逆にこの時期は食をメインで
訪れることに。

やはり、冬の京都ではここはハズせません。
祇園の「おいと」、30分前に並んでおでんの
頂点をいただきます。店内の空気感もやっぱ好きだわ〜。
0301京都2015_2月-1

おいと
075-561-3575
京都府京都市東山区祇園町北側253





ちょっと祇園白川を散歩しつつ、去年夏にPartyを
させてもらった『せせらぐすへら』でおしるこを。
ゆとりあるデザイン空間に、こころが癒される。
ただ、やけに寒かった((((;゚Д゚))))
0301京都2015_2月-7

せせらぎ すへら
075-532-1070
京都府京都市東山区弁財天町17 スフェラビル 0F
http://www.ricordi-sfera.com/ja/shop/sferabuilding/0f_seseragi/




おふたりの結婚披露Partyは、ブライトンホテルで。
京都を代表するお寺と、京都を代表する日本料理のお店。
ゲストの方も幅広く、観光客とすると相当愉しめます。
0301京都2015_2月-30




RYOが居たので、ノリで幹事メンバーの乾杯についていったり。
0301京都2015_2月-32




そのあと、RYOの家で家呑みしてて、小川長樂の
ヒロツグくんが来たと思うんだけど、ちょうど睡魔が
降臨してきた頃で、どこまで話せたか記憶があやふや 笑
0301京都2015_2月-34






ちなみに、披露Partyのテーブルは、横が「じき宮ざわ」の
宮沢さんだったので、ついつい甘えて翌日のランチに
滑りこませていただきました。
新店舗の「ごだん宮ざわ」は、さすがに満席だったので
入れず。次回のお楽しみにとっておくことにしましょう。
0301京都2015_2月-44




京都のミシュランが始まった時に、最年少でミシュランホルダーとなり
話題になっていた宮ざわさん。彼の料理は洛陽荘(宿)のイベントで
たべたことはあったんだけど、やはりお店のカウンターは別物でした。
かなり気に入ったので、次回は夜に「ごだん 宮ざわ」予約しよっと。
0301京都2015_2月-45

じき 宮ざわ
075-213-1326
京都府京都府京都市中京区堺町四条上ル東側八百屋町553-1
http://www.jiki-miyazawa.com/






『GO ON』の定例ミーティングがあるとのことで、
西陣のHOUSE OF HOSOOにおジャマします。
0301京都2015_2月-58





毎年、ヒリヒリする挑戦を続けていて、そこで実績を出して、
次につなげていくというサイクルをしっかり回している彼ら。
各々が高度なノウハウを蓄積しつつ、それをあるポイントでは
セッションすることで、やってることがどんどんレベルアップ
している。COOL JAPANの海外戦略の最前線の会話が飛び交う。
0301京都2015_2月-62





ここにいるメンバーは、前に進むことは大前提。将来の到達点から
逆算して、今後どこを見て仕事をしていくのか、何をやって何を
やらないか。そういうジャッジを下そうとしている。
0301京都2015_2月-70





華やかそうな雑誌やテレビの取材と違い、ここでは時に厳しく、
でも相手を思いやった生の言葉が飛び交っています。やー、マジで
オレのぬるい生活、もっと締めなきゃダメだ。ココ来ると反省する。
0301京都2015_2月-84


思わず長居してしまって、釜座の「ITO salon de the」に
顔出せなかったのが唯一の後悔。GO ONのミーティング前に
顔出せればよかったんだけどさ。



ディナーは、京都だけど敢えてのスペイン料理『アカ (aca 1°)』。
日常的なタパス出してがぶ飲みみたいなバルじゃなく、
ガストロノミックなアプローチの変態スペイン料理。
0301京都2015_2月-86



ザックリ言うと、日本だと「サンパウ」のような、
しっかり手の込んだ仕掛けたっぷりの料理を出してくる。
0301京都2015_2月-90




それをカウンター越しに、シェフの仕事観ながら、
愉しめるっていいですよ。このクオリティの料理が
一見カジュアルダイニングみたいなとこで出てくる
から驚く。京都の奥深さを魅せつけられた感じ。
0301京都2015_2月-119




最近、アラカルトは止めてコースに絞り、
限定3組位しか予約とらなくなったということ。
この東シェフの覚悟が、いい感じで料理に乗ってきている。
まだ祇園のフレンチ『MAVO』にも行けてないんだけど、
ここも強烈オススメしたいお店ですね。
0301京都2015_2月-120

アカ (aca 1°)
075-223-3002
京都府京都市中京区桝屋町55 白鳥ビル 2F


ノリで向かった2泊の京都、いつもだいたい
期待以上に収穫もって帰れちゃうんです。
だから、何度も通っちゃうんだよねぇ…
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2015年02月15日

ひのきざか (六本木)リッツの日本料理で夜景を肴に

0211ひのきざか1月-0


昨年末にリニューアルした、六本木リッツカールトンの和食エリア。
以前は、いわゆる伝統的な和のデザインを意識していて、リッツの
世界観からは切りだされた感じだったんですよね。
リニューアルでは、かなり思い切ってモダンな和空間に仕上げてたんで、
ボクはいい意味で、今を捉えたリッツらしい解釈だと感じています。
0211ひのきざか1月-42



海外では、一部の富裕層が「茶室をまるごと日本で買って、それを
自国にそのまま再現する」みたいなことやってますが、これって
継続性は薄いしマーケットは広がらないんです。
0211ひのきざか1月-13



京都の若旦那たちによる伝統工芸ユニット「GO ON」の活動を
間近で見ていて思うんだけど、現代の生活にいかにさりげなく
自分たちの技術や作品を忍び込ませるか。この、さりげなさが
重要なんですよね。
0211ひのきざか1月-44




リニューアルしたひのき坂も、一見日本の伝統的な美から
脱却したかのようにも見えますが、瓦や木の細工、ガラスの技術、
ソファーのファブリックなど、伝統的な日本の技を巧みに取り入れています。
0211ひのきざか1月-2




そういうスタンスも含めて、今の”ひのきざか”は、COOL指数
あがりました。単に、空間に踏み入れた時のファーストインパクト
だけじゃなく、本質的な部分で海外のゲストにも受け入れ易い
COOL JAPANなしつらえです。
0211ひのきざか1月-21




以前は、日本料理のコーナーが広くて、天ぷら、鮨、鉄板焼きが
こじんまりって配置だったんだけど、鮨カウンターが大きな窓に
向いてるのは気持ちいいです。人気の天ぷらコーナーは席数増えましたね。
0211ひのきざか1月-3
(この絶景鮨カウンターは戦闘力高すぎる...)




その分、日本料理のスペースは圧縮されたんだけど、
窓に向かって座るカップルシートなど、デート向きの
即戦力なシートも出来たし(前もあったっけ? でも、
今ほどスマートな印象では無かった)
0211ひのきざか1月-35




コーナー部分の半個室でも食事はできるので、
全体的に使い勝手があがった印象。
0211ひのきざか1月-69




料理は、大きく変化した印象はなく、輪郭のハッキリした
わかりやすい会席料理。あまり細分化して何を食べたか
印象が残らなくなる...というリスクは避けて、ある程度の
ポーションをキープしながら、一皿一皿の印象をキッチリ
残していきたいって想いを感じます。
0211ひのきざか1月-26



ビジュアル的にも先付けのたらば蟹は気分昂ぶるスタートで、
シャンパーニュにもいいマリアージュ。
0211ひのきざか1月-5



焼き河豚白子の蒸し物は、魚の濃厚な味わいを
ソースじゃなく表現するトコとか、日本らしくていいなーと。


八寸のビジュアルは、訪日外国人にいかにもウケそう。
0211ひのきざか1月-22



デザートの苺大福が衝撃的な旨さ。
デザートまで愉しめる日本料理って凄いわ。


エントランスの借景から、テーブルに座るまで、
そのアプローチ自体がキラーコンテンツとなっている。
さすがリッツと唸らされる大胆に洗練された空間は
ホテルダイニングを見なおさなきゃと思わせてくれますね。
0211ひのきざか1月-33


ひのきざか
03-3423-8000
東京都港区赤坂9-7-1
ザ・リッツ・カールトン東京 45F
http://www.ritzcarlton.com/ja/Properties/Tokyo/Dining/Hinokizaka/Default.htm

ひのきざか懐石・会席料理 / 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅
夜総合点★★★★ 4.0


このロケーション力と丁寧な料理、それでいて
そこまで「高い」と感じさせないプライシング。
なんだか、ホテルダイニングの本気を感じる
リニューアルです。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2015年02月11日

朝日焼三代展 (新宿)

0210朝日焼三代展2月-64



先日、新宿で、遠州七窯のひとつ「朝日焼」の現当主と先代、若旦那の
作品が一堂に会する『朝日焼 三代展』が開催されていたんです。
0210朝日焼三代展2月-4



かなり大規模な展示会ということで、まりえを連れて京王デパートへ。

若旦那の佑典くんは、京都の若旦那衆のクリエイティブユニット
GO ONメンバー。東京でも時々イベントやってはいるんですが、
ここまで大規模なものはめずらしく。
0210朝日焼三代展2月-55



窯元に訪れたこともあるんだけど、こんなに多くの作品を
見れたのは初めて。先代の存在感ある作品から、若旦那の
モダンなタッチまで、時代や個性の違いを感じることが出来る。
0210朝日焼三代展2月-11




ボクが行った日には、2020年のオリンピックを決めるIOC総会での
スピーチがあまりに有名な皇室の方もいらしていたりと注目度
高かったですね。
0210朝日焼三代展2月-103




こういう趣のある被写体は、どうもパキッとした現代レンズは
イメージしてた絵が撮れなくて、オールドレンズに換装したら
やっと感覚に近い空間を切り取れた。
0210朝日焼三代展2月-30




コーナーの一角に、焼物の説明をされてるところが
あって、いつもよりじっくりと説明を聞くことが出来た。
この焼物の色は表面についているだけじゃなく、断面を
見ればお分かりの通り、中まで色がついているんです。
こうして中から色がつくことで、あの得も言われぬ
雰囲気がつくられるんだとか。
0210朝日焼三代展2月-13




京都の、小川長樂さんもいらしてました。
若旦那の裕嗣くんとは京都に行くたびに会ってる
感じだけど、お父様とは初対面。ご挨拶させて
もらいがてら、長々とお喋りにつきあってもらいました。
0210朝日焼三代展2月-44





1870年代のアガシの懐中時計と、先代のお茶碗のコラボショット。
被写体深度浅過ぎで、折角のお茶碗がボケ過ぎたけど、嬉しい
セッションができました。
0210朝日焼三代展2月-56





食事を撮るのもいいけど、美しいものを撮るのは
なんとも愉しい時間です。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2015年02月07日

せせらぎすへら(京都)鴨川沿いの洒脱なドッグカフェ

0206せせらぎすへら7月-0


去年の夏に「SODOH東山」で挙げた10年目の結婚式
その2次会の会場に選んだのが祇園のスフェラビルに
入っている洒脱なカフェスペース『せせらぎすへら』。

スフェラは、伝統と歴史にもとづく豊かな文化を持つ都市
京都をベースに、東京、ミラノにも拠点を設けるデザインスタジオ。

鴨川沿いに、まるまる一棟ギャラリーのビルがあって、
その1Fが犬と一緒に過ごせるカフェスペースになっているんです。
0206せせらぎすへら7月-7



昼間は光たゆたう柔らかなカフェスペースで、
上質で心地よい日常を過ごすことが出来る。

京都らしく四季折々のメニューが愉しめる
うえに、オリジナルの食器も感性を心地よく
刺激してくれるんですよね。
0206せせらぎすへら7月-14






こちらがオーナーの真城さん。
ミラノサローネに何年も前から出展している
ある意味クールジャパンのはしりです。
貸切させていただきありがとうございました!!
0206せせらぎすへら7月-10






1次会と違って、リラックスした装いにチェンジ。
京都の次世代を担う『GO ON』の、そうそうたる顔ぶれ。
0206せせらぎすへら7月-18




札幌・東京のヤンチャ組も続々と合流。
0206せせらぎすへら7月-8





箱が大きいので50人くらいなら余裕で入れます。
0206せせらぎすへら7月-26





どんなスタイルでも似合う包容力ある空間です。
0206せせらぎすへら7月-23





天才ギタリスト 大樹のアコースティック・ライブも
挿しこんでくれたり。おかげで、ただでさえいかした
空間が更に上質な空気で満たされる。
0206せせらぎすへら7月-32





リスペクトしている友人らと、こうやって集まれるのは
なんだか贅沢だなーと思う。さすがに主役なのでオチてませんw
0206せせらぎすへら7月-45




演奏の後に、GO ONのプロデューサーRYOとかおりんのお祝いも。
0206せせらぎすへら7月-37





入籍したお似合いのお二人に。
会場のみんなからケーキをプレゼント。
0206せせらぎすへら7月-38





この2次会の仕切りは、イケメン過ぎるテッペーの仕事。
ほんと頼りになる若人です。ありがとう!!
0206せせらぎすへら7月-63






いつか、この子らが大人になった時、日本はどうなって
いるんだろうね。もっと世界からCOOLと認められている
国になっていたいね。経済力は間違いなく落ちていくけど、
本質的な意味でリスペクトされる国づくりをブランディング
していきたいね。ささやかだけれども。
0206せせらぎすへら7月-55





祇園の鴨川沿いの道路に面した入口。
目の前の遊歩道には小川が流れていて
とても心地いい空間。観光の合間に
一休みするにはベストチョイス。

まだまだ古都の夜は続きます。
0206せせらぎすへら7月-58

せせらぎ すへら
075-532-1070
京都府京都市東山区弁財天町17 スフェラビル
http://www.ricordi-sfera.com/ja/shop/sferabuilding/0f_seseragi/





3次会は京都市内の隠れ家ラウンジへ。
0206せせらぎすへら7月-82




今年は、まだ京都に訪れてないのでそろそろ行くつもり。
0206せせらぎすへら7月-85




去年の7月12日は、とってもいい思い出になりました。
協力してくれた仲間たちに、心から感謝。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2014年12月24日

10周年結婚式 (京都)THE SODOH HIGASHIYAMA

1224_10thPRO7月-38

Joyeux Noel.

そんなイヴにちなんで、ベタ過ぎるこの投稿を。
もう半年前なんすね、京都のSODOHで10周年の
サプライズ結婚式挙げたのは。

式の前の和装の写真撮影も内緒だったんだけど、
わざわざ京都に来てさ、打ち掛け着させられて、
SODOHさんのスタッフにインカムでエスコート
してもらいながら、非公開の塔頭で写真撮影ですよ
フツー、これだけで終わるなんて思いませんよね 笑


写真撮影の後に控えていた10周年結婚式、こんだけの
友人らに緘口令ひいておいてオレがヘマしちゃ洒落に
ならんので、その日は朝から口数少なかったらしいですw
1224_10thPRO7月-43



写真撮影の時に「なんか、あるわね」と薄々感づいていたまりえも、
会場の扉の向こうの顔を全部予想できたわけじゃありません。
なにより、自分らのお祝いのために、京都の友人をはじめ、
東京や札幌、シンガポールの友人までもが集まってくれてるの
実際見たら、さすが胸があつくなるでしょう。
1224_10thPRO7月-17





結婚式ならともかく、東京に住んでる2人がわざわざ京都で
10周年の結婚式って酔狂っすよ。そんなのに付き合ってくれる
友人らには、ほんとに感謝の言葉がありません。
1224_10thPRO7月-16







この式は、神父さんもいなければ、神主さんもいないし、
ご僧侶がいるわけじゃありません。

なんせ、10年前に結婚の誓は立ててるわけで。

その代わり「真実」とか「永遠」などそれぞれに意味を持った
12本の薔薇を、仲間達からメッセージとともに受け取り、
最後に12本の薔薇を渡しながら10年目のプロポーズをするという
"ダーズンローズ"だけはやりたかったんです。
1224_10thPRO7月-27




文字で書かれても、良くわからないですよね。
ダーズンローズ(dozen rose)って。

この式の雰囲気が一番伝わるのは、友人のカメラマン
”川久保さん”に撮ってもらったムービーを観てもらうこと。
折角のイヴですが、5分ばかしお時間をくださいな。









このムービーじゃ、みんなのお祝いメッセージは拾えてないけど、
新婚当時では聞くことの出来ない熟成された仲間らの言葉を浴びてね。
まりえをお祝いするつもりが、オレもヤラれてましたわ 笑
1224_10thPRO7月-26




ちなみに、そのダーズンローズの最後、
プロポーズのシーンがトップの写真なんです。
自分で言うのもアホだけどいい絵でしょ? 笑 

結婚は墓場という言葉に怯えていて、30歳までは全く結婚なんて
考えられなかったのよね、オレも。でも気の持ちようで、とっても
居心地いい場所になるんだなって40歳を超えたオレは実感しています。

これは運による部分も多いと思うけど、少なくとも全員の結婚が
墓場じゃないということだけは断言できる。
1224_10thPRO7月-44




まりえも一番驚いたのが、妹夫婦が来てたことかなと。
洋一くん、摩耶ちゃんありがとね。

京都の深淵を魅せてくれる小山姐さん、お忙しい中ありがとう。
1224_10thPRO7月-45



東京・札幌組も、ほんと良く来てくれました。
お前らの仕立てたタキシードカッケーわ!!
1224_10thPRO7月-46




GO ONチームをはじめとする京都チーム。
キミらが協力してくれたおかげで、会場が
グッと雅になりました。マーくん、キャップ、
中川さん、トール、コスガーニ、マッツン。
裕嗣伊やレナちゃん、愛奈ちゃんもありがとう。
1224_10thPRO7月-47




結構直前で、半ば強制召喚した弟分達。
シンくん、コウちゃん、来てくれて嬉しかったぜ。
1224_10thPRO7月-48





シンガポールから来てくれたチンダテ、みかちゃんも
男の子2人を連れながら、ありがとさん。しかし、
シンガポールに赴任してからのほうが
絡んでるというのがオモロイね。
1224_10thPRO7月-50






それぞれが展開力あるメンツなので、基本フリーな会にしたんだけど、
初めて会う人達もいるので、途中で写真使いながらみんなの紹介を
させてもらったり。
1224_10thPRO7月-54




あ、あとオレが頑張ったのは 笑、
このケーキの上に飾る木彫のミッキーを探したこと。
予想以上に喜んでもらえてホッとしましたわ。
1224_10th7月-27




会場の雅さアップに大きく貢献してもらった、京都 伝統工芸の
モダンなアイテムたちを紹介させてもらいましょうか。

この独特の朱色のテーブルライナーは西陣織の「細尾」のアイテム。
これ漆の糸で作られているんですよね。なんともッ艶っぽい。
1224_10thPRO7月-52




ドンペリが採用したことで一躍有名になった
中川木工芸」のシャンパンクーラー。
GOSSETは札幌の「果実倶楽部」からのプレゼント。
1224_10thPRO7月-9






左のトレーは茶筒の「開化堂」のトレー、右は「朝日焼」の器。
その上で使われているチーズは、北海道の「ファットリアビオ
1224_10thPRO7月-61





ダーズンローズの花籠は竹工芸の「公長齋小菅」、
あとパンのバスケットに京金網「金網つじ」を
使わせてもらいました。
1224_10thPRO7月-60




とまあ、こんな感じで、この年だからというか、
結婚生活10年の間に培った縁があったこそ
実現できた式なんですよね。


ヤンチャな札幌、東京組を、その存在感でまとめてくれた
たかチャン。ダーズンローズのビデオも撮ってくれてたんだよね。
1224_10thPRO7月-11



諸々、細かなところをサポートしてくれたてっぺい、
イケメンだけじゃないとこが腹立つわ 笑
1224_10thPRO7月-67





京都との縁をくれたRYO、かをりん。
オレの人生にここまで影響を与えてくれるとは。
年下だけど、オレの目標な一面も。
1224_10thPRO7月-69




カメラ一台で、ほんと良くあの映像撮れましたね...、
ビデオ川久保さんにお願いしてホント良かったです。
1224_10thPRO7月-58





栄光には、最後のムービーや全体進行の相談乗ってもらったり、
ダーズンローズのトップを務めてもらうなどお世話になりました。
末弟もさやかと家庭を持って、ほんと大人になりましたな。
1224_10thPRO7月-19





司会、ダーズンローズのトリ、メッセージビデオのアイディア出し...、
イツキマンがいたからこそ、この会を安心して進めることが出来ました。
家族を除いて、一番長い付き合いの親友。紺のタキシードがキマってるぜ。
1224_10thPRO7月-59





SODOHの内藤さん、岡崎さん。
10周年目の結婚式、日本に根づかせていきましょう。

こんな素晴らしい場所を提案してくれただけじゃなく、
ボクのボヤーッとしたアイディアを、ここまでカタチに
してもらって、感謝をどう言葉にしていいかわからないです。
とてかく やれて良かった。と心から思っています。
1224_10thPRO7月-71





色んな事があった2014年だけど、
やっぱしこの時が最高の瞬間でした。
1224_10th7月-24



会の最後に流させてもらったオレからのビデオメッセージを。

なんせどこで“ゼログラビティ”発動するかわからないので、
末弟やイツキマンの提案で1週間前に急遽創ったんです。
これも、まりえが横の部屋にいながら作るってのは、
かなり至難の技でした。酔ってる時とか、つい
「ここどうかな?」とか相談しそうになるんでw




それでは、皆さま。
聖なる夜を。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2014年12月01日

古の都で紅葉狩り

1201KYOTO11月-0


昼は古都の紅葉に囲まれながら白昼夢、
夜は若旦那や花魁と盃を交わしながら
江戸時代にタイムスリップ。


そんな大人の理想形を詰め込んだ秋の京都。
今年は存分に攻めてきました。
1201KYOTO11月-65



今回の紅葉のTOP3は、冒頭の写真の嵐山の「宝厳院」、
妙心寺の「大法院」、金戒光明寺の塔頭「栄摂院」。
永久欠番の常寂光寺は、夕方に行っちゃったんで、
紅葉はピークだったけど光がイマイチで本領を発揮できず...無念。
1201KYOTO11月-110
[金戒光明寺 塔頭 栄摂院]




太秦江戸酒場は、ほぼクチコミだけで1200枚のチケットがソールドアウト。
能や秋夜の野点、茶筒や金網といった正統派の伝統工芸を身近に楽しめるほか。
太夫の花魁道中、花魁の舞に絵師のペイントと、大人ならではのコンテンツも盛りだくさん。
1201KYOTO11月-51
[小川長楽 若旦那の野点]


1201KYOTO11月-20
[太夫の花魁道中]



このイベントが何より凄いなと思ったのは、ゲストも一緒に世界観を
作っていて、このイベントのキャストになっていたということ。
単に与えられたものを楽しむだけではなく、自らもこの時間・空間を
いいものにしようとしてたのね。そうした作り手とゲストのグルーブ感が
やけに心地よかったのよ。
1201KYOTO11月-58




あの世界最強のねずみさんのアミューズメントパークですら、
ゲストはあくまでゲスト。アイテムを装着したりして一緒に
空気を創りだしてはいるけど、ゲストが主役にはならないじゃない?
あくまで、テーマパーク側の創りだした流れに乗っかるというスタンス。
でも、ここではゲストが主役になれちゃうんです。

この、江戸酒場は、殆どのゲストが和装というのも意識の
高さが伺えてカッコ良かったね。東京の美人の友人らも
和装で参加してくれて、会場に華を添えてくれてました。
1201KYOTO11月-28





ラッキーなことに、このイベントはGO ONメンバーも
絡んでいたので、色んな裏側やAfter Partyにも参加する
ことが出来たので、より深くこの文脈を堪能することが出来たのね。

たとえば、金剛流のプリンスたちの能舞台の裏側に潜入できたり、
朝日焼と小川長楽の若旦那による野点の前後で話が聞けたし、
遊郭ではこのイベントが終わったままのテンションで、
花魁たちと戯れごっこができたり、打ち上げでは、
能の唄を聞きながら、深夜の一服を楽しめたりとかね。
1201KYOTO11月-48
[能 金剛流]


1201KYOTO11月-50
[朝日焼]




こんな遊びは、東京では中々できないし、仮に出来たと
しても、このステージほど似合うわけではない。
やはり”ここでしか出来ない遊び”って最高の贅沢だと思うんです。



食事は、京都がMAX混んでる時期なので、2箇所だけキッチリ
予約していたけど、あとはローカルのリズムに乗ってアドリブで。

予約してた一軒目は、東京組と個室を占拠。そのステージは、
去年、夏に訪れて「いつか、紅葉の時期に再訪しよう」と
念じていた嵐山は大堰川沿いの『松籟庵』。
1201KYOTO11月-11


近衛文麿の別邸と言われている凄みのあるロケーションからの
紅葉はそれはそれは贅沢な眺め。しかも窓を開けたら和笛の
音色が飛び込んでくるという日本の美の真骨頂。舌と目に加え、
爽やかな秋の風を頬に感じ、聴覚まで優雅にしてくれたランチは、
この秋一番の会食でした。
1201KYOTO11月-6





もう1軒は、妙心寺 退蔵院の朝粥。朝の拝観開始前に
特別に貸切で朝ごはんをいただきながら、混雑とは無縁の
庭を散策する。これも実に贅沢な遊びでしたね。
1201KYOTO11月-36
[妙心寺 塔頭 退蔵院]


しかも、そっからの流れで同じ妙心寺の塔頭「大法院」で
額縁のような庭を眺めながらお茶を一服。がむしゃらに
自転車で走り回った一昨年の秋より、少しは雅な心を
覚えたようですw
1201KYOTO11月-38
[妙心寺 大法院]


学生の頃に京都に住んでたタケチンとチャリで回ったので、
自分では発見できない場所にも連れてってもらえました。
面白かったのは西陣近くの鞍馬口通、ここでは千と千尋に
出てきそうな趣ある銭湯をリノベしたカフェ「さらさ西陣」
があったりするのね。
1201KYOTO11月-46


こういうお店のセレクトって、ボクには出来ない分野。
同じ場所に行くにしても、ローカルの友人とか、自分の芯を
しっかり持ってる友人といくと、刺激が増して愉しいね。

と、まぁ、天気も最高で、気温もちょうどよく、
10年に一度と言われる美しい紅葉もベストシーズン。
こっちの友人との旅先でのコラボや、新しい出会いも
たくさんありました。
1201KYOTO11月-34


そんな理想的な秋の古都を堪能できて、ほんと愉しかったなぁ。
毎回、「もう。コレ以上は楽しめまい」と思う京都ですが、
それを軽く超えてくるこの町は、世界を魅せるコンテンツに
溢れています。

来年も通うから、皆さんよろしくね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

2014年10月24日

秋の入口の京都

1020KYOTO10月-29


太秦江戸酒場」のレセプションに行った後、翌日は秋の入口に
さしかかっている京都のお寺をフラフラしてました。

紅葉前の10/末って、そんなに人気無いけど、G.Wの後と同様
お寺めぐりにはベストシーズン。涼しくて動きやすいしヒトも少ない。
チャリで東山散策してるだけでも、かなり心が清められるのよ。



まずは、その前にレセプションの後に行った2次会の様子から。
二条城の近くにあるカフェというかラウンジなのかな。
1020KYOTO10月-7




GO ONメンバーに連れってきてもらったので、お店の名前は
覚えてないけど、いい空気感纏った場所で、皆とお喋りに興じてました。
1020KYOTO10月-9






ちょっと小腹が減ったので、RYOと2人で3次会。
錦小路近くにある雑居ビル1FのDEEPな飲み屋街。
1020KYOTO10月-14




こんな京都の夜もあるのね...と、他のお客さんのテンションの
高さにつられて、ここでもテンションMAX使い。江戸酒場の
レセプションはじまってから、7,8時間ぶっ通しでテンション
あげっぱなしだったので、なにげに翌朝リバウンドきつかったですw
1020KYOTO10月-17








翌日は、前日はしゃいだダメージで昼くらいまでのんびり。
錦小路のローカル御用達の洒落た食堂でお麩丼食べて、
東山方面へフラフラと。
1020KYOTO10月-32


祇園白川で写真撮ってたら、スイーツ食べたくなって
カカオ マーケット バイ マリベル」へ


ショコラショーでもスタンディングあったら飲もうかと
思ってたらなくて、地下にCAFEがあると聞いて行ってみた。
ディズニーランドのアトラクションみたいな雰囲気のカフェで
窓の外には白川が流れている。ハコ的にはGOOD!
ただ、オレがミスオーダーして食い過ぎたのが残念過ぎた。
1020KYOTO10月-26




そっから、なんとなくチャリを流して、向かった先は「青蓮院門跡」。
美しい庭を見ながらボーッと縁側で座りたかったのでこちらをセレクト。
1020KYOTO10月-38



比叡山延暦寺の三門跡の一つで、古くより皇室と関わり深く、
門主(住職)が皇室或いは摂関家によって受け継がれてきた
格式の高いお寺。そのせいか境内の空気が雅なのよね。
1020KYOTO10月-37






建物内も見どころ多いし、庭は庭でじっくり散策できるし、
カメコしてたら1時間位はあっという間に経ってしまう。
上から見下ろす感じも、なんかいいっしょ。
1020KYOTO10月-58





紅葉の時期は、こんな貸切な絵を撮ることは不可能でしょうね。
1020KYOTO10月-55




青蓮院門跡の入口で、拝観チケットを買う際に、
飛地境内「将軍塚」とのペアチケットが売っていたのよ。
”高いとこから京都の町 見下ろしたいな”と思い即決。
なんかシャトルバスが30分おきに往復してくれるらしいんです。
前からそんなサービスあったっけ??と思ったら期間限定らしいね。
1020KYOTO10月-69




なんか昔、サスペンス劇場でココが出てて、これは見下ろしたいと
思っていたんですよね。夜までシャトルバス出てるから、こっから
夕方〜夜景っていうのも、紅葉時期にはひとつ、いいコースかも。
1020KYOTO10月-67






高いとこでスッキリして、青蓮院門跡に戻ってチャリ走再開。
平安神宮のこのショット、中々好きだったりします。
1020KYOTO10月-74




そのままちょい上って金戒光明寺。
去年、紅葉時期に来たんだけど、前知識なくてスルー
しちゃったんだよね。今年は紅葉拝観候補のひとつ。
1020KYOTO10月-79




こちらも、メジャー寺院と比べれば紅葉時に比較的のんびり
楽しめる穴場スポット「真如堂」。正門からのアプローチ、
五重塔の近辺、本堂周囲、比叡山の借景の庭など、一箇所で
様々なタイプの紅葉を愉しめます。
1020KYOTO10月-87




今の、緑の葉でも木の建物バックで相当美しいんですけどね。
1020KYOTO10月-83





この日は、境内をほぼ貸切。
こんな素敵な空間独占できる幸せは
来月の紅葉時期には絶対あり得ない。
1020KYOTO10月-85




真如堂から哲学の道に入って、南禅寺まで下がります。
何度も撮ってる画角だけど、このカメラでは初対面。
1020KYOTO10月-90




南禅寺の周囲は、野村美術館をはじめ佇まいがやけに雅な豪邸が
ひっそりと並んでいます。こういうとこ、チャリで走ってるだけでも
感性が揺さぶられます。
1020KYOTO10月-93




なんやかんやで、町中に戻ったら夕方に。
鴨川沿いもいい風情ですね。
1020KYOTO10月-97






紅葉時期に向けたストレッチ的位置づけの京都散策。
さて、来月は本気出させていただきますか。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2014年10月22日

太秦江戸酒場(京都)江戸の夜にタイムスリップしてみませんか

1018江戸酒場10月-0


名前は聞いたことあっても、実際行ったことは無いという方も
多いんじゃないでしょうか。京都の太秦映画村、言わずもがな
時代劇の聖地です。

あくまで印象だけど、太秦映画村というと、ハコはいいけど、なんか
アトラクションが子供だましっぽいイメージで、大人が楽しむには
ソフトのパワー不足って感じしません?実際、京都に住んでる友人に
聞いても、「行ったこと無い」ってヒトが多かったし。


ただ、映画の撮影で使われるくらいなので、舞台としてのポテンシャル
凄いんですよ。ならば、既存のお子ちゃま観光客向けじゃなく、大人が
本気で楽しめるコンテンツにしちゃったらオモロイんじゃね?ってのが、この企画。
1018江戸酒場10月-12





琳派400周年の記念イベントとして11月22日、23日と2日間限定で開催される
 『太秦江戸酒場』は、映画村の江戸の町並みの中で、京都の地酒を飲みながら、
京料理をつまみつつ、音も粋に遊んじゃおうというもの。

金剛流 宇高竜成の能舞台や提灯作り、GO ONメンバーによる
伝統工芸の体験コーナーもあるので、より深く京都を体感できるし、
遊郭(会場内)での大人イベントが艶感高く刺激的。

先日のレセプション行ってきたたんだけど、
まぁ、期待以上に楽しめましたわ!!
1018江戸酒場10月-15




舞台が舞台なだけに和装で参加すると一層気分が昂ぶるんで、
できることなら着物で参加して欲しいですね。かーなり、気分変わるから。
洋服だとAWAY感あるけど、和装になった瞬間、町の民に溶け込むのよ。

これプロじゃなくて友達ですからw
さすがにイベントの時はムリだけど、普段はこういうコスプレ
サービスもやってるみたいです。オレも浪人なりたい!!
1018江戸酒場10月-8




京都の酒蔵の日本酒が20種類くらい並んでいて、おでんや棒鮨などつまんでると、
それこそ気楽な町民気分。昼間よりも圧倒的にリアル感増すので、お酒が進んでくると、
ほんとにタイムス リップしたかのような気分になれるんです。
1018江戸酒場10月-21








日本酒マニアじゃないので、そんなに詳しくないんだけど
20種類の酒蔵のお酒が飲み比べできるって、酒飲みには
それだけでも堪らない企画なんじゃないでしょうか。
1018江戸酒場10月-18








レセプションの時はDJ入ってたんだけど、イベント本番は三味線の音色が
町の中に流れるそうで。しっかり、風情出る感じですね。
1018江戸酒場10月-57





カメコじゃなくても、カメラを振り回したくなるシチュエーション。
1018江戸酒場10月-31







やー、ほんと雰囲気出てるでしょ?
1018江戸酒場10月-35





GO ONの若旦那達の活躍も楽しみです。
この日は、ただただ飲んでオシャベリしてましたけどね。
1018江戸酒場10月-83





会場には、京都の有名ドコロのお寺の住職さんから、様々な伝統工芸の若旦那、
世界で活躍するクリエイターやら、メディアの方まで様々な人が集まってました。
京都を真剣に面白くしようと考えている志をもった人々のオーラが集まるといいね。
10645204_734203323320836_992470233162612784_n







そして、お待ちかねの遊郭のコーナー。
昼間じゃこの威力も1/10っすね。夜の提灯に
照らされた朱色の格子こそ、大人のワンダーランド。
1018江戸酒場10月-41





ここで、絵師 だるま商店さんのボディペインティングや、ダンサーのMinaさんの
遊女ダンスパフォーマンスが予定されてるんだけど、アドリブで演ってくれた
Minaさんのダンスがなんとも艶っぽくてド興奮!!。メンズだけでなく、女性ゲストも
大盛り上がり。
こういう遊び心も世界を魅せるには必要ですよね。超キラーコンテンツ。
1018江戸酒場10月-53







この写真だけでも色気タップリだけど、続きの方でもうちょい
アツいカットのっけちゃいます。鼻血注意。
1018江戸酒場10月-70





興奮したオレは、思わず座敷にあがりこんじゃいましたとさ 笑
折角紅葉の京都に行ったら、こういう写真も撮られたいよね?
1018江戸酒場10月-74






これまでの京都になかったですよね。京都らしさを活かしながらも洒脱に
遊べる夜のイベントって。600枚/日だけのプラチナチケットなので、皆さまお早めに!
10710995_734203329987502_1883061472461039658_n



場所:太秦 映画村
日時:2014/11/22(土),23(日) 18:00〜21:00
チケット:6500円
京都の日本酒 20種類、フード2種
http://www.toei-eigamura.com/edosakaba/



3連休の最初の2日間です。
日帰りだけでも来る価値あり!
日本の秋をたっぷり愉しめます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2014年10月12日

GO ONのポップアップストアが青山に登場

GOON101010月-41



10/11に青山の骨董通りにセレクトショップ「ストラダエスト」が移転し、
TATRAS(タトラス)の旗艦店もB1にオープンしたんだけど、その地下 の
イベントスペース ギャレリア(B2)に、なんと『GO ON』の期間限定
ストアも入ったんです。いよいよ、東京での活動も本格化してきました!
GOON101010月-19




GO ON』とは京都の伝統工芸の若旦那衆によるデザインユニット。
西陣織、茶碗、茶筒など、それぞれの本質を活かしながら、より現代の
生活にマッチしたプロダクトを生み出そうというもの。

百聞は一見にしかずなので、年末までの期間限定だけど、
骨董通りに寄ったら是非覗いてみてくださいな。
GOON101010月-38




これまでも 自分自身、金網つじの豆腐掬い、パン焼き金網。
開化堂の茶筒、西陣織 細尾のトラベルスリッパ、中川木工芸の夫婦せいろ、
公長齋小菅の一輪挿しや箸などを自分の生活に取り入れ、朝日焼にいたっては、
体験陶芸で自分の茶碗も焼いたりしています。

その実感をもっていうと、日常にこうしたクオリティの高いものを
取り入れると、一番大事な日々の生活が自然に豊かになるんですよね。
気持ち的に余裕が出てくるというのかな。

わかりやすく言うと、折角いいものを置いてあるんだから余計なものを
片付けようとか、同じおかずでも、いいお皿に盛り付けることで、
ちょっといいとこで食べてるような気分に浸れるとか、そういうこと。
要は日常が変わるキッカケなのよ。

なにも高価なもの、贅沢なサービスを受けることだけが人生を豊かに
するわけでは無くて、そうした心の持ちようで日々の暮らし方が
変わり、笑顔が増えたり、会話が弾むことが、一番大事だと思うんです。
GOON101010月-1







パリのボン・マルシェでは、飛ぶように売れた日本伝統工芸の新しいカタチ。
パリ、ロンドン、NYなど、こうした取り組みは、国内よりも海外の方が
先に反応するんですよね。

国内でも感度の高いメディア(ファッション誌・ライフスタイル誌)は勿論、
情報をキャッチしてくれてますが、幅広いリーチを持ってるメディアは、
中々こうした情報を扱わないんですよね。心底どうでもいい情報を
垂れ流してる地上波が、こういう価値観をわかりやすく広められたら、
カッケーと思うんですけどね。そろそろ、こういう価値がわかる世代が
決定権を持つポジションに付いて行って欲しいです。


単品でもスゲーんだけど、「GO ON」のようにある程度まとまって
ライフスタイルがイメージできるよういなると、ファッション界は勿論、
アートの分野でも世界の誰もが知ってる美術館のキュレーターとかを、
速攻で心動かす力になるんすよね。

「これ、イイね。じゃ、うちと組んでなにかやろう」って
そういう話がどんどん進んでいるんです。
GOON101010月-29
(西陣織 細尾のファブリック)







京金網という京料理で使う技術をランプシェードに活かすことで、
世界の人が心をつかまれる価値観を提示することができる。
”豆腐掬いの影が美しく映る”というのは、ちと日本固有すぎる
美意識だけど、こうしてその本質を残しながら他のカタチに
翻訳することで、世界中の人々が魅了される価値を紡ぎだすことが出来る。
GOON101010月-35
(金網つじ のランプシェード)




iPhoneだって、デザインの力を、誰よりも先にスマホというカタチに
翻訳したことで、新しい時代というか、ライフスタイルを生み出した。
日本の技術力と高いデザイン力を組み合わせれば、まだまだ世界を
驚かすものって、生み出せると思うんですよ。
GOON101010月-36
(朝日焼の皿と 西陣織 細尾のファブリック)




あとね、伝統工芸って進化しているんです。
料理もそうだけど、伝統ある日本料理だって進化を
繰り返しながらも、本質を守ることで世界遺産となった。

例えば、この木の蓋も以前は完全にフラットだったんですよね。
ところが、少し真ん中に向かってカーブを入れていくことで、
より艶っぽさが増したというか、目が心地よくなるんです。

もちろん、頑なに過去のやり方を守り続けているところもある。
でも、こういうTRYを日々続けているところが、海外では理解
されやすいんですよね。
GOON101010月-10
(茶筒の開化堂と 中川木工芸の木蓋のコラボモデル)




個人的に次に狙っているのは公長齋小菅の竹長財布。
一見して竹と分からないイントレチャート。この手触りも
ほんと気持ちいいし、1年くらい惹かれ続けてます。
GOON101010月-31
(公長齋小菅の財布や名刺入れ)



新作の赤財布とかもインパクトあるよね。
オレが持ってても似合わない気がするんだけど、
どうでしょうかね?
GOON101010月-25




仏像がセンターに置いてあるあり得ない和食店が海外で
流行ってたりすると愕然としますよね。映画の中の日本が
「いやいや、そんな日本無いから」とかってさ。
そういうの、そろそろヤメにして、自分たちが心から
誇れるものを海外にも知っていって欲しいんですよね。
そんな道を切り開いている「GO ON」のメンバー達。
GOON101010月-43



タトラス & ストラダ エスト
東京都港区南青山6丁目5番39号
営業時間 11:00〜20:00 (不定休)
http://www.strada-est.com/
http://www.tatras.it/?lang=ja



会うたびにパワーアップしててホント面白い。
”こっちも必死で生きないと”みたいな刺激もらえるのは、
大人になればなるほど貴重じゃない。これからも、
至近距離でヤツらの活躍追っていきますよ。
   ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2014年08月02日

京都旅行の隙間時間におすすめの5つのこと

0801京都夏2013_7月-1

ヘビロテで通ってる京都、寺院や割烹など
「ここ行こう」、「あそこ行こう」みたいな目的が
あるんですが、予定組むときはそこそこ余裕
もたせるようにしています。

そうすると、ふと空き時間ができたりするんですよね。
そんな時の過ごし方紹介します。


ゞ睫屬弔 高台寺店で京金網をチェック


よく行くのは京都ならではの伝統工芸のショールーム。
GO ON」メンバー 金網つじのギャラリーは、高台寺の
近くにあるんですよね。
0801京都夏2013_7月-2



5000円以下のものも多く買いやすい価格帯だし、
おみやげにしたら相当喜ばれるので、結構顔出してます。
基本は豆腐すくいとか鍋料理の時に活躍するアイテムが
多いけど、パン焼きの金網とか実用性も兼ねててオススメ。
「GO ON」のアイテムの中で一番最初に買ったのもコレ。
0801京都夏2013_7月-3




金網つじ
京都市東山区高台寺南門通下河原東入枡屋町362-5
075-551-5500 
http://www.kanaamitsuji.com/
0801京都夏2013_7月-4






極厚のレアビーフサンドでダッシュ飯

予約の取れない日本料理店など、腰を落ち着けて食事を
するのが似合う京都ですが、紅葉など時期によっては
お寺を駆け巡りたい衝動が突き上げてきます。そういう時は
のんびり食事をしてる余裕はないので、サッと食べられて
美味しいものを選びます。こちらも良く行く洋食の「はふう」
0801京都7月-1


ドエロい表情の「はふう特選ビフカツ」、御所の南に2店舗あります。
1人でもカウンター席なら気楽だし、覚えておいて損はない。

はふう 本店
075-257-1581
京都府京都市中京区麩屋町通夷川上ル笹屋町471-1
http://www.hafuu.com/
0801京都7月-2






8涵鯊膓胸蟠 茶筒の開化堂

こちらも「GO ON」メンバーが営むお店。
茶筒と言っても、今はコーヒー缶とかパスタ缶、
紅茶缶などバリエーションも増えているので、
日本の伝統工芸を気軽に日常生活に取り込めます。
0801京都夏2013_7月-2




やっぱしね、こういうアイテムが日常に忍び込むと、
一気に心が豊かになるんですわ。母の日にプレゼント
したら、めちゃめちゃ喜ばれましたね。

開化堂
京都市下京区河原町六条東入
TEL(075)-351-5788
http://www.kaikado.jp/
0801京都夏2013_7月-1









書いてるうちに、10個のことくらいにしてくなってきた 笑
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2014年07月21日

10年目の結婚式

0712SODOH7月-0


前も書いたけど当家は今年 結婚10周年なんです。

10年って体感ではあっという間だけど、結婚当初を振り返ってみると、
それなりに前に進めた実感はあります。その実感の正体ってなんだろう?って
考えたら、それはボクラを取り巻く友人や家族から得られたものが殆どなんですよね。
0712SODOH7月-2



夫婦2人だけだったら、こんなに充実した時間は送ってこれなかった。
じゃ、ヤツらと一緒に面白い時間を創っちまうのが、ウチらしいんじゃねーか
と考えてカタチにしたのがこのPARTY。

まりえにはサプライズということで、京都の友人はもちろん、東京、札幌、
シンガポールからも、友人らがステルスでお祝いに駆けつけてくれました。
0712SODOH八坂の塔




10年前の結婚式はビンタン島のBanyantreeであげたんだけど、
日本で披露宴をあげなかったのは、型みたいのがメンドーで。
なので、この10周年パーティも出来るだけシンプルな感じに
したかったんです。ハコと人をキッチリ抑えれば、あとは
勝手に自走するって思ってたので。


ハコは敢えて京都のSODOH東山、八坂の塔が窓からのぞめる
絶好のロケーション。明治・大正の日本画家 竹内栖鳳の私邸兼
アトリエだった場所で、歴史とモダンさがミックスした東京には
ない雰囲気を漂わせています。会場ではGO ONの友人の作品を
使わせてもらうことで、色気と大人度を更に加えさせてもらいました。
0712SODOH7月-15


そんなパーティの中身で、唯一こだわったのが入場までのサプライズからの「ダーズンローズ」。
色打掛けを着て写真を撮るという段階で、まりえもそりゃなんかしらの仕込みがあるなとは
感づきますよ。それでも「サプライズ」の瞬間を創るために友人やSODOHのスタッフが
力を合わせてくれたことは、単なる驚きを越えて伝わるって思ってたんです。


そして「ダーズンローズ」とは、言葉の通り12本の薔薇。
その昔、ヨーロッパで結婚を申し込もうとする男性が彼女の家に行く途中で
野の花を摘んで花束を作り、プロポーズしました。いつしかそれが、
「永遠」「真実」「栄光」「感謝」「努力」「情熱」「希望」「尊敬」
「幸福」「信頼」「誠実」「愛情」という言葉を持った12本のバラとなり
これを結婚の時に送るようになったんです。
0712SODOHダーズンローズ





今回は事前に12人の友人にお願いして、バラを一本づつまりえに
渡すと共に、お祝いのメッセージをもらったんだけど、
これが思ってた以上に沁みるんですわ。いちいちメッセージが、
その人らしくてね。夫婦で10年間かけて築いてきた友人との縁、
そんな人々にもらう言葉って、結婚当初とは違った重みがあるんです。
0712SODOH7月-13

式のはじまる30分前からアペリティフをしてもらいつつ、
ダーズンローズのリハなんかも会場でやってもらっていたんです。
これもまた、写真撮影でうろついてるボクらとの遭遇を避ける
ためでもあったんだけどね。



こちらが、GO ONの作品にシャンパーニュやフィンガーフードを
あしらった写真。オレ自身でも撮りたかったなぁ...。
手前から中川木工芸 比良工房のシャンパンクーラー、茶筒の開化堂の
Rectangle Plate、朝日焼のトレーです。シャンパンは札幌のシャンパン&
フルーツバー果実倶楽部からのGOSSETの差し入れ。
0712SODOHGOON



Partyの最中も、友人らの作品が場の空気引き締めてくれます。
濃紺のクロスの上に引いてある赤のアクセントは西陣織 細尾の
テーブルランナー。ダーズンローズで白い薔薇を挿していたのが
公長齋小菅の花籠。そしてテーブルのフォカチャ入れには金網つじ
バスケット。
0712SODOH7月-19




更にデザートの前のチーズではFattoria Bio北海道のチーズを
これまた開化堂や朝日焼のトレーに載せて。こんな感じで
みんなに協力をしたもらうことで出来たパーティのカタチ。
0712SODOH7月-21





司会を努めてもらったイツキマンとは、もう25年近い付き合い。
ドレスコードは”主役より目立て”としておいたので、紺のタキシード
仕立ててくれてました。かっけーわー('∀`)!!
0712SODOH7月-22





東京、札幌、シンガポール組は、わざわざ京都まで来てもらったんで
なんとかオレが感じてる京都の魅力を伝えたかったんです。この会場は
もちろん、2次会や翌日のランチや京都散策を通じて「京都が大好きに
なったよ」という言葉を聞けて、ほんと嬉しかったしホッとしました。
0712SODOH7月-20





半ば旦那の酔狂だけど、実際10周年結婚式を
やってホント良かったって思います。
ドレスアップして大人が集まる機会って
まだまだ日本は少ないし、10年っていう節目を
友人らの力を借りることで、忘れられない
思い出にすることが出来た。
0712SODOH7月-24




普段、好き勝手させてもらってる感謝を
まりえにも伝えることが出来たと思うしね。
0712SODOH7月-26





ムービーを撮ってくれた川久保さん、SODOHの内藤さん、
岡崎さん、司会のイツキマンと式が終わったあとの記念写真。
色んなオレの我侭を、受け止めてくれてありがとう。
0712SODOH7月-30



2次会はSferaのカフェ「せせらぎ すへら」で。
ミラノサローネなどにも出展している
マッシローニさんの手がけてるだけに
感性が心地よく刺激される空間なのよ。
0712SODOH7月-36




上の写真は明るく撮ったけど、実際の照明はこんな感じ。
天才ギタリスト「大樹」もお祝いで演奏してくれました。
彼の演奏で、会場の喧騒も一層艶やかに。
0712SODOH7月-40




会場の外は鴨川沿いの遊歩道。台風も去ってくれて心地いい
夜風を浴びながら、酒を飲むことが出来ました。
0712SODOH7月-44




さて、キミらにどんな日本をオレたちは残せるのかな。
今より、もっと日本が世界からリスペクトされて愛されている。
そんな未来を創れたらいいなって思ってます。
0712SODOH7月-42



当家の”遊び”に付き合ってくれた皆さん、
改めてありがとうございました!!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

2014年07月12日

退蔵院 (京都)GO ON お寺で大人Party

0712退蔵院7月-10

妙心寺の春光院でGO ON Travelのプレゼンを終えたあとは、
場所を変えて退蔵院でレセプション。去年の春、JR東海の
そうだ京都行こう」で桜が印象的だったあのお寺です。
左のはしにチラっと写っているのが例の桜の木。
0712退蔵院7月-11




庭を見ながら酒飲んで日本料理食べるってそりゃ最高ですよ。
ただね、クーラーなんていう気の利いた設備はないから、
白ジャケの下は熱湯甲子園ですよ。涼しそうな顔を作ろうにも
額に汗はにじみ出てきます。
0712退蔵院7月-7




この日のケータリングは下鴨茶寮だったので小山さんもご挨拶に。
0712退蔵院7月-8





シャンパーニュ片手に鮎つまんだりとかって最高でしょ。
盛り付けにさりげなく公長齋小菅の籠が使われてたり。
0712退蔵院7月-9



ちょっと疲れたら庭に出てひとやすみ。
夕暮れの庭を貸切です。ヤバいね、この大人感。
0712退蔵院7月-14




イベント後も関係者とのんびり夜飲み。
あまりに暑過ぎて睡魔すら訪れなかったかも?
0712退蔵院7月-19





時間によって変化する庭を眺めていられるなんてほんと贅沢。
0712退蔵院7月-21





人の縁ってホント大事。
なによりも大事にしたいね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2014年06月28日

Beyond Kyoto (京都 妙心寺 春光院)伝統工芸のあたらしいカタチ

0628GOON7月-33

京都 若旦那衆のクリエイティブユニット「GO ON

ミラノサローネやメゾン・エ・オブジェなど海外への挑戦も続けつつ、
国内でもライカやリッツカールトンなど、超一流どころとの新しい
コラボレーションも次々に展開している。

これは1年前のイベント。彼らの進化でいうと1年というのは
とても昔のことに感じるけど、「単なる伝統工芸」で終わろうと
していないGO ONのスタンスをわかりやすく伝えている。
0628GOON7月-5





彼らの挑戦は、もちろんプロダクトとしての伝統工芸の進化というのが
軸なんだけど、「旅」とか「Wedding」といったサービス産業においても、
京都が培ってきた文脈は活かせるはずだという確信が軸にある。

その想いから生まれたプロジェクトが「Beyond Kyoto
旅に伝統工芸を組み込むのもプレミアムな展開だけど、
更に若旦那達が持つソフトパワーを加える事で、量産は
出来ないけれども、One&Onlyの体験価値を創ることが出来る。

そんなコンセプトを、全国のホテルコンシェルジュたちに
プレゼンを行っているGO ONプロデューサーのRYO。
先日はカンヌで広告賞とったりCOOL JAPANのプロジェクトの
中核を担ったりと、益々活躍の場を広げています。
色んな意味で「おめでとう!!!」
0628GOON7月-50





こちらは、この日のイベントに併せて行われた撮影用に
掛けられた一休禅師の掛け軸。これは写真では撮りきれて
いないオーラを放っています。やー、見れて良かった。
0628GOON7月-14





妙心寺 春光院で行われたイベントは、プレゼンテーションでGO ONの
ビジョンを紹介するとともに、旅のオプションとしての伝統工芸の
コンテンツ力を見てもらおうというもの。
0628GOON7月-47





例えばこれは竹工芸のiPhoneケース。
イントレチャートというとレザーのイメージだけど
竹でもしなやかで、やわらかいタッチを実現しています。
0628GOON7月-22




プロダクトとしてのコンテンツ力だけじゃなく、そのプロセスや
背景の歴史をプレゼンすることで、どう変化するかということの
検証の意味も持っていたイベントだったんですよね。
0628GOON7月-24




皆さんの反応を見ていれば、その効果は十二分に伝わってきました。
0628GOON7月-60




モダンな空間にも馴染む彼らの作品ですが、やはり日本文化の美意識が
詰められた空間では、水を得た魚のように『力』が増しますね。
0628GOON7月-35








ボクも2年前から京都に頻繁に行くようになったけど、
お寺でイベントとか、それまでは別世界のことでした。
「GO ON」のプロジェクトの加わることで、日本の
コンテンツ力の凄まじさを、本当の意味で知ることが出来た。
0628GOON7月-59





なので、今は心の底から日本は凄いと信じることが出来る。
そして、京都に行くたびに、その愛は益々深まっていきます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2014年05月23日

あじき路地 (京都)大人女子を誘う最先端の路地裏へ

0523京都2013_11月-20


京都のとある路地に、クリエイターやバティシエなどが集まり
感性に心地いい路地をつくってると聞いて探してきました。
散歩して迷子になりながらみつけた「あじき路地



大正時代に建てられた築100年ほどの町家長屋を、大家さんが
「ものづくりなどを頑張っている若者に使ってほしい」と10年ほど前に募集を行い、
「お見合い」という形で直接会って話して6件の入居者を決めたのがはじまり。



当初は壁はボロボロでガラスは割れてたりと、とても住めるような状態じゃなかった
らしいんだけど、入居者 皆でリノベして今のようなカタチにしたんだそうです。
最近は、だいぶメディアにも取り上げられるようになってきたみたい。
0523京都2013_11月-14





京都もだいぶ通ってくると、メジャーな寺院より、
こういうさりげなくセンスいい路地が気になったりしてきます。
0523京都2013_11月-23





場所は清水寺の鴨川寄りあたり。
六波羅蜜寺からワリと近い。
0523京都2013_11月-7




六波羅蜜寺は、このピロピロしてる「空也上人立像」が有名なとこ
0523京都2013_11月-12




小腹が空いたので、駄菓子屋みたいな構えの
「焼きそば おやじ」に寄り道。散歩に寄り道は
つきものというか、寄り道するために散歩してる
ようなモンだしな。

焼きそば おやじ
075-541-2069
京都府京都市東山区北御門町259
0523京都2013_11月-28


そのまま流れで「酵素風呂」行ってきました。
全然リキ入れてない午後なのに、やけに充実してたなぁ。
0523京都2013_11月-33


京都を一日チャリで回るダイエットツアーしてこようかな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2014年03月04日

TRATTORIA GANZO (銀座) 路地裏のイタリア

0304GANZO1月-0



銀座コリドー街のはずれにある、雑居ビル内の実力派トラットリア「GANZO」。
銀座の人気トラットリア「ヴィノリオ」の高田シェフが独立したお店で、
お店の雰囲気は通じるものがあるね。

銀座で7皿のコースを5800円のプリフィックススタイルで提供している。
それぞれの料理がしっかり手がかけられているので、食後に改めて
お、凄いな!と感じるんじゃないかな。
0304GANZO1月-12





昨今、それなりの内容でコースが5000円以下のとこも増えてるので、
価格自体で驚くことは無い。ただ、その分 内容とのバランスをしっかり
見ないと”安ければ安いなり”と、イマイチなまま終わるリスクも高まっている。
こんなフォアグラも追加料金無しで付いてきちゃいますから。
0304GANZO1月-8





この空間を一人で切り盛りされているので
時間が‥‥なんて声も聞こえたりしますが、
そんなに急いで食べてどーすんの?って話です。
0304GANZO1月-14

TRATTORIA GANZO
03-6228-5768
東京都中央区銀座6-3-12 数寄屋ビル 2
http://ginzaganzo.com/



美味しい食事はコミュニケーションを円滑にするツールでもあります。
だったら折角のコミュニケーションを取る時間を、めいっぱい伸ばせたら
むしろラッキーくらいに捉えればいいじゃん....なんて思うわけで。

いい意味でお客さんを選ぶ店だと思う。万人受けを狙ってないところが
むしろ好感度高く感じるのかも。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2014年03月03日

Beyond KYOTO after party (京都)若旦那衆とヤンチャしよ

0302洛陽荘11月-8

GO ON結成の1周年レセプションの後は、洛陽荘でAfterParty。
デザインディレクターのトーマスの誕生日お祝いもしたりしてね。

洛陽荘の広間を借りて、ミシュラン1つ星の「じき宮ざわ」さんの料理を愉しむ。
名物の焼胡麻豆腐は、やはり変わらないインパクトの強さ。
慌ただしいPARTYの席でしか彼の食事をいただいていないので、
お店でゆっくりいただく機会を作らねば。

この日の早朝起きで京都入ったせいか、いつもより陥落が早く
復活したらエラい首が痛かった...どんだけ沈んでたの、オレ (泣)
0302洛陽荘11月-6





にしても、こういう空間って、やっぱいいですよね。
こういうのが残るのが、さすが京都。

東京にもこんな空間あるのかもしれないけど、
正直知らないんすよねぇ...。小規模の日本料理店は
店主の力でお客さんつけて、小さくもしっかりした商圏作って
るけど、大きな規模の日本料理店はどこも苦しいと聞いてます。
東急の”日本料理のプレゼンテーション力”は、今、相当強く
求められているんだと思う。
0302洛陽荘211月-2


洛陽荘
京都府京都市左京区岡崎法勝寺町77
075-762-0788



日本の空間を遊ぶ力。
フレンチやイタリアンの遊び方は、だいぶ若い世代にも浸透したけど、
肝心の日本料理の遊び方が敷居高すぎて、今ひとつ見えない。
鮨とか蕎麦とか、焼き鳥とか、それぞれの細分化されたジャンルでは
可視化がすすんでるけど、肝心の本丸が存在感薄めてちゃマズイっしょ。
0302洛陽荘211月-4




というわけで、京都に来たら、色々日本料理食べるようにしてるし、
東京でも男子会を通じで、徐々に理解を深めていってます。
これからの40代のオッサンの課題は、いかにカッコよく日本を遊ぶか。これだと思う。
0302洛陽荘211月-6





一旦、チャージできたせいか、その後復活してオレにしてはガン呑みモード。
京都のどっかにあるマンションのいくつかのフロアが、ラウンジになってるビル。
0302洛陽荘211月-10





相当酔ってたんで、ここがどこか知りません 笑
0302洛陽荘211月-11



西陣織の生地で作られたタキシード。
ちなみに、去年のパリコレではメンズコレクションで
一番注目を集めた作品でした。
0302洛陽荘211月-8




右側の爽やかな笑顔の彼は、レディガガの靴のデザインとか
してるクッシーです。前にも会ったこと何回かあったんだけど、
髪の毛バサッと切ってて誰だかわからず、「よろしくお願いします」とか
初めましてな挨拶しちまったじゃん。恥ずかしい...
0302洛陽荘211月-16




泥酔のため、どうやって帰ったか忘れたけど、家の鍵をRYOも
オレも持ってなくて(かおりんが持ってて)、マンションのインターフォン
の下で、鍵を探してるうちにRYOは力尽きてました。

オレは、かおりんになんとか電話して、同じくインターフォンの下に
座り込みつつも、RYOを護る感じで息絶えていたようです。
その様子、写真撮ってもらっておけば良かった。かおりんも
大ウケで写真撮るの思いつかなかったみたい。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






続きを読む

2014年02月23日

クニオミ (恵比寿)体感できるネオビストロ

0223Kuniomi9月-0


修行したレストランで培ったガストロノミックな技を駆使し、
カジュアルなビストロ・スタイルで料理を提供する「ネオ・ビストロ」。
パリではかなり定着してるスタイルで、日本もそれなりに浸透してる
はずなんだけど、もっと評価されてもいいんじゃない?
そんな日本のネオビストロのはしりが、恵比寿にある
QUNIOMI le neo bistrot(クニオミ ル・ネオ・ビストロ)


お店の雰囲気もエスプリ効いてるし。
きちんとテラス席あるとこなんかも、
わかってるよねーって感じなんだけど。
0223Kuniomi9月-2





だいたいお店の壁の色をブルー(食欲が減退する色)にしながら、
全くそんなネガティブな印象与えないし、日本でこの店の他に
壁の色がブルーってフレンチ、どんだけあるんでしょうか。
そういうとこにも、センスの良さ、時代の先取り感あるんすよね。
0223Kuniomi9月-9






ムール貝ひとつとっても、カレー風味のムクラード。
夏にムールってあんま選ばないんだけど、これは正解。
0223Kuniomi9月-6





全ての料理が単なるビストロ以上にも関わらず、
値段はビストロというのが、なんとも有難く。
0223Kuniomi9月-7






9月は熊本行ってから沖縄行ってたんだけど、、
沖縄から帰ってきた日に、また熊本のあかうしに再開。
どんだけループしてるんだって話。
0223Kuniomi9月-12






デセールは暑くてもテラス席で。

勿論料理は素晴らしかったんですが、やっぱね、
食事ってのは誰と食べるかが一番重要なんです。
いつも京都でお世話になってるRYOとかおりんが、
楽しんでくれるのが何よりも嬉しいです。
0223Kuniomi9月-18





この窓に無造作に書いた文字がイイっすね。
0223Kuniomi9月-17



クニオミ ル・ネオ・ビストロ
(QUNIOMI le neo bistrot)
03-6721-6910
東京都渋谷区恵比寿1-24-12 1F
http://quniomi-le-neo-bistrot.jimdo.com/




オレ、こういう時間のために生きてます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

2014年02月20日

スパレジデンスで過ごす京都の冬

0220Kyoto2月-0


また、京都へ。
年末以来なので、2ヶ月に一回のペース守ってます。
東京は大雪だったんで、雪景色を期待したんだけど、
小田原を超えたあたりから雪は減ってきて、京都に
ついたら雪はキレイに無くなってました。


今回は「GO ON」が取材を受けてる某ドキュメント番組の撮影や、
海外プロジェクトのMTGに立ち会いつつ、市内のスパレジデンスに
泊まってのんびりっていうラグジュアリー系。年末の京都は旅館
だったんで、ちょいと趣向を変えてみました。
0220Kyoto2月-50





庭好きとはいえ、この時期のお寺巡りは最小限になるね。
そもそも主だったお寺は回ってるし、板張りの廊下は底冷えが半端無いので、
おいしいごはんを食べつつ、ゆったりできる宿でのんびりしてる方がいい。
魅どころが多い京都のトップシーズンでは、中々出来ない滞在スタイルだし。
0220Kyoto2月-101




そんな今回の宿は四条河原町至近のスパレジデンス「Bijuu(ビジュー)
1Fがカフェ、2Fがレストランで、5Fがワンフロアがゲストルームに
なってます。TOPの写真もこのホテルなんだけど、とにかく美意識の高い宿で、
空間だけじゃなく、アメニティも細部に至るまでセンス良いのよ。
リネンも高クオリティだし泊まるだけで五感が豊かになっちゃうね。
0220Kyoto2月-24



0220Kyoto2月-11




目の前は鴨川で、その向こうに東山の景色が広がっている。
北(左)に目を向けると雪をかぶった比叡山が目に飛び込んでくるんだけど、
これも雰囲気いいんだわ。木屋町、祇園が徒歩圏内というのも、リッツや
ハイアットなどと比べてのアドバンテージ。フラッと美味しいものが食べに
いけるっていうのは、ホテルセレクトにあたっての大きなポイント。
0220Kyoto2月-127




リビングの真ん中に湯船があったりとか、使う人は選ぶけど
振り切るとはそういうこと。万人ウケを狙っていたんじゃ
オモロいものは作れません。感性重視のゲストには
是非泊まってみて欲しいなぁ。スタッフの距離感もオレ好みだし。
スパのアロマテラピーも、使ってるものは厳選されてるし
技術も高く、旅の最後で疲れを抜くのに最高の選択肢。
0220Kyoto2月-115

Bijuu
075-353-0802
京都市下京区木屋町通四条下ル船頭町194村上重ビル5F
http://bijuu.jp/







1週間前にオープンしたばかりのリッツ・カールトンへも
お茶しに行ってきた。鴨川沿いでエントランスは美術館
みたいな造りになっている。プレッシャーをかけてくる
タイプのラグジュアリー感ではなく、京都らしさを意識
してか、はんなり かつ しなやかな世界観で構成されてる。
0220Kyoto2月-110




バンケットが地下にあるせいか、1Fロビーのテラス席は
空中テラスっぽくなってる。今は寒いけど、春から秋に
かけては外席でのお茶とか気持ちよさそう。
0220Kyoto2月-111




食事は、祇園の「櫻川」や北野天満宮近くの居酒屋「ぎんなん」、
祇園の「おいと」と、それぞれタイプを変えてみた。

祇園 櫻川は、ランチだと5,000円程度でしっりかりと
京都気分な日本料理を楽しめる。旅の入口にピッタリと
ハマる安定感。祇園白川が近いので食後の散歩も流れがいい。
0220Kyoto2月-34

祇園 櫻川
075-533-6477
京都府京都市東山区花見小路新橋下ル橋本町382-3
http://www.kyoto-sakuragawa.jp/




ぎんなんは、完全にローカル仕様で、店名を忘れたら
2度と行ける気がしない。糸源という会席料理の
お店の裏側でやってる居酒屋さん。
0220Kyoto2月-51

ぎんなん
075-464-2744
京都府京都市上京区一条通七本松西入ル滝ケ鼻町278



祇園のおいとはもう何度も書いてるし、最近は食べログのスコアも
ついちゃって、知る人ぞ知る感が少しなくなっちゃったのが残念。
それでも30分前に並べば入れるし、あの感動は1mmも褪せない。

そして、深めの時間は鴨川倶楽部。思えば、ボクが京都に通う
キッカケになった出逢いが、ここでは多く生まれました。
0220Kyoto2月-92




改めてふりかえってみると、2年前に書いた京都への強い想いが、
現実のものへとなってきている。折角そんな縁を持てたんだから
目一杯活かしていきたい。

東京だけじゃなく、京都や札幌でも凄く大事な友人ができたこと。
しかも大人になってから。これって、とてもラッキーな事だと思う。
自分を育ててくれた家族や友人たちに、改めて感謝。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

2014年01月27日

会席 ひのきざか (六本木)リッツカールトンで日本料理

2014ひのきざか1月-0


京都に通うようになって『これぞ日本的なモノ・時間』に触れる機会が増えた。
寺院はもちろん、祭りや伝統芸能・工芸、旅館や割烹...etc、と色んな切り口で
原体験を重ねてみたけど、”京都だから感じる色気”というのは、中々東京では
再現が難しい理由もわかってきた。

やはり、生活に『日本』が染み付いているところと、アジアの大都市(東京)では
ベースとなる日常が異なりすぎる。桜や紅葉の近さ、季節を感じるイベントの多さ、
他にもたくさんあるんだけど、日本文化と共に暮らすってのはこういうことなのね、
とストンと腑に落ちた瞬間があって。
2014ひのきざか1月-5




違うジャンルの話になるけど、たとえばイタリアンレストランでも、本国並みに
美味しい店は日本にたくさんあるよね?でも、あのカメリエーレやお客さん達が
醸し出すオーラは、なっかなか再現できるもんじゃない。


だからダメって言ってるワケじゃないです。
文化を丸ごと移植することはできないので、どこかで妥協点というか
折り合いをつけていく必要ってあるのは当然。本場じゃないからといって
卑下する必要はなく、異質な価値もそれが認められるべきものなら、
新しい価値として捉えていけばいいんじゃないかと最近は思えるように
なってきたもんで。
2014ひのきざか1月-11




だって、まさに京都の日本文化の”核(コア)”がそういう
アプローチにチャレンジしてるんだし。

伝統工芸の若旦那衆によるクリエイティブユニット「GO ON」は、
日本の高い美意識や技を現代のライフスタイルに忍び込ませようと
してるのね。そんな挑戦を繰り返すことで、世界のトップデザイナーや
エディターから高い評価を勝ち得ていて、CHANELをはじめとするメゾンや
ドンペリ、イギリスの著名ティーハウスなど、色んなコラボレーションが
生まれてる。 
mainvisual






そうやって肩の力が抜けてくると、東京で表現する日本料理っていうのも、
”いかに京都らしいか”という軸だけではなく、「東京らしい日本料理の
遊び方ってのもあんじゃねーか?」と興味が湧いてきた。


そんなスタンスで遊んでたら「これも、アリじゃね」と思ったのが、
夜景✕日本料理。六本木のリッツのレストランは、45Fに集中してて、
東京タワーとスカイツリーのコラボな絵が楽しめるほか、思いのほか
お台場も近いし、新宿の高層ビル群の夜景も楽しめる。
2014ひのきざか1月-34



ホテルの昂ぶり感って、ラウンジとかフレンチで楽しむことは
あったけど、あんまし和と合わせたことってなかったんだよね。
しかも最近京都にどっぷりだっただけに、”ハレな空間の中で
和を遊ぶ”ってのが、妙に新鮮で。
2014ひのきざか1月-2




会席「ひのきざか」は、リッツのレストランらしく
高い天井と窓からは都内の夜景が見下ろせる。
フレンチやラウンジほどオープンな作りにはなってなくて、
ドヤ感控えめの落ち着いたインテリア。

廊下を挟んだ鉄板焼きや天ぷらのカウンターは、
日本らしい和空間ですね。あと、茶室タイプの個室も
あるみたいなんで、より日本を感じたい海外からの
ゲストは、そっちのほうが向いてそう。

料理はラグジュアリーホテルの日本料理らしく、
良質な素材が丁寧に仕事されて運ばれてくる。
期待以上の安定感。
2014ひのきざか1月-8




ただ。サービス推しのリッツなら、もうちょい
説明するスタッフにパッションとか個性が
あってもいいと思うんだけどなぁ。

料理人の想いや、素材へのこだわりなど
割烹のカウンター席ではダイレクトに届いてくる熱量が
こうした大箱のダイニングでは、ただでさえ届きづらい。

料理の味を作るのは厨房の料理人だけど、その味を
引き出すのは、媒体となるスタッフの役割が重要だと思うのよ。
ま、初訪のオレが偉そうに言えることではないんだけどね 笑
2014ひのきざか1月-19





無敵モードの夜景に、もうちょい日本ならではの艶感が加わったら
ホテルの日本料理はもっと楽しい遊び場になりそう。
2014ひのきざか1月-28





このシチュエーションで加賀の郷土料理 治部煮って
コントラストが半端無い。特に金沢で治部煮を
食べた経験があったりするとその違いが楽しいのよ。

海外からのお客さんからの窓口ともなる場所なので、
ここで加賀百万石の小ネタをサービスの人が
ちょっと話すだけで、印象変わると思うんだけどな。

もちろん接待中のビジネスモード全開のお客さんには
やる必要ないけど、日本に興味があるお客さんにはね。
2014ひのきざか1月-25


ひのきざか
03-3423-8000
東京都港区赤坂9-7-1 ザ・リッツ・カールトン東京 45F
http://www.ritzcarlton.com/ja/Properties/Tokyo/Dining/Hinokizaka/Default.htm




今年は、こうしたハレ空間を
もっとわがままに遊びたいわ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む