LOVAT を含む記事

2018年10月09日

LOVAT on the corner (五反田)ステーキとカレーとクラフトビール

1009LOVAT10月-11


恵比寿の肉がうんまいワインレストラン「LOVAT」。センスいいボトルがリーズナブルだし、カイノミのステーキをはじめ肉料理のクオリティの高さが魅力で当家は何度もリピっているお気に入り。

そんな「LOVAT」が、先日スタンディングバル『LOVAT on the corner』を五反田にオープンさせたんです。

店名の通り目黒川から一本入った路地のコーナー。グリーンタイルのファサードが、いい意味で周囲から浮き彫りになっている。
1009LOVAT10月-22


開け放たれたエントランスから滲む喧騒は、五反田というよりは恵比寿か中目黒っぽい彩り。これまでちょっと遠くまで足を伸ばしていたお洒落なご近所さんには、ありがたい存在になると思うよ。

スタンディングバルだけど、スツールは数が揃ってるのでご飯もちゃんと食べたい人もゆったりと腰を据えられる。
1009LOVAT10月-24


LOVATゆずりのステーキは、肉質もいいし、ガーリックバターが絶妙。ポムフリの揚げ具合も”こういうの待ってたよ”というスタイル。
1009LOVAT10月-16


まりえと共にヒットだったのがアメリケーヌカレー。アメリケーヌソースってきくと、甲殻の出汁の効いた甘めのソースが浮かぶでしょ? ここのカレーはそんなイメージを見事に裏切るハーブとスパイス使いのケレン味が光る。
1009LOVAT10月-20



他にもブラートとトマトのサラダとか、春菊サラダ、バターチキンもいただいけど、まずはこの2皿を攻略するのがいいね。
1009LOVAT10月-6




恵比寿のLOVATと違って、グラスでマグナムのシャンパーニュは出ないけど、クラフトビールは美味しいの出してくるし、1時間くらいの滞在にちょうどいい仕様。

オープン直後だけど、少し遅めの時間は満席になってたし、1人客で前菜とカレー食べてサッと帰るスマートな使い方してる人とか既にいた。
1009LOVAT10月-19


平日夜のアペリティフ、2軒目使いというのはイメージつきやすいと思うけど、日曜日も遅めのランチタイムをやってるので(15:00〜)、家から散歩ついでにやってきて、夕方にディナーも兼ねた使い方とかしてみたいところ。
1009LOVAT10月-1-2


LOVAT on the corner
03-6420-0909
東京都品川区西五反田2-25-4 1F
日曜営業 15:00〜24:00

こんな風に肩の力抜けて洒落てるバルって五反田は他にどこがあるのかな?
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年09月25日

肉料理 それがし(五反田)肉酒祭り

0919肉料理それがし10月-17

肉割烹を気軽に、ハズすことなく食べられる『肉料理 それがし』。オープン以来、何度か来てるけど、連れてくる友人はだいたい悦んでくれている。

味のクオリティ、ポーション、お酒のラインアップ、程よい賑やかさ、そして支払い。地味だけどここに至るまでのバランスがちょうどいいのよ。
0919肉料理それがし10月-4




イタリアンだと、とあるラインは料理は安そうに設定して、あんまし値段言わないワイン合わせてきて、結局想定の1.5倍以上とかになってると、なんだかもう二度と行く気が起きないからね。
0919肉料理それがし10月-5



肉料理 それがしは、それとは真逆でこんなに攻めてこの価格でいいんだという話におちつく。だから接待じゃなく、友人を捕れて行きたくなるお店なんすよ。TOPの写真のカイノミやローストビーフに加え、こうした赤身肉も焼肉屋とは異なる印象を残してくれる。
0919肉料理それがし10月-14



もちろん、お酒もペースに合わせて好みを伝えながらのペアリング。今、胃腸炎で食えないけど、完調したら、こういうの食べようっと。
0919肉料理それがし10月-19

肉料理 それがし
03-6420-3092
東京都品川区西五反田1-4-8 秀和五反田駅前レジデンス 202
http://www.soregashi.jp/niku/


今度は「LOVAT」が五反田に!!
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ








 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2018年04月24日

とり口 (五反田)焼鳥エレガンス

0423とり口4月-12

五反田の焼鳥の新店『とり口』。山手通りに近いTSUTAYA裏あたりという知らなければ、中々足を踏み入れないロケーション。

外観は質感あるモダンなしつらえで、デートでも充分に使えるファサードだ。オープンして10日後くらいの訪問だったと思うんだけど、店内は賑やかでオペレーションも落ち着いてるように見えた。
0423とり口4月-38



ただ、後で大将やスタッフさんたちに話聞いたら、「全然寝てないっす」とナチュラルにキマってた状態だったらしい(笑)

大将の西口さんは中目の人気店「鳥よし」で長年キャリアを積んだ方で、仕事は安定感あるし、佇まいも実にいい。
0423とり口4月-19



焼鳥10串と小鉢などサイドメニュー10皿ついて5800円。お酒は日本酒は勿論、ワインもビオ系が揃っていて気分に応じて使い分けられる。
0423とり口4月-34



なんせ日本酒に関しては「酒場 それがし」の流れだし、ワインも「LOVAT」が系列ということで、ラインアップにスキがない。
0423とり口4月-3



最初に小鉢がいくつか並んで、串が焼かれるのを待つ。この小鉢の印象でだいたいお店の地力がつかめるんだけど、芽キャベツとかいい感じだし、つくねのスープが絶品。「あ、こりゃ、いい流れ来るな」と期待が高まる。
0423とり口4月-6




のっけに出てくる「かしわ」。肉感が良く柔らかさと弾力のバランスが絶妙。
0423とり口4月-10



つくねの、粗いテクスチャが引き出す力強さの演出も好み。単に強引なだけじゃなく、わきまえたエレガントさも含みにもっていてね。シャツを着た卵とカと云う名の要はポーチドエッグ。カラスミがいい!
0423とり口4月-17


ぼんじりのジューシーさは、脂の甘さとキレの良さで余韻が美しい。
0423とり口4月-22



女性はお腹いっぱいになるボリュームなんだけど、メンズ的にはあと2本くらい攻められそうで、手羽先の後にも攻めちゃいました。ソリとハツモト最高!!!!
0423とり口4月-29



串が終わった後は、にゅうめんとかき氷でフィニート。
0423とり口4月-36


とり口
03-6421-7254
東京都品川区西五反田2-28-10


オープン直後で、この賑わい、ま、実際これだけのクオリティ出してたら人気になりますな。気楽に寄れる価格帯だけに当家の御用達になりそう、予約さえ取れればね。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年11月02日

それがし (恵比寿)酒はもちろん飯が旨い

1013それがし恵比寿8月-10


五反田ではじまったの「それがし」は、「鳥料理 それがし」、「肉料理 それがし」、ワインレストランの「LOVAT」などバラエティも豊富で、ついついそっちに行きがちだったのよ。友人からのリクエストもあって、久々に恵比寿の『それがし』寄ったんだけど、日本酒はもちろん、料理の美味しさに改めて感激。
1013それがし恵比寿8月-11



オープン当初から刺身は美味しかったし、メンチカツもシグネチャーディッシュだったけど、いやいや貴方って、こんなに美味しかったでしたっけ? 男らしい肉のかおりが衣の中から立ち昇り、口の中でジワッと肉汁がほとばしる。
1013それがし恵比寿8月-12




次々に出てくる日本酒も的確にしてラインアップが豊富。コースも内容充実してるし、何でもっと使っておかなかったんだろう。
1013それがし恵比寿8月-6


それがし 恵比寿店
03-6416-3981
東京都渋谷区恵比寿西2-3-11 1F
http://www.soregashi.jp/ebisu/



和食がそろそろ食べたい頃。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:43|この記事のURLComments(0)

2017年10月25日

LOVAT (恵比寿)肉ワインレストランをスマートに遊ぶ

1012LOVAT9月-8

数多のレストランが集中している恵比寿において、今や、予約の取りにくいワイン&肉レストランとなった『LOVAT(http://www.lovat.jp/)』

ある時、どうしてもあのカイノミが食べたくなって、不意に寄ることにしたんです。ただ、予約はとりづらい雰囲気だったので「いつでもいいから。後で予約入ってる席でもいいよ、1時間も居れば充分だし、もしゲスト来たら直前で出るし」と。さすがにここまで嘆願すれば入れてくれました。

1012LOVAT9月-4




シャンパーニュボトルは、必ずマグナムというプロトコールが素敵。
1012LOVAT9月-1




いとしのタルタルステーキは、バゲットの上に。いや、これメッチャ泡が進みますわ。
1012LOVAT9月-5


LOVAT
渋谷区 東3丁目16−6
03-6427-9490
http://www.lovat.jp/

この時はなんで寄ったんだっけなぁ。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年06月29日

肉料理それがし (五反田)夏が似合う通える肉割烹

0628肉それがし5月-25

最近、都内でも肉割烹増えてきてるのは嬉しいトレンド。焼肉は進化が続きつつも飽和状態だし、熟成肉も淘汰フェーズに入って久しいので(いいお店は残って!)、このジャンルの良質な新店情報は、積極的に拾いたいです。

GW直後にオープンした『肉料理 それがし』は、それがしグループのホームグランド五反田の川沿い。敢えて控えめな看板に、「それがし」の美意識とプライド感じます。恵比寿のワイン&肉レストラン「LOVAT」がツボだっただけに、今度の新展開にも期待が膨らみますな。
0628肉それがし5月-12




お店は、シャビーな雑居ビルの外観とは裏腹に....
0628肉それがし5月-1




鳥料理 それがしを彷彿とさせる和モダン空間。
0628肉それがし5月-3




この日は、まりえと2人での訪問のはずだったんだけど、偶然にもたかちゃんがカウンターの隣席に。ボクは事前に聞いてたんだけど、たかちゃんの驚きっぷりが面白かった。いいお店には、こういう偶然を引き起こす力がある。証明はできないけど経験値として感じてること。
0628肉それがし5月-17






てな感じで急遽4人になったので、おすすめメニューでこの日の料理は組み上げてみました。これは外したくないですね、ローストビーフの卵黄ダレ。程よく刺しが入っていて、しっとりしたテクスチャになってるのがツボ。
0628肉それがし5月-5



イチボかな、ん、ハラミか?? 忘れたわ。それと牛タン、味わい的にも食感的にも程よいコントラストが箸をすすめる。
0628肉それがし5月-13



日本酒も好みを伝えれば自由自在にアレンジしてくれる。
0628肉それがし5月-23





敢えてツボだったメニューを2つだけあげるとすれば、黒毛和牛 カイノミ 泡醤油と粒マスタード。LOVATのカイノミ使いも上手いけど、どのDNAがここでも継承さえている。さすが、それがしの血統
0628肉それがし5月-21






そして、もうひとつは黒毛和牛のしゃぶすき。どーっすか、この大判っぷり。
0628肉それがし5月-26




こちらは、さっとシャブって卵にくぐらせ、
0628肉それがし5月-27





こんな感じでエロティークに仕上がったところでいただきます。
0628肉それがし5月-28







〆のオススメはこちらっすね、牛だし土鍋。肉片がゴロゴロと!!!
0628肉それがし5月-31





炭水化物を2ヶ月間控えてる身からすると、自ら食テロしてる感じっす。
0628肉それがし5月-32




担々麺も肉が旨い。
0628肉それがし5月-35




かき氷もふわっふわ。
0628肉それがし5月-38


肉料理 それがし
03-6420-3092
東京都品川区西五反田1-4-8 秀和五反田駅前レジデンス 202
http://www.soregashi.jp/niku/



食感で色々遊べるし、冷たい肉料理もあるからこの夏通いそうな予感。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




続きを読む

kyah2004 at 23:24|この記事のURLComments(0)

2017年04月02日

LOVAT (恵比寿)当家の行きつけの肉食堂

0402LOVAT3月-3

過去に何度も書いている恵比寿の肉レストラン『LOVAT』、最近では大繁盛店になってしまい当日のフラ寄りができなくなっているのだけど、隙間時間使いという新たな贅沢な使い方を試みてみた。

この日はBLUENOTEで"Esperanza Spalding"のライブだったので、その前に。お店に行ったらちょうど20:15までなら大丈夫ということで(開演は20:20)、45分の滞在でめいっぱい愉しませてもらった。

0402LOVAT3月-9




「LOVAT」の何がいいって、とにかく酒が旨い。グラスのシャンパーニュは毎日マグナムボトル。ワインの値付けもこなれてるしね。さすがに45分滞在なので、ボトルのオーダーは自粛します。そんな飲んだら、ライブ中に撃沈ですわ。

0402LOVAT3月-1




新メニューのタルタルステーキと、定番の肉たっぷりのボロネーゼ。このモチってした食感も癖になる。

0402LOVAT3月-6

LOVAT
渋谷区 東3丁目16−6
03-6427-9490
http://www.lovat.jp/


週末なら終電終わってから食べいきたい。そこなら予約無しで行けそうだし。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

2017年02月26日

LOVAT (恵比寿)極上のワイン&肉食堂はカイノミが凄い

0227LOVAT1月-13

愛してやまない恵比寿のワイン&肉レストラン『LOVAT』、最近は中々予約も取りづらくて狙った時にハメられないのが悩み。

肉が旨くて、質のいいワインがリーズナブルで、そのうえ深夜まで営業しててグラスのシャンパーニュは必ずマグナム。そりゃ、価値のわかる人はリピりますわなァ。
0227LOVAT1月-20





イチ推しはTOP写真のカイノミのグリルだけど、このカツレツも捨てがたい。
0227LOVAT1月-12



見てよ、この輝き。
0227LOVAT1月-9





選んだワインはパトリッククルジェのCotes de Nuits Villages 、ヴィンテージは2007年かな。いい仕事してくれました。
0227LOVAT1月-15





デザートもセロリのソルベやキャラメルアイス、大人しか向いてないプリンなど秀逸なものが並ぶ。唯一カフェがあったかどうかすら覚えてない…、もう少しカフェ充実すればいいのにな。そこだけが惜しい。
0227LOVAT1月-5

LOVAT
渋谷区 東3丁目16−6
03-6427-9490
http://www.lovat.jp/







ということで、食後は『パルテノペ』のバルで伊藤さん夫婦と落ち合いプチ二次会。今は他店に移籍しちゃったササーとのパルテノペで最後の”サルーテ”
0227LOVAT1月-3



しかも、先月行ったワイナリーのワインを発見、聞いたらカンパニア州のサン・サルバトーレのワインは、都内で一番と言っていいくらいの取扱量なんだそうで。
0227LOVAT1月-2



最後に間違いのないカプチーノで〆
0227LOVAT1月-1


パルテノペ 恵比寿店 (Partenope)
03-5791-5663
東京都渋谷区恵比寿1-22-20 恵比寿幸和ビル 1F
http://www.partenope.jp/shop/ebisu.html



美味しいものは誰と食べるか、そして自分の舌と感性での判断が大事。
偏差値主義のクチコミサイトを信奉する世の中はちょい偏りすぎ。人によって好みなんて違うし、多様性の時代にひとつの価値観に奉じるって勿体なくない?? 

もちろん、このブログもあくまで個人主観の集合体ゆえひとつのソースにすぎない。情報リテラシーとは、情報を整理して満足するのではなく、使いこなすというものが求められる時代。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

2016年09月25日

LOVAT(恵比寿)カイノミとワインで溺れた夜

0926LOVAT8月-16


何度も通っている恵比寿のワインレストラン『LOVAT』、ジャンパーニュのグラスは常にマグナムで1000円くらいだし、質のいいワインが安く、それに合う肉がたまらなくそそるのよ。それでいて深夜まで開いてるから、シャンパン&スイーツ使いもしてみたりと自由自在。こちらは夏本番直前の訪問メモ。

0926LOVAT8月-2




肉以外も前菜はしっかりした素材を手をかけていたりと丁寧なのよ。ブラータと桃とトマトを使った夏らしい前菜。
0926LOVAT8月-3




このハツとかもはや前菜ですから。刻み山葵と燻製醤油なんて日本ならではのアプローチも。
0926LOVAT8月-9



ワインもたいていは10,000円以下で7,000円前後に面白いワインが揃い踏み。
0926LOVAT8月-8



入荷がない日もあるけど、絶対食べてほしいのがこのカイノミ。赤身と脂のバランスが絶妙。そして、〆のボロネーゼもお忘れなく。
0926LOVAT8月-17


LOVAT
渋谷区 東3丁目16−6
03-6427-9490
http://www.lovat.jp/


何度も行ってるけど、やはりいい。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

2016年04月02日

LOVAT (恵比寿)価値を識る大人のためのワインレストラン

0402LOVAT2月-14

お気に入りの恵比寿のワインレストラン『LOVAT』。

何故、ここに通うかというと肉料理がちゃんと
仕事していつつ、ワインが安すぎるから。
初回訪問時にワインリスト見て驚いたわ。
グラスのシャンパーニュも、マグナムボトルだし。


ただ、ここの価値はある程度のリテラシーがないと
理解できないかもしれないので、どう言えばいいかなぁ…
0402LOVAT2月-1




とにかくね、肉がそのままじゃないのよ。
きちんとした火入れに、作りこまれたソースだから
単なるグリルの表現を超えた豊かさがあるのね。
0402LOVAT2月-6





牛たんもこう来たか…、焼肉屋とはまったく
違った角度で魅力を浮き彫りにしてくれる。
0402LOVAT2月-9





渋谷橋からすぐなのに、ひっそり隠れた感も大人向き。
0402LOVAT2月-2


LOVAT
渋谷区 東3丁目16−6
03-6427-9490
http://www.lovat.jp/


ワインのCPは異常です 笑
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ


続きを読む

2015年11月15日

LOVAT (恵比寿)深夜のワインと肉好きの貴方へ

1106LOVAT11月-0


恵比寿、渋谷橋から明治通りを少し渋谷方面に進んだあたり。
リキッドルームの横にOPENしたワインレストラン『LOVAT』。
恵比寿エリアにありそうでなかったのよね、この感じ。

質のいいワインをリーズナブルな価格で愉しみながら、
アラカルトで気分にあった料理をつまむスタイル。

お得感の高いワインが揃ってるので、自然とワインが主役には
なるんだけど、料理も単なる脇役にはおさまっていない。
主役クラスを張れる料理群が、敢えて控えめに下がっていて
「別にコースとか押し付けないから、今の気分で好きにしなよ」
って大人の余裕感が漂っているんです。

そんなメッセージがメニューから伝わってくるし、
お店のスタッフも、そんなスタンス。そのくせ料理が
期待以上に美味しくて、ボクもまりえも瞬時にお気に入りに。
カウンターも半個室もあって、シーンによって使い分けられる。
1115LAVOT11月-23




ご存知の通り、ビストロでもピッツェリアでも、トラットリアでも
ガストロノミーでも選びたい放題な恵比寿なんだけど、こういう
スタイルって、案外少ないのよ。安いワインと安い料理で、
それなりの満足感を醸成するお店とか、いいワインがリーズナブル
だけど、料理もコース仕立てで気楽さには欠けるとこはあるんだけどさ。

この2008年のドニ・モルテが14000円くらいで、
トップの写真のカイノミのステーキが3000円以下。
ワインの値付けがかなり戦略的なので、知ってる
人なら、まずワインから選んじゃうと思う。
7000円くらいでも「これ、頼みたいな」という
ワインが並んでたし。
1115LAVOT11月-15




食べてみればわかるけど、これだけ美味しい料理を出す力を
ありながら、お客さんに押し付けない空気感って、なんか
カッコイイし、お店に向かう時のハードルが低くなる。
1115LAVOT11月-11




結果、美味しくてたくさん食べちゃうかもしれないけど、
最初のハードルを下げているところは、なんか惹かれる。
1115LAVOT11月-14



冒頭にもチラっと書いたけどm恵比寿エリアって、意外に深夜に弱いのよ。
BARとか酒場系はやってるけど、ちゃんと美味しいものが深めの時間に
食べられるレストランって少ないのよね。
六本木、西麻布、麻布十番と違って、やけに健康的なんです この町は(笑)
1115LAVOT11月-20




料理はワインレストランと謳ってるだけあって、ワインに
合いそうなフレンチやイタリアンがメニューに並んでいる。

この日はとにかく肉気分で、ハンバーグとか牛ハツのグリルとか
ワインにより沿うメニューを頼んだんだけど、どれもソースの
ひと仕事がしっかりされていて、単に素材ドーンってお店より
ワインとのマリアージュをしっかり愉しむことが出来た。
1115LAVOT11月-27






そうそう、グラスのシャンパーニュがマグナムボトル
なのも、LOVATに心を奪われた理由のひとつ。
オレの筆力が弱めで、この”ありそうでなかった絶妙感”が
キチッと伝えきれてないのがもどかしい(笑)
1115LAVOT11月-29


LOVAT
渋谷区 東3丁目16−6
03-6427-9490
http://www.lovat.jp/


こりゃ年内、何度も使いそうだな、オレ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む