USHIGORO S を含む記事

2020年06月11日

USHIGORO S ( 西麻布 ) 田村牛をおうち時間で

USHIGOROS2020-16

西麻布『 USHIGORO S 』のお弁当は、田村牛を使ったさすがのハイクラス

田村牛のザブトンとローストビーフのトリュフ弁当は5500円、この内容を考えると極めてリーズナブル。つけだれと生姜醤油が別添えされているので、最後に自分味にチューニングできる
USHIGOROS2020-12




うーん、パッケージも実に洗練されている。これ、全国に発送できるようにならないかな。友人らに東京クオリティの焼肉体験を届けたい
USHIGOROS2020-3




お弁当は2種類。もう一つは、田村牛の厚切りサーロインの厳選焼肉弁当。これも、さっきと同じ価格。

どっちも美人で困るんだけど、敢えてどちらを選ぶならばコチラかな。サーロインの脂の気品、舌の上で溶けるようなテクスチャは、おうち焼肉ではそうそう体験できない領域。こんな肉を調達するのは、素人にはハードル高すぎる。
USHIGOROS2020-9




しばらく続いたSTAY HOME期間に、色々と凄い肉がおうちにも調達できることはわかった。でも、責任持って火入れできるか自信がなくて、なかなか手が出せなかったのよね。焼肉の味付けも、こんなに上品なタレ作れんし。

ゆえに、こうして完成形で届けてもらえる価値ってPricelessなのよね。しかもおうちテラスでいただけるなんて、今まで考えもしなかった贅沢時間。コロナ禍と言われているけど、コロナ幸な側面もあるんすよね。
USHIGOROS2020-13

焼肉 うしごろ
03-3406-4129
東京都港区西麻布2-24-14 バルビゾン73 1F
http://www.ushigoro.com/jp/



梅雨前の近所散歩では、テラスカルチャーが育ってていい感じ、この流れは無くならないで欲しい 。

みんな、テラス席が気持ちいいこと気づいちゃったでしょ? 昼呑み最高でしょ?
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2020年03月12日

うしごろ(西麻布)大胆な和の焼肉っぷりに惚れる

うしごろ西麻布2020-12


昨年の秋に『うしごろ 西麻布本店』行ったら、季節のコースがいい冒険っぷりで昂ったのよ。

「じゃ、冬はどうだ?」と、また季節メニューを食べに行ってみました。
うしごろ西麻布2020-34



結論、より大胆になっていて、和のエッセンスの取り入れ方がいわゆる肉割烹よりも振り切れていたのが好印象。
うしごろ西麻布2020-30



ミシュランスターの肉割烹って、”ここまでやっちったら、やりすぎかなぁ”というラインがあると思うんだけど、そういう縛りが少ない分、フットワークが効いて挑戦がうまい具合にキマってた。
うしごろ西麻布2020-2


のっけからボタン海老とクリのユッケに酢飯なんて、シャンパーニュに合うしさ。クリームチーズとキャビアと、クリのタルタルも、かたくるしい事抜きでいい感じ。
うしごろ西麻布2020-6


出汁醤油で漬けたタンを薄切りにして、白子に合わせるというのも期待以上のアッビナメント
うしごろ西麻布2020-18




ずわい蟹と合わせたクリは赤み強め。
うしごろ西麻布2020-22



これを蟹酢でいただくんだけど、実にバランスがいいのさ。なんか、お正月みたいな、おめでたさを感じる一皿に。
うしごろ西麻布2020-24


特に印象に残ったのは、上の料理たちだったけど、全体を通じて振り切った感じが、バンビーナでもなく、USHIGORO Sでもなく、新しいうしごろ西麻布 本店らしさなのかなと感じた次第。
うしごろ西麻布2020-37


毎年、進化の著しい焼肉業界。年末ころにはどんな景色が見えてるんだろうね。
うしごろ西麻布2020-39

焼肉 うしごろ
03-3406-4129
東京都港区西麻布2-24-14 バルビゾン73 1F
http://www.ushigoro.com/jp/



イタリア、新型コロナ対策で薬局と食品店除く全店舗を閉鎖へと。ここまでやるか…、日本はこんなことなって欲しくないわ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:41|この記事のURLComments(0)

2020年01月19日

うしごろ (西麻布)松茸と焼肉

うしごろ西麻布2019-4

久しぶりに『うしごろ 西麻布』へ。

秋の限定 松茸メニューの頃の話。「USHIGORO S」や「うしごろ 銀座 並木通り店」に最近は行きがちで、久々に西麻布 本店に行ったんだけど、こちらも進化してましたね。
うしごろ西麻布2019-15



焼物も単に焼くだけじゃなく、料理として成立するようなところまで落としこんでいるのが”らしい”
うしごろ西麻布2019-18



ワインもグラスのクオリティはまだ課題アリだけど、人数が揃えばボトルをオーダーすれば解消できる問題。
うしごろ西麻布2019-9



あちこちで、すっかり定番となったヒレカツ
うしごろ西麻布2019-21




シャトーブリアンにトリュフを削ることで差別化も
うしごろ西麻布2019-25




こちらのサーロインの大判はすき焼きで
うしごろ西麻布2019-27





こういうのには赤ワインが合いますな。
うしごろ西麻布2019-31



トリュフの食感を残した包み焼きも新鮮。
うしごろ西麻布2019-11



今年は、松茸が不作で秋のこの特別コースが体験できたのはかなりレアだったっぽい。松茸そばで〆なんて嬉しい演出じゃない?
うしごろ西麻布2019-34


焼肉 うしごろ
03-3406-4129
東京都港区西麻布2-24-14 バルビゾン73 1F
http://www.ushigoro.com/jp/



久しぶりだったけど、さすが本店。相変わらずゲストの美人率が高かったわ
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ

続きを読む

kyah2004 at 22:31|この記事のURLComments(0)

2019年06月19日

USHIGORO S(西麻布)焼肉の進化とワイン

USHIGOROS2019-9


肉割烹の台頭とともに、ハイエンド化をすすめてきた焼肉。シャトーブリアンという単語の認知度もかなりあがったと思うし、すき焼きスタイルとか、さぶしゃぶとか、カツサンドとか、かつての「焼肉」という単語からは、想像できない広がりをみせている。
USHIGOROS2019-29


昔はキムチがあるからワインを合わせるのが難しい...なんて言われていたこともあったけど、いまではキムチを見ない焼肉のほうが(ボクは)一般的。
USHIGOROS2019-13




塊肉の焼物やタレをあまり使わない焼肉も増えてきたことで、ワインとのマリアージュの可能性はより広がった。それにオレンジワインのような個性の強い味のものに対応できるワインも浸透してきたことも追い風だしね。
USHIGOROS2019-40




というわけで、この日の『USHIGORO S』はワインと愉しむ肉宴に。
USHIGOROS2019-37




W杯やオリンピックは富裕層をもっと広げるチャンスだと感じてます。つーのも”最高のWAGYUが楽しめる店”と認知したら、ワインの予算とか全然変わってくるし。たとえば、シンガポールでは焼肉の会計1人10万円だったところで、富裕層からしたら日常の範囲内。
USHIGOROS2019-31



彼ら彼女らにとっては時間のほうが遥かに大事なので、「最高のWAGYU体験をしたい」と思ったらいいワインを選ぶというのは極めてナチュラルな行動なんすよ。
USHIGOROS2019-17



映画「クレイジーリッチ」じゃないけど、日本と異なり若い富裕層が多いアジアは、飲食に対する向き合い方も日本よりアクティブ。こういう客層を取り込まないのはインバウンドビジネスにおいてチャンスロスでしかない。
USHIGOROS2019-34


挑戦者たちのおかげで、海外でもクオリティ高い焼肉が楽しめるようにはなってきています。とはいえ、そこはホームアドバンテージでやはり日本のWAGYUは力強く繊細。それに肉ひとつで、ここまで緩急つけた流れや味の変化を出せるっていうのも改めて考えてみるとスゲーなと。
USHIGOROS2019-43

USHIGORO S
050-5593-9891
東京都港区西麻布2-24-14 バルビゾン73 B1F
http://ushigoro-s.com/


ワインが焼肉と合う未来があるなんて、大学生の頃のオレには想像もつかなかった。

というか、お酒が今よりも更に弱くて、美味しいと思えなかった時代があった事自体が懐かしい
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 12:43|この記事のURLComments(0)

2019年02月05日

USHIGORO S(銀座)洗練の焼肉道

USHIGORO S2018-52


全室個室で焼き手のつく『USHIGORO S』。急成長した焼肉グループ「うしごろ」のフラッグシップ。同じグループの『肉割烹 上』はミシュランスターを取っていて、正直クオリティは同レベル。焼肉というカテゴリーのためミシュランをとっていないだけで、満足度は決して引けを取っていない。

銀座店は、西麻布と基本内容は同じだけど、ここのみの限定コースってのもあるんです。

USHIGORO S2018-45



1日1組限定で、月齢32ヶ月の田村牧場のサーロイン使ったり、有名な農家の瀬戸さんが育てた三田牛とか、いわゆるブランド肉を贅沢に使った銀座らしい組み立て。
USHIGORO S2018-5




さすがは銀座という土地柄か、こうした銘柄牛を続々と挿し込んだコースだけど、ギラギラ感がなく、品よくまとまってるんですよね。無理がないと言うか、肩に力が入ってないようにみえるというか。
USHIGORO S2018-32



ハイクラスの焼肉店の場合、刺しが強めで後半ヘタってきて「実はもう食えんのです…」というオーバードーズ状態になることもあるんだけど、ここは脂もボリュームも過剰さがなく、本当に絶妙な加減で食後の余韻を愉しむことができる。
USHIGORO S2018-27




たとえば前菜の牛刺。ここでTOO MUCHな脂を感じたら、最後まで走り切るのは不可能になる。ボクは最後まで美味しくいただきたいので、ペース配分は超重要。
USHIGORO S2018-8





白センマイをベルーガのキャビアや生カラスミと合わせちゃったら、シャンパーニュ欲しくなりますがな。
USHIGORO S2018-12





イチボの上に、根室のバフンウニと醤油を数滴垂らして、とかね。こういうのも決してやりすぎないのがキモ。ケバくなったら飽きるのも早くなるからね。
USHIGORO S2018-15




焼肉というカテゴリーではあるけど、ゲストは自ら焼く必要がなくスタッフが完璧な火入れで取り分けてくれる。こちらは神戸牛タン元の特厚ステーキ。
USHIGORO S2018-20




焼肉は火入れという極めて重要な作業をお客さんに任せてしまうことで、食べる人によってムラが出てしまうというリスクを孕んだ料理でもある。

こんなスゲー肉を失敗することはできない。身を任せていればいいというのは、外国人ゲストにとってもポジティブだと思うんだよね。このタンの美味しさは途方も無いもので、前半のクライマックス。
USHIGORO S2018-21




みるからに美味しそうなサガリ。まだこれは見覚えのあるビジュアルじゃないかな、ハラミとひとくくりに言われることも多い。
USHIGORO S2018-25




食べたときに”これがあのハラミなのか…”と、唸ることになるのは必至(笑)
USHIGORO S2018-29








リブ巻きの肉素麺をお出汁で。オクラなどの粘りある野菜が肉とお出汁のブリッジになっている。
USHIGORO S2018-34





生牛メンチカツという発想勝ち。衣のカリッと感と生肉&ちょい火入れした赤身が、テクスチャと味に色気を纏わせている。
USHIGORO S2018-37





サーロインに牛出汁をかけして仕上げるしゃぶしゃぶ。眼の前で仕上げてくれるので、肉のベストなコンディションでしゃぶしゃぶをいただけるのよ。お出汁をかけるって発想がイイ。
USHIGORO S2018-41





ここからラストスパート。これは月齢32ヶ月の田村牧場のザブトン。濃厚にして旨味の強い徳島県産の阿波育ちという卵に絡ませ、最後にトリュフを削って完成。上から2枚めの写真が、その完成形。これもね、キモは脂が強すぎないこと。もう、アラフィフなんで脂が強過ぎるとダメージでしかありません。
USHIGORO S2018-44




こちらのステーキは生産農家の瀬戸さんが育てた三田牛。月齢35ヶ月サーロインだけど、こんなに厚みがあるのに刺しが強すぎない。適度な脂でモソッと感もなく、ぺろりとたいらげてしまう。

USHIGORO S2018-55




クライマックスは、三田牛のステーキなんだけど、肉の余韻にひたれるように牛丼で〆ることができる。こちらも田村牛のザブトンに実山椒をふんだんに使った至極の牛丼USHIGORO S2018-57





さすがにスター選手のあとの出番で霞んでるけど、ランチでこれだけ食べに来たい(笑)
USHIGORO S2018-62


焼肉ってどこまで進化するんだ?と、異次元領域を体験できる『USHIGORO S』。問題はここらの領域を知ってしまうと、後戻りがツラいのよね。恐怖の片道切符になるかもだけど、せっかく日本に生まれて、これを知らないのはもったいない。


USHIGORO S. GINZA
03-3289-1129
東京都中央区銀座7-7-7
GINZA777 ADC BUILDING 6F
http://ushigoro-s.com/





あとは、ワインを自然派増やすとか、センスのいいプレミアムワイン増やしてくれると、もっと凄味を増すと思うんだけどね。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


そこそこリアルタイムなInstagramはコチラ。



続きを読む

kyah2004 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2018年12月20日

うしごろ 並木通り店(銀座)原点帰りのパンチ力

1216うしごろ並木通り店2018-52

肉割烹「上」、ハイエンド焼肉「USHIGORO S」とエレガントなタッチにふってた焼肉「うしごろ」。新店の『並木通り店』では、久々に焼肉らしい方向へと原点回帰。



牛タン、ハラミといった定番が、いつものごとく期待を2歩ほど超えるクオリティ。
1216うしごろ並木通り店2018-31




このタンのテクスチャはエロスの極み。
1216うしごろ並木通り店2018-29



焼いてもらえるので完璧なコンディションでいただけます。
1216うしごろ並木通り店2018-24


九条葱をたっぷり使用したヤンニョムをサーロインで巻いて焼き上げるすき焼きは、徳島の濃厚な卵あわそだちと合わせて。
1216うしごろ並木通り店2018-46



焼肉の原点に戻っているようで、新たな領域の開拓を感じた一皿。
1216うしごろ並木通り店2018-50




黒タンバーグのアプローチも新鮮にして、納得度の高い仕上がり。やっぱしスゲーわ。
1216うしごろ並木通り店2018-21




この状態を見るだけで、ヤバさが伝わりますよね。
1216うしごろ並木通り店2018-34




クミンとオリジナルのデミグラスソースを従えて呂布のごとく場を支配していましたね。もれは新しいハンバーグ体験。
1216うしごろ並木通り店2018-38






これなんだかわかります?  周囲はご覧の通り白トリュフですが
1216うしごろ並木通り店2018-12




中からヒレカツレツが!!  う、うんまい…。これぞ肉の聚楽第。
1216うしごろ並木通り店2018-17

さすがにオプション料金にはビビりましたがww



あ、もちろん前菜の肉の刺し盛りからして美味よ。ザブトンのニギリとウニはパンチあってうまいし、希少部位のクリとキャビアの組み合わせもエレガント。キャビアがエロくはなくて繊細なのね。
1216うしごろ並木通り店2018-6



てな感じで、また違ったベクトルの「うしごろ」を体感できて刺激的。


焼肉うしごろ 銀座並木通り店
03-3572-1129
東京都中央区銀座5-4-9 ニュー銀座ビル 7F


完全に師走に忙殺されてますが、人生愉しいので走りぬけるしか無いっすね。動けるうちに動かないと。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



Instagramはコチラ。


続きを読む

kyah2004 at 07:30|この記事のURLComments(0)

2017年11月29日

和牛割烹 上 (西麻布) 焼肉のその先へ

1029肉割烹上8月-6

この夏オープンした『肉割烹 上』。東京というか日本でもまだまだ黎明期の肉割烹というジャンルの本格店が、東京に出来たのは嬉しいニュースでした。

場所は西麻布「うしごろ」のB1、『USHIGORO S』の向かい側。凛としたカウンターが佇む大人の空間は、これまでの「うしごろ」とは一線を画する印象。焼肉だとカットの様子までは中々見ることができないけど、ここでは終始肉の仕事を見ることができるプラチナシート。

1029肉割烹上8月-7




このタタキはとうがらしだったっけな。このロゼカラーの美しきこと。当然のことながら、焼肉よりも軽やかな流れなので、毎日とは言わないけど、頻度上げてもリピりたくなる繊細な味付け。

1029肉割烹上8月-15





シャトーブリアンを唐揚げって、なんてラグジュアリーな使い方。これも、肉割烹ならではの遊び。ねっとりした食感が実にエロティーク。
1029肉割烹上8月-21




亀の子にチーズを削りがけした前菜。こういうの、九平次みたいな日本酒とマリアージュしちゃうところが面白い。
1029肉割烹上8月-18




最後はしっかりと肉塊が焼かれます。
1029肉割烹上8月-26





このあたりは、さすがの一言。ただ欲を言えば、隣の「USHIGORO S」の川岸とか使っちゃってみてくれちゃったら、更に昂ぶるかもしれません。
1029肉割烹上8月-33





雑炊でほっこりと〆
1029肉割烹上8月-37




デザートまで合わせると15皿近くが並ぶけど、帰り路の胃の具合はちょうどいい塩梅。
1029肉割烹上8月-40


肉割烹 上
050-5594-1508
東京都港区西麻布2-24-14 バルビゾン73 B1F
http://jo-tokyo.jp/


2020年に向けて、こういう提案は流れだなと。あとはハラル対応なお店が増えるといいんだけどな。WAGYUっていうハラルな富裕層も憧れの食材あるので、その辺の焼肉屋だけじゃなく、こうしたハイエンドな肉料理やさんの味付けで食べさせてみたい。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む

kyah2004 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年09月14日

うしごろS (西麻布)焼肉エレガンス

0906うしごろS7月-66


ハイクラスな焼肉とひとくちにいっても方向性は様々。

肉のパワーに溺れたいという人には市ヶ谷の「なかはら」とか向いてそうだし、斬新な感動なら骨董通りの「よろにく」とか合ってるんじゃないでしょうか。

そして、フレンチや日本料理のコースを食べ慣れている人には、西麻布の『USHIGORO S(うしごろS)』がきっと刺さる思います。
0906うしごろS7月-2



『うしごろS』は、この夏オープンしたばかりのハイエンド焼肉。但馬の川岸牧場と鳥取の田村牧場で構成される肉宴は、焼肉ってここまで洗練させられるものか…と悦びを超えて心がざわめくレベル。
0906うしごろS7月-20





いい肉を使っているというのは勿論重要な要素だけど、引き算が上手なとこが大人心を掴みます。
0906うしごろS7月-60





うんとね、もういい歳なんで脂の波状攻撃はツラいんです。そしてボリュームはそこそこでいいのよ。

様々な種類の肉を食べたという満足に浸りながらも、体感的に腹八.五分目くらいが 次も訪れたいって欲求がMAX値になると思う。ソレ以上だとしばらく再訪しなくていいよ…って感じちゃうのが本音です。ちなみに一番手前の握りはザブトンの炙りを赤酢シャリと合わせたもの。福井の地芥子がアクセント
0906うしごろS7月-12



あと、ここ重要なんだけど、全室個室で焼き担当がついてるのもエレガンスのポイント。焼きのプロがいるから、肉のポテンシャルをしっかりと引き出してもらえる。

コースは14,000円からなので(3名だと2万円でした)、これで火入れ失敗したら泣き入るでしょ。オレ、酔っ払ってそんなプレッシャー負いたくないしw
0906うしごろS7月-32






にんにくは殆ど使わず、タレも独自の調合で味付けは控えめ。お出汁の美味しさや、品のある脂の味が、自然と浮き彫りになる加減が好き。
0906うしごろS7月-34





おかげで、シャンパーニュやブルゴーニュの繊細なワインがしゃかりきマリアージュ。
0906うしごろS7月-40






写真で見てる以上にコースには緩急がつけられていて飽きがこないし、一品一品の完成度が高い。
0906うしごろS7月-38






例えば、シャトーブリアンとう同じ部位でもカットや火入れによってぜんぜん違うキャラクターに魅せてくれる。
0906うしごろS7月-47





焼肉マニアというよりは、様々なジャンルのガストロノミーを食べ歩いてる人の方が素直に反応がいい気がするね。
0906うしごろS7月-53




難しいことは方っておいて、自分の感覚で感じてみよー

「Don't think, feel.」

0906うしごろS7月-67





川岸牧場は、塊肉がほんと相性いいですね。
0906うしごろS7月-71




〆のラーメンまでエレガンス。
0906うしごろS7月-78





2020年、外国人が殺到するお店になって欲しいね。こういう日本も知ってほしい。
0906うしごろS7月-1


USHIGORO S
050-5593-9891
東京都港区西麻布2-24-14 バルビゾン73 B1F
http://ushigoro-s.com/


本場のWAGYUってスゲーだろって、世界にドヤ顔したいっす。
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む

kyah2004 at 23:53|この記事のURLComments(0)

2012年12月26日

うしごろ (西麻布)WINEマストの『極みのコース』

1226うしごろ-0


恵比寿という町のアクセスの良さ、リーズナブルな価格設定から
友人との気軽な肉焼き使いは、ここんとこ「うしごろバンビーナ
の出番が多め。味付けはパンチ強過ぎるとも感じるけど、価格と
満足度とのバランス考えると日常使いに向いててね。


ただ、こないだ久々に西麻布の本店行って、新しくできたばっかの
「極みのコース」食べたんだけど、“やっぱこっちは別格だゎ..”としみじみ。
進化具合に驚いたし、挑戦続けてるスタンスに好感度もアップ。
1226うしごろ-8




これまでの「うしごろ」と言うと、薄くカットされた希少部位の
焼肉というイメージが強かったんだけど、「極みのコース」は
厚めのブロック肉も組み合わせてきてるのね。

これぞ肉のエアーズロック、そそり立つレッドクリフ!!
1226うしごろ-20




そして、リクエストすれば、スタッフが抜群の火加減で焼いてくれる。
実は、ここって凄い大事なんすよね。友人の肉聖が良く言ってる
セリフだけど「焼肉は食べる側のリテラシーが強烈に要求されるんです。」



大判の薄切りは油断してたらすぐ焼きすぎちゃうし、厚切りブロックは、
火入れが目に見えないので、中がレア過ぎたり、逆に焼きすぎたり...。
この火加減次第で全く印象が変わるので、正直ポテンシャルを
引き出せてないヒト 多いと思うんスよ。ボクも肉聖の友人に会うまでは
焼肉の美味しさ、1/5くらいしか引き出せてなかったと思う。

焼きスキルの低さに加えて、そもそも希少部位なんて
どれがどんな味かわからなくて、選べなかったからね。
1226うしごろ-12




「うしごろ」は、たとえ肉聖の友人がいなくても、
たとえ希少部位に対する知識が少なくても、
焼肉に対する新しい印象を植えつけてくれるはず。
そのための”流れ”つくりは抜かりないし、お店の
スタッフもサポートちゃんとしてくれるしね
(言わないと無理かな? ボクは肉のためにも
 焼いて下さいってお願いしてるので)
1226うしごろ-6




「極みのコース」で特にヤバかったのが極厚ヒレ肉。
外のサクッとした歯ごたえ、中のレア部分の舌触りのエロさ。
このコントラストが半端無く「何これ、ウメー!」って
自然と声が漏れちゃう始末。
1226うしごろ-24



と同時に、ワインが我慢できなくなって、即効でオーダー。
焼肉屋でワインがここまで欲しくなったの初めてかも。


いくら肉がワイン向けでも、雰囲気が合わなかったら
焼肉屋で美味しいワインを開けようって気分には
なりづらいんでね。ボクにとってはワリと新鮮な体験。
1226うしごろ-29




みんながアガる鉄板メニュー
ザブトンのすき焼きもコースに
入ってますのでご安心を。
1226うしごろ-38




焼肉 うしごろ
03-3406-4129
東京都港区西麻布2-24-14 バルビゾン73 1F
http://www.ushigoro.com/jp/



インテリアがデート使いに耐えられるし、個室もあるんで
ビジネスシーンでも覚えておくと便利。つか、行くたびに
思うんだけど、お客さんに綺麗な子が多いのはナンで?
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


続きを読む