2005年05月14日

シンガポールHOTEL編 其ノ弐 Swissotel アクティブ派へのお薦め

スタンフォード
旅のHOTELは使い分ける。
ゆったりしたい用のHOTELと、
アクティブに動く時のためのHOTEL。

あんまHOTELいない日に、高いHOTEL
泊まるのってもったいないし。

というわけで、到着日と帰る日はマーチャンコート。
アクティブな3日間はスタンフォードにステイした。
特に気にしたわけでもないけど、両方ともラッフルズ
インターナショナル参加のスイソテル系列。


フラトンよりスタンフォード2

まずはアジア一の高層HOTELから。
シンガポールどこにいても目印になるこのHOTEL。
この写真はフラトンからの一枚。


<SWISSOTEL STANFORD>
フラトンよりスタンフォード
73F建、高さ221.6mを誇るスタンフォードから。
予約していたデラックスハイは39F以上、
チェックイン時に夜景の綺麗なマリーナ側をリクエスト。
HOTELを移動してきたこともあって、チェックインは11:00。
http://www.swissotel-thestamford.com/


朝食は2Fのサン・ルームみたいなとこや、ローカルフードの店。
そしてプールサードでもビュッフェ形式でいただける。
プールは欧米人比率が高く、ヴァカンス指数高し。
テニス・コートもあったけど、オレの腕では壁越えそうなので自粛。
スンゲー汗出そう。

このHOTEL、ウリは高さだけでは無い。
どこにいくにもアクセスがいいのだ。
シティ・ホール駅に直結しているので、
電車でオーチャード方面に行くにも楽チン。
(オーチャードのパラゴン)
ぱらごん



さらに地下街が繋がっていて、サンテック・シティモールに
雨にぬれずに行ける。この地下街、いい感じのカフェが多い。
靴屋もサンダルとかかわいいし、日本にいるのとかわんない。
つーか銀座の地下街なんて比にならない綺麗さとセンスの良さ。
(ポスター、ディスプレイは東京レベルのショップ)
ショップ地下街



徒歩1分以内で言うとラッフルズHOTELは真横、
オサレな飲食店が集まったチャイムスも隣接している。
(ラッフルズホテル)
ラッフルズ

TAXI乗り場も多くすぐに拾えるし、どこにいくにも近い。
アクティブ派には絶対お薦め。
これで¥14200(ルームチャージ)はCP抜群かと。



さて、そろそろ部屋に入ってみよう。
スタンフォード部屋中より
カードキーを入れて、部屋を奥にすすむと、嬌声があがる。
この景色は素直に気持ちい。部屋はフツーだけど、
特に期待をしていなかったから、不満は全く無い。


遠景
バルコニーからは、ビジネス街を望める。
更に視線を右に移すとクラーク・キー。もちろんフラトンも見える。
ヨーロッパでもそうだけど、まず最初に高いトコに登る。
町を上から俯瞰することで、ガイドブックの地図が生きた地図になる。
そして自分で歩くことで、点がつながり、自分なりのその町への
理解を深めていく。誰にならったわけでもないけど、いつの間にか
みについていた習慣。そういやフランスのトラムも必ず見晴らしの
いい場所に行く気がする。


遠景夜景
夜にはこの景色、大好き。
ズーッと続く町の向こうには、石油コンビナートみたいな光も見える。
24時間眠らない町、そんな印象。


遠景2
マリーナ・ベイを見るとドリアン型のエスプラネード。この横をマラソンしてました。
早朝だと結構走ってるヒトに出会う。中国系のヒトが多いので
走った後、瞑想をしながらジッと固まってるヒトなんかも多く見かけた。
日本ではめったに見ないので興味津々、運動&瞑想っていいのかな!?
うーん、知りたい!!

ドリアン夜景
夜景もかわいい。
ちなみにこっちの方向にはセントーサ島が見えるし、多分インドネシアな
島も望める。


残念だったのは週末に泊まったせいで、上のラウンジがクラブ営業に
なっちゃうこと。折角のモダンなロビーにヨーカドー以下のセンスの
服を着たコドモ達が溢れかえること。クラブ独特のたばこと酒の
混じった匂いがうっすらと漂う。

HOTELの最上階のクラブってコンセプトはアリだと思うが、
オトナなのでゆっくり飲みたかったし、痛いノリのクラブに行って
疲弊するのはゴメンと思ったので、結局73Fからの夜景は見れず。
夜景と美味しいお酒の組み合わせが楽しめなかったのは悔いが残る。

どうしてこんなにクラブが流行ってるんだろう。
そしてラブホも無い(と思われる)この国で、
若者達は、どこでSEXを愉しむんだろう。


歩いて行けるサンテックシティ・モール。
たくさん飲食店が入ってるし、ショッピングも出来る。
サンダルは結構かわいいのあったけど、メンズで買えるものはねーな。
インテリアは結構いいものあったけど、持って帰れないし。
シティホール


上を見上げると、ここは東京かという感じ。
ただ厚さと湿気は、比じゃないけどね。
スーツを着てるビジネスマン、あんたらスゴイよ。
殆どの人がジャケは着てないけど。
シティホール2




<SWISSOTEL MERCHANT COURT>
到着した日と最後に泊まったマーチャンコート。
¥8500/泊と全く期待してなかったのに、何この天井の高さ!
そして南国にいることを実感させてくれるこの内装は何?
TAXIで空港から到着して想定の範囲外の
イケ具合に夜中にもかかわらずテンションが上がる。
http://www.swissotel.com/

マー2

部屋は狭いけどこの値段だもん。
イタリアの市内のHOTELの半額で、このクオリティなら文句なし。

マー1
ロビーもかわいい。
スタッフの対応も気持ちよく、ちょっと何コレ。
こんなプライシングでほんといいんですか?

マー3
天井までの大きなミラーが
涼しげな印象を与えるロビー。


ここはクラークキーの真裏。外に出ると
平日夜でも、クラブの音がガンガン漏れている。
どんな具合かなぁと思って店の前まで行くと、客の入りはまばら。
ソリャ、平日だもんね。店の前で数組の男女が座ってる。
女子は妙にミニなんだけど、SEXYさは感じられず。
うーん、やる気は買うんだがな...もうちょいだ、ガンバレ!!
救えないのはヤローのファッション。そんな変なシャツ着るなら
無地の白Tの方がいいよ、そしてその刈上げはカツオ君か!?
それに、そんな悪ブってるつもりなら、メガネはよせ!!
(っつーか着崩しでなく、単にダラシナイ印象なんだけど)

ハードはいいのになぁ。。

またしてもソフトがハードに追いついてない一面を
クローズアップしちゃったけど、ほんと違和感なんだよ。
何でこんなにいい店が多くて、インテリアもオサレなのに
服やメイクや髪型がダサいんだろうと、バランスの悪さが
もったいなくて。。。あと、何年かかるのかなぁ。


HOTELレビューだったのにズレ過ぎた。
このHOTELはドービー・コートの駅の真裏なんだけど、
多分この駅、観光客には最高の駅かと。
NEとEWが2本通っていて、どこに行くにも超便利。

¥10000以下のHOTELをお探しの方、
ここマーチャンコートは間違いありません。
中華街も歩いて行ける範囲だし。


※フラトンホテルのレビューはこちら
 http://blog.livedoor.jp/kyah2004/archives/21728257.html

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔