2005年11月17日

バリ ヴァカンスレポ ライステラス編

RT18

そろそろバリのヴァカンスレポートを復活。

テロの傷跡は決して癒えないし、
あの事件が過去のものになったと
いうわけではない。

いまなお、テロのリスクは拭い去れない
バリだけど、あの島特有の空気感は
今なお変わらずに漂い続けているだろう。

この時期、バリ行きを単純に薦めていいか迷うけど、
(ボク自身、今は選択肢からハズしているし)
ホテル、ヴィラでのんびりステイしたり、
トレッキングで汗をかいたりっていう過ごし方なら
比較的リスクは低いといわれている。


繁華街や海だけがバリじゃない、
美しいライステラスもバリのすばらしい
魅力のひとつ。

まずはマスターカードに憧れて追いかけた
ライステラスの写真からあげていこうと思います。

 ※デジ一では無いので、あしからず。
   今見ると悔しい、もっといい絵がいっぱい
   撮れたはずなのに。

   ちなみに、こちらのサイトのバリの写真。
   凄まじくバリの切り撮り方が上手。
   てか、他の写真も上手すぎ。プロの方なのかな?


フリーでHOTELを取ったんだけど、
3泊以上のパッケージで8Hのチャーターが
ついてたんだよね。ラッキー♪

どこに行きたいと聞かれて、前日コマン君の
お兄さん(HOTELのドライバー)にヒアリングした
ライステラススポットの候補をいくつかあげて、
8Hでまわれるコースを組んでもらう。

8Hチャーターだと、マジョリティは海とかキンタマーニ。
マニアックにライステラス巡りに執念を燃やす
オヤジがめずらしいらしく、「バリ キレイナトコ イッパイ」
「ニホンジン アマリ コウイウトコ コナイネ」と持ち上げてくれた。
でも実際、行く先々のViewスポットで出会うのは欧米人ばかり。

経験値低めな若人は仕方ないとして、ヨユーのでてきたオトナ達。
バリで目指すのはヤマですよ!ヤマ。

海はタイとかハワイ、むしろ沖縄の方がキレイじゃん。
神秘なるバリの魅力が体感できるのは、間違いなく
ヤマエリア。

ヤマを味あわずして、バリを去ることなかれ。


バチュン
ライステラスの景観が有名なトコロのひとつ。
上からライステラスを見おろす事ができて
気持ちいい、レストランも多いので、
ライステラスを眺めながらの食事などいかが?
欧米人比率9.5割(ボクが行った時はね)
RT1
バチュン

こっからちょい先に、マスターカードのCMでも
使われていたジャティルイ・ライステラスがある。



プラタン湖
バリ島の5大寺院のひとつがあるため
正装に身を包んだ人々がたくさん訪れている。
RT3




何故か印象に残った建物
RT4



******まだまだ綺麗な写真を撮っています******


ライステラスを見て米をたべたくなったヒトは、
人気ランキング
で美味しいおかずを探してみよう。




静かな湖に浮かんぶように見える寺院が印象的。
決して静かな場所ではない。

RT5


あちこちで楽器の演奏をしていて、その周りで
オヤジ達がおしゃべりに興じている。
テロとは無縁の、静かな世界。
とてもこの島がテロの標的になるなんて
信じられない。



RT7




白の衣装は正装、帽子も白。
RT6




ブラタン湖から奥にも、更に湖がある。
こっちの湖の周りは静かでロマンチックらしい。
RT10




ククラン
山の中腹から、眼下に美しく広がる
ライステラスを一望できる絶好のViewスポット。
駐車スペースがあってドライバーは管理人らしきヒトに
小銭を渡してたっけ。
RT12

そこではサツマイモを揚げたチップスを、
しなびたおばあちゃんが50円くらいで売っている。
この柔和な顔がたまらない、癒される〜ッ!
押し売りな感じでは無く好印象。
お腹のすいたまりえが買っていた。
そー、ボクがお腹が空かなかったので
特にランチは食べてないのだ。
車酔いもして、かわいそうなまりえ、スマン。
このチップス、馬鹿にできない。
甘さが控えめで、素材の素朴さが
そのまま伝わってくる。
ちと油っこい気もするが、添加物の
気配は無い。かなりのスローフードかと。



ププアン
RT15

このあたりになるとライステラスは巨大。
スケール感が、ケタはずれ。
ボクラは山から回ってきたが、
海沿いから行けば、デンパサールから
3Hくらいで辿り着く事ができる。
こんなとこでもチョコチョコ犬が
歩いてて、恐い事このうえない。
(あ、ボクは鎖の無い犬が極端に苦手なので。
フツーのひとはまず気にならないレベル)



RT16

とまー、マニアックなライステラスの旅でございました。
デジ一持ってるヒトは、マジお薦め。
ただ危険なのは車の芳香剤。
結構キツメなので、ハズレを引くと
8H強烈な芳香剤と戦うハメになる。
あとはサスが悪い車だと、ケツ痛くなるかも。
たまにガタガタした道走るので。

ライステラス見るのが目的だったけど、
いわゆる“観光地”でない、バリの
日常を垣間見れたりするのが
このチャーターのおもしろいところ。
短いステイで、8Hはちょっと...というヒトは、
バチュン往復がおすすめ。これなら
ウブドゥから往復2Hってとこじゃない。


海方面だったらタナロットかウルワトゥだね。
視界270度の崖の先に立って、
外海からダイレクトに入ってくる
ダイナミックなスウェルを眺めるのも気持ちいい。
夕陽ポイントでハマればキレイだろう。
ボクはまだ当たった事が無い。
あー、バリのゆったりとした時間が懐かしい....
RT17



ライステラスを見て米をたべたくなったヒトは、
人気ランキング
で美味しいおかずを探してみよう。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by hoo   2005年11月18日 13:49
こんにちは、はじめまして!
私も4年前かな、バリ行ってライステラスを臨みました。テロはすごく残念ですよね。

こちらのブログは最近見つけたのですが、セレブな食生活を見るのはホントに楽しい! 私がいつか行きたいな、と思っているお店をどんどん制覇されていて、うらやましい限りです。
2. Posted by kyah朕   2005年11月19日 02:20
hooさん、よーこそ。
かなりの食いしん坊とお見受けしました。
セレブな食生活って...単なる食いしん坊な
だけですよ。とにかくウマイもの食べて、
楽しい時間を過ごすのが好きなので。

ブログも拝見させていただきました。
パリいいですね、ボクも行きたいと
毎年言っているような...
結局ノビノビなんですけど。

フランスは、去年南仏を満喫したので、次は
パリ、リヨンの2都市でいいから行きたいなぁ。
でもその前にシシリアも行きたい。

悩ましい

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔