2006年10月11日

ルクロ (札幌)シンプルフレンチBBQ

ルクロトップ

いい感じのお店が集まってる円山公園エリア、
1Fがビストロ、2FがフレンチBBQというのがこちら「ル・クロ」。
昼にコートドールだったんで、シンプルなものを求めこちらの2Fへ。

フツー、ランチでフレンチ食べると、夜は蕎麦か
おにぎり程度で精一杯なボクらの胃だけど、
道場破り的な気合で来てるので、薬屋で胃薬を
一気飲みしてお店に向かう。

フレンチBBQというと、こっちだったら萬鳥だったり、
ヴァンピックルを思い出すけど、もーちょい
焼肉に近いんだな。どの辺がフレンチかっていうと、
ソースが多彩ってとことか、下のカルトメニューの
グラタンとかが頼めるトコ。それにワインやデセールの
充実もフレンチBBQならでは。
ワインと肉







にしても、東京感覚で言っちゃうけど、激安ですわ。
トップの写真のミスジ・イチボ・トモサンカクの
盛り合わせとか¥2000なんですけど。
道産のびらとり和牛、十勝山麓の牛らしい。

しまちょうフォンドボー



最初はかなり疲労気味だったんだけど、
旨い肉と、ワインでテンションはみるみるあがっていくわけで 笑
しかもソレが安いとなると、尚更拍車がかかるわけでして。
肉焼S1肉焼S2




んでもって、週末は朝の4:00までやってんだ、スゴ。
このアクリル板の上に立つと、少々ビビリます、ハイ。
でもココって営業中は入れないよね...
上見上げたらスカートの中丸みえでしょ?
どーすんだろ??
地下セラー






焼肉屋の一番の悩みはスイーツ系の弱さ。
その辺もしっかりクリアです。
チョコデザート




観光客が数日の滞在でわざわざ
フレンチBBQ行くか? って聞かれると、
うまいもの満載の札幌では難易度高めかも
しれないが、カードの1枚として持っておくと、
いいと思うよ。こういう店、東京にも欲しいと
思うはず。なにげにハレる店知りません。
ルクロ看板小





●Le Clos(ル・クロ)
 札幌市中央区大通西27丁目1−12(ケンタッキーさんの隣)   
 TEL/FAX 011−613−9600
 営業時間 18:00〜2:00
      18:00〜4:00(金、土のみ)
 火曜休み
 http://siro.web.infoseek.co.jp/le'clos/
 

*** マカロン教室のメンズでフェスタ ***

こないだの週末は、飯とガンダムという
ヲタ話でアツく盛り上がったミソジ達。
果たして嫁やニキータは楽しめたのか?

ウチはいつものことなんで、慣れっこだけどさ〜
ヲタ歓迎 ⇒ blogランキング



------------------------------

ル・クロの2Fはテーブルが5,6個と
カウンターに半個室。
アミューズ



肉





中村さん、お薦めの“しまちょう”。
牛の大腸なのね、こちら。
コリコリ感とジューシー感が◎。
フォンドボーのソースってのが合うね!
しまちょう



改めて。ワイン安いなぁ...
こっちも、こんくらいの価格帯で
揃ってると嬉しいんだけど。
ルクロワイン





そこまで期待してなかったんだけど、
いやいやどうして。コレ普段使い
できる人々うらやましーね。
肉ほんとに美味しいし、ワインも安いし。
肉焼





ミスジ・イチボ・トモサンカクってドコよ?っていう方のために。
この辺りの霜降り肉なのだ。
 ・トモサンカク 牛モモ肉のシンタマの上部
 ・イチボ お尻の先の部分
 ・ミスジ 肩甲骨の下の肉 素
肉アップ



やー、素直にウマイので声でます。
なんか意味無く吼えてたし、この辺 笑



ほかにもタンとか食べたと思うけど、
締めのこの3点セットに全ての印象を
持ってかれた感じだね。

ただ時折、こういった料理で
箸を休めるのは、暴走しなくていいかも。
豚煮込み




さすがはフレンチBBQ、デセールも
クオリティ高いです。コレは相当高ポイント。
3色アイス





短い滞在でジンギスカン2回以上食べるなら、
1回はこっちに回した方が、絶対満足度高いって。
それにジンギスカンは、2件目使いで
サラっと行く方がいいし。
店内スタフ



ん、知ってた?

やー、ジンギスカン屋を2軒目、3軒目使いするって、
オレ知らなかったのよ。だって「るるぶ」に載って無いでしょ 笑
東京ではそんな使われ方してるように見えないし。
つーか、ピーク時に比べてそのくらい減ったんだろう、
ジンギスカン屋。北海道のアレ食べたら、わざわざ東京で
行きたいと思わないな〜。






すすきの

もう胃がクタクタです...とか言ってたくせに、
ホテルに帰って一服したら、なんと鮨Aに
リベンジしにいっちゃった、オレ。

やっぱ焼肉凄いね、パワーつきますわ。
食後感も思いのほかあっさりなのよ。
タレがバリエーションあるせいもあるかな。




ちなみにこの日の「鮨A」では、あわびつまんで、
鮭児、いくら、うちこのプロトタイプ、あと2貫くらい
つまんだっけ?

それでも超破格のプライシングでした、ありえねー。
幸せすぎな1日、COTE DOR ⇒ ルクロ ⇒ 鮨A...
コリャ、満足しないワケありません。


 そうそう友人が言ってたんだけど、生でラム食える
 ジンギスカン屋があるんでしょ? 気になるな〜


明日は木曜、もうすぐ週末じゃん! blogランキング


kyah2004 at 23:36│Comments(0)TrackBack(0)札幌 2006 | フレンチ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔