2007年02月01日

仔羊の逆襲 Le Macaron YUKA.

断面

どーよ、見てよ、この美しさ!
ホレボレしちゃうほど美しい。


料理教室も通い始めて早一年。
生徒たちには、着実にマカロンさんの
食への愛がうつってきたようで、
ナイフでカットした肉の断面を見た
ときには、いっせいにため息が洩れるんです。

えー、決して変な宗教じゃございません 笑
マカロンさんの「病」がうつっただけです。
美味しい食材は、単純に愛おしいんです。
その素材が、無事に育った(料理された)
姿を見ると感無量...

 ってやっぱ、おかしな集団かも 笑



で、この日の前菜は、サーモンのマリネ
だったんだけど、やー、こんなにも簡単に
色気あるサーモンになるなんて!
フレッシュのサーモンに刺身よろしく
Exオリーブオイルとディル添えて
食べることは良くあるけど、あの
若々しさとは次元の異なるオトナの
魅力がにじみ出ています。
サーモン完成





デセールはスフレ。
なんだ、スフレかよ? とか思うじゃん。
でもアイスクリーム、ミルフィーユに続き、
ちゃんと作った出来立ては、こんなにも
美味しいモノなのかと、スフレに対する
評価が全く変わった記念日です、マジ。
スフレ完成



スフレ記念日 → blogランキング

***


さ、レッスンの復習だ。

ーーーーーーーーーーーーー

サーモンのマリネは、塩やミニョットなどの
調味料を入れて、冷蔵庫で一晩熟成。
で、その後一回洗って、ディル・オリーブオイル
につけて、また一晩おいておくだけ。
簡単でしょ?
サーモンマリネ中





んで、数日間寝かせたあと、フェスタの
直前にお皿にオリーブオイル塗って、
サーモン並べて、そして野菜を添えるだけ。
個人的には苦味大好きなので、ちょっと
苦めの野菜を使いたいトコ。
サーモンオリーブオイルサーモン





ほーら、立派そうな前菜の出来上がり♪

サーモン完成





今回のテーブルは、シックな正月モード。
ほんと毎回、マカロンさんの美学が勉強に
なります、マジで。
これでレッスン1回が8000円ちょいって
どー考えても利益出て無いでしょ、いいの? 笑
テーブル





ハイハイ、お待たせしました。
こちらが今日のメインの仔羊4kgちょいです。
メンズクラスは10人強なので、なんとこの
塊が2つも用意されてんのよ。
某A●Cクッキングとか、よく知らないけど
多分、こんなのありえないよね。
肉塊





1個はマカロンさんがデモって、もう一方を生徒が実習。
ボクもやりたかったけど、激風邪だったので自粛。

この時は、プロのメッサーが解体をしてました。
さすが仕事の応用(?)なので、動物とはいえ早い早い。
骨のまわりを外して、なんか色々やるんです。
自分でやってないからさすがに忘れたけど、
こんどIクン家でフェスタなので、そのときに復習しよっと。

要は肉の厚さを均一化するために塊を移植して、
たこ糸で縛りあげるんです...ヤロー教室なので
肉を縛る行為はどうもエロティークに感じるらしく。
みなマカロンさんの手元を凝視、
何を妄想してることやら 笑
肉解体肉縛り



で、まずはオーブンに入れる前に
フライパンで焼き入れます。
この段階ですでに、かぶりつきたい
衝動にかられるんですけど。
肉焼き





その後、230度のオーブンで
じっくりグリル。
途中何度かアロゼします。

メインの肉でない方の骨は、
ソースを作るために有効活用。
旨みと一緒にグツグツ煮込む。
マカロンさんのレッスンで体に
刷り込まれたね、肉を焼いた
後のうまみを捨てるのは、
罪に等しいって 笑
ローストうまみ投入





はい、ガルニを添えて準備OK。
コヤツにナイフを入れていきます。
ロースト塊





あー、比較対象が無いから
分らないかな、このデカさ。
コレでもか!って存在感の
肉の断面は、パーフェクトな
焼き加減。実においしそー。
ロースト切り



も一度、断面をどーぞ。
仔羊トップ





肉好きのために、肉目線で。
断面横




じゃがいもや揚げにんにくなど
ガルニを添えてドレサージュ。
恥ずかしながら、このにんにくの
食べ方わかってなかったです、ワタクシ。
ドレサージュ




美味しそうでしょ?
ソリャ、美味しいですから。
このガルニのにんにく、
フォークですりつぶして、
ソースと交ぜて肉を
食べるんです。
「美味しい」と、丸ごと
かぶりついてましたワ。
仔羊完成






スフレは材料を、あーしてこうして
・・・(省略)・・・型に入れます。
んで、焼きあがったら粉砂糖を。
スフレオーブンスフレ砂糖






これまでも、もちろんスフレって
色々食べた記憶があるけど、
こんなに美味しいモノだって知らなかった。
スフレ完成





焼きたてのフワッと感に、アイスを
落として、一緒にパクッとやった
時の幸せさったら無いですよ、旦那。
自分で作らなきゃなんだけど、
どーにもスイーツリピるの慣れてなくて。
スフレアイス


***

とりあえづ、西麻布のル・スフレ
行かなきゃですな。

ル・スフレ
港区西麻布3-13-10セピアビル2F
03-5474-0909
12:00〜22:00
定休日 月曜日


そろそろフェスタです → blogランキング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by eriko   2007年02月02日 01:03
お久しぶりです。
雨降ったり、雪降ったりの札幌です。
ル・スフレ!
一度行きたかったです。
昔、香港ガーデンでお腹いっぱいになりすぎて
断念しました。
あの辺りウロウロしてたら
偶然にも、
樹々キリンさんちへたどり着きました。。。
先日のオーバカナル、懐かしくなりました。
表参道に行ったら、必ず寄っていました。
あぁ、東京に行きたくなりました。
やっぱり食は、東京ですね。
ほんといつも拝見して、楽しませていただいて
ます!
2. Posted by eriko   2007年02月04日 00:51
仔羊さん、ジューシーなのが
伝わってきますね。
以前ラ・サンテで食べた仔羊さん
おいしかったのを思い出しました。
3. Posted by kyah朕   2007年02月04日 23:26
erikoさん、こんばんわ

ボク、まだル・スフレ行った事
ないんですよ。近々行きたいんですけどね。

ここなら気軽にアップできそうだし。

ラ・サンテ行きたいなー、うまくいけば
来月、北海道行けそうなんだけど、
どーかなー。
4. Posted by えめぞ〜   2007年02月06日 13:18
Kyah朕さんにあこがれて
この前マカロンさんの体験コース行っちゃいましたよw
セート煮を作ったのですが、
あれかなりいい感じですね。
夏場にキリッと冷えたアリゴテとか
ソアヴェとか合わしながら食べたいですね〜
しかしイカの吸盤があんなに
取り難いものとは思いもしませんでした。
要修行ですな。。。
5. Posted by kyah朕   2007年02月07日 00:06
えめぞ〜さん、こんばんわ

おーーーー!!
マカロンさんとこ行かれたんですか。
しかもセート煮とはアタリですね。

ちょいスパイシーなガスパチョから
セート煮とか、いい流れですよ。

イカの皮むきは冬場は拷問です 泣
6. Posted by ハニーベア(兄)   2007年02月07日 12:38
お、解体係やりますか。

こないだプレフェスで1/3ほど解体しましたが奴はけっこうてこずります。

しかし自分も同じ場所で同じ被写体撮ってると改めてフォト技術の凄さをおもいしらされます。
この違いはなんだろね・・・ニュータイプ?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔