2008年08月09日

子羊キャレのペルシヤード焼き  Le macaron YUKA.

0810-0ラムチョップ
暑くなると、キッチンに立つのがしんどくなるので、
こういう機会でもないと、料理の勘がますます
鈍っちゃいます。

この日の料理教室は「子羊のキャレ ペルシヤード焼き」でした。
羊をポアレして肉の外壁にブロックをした後に、
マスタードをたっぷり塗って、香草を混ぜたパン粉を
振りまいた後にロティします。
そんなシンプルな料理なんですが、素材がいいと抜群にウマイ!
0810-2





前菜は、焼きとうもろこしの冷製スープ。
敢えて焦げ目や食感を残しながら、
軽くしょうゆも加えることで、むしろ
いまどきのフレンチっぽい仕上がりに。
0810-3とうもろこし







デセールは、バナナのムース。
フランボワーズのソースと合わせて。
バナナがかなりズッシリ来るので、
甘みと酸味がいいバランス。
0810-8





ハネムーンでヨーロッパを回ってた、Kクンのお土産。
こんなショコラが食べられるのも、この料理教室らしいっちゃ、らしー。
ごちそうさま!!
0810-9ショコラ





久々にゴルフの練習行ったら、最初の50球は
思いっきり力んでましたわ。今ラウンドしたら、
スンゲースコアになりそうだけど。
テニスもまたはじめたので、チンダテ師匠にでも
教えを請いにいこうかな。 → blogランキング







まずは、前菜のとうもろこしのスープから。
日本の屋台なんかと同様、網の上である程度焼いてから、
焦げ目が軽くついたとこを見計らって、ハケで醤油を塗っていきます。
0810-19



焼いた後は、実の部分を削ぎ落として、
食感が残るようにミキサーを回します。
0810-21



このまま白いスープ皿に入れると
ありきたりになるんだけど、カクテルグラスで
ドレサージュすると雰囲気出るよね。
センターに、少し焦げ目のついた実を浮かべて、
しょうゆを気づかない程度垂らせば出来上がり。
0810-22スープ



この三角のヤツはパータブリック、
サクサクした食感が途中で気分を変えてくれます。






ラムブロックは、まず半月盤を取り除きます。
余分な脂を削ぎ落としてから、骨のお掃除。
ちなみにこやつはチルドだそーです、ありがたや!
0810-10ラムブロック





ダイナミックに、トングで掴んで
このブロックをポワレするわけです。
0810-11ラムポワレ





どうしても、肉ってビビッて早く火から
あげたくなるんですが、ボクの感覚より
1割から2割は火にかけて丁度いいみたい。 
難しい.. この段階でウマそー。
0810-11





上のヤツにMAILLEを塗りたくって、パセリやにんにくを
たっぷり混ぜたパン粉をまぶして、後はオーブンでロティするだけ。
0810-12ラムロースト







あ、そうそう。
ブランシールしたにんにくも、一緒にオーブンに突っ込んでおきます。
0810-13ラムロースト





ジュ・ダニョーは、子羊のくず肉を炒めた後に、
たまねぎ、セロリ、にんじんのミルポワを加えて余分な
油を捨てて、白ワインでうまみをこそげとる。
あとは、トマトペーストとかチキンブイヨンを加えて
煮詰めたら、ソースが出来上がり。書いてるより簡単です。
0810-14カット






にんにくをつぶして、ソースにからめていただきます!
バッカうま。
0810-16ラム完成








デセールのバナナのムースも予想以上に簡単。
ただ、うちにゼラチンは常備してないのよね。
料理はそれなりに抵抗無く出来るように
なったんですが、スイーツ系は心の障壁が
高いです。買っても高くないのでつい自分で
作る手間を考えると逃げ腰になるんですわ。




贅沢なプティフールをいただきながら、
のんびりとメンズトーク。
0810-31





いつもながらいい時間です。
0810-30




オリンピック始まると、やっぱ観ますね。
谷さん惜しい! 銅メダルおめでとう、おつかれさま!! → blogランキング



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔