2009年11月11日

Penglipuran村 (バリ島)郷愁って意外と万国共通

1111-1TDV

バリ島に住む人々ですら、郷愁を感じるという
昔ながらの佇まいを守り続けているPenglipuran村
 
キンタマーニ高原から、ギャナールに行く途中の
場所なんだけど、ランチのビールが気持ちよく
キマっているうちに、ウトウト状態で着いたから
いまいち場所は、わかってない。
 
 
TraditionaVillage という看板を過ぎて、駐車場に
車を停めると、そこから先は時間が止まった村が、
宮崎駿的な感じでたたずんでいるんです。
1111-2上から



 
 
古い町並みの村は、ウブドから少し足を伸ばせば
色々見ることができるけど、たいてい村の中心を
走る道は舗装されて、車やバイクが行き来しています。
1111-2原風景



 
 
でも、ここは完全に昔のスタイルのままなので
本当に静か。洋服を着てデジイチを肩から
ぶらさげた自分達は、明らかに異質物。
 
 
 
もちろん、なかには半袖短パンで歩いてる村人も
いるけど、こういう場所はお祈りに向かうときの
正装が似合いますね。カメヲタ的には、なにも
考えずにシャッター押しても、バシッと雰囲気が
決まるたまらない被写体の村です。
1111-2伝統
 
 

 
こういう村では、お寺が一番上の場所にあって
集会場もそのそばに作られている。上から順に
エライ人でも住んでるのかな?と思いきや、
そこは別に関係ないらしい。
 1111-3家へ
 
 


 
ドライバーの知り合いが村長さんのお宅の方らしく
折角なのでお邪魔させてもらいました。こういう
アドリブなツアーって、いいっすね。特にココに
行こうと決めてたワケではなく、たまたま会ったから
寄らせてもらっただけ。
1111-3家の中へ





 
 
バリのコピと、笹につつまれた米オヤツ的な
ものをいただいて、しばし時間を忘れてみる。
1111-4お茶
 
 
 

結構ダラダラさせてもらった後で、門を出たら
皆さん正装で、お出かけされる時間にバッチリ
遭遇。スゲー、こういう絵が撮りたかったンス。
この瞬感に立ち会えただけでも、一日チャーター
した価値あるわ。
1111-0タイムスリップ




 
 
帰り道の途中ということで、ガイドのイニョマンさん宅に
寄らせてもらう。かなり綺麗な家で、お洒落に仕上げてある。
1111-8イニョマン家瓦



 
 
お兄さんが日本の大使館で働いてたくらいだから、
それなりのお家なんだろうと思う。観光客だらけの
場所には行きたくなかったんで、ほんとイカした
アレンジでした。
1111-9イニョマン家



 
 
 「バリ旅.com」なかなかいい仕事してくれますよ。→人気ブログランキングへ



**********



後ろの森が鬱蒼としてるとこなんかも南国らしくていいよね。
1111-10騒音の無い村







お寺は、常に誰かが訪れている感じ。
静かで静謐なんだけど、うらびれた
雰囲気は全く無い。
1111-11お寺







町並みはかなり整っていて、シンメトリー。
1111-12お寺から








お寺の境内にいたボロボロの犬。
バリ島は、こういう犬が結構多く、
道を歩くのが正直ちとコワい。
1111-13お寺の犬








ふぅーー、こういうコを見つけると落ち着きますな。
1111-14かわいい犬









日常っぽい風景が、なんとも癒される。
1111-15村の時間








バリ島の宇津井健さんw
1111-16ウツイケン






道路の脇の緑のベルト地帯が贅沢ですな。
1111-17止まった時間







タイムスリップした気分。
1111-18ゾロゾロと








皆さん、頭の上に何か乗せてるって感じじゃないっすね。
「帽子かぶってます」くらいのノリでお供え物を運んでいる
皆さんが、ホント素晴らしい。
1111-19備え時間








うわぁーー、何度見てもたまらんす。
1111-20備え列






民家の仲に突入。ジャカルタの大学生が、なんの断りも無く
普通に敷地内に入ってきて、なんかデータを収集している。
なんてオープンな村なんざんしょ。
1111-26調査中大学生






台所は家とは別棟になっていて、昭和初期を感じる佇まい。
1111-22台所









家の裏では、豚さんを飼ってました。
超カワイいんですけど。
1111-23豚さん







これがバリの家おやつのパッケージ。
エコだね、オーガニックっぽいね。
ってなると、今っぽいネ!?
1111-24おやつ








コーヒーを飲みながら、しばらくダラダラと。
1111-25おやつ中






村を後にして、ギャナールの方へ。
ちょっとしたライステラス。
1111-21ライステラス








イニョマンさんの家は、村の一番上に位置してました。
1111-27ギャナール










そこそこバリの家は見ていると思いますが、
こんな洒落たエントランス、フツーに見れないんすけど。
1111-28門







ガネーシャがまずは出迎えてくれるようで。
1111-29入口







いい家ですな。
1111-30敷地







帰り際にマンゴをしこたま取ってくれて、
お土産にいただきました、ありがとうございます。
1111-31マンゴ






おやすみなさいzzz....→ 人気ブログランキングへ

kyah2004 at 23:49│Comments(4)TrackBack(0)バリ島 2009 | Pic.

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by コンフィ   2009年11月12日 08:10
はじめまして

バリにこんな場所があるんですね。知らなかったです。

それにしても素敵♪
2. Posted by カットゥーノ   2009年11月13日 01:11
ウトウトして気づいたら宮崎駿の作品に出てきそうな素敵な村に着いていた・・・憧れのシチュエーションです。
それにこの写真、ほんとにいいですね。雰囲気伝わってきます。見てたら不思議な気持ちになりました。

3. Posted by kyah   2009年12月29日 17:07
コンフィさん、こんにちは

ボクも初めて行って感動しました!
機会があれば是非に
4. Posted by kyah   2009年12月29日 17:18
カットゥーソさん、こんばんは

素敵な文字にしていただくと、ただの酔っぱらいの行動が、なにやらファンタジーに昇華されていくみたいですw

でも、ほんとに素晴らしい村でしたよ。また、行きたいです、ボクも。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔