2009年12月09日

カキアンカフェ (BALI)日本仕様の繊細さ

1207-23バナナ

日本人オーナーが経営する、激安でカワイイ
カキアンバンガロー」。そのホテルに併設
されている日本で良くみかけそうな洒落た
カフェがこちら。
http://www.kakiang.com/cafe/index.html





とても清潔な外観、ショーケースに並ぶ
スモールポーションのスイーツ。
「わざわざバリ島に来たんだから、郷に入った方が
いいんじゃね」的なご意見もあるんでしょうが、
バリ飯を毎日続けてると、時折リセットしたくなるんです。
1207-2ケース








バリ島は、世界各国からの観光客が来るわけで、
必然そういったトラベラー向けに、様々なアプローチで
レストランやカフェが展開されていて、かなり早くトレンドを
取り入れて前面に出しているお店もあるです。
(オーガニックとか野菜中心とか)。
1207-1マンゴタルト







香港やフランスだと、半ば食目当てなのでストイックに
現地らしさを求めるけど、ここには癒し重視できているので
そんなにストイックにならずに、気分に任せて食べたいものを
好きなようにつまむほうが、ボクのステイスタイルにはマッチしている。
1207-20コーヒー






で、そんな日本と時差無い雰囲気のカキアンカフェなんですが、
味やポーションも違和感無く、ただ金額が日本の1/3以下ってのが
実にバリらしくありがたい。


こういうとこでもグローバル化の進展を感じますなぁ...
情報の流通が加速すると、ある程度サービスは均質化するのね。
いい意味でも、悪い意味でも。


Kakiang Bungalows
Jl.pengosekan ubud bali, Indonesia
http://www.kakiang.com/cafe/index.html



バリ島の貪欲で柔軟でありながら、
芯は変わらないスタンスが好き → 人気ブログランキングへ 




**********


こちらは、パンケーキ。
200円〜300円程度だったかな。
きめ細かな食感で、フツーに美味しい
これ、朝ご飯で出てきたら嬉しいわ。
1207-24パンケーキ






マンゴタルトは、みずみずしさを感じるマンゴが
上にドカンと載せてあって、それを控えめに
タルトが受け止めている。主役と脇役の役割が
クリア過ぎて贅沢... これで150円くらいだっけな
1207-03







こちらのバナナケーキ、かなり小さなサイズなので
他で食事して満腹の時でも、サッと食べて帰るのに
ちょうどいい。
1207-11チョコバナナ






2回訪問してるんだけど、ともに閉店間際だったので
ティラミスが残ってなかった...今度行ったら、早めに
寄ってみよーっと。
1207-22茶



サービスの素朴な感じも好感。
日本人のお客さんも多いけど、
日本以外のお客さんが6割くらい?

次回のバリは、どんな風に過ごそうか。




風邪でダウン中、皆さんも気をつけて人気ブログランキングへ 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 玉   2009年12月10日 17:12
バリ旅行記長くね?!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔