2010年01月15日

サロン・ド・ペリニィヨン (門前仲町)

0115-1スイーツ
門前仲町の深川不動尊の参道沿いにある
SALON de Perignon(サロン・ド・ペリニィヨン)


お店の外観やHPからは、ワリとクラシックなイメージを
受けるんですが、実際に食すと繊細な味付けや見た目も
購入時より今っぽく感じるコチラ。
 
まりえに、そんな風に感想言ったら「前も同じこと言ってたよって。」
 
・・・ハイ、最近 物忘れ多いです、結構。
 
 
当家からだと門仲行くより銀座の方がアクセスいいので、
スイーツが食べたかったら銀座に出ることが95%以上なんです。
 
 
ただ、たまに門仲行った時に限って、急にスイーツな衝動にかられるので、
そんな時はわざわざスイーツ買いに銀座に出るのはメンドーなんで、
ココはさりげに重宝してるんです。
0115-2ショートケーキ
 
 
こういった店が、気軽に探せるようになったのは、
iPhoneの「食べログ」アプリのインターフェイスが
秀逸だからですね、ボクの場合。
 
 
知らない町でも、ハズしを避けられるのは、
食い意地の張った当家には実にありがたい。
 
 
ま、「食べログ」は絶対じゃないし、お気に入りの店でも
スコアが低いのは良くある話。ただ、全く知らない場所で、
選択肢を絞ってもらえるのは、自分的に「革命」です。
 


SALON de Perignon(サロン・ド・ペリニィヨン)
〒135-0047 東京都江東区富岡1−13-11
03-3643-7183



トラバターが一ヶ月で100kmしか動かなかった件 → 人気ブログランキングへ


**********




男子スイーツが表舞台に立ち始めたのは、
やはりソーシャルメディアが台頭してきた
影響が大きいと思う。

これまでも、局地的にスイーツマニアなメンズは
点在していたと思うんですが、それがいざ固まってみると、
「おやおや無視できないボリュームだぞ」と。
既存メディアやサプライヤーサイドも真剣に
向きあうようになったわけで。
0115-10門前仲町








スイーツ番長のように、これまでのスイーツヲタといえば草食系みたいな
既成概念を覆すようなキャラクターも出てきたり。わずか数年でここまで
様相が変わってきたので、これからの5年がまた楽しみであったり。
0115-11レアチーズ





やー、しかしどーして体に悪いモノってこんなに魅力的なんすかね。



こいつもベタですが、好きなことは否めません。
というか、毎日食べたひ....
0115-12苺ショート




カールじいさん、そろそろ見に行かないと。 → 人気ブログランキングへ

サロン ド ペリニィヨン (ケーキ / 門前仲町、越中島、木場)
★★★☆☆ 3.0



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔