2010年02月20日

東福寺 (京都) 方丈庭園

0220-1東福寺


紅葉の時期の東福寺は、京都随一の紅葉の名所と
いわれる通天橋もあるので、とんでもなく人が集まる
ことで有名。


完全負け惜しみですが、12月半ばは、
とても空いてて良かったです 笑
0220-1東福寺渡





通天橋から見下ろす木々は9割枯れ木。
かなり妄想派なオレですが、萌えるような
紅葉の絵を、イメージするには至りませんでした。


ま、下見ってことで。



だからって、全く収穫がなかったワケじゃないんです。


方丈北庭の市松の庭は、まだ少し色づいた葉が残っていて
全盛の頃の浮世離れした美しさを、少しだけ感じることが
できたし。
0220-4北庭




開山堂の手前斜面は、少し紅葉が残っていて、
そこに陽射しがあたると、空気がオレンジに染まるんです。
そんな空間を、殆ど誰も居ない状態で独占できたのは
ちょっと幸せでした。
0220-2東福寺光



そうは言っても、小石川後楽園の紅葉の方が感動指数
高かったくらいなので、東福寺の1/100程度の力しか
味わっていないと思います、ハイ




今晩のグルガオンも満足度高かった、
カレーはうまいねぇ...
前もそうだったけど客層は女子多め。 → 人気ブログランキングへ



*************




これが、例の枯れ木の山ね。
せめて雪でも降ってくれると、
また違った色気を撮せるんだけどw
0220-10枯れ木







三門は、かなりの迫力。
さすが、東福寺と圧倒される。
0220-11三門







敷地が広く、空間使いも贅沢。
丘の上にあるという立地を活かして
様々な表情を見せてくれる。
0220-12屋根









開山堂は、建物も美しいし、
その前の庭も、俗世とは
切り離されたような一種
神々しさがあって好み。

0220-14別邸







木の色が美しくてイイっすね...
0220-15美木






わかってはいたものの、MAX紅葉時期が終わり
さみしい景色だっったので、軽く傷心で方丈へ。
0220-16方丈庭園










おお、方丈は来ておいて良かった。
さすが、紅葉が終わろうと古の日本人の
美学たるやハンパない。

のんびり縁側に座りながら、その視線の先には...
0220-17廊下







研ぎ澄まされた美しさの枯山水。
今回の旅行中でもBEST3に入る見事な庭園。
0220-18枯山水







方丈の庭は方角ごとに様々な世界観があって、
同じ建物でも、場所によって全然雰囲気が違う。
0220-19庭









次回は、葉がフサフサあるうちに参詣します。
0220-20水と紅葉





カーリングのモトハシさん、カワイイっす。
DVD出てたのは知らなかったけど....(・ω・)ノ
イギリス戦の目黒さんのラストショットもシビれたし。
4年おきだけど、話題性は抜群。 → 人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:49│Comments(2)TrackBack(0)京都 2009 | Pic.

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by エルメス   2010年02月21日 03:50
中々写真が綺麗に撮れてますね。 実は写真に少し詳しくて 被写体に寄って撮ると見え方がだいぶ違ってきますよ また例えば川や水の写真をシャッター速度を変えてみたり

ちなみに好きなカメラはニコンとキャノンは良いですよ 値段が張りますけれどやっぱりこの2つのメーカーの一眼レフは長く良く使えます。

写真って面白いですよね
人物は何とも言えない表情や風景も様々な表情を見せますからね ただ写真を撮るって実は初めは照れや勇気がいるんですよね

物より思い出って言うのもなかなか粋です

実は学生時に吹奏楽と写真部で写真部ではオタクなイメージが強いせいか部員が少なく何故か部長でしたw
今になり音楽や写真や絵等芸術の素晴らしさを感じています。
2. Posted by kyah   2010年03月28日 21:18
エルメスさん、こんばんは

デジイチは、いい加減マウント統一して欲しいですよね〜w

携帯キャリアみたいな、不要な縛りは
ユーザにとってなんにも嬉しくない。

そんな未来を切に願ってます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔