2010年04月02日

高台寺 (京都)ねね流マーケティング

0402-1高台寺

東山霊山の山麓、清水寺から八坂の塔を越えたあっち側にあるのが「高台寿聖禅寺」、
通称 高台寺。秀吉没後、その菩提を弔うために秀吉夫人の北政所(ねね)が開創したお寺。




政治的配慮から家康も相当援助したという通り、開山堂を中心に
広がる美しい池庭が広がる。作は小堀遠州らしい。


ライトアップや誰でも参加できる茶会など、観光客に対するマーケティングが
すごくしっかりしているなという印象。その辺、凄まじい地位にいながら
気さくで知られたねねさん故の、伝統というか流れなんでしょうか。
0402-2高台寺









境内は、こじんまりとしているようにみえつつも、高低差があったり
竹やぶの小径があったりと、表情は豊か。適当にカメラを向けて
撮っているのに、それなりの絵が作れちゃうところからも、非常に
高い美意識がベースにあるんだなと、モニターの前で改めて知った。
0402-4高台寺






実際訪問したときは、夕方で最後の参詣だったし、疲れてたし
荷物も増えてダリィ...って思ってたんです、ハイ。なんだけど、
何ヶ月ぶりかで向かい合うと、あ、ここ好きかもって、今更ながら
気付きました。


参詣後は、あのあたりの細い道を散策。
観光客向けとはわかっていても、実にいい風情で
“旅行に来た!!”、いや“JAPANにキタヨ”というような
新鮮な感動がこみ上げてくる。
0402-3高台寺






日本の伝統より、アメリカやヨーロッパの文化に
より近さを感じてしまっている典型的な日本国民のオレ。
まだまだ、自国への愛が足りねーなと。
0402-5高台寺


高台寺
東山区高台寺下河原町526
http://www.kodaiji.com/



たまには京都で"日本"を補充しないと → 人気ブログランキングへ



**************



清水寺から、八坂の塔を左手に、二年坂あたりの
古民家系おみやげ通りを抜けると、高台寺に続く
ねねの道にぶつかる。
0402-10高台寺






拝観料は600円だけど、座禅会や気軽な茶会といった
たくさんのイベントが用意されており、HPも今っぽく
Youtubeでの映像配信にも積極的に取り組んでいる。
0402-11高台寺






そんなに派手じゃないし、圧迫感ある建立物は
ないんですけどね。でも、その分親しみを感じます。
オレ、既に戦略に踊らされてるかも。
0402-12高台寺











こじんまりしてるんだけど、
実際の広さ以上のスケール感がある。
0402-13高台寺









今は、桜が綺麗みたいですねぇ...
庭のバランスも好み。美しすぎるぜ。
0402-14高台寺






こういう廊下の曲線はセクシィ、
竹薮を散歩して、近くの道に出る。
0402-15高台寺









このあたりは、普通の道なんだけど
フォトジェニークなんで、カメラが
あれば数時間楽しめる。
0402-16高台寺






CMにありそうな景色。
0402-17高台寺









昔は、ボロい家にしか見えなかった建物が、
今はあまりに愛しい存在になっている。
0402-18高台寺




そうだ、京都 行こう → 人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔