2010年11月10日

シリ バラジ (中目黒) 南インドの洗練されたストリート

1106-0
ボクのインド料理の基準は、訪問頻度的にも「カイバル」
「ダバインディア」「グルガオン」といったあたり。

本場感を上手に演出しながら、日本向けのローカライズをさりげなく
織り込んでくるアプローチが好みだし、そのバランス加減の妙が
多くの人からの支持を得ている理由だとも思う。


てな具合で、インド料理とは言っても、ある程度洗練された
香辛料の技を感じるお店が好みのワタクシ。
何故って、ただ辛い店とか、香辛料がベタっとしていて
奥行きを感じないとことか、もともと刺激物が苦手なヲイラにゃ
拷問以外のナニモノでもないんすよ....笑
1106-2SB





こんな風に、なんとなくインド料理の好みが見えてきた今日この頃、
友人に連れて行ってもらったのが中目黒の南インド料理店「シリ バラジ」。

八重洲の「ダバインディア」は、雰囲気も味付けも非常に洗練された印象
だけど、「シリ バラジ」の方は、もう少し垢抜けない感じが、現地っぽくて
刺さるんですよね。そしてバスマティライスが美味い。
1106-3SB






そもそも南インド料理は、油やスパイスを多く使う北インド料理とは異なり、
油は控えめでスパイス使いも独特、案外あっさりしてるんですよね。
従来のインド料理に対する印象とは、だいぶ異なると思う。

で、その あっさりした感じが「ダバインディア」だと、ちょっと行儀良すぎる
感じなのよ、下心が見えてこないっつーか、欲をコントロールしてる感じ。
一方の「シリ バラジ」は、ピンクの内装や、やけにギラギラする装飾品が
印象的な店内なんだけど、このえげつない感じが料理のストレートさに
マッチしているんす。より、ストリートに近いみたいな。
1106-4SB




どっちがいいとか悪いとが言っている訳ではなく単なる比較論ね。
両店とも美味しさの絶対値は、近いところにいると思います。


中目黒とはいっても、目黒警察の横だからかなりアクセス悪いし、
みんなが気軽にいける場所じゃないけど、明るいディープ感は
ワイワイする会食にも向いてると思う。
1106-14SB




南インド料理 シリ バラジ

(Authentic South Indian Cuisine Sri Balaj)
03-5724-8995
東京都目黒区中目黒2-7-14



平日ランチも行ってみたい → 人気ブログランキングへ



************


インド料理を食べるときにはビールが欲しくなる。
本場じゃこうはいかないんだよね。しかもビールが
ぬるかったりしたら本気で泣き入るでしょ。
1106-10SB






パリパリの薄焼きせんべいっぽいヤツ。
ビールのアテに。
1106-11SB







タンドリーチキンとかマトンとか。
たっぷりの野菜と共にやって来る
1106-13SB






ドーサは、外のパリっとした薄皮の次にやって来る
モチっとした食感が好きなんだけど、そのモチっと
加減がかなり強めで、ボクのタイプです。
1106-24SB






どれをつけて食べてもいいです、お好みで。
1106-15SB







コレは、なんつー名前の食べ物だったっけな?
粉っぽいのを練って丸めたようなモノ。
カレーにつけて食べるんだけど、何故か
想い出すのは紅白饅頭。口に入れた時の
食感がどこか似てた。ほんのりした甘さもね。
1106-16SB






しっかしエゲつない壁の色ですなァ...
1106-17SB












米モノのレベルの高さは見事ですが、中でもこのビリヤニの
クオリティーは、マジでパネーっす(゚∀゚)アヒャヒャ
1106-18SB







真夏の頃の訪問なので、さすがにコレがなんの
カレーか忘れちまいましたが、ライスとの
コラボレーションは、常人の域じゃ無いね。
そんなに辛くないので、NGメニューは無かったです。
1106-19SB







ほうれん草系のカレーだと思う。レポ書いてて
すぐに行きたいなと思ったんだが、オレの口内炎は
カレーみたいな刺激物だと、更に涙を誘いそうだ。
1106-20SB






色々なレビューで書かれてますが、つくづくスゲーと思ったのが、
バスマティライスのおいしさ。ダバインディア超ですね。
1106-22SB












色的に、マトン系の甘辛なカレーかな?
大人数なので結構ダッシュで食べ続けてました。
3兄弟の本領発揮ですな。
1106-23SB





ナンも少し頼んでもらいました、バスマティライス
だけじゃなく、コヤツも美味しいですよ。
1106-21SB





これはソルティラッシーだったっけな、
なんかとんでも無い味だったという周囲の
反応を、うっすらと覚えています。
1106-25SB






マンゴソースがたっぷりかかった、
ちょい甘めのデザート。
1106-26SB






腹一杯で死にそうですが、少し口の中をリセットしたくてね。
1106-27SB







こーいうのが、太陽の下で光ってんでしょ。
一度は行かないと後悔するな...インド。
1106-28SB



目がチカチカする〜 → 人気ブログランキングへ


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by どろん女   2010年11月11日 20:35
北インド料理はギーという牛乳から精製される動物性のオイルを使うので重たくなりますが、南インド料理はマスターシードやココナッツの植物性オイルを使うので北より軽めなようです。

白いお饅頭のようなものはイドゥリーという米粉の蒸しパンで、南インド人は朝ごはんによく食べます。

インドは暮らすには大変な国ですが、旅するにはお勧めです!見ごたえのある世界遺産も多々ありますし、欧米からの旅行客も多いのでAMANなどリゾートも進出してきています。機会があれば是非♪

(長々したコメントで申し訳ありません)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔