2011年02月21日

フィーゴ (六本木) 仲間らとの忘年会ランチ

0221-1FIGO


昨年、最もお世話になったレストランのひとつが、六本木の
トラットリア イル フィーゴ インゴルド(Trattoria Il Figo Ingordo)

昨年春にOPENして以来、あっという間に超人気店へと
躍進していったので、休日ランチは特に戦場。
あまりに混みすぎなので、ボクらはディナーか、
平日のふら寄りランチがメイン使い。


12月の最終営業日は、某日のランチが最後日ということを、
そんなふら寄りランチ時に聞いていたので、
「遅めの時間からノンビリしてみる?」って仲間らに
声かけみたんすね。したら、次々に「オレも行く」「私も行く」と...

なんすかねー、この支持率の高さはw
0221-2FIGO





西麻布エリアは、日本屈指のイタリアン激戦区。
他にもいいイタリアンが集中してます。
ぶっちゃけ同レベルの料金で、もっと美味しいと
思うとこが無いわけじゃありません。でも、ボクらが
リピっちゃのは何故か「フィーゴ」なんですよ。

六本木から徒歩圏内というアクセスの良さも、勿論
デカイです。でも、アクセスが一番のリピる理由じゃ
ないっすね。確かに、料理、サービス、雰囲気、価格どれも
バランスいいけど、一体ナニが効いてんのかなァ...って
ちと考えてみた。


ひとつ思いあたったのは、この店のユーティリティの高さ。
2人でのデート使い、ビジネスランチ(1人使い含む)、
カジュアルな接待、4人程度の女子会、10人弱での会食...と、
どれもスッキリ絵が浮かぶんです。今あげた どういうシチュ
エーションでも、連れてきた人を満足させられるだろう
安定感と色気があるんですよね。
0221-3FIGO








仲間らも、そうした使い勝手の良さから、それぞれがこの一年、
色々な使い方しているわけで。そうして積み重ねてきた1年分の
ストーリーを反芻するのに、年末って舞台は、バッチリはまったんじゃないかと。


ワイワイしながら仲間らと飲んで、うまい飯を食らいつつ、
このトラットリアでの1年間の自分のストーリーを振り返る...
想像してみてよ、なんともいい時間じゃないっすか。

そう考えたら、みんながヤケに
出席率高いのも納得できたんすよね。
0221-4FIGO



と、まぁ、出席率の高さを”みんながそれぞれ使ってたから”と、
元も子も無い理由にこじつけてますが、でも、それだけ使いがって
がよかったというのがベースとしてあるわけで、「ランテルナマジカ」や
「ジュリアーノ」で培ったマーケティング力がモノを言ってるのかな、と。


食事は、いつもの通りです。
割安感感じる演出と内容で、とにかく食後感がイイ。


食後酒でベロンベロンになったオレら(というかオレ)は、
1年間の感謝をスタッフの方々にも伝えつつ、帰り際には
2010年最後ということで、普段は表に出ていない
スタッフの方々も見送りに出てきて手を振ってくれました。


最終営業日ならではの、ゲストとスタッフの異様なテンション。
こういうアドリブ体験しちゃうと、また行きたくなっちゃうじゃないっすか 笑

つくづく、うまいなー、六本木の『フィーゴ』ってヤツは。
0221-5FIGO

 


トラットリア・イル・フィーゴ・インゴルド
(Trattoria Il Figo Ingordo)
03-6447-2347
東京都港区六本木7-19-1
日曜休
http://www.figo-ingordo.jp/





勿論、ここではない旅先のレストランの話なのですが、
一旦予約をOKしてくれたのに、後になってから
「ゴメン予約がいっぱい」って.....なんですかね?
しかも14:00からという遅めの時間で。

特に旅先では、色々レストランの組合せを
シミュレーションして、かなり苦労してスケジュール
組むワケですよ。後から変更を言われると、別の
ところに皺寄せくるんで、ホントつらいんですよね...

ま、友人の話だし、普段はとても素晴らしい
レストランなので、ただただ残念なだけですが、
ボクも同時期に訪問するエリアなので、時間作って
行こうかなと思ってたんだけど、この話聞いて、
「やっぱ他のお店にしよう。」ってなりました。


お客さんのドタキャンも、ヒドい話だとは思いますが、
お店からの「やっぱムリ」は、それ以上にヒドいよなぁ...
いずれにしても信頼関係は大事。オレも気をつけよっと。→ 人気ブログランキングへ










**************


ランチは、メインが無いと2200円。
例のオリジナルドレッシングも付いてですよ。
ボクらは、メイン料理も付いてる3400円の方を。
0221-10FIGO





前菜はカウンターの上にあるプレートの中から
好きなモノを選ぶスタイル。1チャンスで好きなだけ。
0221-11FIGO




プリモは、このあたから選びます。
0221-21FIGO





ボクのセレクトはコチラ。
うなぎと野菜のグリルのスパゲッティ。
野菜の甘味がきいたソースが香ばしい
うなぎに良く似合う。
0221-12FIGO





仔牛スネ肉の煮込み リガトーニ
誰かのセレクト、年末のことなんで
細かいことは覚えてませんナ(*・ε・*)ムー
0221-13FIGO






パスタに続いて、例のサラダ。
好みを言って、オリジナルドレッシングを
調合してくれるヤツね。それぞれの好みを
聞いてくれます。
0221-14FIGO







黒毛和牛ミスジのタリアータ。カツレツとかタリアートとか
そういうベーシックなヤツが好きなんすよね、トラットリアでは。
0221-15FIGO





こーれーはぁ〜、なんスかね!?
ウマソーっすよ(´∀`*)
正体!?
0221-16FIGO
不明ッス…




ドルチェは、胃の状況を見極めながら
精一杯のラインまで攻め上がります。
0221-17FIGO





「世界一のティラミス」は、ハズせませんな。
0221-18FIGO





えー、飲めないオレだけど食後酒は呑(や)りますよ!
0221-19FIGO





だって、オレが飲みきれなくても処理したがるヤツ
こんだけいるしね。あれ、一番呑むアイツはトイレか?
そーいや、フラフラ仕事の電話に出ていったような。
0221-20FIGO






さて、今年はどこで仲間らとの会食しよーかね。→ 人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Deco   2011年02月22日 22:04
まりえさん・・・
はじけてるww

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔