2012年11月13日

NEX-5R (SONY) 発売前のデモ機レビュー

1117NEX5Rv-5


11/16に発売が迫っているSONYのNEX-5R
だいぶ慣れてきたのでレビュー2本目書いちゃいます。
(1本目のレビューはコチラ
1114NEX5R-14




Partyや会食で、みんなが驚くのは180度マルチモニターでの自分撮り
わざわざ知らない人に「これで撮って」と頼まなくてもいいのはありがたい。
もうひとつ、実際にPARTYで気づいたのが、「一緒に写真撮ろう!」という
言葉が、想定以上にコミュニケーションのキッカケになりやすいということ。
1114NEX5R-17








”自分たちの楽しい想い出を美しく記録に残せる”って、多くの人が望む
ことじゃない。それをミラーレスのクオリティで簡単に実現しちゃうって、
やっぱ凄く伝わりやすいんですよね。ピッツァPARTYでも、何人のヒトが
「これ欲しい!」と言っていたことか。
1114NEX5R-13





Partyベタと言われるシャイな日本人には、思ってる以上にこのマルチモニター
威力ありまっせ(体感済み)。ありそうでなかったこのユーザエクスペリエンス。
これ一度体感したら 虜になりますよ。
1114NEX5R-15
(歯にトマトがw)




カメラの基本スペックも、満足度はメチャ高い。
ご存知の通りレストラン撮りが一番多いんだけど、夜でもピントは迷わない。
1114NEX5R-9




ストレス無くピピッと決まって、動きのある絵(肉の焼いてるトコ)で連写してても
ハズレが少ない。というか数枚押してれば、抜群に決まった絵が押さえられる。
1115もみじ亭-12




ディスプレイで撮影したい箇所をタッチして、後はAFが追尾してくれるって機能は、
(前モデルからあったのかな?)、かなり便利。タッチしたポイントは、簡単な操作で
拡大してピント確認できるので、その後 多少構図変えても全く問題ないし。
1117NEX5R-3
(鮎の卵にピント合わせてから最終的に構図を決定)



ただ、前回も書いたけど、夜に使うと露出±0がどうしても暗い。
なのでレストランで露出+1.3くらいにして使うんことになる。
今使ってるNEX-5(2世代前)はISOが1600までなので、
ブレる絵もたまに出るけど、新型はISOがオート設定で
3200まであがるから、シャッタースピードが遅くてブレる
ことは殆ど無い。サクサク美しい絵が量産されていきます。
1117NEX5R-10




動く子供にも強いです。ペットも同様かな?
1117NEX5R-12



それに高感度大将「NEX-5N」の後継機なだけに、ブログにアップする
程度の写真ならISO3200でもノイジーだなと感じることは無い。銀座の
イルミネーションも手持ちでヨユーで切り取れます。
1114NEX5R-6





Wifi搭載でアプリが追加できるようになったのは、今後の可能性を
感じる。逆に 今 多少不満があってもそのうちアプリがなんとか
してくれるんじゃね?って思えるようになった。なにげにコレって
デカい変化だと思うんですけどね。


スマホとカメラのWifi連携は、ちと重い印象。というのもボクは
Eye-fiも使っているのでスマホ-カメラ感のデータやりとりって
キャリアが2年くらいあるんです。1枚の転送写真時間は
このくらいって感覚が刷り込まれてるんで、どうしても
モササが拭えない。写真転送の際にはカメラとスマホ両方で
操作しなきゃいけないのも、実はかったるく感じたりする。
1117NEX5R-1




ただ、これは贅沢なグチで あって、Wifiでカメラとスマホが
連携するってのは、これまでのカメラの使い方を根底から
変える威力を持っている。スマホをリモコン代わりにして、
シャッター切ったら、その写真をスマホ(タブレットでも可)で
確認できちゃうって、Partyでは半端無く盛り上がるよ、マジで。
1114NEX5R-2-2


あと、標準パンケーキは、かなり小さくなったとはいえ、
さすがにコートのポケットには厳しかったッス。でも、
カバンの中ではスペース取らないからイイっすよ!



facebookアルバムに大量に写真載せてます。
良かったら、そちらもご覧ください。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




16986-2728-291282
16986-2728-291282








**********************************


個人的にツボなのは、水準器。
戦闘機のターゲットにロックオンする画面みたいで
メンズ的には萌えるところ。実際、超便利。
1114NEX5R-18
(水平だと緑のマーク)



1114NEX5R-19
(斜めだとオレンジに)



18-200mmのレンズは、なんだかんだデカいですが鉄板焼きでも、
シェフの手元までキッチリ寄れますね。これがもう少し小型化して
くれたら、凄まじい革新なんだけど...さすがに数年はありえないかな。
1117NEX5R-7


1117NEX5Rv-4
(一番右が18-200mm)



ISOのオート設定で3200までいくので、夜の店内のPARTYでも
人物ボケが異常に少なくなった。夜の店内だと、ヒトが動くと
シャッタースピードが遅くて、被写体ブレすることが多かった
んですよね、NEX-5では。みんなが固まってる集合写真ならまだしも、
普通に動いてる人々ちゃんと撮れるって、当たり前のようで結構凄い。
1117NEX5R-14
(料理中の手元もバッチリ)


オートは、プレミアムおまかせオートと普通のオートがある。
正直、差はよくわからないから、オート使うときはプレミアムにしている。

暗いとこや普通の夜景はISO3200でほとんど対応してくれてるけど、
望遠で夜景の時は、5枚撮影して自動合成みたいな「手持ち夜景モード」
を自動で発動してくれた。なんか優しいっすね。




facebookに大量に写真アップしてるけど、とりあえず
ここでももうちょい写真紹介しておきますね。


この箸を伸ばしたくなるようなライブ感
ヤバくないですか? 仔鹿のカルパチョ。
1117NEX5R-15



肉のシズル感、まさに出まくり
1117NEX5R-9




フカヒレの姿煮 上海蟹の味噌スープ
イヤラシい繊維までしっかり解像してる。
1117NEX5R-5




ピッツァもこのまま食えそうだぜ。
1114NEX5R-11




銀座の空気感出てますね。
1114NEX5R-2





何も考えずにオートでシャッター
1114NEX5R-4





この辺もオートで
1114NEX5R-1


NEX-6も試したい…
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)カメラ | Pic.

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔