2013年07月02日

うしごろバンビーナ (五反田) ホルモンと白ワイン

0702うしごろバンビーナ6月-0

昨年、恵比寿に「うしごろ」のディフュージョンライン
「バンビーナ」ブランドを展開したなぁと思ってたら、
またたく間に、中目黒、五反田と新店オープンが続く
焼肉「うしごろ バンビーナ」。

友人からも恵比寿も中目は、予約取れ無ないって話を良く聞くし、
お洒落で美味しくリーズナブルな焼肉って、やっぱ最初に感じた通り
”無双”発動しちゃってますね。
0702うしごろバンビーナ6月-26



「うしごろ バンビーナ」がズルいのは、ベース部分を共通化しながらも、
各店舗が少しづつ特長付けをしていて、ついつい新しい試みを試したく
なっちゃうところ。


中目黒では炭火のブロック肉(芯芯)に心掴まれたけど、
今度の五反田は、”朝びきホルモン”にはじまり、赤身に振ってからの
締め”チーズカレーリゾット”という流れに相当ハメられました。
0702うしごろバンビーナ6月-40




ホルモンは、フレッシュなのは当然として、下処理から包丁入れまで
しっかり仕事がされてるので、魅力が誰にでも伝わりやすい。
0702うしごろバンビーナ6月-7



ともすれば、くさみを感じたり、ゴムみたいに噛みきれなかったり、
火入れがわからず半生で口に入れちゃったり...と、失敗体験も抱えやすい
ホルモン。今回は初訪問だったので、「火入れ」はお願いしてやってもらった。
お店には忙しいトコ申し訳ないなと思ったけど、ポテンシャルを引き出せ
なかったら、逆に肉に失礼だし。


その甲斐もあって、1000円/人の盛り合わせの満足度は高い。
ワインは五反田店 店長の保坂さんに合わせてもらったら、
あの価格(ALL 2900円)なのにかなりオモロいマリアージュが楽しめた。
0702うしごろバンビーナ6月-18



ホルモンでもリードヴォーとかミルキーじゃん。
あれにミルキーさがハマる白ワインとか、合わせると
これまでにない感動体験が!
0702うしごろバンビーナ6月-10



つい、オレみたいな素人は「癖あるホルモンには、強い赤じゃね」
とか思いがちだけど、ホルモンの特長に合った組み合わせ方で
逆にワインが引っ張られるのよ、あれは驚いた。
0702うしごろバンビーナ6月-16





北斗の拳で言うところの「トキ」みたいな静の技。
力に力をぶつけに行くのではなく、力を受け流すことで
新しい感動が生まれてくる。
0702うしごろバンビーナ6月-20




ホルモンの盛りあわせの後は、ハラミやすき焼きなど定番の
部位をもらう、これは抜群の安定感。いつものうしごろバンビーナ
になったような気にさせておいて、そっから締めにデカいミノと
五穀米リゾットカレーを持ってくることで、五反田店ならではの
文脈を作っている。
0702うしごろバンビーナ6月-22





これがニミッツ級航空母艦的なミノ
0702うしごろバンビーナ6月-29




結局ホルモンで締められずリブ芯を。
記憶してる以上に食ってるゾ
0702うしごろバンビーナ6月-35





この後リゾットとカレーで〆ました。
0702うしごろバンビーナ6月-39



相変わらず、色んな意味でウマいゎ。
0702うしごろバンビーナ6月-1


うしごろ バンビーナ 五反田店
050-5869-2922
東京都品川区西五反田1-25-5 松村ビル
http://ushigoro-bambina.com/gotanda/


この日は3F席だったけど、
1Fのカウンターも気になってます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






***************************


新しい「バンビーナ」は、五反田駅からソニー通りを
山手通り方面に向かっていって、目黒川を少し超えたあたり。



恵比寿店はバルっぽいファサード、中目黒はウェスタンっぽいファサードと
店ごとにキャラあったんだけど、ココはブラックの壁にピンクの文字がデザイン
された、ちょいとエロカワな雰囲気。
0702うしごろバンビーナ6月-2




お店の入口も、メイン通りに面しておらず、脇道入ったトコというのが
遊び心をくすぐる演出。ビルの3フロアが「うしごろ バンビーナ」と
これまでに比べて大箱。客層も五反田っぽく仕事帰り風の人が多い。


一杯目の泡しながら、前菜をつまむ。
0702うしごろバンビーナ6月-3



パクチーサラダは相変わらず、女子からの支持率高め。
0702うしごろバンビーナ6月-4




いぶりがっこが入ったポテトサラダも地力ある人気っぷり
0702うしごろバンビーナ6月-6




ハツのユッケ、タンやサガリともまた違った味わい。
俺、多分コレ食べるの初めてな気がする。
0702うしごろバンビーナ6月-5







ホルモン盛り合わせ。たいがい名前聞いても忘れてます。
タンとシビレとシマチョウと…ま、そんな感じ。
0702うしごろバンビーナ6月-8





ワリとオーソドックスなホルモンなんだけど、
朝づみと丁寧な仕事で初心者でも魅力を引き出しやすい。
0702うしごろバンビーナ6月-9




なので、余計に他店で食べたホルモンとの差を感じやすいかも。
0702うしごろバンビーナ6月-12



焼肉マニア向けではなく、かといって廉価で質の落ちるチェーンとは
明らかに格の違いを見せつけるうしごろ。しかもサービスも爽やかで
店内もそれなりに雰囲気あるから、デート用にちょうどいい。
0702うしごろバンビーナ6月-14



デートで、「このカットの違いがわからないかなぁ‥?」
とか言われても引くだけでしょ。マニアの集いならそれで
いいんだけど、そういう目的なら他のお店を選べばイイ。
0702うしごろバンビーナ6月-15





デートや合コンの延長線上の食事会、もしくは女子会で
最大にポテンシャルを発揮するのが「うしごろ バンビーナ」。
達人やヲタクになると、この需要を少し冷笑がちにみがち
なんだけど、基本焼肉は楽しく食べにくるもの。
フツーの人たちにとっては道場では無いんです。
そうしたお客さんの本質的なニーズを掴んでるから
この人気があるわけで。
0702うしごろバンビーナ6月-17





大判カットのサーロイン、これは忙しそうでもスタッフにお任せ。
0702うしごろバンビーナ6月-21




まずはタレにつけてから卵と絡め、ちいさな
オニギリ上のご飯に巻きつけていただきます。
0702うしごろバンビーナ6月-23




これもタンだったかな? 薄切りのタンはめずらしい。
0702うしごろバンビーナ6月-25





初対面のタンの焼き加減はわかるはずないので、
またまた甘えてしまいます。
0702うしごろバンビーナ6月-27




ネギを載せて、巻きつけてパクリ。
0702うしごろバンビーナ6月-28







ミノの包丁は驚くほど細かく入っていて、
歯で噛み切れないというような残念な
結果には、余程のことがないとならないと思う。
0702うしごろバンビーナ6月-31






火が入ってきたら、ハサミでカットしていただきます。
むしろこれには赤を合わせたような。酔っ払って
詳しいことは覚えてないけど、ソムリエ持ってる
店長というのは、焼肉屋ではありがたい。
0702うしごろバンビーナ6月-32





まだ食えると勢いに乗った我ら。オススメで出てないものと
いうことで、ハラミとリブ芯を出してもらいます。
0702うしごろバンビーナ6月-33





うしごろデビュー戦の女子たちは、大喜び。
そう、これがマーケットのアベレージの反応。
0702うしごろバンビーナ6月-34





食欲が復活したオレの前には、この程度の脂は敵ではないですね。
0702うしごろバンビーナ6月-36






ここらで、さすがに満腹感が降臨。
0702うしごろバンビーナ6月-38








陽気なテンションの松浦くん、五反田店から投入です。
0702うしごろバンビーナ6月-41





この後、カレーとチーズリゾットで〆。
実は、今週も明日から週末まで、
焼肉ジェットストリームアタックです。
フレンチとポルトガルその間に挿しこむけどね。
ホットヨガを復活せねば!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) | ¥5000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔