2013年11月15日

Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN 埼玉県ver. に行ってきた

1111YumYamSSK11月-0


日本とタイとローカル(地方)に焦点を当て、47都道府県全てを対象に、
連続したフードイベントを行っている『Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN

以前、イベントに参加する前の期待値書いたんだけど、
一言でいうとK点越え。これまでタイ料理の魅力の2%くらいしか
知らなかったんすね、オレ。あんな洗練されたタイ料理が食べられるなら、
マジで外食ローテーションのレギュラー入りさせたい。
1111YumYamSSK11月-9




日本人用にアレンジしてるから、辛さは抑えられているんだと
思うんだけど、香辛料がキチッとタイらしさを主張していて芯を
感じるのよ。なのでフレンチやイタリアンを食べ飽きてる時に、
アクセントとして入れるのにちょうどいい。
これまでだと四川料理をセレクトしそうなタイミングに、
かなり強力な対抗馬としてタイ料理があがりそう。


ただ、いかんせんタイ料理の情報って少ないんだよね。
どこが美味しいのか、というより、どこが自分のタイプの
お店なのか、今んトコ殆ど情報を持っていない。
1111YumYamSSK11月-18






日本でも人並みにはタイ料理だって行ってるし、タイ本国ではも
ローカルからホテルまで、幅広く食べてみたけど、
この日に出逢った
ような洗練されたタイ料理って、あんま遭遇したことないのよ。


Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHENは、冒頭でも書いた通り
地方の素材を、様々なタイ料理レストランのシェフがオリジナル
レシピとして作るので色んなレストランの特長が知れるのが
いい。ボクみたいな初心者にはかなり助かる。
1111YumYamSSK11月-21



また、ヤムヤムスタッフが、地方の本気素材を探してくるので、
それだけでも面白いんだけど、なんせこのイベントの熱気に
生産者も巻き込んじゃうので、素材のクオリティがメチャ高い。
1111YumYamSSK11月-25
(ヤムヤム代表の西田さん、アツいぜ!!)




通常のレストラン営業だったら、日常的に仕入れるのが
困難そうな素材も使いまくりなので、イベント参加者に
とってもメリットは大きい。酒が強いひとは特に。
だって、このイベント酒飲み放題なんだもんw
1115YYSK11月-1






まず最初に出てきたホンモロコと生揚げ。
これが出てきた段階で、オレのタイ料理
リテラシーアップに向けたアプローチが
間違ってなかったことを確信しましたね。
ヤムヤム参加して良かった!!!
1115YYSK11月-2




タイ好きのイベントとは言え、そこまでディープではない。
あんましディープ過ぎるタイラバーの集まりって、ちと
近寄るのがコワいし。程よい好奇心と、適度に前のめりな
熱気。「この風 この肌触りこそ 求めていた空間よ!」
1111YumYamSSK11月-17




これまで「辛いよー」とヒィヒィ言いながら、
頭から汗流すくらい辛いものが苦手だったオレ。
新しい風が来てるかも!

次回のヤムヤムは年明け。
テーマは宮城だって。
また情報入ったら展開します!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ








*****************************

会場は、毎回変わるらしいんだけど
この日は銀座のコリドー街。
1111YumYamSSK11月-6




お店に入って、まずは埼玉の地ビール
「COEDO」で喉を潤す。川越の
クラフトビールなんですね。
1111YumYamSSK11月-1




ヤムヤムのfacebookで、チラ見せの予告編はチェック
してたから、ホンモロコが出るのは知ってたけど、
なまずとか小松菜うどんとか、地鶏のタマシャモとか、
タイ料理ではあまり目にしない良質な食材が並んでます。
1111YumYamSSK11月-28




まずはmプラー・トード・マカム
ホンモロコと生揚げのタマリンドソース和え

比較的やさしい味付けで、すんなりと入れる。
ネギに見える物体はレモングラスで、これがタイの
雰囲気を作り出しつつ、味を綺麗にまとめている。
1111YumYamSSK11月-29





柚子と青のりのこんにゃくサラダ。
こんにゃくが地味にいい仕事してる。
1111YumYamSSK11月-30




オフィシャルのカメラマン築地さんが撮った写真はコチラに。
1111YumYamSSK11月-27



お酒はシンハービールや、タイのワインのほか、埼玉の
ウィスキーなんてもんもあって、これが思いのほかに美味。
1111YumYamSSK11月-23






ガイピン・ムーピン
タイ風の焼き鳥と焼きトン
バリ島やシンガポールなど、アジアでは
似たような串焼き多いですよね、
ソースが弓削多醤油のもろみタレを
オリジナルで作ってて、これと肉の相性が
実に見事でした。瞬殺してたし、オレ。
1111YumYamSSK11月-4



そして、モロコ同様に強いインパクトを
ボクにくれたのがもろみこんにゃくのトートマン。
奥の卵肉揚げみたいに見えるヤツ。

あれは真ん中がもろみこんにゃくで、
周囲を肉で包んで揚げてあるんだけど、
こんにゃくとパン粉のクオリティが半端無く、
ちょっと驚くべき仕上がり方をしてた。

同じテーブルに8人くらいで座ってるんだけど
バランス考えながらも、箸を出すスピードを
抑えるのが大変でしたわ。モロ好み。
1111YumYamSSK11月-3




なんと同じテーブルに3人も「酒呑むと寝る」体質が集合。
初めて会った人達なのに、それだけで強烈な親近感。
ま、オレは中盤ベンチシートなのでカバンと一体化して
しばし逝かれてたけどね 。・゚・(ノД`)・゚・。
1111YumYamSSK11月-5




中盤、代表の西田さんの方から日本酒のプレゼンも。
もっと酒が飲めるカラダが欲しい…999に乗れたら
そんな機械の体手に入れたいっす。
1111YumYamSSK11月-7




なまずと埼玉野菜のゲーンリアン。
スープはそれなりに辛いけど、このレベルなら
最近克服できるようになってきた。むしろ心地いい。
なまずは淡白な白身で、かぼちゃだったっけな?
歯ごたえのある野菜もいい具合にハマってた。
1111YumYamSSK11月-8




豚肩ロースと新鮮モツのゲーンパネン
昔はココナツソースって苦手だったんだけど
最近は癖が少なければ、むしろ好みに。

ただ、この料理に関して言うと普段は気にならない
レベルのモツの臭みが、まだ克服しきれていない
ココナツソースとあいまって、自分的には単体だと
ちょっと苦手な領域に。
1111YumYamSSK11月-11




でも、これがお米と合わさると、全く問題なくなるのね。
スープと交わったお米がなんともいいあんばいで…
おかわりを所望したかったけど、この時点で相当腹一杯に。
1111YumYamSSK11月-13




お酒も入って、皆さんいい感じで盛り上がり中。
はじめて会う人も多いけど、こういうイベントに来る
マインドがある時点で、話はしやすいです。
1111YumYamSSK11月-14




入口のカウンターには、この日の素材などが。
1111YumYamSSK11月-15




小松菜うどんの和え麺 小松菜ナンプリック添え
これをね、ぐわーっとかき混ぜて食べるんだけど、
完成形が相当好みに。次回はジップロック持っていきます。
1111YumYamSSK11月-20




パン粉のタイ風プディング、もともとこういう食感の
食べ物は大好きなんだけど、日本のせいか甘すぎない。
現地でも、このくらいの甘さ控えめだと嬉しいんだけど
どうなんだろう? 
1111YumYamSSK11月-22




タイに旅行きたいなと思いつつ、どうしても行き慣れた
バリ島に足が向いてしまうことが多かったんすよね。
でも、やっとタイに行くことを決められたので、日本に
いるときから、じわりじわりこうしてリテラシーを
あげているんです。こうした地道な筋トレが、現地での
アドリブにセンスを加えてくれるんですよね。

センスって、先天的なものもあるかもだけど、やっぱり
地道なトレーニングを継続してることが大事で、この
地味な訓練が必要な時にキラっと光る道筋をつけて
くれると思うんスよね。
1111YumYamSSK11月-16



時計とかタイ料理とか、人生はいくつになっても
学びたいことが多すぎます。好奇心が全ての
行動の原動力なので、ある意味 才能と捉えて
大事に付き合っていきます。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔