2014年01月31日

高千穂峡 (宮崎)雨の楽園

0130高千穂峡9月-12


宮崎の高千穂峡、ここに来たいがために九州旅行を計画したのに、
こともあろうか傘をさしてもズブ濡れの大雨。
雨でもそれなりに神秘的な場所ではあるんだけど、
晴れてたらホント凄いんだろうなぁ…。
近くには棚田もあるらしいんだけど、
雨と霧でそれどころの話ではなく。
0130高千穂峡9月-13





これは他のサイトから拝借した写真。
この感じ実にヤバいでしょ。
崖好きのオレには垂直に切り立った
渓谷の底をボートで漕いで遊べるなんて
最高に贅沢な遊びなんです。
0130高千穂峡9月-00




普段はゆったりした水の流れなんでしょうね…
この日はあからさまに濁流です。
0130高千穂峡9月-17







渓流の脇は散策できるように道が続いている。
0130高千穂峡9月-20






上流の方にのぼっていくと、崖のはるか上に橋が。
0130高千穂峡9月-22




雨でも神々しさすら感じる場所でした。
でも、次回は晴れた夏の日に。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





********************


阿蘇もすっかり雨と霧で。
9月の集中豪雨の時に行ったので
全開の阿蘇山に出逢えたのかどうか
すらわかってません。
0130高千穂峡9月-8





あちこちに水源があるんですが、のんびり寄ってる
余裕はなく。外に滞在してる時間=服が濡れる時間。
0130高千穂峡9月-9





本来なら1日かけて回りたい高千穂エリア。
0130高千穂峡9月-10




ボートも休日だと並びそう。
0130高千穂峡9月-11





横の崖も半端なく高い。
周囲の村から、ここに降りてくるまで
相当車で急坂を下ってきたし。
0130高千穂峡9月-15





崖に萌ゆ
0130高千穂峡9月-18








この辺の水の流れちょっぱやなんだけど。
0130高千穂峡9月-21






仙人が出てきそうな午後のひとときでした。
0130高千穂峡9月-23







今年は八重山も行きたいし、ここにもリベンジしたいし
もちろん京都は行くし、札幌詣もしたい。海外だとバンコクも
再訪したいし、バリ島でものんびりしたい。あ…、大事なこと
思い出した。ヤベ、どーしよー^^;
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔