2014年08月14日

銀閣寺(京都)東山文化の粋

0814銀閣寺7月-7
今週は夏休みという方も多いのでは。
京都も観光客で溢れかえってるようですね。

昨日のV&Aに対抗して、日本の誇る文化遺産「銀閣寺」を


圧倒的知名度を誇る寺院なので
ボクがわざわざ何か言うこともないんですが、
ただ、修学旅行の時に行ったっきりという
ヒトには、是非行ってみて欲しいと思います。
大人の目で見て欲しい。多分、ガキの頃に
感じたものとは全然違う印象受けるから。

なんだかんだ言っても、訪れる価値のあるお寺です。
0814銀閣寺7月-11





足利幕府という強大な権力を背景に
凝縮されたされた美意識の高さというのは、
ボクラの日常とかけ離れた異次元に達しています。




ルネサンスがメディチ家に支えられて花開いたように、
質の高い文化というのは、圧倒的な才能とともに
強大なパトロンの存在も重要なワケです。


かつてほどの勢いは無いんだと思いますが、
世界を代表する豊かな国となった日本が産み出す文化が
消費型の大人数アイドルグループでは、なんとも哀しい。
0814銀閣寺7月-16


最近、NYに住んでたヒトと話してた時に「N.Yでは若者が
新しい町やトレンドを創りだしていく。そのエネルギーが
半端くて刺激がもらえる」って聞いたのね。

「なんで日本はそういうもの生み出せずに受動的なのかなぁ」
なんてその時は話を続けてたけど、自分を振り返ってみて
変に納得してしまった。

ボクはもう若者ではないけれど、過去を振り返ると
作られたトレンドに乗ってきただけで、何かオリジナルな
ものを発信してきたのか?と問われると、答えに詰まってしまう。



強烈な個の存在を認め合うよりも、均一的な集団を目指してしまう国民性。
それが悪くないということは、今の日本の状況が示していると思うけど、
そのために行き詰まっているのも事実だと思う。
0814銀閣寺7月-10


だからナンだって結論づけたいわけじゃなく、たまには時間作って
日本人の美意識に触れることで、それぞれ感じられるものが
あるんじゃないかなと思いまして。


折角の夏休み、普段感じられない何かに触れてみたいですね。

ちなみにランチはこちらでした。
パンマニアなら言わずと知れた赤メック。
0814銀閣寺7月-6






エスプリ漂う店内。何故か古の日本の町とフランスが同居しているという
0814銀閣寺7月-5





さっと済ませるランチとしては、黒メックの方が
向いてるね。中心部にあるし。
0814銀閣寺7月-3





今日は山盛りの利尻のうにパスタを食べて失神。
ほぼほぼ王蟲の大群みたいだったもん。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




**********************************



汗が塩の結晶になりながら、閉館ギリギリの銀閣寺に到着。
相変わらず、この刈り込みは気合入った90°
0814銀閣寺7月-17





立体的な枯山水。
0814銀閣寺7月-8



コスモ(小宇宙)を見つけたり。
0814銀閣寺7月-9






このチョロチョロ具合が贅の極み。
0814銀閣寺7月-12





イケメン過ぎる建物。
0814銀閣寺7月-13





このお茶の井、裏千家通ってた頃に聞きました。
0814銀閣寺7月-14





上から見下ろす銀閣寺もオツですよ
0814銀閣寺7月-15




次に京都入りするのは秋でしょうか。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:00│Comments(0)TrackBack(0)京都 2012夏 | Pic.

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔